あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:福井

うっとうしい梅雨の季節が近づいてきましたね。

妻が仕事の予定だったので暇になりそうな予感の5月のとある土曜日。

この時期、五月晴れのいいお天気が続いていたので、一人でぶらり福井へ出かけることにしました。

3月16日に敦賀まで延伸した北陸新幹線。3か月が経過しようとしていますが、金沢以南の沿線の盛り上がりもだいぶ落ち着いてきた感があり、現在の福井駅周辺の様子を見たいと思ったからです。

さて、小松に住む私は、福井に行くときは車を利用することがほとんど。記憶の中では、電車で福井県の街を目的に移動したことがありません。
ハピラインふくい (2)

この日、初めてIRいしかわとハピラインふくいを使用して福井駅まで移動しました。

IRいしかわの電車はブルー。ハピラインふくいのはピンクです。行きは48分かかり料金は1,050円。JRだと860円だったので190円高くなっています。
北陸新幹線 (4)

帰りは新幹線を利用したのですが、つるぎ号で24分かかりました。料金は自由席特急料金含めて2,730円なので、時間は半分で料金は2.6倍ほど。24分の差なので新幹線利用はコスパ的には割が合わない距離だと感じました。
北陸新幹線 (10)

ちなみに、こちらの写真は、帰りの新幹線の車中かれ木場潟越しに白山を写したものです。
福井駅 (5)

話を元に戻しますが、11時少し前に福井駅に到着。昔の福井駅に比べると雲泥の差です。明るく広い通路で、ご覧のような階段状の空間もあり、いい駅だと感じました。
福井駅

エキナカの施設も充実していて、お土産店は多数。
福井駅 (3)

そしてレストラン街には石川県のお店も何軒か入っていました。写真ではハチバン系と菜香楼な並んでいますね。

福井駅 (15)

そして、福井駅周辺はジュラシック・パーク化しています。笑

福井県としては「恐竜王国ふくい」として、大々的にPRするようですが、心の中では、恐竜は勝山市の観光資源なんだけど…?と突っ込みながら見て回りました。
福井駅 (7)

新幹線側の出口は一乗谷口。観光交流センターが併設され、その屋上には大小9体の恐竜のモニュメントが設置。子供連れの家族が多くいました。
福井駅 (10)

こちらは福井で発見された「フクイティタン」という恐竜。インスタ映えするようにデザインされています。

こちらも福井の名前が冠されている「フクイベナートル」。何と!越前ガニをくわえていますね。笑
福井駅 (18)

駅の周辺には「ティラノサウルス」。ロボットとなっていて時々動きました。
福井駅 (20)

JR福井駅東口駅前広場にある「トリケラトプス」。他にもたくさんの恐竜がいて、探して歩くのも楽しいかも。

11時少し前福井に着いてから17時半に早めの夕食を食べ終えて帰るまで約7時間の滞在だったので、駅や恐竜以外、福井駅周辺の観光施設を見て回るつもりでした。

そこで、まずは「越前ふくい美術館」へ行くことにしました。
越前ふくい美術館

こちら新幹線の延伸に合わせて3月23日にオープンしたばかりの新しい民間の美術館です。

越前市にある「越前和紙の里美術館」の姉妹館だそうで、越前和紙を用いた有名画家の作品を中心に展示する美術館のようです。

PR不足か、まだ認知度がないようで、土曜日のお昼過ぎで利用者は私一人でした。
越前ふくい美術館 (7)

行った日の展示は、和紙を使って多くの絵を描いている日本画家の東山魁夷の絵画。
越前ふくい美術館 (4)

洋画家の藤田嗣治(レオナール・フジタ)の和紙に書かれたデッサンや浮世絵師の葛飾北斎の版画。

1階では紫式部と源氏物語 和紙に輝く五十四帖展」というのもやっていました。

小さな美術館で入館料は大人600円となっています。福井に出かけた折に立ち寄ってもいいかもしれません。

その足で、北の庄城址に向かいます。
北の庄城址資料館

こちら戦国武将の柴田勝家が築造した北の庄城の遺構と、柴田神社、資料館が併設されています。
北の庄城址資料館 (6)

勝家公、お市の方、三姉妹の銅像が建てられていました。

探せば福井駅周辺には観光するようなところがまだあるかもしれませんが、個人的には見たいところがなかったので、少し時間を持て余した感がありました。

さて、グルメブログなので最後にグルメネタを少々。

福井市土産として、高級珍味?の「汐うに」というのがあります。100gで2万円ぐらいする超高級品で、「このわた」「からすみ」と並んで日本の三大珍味と言われています。
天たつ

その「汐うに」、江戸時代、日本で唯一の雲丹の御用商だった「天たつ」は福井市に本店があって、こちらが作っているのが「越前仕立て汐うに」です。

私は「汐うに」は食べたことがあるので、今回は「雲丹のアヒージョ(3,996円)」を買いました。
天たつ (3)

オリーブオイル含めて35gで3,996円なので少々お高いのですが、ウニとアヒージョの組み合わせが気になり買い求めてみたわけです。
天たつ (8)

家で、フライパンで弱火でゆっくりと温めバゲットに乗せて食べます。オリーブオイルにウニのうま味が移って美味しかったです。
天たつ (11)

あと、駅で、あの有名な駅弁の「かにめし」の番匠本店が作っている「福井御膳 竜のめぐみ」という駅弁を買い求めています。
竜のめぐみ

この日妻が仕事で遅くなるということで、妻の夕飯用でした。
竜のめぐみ (7)

二段になっているコンパクトなサイスの入れ物で、入っているのはこちらに書かれているもの。福井県のご当地グルメが一通り盛り込まれています。
竜のめぐみ (6)

北陸新幹線開業に合わせて福井県の色々な会社がコラボして作られた駅弁で、ご飯は「かにめし」と同じかな?カニは少なめでイクラが入っていました。私も少し食べましたが少し炊き込みご飯も違っている気がしました。
竜のめぐみ (5)

こちらは加賀温泉駅や金沢駅でも売られているみたいですよ。

さて、小松駅周辺もそうなのですが、新幹線の延伸効果を継続させるためにはオープン時だけではなく引き続いての盛り上げ策が必要だと思います。今後の福井駅周辺にも忠告です。ご馳走様でした。

天たつ福井片町本店
福井県福井市順化2丁目7-17
0776-22-1679
月~土曜9時~18時、日曜祝日10時~17時
年末年始


越前ふくい美術館
福井県福井市大手2丁目8-8
TEL 0776-21-7311


北の庄城址資料館
福井県福井市中央1丁目21-17
TEL 0776-20-5408



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日は福井市のパン屋さんの紹介です。

まぁ、石川県に住んでいる方は、わざわざパンを買いに福井市まで出かけることはないと思います。

私も普段はそんなことはしないのですが、この日、福井に行った折に翌朝食べるパンを買い求めました。

用事を終えて8号線で石川県に向かいます。

福井市大和田の100満ボルトがあるところのすぐ近くに「手作りパン工房ポルボロン 大和田店」がありました。
手作りパン工房ポルボロン

行って見ると、大きなお店でびっくり。
手作りパン工房ポルボロン (2)

こちらは福井の株式会社ダイニングという会社が経営していて、他にも居酒屋やイタリアンなどの飲食店を福井県内に展開されていました。
手作りパン工房ポルボロン (5)

了解を頂き店内を写しましたが、なかなかの広さでパンの種類も色々ありました。

その中から私が買い求めたのは、まずはこちらは「ベーコンのパニーニ(220円)」。
手作りパン工房ポルボロン (8)

ベーコンバジルとチーズを挟みピザソースがかかっています。
手作りパン工房ポルボロン (9)

半分にカットするとこんな感じ。
手作りパン工房ポルボロン (10)

こちらは「しらすと大葉の和風ジェノベーゼフランス(220円)」です。

塩気がきいたパンでした。
手作りパン工房ポルボロン (11)

半分にカットするとこんな感じ。
手作りパン工房ポルボロン (12)

あとこちらの「本格ガーリックトースト(120円)」は、ガーリックバターに付けて焼き上げられていました。

これらのパンを妻とシェアして食べています。

パンの値段は、昨今の値上がりが多い中、比較的リーズナブルでした。

店内にはイートインコーナーがあって、パンを買うとドリンクが一杯無料で飲むことが出来たのもうれしかったです。ご馳走様でした。

手作りパン工房ポルボロン 大和田店
福井市堂島町105
0776-43-6197
7:00~18:00
水曜(祝日の場合変動あり)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

石川県には天ぷらの専門店が少ないです。

これは石川県に限らず食文化面で関西の影響を受けている地域はそうなのですが、関西では天ぷらは和食のコースの一つとして出されることが多いことから、そうなっているようです。

さて今日紹介するのは福井市の国道8号線から少し市内方面に入ったところにある「矢車 本店」というお店。
矢車 本店

天ぷら・会席料理のお店ですが、接待や、いわゆるハレの日に地元の方に利用されるのでしょう。特に天ぷらがウリのところで建物は立派です。
矢車 本店 (5)

2階にも席があるようで、こちらは1階。我々はカウンター席に案内されました。カウンターで天ぷらを食べるのは久しぶり。

店内に滝が設置されていたり、日本庭園を眺めながら、カウンターで揚げたての天ぷらをゆったり楽しむことが出来ました。
 
矢車 本店 (3)
ランチメニューです。
矢車 本店 (4)

こちらはお昼の会席。

私は、この中から、穴子一本天ぷらが気になって、「活〆穴子丼(1,700円)」を頼むことに。
矢車 本店 (9)

出されたのがこちら。ミニサラダ・漬物・赤出しが付いていました。
矢車 本店 (10)

見て驚くのがロングサイズの穴子の天ぷらですね。一本揚げです。そのままでは食べられないので半分にカットしてから食べます。

穴子以外はナス・さつまいも・紅生姜、そして天ぷらとしては珍しいコンニャク田楽が乗せられていました。

揚げたてで美味しいです。ただ、年を取ったせいか少し胃が重たくなりました。汗

こちらは一緒に行った2人が頼んでいた「天ぷら定食(1,700円)」。
矢車 本店 (8)

こちらも揚げたてを楽しめて、えび・魚介・旬の野菜4品という構成でした。
矢車 本店 (6)

こちらにはミニサラダ・ご飯・赤出し・漬物が付いています。

1,700円で揚げ立て天ぷらを楽しめるのでおススメ。夜も家族や宴会など幅広く利用できるお店だと思いました。ご馳走様でした。

矢車 本店
福井県福井市西方2-1-1
TEL 0776-23-3893
ランチ11:00~14:00(L.O.)
17:00~21:00(L.O.20:30)
不定休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

9月は福井県に足を延ばすことが多かったです。

今回、小松から下道で坂井市方面への行き帰りの道沿いにあるパン屋さんで買い求めたサンドイッチの紹介です。

それは、あわら市のファーマーズマーケット「きららの丘」内にある「スリール ファーム(SOURIRE FAME)ぱんの種」。「そば処 みの吉」というお蕎麦屋さんと店舗を共有しています。
スリール ファーム ぱんの種 (2)

こちらは、坂井市三国町の「スリール」という人気のパティスリーがやっているパン屋さんで人気なようです。ちなみに「スリール」へは過去にお邪魔していて、こちらで紹介しています

このパン屋さんへは過去に2度ほど行ったことがあるのですが、その何れも売切れで買えなかったという苦い経験がありました。
スリール ファーム ぱんの種 (5)

帰り道に立ち寄ったため午後の遅めの時間帯だったこともあったからでしょう。そこで、今回は行きの途中で立ち寄りました。
スリール ファーム ぱんの種

到着したのは9:45ごろ。案の定、ショーケースには多くのサンドイッチが並んでいました。

自家製酵母を使い水分の3分の2が牛乳だという食パンがウリのようで、生クリームもたっぷり使い耳まで軟らかく、それにパティスリーの腕の見せどころである生クリームをふんだんに使用したスイーツ系サンドイッチなどが人気なのです。

また、サンドイッチに使われる野菜やフルーツは、ファーマーズマーケット「きららの丘」の新鮮なものを使ってサンドイッチが作られています。
スリール ファーム ぱんの種 (6)

今回買い求めたのは、まずはサンドイッチの定番である「B・Ⅼ・Tサンド(442円)」。
スリール ファーム ぱんの種 (7)

ベーコン・レタス・トマト・チェダーチーズがサンドされていて、サンドイッチの王道ですね!?

私がサンドイッチを買う場合、いつも第1候補です。

こちらは「ポテトサラダサンド(378円)」。
スリール ファーム ぱんの種 (8)

中身はポテトサラダ・ハム・レタスです。

食べてみて、やはりパンのおいしさが印象に残りました。2種類とも具材含めて美味しかったです。

今回は、ウリのスイーツ系サンドイッチは買い求めていませんが、次回、機会があれば食べてみたい気がしました。

ちなみに、ファーマーズマーケット「きららの丘」にもサンドイッチが売られていましたので、そちらで野菜やフルーツと一緒に買い求めてもいいかもしれません。ご馳走様でした。

スリール ファーム(SOURIRE FAME)ぱんの種
福井県あわら市牛山25-56
 きららの丘内
TEL 0776-78-5133
9:00~16:00
第3水曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

そば王国として知られている福井県。

そばがおいしいと思う都道府県で3年連続第1位に選ばれているほどです。

その中でも坂井市丸岡町は丸岡在来種の「早刈りそば」として有名です。

私も福井に行くとランチにそばを食べることが多く、うどんのお店に入った記憶がありません。

そんなそば王国に人気のうどん店があると知り出かけてきました。

それは国道8号線沿いにある「手打ちうどん 新富」。
手打ちうどん 新富

8月のとある土曜日。妻が仕事だったので私一人で向かいます。

11時が開店時間で、開店5分前に到着。すると駐車場には5~6台の車が止まっていて待っている人がいらっしゃいました。

11時開店と同時に次々にお客さんが店内に入ってきて、そして10分ほどで満席に!すごい人気ですね。

それに、お店で働いている方が8名もいらっしゃいました。
手打ちうどん 新富 (5)

店内はそこそこ広く、カウンター席とテーブル席、そしてこちらには小上がり席がありました。
手打ちうどん 新富 (2)

お品書きです。こちらはうどん。
手打ちうどん 新富 (3)

そばもメニューにありました。
手打ちうどん 新富 (4)

こちらはおつまみですね。

私は当然うどんです。頼んだのは「海老おろしうどん」。うどんは細切りか普通を選べましたが、私は普通をチョイス。

茹で上げの少し時間がかかり出されたのがこちら。
手打ちうどん 新富 (6)

海老の天ぷらが1尾と、たっぷりの大根おろしとネギ。海老はそれほど大きくはありませんが、揚げたてだったので、しなっとなる前に食べました。

そして現れたうどんを食べます。
手打ちうどん 新富 (7)

「普通」といううどんは讃岐風のコシの強い麺。そしてモチっとした弾力。噛むとそれがわかります。

ダシは濃いめで少し甘めでしたが、うどんの印象が強いのであまり気になりませんでした。

のど越しを楽しむならば細切りをチョイスしたほうがいいでしょう。

30分ぐらいでお店を出ましたが、その時点で10数名の順番待ちが出来ていました。

そば王国福井では、やはりそば店が目立ちますが、うどん店が少ないことでこちらのお店にお客さんが集中するのかもしれません。もちろんうどんは美味しかったですよ!ご馳走様でした。

手打ちうどん 新富
福井県坂井市丸岡町羽崎16-1-2
TEL 0776-66-6262
11:00~20:00
水曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ