あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:鯖寿司

福井に行くとそばばかり食べるようになると前に書いたことがあります。

で、今回も福井のそばの話題です。(笑い)

今回は仕事で福井市内に行き、本当は別なそば屋さんに行く予定だったのですが、何と!夏休み中でお休み!

実は、お盆の時に行った福井市美術館のときも、行こうと思ったらお盆休みだったのです!^^;
つるぎそば

そこで近くにある「越前 つるきそば 板垣店」にランチを食べに入ることにしたわけです。こちらのお店に到着したのは11:45ごろ。とても大きなお店です。

昭和8年(1933年)創業の老舗のそば屋さんで、田舎の古民家みたいな作り。店内も広く、庭もあったり、囲炉裏を囲むテーブル席や座敷席などあり、多くの人が一度に食事をすることが出来るスペースがありました。
つるぎそば (7)

ちなみに禁煙席は座敷の部屋。我々はそちらに案内されました。
つるぎそば (4)

こちらがランチメニューですが、とても多くの種類が設定されています。

そばのファミレス店のような感じです。^^;
つるぎそば (6)

私は、こちらの一枚に単独で書かれたメニュー「焼鯖寿司セット」が気になったのでそちらにしてみました。

私のも含めて、5分も待たずに運ばれてきました。あらかじめそばは作り置きしているのでしょうね?これだけの大箱のお店ですからやむを得ないところはあるかもしれません。
つるぎそば (12)

「焼鯖寿司セット(税別780円)」にはおろしそば、焼鯖寿司、小鉢が付いています。そば湯も最初から付いてきました。
つるぎそば (13)

あらかじめ大根おろしが入れられたダシをぶっかけて食べます。
つるぎそば (15)

少し幅広の太めの粗挽きで黒っぽいそばでしたが、チェーン店なので量を多く作る必要があると思うので手打ちではないのでしょう?どこにも手打ちとはうたっていませんでした。
つるぎそば (14)

焼鯖寿司は、身も厚く、大葉としょうがの甘酢漬けが挟まれていて、美味しかったです。

最後にそば湯を飲みますが、冷めてしまっていました。このあたりは少し残念ですね。

こちらは、一緒に行った人が頼んだ「越前皿そば(税別880円)」。
つるぎそば (8)

薬味に、大根おろし、山芋とろろ、鰹節、ネギ、わさび、生玉子が付いていて、お好みで乗せて食べるもの。

そばは5枚付いています。小皿に入れられて何枚か出されるスタイルは、兵庫県豊岡市出石町の有名な「出石そば」と同じような感じですね。量的にはそば1.5杯ぐらいでしょうか?ちなみに追加のそばは一枚160円です。
 
こちらのそばは私のそばよりは細めに切られていました。
つるぎそば (11)

もう一人の人は、ソースカツ丼とおろしそばのセット(税別820円)を頼んでいました。
つるぎそば (9)

福井のご当地グルメではソースカツ丼は全国的にも有名ですが、私は肉が苦手なので、ソースカツ丼というものを一度も食べたことがありません。^^;
つるぎそば (10)

こちらのおろしそば、量は私のよりは少なめでしたね。

メニューの種類も豊富で、値段もお得なセットがあったり、家族みんなで食べに来てもいいかもしれません。ご馳走様でした。

越前 つるきそば 板垣店
TEL 0776-35-0720
福井県福井市羽水1-607
10:30~21:30
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

一昨年の秋にTBSテレビ60周年特別企画として、日曜劇場で「天皇の料理番」というテレビドラマがありました。

その「天皇の料理番」のモデルとなった料理人は、秋山徳蔵という福井県出身のかたで、大正期から昭和期にかけて、皇室の料理を作ってこられたことで知られています。

テレビで取り上げられたということで、福井にある「京町家 萬會」というお店が店内での食事のメニューとして設定(秋山徳蔵トリビュートセレクションランチで税込2,160円)。また「天皇の料理番セレクション弁当」というお弁当としても販売しています。今日はそれについての話題です。

このお弁当、実際のレシピを元にしているんでしょうが、もちろん、当のご本人はこの世にはいらっしゃらないわけで、本人監修というわけにはいきません。そこで、秋山氏の一番弟子の矢部金次郎氏というかたが認定しているということになっていました。^^;
天皇の料理番セレクション弁当

お値段は1,620円。少しお高いです。そのため、入れ物も立派なものです。

お店では3日前までのご予約が必要となっていますが、私は尼御前サービスエリア(下リ線)の売店で買い求めました。
天皇の料理番セレクション弁当 (4)

内容は、福井の名産の鯖を使った「煮さば寿司」。その左はへしこを甘酢につけた大根で巻いた「へしこの羽二重寿司」。こちらも両方とも福井の名物ですね。

両方とも押し寿司で、これがなかなか美味しかったです。焼き鯖寿司はよく食べますが、「煮さば寿司」というのは初めてかもしれません。

その隣の真ん中のは、宮中晩餐会で出された「フィレ肉の元帥風」をアレンジした「元帥風ヒレカツ」という品。揚げていますが、油っぽくなくサクッとした食感でした。

あとは写真では見えにくいですが、「越前しいたけ具沢山がんも」、福井産の甘エビとおからを使った「おから饅頭」、越前椎茸旨煮、蒟蒻たまり漬け、たくわん旨煮、梅ゼリー「金ノ梅ノ美」という構成になっていました。

郷土色豊かな福井の名物・食材のオンパレードと言った感じです。

さすが値段が高いだけあって一品一品が丁寧に作られていて、味も美味しかったです。

たまには、少し奮発して、このようなリッチなお弁当を食べるのもいいではないでしょうか?ご馳走様でした。

京町家 萬會(きょうまちや まんかい)
福井県福井市西開発3-603
TEL 0776-57-7200
月~土
11:30~15:00(L.O.14:00)
18:00~23:00(L.O.22:30)
日・祝
11:30~15:00(L.O.14:00)
17:00~22:30(L.O.22:00)
木曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ