あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:餃子

お久しぶりシリーズ。今回は山中温泉で人気の中華店「長樂(長楽)」です。
長楽

帰って調べてみると約13年ぶりの訪問でした。

実は最初、別なお店を考えていたのですが、すでに廃業?しているようで急遽こちらのお店に伺うことにしたのです。

こちらは山中温泉で50年以上地元の人を中心に愛されてきた中華料理店です。
山中温泉 (3)

伺ったのは山中温泉の景勝地「こおろぎ橋」あたりもいい感じに色づいた頃の平日。13時過ぎでしたが3組ほどのお客様がまた食べていらっしゃいました。
長楽 (2)

店内は13年前とあまり変わっていないようでした。すぐにメニューを見渡しますが、入口の黒板に書かれていた内容を見て食べるものは決めていました。

では早速紹介したいと思いますが。その前に、食べ終わってお店を出てからわかったのですが、今回食べたものは13年前に食べたものとまったく同じものでした。^^;

その食べたものといえば、こちらでは人気の2品で、焼餃子と酸辣湯麺(スーラータンメン・サンラータンメン)。

餃子は国産小麦粉をゆっくり練ってから2日間寝かせて作る皮を使って、オーダーが入ってから餡を包んで焼くという、まさに手作りの餃子を創業以来続けているのです。
長楽 (9)

こちらがそうです。他のお店では大体が焼かれたほうを見えるように皿に盛ると思いますが、ここは逆です。これは個人的な考えですが、この皮のモチモチ感のようなものを見せたいのかな?皮に胡麻油を練り込んであるので艶っぽさもあります。

餡はめちゃジューシーというほどではないですが、控えめながらうま味を皮と一緒に味わう餃子なか?と思いました。

酸辣湯麺はこちらです。見た目は熱そうな感じがしないと思いますが、熱々です。気を付けてください。
長楽 (7)

むかし食べた時の味の記憶がもうすでにないので、改めて食べた感想としては、酸味はマイルドで、ラー油はそれほど多くかかっていないのでバランスが取れた酸辣湯麺ではないかと思います。ただし、私自身、酸辣湯麺を普段はあまり食べないので、感想が的を得ているかは自信がありませんのであまり参考にならないかもしれません?^^;
長楽 (8)

麺は自家製で、こちらはむかし感じた通り軟らかめの茹で加減。自家製麺とスープの相性を考えてのことなのでしょうね?

あと、前回書いたときの内容を改めて読み返してみると、コメント書いてくれた方のアドバイスで「途中でラー油とか酢、入れたらだめですよ」「酸辣湯麺は甘さと辛さが絶妙なんです。」と書かれていました。入れなくてよかったです。

また13年前の当時は、生意気にも「ここはナプキンは置いてなかった」などと書いたりもしていましたが、今回伺ったらカウンターや各テーブルにちゃんと置かれていました。

今回も食べた餃子と酸辣湯麺以外にも美味しそうなメニューが色々あったので、次回は別なメニューを食べてみたいと思います。ご馳走様でした。

長樂(長楽)
0761-78-1087
石川県加賀市山中温泉湯の本町ラ21
[月~水・金~日]
11:30~14:00
17:00~22:30
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

10月に開催された「どんどんまつり」。

当日は多くの市民で賑わいました。

私も毎年行っていますが、昨年に引き続き妻が仕事だったため、一人でぶらぶら出かけております。

お昼を挟んでの参加だったため、どこかでランチを食べるつもりで出かけたのですが、市内外のグルメを集めた歌舞伎市はどこも行列が出来ていて、順番待ちが嫌いな私はパス。

そして向かったのは、去年お邪魔した「いやさか」さん。串揚げのお店です。しかし、こちらも満席で断念。
満マル

最終的に入ったのは、小松駅前にある「大阪屋台居酒屋 満マル 小松店」でした。約2年半ぶりにお邪魔しました。前回もお旅まつりの時に行っていますね。

こちらのお店がうれしいのは、このようなイベントの日でなくても、お昼から深夜まで通しで営業していることです。

そのため、例えば出張の人などが、帰りの電車の時間待ちなどにもちょい飲みで利用できるのです。

この日は、「どんどんまつり」ということもあって、昼間でもお店はそこそこ
満マル (2)
賑わっていました。

基本は二度漬け禁止の串カツですが、ランチメニューもあるし、その他のメニューの種類も豊富です。
満マル (4)

メニューはこんな感じです。
満マル (3)

刺身、焼き物、揚げ物、煮物など幅広いです。

お店が目指しているのは「地域とびきりの価格とメニューの豊富なお店」なのだそうですから、コスパも抜群です。
満マル (9)

まずは生ビール。プレミアム・モルツの生中が税込290円!安いです。
満マル (5)

そして串カツを頼みます。出されるまで少し時間(25分ほど)がかかりました。20分ぐらいあとに頼んだ「ニラチヂミ(390円)」のほうが先にすぐ来たのでおかしいと思って聞いたら、いま作っているとのことでしたが…?^^;
満マル (6)

紅しょうが、ホタテ、タコ、椎茸、アスパラ。ホタテが200円で、あとのは100円という安さです。
満マル (7)

さらっとした甘めのソースにつけて食べます。衣は薄めでした。
満マル (8)

他には焼餃子(290円)も頼んでいます。
満マル (10)

飲み物はあと一杯超炭酸角ハイボールも頼んでいますが、こちらも一杯税込290円と安いです。

以上、飲み食いして2,000円弱というコスパ。素晴らしいです。

小松駅前の一等地でこのコスパ。サクッと短時間での飲み食いできるのもうれしいお店ですね。ご馳走様でした。

大阪屋台居酒屋 満マル 小松店
石川県小松市土居原町178
TEL 0761-48-4566
11:30~24:00
ランチタイムは~15:00まで
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

「餃子菜館 清ちゃん」を紹介するのは何と!約4年半ぶりになります。
清ちゃん (10)

小松では、弟さんのお店「勝ちゃん」と双璧をなす人気店です。

あまり紹介する必要もないくらいですが、今回、帰省中の息子のリクエストでランチを食べに行ってきたので書きたいと思います。

お盆真っ盛りのとき、急に中華、それも小松塩焼きそばが食べたいと言い出しました。

どこがいいか少し思案。やはり小松塩焼きそばの発祥のお店「清ちゃん」にしようということで予約の電話を入れるも、ランチは予約を受けていないとのこと。(お盆の時だけ?)
清ちゃん (9)

そこで開店11:30の5分ほど前にお店に着くよう家を出ました。

お店に到着すると前には10名ほどの行列がすでに出ていました。相変わらずの人気です。
清ちゃん (2)

開店となり、お店の人が順番に案内してくれると思っていたら、お好きなところに座ってくださいと言われました。^^;
清ちゃん

我々はカウンター席に座り、たぶん、混雑しているので料理が出されるのが遅くなると思い、早めに出るものを中心に素早くオーダーしました。
清ちゃん (8)

案の定、妻が頼んだこちらの「湯麺(野菜そば)(600円)」は出されるのがだいぶ後になりましたね。

カウンターの中の調理場には、90歳になるくらいの年齢の清ちゃんが元気に餃子を焼いていました。小松の焼餃子の元祖!レジェンドですね。小松塩焼きそばの生みの親でもあります。

いまは2代目がご主人として頑張っておられます。
清ちゃん (5)

で、頼んだのは私は久しぶりの「炒飯(650円)」。
清ちゃん (7)

スープ付きです。これぞ、中華の炒飯という味で美味しかったです。
清ちゃん (6)

あと餃子も頼みました。焼餃子で480円です。テイクアウトで買って家で食べたりもするのですが、やはり出来立てをお店で食べると美味しいです。

息子は「小松塩焼きそばの大(700円)」を頼んでいました。
清ちゃん (4)

大はさすがにボリュームがありますね。もやしがたっぷり乗せられています。私も少しもらって食べましたが、さすが元祖の味を引き継いでいます。味は若干変化しているかもしれません。

あと、妻の食べた「湯麺(野菜そば)」は塩味スープで上品な味で、シャキシャキ野菜もたっぷり入っていて、こちらも美味しかったですよ。

いや~、久しぶりでしたが、炒飯・餃子・焼きそばという私にとっては中華の三種の神器。満足しました。ご馳走様でした。

餃子菜館 清ちゃん (せいちゃん)
石川県小松市土居原町243
TEL 0761-22-8263
11:30~14:00
17:00~20:30
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

横浜中華街には何度か行ったことがあるのですが、もうだいぶ前のことなので、どんなお店に行ったかも記憶にありません。
横浜中華街

福岡に住んでいた時は長崎。大阪に住んでいた時は神戸の中華街にも行きましたが、やはり横浜の中華街は規模や豪華さが違います。

もちろん、ちょっと路地に入れば、何となく怪しそうな?お店もあったりして、エキゾチックな雰囲気が漂っている街です。

今回も退職間近のかたと一緒に送別会的な形もあわせて、少し高級路線のお店をチョイス。

こちら「萬珍樓點心舗」は、飲茶をオーダースタイルで初めて中華街に紹介したお店として有名なようです。

横浜中華街の中でも有名で人気のお店の一軒。さすがに店構えから違います。

今回、萬珍樓點心舗にした理由は、お手頃値段の「ふかひれ姿煮御膳」があったから。

ふかひれは食べたことはあっても、姿煮はいままで経験がなかったから食べてみたいと思いました。

平日の仕事を終えて横浜中華街に移動。石川町駅から歩いてお店に向かいます。

久しぶりだったので中華街の中もぶらぶら歩き、NHKの朝ドラ「まれ」の撮影印と等探しましたが、残念ながら見つかりませんでした。
横浜中華街 (8)

こちらの写真のような場所だったと思うのですが……?
萬珍樓點心舗

で、お店に到着。ご覧のようなとても立派な建物です。
萬珍樓點心舗 (2)

高級そうなお店ですね!?
萬珍樓點心舗 (4)

店内も当然同じような作りになっています。
萬珍樓點心舗 (24)

ピアノや二胡の生演奏もあったりします。

基本、広東料理のお店で日本人にも食べやすい味のお店です。

今回、限定30食ということだったため、事前に「ふかひれ姿煮御膳」を予約してありました。こちらは5千円です。
萬珍樓點心舗 (8)

まずは生ビールで乾杯です。

おっと!最初から「ふかひれの姿煮」が出てきました。姿煮ですが大きさでは排翅(パイチー)ではなく、魚翅(ユイチー)クラスの大きさです。
萬珍樓點心舗 (10)

ゼラチン質の食感が何とも言えないですね。紅焼醤といわれる動物系と魚介系のうま味が混ざり合った不思議な味のスープにとろけるようなふかひれ。さすがに美味しいです。
萬珍樓點心舗 (12)

その後で、前菜盛り合わせとして、これらが出されます。
萬珍樓點心舗 (13)

左下は煮豆と焼鴨と白鶏(蒸し鶏?)でしたが私は食べられません。^^;

あと、くらげと「白菜の酢漬け」「有頭海老のニンニク香り揚げ、揚げ餃子」「海老の紙包み揚げ」がお膳のように一つの皿に盛られて出てきました。
萬珍樓點心舗 (18)

「海老のニンニク香り揚げ」は香ばしくてニンニクの風味も生きていました。

「海老の紙包み揚げ」もこちらのお店の名物のようですが、美味しいです。
萬珍樓點心舗 (20)

そのあとは「豚スペアリブの黒豆ソース蒸し」が出されます。ふたを開けると湯気が立ち上ります。
萬珍樓點心舗 (23)

最後の〆のご飯ものは「小柱入り卵とじ御飯」。

ふわふわの卵でとじられていて、しっかりとしたボリュームです。味は上品でした。
萬珍樓點心舗 (25)

デザートは「ココナッツミルクムース 小豆ソース」。中華っぽくないデザートでした。

お酒のほうは、生ビールのあとは、中華料理には紹興酒ということで、甕出しの「紹興貴酒」を500mlのデカンタでオーダーしました。2,500円です。
萬珍樓點心舗 (17)

2人で飲んだのですが、普段飲みなれていないせいか、意外と酔っぱらいましたね。^^;

でも、美味しかったです。
萬珍樓點心舗 (26)

中国茶で口の中をサッパリと。

以上飲み食いして、2人で15,000円強。一人7,600円くらいでした。

高級食材のふかひれの姿煮を食べられて、他にも色々な料理を楽しめてこの値段は納得です。ご馳走様でした。

萬珍樓點心舗(マンチンロウテンシンポ)
神奈川県横浜市中区山下町156
TEL 045-664-4004
11:00~22:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松市城南の交差点角に5月28日新規オープンした「豚骨ラーメン・ギョーザ 満タン軒 とぎ元洋妥」。
満タン軒

前は「白龍」という中華のお店だったところです。

長いユニークな店名だと思いますが、「とぎ元洋妥」の意味は何なのでしょう??

こちらは北海道豚骨ラーメンと中華料理のお店です。

北海道豚骨ラーメンというジャンルがあるのでしょうか?私は知りませんでした。

豚骨ラーメンと言えば九州だし。北海道といえば味噌ラーメンですよね?

ネットで色々調べてみましたが、こちらについてもわかりませんでした。

さらに調べてみると、オーナーは富山の楓や東京の六厘舎など有名店でも働いていたという書き込みが出ていましたが、そうならば凄いですね。
満タン軒 (2)

あと、加賀市の人気のお店「アサヒ軒」でも働いていて、贈られた花輪も出ていました。

外観ですが、花輪で隠れていますが、お店の外観の色使いが赤と黄色で派手です。^^;

一瞬、楳図かずおさんの「まことちゃん」を思い出してしまいました。

オープン後の最初の日曜日の11:35ごろお店に到着。お客の入りは7割ほど。カウンター席に座ります。
満タン軒 (8)

店内の写真は帰る前に写しましたが、このときお店の前には7~8名のお客さんが順番待ちをしていました。
満タン軒1 (2)

メニューはこんな感じです。ラーメンの種類は基本「とんしお」の1種類のみ。800円と少し高めの設定です。
満タン軒 (5)

白濁しおとんこつスープに大きな海苔が一枚乗せられています。
満タン軒 (6)

逆から写すとこんな感じです。

トロトロすぎて形の崩れたチャーシューがたくさん見えます。

まずはスープを一口。見た目よりはクセのない味のとんこつスープです。美味しいです。

山頭火のしおらーめんのような感じもします。山頭火はむかし旭川まで食べに行ったことがあります。

麺のほうは山頭火のようではなく、札幌ラーメンの特徴の一つ黄色い縮れ麺。かん水率高めでしょうか?自家製麺ではないようです。
満タン軒 (7)

そういえば加賀市の「アサヒ軒」の「中華そば」もこんな黄色い麺でしたね。

白色のスープに黄色い麺。ビジュアル的にもインパクトありますね。

先ほども書きましたが、チャーシューがトロトロに煮込まれていて、さらに角煮のようなバラチャーシュー、メンマも多く入っていました。

私はこちらもお店のウリである「ギョーザ(380円)」も頼んでみました。
満タン軒 (4)

ギョーザのほうはそれほど特徴があるわけではなく、そこそこ美味しいといった感じでしょうか?

何れにせよ、小松や周辺エリアにも、とんこつラーメンのお店がだいぶできていて激戦地化してきています。頑張っていただけたらと思います。ご馳走様でした。

満タン軒
石川県小松市城南町81番1
TEL 0761-58-0008
10:00~15:00
17:00~23:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ