あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:餃子

ちょうど白山市方面に用事があったため、家に戻る前にランチを食べて帰ることにしました。

戻る途中で検索したら、こちらのお店「美美(みみ)」が引っ掛かってきたので向かうことに。
美美

地元のお客さんを中心に人気の中華料理屋さんのようです。

ちょうど開店時間の11時にお店に到着しました。

最初、暖簾などかかっていないのでやっているかどうかわかりませんでしたが、中に入ると開店準備をされていて、「いいですか?」とお聞きすると「はい」と答えてくれたので、一人カウンター席に座ります。
美美 (6)

カウンター席と入口右側にテーブル席。
美美 (4)

そしてこちらには小上がりの席がありました。
美美 (3)

こちらがお品書きですが、料理の種類が豊富です。
美美 (2)

気になる品も色々あったのですが、私が頼んだのは「半チャン定食(990円)」。

内容をお聞きすると、半チャーハンとラーメンという答えだったので、値段的にも手ごろなので頼んでみました。
美美 (7)

出されたのがこちらですが、チャーハンのほうはフルサイズに近い量?ラーメンがハーフサイズでした。
美美 (10)

他に水餃子まで3個付いていました。これはお得です。

私にとっては凄いボリューム。最初、これは全部食べきるのが無理かな?と思っていましたが、チャーハンの味付けが上品というか大人しい味付けで、飽きが来なかったので最後まで食べきることが出来ました。
美美 (8)

チャーハンには、焼豚など肉は具として使われていず、代わりかどうかわかりませんがカニカマが入っています。

ラーメンはシンプルなしょう油味。あと海苔とその下に隠れていますが、もやしと赤巻、そしてメンマとチャーシューです。
美美 (9)

海苔の上には事前にコショウがたっぷりかけられています。
美美 (11)

奇をてらわないシンプルな味で食べやすいラーメンでした。

お店自体はどこにでもあるような中華料理屋さんですが、メニューの種類が豊富でボリュームがあって、味が良くコスパもまずまずという安定感のあるお店でした。人気なのがわかります。ご馳走様でした。

美美(みみ)
石川県白山市美川中町イ-16-43
TEL 076-278-5437
11:00~21:00
火曜午後休(祝日の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松市清水町といえば、ひと昔?いや、ふた昔前の昭和の時代は小松市で唯一のネオン街でした。

そのまた昔、明治・大正・昭和の戦後しばらくまでは花街だったこともあったようで、その名残りか、その後の昭和の時代や平成の初めごろまではクラブ(いまのCLUBではない)やスナック、ラウンジといったお店が所狭しと並んでいました。

残念ながら、ここ10年以上前からは周辺も含めて飲食店が少なくなり、黄金時代を知る世代も高齢化で清水町へ行かなくなってきたのではないでしょうか?

私の懐かしい記憶では、もうだいぶ前に亡くなられましたが「やっちゃん」と呼ばれた、今は死語かもしれませんが「幇間(ほうかん)」別名では「太鼓持ち(たいこもち)」の方がやっていたお店があった時はよく通った思い出があります。

その「やっちゃん」では、大皿料理、いまでいうところの「おばんざい」料理を酒のつまみに飲んでいました。

そんなおばんざい料理を楽しめるお店が清水町に出来たことはだいぶ前から知っていましたが、やっと行くことが出来たので紹介したいと思います。

行った日は平日の夜9時ごろ。その日は「うらら」で全盲の天才ピアニストの梯剛之さんとウィーン出身のバイオリニスト、ヴォルフガング・ダビッドさんのコンサートがあって、その終了後にお店に伺いました。

食彩工房 青空」という名のお店で、2018年にオープンしたばかりの新築の新しい店舗です。
青空 (2)

清水町でも小松駅からみたら一番奥のほうにあります。

お店は女将さんと女性のスタッフの2名で切り盛りされていました。
青空 (18)

店内は思ったよりも広くて、こちらのカウンター席と、

基本居酒屋なのですが、奥にはカラオケが可能な個室があって、行った日もグループで賑わっていました。
青空 (17)

こちらの小上がりは仕切って個室にも出来るようです。

行った日は平日ということもあって、カウンター席には単身赴任の方かな?お一人様が多かった気がします。
青空 (6)

いわゆるおばんざい料理、それも青菜を使った料理がウリということで、野菜不足になりがちな単身の方にはうれしいお店かもしれません。
青空 (3)

まずは生ビールです。
青空 (7)

お通しは「ほうれん草のごま和え」。
青空 (4)

お品書きには色々な種類の料理が書かれています。
青空 (13)

こちらもそうです。
青空 (5)

別のお品書きで、この日のおばんざいが書かれています。

おばんざいなので、大皿にあるものはオーダーするとすぐに出てきます。

それに一皿300円からととても良心的なお値段なので、一人で行っても色々な種類を頼むことが出来るのがありがたいですね。
青空 (9)

「春雨サラダ」は定番のマヨネーズ和え。
青空 (8)

こちらは「小松菜うす揚げ煮」。
青空 (11)

「なまこ酢」は少々歯ごたえが強かったです。
青空 (10)

妻が食べた「もつ味噌煮込み」。美味しいと言っていました。
青空 (14)

「富山白エビ唐揚げ」はその都度揚げてくれます。
青空 (15)

揚物を頼んだついでに「棒餃子揚げ」も頼みました。

揚げ立てサクッと美味しかったです。
青空 (16)

「いぶりがっこチーズ」は、いぶりがっこの燻製風味と食感、それにチーズの滑らかな食感がミックスされていい感じでした。
青空 (12)

これらを酒の肴に飲んだのは、神泉の生酒です。久しぶりに飲んだ気がします。

妻は酎ハイなど頼んでいました。

少し遅めに伺ったため、軽めにサクッと飲み食い、この辺でお勘定をお願いしたことろ、2人で締めて5,600円也!コスパも最高です。

何故清水町にお店を出したかお聞きしませんでしたが、清水町の活性化?に一役買ってほしいですね。ご馳走様でした。

食彩工房 青空
石川県小松市清水町50
TEL 0761-58-2388
17:30~22:30(料理L.O.21:30)
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介します東京五反田にある「ファイヤーホール4000」。

オーナーはテレビに時々登場する有名なシェフ菰田欣也氏。実は菰田シェフとは少しご縁があって、妻が同級生なのです。^^;
ファイヤーホール4000 (3)

彼は渋谷の「スーツァン・レストラン陳」で総料理長を務めていました。その時私も行ったことがあります。

「スーツァン・レストラン陳」のオーナーといえば「料理の鉄人」で知られる四川料理の重鎮、陳健一氏。

菰田シェフはそこで腕を磨いて、数年前に独立して最初に出したお店が「ファイヤーホール4000」なのです。

ここ五反田は菰田シェフが生まれ育ったエリアで、最初に出すのは五反田だと決めていたようです。
ファイヤーホール4000

「ファイヤーホール4000」は、日本語では「火鍋4000」?。火鍋をウリにしているお店です。

日本で「火鍋」がブームが続いていますが、私自身は肉が嫌いなこと、辛いのは人並み以上は大丈夫なのですが、好んで食べることがないということで、これまで食べたことがありません。

妻は友人と一度、こちらのお店で食べたことがあるようですが、今回はランチタイムにお邪魔していて、ランチメニューを食べることにしました。(ランチでも予約すれば火鍋を食べられます)

いつも菰田シェフは青山店の方にいるようで会うことは出来ませんでした。

ちなみに、多分ディナーで使われるのでしょうが、食器としてキリモトさんの輪島塗の器が使われているようで、食材なども野菜はわざわざ能登産のものを使用してくれていました。うれしいですね。
ファイヤーホール4000 (2)

こちらがランチメニューです。

私は「担々麺(税込900円)」を頼むことにしました。
ファイヤーホール4000 (10)

師匠の陳健一氏といえば「担々麺」が有名ですが、当然そのレシピを熟知している菰田シェフなので美味しい仕上がりになっていますね。
ファイヤーホール4000 (13)

自家製の辣油とゴマペーストを使用していて、ゴマの風味がきいていて、辛さも私にはちょうどいい感じの辛さでした。

妻のほうは、特製ランチメニューと表記されていた「火鍋湯麺(火鍋ラーメン税込1,000円)」を食べていました。
ファイヤーホール4000 (9)

自家製麺で菰田シェフの「完全発酵豆板醤」が使われていました。こちらの方が辛いようです。
ファイヤーホール4000 (14)

あと、ランチタイムにセットで注文すると少しお得になっている焼き餃子(300円)と、
ファイヤーホール4000 (11)

水餃子(250円)も頼んでいます。

餃子は大きなものでした。水餃子も美味しかったです。
ファイヤーホール4000 (8)

この内容だとお供は生ビールですね。^^;

我々が行った時は13時15分ごろでしたが、順番待ちはないものの店内は満席。人気なのがわかります。

さすがに「料理の鉄人」で知られる四川料理の重鎮、陳健一氏の一番弟子だった菰田シェフ。とても美味しく頂けました。ご馳走様でした。

ファイヤーホール4000
東京都品川区東五反田1-25-19
TEL 03-6450-3384
ランチ11:30~14:30(L.O.14:00)
ディナー17:00~22:00(L.O.21:30)
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 


そこで食べていたら、浜松のご当地グルメの浜松餃子をこのままだと食べることが出来ないと途中で気が付きました。

そこで急きょもう一軒餃子を食べに行きたくなりネットで調べたら、近くに「濱松たんと」のお店があるということで向かうことに。

「濱松たんと」は本店に約5年前に行っています。浜松市内に4店舗、そして名古屋やホノルルにもお店があります。

その時のことは「一軒で遠州名物料理が手ごろな値段で楽しめるうれしいお店で、旅行や出張で浜松に来た人におすすめ」とブログで書いていました。

いま読み返すと、本当に色々な料理を楽しんでいますね。

今回は2軒目ということで軽く飲み食べするのみ。
たんと

お店の外観です。庶民的な雰囲気です。
たんと (2)

外に出ていたメニュー看板。やはり色々なメニューがありました。
たんと (3)

まずはハイボールで乾杯です。

何か、遠州地方の乾杯の掛け声があるようで、それがジョッキに書かれています。

「やらまいか!おいしょお~!!」

店員の方の音頭で我々もその掛け声で乾杯をさせれれました。^^;

このあたりは個人的にはやめてほしいところかもしれません。
たんと (4)

お通しは、豆腐に浜名湖産の海苔がかけられたもの。きれいな緑色です。
たんと (7)

そして急きょ行くことになった理由である浜松餃子を頼みます。14個で800円。
たんと (5)

遠州浜松産のブランド豚肉「遠州夢の夢ポーク」や三方原で収穫されたキャベツなど地元産にこだわっていて、当日の分はその日に作って、作り置きはしないようです。鮮度にもこだわっているようですね。キャベツたっぷりで食感がシャキシャキして美味しかったです。
たんと (6)

あと頼んだのは、こちらの「たんとサラダ(580円)」のみ。

以上、サクッと飲んで食べて二人で3,000円!安いです。2軒でお腹も満腹になりました。ご馳走様でした。

濱松たんと 有楽街店
静岡県浜松市中区肴町318-17
TEL 053-458-2511
 FJビル1F
17:00~25:00(L.O.24:30)
無休 ※年末年始休みあり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ラーメンの世界も、その時々でトレンドがあります。

近年は「辛麺ブーム」だそうですが、ひと昔前には「鶏白湯」や「煮干し系」とかのブームがありましたね。

さて、最近石川県では豚骨ベースの「横浜家系」のお店が増えています。豚骨醤油味が代名詞の「横浜家系」は具材にも色々定義があります。はてさて「横浜家系」は数年前にブームになったのですが、石川では改めてブーム再燃ということでしょうか?

また近年、小松に新しくできたラーメン店は豚骨系ばかりで、個人的にはちょっと寂しい?もう少し色々な味のお店が出てきてほしいと思います。

今日紹介します「麺屋 達」は、金沢を中心に6店ほど展開しています。

「横浜家系」ではなく「金澤達系」なのだそうです。
麵屋 達 (9)

国道8号線沿いの目立つ場所に二日市店はあります。
麵屋 達 (2)

お店を入ってすぐに食券機があって、食券を買って席に着きます。
麵屋 達

私は一番ベーシックな「豚骨醤油(730円)」を頼みました。なぜか一緒に行った人全員がこれにしていましたね。
麵屋 達 (4)

海苔と小松菜(横浜家系のお店ではほうれん草のところが多いと思いますが)、そしてチャーシューの横浜家系の3種の具材がしっかり入れられています。
麵屋 達 (7)

それに、一緒に行った人がサービス券を持っていたので、煮玉子トッピングと餃子3個もプラスになりました。

スープは口当たりがよくて、醤油とんこつの癖を極力消してあるマイルドな味でした。横浜家系は豚骨と醤油のせめぎあい、的な楽しさ?があるのですが、こちらの「金澤達系」は醤油とんこつ、仲がいいのです!(笑い)

麺は細麺・中太麺・太麺の3種類から選べます。私は中太でお願いしました。

また、茹で具合は、好みの固さにしてくれますが、普通でもしっかりとしたコシのある麺でした。麺は小松の中石食品さんのを使っていました。

スープに使うしょう油も大野醤油を使っているようで、地元の素材にこだわっているというのも好感が持てます。そして全体的に、まとまった味で美味しかったですよ。

ランチタイムはご飯・おにぎり・季節のご飯が無料。
麵屋 達 (6)

私はこちらのおにぎりで梅でお願いしました。
麵屋 達 (8)

餃子はジューシーに焼かれてこちらもGood!
麵屋 達 (5)

あと、季節のご飯はおかかご飯でした。

ランチタイムにサービス券をうまく使えば量的にも満足できていいと思います。ご馳走様でした。

麺屋 達 二日市店
石川県野々市市二日市町510-2
TEL 076-294-4211
11:30~14:30 18:00~24:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ