あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:食パン

昨今大きく業容を拡大させている「新出製パン所」。
新出製パン (13)

こちらは石川の高級食パンブームの火付け役とも言われていますが、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いです。
新出製パン (4)

私のブログでは5月に能美分所を紹介したばかりですが、今日は小松分所の紹介です。矢継ぎ早の出店です。
新出製パン (2)

さて、食パンブームについていえば、全国的に有名な「乃木坂な妻たち」が石川県に初出店するなど、そろそろ過当競争になっているのではないでしょうか?

個人的にはすべてが勝ち残ることはないと思えるので、今後優劣が見えてくるものと考えます。
新出製パン (3)

食パン専門店の場合、本当にシンプルな食パンのみで勝負するところと、色々な味や具材を使った食パンのバリエーションを増やすところがありますが、普段、家では食パンを食べない我が家では、「新出製パン所」のような色々な食パンを売っているお店の方が使い勝手がいいのです。

さて、当然新しいお店なので、この日も多くのお客さんが買いに来ていました。

今回、我が家で買い求めたのは「ごしゅのちーず」です。売られていた時間帯に残っていたのは甘めの食パンが多かったので、実は選択肢があまりありませんでした。
新出製パン (6)

能美分所では半斤もありましたが、こちらではたまたまでしょうか?1斤のみしかありません。1斤1,200円と少しお高いです。1斤8枚切りにすると一枚当たり150円となりますね。
新出製パン (8)

チェダーチーズ・ゴーダチーズ・ナチュラルチーズ・クリームチーズ・プロセスチーズの5種類を使っています。
新出製パン (10)

免疫力を高めるシールド乳酸菌100億個配合しているそうです。

私は1枚の半分をまず生で食べてみました。

軽めの生地です。バターが香りしっとり感がありました。ただ肝心の5種類のチーズの風味は生ではあまりしません。
新出製パン (12)

そして1枚をトーストして食べます。熱を加えるとチーズの風味が立ち美味しく頂けました。

これから石川県だけではなく県外にもお店を展開していくことになるのだと思いますが、成功をお祈りいたしております。ご馳走様でした。

新出製パン所 小松分所
石川県小松市清六町甲18-6102号
TEL 0761-27-5250
11:30~17:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

世の中、高級食パンブームが続いています。

全国でも雨後竹の子のように食パン専門店が出来ていて、現時点では過当競争ではないかと言われるくらいですよね。

地元石川県でも地元資本のお店があって、有名どころとしては「金澤食パン専門店 わざなか」とか、今日紹介します「新出製パン所」などが知られています。

特に「新出製パン所」は石川の食パンブームの火付け役と言われるような存在で、ちょうど1年ぐらい前に日本テレビ系列の人気番組「行列のできる法律相談所」で紹介されたことがあって、それ以来人気が続いています。
新出製パン所 (4)

そんな「新出製パン所」が能美市に分所を出していて、私も前々から知ってはいたのですが、何せ我が家は食パンというものをあまり食べる家ではないので、これまで買い求めたことがありませんでした。

昨今の新型コロナウイルスのために、家で過ごすことが多くなり、テイクアウトランチやパンのお店ばかり紹介することになり、一度試しに買ってみようということで出かけてきました。
新出製パン所 (6)

「新出製パン所」では「匠」とか「極」とか定番の食パンなどありますが、食パンを家であまり食べないので、そのまま食べられる味の付いたものということで、4月20日発売の夏限定商品の「爽(そう)」を買おうと思い出かけました。

了解いただき店内を写させていただきました。
新出製パン所 (2)

思ったより色々な種類の食パンが並んでいました。どれも美味しそうです。
新出製パン所 (8)

こちらに紹介されている農口尚彦研究所とのスペシャルコラボパン「酒粕白あん」なんてのもありました。

しかし、今回ネットでも調べてわかりましたが、こんなに種類があるとは知りませんでしたね。
新出製パン所 (5)

こちらが買い求めた「爽(そう)税込750円」です。黄色がきれいな食パン。半斤です。
新出製パン所 (11)

冷やして食べても美味しいということでしたが、まだ夏には早いので常温のまま食べることに。
新出製パン所 (12)

レモン生地の中にレモン風味のレアクリームチーズ。オレンジピールとレモンピールが巻き込んであって、名前の通り爽やかな味わいのパンでした。
新出製パン所 (10)

もう一つ、お店の人が薦めてくれた「ハム(税込580円)」という名の食パンも半斤買っています。

ブラックペッパーが生地に練り込まれていて、ハムとダイスチーズが巻き込まれているスパイシーな食パン。ビールやワインのつまみみもよさそうです。
新出製パン所 (13)

こちらは軽くトーストしたほうが美味しく頂けますね。

さて、高級食パンブームがいつまで続くか、そして勝ち残るのはどこか!?興味深々です。ご塗装様でした。

新出製パン所 能美分所
石川県能美市大成町リ84
 Fビル102
TEL 0761-58-1208
11:30~18:00
無休(臨時休業あり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今年は私のブログで相当数のパン屋さんを紹介してきました。

我が家では休みの日しかパンは食べないので、毎週土曜日になると、気になるパン屋さんを見つけては買いに出かけていた気がします。

今年は50軒以上紹介していますね。

今年はパンについては、こちらのお店の紹介が最後で、金沢市の最南の八日市にある「Lean(リーン)」という、今年9月にオープンした新しいお店です。

場所は同じパン屋さんの「あるざす」の裏手あたりの住宅街の中にひっそりと有ります。ほんと目と鼻の先にあります。
リーン

カーナビで住所を入力して向かいましたが、最初わからずに食べログの地図を確認してやっとたどり着きました。
リーン (13)

何せほとんど住宅のような外観で、パン屋をイメージして捜すと見過ごしてしまいます。

オーナーシェフの方は「デュヌ・ラルテ 表参道本店(現在はデュヌ・ラルテ紀ノ国屋等々力店」と「ラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブション六本木」で腕を磨かれていた方です。
リーン (11)

パン屋さんでは珍しく靴を脱いで店内に入ります。
リーン (10)

こちらのスペースはイートインとカフェのスペースですが、行った時はまだやっていない様子でした。

お店自体は前は居酒屋だったところを居抜きで使っているようです。道理でカウンターがあるわけです。
リーン (6)

お店に到着したのはお昼過ぎ。タイミングが悪かったようで、ちょうど午後の部?のパンを焼き始めていた時間帯で、午前の部?のはほとんど売り切れていました。

そんなほとんど選択肢がなかった中で、3個とも最後の1個をかろうじてゲット。その3種類のパンを紹介します。

まずはこちらのお店の人気のパンで「紅茶のメロンパン(290円)」。乗せられているのはピーカンナッツです。
リーン1

その名の通り紅茶のアールグレイを生地に練り込ませてあります。

メロンパンですが、ブリオッシュ生地で卵とバターをたっぷり使ってあって外はカリッと中はフワッとしてました。食べるとほんのりと甘いパンですが、アールグレイの風味が心地よく後に残る甘さではありません。

こちらは「ハニークリームチーズ(250円)」です。たっぷりのはちみつがかかっていて、こちらも甘いのかな?と思って食べたらそうではありませんでした。クリームチーズとの相性抜群でした。
リーン (15)

木地はしっかりもっちりしていて、意外とずっしりとした重さで、中にはくるみがたっぷり入っていました。美味しいです。
リーン (20)

この2つを妻とシェアして食べました。半分に切るとこんな感じです。
リーン (16)

こちらは「パン・オ・フロマージュ(240円)」。娘が食べています。
リーン (12)

こちらのお店は食パンもウリのようですよ。

さて、たぶんこのあたりはパン激戦区でもありますが、東京で腕を磨いたオーナーシェフの今後の活躍が期待できますね、ご馳走様でした。

Lean(リーン)
石川県金沢市八日市1-736-1
TEL 076-299-5150
10:00~パン売り切り次第閉店
日・月・火曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 


前は洋菓子とパン両方こだわりのお店ということで紹介しました。

確かに、お店によっては両方作っているところも色々ありますね。

フランスでは、パティスリーとヴィエノワズリー(Viennoiserie=イースト発酵させたパン生地または様々なペイストリー生地を焼いた菓子パンの総称でパティシエが作るパンのこと)が同じお店で売られていることが多いことから、こちらのお店もそのようにしているのです。

パンは主として小麦粉に砂糖と塩と水と酵母菌を混ぜて発酵させてオーブンで焼き、ケーキは膨らますのに重曹やベーキングパウダー、バター、泡立てた卵白(メレンゲ)などを利用します。

まぁ、同じ小麦粉(ケーキ類は主に薄力粉、パンは強力粉系)を使う食べ物なので、関係があるといえばあるのでしょう。

さて、「ベル ネサンス(bell naissance)」は北浅井町の住宅街の中にあります。
ベルネサンス

私もこれまで気が付きませんでしたが、お店の前の看板をよく見ると、体形補正下着専門店が併設されていますね!?

左側の家がそうなのでしょうか?
ベルネサンス (2)

で、右のほうの、こちらの入り口が「ベル ネサンス」です。
ベルネサンス (6)

むかしはカフェもやっていたはずですが、聞きませんでしたが、雰囲気的にはもうやられていない感じがしました。でも、もしかしたらイートインも可能かもしれません。
ベルネサンス (7)

前回は洋菓子も買い求めましたが、今回は翌朝のパンのみの購入。

私が食べたのは新発売と書かれていました「ハムたまごパン(230円)」。
ベルネサンス (9)

その名の通り、白パンにハムを巻き込んであって、たまごサラダが乗せられていました。白パンはとても柔らかく、たまごサラダとの相性も良かったです。
ベルネサンス (8)

妻はこちらの「レーズンフレンチトースト(180円)」と、
ベルネサンス (10)

これは何だったかな?チーズが乗っていました。
ベルネサンス (11)

娘のは「ポテトグラタンパン(230円)」で、こちらはポテトサラダにハム・チーズです。
ベルネサンス (12)

あと、レーズン食パン(350円)」も買い求めましたが、こちらは原材料高騰のため販売が終了となっていましたね。残念です。

小松も美味しいパン屋さんが多く激戦地になっていますが、パンとケーキの両方とも同じお店で買えるところは少ないので頑張ってほしいですね。ご馳走様でした。

ベル ネサンス(bell naissance)
石川県小松市北浅井町舟津33-1
TEL 0761-22-0118
10:00~19:00
水曜・月1回木曜不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

何となくパン屋さんって、家族経営の小さなお店、というようなイメージがありませんか?

実際、ご夫婦で営んでいるお店が多いとは思いますが、中には大きなお店で手広くやられているところも当然あるわけです。

私のブログでは県外の大手資本のお店はあまり紹介していないのですが、今回の「石窯パン工房 フレッシュベイク 野々市店」は、石川県内に本店があるところです。
石窯パン工房 (18)

本店は金沢市三ツ屋町で、三日月のかたちでおなじみ「つのパン」発祥ということで有名なのです。とても大きなお店で、たくさんの種類のパンを売っています。
石窯パン工房

こちらの野々市店は野々市市役所の真ん前にあって、本店もそうですが、石積みの洋風な佇まいが特徴のお店です。
石窯パン工房 (16)

焼きたてのパンをすぐに食べたいという人には、テラス席もあって、その場で食べることもできます。また焙煎コーヒーなど、ドリンクが無料で飲めるのがうれしいです。
石窯パン工房 (15)

中に入ると、どこかの百貨店のバーゲンにでも来ているかと勘違いするほどの賑わいでした。

パンは約120種類ほど取り揃えていて、選ぶのに苦労するほどです。

これだけ種類があると、おじいちゃんやおばあさん、そして小さな子供まで、こちらのお店で好みのパンを選ぶことが出来そうです。

我が家でも、いま流行りのハード系のパン中心のお店だと、我々夫婦はいいのですが、母の食べるパンを考えると、どうしても母の分のみ別にどこかで購入していることが多くなっています。

さて、我々がお店でパンを選んでいる間も、どんどん焼きたてのパンが店内に出されていきます。その時、お店の人の声も元気いっぱいで気持ちがいい対応。活気があると好循環が生まれてくると思います。

さて、今回買い求めたパンを紹介します。
石窯パン工房 (19)

この日の夕飯にバジルソースを使った料理を考えていたので、その時に食べるために買い求めた「ガーリックトースト(130円)」。
石窯パン工房 (21)

翌朝の朝食用としては、私は「Curryなるフランクロール(200円)」。

中はチーズカレーソースで、意外にありそうでなかいタイプのフランクロールでした。美味しかったです。
石窯パン工房 (23)

妻はハード系の「チーズクッパ(190円)」。
石窯パン工房 (20)

母は「かぼちゃ食パンのハーフサイズ(170円)」。
石窯パン工房 (22)

娘は「ツナスペシャル(180円)」。これは、中にほうれん草・ゆで卵・スギヨのカリブなどが惣菜として入っていました。
石窯パン工房 (24)

あと、バターロールも買い求めました。

飛び抜けて印象に残るパンでははないかもしれませんが、値段も手ごろで、多くの種類から選べる楽しさもあって人気なのでしょうね?ご馳走様でした。

石窯パン工房 フレッシュベイク 野々市店
石川県野々市市三納1-9
TEL 076-246-7715
7:00~19:30
月曜・第3火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ