あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:音楽祭

加賀地方は3日と4日の午前中はあいにくの雨まじりのお天気でしたが、午後からは雨もほぼ止んで天気も回復しました。

そんな昨日・今日とGW後半に行ったイベントについて書きます。

まずは金沢市をメインに北陸三県を会場に開かれている「風と緑の楽都音楽祭」。昨年からこの名前に変わりました。
風と緑の楽都音楽祭 (7)

今年のテーマはモーツァルト。

昨年はベートーベンで、昨年の様子はこちらに書いています

3日に石川県立音楽堂の邦楽ホールで「田中 泯、モーツァルトを踊る」というのを観てきました。
風と緑の楽都音楽祭 (13)

NHKの連続テレビ小説「まれ」で、桶作元治役を演じていた、世界的に評価されているダンサー・舞踊家の田中 泯さんの本物がみられるということで出かけてきたのです。
風と緑の楽都音楽祭 (3)

午前中は雨模様。でも私が金沢に着くころには雨も上がり、多くの人が石川県立音楽堂まで聴きに来ていました。

この「風と緑の楽都音楽祭」の特徴の一つが、金沢市街の色々な場所で無料の演奏を聴けること。
風と緑の楽都音楽祭 (2)

この日も石川県立音楽堂の正面、金沢駅のコンコースや、もてなしドームなどで行われていました。
風と緑の楽都音楽祭 (6)

出演者のサインコーナーも。
風と緑の楽都音楽祭 (14)

さて、田中 泯さんの踊りですが、モーツァルトの弦楽四重奏曲 第13番 ニ短調とピアノ四重奏曲 第1番の調べ(いしかわミュージック・アカデミー弦楽四重奏団)に即興の踊りをのせているのですが、体の軸がやはり素晴らしいんでしょう…?素人目にも「凄い」ということが伝わってきました。

立見もでるほどの盛況だったのですが、会場内に凛とした空気が流れていました。

ただ凡人の私には少し難しい踊りでしたね!?^^;

あと、この「田中 泯、モーツァルトを踊る」の前の時間帯に交流ホールで行われた「新垣 隆もモーツァルトを語る」というミニイベントも観てきました。こちらはチケットを持ってる人は無料ということで開場時間前から多くの方が順番待ちをしていました。
風と緑の楽都音楽祭 (12)

新垣 隆さんといえば、あの一連のゴーストライター騒動から4年経過して、いまではTVのバラエティ番組などにも出演するほどです。

最初は堅めのトークでしたが途中から面白くなって、自虐ネタまで飛びだしました。30分ほどの短い時間でしたが楽しいイベントでしたね。もちろん、作曲家でもありピアニストでもある新垣さんのモーツァルトのピアノソナタも聴きごたえがありました。

そうそう、その中でもPR?していましたが、7日(月)TBS系列で夜7時からの「密着! 血糖値72時」 にも出演されているようです。

「風と緑の楽都音楽祭」は明日5日まで。

お次は、こちらも毎年GWの季節に開催されている九谷茶碗まつりについてです。
九谷茶碗まつり (7)

加賀地方で生産されている色絵の磁器としての九谷焼は、石川県を代表する伝統工芸で世界的にも有名です。
九谷茶碗まつり (2)

昨年は、春の嵐が吹き荒れて途中で中止になりました。今年も3・4日午前中は雨風が強くて心配されましたが、私が会場に行った4日10:30頃には雨も完全にあがり青空も出てきました。

今年の茶碗まつり会場には九谷焼の特設店約50店が出店。
九谷茶碗まつり (3)

私は九谷焼窯元 上出長右衛門窯で、こちらのポップな絵柄の皿を買い求めました。
上出長右衛門 (2)

何年か前に「クタニシール」ブランドとして、伊勢丹新宿店、雑誌「SPUR」とのコラボイベントでイラストレーター Akko氏とコラボレーションしたときの絵柄のデザイン皿です。
上出長右衛門 (4)

ちなみに、上出長右衛門窯の工場では、こちらのイベントをやっています(5日の明日まで)。
上出長右衛門 (6)

こちらにも掘り出し物などお得な価格で買い求めることが出来ましたが、残念ながらサイズと絵柄で欲しいのがなくなにも買い求めませんでした。
九谷茶碗まつり (25)

その後、能美市九谷焼資料館にも立ち寄りました。
九谷茶碗まつり (10)

開館以来35年を経てはじめての大型改修が終了して、リニューアルオープンしています。
九谷茶碗まつり (12)

「九谷五彩」の紺青・朱赤・紫・緑・黄の色壁別の五つの部屋で展示室を構成していて、装いも新たに楽しむことが出来ます。展示内容も充実されています。
九谷茶碗まつり (22)

紺青と朱赤の部屋は、今の展示では写真撮影ができ、じっくり観てまわれる作りに変わっていてよかったです。

九谷茶碗まつりの期間中(5日の明日まで)は無料で見学可能です。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

GWは皆さんどのようにお過ごしでしょうか?

私はGW・お盆・正月など超混雑時は宿泊を伴うような遠出はしません。毎年、近場で過ごします。

今日は、3・4日に行ってきたイベントについて書きたいと思います。
東酒造 (14)

まずは3日。小松市の蔵元「東酒造」で行われた酒蔵解放のイベントです。この酒蔵解放は毎年行われていて、多くの人が訪れます。
東酒造

神泉酒蔵学校、新酒試飲会や普段見ることの出来ない仕込み蔵や国有形文化財の庭園等の見学などがイベントの内容です。
東酒造 (10)

それ以外にも神泉の粕で作った粕汁や甘酒など美味しいものも楽しむことが出来ましたが、私が伺った午後は粕汁は終了していて、残念ながら甘酒のみでした。

甘酒は、その名の通り甘かったです。でも、栄養価も高く体にもいい甘酒。温まりましたよ。
東酒造 (6)

そして先代のご当主とも久しぶりにゆっくりとお話しすることが出来ました。
東酒造 (2)

ちなみにお酒の試飲も当然できたのですが、私は運転手。5種類の美味しい日本酒の試飲は全部妻が美味しく頂きました。^^;

このGWに買い求めた「神泉」は、左はラベルなしですが、数量限定酒の「しぼりたて純米大吟醸生原酒(720ml 2,268円)」。搾ったばかりの「しぼりたて」で、すこしオリが絡んだタイプです。
神泉

右は大吟醸薄にごり酒の「香凜(KARIN)生原酒(720ml 2,268円)」。純米大吟醸のにごり酒です。瓶内発酵でシャンパンのように炭酸が弾けます。飲み口もわやかなにごり酒ですね。
風と緑の学徒音楽祭 (2)

そして4日は金沢でした。毎年行っている音楽イベント「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」を楽しんできました。

この音楽祭は昨年まで「ラ・フォル・ジュルネ金沢」という名前でしたが、「ラ・フォル・ジュルネ」の冠を付けるには色々制約もあるようで、今年はリニューアルされ「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」という名前で再出発を図っています。「金沢ブランドの音楽祭」としてのスタートです。

ちなみに「ラ・フォル・ジュルネ」の音楽祭は今年は東京、新潟、大津(びわ湖)で開催されていまね。

私も毎年行っていて、昨年のことはこちらに書いています

さて、リニューアルした「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」ですが、構成はそれほど大きく変わっていません。
風と緑の学徒音楽祭 (3)

そして、縛りがなくなったからか、ゆるきゃらも新しく登場しています。その名も「ガルガンチュア」。なぜかウーパールーパーを思い出しました。^^;
風と緑の学徒音楽祭 (7)

毎年、大きなテーマに基づき開催されていますが、今年のテーマは「ベートーベン」。交響曲「第1番」から「第九」まで、「皇帝」などピアノ協奏曲5曲、ピアノソナタ32曲の「全曲演奏」などを目玉として、金沢市を中心に無料イベントを含む約170の音楽公演が行われました。
風と緑の学徒音楽祭 (11)

世界的演奏家も出演していましたが、私は毎年、青島広志さん司会のコーナーを聴きに行きます。今回はブラームスの青島広志さんが編集のドイツ民謡集より、司会とピアノ青島広志さん、ソプラノは韓錦玉さん、テノールは小野勉さんの3人の歌と演奏を楽しんできました。
風と緑の学徒音楽祭 (5)

あと、その公演に先立ち、石川県立音楽堂コンサートホールにおいて、ベートーヴェン「コリオラン」序曲と「交響曲 第4番」を、指揮・台湾高雄市交響楽団常任指揮者のチー・チン・ヤンさん。演奏・管弦楽オーケストラ・アンサンブル金沢で聴いてきました。

普段、「交響曲 第4番」は聴く機会がないのと、やはりオーケストラ・アンサンブル金沢の演奏を聴きたいということでチョイスしたのです。

チー・チン・ヤンさんの指揮は安定感のある指揮でしたね。聴きごたえがありましたよ。

音楽会の名前も変わり、再スタートを切った「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」。これからも続けて欲しいものです。

さて、グルメブログなので少しグルメの話題を。

「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」の会場、石川県立音楽堂内のやすらぎ広場でカジマートさんが出店していました。
ミモレット (4)

チーズ工房 ミモレット」がチーズとワインなどをその場で楽しむことが出来ました。
ミモレット (2)

誰かがリンゴのお酒、シードルを飲んでいました。^^;

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ