あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:釜めし

毎年花見に行く芦城公園。


今日は、夜桜見物の前に会社の人と行ったお店「一山楼」についてです。
一山楼

こちらへは、この桜の季節に1年おきぐらいにお邪魔しています

昔の蔵を移築改装したところもあったりして、なかなか店内も趣のあるお店なのです。私はこちらがリニューアルした時から何度も利用させていただいています。

外観だけ見ると敷居が高そうに見えますが、お値段はリーズナブルな値段設定のコースもあって比較的気軽に入ることが出来ます。
一山楼 (2)

奥の座敷は静かに落ち着いて飲み食いできるところになっていて、この日もゆっくり楽しませていただきました。

メニューは定食の釜飯コース(税別2,000円)、一人一釜付いてくる本御蔵コース(税別3,800円)、花コース(税別4,500円)、月コース(税別5,500円)、雪コース(税別7,000円)。

奥の座敷利用の場合は花コース以上からとなっています。なお奥の座敷はサービス料も必要となります。

我々は前回と同じで花コース。内容も昨年とほぼ一緒なメニュー構成でした。
一山楼 (4)

まずは先付の白和えを肴に乾杯用の食前酒で乾杯です。
一山楼 (6)

お造りは昨年とまったく同じで、甘えび、ガンド?、タイ、サワラでした。
一山楼 (7)

揚物は天ぷら。岩塩で食べます。今年は普通の内容ですね。
一山楼 (8)

焼物はサワラの西京焼き。
一山楼 (9)

蒸し物は湯葉巻に里芋、つみれ、菜の花の餡かけ。上品な餡がかかっています。
一山楼 (10)

酢の物は、こちらも今が季節のホタルイカです。今年はタコは入っていません。
一山楼 (11)

締めのご飯は今年は五目釜めしでした。このコースでは釜めしはお茶碗の盛られて出されます。ガス釜方式の強火で一気に炊き上げる釜めしは何度食べても美味しいですね。

一人一釜付いてくる本御蔵コースもいいのですが、歳をとって来るとこのぐらいの量が適量です。^^;

吸物、香の物ももちろん付きます。
一山楼 (12)

デザートはフルーツとプチケーキ。
一山楼 (5)

お酒のほうは、生ビールのあと、今年は日本酒は頼まずにハイボールと焼酎お湯割りを中心に飲みました。

料理の内容は4,500円以上のクオリティなのがうれしいですね。

以上飲み食いして一人8,600円ほど。静かな座敷で仲間と一緒に一献。楽しいひと時でした。ご馳走様でした。

一山楼
石川県小松市殿町2丁目17
TEL 0761-22-0524
11:30~13:30
17:30~22:00
前日までの要予約
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 


いよいよ秋本番になって朝晩もめっきり寒くなってきたので、釜めしの話題もいいのではないでしょうか?
こんぱ亭

今回は山中温泉のゆげ街道沿いにあるお店で「こんぱ亭 橋爪庵」。何と!創業50年以上経っているようです。


昔からあるお店で、特に釜めしが有名です。

観光客に人気で、特にこれからの季節、週末のランチタイムはいつも混雑しています。

前回はもう少し暑い時期に行って来て、季節の釜めしの「子だこ釜めし」を食べていますね。その時のを、今回行って来てから読み返すと、値段以外の内容はあまり変わっていないようです。12年経過しても変わらないということはある意味凄いことです。継続して人気を保っていないと難しいことだと思います。

行ったのは9月の3連休の最後の日。混んでいるだろうと思って向かいましたが、12時少し前で運よく席が空いていました。その後すぐに順番待ちが出来ていたので運がよかったと思います。

今回は妻と二人で行き、2つの釜めしを頼んでシェアすることにしました。
こんぱ亭 (4)

釜飯やそれ以外のお品書きはこんな感じです。だいぶ年季が入ったお品書きです。^^;

私は「うなぎ釜めし(税別2,700円)」。妻は季節の「松茸釜めし(税別2,700円)」を頼みました。
こんぱ亭 (7)

釜めしは生米より1人前ずつ炊き上げているので時間がかかります。
こんぱ亭 (12)

そのため待っている間に、まずお抹茶と小豆落雁が出されます。
こんぱ亭 (10)

それを飲み食いしていて、20分ほど待ったでしょうか?やっと出されます。
こんぱ亭 (14)

蓋を開けると、熱々でタマゴでとじられた釜めしの上に、松茸が並んでいます。
こんぱ亭 (16)

こちらはうなぎのほうです。うなぎは中にも隠れていました。
こんぱ亭 (20)

お茶椀(碗ではなく山中漆器なので椀)に盛ります。セットには山菜、白なます、長芋たんざく、枝豆などの小鉢が付いてきました。

松茸のほうは味は上品。逆にうなぎのほうは濃いめの味付けでした。うなぎの釜めしだけだとちょっと途中で飽きが来るかもしれませんが、妻のとシェアしたので最後までいけました。

また、漬物は糠漬けでこちらも濃い味です。
こんぱ亭 (21)

釜めしのお決まりのおこげもたっぷり。
こんぱ亭 (13)

あと、こちらのお店の名物が、写真の大盛の山わさび。こんなに食べる人がいるのか?と思えるぐらいに盛られて出されます。このわさびを釜めしに塗りながら食べると。味の変化を楽しめて、大盛りの釜めし(ご飯茶碗3杯以上)を食べきることが出来るのです。

食べきれない場合はおにぎりにしてお土産として渡してくれますが、今回は2人とも食べきりました。相当満腹になりましたが…。
こんぱ亭 (17)

お吸い物も付いています。

3連休だったからかもしれませんが、観光客が多かったです。やはり人気のお店ですね。
お値段はそれなりにするので、しょっちゅう食べに行くわけにはいきませんが、たまにはお昼にこんな贅沢もいいかもしれません。ご馳走様でした。

こんぱ亭 橋爪庵
TEL 0761-78-0545
石川県加賀市南町ニ15-1
11:00~20:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

四国へは2年3ヶ月ぶりに行きました

香川県といえば「うどん県」で有名ですが、うどん以外にも美味しいグルメがたくさんあります。

特に瀬戸内海の海の幸は格別で、鯛やタコ、サワラ(石川県でいうサワラとは違います。石川では「サワラ」とはカジキのことです)など美味しいものがたくさんあります。

まぁ、うどんは主食なのですが、さすがに夜にまでうどんを食べるわけにもいかないので、普通に居酒屋に入りました。
酒と料理のなつ

とはいえ、せっかく来たので瀬戸内の美味しい魚介も食べたいし、美味しいお酒を飲みたいわけで、それなりに下調べをしてチョイスしたのが、今日紹介します「酒と料理のなつ」です。

高松市内の中心エリアにお店はあります。

昔よく利用していたホテルに今回久しぶりに宿泊して、仲間と4名で連れだって近くにあるこちらのお店に向かいました。

私がよく出張で四国にも行っていた6年前にはなかったお店です。
酒と料理のなつ (8)

四国貯蓄信用組合の跡地を利用して、元銀行の金庫室をそのまま個室席として使用していたり、カウンターやテーブル、小上がり、個室など色々な形態の席がたっぷりありとても広いお店でした。

できる限り「地元・四国の食材」を使うことをモットーに、作り手の名前の付いたメニューなど地元四国の生産者の方々と密接につながった料理を提供しているお店なのです。

我々4人は、入口に近いテーブル席に案内されます。
酒と料理のなつ (3)

まずは生ビールで乾杯です。お通しはブロッコリーと鶏肉でした。
酒と料理のなつ (9)

では食べたものを紹介していきます、
酒と料理のなつ (12)

最初に「お刺身盛り合わせ おまかせ2~3人盛り(2.070円)」を頼みます。こちらで2~3人前です。

かつお、オリーブはまち(オリーブをエサで食べさせている?)、サワラは炙り、タイ、サーモンの5種類。刺身は今の時期、旬の美味しい魚介を楽しめるので、それと比較すると、まぁ、鮮度的には少し落ちるといえるかもしれません。
酒と料理のなつ (10)

これは「はまちのぶっかけ胡麻まみれ(1,000円)」で、福岡の「ごまアジ」のような感じです。
酒と料理のなつ (14)

野菜は「エビとアボカドのシーザーサラダ(950円)」を頼みました。
酒と料理のなつ (16)

「熱々じゃこ天(470円)」はこれで2枚分でした。熱々で美味しかったです。
酒と料理のなつ (19)

「いただきさんのたこ天(630円)」にはカレー塩が添えられています。

「いただきさん」とは、高松の町でそう呼ばれる鮮魚商のこと。もともと頭の上に桶を乗せて売り歩いていたようです。
酒と料理のなつ (17)

こちらの「明太子入り出し巻き玉子(720円)」は一本物で出されます。
酒と料理のなつ (18)

明太子もたっぷり入れられていました。熱々で美味しかったですよ。
酒と料理のなつ (20)

「〆サバ(700円)」は脂が乗っていました。
酒と料理のなつ (22)

最後に頼んだのは「鳴門鯛のかま飯(900円)」。といっても一から一人用の羽釜で炊き上げるので20分ほどかかるということで、20分ほど前にオーダーしています。
酒と料理のなつ (23)

出来立てをかき混ぜ少し蒸らせて、お茶碗に盛り付けます。
酒と料理のなつ (24)

上品なうす味でしたがうまかったです。

「漬物盛り合わせ(600円)」も合わせて頼みました。
酒と料理のなつ (13)

お酒のほうは生ビールの後は、獺祭の純米大吟醸50の300ml。

そのあとは私はハイボール。他の人は日本酒を頼んでいました。

以上、4名で飲み食いして締めて一人5千円を切る値段。コスパもいい感じ。味のほうもすべての料理が標準以上の味で満足できましたね。ご馳走様でした。

酒と料理のなつ
香川県高松市瓦町1-4-10
050-5592-2001
月~木18:00~25:00
金・土18:00~25:00
日18:00~23:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

一山楼」も2年に一度、何故か桜の季節になるとお邪魔しています
一山楼

すぐ近くが小松の桜の名所「芦城公園」と言うこともあって、ちょうど桜が咲くタイミングのときに利用するということになっています。

私のブログでも何度も紹介していますが、こちらの「一山楼」は、出来立て熱々釜めしが名物です。
一山楼 (2)

お店も立派で、店内には蔵を移築改装した部屋があったり、趣のある雰囲気の中、割烹料理を楽しむことが出来ることで人気のお店です。

我々はいつもは蔵の中の席で、本御蔵(ほんみくら)という3,800円のコースをお願いしています。

今年は、奥の座敷の部屋を予約しました。こちらのお部屋の場合は4,500円以上のコースのオーダーが必要、さらには席料として10%のサービス料がかかります。そのかわり仲居さんがつきっきりでお世話をしてくれます。
一山楼 (19)

蔵の中はどちらかというとカジュアルに家族や仲間と。座敷はハレの日やオフィシャルな宴などに適していると思います。

座敷のほうですがテーブルと椅子というセッティングで、今回お願いした4,500円のコースは、先付・お造り・焼物・蒸物・揚物・酢の物・ご飯・吸い物・香の物・デザートという内容になっています。

今回、歓送迎会と言うことで話を聞きながら飲み食いしていたので、料理のことはあまり聞いていませんでした。^^; そのため簡単な紹介になっていること、また間違いなどあるかもしれない点をお許しください。

ただ、いつも同じ時期に来るので、料理の内容は本当に似ています。
一山楼 (3)

まずは、乾杯用の食前酒で乾杯です。先付は白和えです。
一山楼 (11)

そのあとお酒は瓶ビール、そして日本酒に移っています。
一山楼 (9)

日本酒は神泉と宗玄の生酒。宗玄は甘めで神泉はすっきりとした飲み口です。
一山楼 (13)

こちらは菊姫の普通酒で「淳」。菊姫らしく山廃で作られています。
一山楼 (6)

お造りはこの時期は同じで、甘えび、ガンド?、タイ、サワラ。
一山楼 (7)

揚物は天ぷらで山菜がメインでした。岩塩で食べます。
一山楼 (8)

焼物は何だったんでしょう?^^; サワラの西京焼き?
一山楼 (12)

蒸し物は湯葉ときのこと野菜の餡かけ。
一山楼 (14)

酢の物は、こちらも今が季節のホタルイカです。プラスたことワカメです。
一山楼 (15)

締めのご飯はもちろん釜めしです。釜めしはお茶碗の盛られて出されます。

吸物、香の物ももちろん付きます。
一山楼 (16)

デザートはフルーツとプチケーキ。

このコースも、そんなにボリューム的には多くないのですが、値段もお手頃なのでお勧めです。

蔵の中で仲間とワイワイやるのもいいですが、座敷で昔話をじっくりとするのもいいではないでしょうか。

さて、一山楼で話に花が咲いた後、近くの芦城公園で夜桜見学をして帰りました。ほろ酔い気分で見る夜桜もオツなものです。ご馳走様でした。

一山楼
石川県小松市殿町2丁目17
TEL 0761-22-0524
11:30~13:30
17:30~22:00
前日までの要予約
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

いま、水素水がブームといえばブームですが、だいぶ前に、山中温泉の第2菊の湯について書いたことがありますが、その時に「山中温泉は水素含有量が日本一」と紹介したことがあります。

しかし、この記事を書くときに調べてみると、残念ながら、そのような事実はないことがわかりました。詳しくは日本温泉総合研究所のこちらのページをご覧ください。

冒頭で、今日紹介するお店には直接関係のないことを書いてしまいましたが、こちらのお店の釜めしに、山中温泉の温泉が使われていることが書かれていたために、むかし書いた内容に関して調べていてわかりました。
魚心 (14)

さて、今日紹介します「ごはん処 魚心」は、テレビ東京で9月に放映された番組「モヤモヤさまぁ~ず2」(石川では10月放映)で取りあげられていました。

私も観ましたが、行くのは釜めしの季節になるまで待ちました。^^;

お店は山中温泉のど真ん中、菊の湯や山中座からすぐのところにあります。

店内は1階はそれほど広くはありませんでした。
魚心 (4)

カウンター席です。お一人様の私はこちらに座りました。
魚心 (5)

玄関から入って左はテーブル席です。また奥には小上がり席がありました。

2階に座敷がありそうですね。
魚心 (6)

壁には「モヤモヤさまぁ~ず2」で取り上げられたことを示す写真と額に入れられた番組タイトルマークが掲示されていました。

板長は元プリンスホテル料理長とかWebでは書かれていますが、あのプリンスホテル?それとも山中プリンスホテル?どちらでしょうか?^^;

板長にお聞きすると、放映後しばらくは釜めしを求めてお客さんが増えたそうですが、いまは落ち着いたそうです。
魚心 (15)

釜めしと定食のお品書きはこちらです。ははは、こちらにも「山中温泉は水素含有量が日本一」と書かれています。

夜は色々な居酒屋メニューも揃っていました。温泉街なので夜は地元客が中心でしょうね?

私は釜めしの中から海鮮釜めし(1,200円)を頼むことに。釜めしの中では一番高いものです。番組の中では大竹さんが食べていたやつですね。
魚心 (10)

釜めしは注文が入ってから炊きあげます。そのため15分ほど時間がかかります。
魚心 (12)

出されたのがこちら。炊きあがったばかりなので当然熱々です。
魚心 (11)

味噌汁と漬物が付いてきます。
魚心 (13)

具材は小さめの雄のズワイガニがメインで、あと甘エビ、ブリのような魚、ちくわ、わかめ、そしてタマゴが入っています。

炊きこまれたご飯には魚介に旨みが上品にしみこんで美味しかったですよ。

まぁ、山中温泉のお湯で炊き込んでいることは、あまり気にされないほうがよさそうです。釜めしはおすすめです!ご馳走様でした。

魚心(ぎょしん)
石川県加賀市山中温泉薬師町ウ-21
TEL 0761-78-5176
11:00~14:00
18:00~24:30
月曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ