あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:金沢

金沢市大野エリアは昔から醤油や味噌の産地として有名です。

特に醤油は、野田・銚子や龍野と並ぶ産地としても知られています。

当然いまでも醤油や味噌を作っているわけですが、大手と言われるところから小さな蔵元まで色々。

これらの蔵元では、敷地内の見学が出来たり、直売のショップやレストランまで併設しているところ、さらには自家の土蔵を改装してギャラリーとしていたりと、大野の街を彩っています。

そんな古くからある大野の街並みを散策していると、意外な発見が出来てなかなか面白い街だと思います。

私のブログでは、この大野の街にある飲食店やパン屋さんなどをいくつか紹介したことがあります。

さて今日紹介するのは小さな味噌蔵元が営むカフェ「味噌蔵カフェきくや」です。
味噌蔵カフェきくや

私はお店の存在は知っていましたが今回が初訪問。

事前に調べたところ、1895(明治28)年創業の味噌作りの蔵元だそうです。でも、作っている味噌のことを知りたいと思いネットで調べてみましたが、それ以上のことはわかりませんでした。
味噌蔵カフェきくや (12)

入口の扉を開けると確かに味噌を売っていました。
味噌蔵カフェきくや (4)

さらに大きな引き戸を開けて店内に入ると、中は広く天井が高い広々として空間。お店の名前の通り味噌蔵を改装したカフェです。それにしても立派な蔵ですね!?
味噌蔵カフェきくや (3)

至るところに絵画や古い調度品が並べられていて、落ち着いた空間になっていました。

お店を切り盛りしていたのは蔵元の奥さまでしょうか?の趣味によるものかもしれません。
味噌蔵カフェきくや (5)

こちらがメニューです。
味噌蔵カフェきくや (7)

寒い時期限定ですが、お店の味噌を使った田楽などを楽しむことが出来ます。
味噌蔵カフェきくや (6)

私はこの中から「レアチーズケークセット(700円)」を頼むことに。
味噌蔵カフェきくや (8)

チョイスした飲み物は加賀の紅茶です。
味噌蔵カフェきくや (9)

ティーポットではなくフレンチプレスに入れられて出されました。
味噌蔵カフェきくや (11)

ただ紅茶用のティープレスではくコーヒー用のフレンチプレスなので、2杯目は相当濃くなったので、出来れば紅茶用のティープレスを使用されたほうがいいと思いました。

レアチーズケークはチーズの味が濃く、ブルーベリーと抹茶アイスが添えれれていました。

落ち着いた空間で飲む紅茶と美味しいケーキ。くつろぎのひと時でした。ご馳走様でした。

味噌蔵カフェきくや
石川県金沢市大野町5丁目33
TEL 076-267-0156
11:30~15:30
月曜・第3土・日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢の森本地区に用事があり行ったついで翌朝のパンを買いに行きました。

お邪魔したのはJRいしかわ鉄道の森本駅からほど近い場所にある「ブランジェ タカマツ(Boulanger Takamatu)」というお店です。北陸自動車道の森本インターからも近いですね。

このあたりはまったく初めて行く場所なので、カーナビに電話番号を入れて行きます。
ブランジェ タカマツ

到着すると思ったよりも大きなお店でした。

昭和32年に食パン専門店としてオープンして以来60年以上経過しているという老舗のパン屋さんです。

お店は新しくてきれい。

店内に入ると、製パン工場が併設されていて、店内からもパンを作ってるところが見えました。
ブランジェ タカマツ (9)

奥にはイートインのコーナーがあって、ちょうどお昼時だったため何名かのお客さんが食べていました。
ブランジェ タカマツ (2)

パンの品揃えや量も豊富で特に惣菜系の種類がたくさんだったような気がします。

お店のウリとしては、2週間しっかり熟成させた天然酵母を使用して高温で焼きあげているそうです。

では我々が買い求めたパンを紹介します。

まず目についたのが、こちらのお店の一番人気だという「自家製カレーパン(140円)」。
ブランジェ タカマツ (14)

入口を入って一番目立つ場所に置かれていました。何と!最高1日620個売れるカレーパンだそうです。

これは妻が食べましたが、スパイシーな自家製カレーが美味しかったようです。
ブランジェ タカマツ (13)

あと、こちらの1個50円の「ポンデ・ケージョ」も買っていました。

私はこちらの「アスパラベーコンスティック(190円)」。ラスト一個だったのでつい買ってしまいました。^^;
ブランジェ タカマツ (11)

ソフトな生地にアスパラとベーコンがたっぷり乗せられていました。見た目はボリュームがありますが、ソフトなパンなのでそれほどお腹がいっぱいになるということではなかったです。
ブランジェ タカマツ (12)

娘には「ツナ・コーンパン(150円)」。食べた感想は聞いていません。

小さい子供からお年を召した方まで家族全員が楽しめるようなパン屋さんだと思いました。ご馳走様でした。

ブランジェ タカマツ(Boulanger Takamatu)
石川県金沢市吉原町イ-240
TEL 076-258-0241
7:00~19:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

皆さんはコーヒー派?日本茶派?それとも紅茶派?

私はコーヒーは習慣的に飲むことはありません。日本茶の方が好きです。

妻はどちらかといえばコーヒー派ですが、もっとも彼女の場合は、酒から水や炭酸系、ジュース系、お茶も何とか健康茶に至るまで色々なものを飲んでいます。よくそれだけ水分を取れるなぁ~?と感心するほどです。

さて、いわゆる嗜好品であるお茶については、世界中で色々な種類のお茶が飲まれていますね。

しかし、基本的には日本茶もウーロン茶も紅茶も同じ茶葉から作られます。

そして日本茶や紅茶は飲み方については、それほどバリエーションがあるわけではありませんが、中国茶は本当に色々な種類の茶葉や飲み方があります。

ちなみに私のブログでも中国茶のお店については何度か過去に紹介したことがあります。
今日は、そんな中国茶を飲んできたお店の紹介です。

それは「Orientaldining蓮(オリエンタルダイニングハス)」というアジア料理のエッセンスを取り入れたヘルシーメニューが人気のお店。
オリエンタルダイニングハス

店名の「蓮」は、このあたりが小坂レンコンの蓮畑が多いことから付けられたのでしょうか……?

カーナビでたどり着きましたが、それほど目立つ外観ではなにので飲食店だと気付かずに通り過ぎてしまうかもしれません。
オリエンタルダイニングハス (8)

店内は広く、オリエンタルエスニックな雰囲気が漂う店内でした。

今回我々はランチを食べた後だったため、お茶をするためにお邪魔しました。
オリエンタルダイニングハス (7)

メニューです。

ランチメニューの写真を撮るのを忘れてしまいました。^^;
オリエンタルダイニングハス (2)

我々はこちらの「今月のお茶」を頼むことにしました。

この中から自由に選ぶのかと思っていたら、毎月2種類(?)が月替わりで設定されていて、その2種類のみから選べるものでした。

この月は「鉄観音(540円)」と「碧螺春(へきらしゅん 540円)」。
オリエンタルダイニングハス (3)

妻と二人で両方頼んでシェアすることに。
オリエンタルダイニングハス (11)

「鉄観音」はウーロン茶としてよく知られていると思いますが、「碧螺春」は初めて飲む中国茶です。中国十大銘茶の一つで、香りがいいお茶でした。
オリエンタルダイニングハス (10)

最初、こちらのように透明のグラスに入れられてきて、一杯だけかと思っていましたが、後ほど白磁のポットにお湯が追加で出されました。
オリエンタルダイニングハス (13)

最初、この一杯だけだと思っていたので、茶葉を浸し過ぎてしまい、2杯目以降薄くなりました。^^;

熱いお湯を提供ということでしょうが「後ほど熱いお湯をお持ちします」という一言があったらより親切だと思いました。

あと、茶葉を利用したスイーツがあるということでそちらも頼んでみることに。
オリエンタルダイニングハス (9)

こちらの「白牡丹のパンナコッタ」です。単品で300円は安いですね。添えられているのはジャスミンが入ったアイスでした。

白牡丹は寝つきが悪い人に効果があるようです。でも、妻はどこでもいつでもすぐ寝るのになぜこれを頼んだのか不思議です。

今回はランチを食べてきた後だったので食事メニューを食べることが出来ませんでしたが、機会があればランチも食べてみたいですね。ご馳走様でした。

Orientaldining蓮(オリエンタルダイニングハス)
石川県金沢市荒屋町イ233
TEL 076-257-5001
11:30~15:00(L.O.14:00)
18:00~23:00(L.O.22:00)
火曜・第3月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨日、パッとしない天気の中、金沢の街を久しぶりに散策してきました。

目的は消費税アップ前の駆け込み消費?と、その合間に行きたかったところや、ランチ&ディナーももちろんです。グルメ編は後日ということで今日は巡ってきたところを簡単に紹介したいと思います。
金沢建築館 (5)

まず、ランチを済ませて向かったところは7月末に開館した「谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館」。
金沢建築館 (2)

金沢が生んだ偉大な建築家である、故谷口吉郎氏とそのご長男である吉生氏の功績を顕彰するために、吉生氏自身が設計して建てられた建築・都市についてのミュージアムです。

谷口吉郎氏は東宮御所の設計や迎賓館赤坂離宮和風別館「游心亭」など、数多くの著名な施設の設計で知られていて、金沢市の名誉市民第一号です。

長男も吉生氏も同じく建築家で、ニューヨーク近代美術館の設計を始め、石川県でも鈴木大拙記念館や片山津の共同浴場の設計で知られています。
金沢建築館 (26)

館内に入ると、吹き抜けの明るい空間。

奥にはカフェがありました。
金沢建築館 (25)

2階から見るとこんな感じ。
金沢建築館

地下1階の企画展示室では今、開館記念特別展「清らかな意匠」-金沢が育んだ建築家・谷口吉郎の世界-、が開かれていました。期間は2020年1月19日(日)までで、谷口吉郎氏の歩んできた道のりをたどることが出来ます。
金沢建築館 (12)

2階には、迎賓館赤坂離宮和風別館「游心亭」の部屋を実物そのままに再現された展示で、我々が普通には入ることが出来ない場所を見ることが出来ます。
金沢建築館 (18)

常設展示で写真撮影もokです。
金沢建築館 (18)

奥にはお茶室もあります。
金沢建築館 (21)

建築に興味がある方はもちろん、ない方も300円で入館できるので、是非行ってみてはいかがでしょうか!?

谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館
石川県金沢市寺町5-1-18
TEL 076-247-3031
9:30~17:00(入館は16:30まで)
観覧料金一般300円
65歳以上200円
高校生以下無料
休館日 月曜(休日の場合はその直後の平日)
    年末年始(12月29日~1月3日)
*展示資料の整理のため休館することがあります

そして向かったのは金沢21世紀美術館
金沢21世紀美術館 (3)

金沢に行くと必ず行くのですが、北陸新幹線が開通してからは多くの来館者で混雑していて、有料展示のチケットを長時間並んでまで買うことをためらい、なかなか観ることが出来ませんでした。
金沢21世紀美術館 (14)

今回、今年開館15周年を迎えたということで、その記念の展覧会「現在地:未来の地図を描くために[1]」を列に並んで20分かかってチケットを買い求め観てきました。
金沢21世紀美術館 (5)

これは「金沢21世紀美術館のコレクション作品を中心に、私たちの未来を見つめるために立つ、今ここを『現在地』として、時代と共に歩んでいく作家たちの世界への眼差しを捉えて紹介」する展示でしたが、正直理解するには短時間の見学では難しかったです。
金沢21世紀美術館 (6)

料金は大人1,200円で2019年12月19日(木)まで開催されています。

金沢21世紀美術館
石川県金沢市広坂1-2-1
TEL 076-220-2800
基本月曜休館ですが月によって変わります
※完全閉館日2019年12月20日(金)~2020年2月3日(月)

この後、しいのき迎賓館で開催されているクラフトビール金沢にちょっと顔を出して、知り合いの方にご挨拶。
クラフトビア金沢 (2)

雨模様の時間帯でしたが、多くの人で賑わっていました。

今日も17時まで開催されています。

あと、ひがし茶屋街も覗いてみました。
ひがし茶屋街 (2)

17時過ぎだったのでさすがに人は少なかったですが、外国人の観光の方が多かったです。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

「おにぎり」「おむすび」の専門店って、こちらでは意外に少ないかもしれません。

ちなみに「おにぎり」と「おむすび」の違いについて、前に加賀市大聖寺のおむすび専門店「おむすび銀のめし」の紹介の時に書いたことがあります。

今日紹介します金沢市八日市出町の「おむすび美人」というお店は、その数少ない「おむすび」の専門店です。

お店は朝7時から営業していますが15時までしかやっていません。
おむすび美人

思っていたより大きなお店でした。

店内に入ると、多くの女性の方が働いていらっしゃいました。

最初に、カウンターでオーダーしてお金を支払って番号札を受け取り、順番が来たら呼ばれるので取りに行くというセルフサービスのお店でした。

作り置きではなく、オーダーが入ってから一個一個手作りで握る「おむすび」なので、少し時間がかかります。
おむすび美人 (7)

食べるスペースも広く、お昼時は大勢のお客さんがいました。

ちなみにこちらはカルゲン農産物にこだわり、自家生産またはカルゲン農家の食材を使っていることをウリにされていますが、「カルゲン」という単語は初めて聞くものです。

家に帰ってからお店のHPを見て調べると、以下のようなことが書かれていました。

当店のお米は、石川県産コシヒカリ100%、特別栽培のカルゲン米のみを使用しております。カルゲンとは、カルシウムとイオウが結びついた農業用石膏(せっこう)を主体に造られたカルシウム肥料のことです。カルゲンを使って育ったカルゲン米は、カルシウム含量が高くミネラル豊富、味はまろやかで冷めても美味しくいただけます。カルゲン農産物にこだわり、自家生産またはカルゲン農家の食材を使っています。店内で使用している野菜、大根・じゃがいも・玉ねぎ・トマト・きゅうり・なす・ピーマンなどはカルゲン使用。

よくはわかりませんが、まぁ、健康にいい食材を使って「おむすび」を作っていますよ!ということですね。
おむすび美人 (3)

メニューはこんな感じで、多くの種類の「おむすび(具材名)」が書かれています。
おむすび美人 (4)

「おむすび」専門店ですが「おむすび」以外のものも、日替わり定食やその他のメニューがありました。

そんな中、私と他に一緒に行った3名とも同じ「おむすびセット(650円)」を注文。
おむすび美人 (9)

「おむすびセット」は朝食用もあってランチとは値段が違います。

ランチの「おむすびセット」には今日の「おむすび」2種類と日替り惣菜、それに半玉かけうどんが付いていて、この日の「おむすび」の具は「焼たらこ」と「ごま昆布」でした。
おむすび美人 (15)

ちなみに「おむすび」は、白米と玄米が選べます。私は玄米でお願いしました。具は中にも上にもたっぷり入っていました。
おむすび美人 (14)

日替り惣菜は私だけ「チキン南蛮」だったので、鶏肉が苦手な私は他の人と取り換えてもらうことに。助かりました。
おむすび美人 (11)

なお、私のうどんにはお揚げさんが追加してあります。これは+60円です。
おむすび美人 (13)

最近、家で「おにぎり」「おむすび」を作って食べることが少なくなりましたし、コンビニでも他に色々食べるものがあってあまり「おにぎり」「おむすび」を買わなくなりました。たまには「おむすび」も美味しいですね。ご馳走様でした。

おむすび美人
石川県金沢市八日市出町922
TEL 076-240-3222
7:00~15:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ