あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

タグ:金沢カレー

金沢カレーの名前も日本全国それなりに知られてきました。
アルバ (7)

その中で小松に本店がある「カレーの市民 アルバ」は、金沢カレーという名称とは一線を画して展開を進めています。
アルバ

小松は小松であって金沢ではないわけですし、味的には同じジャンルだとしても呼称を「加賀カレー」ということにすることには大賛成です。(「加賀カレー」という呼称は、「カレーの市民 アルバ」の県外店舗をこれまで運営していたKGFの使っていた呼称です)
アルバ (3)

「カレーの市民 アルバ」のカレーも、全国いたるところで食べることが出来ますが、お店の壁にも店舗案内が張られていました。
アルバ (2)

メニューはこんな感じです。

ここ本店は、他の店舗にはないメニューが色々揃っています。カレーとは関係のないメニューも見受けられますね。

意外とスパゲッティの種類も豊富です。

さて今回、そんな加賀カレーのお店に行って、どろりとした黒っぽい色が特徴のカレールーがかかっていないメニューを食べてきました。

それは「ドライカレー(700円)」です。

私のブログでも大昔に紹介したことがありますが、たぶん、食べるのはそれ以来、つまりは10年ぶりになります。

「ドライカレー」となっていますが、こちらのお店のはいわゆるカレーピラフ(やきめし)です。そして「ドライ」とはほど遠い、しっとりとしたカレーピラフ(やきめし)なのです。(笑い)

でも、このカレーピラフ(やきめし)こそ、我々地方に住む者たちにとって正真正銘のドライカレーかもしれません。私も小さいころから慣れ親しんできました。

お店に入り最初オーダーしたとき「ドライカレー時間かりますよ~!」と言われました。しかし、そんな声にもひるまずにオーダーします。
アルバ (5)

出されたのがこちら。
アルバ (6)

懐かしの見た目と味ですね。やはり、しっかり「加賀カレー」の味がして美味しいです。

赤ウインナーもいい味を出してくれています。そして、お決まりの福神漬けと刻みキャベツ。見た目よりもボリュームもあって食べ終わるとお腹が一杯になりました。
アルバ (4)

こちらは一緒に行った人が頼んだ「ミートスパゲッティ」。

こちらも懐かしのミートスパそのもののビジュアルですね。見た目「カレースパゲッティ」のようですが違います。麺は太麺で柔らかい麺を使っているのが特徴です。この麺はカレールーをかける「カレースパゲッティ」に合うように作られていると思います。

ちなみにカレースパゲッティについては私のブログでも過去に書いています

「カレーの市民 アルバ」も、時々無性に食べたくなる小松市民のソウルフード一つかもしれません。ご馳走様でした。

カレーの市民 アルバ 小松本店
TEL 0761-22-6027
石川県小松市竜助町160
11:00~21:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

白山市の玄関口松任駅。私自身は電車であまり使用する駅ではありません。そのため、駅前あたりの飲食店もそれほど行ったことがないのです。

松任駅周辺にも、観光施設が色々あって、「中川一政記念美術館」「千代女の里俳句館」「白山市立博物館」については、過去に紹介したことがあります

まぁ、しかし、基本的には観光客が利用するより、金沢のベットタウンを周辺に多く抱えるため地元の人が利用する駅でしょう?

ちょうどこの日は、コストコへ買い物をしに行くついでにランチをどこかで食べようと探して、夫婦とも口の中がカレーモードだったため、カレーを食べに、こちらのお店に向かいました。
あひる

お店の名前は「食堂 あひる」。店名の由来が気になる所です。

松任駅が新しくなってお店の場所は多少移動していますが。50年以上も松任駅前で洋食屋さんとして、地元の方を中心に親しまれてきた老舗の洋食屋さんなのです。

洋食全般の品揃えなのですが、特にトンカツが美味しいと評判のお店です。
あひる (2)

9月の祭日、お昼少し前の訪問でした。先客は2組。我々はテーブル席に座りました。カウンターはまだお客さんは誰もいません。
あひる (3)

メニューはこんな感じです。

定食も豊富にありましたが、我々はすでに口の中がカレーモードだったため、二人ともカレーメニューを頼みました。
あひる (5)

私は、こちらの「海老フライカレー(820円)」です。

見た目は金沢カレーですね。

ステンレスの皿に、少し形は四角い先割れスプーン。そしてキャベツが盛られています。
味的には、同じ白山市のキッチンユキや小松のアルバに似ていなくもない感じでしたが、最初甘く感じるまろやかな味ですが、あとでピリッとしたカレー本来のスパイシーさもあって、なかなかクセになるカレーだと思います。

ボリュームは少な目でした。
あひる (4)

妻のほうは、お店のウリのトンカツを乗せた「カツカレー(820円)」を頼んでいました。ライス少な目でお願いしていました。

揚げ立てサクサクのカツは美味しかったそうです。

我々はカレーを食べましたが、他のお客さんは、この日のランチのトンカツ定食を頼んでいる方が多かったですね。やはりトンカツが人気なのでしょう?

接客のご年配のご婦人のかたが元気が良くて、気持ちも明るくなれるお店でした。ご馳走様でした。

食堂 あひる
TEL 076-275-0170
石川県白山市西新町213
松任駅から67m
11:30~14:30
17:30~21:00
日曜不定休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

私のブログでは、大手資本のお店や、全国的に名が知られているチェーン店などは、あまり取り上げていません。

まぁ、私が書かなくてもみんな知っているだろうということからです。

また、サービスエリアのフードコートについても最近はまず利用することがないので、高速道路のサービスエリアのお店についても、ほとんど紹介したことがないのです。

しかしながら、近年、サービスエリアもリニューアルされて、各地のカラーが打ち出されてきているようで、中のお店についても画一的な店舗配置ではなく、地元の食材などを使たり、ご当地グルメを食べることが出来るお店があったり、なかなか多様化して面白くなってきているのではないでしょうか?

今回、地元ネタということで、サービスエリアのフードコートで食べることが出来る「金沢カレー」に関しての紹介してみたいと思います。

普通、サービスエリアのフードコートは、高速道路を利用しないと使えないところも多い中、尼御前サービスエリアのフードコートは、上下線とも一般道路からも入ることが出来ます。今回私も、そのように利用してきました。
美岬亭 (2)

上り線のフードコートには、美岬亭と揚げパン工房の2店が入っています。
あげパン工房 (4)

ちょうど、行ったときは「夏の金沢カレー祭」というのをやっていました。
美岬亭 (3)

そこで、美岬亭で金沢カレー(590円)を食べ、帰りに揚げパン工房で、金沢カレーパンを買い求めました。
美岬亭

この日は福井で蕎麦を食べてきたので、普通の金沢カレーにしましたが、味はまさに金沢カレーその物で、ステンレスの器にキャベツも同じ、ただスプーンは先割れではなかったです。

自家製のルゥなのでしょうか?いまは金沢カレーのチェーン店展開しているところは外販もやっているようですから。
あげパン工房 (5)

揚げパン工房の金沢カレーパン(240円)はこちらです。お隣の美岬亭の金沢カレーよりも濃い感じのが詰められていましたね。

また、エビのかきもちをパン生地に付けているようで、香ばしかったです。
あげパン工房 (2)

こちらのお店では、店名の通り揚げパンが多かったのですが、揚げていないパンも置いていました。
あげパン工房 (6)

私が他に買い求めたのは、パンは枝豆チーズ(220円)とレモンパン(200円)。そして尼御前べっぴんコロッケ(150円)です。
あげパン工房 (7)

レモンパンは甘かったです。写真のは持ってくるときにへこませてしまいました。
あげパン工房 (8)

べっぴんコロッケは但馬牛100%使用だそうです。

サービスエリアに立ち寄ると、パンを販売しているところが多くなった気がします。それに一般道からも買いに行けるということもありがたいです。ご馳走様でした。

尼御前サービスエリア(上り線)フードコート
石川県加賀市美岬町尼御前サービスエリア上り線
TEL 0761-75-2631
24時間営業
※揚げパン工房8:00~18:00
無休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ