あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:金沢

どんなジャンルでもそうですが、専門店が増えていますね。

飲食店でいえば、昔は何でも食べられるお店がもてはやされた時期がありましたが、今の時代、差別化といった理由が大きいのでしょう?それに提供範囲を絞ったほうが、初期投資が抑えられることも、専門店が増えている理由の一つだと思います。

さて石川県では、日本茶の中でもほうじ茶のほうが昔から親しんで飲まれています。いわゆる加賀棒茶ですね。だいぶ全国的にも認知度が上がってきました。

ただし石川県民は決して緑茶が嫌いなわけではなく、私が小さいころは普段飲むのは番茶であるほうじ茶で、お客様がいらっしゃった時に緑茶を出すといった使い分けをしていた記憶があります。

もちろん、金沢は加賀藩のころから茶道が盛んな土地柄で、抹茶に親しむかたも多いと思います。

今日紹介する金沢市富樫の日本茶専門店「ザ ティー ショップ チャノミ(THE TEA SHOP CHANOMI)」は、日本茶の中でも抹茶を楽しむお店で、日本茶専門店「茶のみ」が手掛けるカフェなのです。

ウェブを見てみると比較的新しい会社のようですが、茶の湯文化の盛んな金沢において抹茶は欠かせないアイテムです。

他に石川県内で抹茶を飲ませてくれる専門店があるかどうか私には不明なのですが、ある意味ないのが不思議なお店だったのかもしれません。

少し関係がありそうなお店としては、昨年、白山市の寿司店を間借りして営業している「日本茶と西洋甘味 胡京(KOMACHI)」というお店を紹介したことがあります

ちなみに、強い日差しが当たらないように育てられた茶葉で作られた碾茶(テンチャ)を粉末にしたものが抹茶で、普通の茶葉を粉末にしたものは単に粉末緑茶なのですね。

こちらのお店は2018年6月20日にオープンしています。堅苦しいお手前のようなものではなく、上抹茶をカジュアルに飲ませてくれるのです。
チャノミ (2)

白い建屋は日本茶のお店っぽくはありません。
チャノミ (8)

店内はモダンなインテリアで、大きな窓と長いカウンター席が目を引きます。
チャノミ (6)

こちらがメニューです。スイーツも充実していました。
チャノミ (5)

また抹茶以外の日本茶についても色々あります。

日本茶の産地は全国各地に有名どころは色々ありますが、こちらのお店では宇治・西尾・伊勢・八女の4か所の上抹茶を楽しむことが出来ました。

各々の特徴が書かれています。

宇治(京都)は口当たりがよく どんな食べ物でも相性抜群
西尾(愛知)は香りが抜群にイイ
伊勢(三重)は渋味がステキな上抹茶
八女(福岡)はふくよかなコクが口いっぱいに広がります

ドリンクとしては、上抹茶(ホット・アイスで普通のサイズ486円大きいサイズ594円)と上抹茶ラテ(ホット・アイスで普通のサイズ540円大きいサイズ648円)のどちらかを選び、そして先ほどの4つの産地を選びます。

上抹茶のほうは、本命?の宇治茶でお願いしています。
チャノミ (12)

抹茶ですが、ガラスの細長い器に入れられて出されました。

上抹茶ラテは普段あまりなじみのない伊勢のお茶でお願いしました。少し渋めのが特徴のようですが、ミルクフォームで優しい味になっています。ラテにしたのが間違いだったかな?^^;
チャノミ (15)

この細長い器はラテを飲むにはちょっと飲みにくかったです。ストローなどが欲しい気がしました。

お茶菓子に「棒茶の米粉ブラウニー(324円)」も頼んでいます。
チャノミ (11)

「碾茶棒焙じ」を使用していているようですが、クッキーに近い固さのブラウニーなので、もう少し柔らかいほうが香りが立つのでは?と思ってしまいました。。

少し勝手なことも書いたりしましたが、抹茶専門店というジャンルを確立してほしいと思うお店でした。ご馳走様でした。

ザ ティー ショップ チャノミ(THE TEA SHOP CHANOMI)
076-227-9400
石川県金沢市富樫2-8-24
9:30~19:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は久しぶりに人気のパン屋さん「こくう」を紹介します。
こくう (5)

こくう」という店名は、旧暦の二十四節気にある「穀雨(こくう)」から取っているようです。

二十四節気で思い出しましたが、同じパン屋さんで石川県内の人気店「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」も、七十二候の一つで二十四節気の「啓蟄」の末候にあたる3月15日~3月19日ごろのことを指している店名です。

「こくう」は私のブログで前に紹介したのは約4年前。いつの間にか時間が経過してしまっています。

こちらのお店のこだわりは自家製天然酵母や国産小麦を使用してこだわりのパンを作り続けていること。だから人気なのです。
こくう (4)

4年前からお店が少しリニューアルされていて、働いている人の数も増えていました。

では買い求めたものを紹介します。
こくう

今回、行った時間が13時過ぎで、ちょうどその時はパンの種類が少なく、それならばということでパン以外のものを買い求めてみました。

私は「ポテトとベーコンのキッシュ(税込300円)」を食べました。シンプルに美味しかったです。
こくう (8)

パンと思って食べるとちょっとお値段高めかもしれませんが、ワインのおつまみにも良さそうです。

娘は「蓮根とミートソースのキッシュ(税込300円)」を食べています。
こくう (9)

妻は、こちらのナッツ(クルミ主体?)が入ったハード系のパン(税込300円)。パンの名前が書かれていなかったので不明です。
こくう (7)

あと「オレンジパウンドケーキ(150円)」と「抹茶あずきパウンドケーキ(150円)」も一緒に買い求めました。

私はこれらは食べていないので感想などは書くことが出来ません。

久しぶりにお邪魔しましたが、キッシュからパウンドケーキまでラインナップとして揃え、色々な楽しみが増えた気がしますね。これから益々人気になるのかな?ご馳走様でした。

こくう
石川県金沢市額谷3-2
 和峰ビル1F
TEL 076-259-6522
9:00~無くなり次第閉店 
月・火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今年は私のブログで相当数のパン屋さんを紹介してきました。

我が家では休みの日しかパンは食べないので、毎週土曜日になると、気になるパン屋さんを見つけては買いに出かけていた気がします。

今年は50軒以上紹介していますね。

今年はパンについては、こちらのお店の紹介が最後で、金沢市の最南の八日市にある「Lean(リーン)」という、今年9月にオープンした新しいお店です。

場所は同じパン屋さんの「あるざす」の裏手あたりの住宅街の中にひっそりと有ります。ほんと目と鼻の先にあります。
リーン

カーナビで住所を入力して向かいましたが、最初わからずに食べログの地図を確認してやっとたどり着きました。
リーン (13)

何せほとんど住宅のような外観で、パン屋をイメージして捜すと見過ごしてしまいます。

オーナーシェフの方は「デュヌ・ラルテ 表参道本店(現在はデュヌ・ラルテ紀ノ国屋等々力店」と「ラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブション六本木」で腕を磨かれていた方です。
リーン (11)

パン屋さんでは珍しく靴を脱いで店内に入ります。
リーン (10)

こちらのスペースはイートインとカフェのスペースですが、行った時はまだやっていない様子でした。

お店自体は前は居酒屋だったところを居抜きで使っているようです。道理でカウンターがあるわけです。
リーン (6)

お店に到着したのはお昼過ぎ。タイミングが悪かったようで、ちょうど午後の部?のパンを焼き始めていた時間帯で、午前の部?のはほとんど売り切れていました。

そんなほとんど選択肢がなかった中で、3個とも最後の1個をかろうじてゲット。その3種類のパンを紹介します。

まずはこちらのお店の人気のパンで「紅茶のメロンパン(290円)」。乗せられているのはピーカンナッツです。
リーン1

その名の通り紅茶のアールグレイを生地に練り込ませてあります。

メロンパンですが、ブリオッシュ生地で卵とバターをたっぷり使ってあって外はカリッと中はフワッとしてました。食べるとほんのりと甘いパンですが、アールグレイの風味が心地よく後に残る甘さではありません。

こちらは「ハニークリームチーズ(250円)」です。たっぷりのはちみつがかかっていて、こちらも甘いのかな?と思って食べたらそうではありませんでした。クリームチーズとの相性抜群でした。
リーン (15)

木地はしっかりもっちりしていて、意外とずっしりとした重さで、中にはくるみがたっぷり入っていました。美味しいです。
リーン (20)

この2つを妻とシェアして食べました。半分に切るとこんな感じです。
リーン (16)

こちらは「パン・オ・フロマージュ(240円)」。娘が食べています。
リーン (12)

こちらのお店は食パンもウリのようですよ。

さて、たぶんこのあたりはパン激戦区でもありますが、東京で腕を磨いたオーナーシェフの今後の活躍が期待できますね、ご馳走様でした。

Lean(リーン)
石川県金沢市八日市1-736-1
TEL 076-299-5150
10:00~パン売り切り次第閉店
日・月曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

「フレッシュベイク」といえば「つのパン」の「クレセント」が有名です。
フレッシュベイク (13)

三ツ屋本店を2か月ほど前に紹介しました。「常時120種類以上のパンが揃う県内最大規模の店舗」だそうです。

フレッシュベイク

さて、入江店は交通量が多い大通りに面していて便利な場所にあります。

そのため駐車場も広いです。

店内左側にはイートインスペースがあって、「フレッシュベイク」全店共通の無料のドリンクを楽しみながら、その場で食べることが出来るようになっていました。

入江店は本店ほどではありませんが、それでも多くの種類のパンが並べられていました。
選ぶのに迷いますね。

そんな中で我が家の翌朝のパンを買い求めに行きました。

私が食べたのは「香草とウィンナーのフォカッチャ(190円)」。
フレッシュベイク (10)

基本的には濃い味なのですが、レモン果汁でさっぱりと食べさせてくれています。

こちらは晩御飯の時に赤ワインのお供にと買い求めた「黒オリーブとチーズのフガス(190円)。
フレッシュベイク (12)

大きいサイズですがパリッとした香ばしいフガスで、こちらも濃い味で赤ワインに合いました。
フレッシュベイク (9)

妻は「クルミとレーズンのフランスパン(150円)」を朝食に食べています。
フレッシュベイク (11)

娘は「ゴマごぼうツナ(170円)」です。

お値段お手頃で美味しいパンが揃っていて、人気なお店なのがわかります。

そしてパンの種類が多いということは、毎回買いに行っても飽きが来ないのがうれしいですね。ご馳走様でした。

フレッシュベイク 入江店
石川県金沢市入江2-341
TEL 076-259-6621
7:00~19:00
月曜・第2,4火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

先週に引き続き、今週も蕎麦を食べに出かけてきました。
亀平

金沢市新神田にある「香り蕎麦 亀平」というお店です。

ブランドオフと道を挟んだところにあります。

11月の土曜日の12時ごろに念のために予約を入れて伺いました。

行った日、我々が到着した時間はカウンテーにお一人のみお客様がいました。

こちらのご主人、今年夏に行って私のブログで紹介した、かほく市の「亀屋」の息子さんのようです。

お店を継がずに金沢でご自分のお店を出したのですね。

ということで、まだ40歳前の若いご主人です。
亀平 (2)

外観も店内も蕎麦屋の雰囲気とはちょっと違った感じで面白いです。
亀平 (3)

お品書きです。
亀平 (4)

こちらもそうです。
亀平 (5)

この中から私は「天二色せいろ(価格はすべて税込1,650円)」を頼みました。

こちらは「せいろ」と「粗挽き」の2種類の蕎麦を楽しめて、それに野菜の天ぷらが付いているセットです。
亀平 (6)

「せいろ」は外一の九割蕎麦のようで、「粗挽き」は十割蕎麦です。

野菜の天ぷらは塩で食べますが、まず最初、その塩に「せいろ」と「粗挽き」を少しつまんでつけて食べてみました。

「せいろ」の二八ではなく外一なので、「粗挽き」との差はそれほどなかったような気がしました。

「粗挽き」の打つ太さが違っていたならば、もう少し感じたかもしれません。しかし冷たく水切もよくさてれていて、のど越しがよく蕎麦の風味を感じる美味しい蕎麦でした。
亀平 (10)

つけ汁もかえしがきいた美味しいつゆでした。
亀平 (6)

天ぷらは当然揚げ立てでサクッといい感じでした。
亀平 (8)

妻は「かき揚げ天せいろ(1,480円)」で、蕎麦を粗挽きに変えていました(+100円)。
亀平 (9)

かき揚げも美味しそうですね。かき揚げには天つゆが付いていました。
亀平 (11)

最後には何も言わなくともそば湯が出されます。ちょっとつけ汁が多すぎたかな?

かほく市の「亀屋」の息子さんだけあって、蕎麦そのものにこだわりが感じられるいいお店でした。ご馳走様でした。

香り蕎麦 亀平
石川県金沢市新神田2-12-2
TEL 076-292-1156
火~木・日11:30~15:00
金・土11:30~15:00,18:00~21:00
月曜休(休日の場合は翌日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ