あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:越前そば

福井に行くとそばばかり食べるようになると前に書いたことがあります。

で、今回も福井のそばの話題です。(笑い)

今回は仕事で福井市内に行き、本当は別なそば屋さんに行く予定だったのですが、何と!夏休み中でお休み!

実は、お盆の時に行った福井市美術館のときも、行こうと思ったらお盆休みだったのです!^^;
つるぎそば

そこで近くにある「越前 つるきそば 板垣店」にランチを食べに入ることにしたわけです。こちらのお店に到着したのは11:45ごろ。とても大きなお店です。

昭和8年(1933年)創業の老舗のそば屋さんで、田舎の古民家みたいな作り。店内も広く、庭もあったり、囲炉裏を囲むテーブル席や座敷席などあり、多くの人が一度に食事をすることが出来るスペースがありました。
つるぎそば (7)

ちなみに禁煙席は座敷の部屋。我々はそちらに案内されました。
つるぎそば (4)

こちらがランチメニューですが、とても多くの種類が設定されています。

そばのファミレス店のような感じです。^^;
つるぎそば (6)

私は、こちらの一枚に単独で書かれたメニュー「焼鯖寿司セット」が気になったのでそちらにしてみました。

私のも含めて、5分も待たずに運ばれてきました。あらかじめそばは作り置きしているのでしょうね?これだけの大箱のお店ですからやむを得ないところはあるかもしれません。
つるぎそば (12)

「焼鯖寿司セット(税別780円)」にはおろしそば、焼鯖寿司、小鉢が付いています。そば湯も最初から付いてきました。
つるぎそば (13)

あらかじめ大根おろしが入れられたダシをぶっかけて食べます。
つるぎそば (15)

少し幅広の太めの粗挽きで黒っぽいそばでしたが、チェーン店なので量を多く作る必要があると思うので手打ちではないのでしょう?どこにも手打ちとはうたっていませんでした。
つるぎそば (14)

焼鯖寿司は、身も厚く、大葉としょうがの甘酢漬けが挟まれていて、美味しかったです。

最後にそば湯を飲みますが、冷めてしまっていました。このあたりは少し残念ですね。

こちらは、一緒に行った人が頼んだ「越前皿そば(税別880円)」。
つるぎそば (8)

薬味に、大根おろし、山芋とろろ、鰹節、ネギ、わさび、生玉子が付いていて、お好みで乗せて食べるもの。

そばは5枚付いています。小皿に入れられて何枚か出されるスタイルは、兵庫県豊岡市出石町の有名な「出石そば」と同じような感じですね。量的にはそば1.5杯ぐらいでしょうか?ちなみに追加のそばは一枚160円です。
 
こちらのそばは私のそばよりは細めに切られていました。
つるぎそば (11)

もう一人の人は、ソースカツ丼とおろしそばのセット(税別820円)を頼んでいました。
つるぎそば (9)

福井のご当地グルメではソースカツ丼は全国的にも有名ですが、私は肉が苦手なので、ソースカツ丼というものを一度も食べたことがありません。^^;
つるぎそば (10)

こちらのおろしそば、量は私のよりは少なめでしたね。

メニューの種類も豊富で、値段もお得なセットがあったり、家族みんなで食べに来てもいいかもしれません。ご馳走様でした。

越前 つるきそば 板垣店
TEL 0776-35-0720
福井県福井市羽水1-607
10:30~21:30
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

福井に行くと何となくそばを食べてしまいます。

福井のご当地グルメといえば、越前そば以外はボルガライスやソースカツ丼などありますが、肉系なので私のブログでは紹介できません。^^;

今回はお盆の真っ只中に、急きょ福井市美術館に行くことになり、お昼を食べるお店も決めずに出発しました。

福井市美術館の企画展を見た後、ランチを食べるお店を検索して電話するも、2軒ほどお盆休みでお店がやっていなかったりして、やっと見つけたのが、今日紹介します「すいこう」です。

福井県嶺北地方のそばは越前そばとして名が知れていますが、その中でも今立郡池田町はそばの産地として有名です。

今年春に、この近くにある「蕎麦ダイニング 一福」という、同じく池田町に本店があるお店にそばを食べに行ったことがありますが、今日紹介します「すいこう」も、このすぐ近くにお店があるのです。
すいこう (17)

立派な造りの一軒屋のそば屋さんです。
すいこう (2)

中庭もあって、席数も相当多くあります。100人ぐらいは入れるそうです。凄いですね。

ただ、席数が多いと、座るのは早く座れるのですが、お盆のときのような超混雑時期では、料理が出されるのが遅くなるというデメリットもあります。この日もそうでした。^^;

お店に到着したのが12時半過ぎ。ちょうど帰る人がタイミングよくいて、車の駐車も席に着くのもすぐ可能だったのですが、オーダーしてから頼んだものが運ばれてくるまで30分以上かかってしまいました。

まぁ、この時期はやむを得ないですが……。
すいこう (3)

我々が案内されたカウンター席に座ると、中庭を見ながら食べることが出来ます。
すいこう

そしてお品書きを見渡します。お品書きの中に「開発中」と書いてありましたが、これは何なのでしょうか?(笑い)

たぶん、過去はメニューにあったが作らなくなったものでしょうね?あと、そば以外にもうどんや丼、フライ系の定食などもありました。

その中で我々が頼んだのは、越前そばといえばおろしそば。

そして品書きに書かれていて、夏向きのそばだなぁと思って頼んだ「レモンそば」です。

夏のそばとしては、「すだちそば」を思い出しますが、今回、同じような柑橘系のそばとして、レモンとの相性がどんなものなのか興味があって頼んでみました。

出されたのがこちらです。
すいこう (11)

大根おろし、天かす、大葉、ネギ、そしてレモンが添えられています。

レモンをたっぷり絞って食べると、酸味もほどよく涼を感じさせてくれる味になりました。ただ、これはこれで美味しいのですが「すだちそば」には敵いませんね。風味がすだちほど感じられません。

おろしそばのほうがこちらです。
すいこう (9)

越前そばは十割をウリにしているところも多いのですが、こちらのお店は少しつなぎを加えているようです。ちなみにそば粉は自家製粉です。つなぎも入っているので「レモンそば」はのど越しもよく美味しく食べることが出来ました。
すいこう (10)

出汁のほうは、池田町の湧き水を使って作られていて、かつおと昆布だしもちょうどいい塩梅でよかったです。

あと、有名な「竹田の油揚げ」ではなく「池田の油揚げ」というのもあったので頼んでみました。焼きたてで美味しかったです。
すいこう (8)

水の美味しいところで作られた油揚げは美味しいですね。
すいこう (13)

最後にそば湯とそば猪口を、こちらからお願いして出していただきました。遅めの時間だったのでとろみのあるそば湯でした。

年中無休で多くの人が入ることが出来るお店で、地元の人が中心で人気のお店のようです。使い勝手がよさそうでした。ご馳走様でした。

秘伝越前流手うちそば 池田のそば すいこう
福井県福井市御幸4-10-1 
TEL 0776-21-5556
11:30~20:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近、何となくそばのお店の紹介が多いですね!?ということで今日もおそばの話題です。
松晶

小松のおそば屋「そば処松晶」へ2年半ぶりぐらいで行ってきました。

今回が3度目の紹介となりますが、前回の紹介はこちらをご覧ください。加賀丸いもを使った「とろろそば」と「あつもり」を食べていますね。

さて、こちらのお店は常時、3種類の産地のそばを楽しめることができます。今回は越前(福井)、会津(福島)、そして日光(栃木)の3つの地域のそばからチョイスできました。3種類の合盛りなんてのもあってもうれしいかな?と思っています。

そして何と言ってもウリは、丁寧に石臼で粗挽きした手打ち十割そばなこと。こだわっています。

今回、平日のお昼12:20頃にお店に入りました。店内は半分ぐらいの入り。ほとんどが女性のお客様です。
松晶 (6)

基本のメニューはこんな感じですが、他にもありましたよ。

今回私は「おろしそば(810円)」を頼みます。

「おろしそば」にはやはり福井産のそばが合うかと思い、そちらを頼んでみました。
松晶 (3)

出されたのがこちら。片口のような器がいいですね。ぶっかけです。ふんわり花がつおもたっぷりです。

夏の大根は普通の大根でも辛くなるのですが、こちらのお店のは色が少しピンクがかっていたので、辛味大根の代名詞で京野菜の一つ「吹散大根」を使っているのかもしれません。辛味大根が好きな方にはおすすめです。
松晶 (4)

そば自体は福井産のそばを太めにしっかりと打っていて、コシが強く、そばの風味もしっかりと感じるそばでした。

出汁は、色がそんなに濃くありませんが、しっかりとしたうま味が感じられます。
松晶 (2)

一緒に行った人は、「もりそば(810円)」を頼んでいました。

私の「おろしそば」より見た目上品な感じがします。のど越しがよさそうでした。
松晶 (5)

最後に出されたそば湯もいいとろみでした。

小松にも他にそば屋さんが色々出来てきた中で、その最初の一軒だった「そば処松晶」。これからも十割そばを楽しみに伺いましょう!ご馳走様でした。

そば処 松晶
石川県小松市八幡町111  
TEL 0761-27-1294
11:00?15:30(蕎麦が無くなり次第閉店)
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

福井県坂井市丸岡町の名物グルメといえば「竹田の油あげ」。我が家でも月に1~2度は食卓に上る食材です。

この「竹田の油あげ」、いまや全国的な認知度で、有名店「谷口屋」ではいつも行列が出来ていることでも有名です。

大豆の旨みをしっかり感じることが出来る油揚げで、焼いても煮ても美味しく食べることが出来ます。
一本田 (5)

さて、今日紹介します加賀市大聖寺にある「一本田」は昼は手打ち蕎麦とうどんのお店、夜は居酒屋として営業をしています。

店名の「一本田」という名前と同じ地名が丸岡町にあるますが、ご主人はそちらの出身でしょうか?

お店は大聖寺駅にほど近い場所にありますが、店構えはひっそりとしていま感じで目立ちません。
一本田 (3)

私は、とある土曜日、いいお天気の日のランチに食べに行きました。お店に到着したのが12時半を少しまわったころ。店内にはお客さんは一人もいませんでした。
一本田 (4)

カウンター席と、座敷にテーブル席があり、店内に蕎麦を打つ場所もありました。福井出身の方だと、やはり越前そばみたいな蕎麦のかな?
一本田

お品書きはこんな感じです。

蕎麦だけではなく、丼物やカレーうどんなんてのも載っていますね。面白いのはたこ焼きやお好み焼きの文字も。ただし今は予約のみと記載されていました。

蕎麦だけでは営業的には難しいのでしょうか?
一本田 (2)

こちらには季節限定メニューもありました。

私はこの中から、「竹田揚げのいなりそば」を頼むことに。800円です。

オーダーしたときには、冷か温か聞かれません。
一本田 (6)

で、出されたのがこちらの暖かい蕎麦。これは冬だからでしょうか?暖かい季節には冷たい蕎麦が出されるのかな?

薬味のネギもたっぷりで、三つ葉も乗せられています。そして大根おろしも添えられています。辛味大根でしたね。いいアクセントになります。

「竹田の油あげ」は、焼かれてから乗せられます。香ばしさが出てより美味しかったです。

蕎麦自体は、暖かい蕎麦だったので、手打ち打ちたてだったとしても香りを楽しむことは出来ませんが、食感もしっかりして美味しいお蕎麦でした。
一本田 (7)

少し黒っぽかったですが、どちらかといえばオーソドックスな蕎麦でしたね。

お出汁は少し甘さが感じられ美味しかったです。

石川県でも「竹田の油あげ」を使った蕎麦を食べることが出来るのはうれしいですね。ご馳走様でした。

一本田
石川県加賀市大聖寺南町チ108-10
TEL 0761-73-1224
11:30~14:00
木曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ