あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:讃岐うどん

東京は、うどんの美味しいお店が少ないような気がしていました。

もっとも、東京のうどん店を念入りに調査しているわけではないので、知らないところで美味しいうどん店があるのかもしれませんが……?

さて、神保町界隈には「うどん 丸香」という超有名さぬきうどんのお店があって、ここは11時のオープン時からランチ時は常に行列が出来ているほどの人気店なのです。
直白

今日紹介します、同じ讃岐うどんのお店「讃岐うどん 直白」は、その「うどん 丸香」から直線距離にして50mほどしか離れていません。お茶ノ水小学校のそばです。

ちなみに「直白」と書いて「ひたしろ」と読ませています。

「讃岐うどん 直白」のほうが「うどん 丸香」の後から出来たようで、こんな名店の近くで勝負するなんて、ある意味凄いことです。

「うどん 丸香」については、2014年7月にブログに書いていますが、「直白」はその翌月の8月にオープンしています。
直白 (15)

お店に入って自販機で食券を買って席に座ります。

うどんの種類や天ぷらなど色々ありました。

私は、久しぶりに「しょうゆ」ぶっかけを頼んでみることにしました。

こちらのお店、作り置きをしていないということで、注文してから出されるまで少し時間がかかります。もちろん、天ぷらもその都度揚げてくれます。
直白 (7)

さて、「しょうゆ」は香川では茹であげた麺にしょうゆをかけたものが美味しかったですが、こちらのは冷たいうどんです。
直白 (14)

しょうゆは別に出してくれた、こちらのをかけます。
直白 (8)

490円と香川のうどん店に比べて高めの設定です。今年小麦粉の単価が上がったため100円値上げしたようで、その代わりに大盛りも追加料金なしになっています。もっとも我々年配は大盛りは食べきれない感じがしたので普通でお願いしましたが、これで正解でした。十分満腹になりました。
直白 (13)

例えがいいかどうかわかりませんが、「剛麺」という感じの麺で、うどん自体がコシというより固いという表現の方が適切な麺でした。

麺自体も太いので、のど越しで食べるといったうどんではなく、よく噛んで食べたほうがいいでしょうね?ただ、そのおかげで、小麦そのものの味を感じることが出来ます。

この辺は「うどん 丸香」との差別化を意識したものになっているのかもしれません。

あと、「しょうゆ」のほう、個人的には大根おろしと酢橘、レモンなどもあったほうがうれしかったですね。うどん本来の旨みを感じてもらいたいとお店側が思って付けていないのかもしれませんが。
直白 (10)

他の人は、こちらの「かけ」うどんや、
直白 (5)

「ぶっかけ」うどんを頼んでいました。

天ぷらは、直白天、野菜天、ちく天を頼んでシェア。
直白 (6)

直白天には、鷄天2個、手羽先、下足、ナス。これで350円はお得です。鶏天は山梨の「甲州健味鶏」を使用しているようです。
直白 (4)

野菜天はオクラ、シイタケ、ピーマンの3個で210円。
直白 (9)

ちくわ天は大きなサイズで100円でした。エビのすり身を使っています。珍しいですね。

私が住んでいたところ(福岡・大阪・小松)は、どちらかといえば柔らかいうどんが主流で、このような「剛麺」は少し苦手なタイプかもしれません。でも、これは好みの問題で、そのようなうどんがお好みの方にはいいお店だと思います。

超強力ライバル「うどん 丸香」がすぐ近くにあることをバネに頑張っていただきたいですね。ご馳走様でした。

讃岐うどん 直白(ひたしろ)
東京都千代田区猿楽町1-5-3
 リッツお茶の水ビル1F
TEL 03-3219-4722
月~土
11:00~16:00(L.O)
月・火・木・金
18:00~21:30(L.O)
※麺切れ次第終了
日曜 祝祭日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

香川の池上製麺所といえば、るみばあちゃんがメインキャラクターとして有名な讃岐うどんの名店として知られています。

そんな、るみばあちゃん最後の弟子と言われている方が出したお店が京都の伏見区にあります。

さて、京都のうどんと言えば、昔から関西のうどんの特徴である、柔らかなうどんに上品な昆布出汁が特徴です。

そんな京都においては、ひと昔前までは讃岐うどんのお店は少なかったのではないでしょうか?
大河

今日紹介します「本格手打うどん 大河」のご主人は、最初はサラリーマン生活をしていましたが、会社を辞めて香川の人気うどん店の池上製麺所で2年間修業をされた上で2012年に今のお店をオープンさせています。

京都にお店を出すにあたっては、本場讃岐のうどんをそのまま持ち込むのではなく、京都の人にも食べてもらいやすいように、のど越しがよくなるように工夫をされているそうです。

美味しい讃岐うどんが食べられることはもちろん、「るみばあちゃん最後の弟子」という評判もあって、すぐに人気のお店になりました。いまでは行列のできるお店として、京都でも有名になっているとのこと。

私は、この日の京都から大阪に車で向かう途中にランチを食べに立ち寄りました。名神高速の京都東インターにもほど近い場所にお店はあります。

11:40頃にお店に到着。この時間で半分ぐらいの入りでした。しかし、12時前には満席になり外で数名の順番待ちが出来るような状態に。やはり人気のお店です。
大河 (8)

元々は居酒屋さんだったのかな?居抜きのような感じです。お店には駐車場がないので隣のコインパーキングに車を停めます。

メニューは讃岐うどんの定番のものから、お店のオリジナルなメニューまで色々ありました。

カレーうどんなどもウリのようです。そのカレーうどんは私以外のメンバーが頼んでいました。

私は、「本日のおすすめセット」というのがあって、この日は「3種の天ぷらセット(1,280円)」。こちらを頼むことにしました。理由は天ぷらに使われている野菜が魅力的だったからです。

岐阜の山育ち原木しいたけの「春子」、これは限定品です。京都洛西の村上薫さんの旬のたけのこ、和歌山宮楠農園さんのスナップエンドウというラインナップ。魅力的でしょう?頼まないわけにはいきません。

うどんは茹であげ直前に行うため、オーダーを受けてからやっていると完成まで15分ほどかかるようで、先行的に行っているようですが、それでも10分程度出てくるまで待つ必要があります。

待っている間に「大河のおうどんのつくりかた」と書かれたものが置かれていたので、そちらを読みますと、そこには池上製麺所で習った「昔ながらのおうどん作り」にこだわっていること。そして「外はモチモチ柔らかい、けれども中心にしっかりとした弾力と伸びがある!」うどんを実現してることなどが書かれていました。レシピも公開しているということは相当自信があるのでしょう?
大河 (12)

出されたのがこちらです。

うどんは、おろししょうゆぶっかけです。
大河 (13)

讃岐うどんのしょうゆうどん。私が30年ほど前に香川で食べた、茹であがったうどんにただしょうゆをぶっかけただけのものを食べた時の衝撃は今でも忘れられない思い出です。
 
大河 (16)
そんな記憶を蘇らせてくれるほどのうどんでした。「外はモチモチ柔らかい、けれども中心にしっかりとした弾力と伸びがある!」といううたい文句通りです。
大河 (14)

天ぷらのほうですが、肉厚でシューシーな原木しいたけ。シャキッとした食感のたけのことスナップエンドウ。スナップエンドウの甘さが際立っています。たけのこも少し甘めに下味が付けられています。これらを添えられたあら塩で食べます。揚げ立てでとても美味しいですね。
大河 (15)

付いてくる小さなご飯にはちりめん山椒がかけられています。

一緒に行ったメンバーが頼んだカレーうどん。こちらも大人気のメニューのようです。
大河 (9)

こちらがそうです。

素揚げされた野菜(かぼちゃ、なす、さつまいも)が乗せられています。
大河 (10)

プラス温泉たまごが別の器に入れられています。

あと小さなご飯も添えられていて、うどんを食べた後、残ったカレーに入れ食べます。

スパイシーで出汁の旨みの相当あって美味しかったそうです。

私も讃岐うどんの本場では色々なお店に行きましたが、残念ながら池上製麺所には行ったことがありません。お土産で売っているうどんしか食べたことがなかったのですが、やはり讃岐の名店のDNAを引き継ぐお店です。

記憶に残るうどんを食べさせてくれました。ご馳走様でした。

本格手打うどん 大河
京都府京都市伏見区深草西浦町7-45-1
TEL 075-641-4877
平日
11:00~14:30(L.O.14:00)
18:00~21:00(L.O.20:30)(月曜の夜は営業なし)
土・日・祝
11:00~15:00(L.O.14:30)
18:00~21:00(L.O.20:30)
火曜休(祝日の場合はブログで確認)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ