あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:讃岐うどん

うどん好きな私ですが、柔らかいうどんとコシの強いうどん、どちらが好きか!?

答えは「両方」です。(笑い)

まぁ、最近、柔らかくてもコシがある、的なうどんが好きです。欲張りですか…??^^;

今日紹介します金沢学院大学キャンパスの近くにある「うどん よしの」は、そんな讃岐うどんのようなコシを持ちながら、金沢うどんののど越しのいい柔らかさを兼ね備えたうどんを食べさせてくれるお店です。

少し前に紹介した「カウリィ コーヒー(cowry coffee)」に行く前に、近くでランチを食べようと検索して見つけたお店なのです。
うどん よしの

外観は讃岐うどんの本場、香川県にでもありそうな製麺所併設のセルフのうどん屋さんの趣です。期待が持てそうです。
うどん よしの (13)

中はこちらのカウンター席と、
うどん よしの (2)

こちらの小上がり席。

それと我々が座ったテーブル席。セルフ店ではなく、普通のサービス形式のお店です。

営業時間はランチタイムのみ。こちらは本場香川のスタイルです。
うどん よしの (5)

それもそのはず、オーナーの方は本場香川でうどん修業をされていて、自家製麺の手打ちうどんを食べることが出来るのです。
うどん よしの (3)

私はこちらのメニューに書かれていた「選べるうどんと天ぷらのセット」を頼むことに。
うどん よしの (9)

暑くなってきたので、うどんは冷たい「ざるうどん」を。

天ぷらはこちらの「ちくわ天」をチョイスしました。これで900円のセットとなります。サクランボはサービスです。ありがとうございます。
うどん よしの (10)

ちくわ天には海老ちくわとタコちくわの2本付いてきました。

きれいなピンク色した海老ちくわと、ミンチしたタコが入って食感がいいタコちくわは、本場の香川県観音寺から取り寄せているようです。

ちなみに香川では練り物のことを「天ぷら」と呼びます。

肝心の「ざるうどん」のほうは、讃岐より細めで、確かにコシは讃岐うどんよりはだいぶ柔いけれど、その分のど越しもよく柔らかさと弾力がバランスとれた状態で楽しむことが出来るうどんでした。美味しかったです。

あと、プラス100円で「だしごはん」も頼みました。
うどん よしの (11)

「だしごはん」は、かけ出汁で炊いたご飯のことで、ほんのりだしの風味がいいご飯です。
うどん よしの (8)

妻が頼んだのは「カレーうどん(920円)」です。
うどん よしの (12)

野菜もたっぷり入った美味しいカレーうどんだったようです。私の頼んだ「だしごはん」とも相性がよかったそうです。

お客様は金沢学院大学の学生や地元の方でしょうね?ある意味山あいのこの場所で美味しいうどんが食べられるのはうれしいことです。ご馳走様でした。

うどん よしの
石川県金沢市辰巳町ロ96-3
TEL 076-256-0552
11:00~15:00(L.O.14:30)
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

たかが「うどん」!されど「うどん」!

香川県に行くと「うどん県香川」は奥が深い!と感じます。

私が住む地元小松市はうどんで町おこしをしていますし、私自身もうどんが好物なので、うどんに関しては県外に行っても気にかけています。

シンプルに小麦・塩・水の3つの素材だけで作られる「うどん」。素人目には味はどこも変わらないのでは?と思ってしまいがちです。

もちろん、一部のお店だけは他と味が違う!と感じることもありますが、まぁ、他のお店はそれほど驚くほどの味の違いを感じません。

しかし、香川県のうどんは、行く店々にうどんの顔、個性があると感じます。

「うどん」とは、少し科学的に書くと小麦粉の2種類のタンパク質「グルテニン」と「グリアジン」が、水分子と結合し「グルテン」になり、弾性と粘りのある「コシ」を持つようになるのですが、この「うどん」を打つ時の個性が香川のお店ごとにこだわりがあるのだと思います。

今日紹介します、高松市の市街地から少し車で行ったところにある「手打麺や 大島」は、これまで香川で食べた「うどん」の中では一番細い部類に入るお店です。

元々は「馬渕手打製麺所」でしたが、お店のご主人が年齢から引退するということで、この場所からも比較的近いところにある「大島うどん」の弟さんが、店を閉めるのはもったいないということで跡を継がれています。

そして2015年10月から店名を「手打麺や 大島」に変えています。

人気のうどん店で、お昼時は順番待ち覚悟のお店なのです。
手打麺や 大島 (11)

こちらの写真は食べ終わったあと写した写真ですが。私がお店に着いた12時過ぎは10数名の順番待ちが出来ていました。

セルフ店です。
手打麺や 大島 (10)

有名人のサインなども掲げられています。
手打麺や 大島 (9)

こちらで天ぷらなど惣菜類を取ると同時にうどんをオーダーして料金を支払ってから、ダシと薬味を別な場所に移動してかけて席に着きます。
手打麺や 大島

私はちくわの天ぷらを一つと、入口に掲げられていた「しっぽく始めました(冬季限定)」の文字に魅かれて、そちらをお願いしました。1玉で440円です。
手打麺や 大島 (5)

「しっぽく」といえば長崎の「卓袱」を思い出しますが、ここ香川では冬の間家庭で食べる郷土料理として知られています。
手打麺や 大島 (4)

大根・にんじん・里芋・鶏肉・しめじ・油揚げ・こんにゃくなど盛りだくさんの種類が入っています。このあたりはお店や各家々で違うようです。

ダシは、イリコとカツオのバランスがいいタイプでした。

かけうどんは別な場所でダシを掛けますが、しっぽくうどんは一緒にかけて出されます。煮込み汁として他の調味料を加えているのかもしれません。でも美味しいです。
手打麺や 大島 (8)

うどんは、讃岐うどんとしては細めの麺でした。しなやかなコシのうどんで、ほど良い弾力で好きなタイプです。
手打麺や 大島 (3)

一緒に行った人は、かけうどんと、コロッケ(50円だと言っていましたが安いですね!?)、おにぎり1個を食べていました。

本当はシンプルなかけうどんを最初食べるのが筋かもしれませんが、「しっぽく」の誘惑に負けてしまいました。^^; ご馳走様でした。

手打麺や 大島
香川県高松市太田下町3013-1
TEL 050-5596-1708
10:00~15:00
第1・3・5日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

宇都宮という街は本当に餃子の街にふさわしく、駅周辺だけではなく至るところに餃子のお店があります。

その関係かわかりませんが、ラーメンや中華のお店も多くあって、滞在中はついついそんなお店ばかり行くことになってしまいました。

そこで最後のランチぐらいは別なものを食べたいと思い、うどんを食べに行くことに。

今回お邪魔した「讃岐うどん太一」は、宇都宮では人気のうどん屋さんらしく、独立した立派な店構えです。
うどん太一

讃岐うどんを食べさせてくれるということで、どんな讃岐うどんなのか興味深々で伺いました。

営業時間はランチの11時から15時まで。麺がなくなったら閉店という本場香川スタイルです。香川のうどん店で修業されたようで、もちろん自家製麺です。

私たちが行ったのは、まだ11:45頃だったのでお客さんは3組ほどしかいらっしゃいませんでした。
うどん太一 (3)

店内は明るくてきれいです。
うどん太一 (2)

メニューです。値段はそれなりで香川価格ではありません。^^;
うどん太一 (4)

本場で讃岐うどんを食べるときは、シンプルなかけうどんを頼むのですが、こちらではかけうどんも780円!ぶっかけもシンプルなうどんのみの設定がありませんでした。

また何となく、今回の出張では餃子やラーメンばかり食べていたような気がするので、ここではカレーうどんを頼んでみることにしました。

私が頼んだのは「海老付きカレーうどん」で1,280円という少し高めの値段設定です。
うどん太一 (6)

出されたのがこちらです。
うどん太一 (12)

上品な衣をまとった小海老の天ぷらと、ご覧の下にはゴボウの天ぷら(と言っていたような気がします)だそうで、薄く細くスライスしたゴボウで軽い食感で揚げ方もうまい!いい天ぷらの技術を持っているようです。真冬ですが枝豆が付いていました。

うどんは二段階熟成仕込みで作られていて、コシが強くてモチッとした食感が特徴の麺でした。まずそのままうどんのみ食べてみます。小麦の風味が鼻に抜ける感じで美味しかったです。
うどん太一 (7)

カレーはバラ肉たっぷり入った粘りのある感じで、スープというより、うどんを入れてからめて食べる感じです。
うどん太一 (11)

うどん屋さんのカレーのようにのど越しツルリ!というわけではなく、よく噛んで食べます。美味しいです。
うどん太一 (5)

一緒に行った人は、一人は「釜揚げうどん(780円)」。こちらのお店の780円という値段を考えると、丸亀製麺の釜揚げうどんの並が290円で食べることが出来るのはある意味凄いことです。

ちなみに香川では、もちろんお店によって違いはありますが、小で250円から350円くらいでしょうか?
うどん太一 (8)

もう一人は「肉汁うどん(880円)」を頼んでいました。こちらもつけ麺タイプです。このお値段は良心的?

宇都宮でこれだけ美味しいうどんを食べることが出来るとは思いませんでした。ご馳走様でした。

讃岐うどん太一
栃木県宇都宮市屋板町578-209
TEL 028-656-4441
11:00~15:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

高松の夜。後から合流してくるメンバーと一緒に2次会へ。

行ったのはホテル近くのうどん屋さん「うどん棒 本店」。
うどん棒

調べたら営業が20:30終了ということで、20時過ぎに電話を入れて大丈夫か確認した上でお邪魔しました。
うどん棒 (2)

高松のうどん屋さんは、昼の営業までのところが多いのですが、このあたりは高松でも繁華街で飲み屋街でもあります。そのため20:30まで営業しているのです。

ここへは約10年前に一度行っています。その時は一人で「ちゃんぽんうどん」なんてのを食べていますね。

1982年創業という、昔から人気のお店です。懐かしいです。

そういえば大阪駅前第3ビルの地下2階の飲食店街にもお店がありました。こちらでも「ちゃんぽんうどん」を食べています。^^;

終了間際、2組のお客様がいらっしゃいました。
うどん棒 (5)

お品書きです。
うどん棒 (4)

懐かしの「ちゃんぽんうどん」もありました!770円と10年前から50円値上がりしています。

入って即ラストオーダーだったので、まずは生ビールを頼んで、おつまみ系と締めのうどんを全部オーダーします。
うどん棒 (6)

おつまみは天ぷらの盛り合わせを2つ頼みました。添えられていた抹茶塩で食べます。
うどん棒 (7)

あと、後から合流した人は「たこ天うどん(700円)」を頼んでいて、たこ天が別盛りだったので、こちらもおつまみにして飲みました。
うどん棒 (9)

うどんは温かいのと冷たいのを選べ、彼は冷たいうどんです。
うどん棒 (8)

あと、「けいらんうどん(550円)」を締めに頼んでいます。

「けいらんうどん」は京都のうどん屋さんでメニューにあるうどんで、ようは「あんかけ卵とじうどん」ですね。

うどん自体は細めのもので、のど越しを大切にしていると思いました。

熱々の餡と一緒で、これからの寒い季節にはうってつけのうどんです。ご馳走様でした。

うどん棒 本店
香川県高松市亀井町8-19
TEL 087-831-3204
11:00~15:30
17:00~20:30
水曜休(祭日の場合は振替あり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今春高松に転勤となった友人と一緒に朝うどんすることになりました。

彼はほぼ毎日のように、こちらの「うどん さか枝」に朝飯を食べに来ていて、その様子がSNSにアップされているのを見ていたので、いつか行こうと思っていましたが、まさか朝に行くとは!(笑い)

今回、高松に出張することになり、調べたらホテルから近いことがわかって、朝飯をこちらのうどんにすることにしました。

行く前日に連絡を取ったら、当日はこちらのお店に行くということで、朝6:40にお店の前で待ち合わせをして入ることに。
さか枝

ホテルから歩いて10分ほど。香川県庁の近くですが、お店は住宅街の中にあります。こんな場所にうどん屋さんがあるとはびっくり!的な場所で、やはり地元の人がお客さんなのでしょうね?

早朝5時からの営業。朝の営業時のお客さんは基本地元の人です。たぶん常連さんが多いのだと思います。

何も言わずともうどんが出される人が多く、朝食をこちらで済ますのでしょう?

友人の事前説明を受け店内に入ります。

広いお店ですが、ランチ時には順番待ちの列も長くなると友人は話していました。

ちなみに、セルフのお店、列が出来ていないとどちらまわりかわからないのですが、こちらのお店では入口から入って右側からいくようです。
さか枝 (5)

メニューはこんな感じ。セルフ店なのでシンプルです。下にはおにぎりやおいなりさんが並んでしました。また、右下に見えるステンレスのものは出汁が貯められているタンクです。

私は昨日から連荘でうどん三昧だったので、かけうどんの小(190円)を頼みます。
さか枝 (3)

190円でも安いですが、友人は10円値上がりしたと言っていました。
さか枝 (4)

あと、天ぷらは玉子を一つ頂きました。天ぷらあげはどれも一品100円です。

自分でうどんを温めなおして出汁をかけ、ネギとしょうがを盛り付けて席に着きます。

出汁はイリコと昆布だしが強めに出ていますが、とても上品で美味しい出汁です。

うどんは色が白くて、コシの強さとのど越しの良さのバランスが取れている美味しいうどん。

出汁といい、うどんといい、さすがうどんにうるさいうどん県民に愛されているお店だけあります。人気なのがわかりますね。
さか枝 (6)

玉子の天ぷらは半分に割ると、中から黄身がとろ~りと現れます。
さか枝 (2)

友人が食べたのはこちら。肉厚の大きなお揚げが乗っていました。こちらも美味しそうですね。

290円で私はお腹も満足できました。この日は何と!友人がご馳走してくれました!ありがとうございます。そしてご馳走様でした。

うどん さか枝(さかえだ)本店
香川県高松市番町5-2-23
TEL 087-834-6291
5:00~15:00頃
※売り切れ次第終了
日・祝休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ