あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:茶碗蒸し


小松にある、そこそこ大きな寿司屋では、割烹など料理を楽しめるお店が多いです。

そのようなところは、昔からあって、景気のいい時代から営業しているお店が大体だと思います。

地域エリアのハレの日を祝うために、仕出しや出前もこなして、座敷があって宴会需要にも対応するというようなお店の形式ですね。
福助


今日紹介します小松市福乃宮町の「寿し 福助」へは、約7年ぶりの訪問です。

前回は夜にお邪魔していて、こちらで書いています

今回はランチタイムに訪問ですが、ランチのことは8年半前に行った時のことをこちらで紹介しています

3月のとある日曜日に予約せずに開店時間の11:30少し前にお店に到着。一番乗りでした。

こちらのお店は常連客が多いので、この日も続々とグループや家族連れ?のお客さんが入ってきました。
福助 (5)


とても立派なカウンター席です。座った目の前には、能舞台のような背景に大きな石が鎮座しています。そして車エビがたくさん泳いでいる水槽。
福助 (6)


目を右に移すと青いタグが付けられた大きな加能がにが3杯。1杯3万ぐらいはしそうな大きさでした。

「昼ランチメニュー」は3種類あって、お得な値段設定です。8年半前から値段が変わっていないので、内容で調整しているのかもしれません。
福助 (3)


ランチタイムは11:30~14:00で、土日もokというのがうれしいですね。

我々は上にぎりランチを頼むことにしました。税込みで2千円です。
福助 (8)


まず茶碗蒸しが出されます。熱々でやけどしそうでした。

そしてほどなく上にぎりが出されました。8貫で、上の段の左は赤身のように見えますが中トロでした。
福助 (11)


あとはヒラメ、ガンド?エンガワ(何の?)、甘えび、煮ハマグリ、数の子、イクラ。

私にとっては8貫ぐらいがちょうどいい量でしたが、普通の成人男性だったら少し物足りないかもしれません。
福助 (12)


ランチにはお吸い物が付いていました。左側の茶碗には歌舞伎の隈取が書かれています。歌舞伎のまち小松です。

さて、久しぶりにお邪魔しましたが、少し駅から離れている場所なので、なかなか夜に行けないのが残念です。ご馳走様でした。

寿し 福助
石川県小松市福乃宮町1-106
TEL 0761-22-2929
11:30~14:00
16:30~23:00
月曜、年末年始休(月曜が祝日場合は営業 翌日火曜休)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日紹介します「蛇の目寿司 額店」。

「蛇の目寿司」といえば金沢柿木畑(住所は片町)に本店があって、そこを含めて石川県内に4店舗。暖簾分けだそうです。
蛇の目寿司 (14)

「蛇の目」という寿司屋の屋号は全国的にも有名で、昔は至る所にありましたが、近年では石川が一番多いのかな?

さて、10月のとある土曜日の12時に予約を入れて向かいます。強めの雨が降る日で、そのせいか我々がお店に入ったときは先客はいませんでした。
蛇の目寿司 (2)

店内に入ると、長いカウンター席と、後ろには小上がり席。カウンターからは見えませんでしたが、奥には座敷もあるのでしょうか?
蛇の目寿司 (17)

カウンターの中には職人さん2名が寿司を握っておられ、厨房には2人?の女性の方がいらしゃるようでした。

人気のお店ですが、寿司だけではなく料理も提供する寿司割烹店ですね。

ネタケースには色々な種類のネタが並んでいて、週末には多くのお客さんが昼夜来られるのでしょう?
蛇の目寿司 (3)

ランチメニューはこちら。価格的にも色々あって選べるのがうれしいですね。

この中から私は「おすすめセット(税抜1,800円)」を頼むことに。

「にぎり4貫」「変わりごはん」「変わり鉢」「茶碗蒸し」「味噌汁」「デザートもしくはコーヒー」が付いています。
蛇の目寿司 (6)

オーダーしてからすぐに「にぎり4貫」が出されました。マグロ・イカ・サワラ・サーモン。一般的なネタです。
蛇の目寿司 (4)

そして「茶碗蒸し」。熱々でした。
蛇の目寿司 (13)

「変わり鉢」は揚げ出し豆腐です。
蛇の目寿司 (11)

「変わりごはん」は「ばらチラシ」。魚介はイクラのみであとは玉子・キュウリ・レンコン酢漬け・かまぼこ・おしんこ。でもこれはこれで触感もよく美味しかったです。
蛇の目寿司 (12)

「味噌汁」はイワシのつみれ。量が多かったです。出汁とつみれがいい仕事していました。

妻が頼んだ「義経」のセット。一人前は税抜1,000円で、一人半前が税抜1,500円。
蛇の目寿司 (5)

一人半前を頼んでいますが、一人半前はにぎり10貫、細巻1本、味噌汁、茶わん蒸し、コーヒーまたはアイスが付いています。
蛇の目寿司 (7)

ネタは一貫ずつで、何貫か一緒に次々出されました。
蛇の目寿司 (9)

私も握りを何貫か食べました。
蛇の目寿司 (10)

この義経のランチは日曜日はやっていません。

ランチには、最後にデザートかコーヒーが付きます。
蛇の目寿司 (15)

私はコーヒー、妻はデザートでバニラアイスでした。
蛇の目寿司 (16)

女性には小さなデザートがサービスで付いていました。

この内容でこの値段。コスパもよく満足度高いです。ご馳走様でした。

蛇の目寿司 額店
石川県金沢市額新保1-445
TEL 076-298-7722
11:00~14:00
16:30~23:00(L.O.22:30)
年末年始休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のような年齢になると、叔父さんや叔母さんなどが亡くなり、その法事に出席する機会が増えてきます。

今日は、そんな法事の席にお邪魔した「加賀旬彩 梅八」について紹介します。
梅八

場所は小松市八幡。小松市の山の手の方、昔は小さい温泉地で、何軒か温泉旅館が存在していたエリアにあります。残念ながら、いまは温泉旅館はありません。

「加賀旬彩 梅八」は会席料理のお店で、ハレの日や法事などでの利用が多いお店です。立派な建物で純和風の佇まいです。立派な庭園もあります。

加賀八幡温泉病院やスポーツ施設「ダイナミック」の近くで、我が家のよく利用する人気のパン屋さん「パンの朝顔」の前にあります。

20年ほど前でしょうか?一度だけ夜にお邪魔したことがあります。また、我が家ではお節料理を頼んだりすることがありますが、市街地からはちょっと距離があるため夜はなかなか行くことができませんね。

ランチ営業していれば行くのですが、リーズナブルな料金で食べることが出来るランチ営業は平日のみ。土日は祝い事や法事などの利用で忙しいためか普通のコース料理しかやっていません。
梅八 (9)

店内は広く、10畳から64畳までの8つのタイプの部屋があって、色々なニーズに対応できる作りになっています。どのお部屋もゆったりと食事がきでるのがうれしいです。

法事の席だったので、部屋の中の写真は遠慮しましたが、料理については写したので紹介していきます。

まずは先付。
梅八1

下の方にあるのは、白子を使って高野豆腐のように仕上げてありました。
梅八 (2)

椀物はいなりうどんでした。
梅八 (3)

向付のお刺身。
梅八 (5)

そして、鍋物で豚しゃぶが出されました。豚以外は食べました。^^;
梅八 (6)

鉢肴の焼魚はブリの西京焼き。お節を何度か家でも取り寄せたことがあるのですが、そちらでも人気のう巻きが添えられていました。
梅八 (7)

この後、茶碗蒸しが出されましたが、美味しい出汁でした。
梅八 (10)

強肴としての天ぷらです。抹茶塩で食べます。
梅八 (11)

ご飯はカニ飯。カニの身自体はそれほど入っていませんが、風味がよかったです。

止め椀としての味噌汁、香の物も付いています。
梅八 (12)

最後はわらび餅。抹茶のもありましたが、カロリー気にして食べませんでした。

以上が出された料理ですが、さすがに会席料理のお店だけあって、味の基本がしっかりしていて美味しい料理の数々でしたね。

お昼だったのですが、この料理を食べて飲まないわけにはいきません。注ぎに来られるので珍しく瓶ビールばかりを飲んでいました。ご馳走様でした。

加賀旬彩 梅八
石川県小松市八幡ロ5番41
TEL 0761-47-8885
11:30~22:00
ランチ11:30~14:30
※土日祝は除く


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

横浜は人口が約318万人。日本で東京に次いで2番目に人口が多い都市です。

その中で新横浜というエリアは、新幹線の駅がある以外はどちらかというと目立たないエリアかもしれません。

私は30数年前から何度も来ていますが、30数年前は新横浜駅の周辺でも田んぼや畑が多くありました。

今でもひとつ川を超えると、その時の風景に似たような場所もありますが、新横浜駅周辺はオフィスや横浜アリーナ、横浜国際総合競技場などの施設があってとても賑わっています。

今回仕事で新横浜に来たのですが、小松からだと飛行機に乗ると、羽田空港からもリムジンバスで数年前に完成した首都高速神奈川7号横浜北線を通って移動すると、計2時間弱で新横浜プリンスホテルに着くことが出来ます。とても近いです。

東京・大阪・名古屋へ行くより早く着くことが出来るのです。
日本大漁物語きじま (14)

今日はそんな新横浜にある巨大?ホテルの新横浜プリンスホテル2階にある和食のお店「日本大漁物語きじま 新横浜店」で食べたランチの紹介です。
日本大漁物語きじま (13)

ホテルの飲食店、それもプリンスホテルにあるお店というと、それなりの値段がするイメージですが、こちらのお店はランチは税別1,580円から設定があり、いい空間とサービスを楽しむ長柄ゆったりとランチを食べることが出来ます。
日本大漁物語きじま (12)

店内に入ると、生簀が目に入ります。活イカが泳いでいますね。
日本大漁物語きじま (11)

店内はとても広いです。ハレの日に利用する人が多いのでしょうか?
日本大漁物語きじま (10)

こちらはカウンター席です。
日本大漁物語きじま (2)

われわれはテーブル席に座ります。
日本大漁物語きじま (3)

そしてランチのお品書きです。
日本大漁物語きじま (4)

この中から私は、季節の小鉢とにぎり寿司が楽しめる「旬彩にぎり御膳(税別1,780円)」を食べることにしました。「一番人気」だそうです。
日本大漁物語きじま (7)

季節の小鉢3種、旬のにぎり寿司6貫と押し寿司2切れ、海老と季節野菜の天ぷら、平飼い有精卵の餡掛け茶碗蒸し、お吸い物が付いていて、ボリューム満点です。
日本大漁物語きじま (7)

握りの説明がありましたが、正確なこと覚えていないので書きません。^^; 季節の小鉢3種もです。
日本大漁物語きじま (9)

天ぷらは可もなく不可もなく。
日本大漁物語きじま (8)

茶碗蒸しは具がたっぷり入っていました。そしてアオサのお吸い物です。

一緒に行った人は、「旬の厳選ネタを七種類盛り込んだ「華ちらし御膳(税別1,580円)」を食べていました。
日本大漁物語きじま (5)

ネタが7種類入った「ちらし寿司」と、茶碗蒸し、お吸い物ですね。

新鮮な海の幸は地元でいつも食べているので、さすがに感動はありませんでしたが、このお店の雰囲気でこの値段でボリュームたっぷりなランチを食べることができるのは、都会の人にとってはいいお店なのでしょう?賑わっていました。ご馳走様でした。

日本大漁物語きじま 新横浜店
横浜市港北区新横浜3-4
 新横浜プリンスホテル2F
TEL 045-470-0828
11:00~14:30
17:00~22:00
土・日・祝11:00~22:00
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

久しぶり?に小田急線沿いの成城学園前駅で下車しました。

先日、札幌のお店「七番蔵」を紹介したときに書きましたが、栗山町出身の板垣さんとご一緒したお店です。

成城学園前駅の改札口出口で待ち合わせ。

さすが高級住宅街として知られる成城。清閑な住宅街です。豪邸が並びます。

駅からまっすぐ、徒歩で数分のところ、まさに閑静な住宅街の一角に「四季膳 ほしや」はあります。
ほしや

紅色に染め上げた屋号入りの暖簾が目印です。
ほしや (25)

板垣さんがこちらに私を連れて行ってくれた理由は、ご主人の星谷さんがお店で使う野菜類を近江町市場にある北形青果から仕入れているからです。

特に加賀野菜を積極的に使ってくれているなど、石川県民にとってうれしいお店なのです。
ほしや (2)

店内は、成城の場所にふさわしい清楚な感じにまとめられています。
ほしや (3)

こちらのカウンター席に、個室で掘りごたつの小上がり席1つと半個室のテーブル席が2つありました。
ほしや (7)

お店で出される料理は正統派の日本料理。夜のメニューはこんな感じになっています。

すべてにおいて手間暇を惜しまずに作られる料理の一品一品。加賀野菜は始め素材も吟味されていて、料理が出されるたびに「へぇ~」という驚きがありました。
ほしや (5)

まずは生ビールと突出しの一品。

そして最初に出されたのが、北海道のシャコとじゅんさいを生でジュレ状の出汁で食べさせてくれています。
ほしや (6)

使われている野菜のヤングコーンは北形青果から仕入れたもの。あとしし唐ですね。
ほしや (9)

八寸的に出されたのはタコの柔らか煮、カボチャの煮物、にこごり、焼枝豆、赤イカ炙り。紫陽花の花がきれいです。

お造りは、つぶ貝・鯛・北海道産の本まぐろ・鱒・千葉産の金目鯛。
ほしや (12)

まぐろは上品な脂が乗っていて美味しかったです。もちろん、他も美味しいですよ。
ほしや (17)

蒸し物は茶碗蒸しですが、ハモ、ホタテ、ウニ、花穂が具材として使われていました。
ほしや (18)

揚物は天ぷらで、しいたけ、新じゃが真薯(しんじょ)、五郎島金時、梅干し。ここでも加賀野菜が使われています。
ほしや (15)

あと焼物らしいこちらは記憶が定かではありません。^^;
ほしや (21)

締めの食事は稲庭うどん。ツルッと美味しいです。
ほしや (22)

デザートにフルーツも出ました。

さてお酒の方ですが、私はこの日はワイン系で攻めてみました。
ほしや (10)

スパークリングです。フランスの「デュック・ド・パリ・ブリュット」。

キレがあってスッキリとした酸味が心地よいスパークリングでした。スパークリングもグラスで提供してくれます。
ほしや (14)

この後は、白ワイン。こちらもフランスで「ミュスカデ・ド・セーブル・エ・メーヌ」。
ミネラル感があってスッキリな中に深みのある味のワインでした。
ほしや (19)

あと白州のハイボールも飲んでいます。

板垣さんのほうは日本酒です。
ほしや (8)

こちらは三重県の木屋正酒造「而今(じこん)」。純米吟醸です。
ほしや (16)

こちらは栃木県の小林酒造の「鳳凰美田(ほうおうびでん)」。こちらも純米吟醸ですね。

他にも飲んでいましたね!?

以上、二人で飲み食いして締めて2万円以下。この場所で料理のクオリティ、使用する器のセンスの良さ、サービスのホスピタリティなどを考えると、本当におすすめの一軒だと思いました。

そうそう!このお店で板垣さんに新たな出会いがありました!アルバイトでお店を手伝っていた子が板垣さんと同じ高校出身だったのです。それで話が弾んでましたよ!

板垣さん、いいお店を紹介いただきありがとうございました。そしてご主人!ご馳走様でした。

四季膳 ほしや
東京都世田谷区成城6-22-5
TEL 03-6411-2525
11:30~14:30
17:30~22:30
水曜休(祝日の場合は営業、翌日休)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ