あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:能美市

歳を取ると、食べ物に気を遣うようになりました。

量はもちろん、素材や調味料に何が使われているか、などです。

ただ、食品添加物についての議論がいろいろ言われていますが、その辺はそれほど気にしているわけではありません。
いずみ (10)

さて、そんな前振りをした後で紹介するのは能美市根上にある「コーヒー&ギャラリー いずみ」です。
いずみ

こちらについては、一昨年の緊急事態宣言が出たすぐに、テイクアウトの薬膳弁当を紹介しています

今回、12月のとある日曜日のランチタイムに伺いました。

雪が降る寒い日でしたが、冬の間はサッシの雪囲いが設置されていますね。
いずみ (2)

店内にはギャラリーが併設されています。

とりあえず「日替り薬膳ランチ(1,000円)」を頼むつもりで行ったのでメニューは見ませんでした。
いずみ (3)

ただ、「日替り薬膳ランチ」が苦手なチキンだったのでどうしようか迷いましたが、カレーなので何とななるかと思い頼むことに。

出されたのがこちら。
いずみ (4)

国際中医薬膳師と野菜ソムリエの資格を持っている方が作る「体内免疫力アップに注目した素材で作られた薬膳メニュー」なのだそうです。
いずみ (6)

メインの「ほうれん草とチキンのスパイスカレー」は、ほうれん草がたっぷり使われているのか、色合いはあまりよくありませんが、スパイス=薬膳ということでいかにも体に良さそうでほんのりスパイシーなカレー。美味しかったです。
いずみ (7)

「白菜としめじの豆乳味噌汁」は豆乳のおかげで何となく粕汁のようなとろみと甘みがあって、体が温まる気がしました。

「根菜柚子酢マリネ」には根菜以外にも豆や小松菜、パプリカなど。上品な味でした。
いずみ (8)

デザートは、メニューでは「柚子ミルクかん」となっていますが、この日は「みかん」でした。
いずみ (9)

こちらのデミカップのコーヒーはランチを食べた人は100円です。

安心安全な食事は今のトレンド。その先端を行く薬膳ランチでデトックスしてみませんか。ご馳走様でした。

コーヒー&ギャラリー いずみ
石川県能美市大成町1-2-1
TEL 0761-55-0196
9:00~17:00(ランチ11:00~14:00)
水曜休(薬膳ランチは水・木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

お久しぶりシリーズ自体お久しぶりです。汗

今日は能美市の人気のラーメン店「麺屋 天」。過去、3~4度お邪魔しているでしょうか。
麺屋 天 (9)

今回、少し間が空いて約7年ぶりとなりました。前回はこちらで紹介しています

人気で特に土日祝のランチタイムはいつも混雑しているイメージです。

11月のとある土曜日の11:30ごろでしたが、駐車場はすでに混雑していました。
麺屋 天

店内に入ると、カウンター席が満席で6人掛けの席しか空いてなくて、そちらに案内されましたが、その後もお客さんはひっきりなしに入ってきていて、すぐに満席になり、結局カウンター席に移動しました。
麺屋 天 (5)

こちらがメニュー。
麺屋 天 (2)

ランチメニュー。
麺屋 天 (4)

創作系のラーメンです。。

お店のHPの「店主のご挨拶」に「食材はすべて国産にこだわり、地産地消を目指し、地元能美市役所とコラボレーションした地元食材を使ったお料理をご提供いたしております。他に類を見ないオリジナルラーメンや豊富なサイドメニューもあり、お酒も楽しめる憩いの場となっております。」と書かれています。

こちらのお店は、本当にメニューの種類が多いです。他のお店では見かけないようなラーメンがあり、楽しめます。

今回私が頼んだのは「エビと蟹肉のタンメン(930円)」。
麺屋 天 (7)

タンメンですが、醤油系の少し甘めの、とろみが少ない餡がかかっているので、五目ラーメンのようでもあります。熱々の餡なのでこれからの寒い季節にももってこい。お店の人気の一品なようです。

蟹の身は少なめでしたが、プリプリの海老と野菜がたっぷりなので美味しかったです。
麺屋 天 (8)

麺は黄色い麺。かんすい多めでのど越しのいい麺でした。

ブログを書くために家に戻って調べたら、前回7年前も同じものを食べていました。汗

この手のが好きなのですね。

でも7年経って20円しか値上げされていないのは素晴らしいです。

食べ終わって私がお店を出るときは5・6人待っていました。さすが人気です。ご馳走様でした。

麺屋 天
石川県能美市大長野町り20-4
TEL 0761-57-4266
11:00~26:00
月曜休(不定休あり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

パチンコ屋さんに併設の飲食店シリーズです。

パチンコ店が郊外にある場合、周辺に飲食店など無いときがあります。

私はパチンコはやらないのですが、わざわざ車で食べに行くというのもめんどくさいわけで、パチンコ店自体に飲食店が併設されていると便利だろうと思います。

今回紹介するのはダイナムの「めん六や 石川能美店」。

めん六や 石川能美店

パチンコをする建物に入っているわけではなく、個店として独立してお店がありました。
めん六や 石川能美店 (3)

壁に貼られているメニュー。
めん六や 石川能美店 (9)

いま、小麦の値段が上がっているニュースを聞きますが、11月13日より値上げするという告知が出されていました。
めん六や 石川能美店 (4)

食材に関しても値上げされるものも色々あって、飲食店にとってはコロナ禍とのダブルパンチです。

今回私は、秋の期間限定メニューが気になったので、そちらを頼むことに。

「旨い!煮干らーめん(720円)」という新宿の人気ラーメン店「ラーメン凪」監修のコラボ企画のラーメンです。

名前の通り、煮干の風味を活かしたラーメンだろうと思い頼んでみることにしました。
めん六や 石川能美店 (5)

まずスープを一口。「20種類以上の煮干を独自ブレンドした超濃厚スープ」だそうで、濃厚な味ですが、確かにえぐみ・臭みの少ない煮干風味がいい感じでした。
めん六や 石川能美店 (6)

途中で、海苔の上に乗せられている魚粉を溶かしながら味変しつつ食べ進めると、味の変化を楽します。
めん六や 石川能美店 (7)

中太の手もみの縮れ麺は、スープとよく絡みました。

あまりこちらでは食べることが出来ない味のラーメンだったので良かったです。ご馳走様でした。

めん六や 石川能美店
石川県能美市吉原釜屋町ワ21-7
TEL 070-1455-6059
TEL 11:30~15:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

グルメブログをやっている私でも、まだまだ知らないお店がたくさんあります。

まぁ、当然と言えば当然なのですが、そんな未開拓のお店があるとわかると行ってみたくなるのは、グルメブロガーの性でしょうか?

さて、今日紹介する能美市寺井「TOMORROW(ツモロー)」も、その一軒。
ツモロー

外観は一見すると喫茶店のようです。というか通常は喫茶店ですが、食事タイムに美味しい洋食を食べることが出来ると書いたほうがいいのかもしれません。
ツモロー (2)

朝から営業されているようですが、食事は11:30からでした。

11:20頃お店に到着したので、10分ほどお店で待つことになりました。

さて、この「TOMORROW(ツモロー)」はオムレツがウリなようです。

メニューは、すぐに下げられたので写真を写すことが出来ませんでした。

ネット情報ですが、ご主人のオーナーシェフ?は、昔、日比谷の東宝ツインタワーの地下にあったフレンチレストラン「メゾン・ド・フランス」で働いていたようです。

ちなみに、「メゾン・ド・フランス」はシャンソン歌手でエッセイストでもある故石井好子さんがプロデュースしたお店で、オムレツの超有名店だったそうで、その経験を生かして、「TOMORROW(ツモロー)」でもスペシャリテとしてメニューに加えているようです。

これらの情報は、戻って調べて分かったことで、残念ながら今回オムレツは頼んでいません。
ツモロー (6)

頼んだのは日替わりランチで630円!お安いお値段です。コーヒー付きは880円でした。

出されたのがこちら。
ツモロー (3)

九谷焼のおひざ元ですが、この皿は前述の「メゾン・ド・フランス」と同じ多治見の特注品なようですね。

この日は「ミートボールのナポリ風と鮭フライ、サラダ」でした。
ツモロー (4)

コンソメスープとライスが付いています。ライスはそこそこのボリュームがありました。

ミートボールはよく煮こまれています。鮭フライは小さなサイズです。

ご飯の量の割にはおかずが少なかったですが、この値段ではしょうがないです。

次回行く機会があれば、オムレツを食べてみます。ご馳走様でした。

TOMORROW(ツモロー)
石川県能美市寺井町ま162-1
TEL 0761-58-5148
9:00~19:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

もうすぐ秋が終わろうとしています。

10月末から11月第一週にかけていいお天気が続きました。

秋といえば芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋など色々。今日はそんな芸術の秋と食欲の秋について。

まずは10月末に行ってきた「国立工芸館石川移転開館1周年記念展」。
国立工芸館 (3)

この時、すでに木々が色づき始めていました。
国立工芸館 (5)

昨年10月のオープン以来、日本海側初の国立の美術館として、内外の注目を浴びてきた国立工芸館。

今回その1周年の特別展として「《十二の鷹》と明治の工芸―万博出品時代から今日まで 変わりゆく姿」をテーマとして開催中です。

見どころの一つが鈴木長吉の「十二の鷹」が一堂に見られること。
国立工芸館 (13)

重要文化財の12羽の鷹が全部一度に見られるのは、国立工芸館が金沢に開館してから今回が初めて。
国立工芸館 (14)

今にも飛び立ちそうな鷹や、獲物をにらみつけているような鋭い目をした鷹など、まさに芸術の枠を超えたリアル感。見ごたえがありました。
国立工芸館 (19)

こちらは前回来た時に見ることが出来なかった屋外展示。こちらも東京から移転してきています。

「国立工芸館石川移転開館1周年記念展」は12月12日まで開催されています。

興味のある方は是非どうぞ!

国立工芸館
石川県金沢市出羽町3-2
TEL 050-5541-8600(ハローダイヤル 9:00~20:00)

お次は食欲の秋について。
餃子雪松

紹介するのは能美市にできた餃子の無人販売所「餃子の雪松」。
餃子雪松 (2)

コロナ禍にあり、テイクアウト需要が急拡大。その勢いで全国的に一気呵成に店舗拡大を続けているところです。

36個入り千円の選択肢のみです。餃子1個30円弱なので安いといえば安いですね。タレは別売りで200円だったので買いませんでした。
餃子雪松 (3)

パッケージです。
餃子雪松 (5)

中の冷凍状態の餃子。
餃子雪松 (7)

焼きあがった餃子です。

家でも冷凍餃子を時々買って食べることがありますが、どうでしょうか、味的には差がないようにも思えますが…。



コロナ禍で需要が拡大した無人販売ですが、コロナが落ちついたらどのように推移していくのか興味があります。ご馳走様でした。

餃子の雪松 能美店
石川県能美市大長野町チ122-5
TEL 050-5490-9116
無休24時間営業


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ