あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:能美市

石川県内には台湾料理のお店が何店舗もあります。

それら多くは日本人のやっているお店ではなく、中国出身の方がやっているところが多いようです。台湾出身の方も比較的少ないと聞きましたが、間違ってたらごめんなさいです。

今日紹介します「四季の味 能美店」は、そのうちの一軒です。店名は日本食の店のようですが中華です。

こちらは手取フィッシュランド前にお店があったときに一度お店の前まで行ったことがあったのですが、その時にはすでに閉店していました。

なので、もうやめたのかな?と思っていたら、ネット情報で移転したのだということを知り、改めて行ってみることに。
四季の味 能美店 (3)

能美警察署の近くにある、「カーブス」というフィットネスクラブと同じ建屋にお店はありました。

最近、この手のフィットネスクラブが相当増えていますが、そんなに需要があるんですね。健康志向ブーム恐るべし!
四季の味 能美店 (2)

入り口はこちら。
四季の味 能美店 (7)

店内は思ったより広く、座敷を含めて、最大150名、座敷100名は入れるようです。こんなに入ったとき料理のほうはスムーズに出せるのでしょうか?
四季の味 能美店 (8)

土曜日のだいぶ早めの時間だったので、お客さんは2~3割ほど。でも、食べ終わることにはだんだんとテーブル席のほうは埋まってきました。

「カーブス」に来たついでに食べていかれる方が多いのかもしれません。
四季の味 能美店 (6)

麺飯メニューです。
四季の味 能美店 (5)

こちらは料理セット。
四季の味 能美店 (4)

セットメニューです。何れもリーズナブルな値段設定です。

私はこちらのセットメニューから台湾味噌ラーメンと炒飯のセットを頼みました。セットで830円とお得な値段です。
四季の味 能美店 (9)

まず台湾味噌ラーメンが出されます。

普通の台湾ラーメンは醤油味が多く、私も過去食べた台湾ラーメンは醤油味ばかりでした。そこで今回味噌味をチョイス。

台湾ラーメンということで炒めた豚ひき肉が盛られています。あとの具材はメンマともやしです。

台湾ラーメンといえば名古屋の「味仙」が有名ですが、唐辛子の辛さはそれほどではありませんでした。
四季の味 能美店 (10)

麺は少し柔らかめに茹でられていて、こちらのほうはボリュームは普通でしたが、セットのもう一方の炒飯は、めちゃ大盛りでした。
四季の味 能美店 (11)

こちらがそうですが、私のイメージしていた量の軽く1・5倍以上はあって、案の定、3分の1ほど残してしましました。

何となく嫌な予感はしていたのですが、炒飯好きないのでついつい炒飯をチョイスしてしまいました。(^^;

私がよく行く加賀エリアのこの手の台湾料理のお店は、大体がセット物でも安い値段設定のところが多いです。経営的に成り立つところがすごいですね。ご馳走様でした。

四季の味 能美店
石川県能美市三道山町チ1-1
TEL 0761-57-3999
11:00~14:30
17:00~24:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

私のブログでは粉物のお店はあまり出てきませんが、先週に引き続きの紹介です。

今日紹介するのは「ポポ」というちょっと愛嬌のある変わった店名のお店です。

小松市内から国道305号線(旧8号線)を走り能美市に入ってすぐ、「麺屋 天」のお隣にお店はあります。
ポポ

喫茶店のような作りです。敷地奥にご自宅があるようでした。
ポポ (4)

店内は木の間仕切りで仕切られた空間に観葉植物がたくさん置かれていました。

テーブルごとに呼び鈴が埋め込まれていて、コロナ禍の前からこのような形にしていたのでしょうか?
ポポ (3)

こちらがお品書きです。
ポポ (2)

セットと一品料理、ドリンク。
ポポ (6)

定食メニューです。
ポポ (5)

種類が多いので何を頼もうか迷いましたが、結局、こちらのメニューに出ていた「サービスセット」という文字にひかれて頼むことに。

サービスセットは、たこ焼きが一人前の半分の5個とお好み焼き半人前、焼きそば半人前がセットになったもので、ボリュームたっぷり。
ポポ (7)

お値段は税込みで750円、2人分で1,500円というコスパ抜群のセットだと思ったので頼みました。
ポポ (9)

もっとも、帰ってから写真のメニューを見たら、お好み焼きが一人前600円、焼きそばが500円、たこ焼き10個が350円なので計1450円。

3種類頼んで2人でシェアしたほうが安かったです。

もっとも、2人の場合はそうですが、一人で行ったときは、3つの味を楽しめるのでいいでしょう?

ただ3つの味といっても、同じソース味なので。1.5人前だと途中で少し飽きてくるかもしれません。

お好み焼きはイカですが、妻のは豚に変えてもらっています。同じ値段でした。

なお、街のお好み焼き屋さんのように、自分が焼けるテーブルがありましたが、メニューには土日祝日はダメなようです。焼いてきてくれます。

濃い目の味だったので、お好み焼きのソースとマヨネーズ、たこ焼きのマヨネーズは個人的には自分の好みでかけたかった気がしますが…。

メニューそのものはお値段が抑えられていて、リーズナブルに楽しむことができるお店です。ご馳走様でした。

ポポ
石川県能美市大長野町リ-17-1
TEL 0761-57-1120
11:00~22:00
月曜休(祝祭日の場合火曜日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

和菓子製造販売の「味路庵」というところがカフェをやっているというのを知って行ってきました。
味路庵 (15)

最初午後に行ったら何と!お休み。午前中のみの営業でした。

そこで後日、妻がいない1月のとある土曜日の午前中に男一人でお邪魔することに。

菓子製造工場に併設の店舗で、工場のサインを見ると「北村紙器」と書かれていました。

「北村紙器」は小松にも工場がありますが、もともとは小松が本社。昨年、この場所に本社も移転されたようです。

「味路庵」は、その「北村紙器」と経営が同じだったのです。

さて、私は基本的には和菓子はほとんど食べません。あんこ系が苦手なのです。事前にネットで調べてみると、「味路庵」はきんつばが有名なようです。

なので、入る前は食べられるものがあるか心配でした。
味路庵 (3)

和菓子の販売所とカフェの入り口は別です。カフェへはこちらから靴を脱いで店内に入ります。
味路庵 (5)

和菓子屋併設のカフェなので和風の内装。
味路庵 (6)

床の間の付いた琉球畳が敷かれた小上がりもありました。
味路庵 (7)

メニューは、コーヒーなどドリンクのみでの利用ができますが、菓子店のお菓子を食べるような前提で作られています。
味路庵 (9)

私は入り口の出されていた黒板におすすめと書かれていた「チョコレートきんつば」が気になり、コーヒーとのセット(税込500円)」をお願いすることに。
味路庵 (12)

「チョコレートきんつば」はバレンタインの時期に合わせて作られている限定商品のようで、お聞きしたら3月末ごろまではあるようです。

甘そうでしたが、意外とビターな感じで甘いものが苦手な私でも大丈夫でした。
味路庵 (11)

コーヒーはオーダーを受けてからドリップで一杯一杯淹れてくれます。

飲み食べした後、菓子の販売するところに移動。
味路庵 (16)

小さなお店ですが、昔の商家(民家)を模したような作り。
味路庵 (18)

和菓子以外にも色々なお菓子を売っていました。
味路庵 (20)

家へのお土産に「ガトーショコラ(税込864円)」を購入しました。
味路庵 (2)

生地に金箔が散りばめられています。
味路庵

しっとりとした食感でビターな甘さを感じるガトーショコラでした。

この辺りにも住宅がだんだんと出来てきていますが、まだまだひっそりとある和菓子屋&カフェです。

カフェが午前中だけの営業なのが残念ですが、たまには甘いものでも食べながら美味しいコーヒーを飲んでまったりするのもいいのではないでしょうか?ご馳走様でした。

味路庵
石川県能美市山口町12街区17番地
TEL. 0761-48-6262
店舗 9:30~17:00
カフェ 9:30~12:00
水・金曜休(土 日は不定休)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日は九谷焼の販売店でありながらコーヒー豆の販売をしているという、ある意味珍しいお店を紹介します。

それは能美市の旧寺井の「大和屋」。

元々は九谷焼販売の「別所商店」。こちらは1925年創業の老舗です。

九谷焼についていえば、1990年代にバブルがはじけ需要が大きく落ち込んでいく中、加賀地方で多くの九谷焼の販売店が廃業に追い込まれています。

「別所商店」もそのような状況になったことは想像できますが、こちらは20年ほど前からコーヒー豆の販売などを行うチェーン店「大和屋」に加盟して活路を求めているわけですね。

今回、こちらのお店に伺った理由の一つは、コーヒー豆の販売の際、試飲ができるということがあったからでした。

しかしながら、このコロナ禍で試飲は休止になっていました。残念!
大和屋

お店の外観は昔の九谷焼販売の時の名残を感じさせてくれます。
大和屋 (3)

店内に入ると、九谷焼も色々販売されていますが、やはりコーヒーカップやソーサーが多いです。

それにコーヒーに関連したグッズなどもありました。
大和屋 (4)

そして、こちらに並んでいるのが扱っているコーヒー豆。多くの種類がありますね。

群馬県にある大和屋本店併設の工場で焙煎されたコーヒー豆です。工場では国内産の木炭を使用してじっくりていねいに焼き上げているとHPに書かれていました。
大和屋 (8)

私はこの中から、初めての購入ということで「大和屋ブレンド(100g税抜490円)」と群馬県の名産のだるまの名前が付いた「だるま珈琲(100g税抜560円)」を買い求めました。

家に戻って早々、「大和屋ブレンド」を飲んでみることに。
大和屋 (9)

コーヒー豆のことについて、私はそれほど詳しくはないので何なのですが、若干小さめ??

妻が挽いて淹れてくれました。
大和屋1

「大和屋ブレンド」は、やはり店名を冠したブレンドなので、中煎りでバランスの取れた味だったと思います。ブラジル、コロンビア、インドネシアのブレンドなようです。

「だるま珈琲」のほうも後日飲みましたが、こちらはより深煎りですが、飲んだ感じでいえばバランス重視かな?と感じました。もちろん深煎りなので苦みとコクは「大和屋ブレンド」よりも強いです。

こちらはインドネシア、ブラジル、コロンビア、グアテマラのようです。

コロナ禍でなければ試飲ができるようなので、そのような状況になったらお邪魔したいと思います。ご馳走様でした。

ちなみに後日になって調べてわかったことですが、同じ大和屋の屋号を持つお店が石川県内に、金沢と加賀にもあることがわかりました。

珈琲豆とやきもの 大和屋
石川県能美市大長野町へ107-2
TEL 0761-58-4151
10:00~19:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日はパンのお店を2軒紹介します。
tonton (5)

まずは、アルビス寺井店内にある「食パンのtonton(トントン)」。卵・乳製品不使用のパンで知られています。ただし小麦粉は使われています。


いま「食パンのtonton」は、小松市に工場を持ち、こちらのお店以外にもほかのアルビスやネット販売なども手掛けていますが、もともとは、こちらのアルビス寺井店内に出したお店が一号店なのです。

そのためかどうかはわかりませんが、小松市に工場で作っているのではなく、お店併設の製パン施設があって、焼きたてのパンを買い求めることができるのです。

比較的ソフトなパンが中心です。

今回買い求めたのは、「カリカリカレーパン(税抜158円)」と「ふわふわのチーズマヨネーズブレッド(税抜178円)」。
tonton (7)

こちらを妻と二人で半分ずつ食べています。なぜか、きちんとした写真を撮っていなくて、半分に切ったものしかありませんでした。(^^;

「カリカリカレーパン」はその名の通り、衣がカリカリに揚げられていました。「ふわふわのチーズマヨネーズブレッド」のほうは、見た目よりは濃厚なチーズとマヨネーズの濃い目の味でした。

あと母には「クリームぜんざいパン(税抜168円)」を買っています。珍しいパンかもしれません。
tonton (4)

中には北海道大納言と白玉、ホイップクリームが入っていました。

次回、また買いに行き、今度はちゃんと写真を写します。ご馳走様でした。

食パンのtonton(トントン)
石川県能美市寺井町ロ90-1
 アルビス寺井店
TEL 0761-57-1059
10:00~21:00
無休

お次は野々市の人気のブーランジェリー「NiOR(ニオール)」。

前回の紹介のことはこちらに書いています

外観も含めて、ちょっと高級なパンのお店です。ご存じ、人気のパン屋さんです。

今回は、妻が買いに行った時のパンを紹介します。

まずこちらは、お店の定番で人気商品の「パン・オ・ノア(税抜250円)」。
ニオール (5)

生地はトラディション。クルミがたくさん入っています。
ニオール (7)

「トラディション テ アールグレイ エ 3フリュイ(税抜320円)」はアールグレイの茶葉とオレンジ・レモンのドライフルーツ、そしてクルミを練りこんで焼き上げてあります。記事はこちらもトラディション。
ニオール (9)

この2つを妻と一緒にシェアして食べています。両党も噛み応えがあるパンです。小麦の風味を感じますね。

母には「ブリオッシュ クラックラン(税抜230円)」。
ニオール (4)

メロンパンです。ブリオッシュ生地にアーモンドクリームが中に入っています。

ちょっと高級ですが、時々食べたくなるようなパンなのです。ご馳走様でした。

NiOR(ニオール)
石川県野々市市白山町392
TEL 076-256-2021
月・火・金
10:00~19:00
土・日・祝9:00~19:00
水・木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ