あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:能美市

辰口の芳珠記念病院の道路を挟んで建っている「社会福祉法人 陽翠水」が経営する「G-Hills ジーヒルズ」。ここは共生型福祉施設で、2018年4月にオープンした新しい施設です。

障がいを持った人たちだけが利用する施設ではなく、「子ども・障がい者・高齢者が共に生きる共生型福祉施設」となっています。

共生型福祉施設といえば、前に紹介したことがある「Share金沢」などもその一つで、今や全国的に普及してきているようです。
ちゃうすカフェ (10)

ゆったりとした敷地に平屋建ての施設が建てられていました。「Share金沢」は緑の中の環境でしたが、こちらは開放的な敷地ですね。
ちゃうすカフェ

さて、「G-Hills ジーヒルズ」の建物内には、だれでも利用できるカフェスペースがあって、名前を「ちゃうすカフェ」といいます。

11時半ごろお店に到着しましたが、誰もお客さんはいませんでした。
ちゃうすカフェ (5)

店内は木の温もりを感じさせてくれる明るい空間で、障がいを持った人たちにも優しい空間。女性の方お二人で切り盛りされていました。

我々がお店に入った後、2組ほどのお客さんが入って来られましたが、施設を見来られた方の利用のようでした。
ちゃうすカフェ (3)

こちらは入口に出されていた定番のメニューです。ランチはおおむねこんな感じです。
ちゃうすカフェ (7)

店内のメニューのランチ用のものです。こちらはパスタ。
ちゃうすカフェ (9)

カレーメニューです。

ドリンクを含めて、メニュー自体は一般的なカフェと変わらないでしょうね。

最初、パスタメニューの下の方に出ていた「タコライス」を頼んだのですが、冬期間はやっていないということで、私は「カニのトマトクリームソース(税別680円)」を頼むことに。メニューに「人気No.1」と書かれていたのでそれにしました。
ちゃうすカフェ (14)

最初にサラダが出されました。
ちゃうすカフェ (15)

トマトクリームソースで、カニの旨みがプラスされています。ソースが自家製かどうかは不明です。

妻のほうも「人気No.1」と書かれていた「オムレツカレー(税別730円)」です。
ちゃうすカフェ (16)

出された時は、こんな感じです。
ちゃうすカフェ (17)

きれいなオムレツです。このオムレツをスプーンで割って広げると、いわゆる「タンポポオムライス」のような感じになるわけですが、あまりうまくいかなったようです。^^;

カレーについてもルーはどうしているのでしょうか?まぁ、ちゃんとした調理環境が整っている感じがしませんでしたので、業務用のを使っているのかもしれません。

福祉施設内にこのようなカフェが併設されていると、ちょっとしたときにゆっくりお茶するなど便利ですね。これからもこのような共生型福祉施設が増えていくだろうと思います。ご馳走様でした。

ちゃうすカフェ
石川県能美市緑が丘11丁目49番地1
 G-Hills ジーヒルズ内
TEL 0761-51-7795
月~木9:00~17:30
金・土9:00~20:00(予約がある場合は22:00まで)
日・祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介するのは、南加賀では珍しいベーグル専門のパン屋さんです。

Atelier3103(アトリエサトミ)」という名前のお店で、オーナーの女性のお名前がさとみさんということで付けられているようです。オープンは昨年の9月28日。まだ新しいパン屋さんです。

場所は能美市三ツ屋町の手取川にもほど近い、田んぼの中にお店を構えていますが、まぁ、こんな場所によく…、と思ってしまいました。^^;
Atelier3103 (9)

新築の立派なお店ですが、なぜか外で販売されています。

こちらのお店は何と!営業しているのは土曜日のみということで、土日休みでない方にとってはハードルが高いかもしれません。
Atelier3103 (7)

お聞きすると平日は作ったパンは他店に卸されているようですが、どうしてもご自身がお店を持ちたいということで、土曜日のみ製造している場所で販売しているのです。

なるほど、そういうことでちゃんとした店舗がないのですね!?

さて、個人的にはベーグルのようなもっちりとしたパンは、それほど好みではないのですが、そういえば同じ能美市に「BAGLE CAFE PYGMALION(ベーグルカフェ ピグマリオン)」というベーグルサンドのお店があって、昔お邪魔したことがありました。

こちらのお店のベーグルの特徴としては、天然酵母と国産小麦で作られていて、卵・牛乳・バターを使用していない体にやさしいベーグルなのです。

特に酵母は、世界遺産の白神山地の腐葉土から発見された貴重な野生酵母「白神こだま酵母」を使っていて、「白神こだま酵母」が持つ通常の酵母の5倍あるといわれるトレハロースが、さっぱりとした上品な甘味を出していますね。
Atelier3103 (2)

この日の品揃えです。「酒粕とチーズ」という興味がそそられるものもありましたが、妻は酒が好きなのですがなぜか酒粕が苦手ということでパス。

では、買い求めたものを紹介していきます。
Atelier3103 (12)

こちらは「枝豆チーズ(300円)」。
Atelier3103 (13)

「レーズン(200円)」。

この2個を私と妻でシェアして食べました。
Atelier3103 (15)

切ってみるとこんな感じです。しっとりとした弾力があって、素材のうま味が感じられたベーグルでした。
Atelier3103 (13)

「白ごまベーコン(300円)」は娘が食べました。
Atelier3103 (11)

「イチジクとクリームチーズ(300円)」は妻が冷凍して、後日食べていました。

これからの冬の時期は外での販売は大変でしょうが、美味しいベーグルを作り続けていただきたいものです。ご馳走様でした。

Atelier3103(アトリエサトミ)
石川県能美市三ツ屋町ト20-5
11:00~15:00
土曜日のみ営業
※売切れ次第終了


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨年秋に、東京池尻大橋の人気のイタリアン「ドン・ジョバンニ」というお店に行ったことをブログで書きました

「ドン・ジョバンニ」は、今日紹介します「イル ボッツォロ」のシェフが修業されていたお店なのですが、今回その報告?を兼ねて、昨年2月以来10か月ぶりにお店を訪問しましたので紹介したいと思います。
イル ボッツォロ

12月初旬の土曜日。師走にもかかわらずいいお天気で、比較的暖かい日でした。

週末のランチは予約が必須のお店で、我々は前日でしたが何とか滑り込みセーフ。

店内は薪ストーブが炊かれていて温かいです。

ランチのメニューです。
イル ボッツォロ (2)

ランチメニューはいつも通りの「プランゾA(税別1,500円)」と、スープとメインが付いた「プランゾ ボッツォロ(税別2,500円)」の2種類。

今回初めて「プランゾ ボッツォロ」を妻が頼んでみました。

「プランゾA」とは千円の違いですが、アンティパスト(前菜)に1品プラスになったり、追加料金のかかるパスタやドリンクでも追加なしok!さらにドルチェにも1品プラスされているなど、「プランゾA」でも相当お得感はあるのですが、「プランゾ ボッツォロ」のほうがもっとおすすめかもしれません。

しかし、メインが肉料理1種類のみの設定だったでパス。私は「プランゾA」にしました。
イル ボッツォロ (7)

まずアンティパスト(前菜)です。毎日の仕入によって内容が変わるのですが、この日は生ハム・ハム・サラミ。フリットの魚は寒サワラ。そしてグリーンサラダと車鯛が一切れ添えられていました。
イル ボッツォロ (8)

妻の頼んだ「プランゾ ボッツォロ」には、ギアラという牛の4番目の胃、別名「赤センマイ」とか「アカセン」とも呼ばれていますが、その煮込み料理がプラスで添えられています。
イル ボッツォロ (10)

「プランゾ ボッツォロ」コースに付いているスープは「小松産カブのポタージュ」でした。イタリアでスープのことをズッパと呼びます。

こちらは「プランゾA」には付いていないのですが、私は追加で頼んでいます。

パスタは、私は「ゴルゴンゾーラとマスカルポーネのクリームソース」。妻は「地物ヤリイカと小松菜のアーリオオーリオ」を頼んで、シェアして食べることにしました。ちゃんと半分ずつに分けて出してくれます。
イル ボッツォロ (13)

「ゴルゴンゾーラとマスカルポーネのクリームソース」はとても濃厚なソースで、両方のチーズの風味をうまくミックスされた味に仕上げてあるのはさすがでした。

ニョッキは少し小さめで柔らかく調理されていました。

そして黒い色のパスタ「地物ヤリイカと小松菜のアーリオオーリオ」が美味しかったです。

パスタはタリオリーニでイカスミが練り込まれています。そしてオリーブオイルに唐辛子を少し多めに辛さと香り付け。ニンニクの風味も効いていて、イカスミの味が引き立つようなソースに仕上げてありました。美味しいです。

妻のメインは「ペポーゾ」というイタリアトスカーナ地方の伝統料理で 「牛ホホ肉のキャンティワイン煮込み」。
イル ボッツォロ (16)

キャンティワインと粒胡椒でじっくり煮込んであります。脂身のない牛肉なら食べられる私も一口食べましたが、牛のホホ肉がとろっとろ。たっぷりかけられたスパイシーなソースが美味しかったです。

添えられている野菜は、ワイルドルッコラとも呼ばれているセルバチコです。ルッコラに似ているのでそう呼ばれていますが、ルッコラとは違う品種です。

あと料理と野菜の下に隠れてよくわからないかもしれませんが、下にはじゃがいもをペーストにしたものが敷かれていました。

パンはいつもの通りトスカーナパンとフォカッチャ。
イル ボッツォロ (9)

トスカーナパンには塩気がないのでスープやパスタ、またはメインの煮込み料理のソースにつけて食べると美味しいです。

最後のドルチェ。私は能美市の有名ブランド「国造(こくぞう)ゆず」を使ったパンナコッタと打越製茶の加賀棒茶ジェラートの2種類。
イル ボッツォロ (18)

「国造(こくぞう)ゆず」は農薬不使用、有機肥料栽培。なかなか手に入りません。
イル ボッツォロ (17)

妻にはクルミの入ったケーキが付いてきました。
イル ボッツォロ (20)

ドリンクは私はコーヒー。
イル ボッツォロ (19)

妻はカフェラテを頼んでいます。

ご主人はバリスタの資格をお持ちなので、ドリンクもおすすめですよ!

今回妻が食べた「プランゾ ボッツォロ」。初めて紹介することが出来ましたが、おすすめメニューです。ご馳走様でした。

イタリア料理 イル ボッツォロ
(iL Bozzolo)
石川県能美市仏大寺2番地
TEL 0761-58-0540
11:30~15:00(L.O.14:00)
ディナーは予約制
月曜休(加えて不定休あり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近中華のお店にあまり行かなくなったことは何度か書いています。

日本で食べる中華料理は、どうしても油をたくさん使った料理というイメージがあって、歳を取って来ると若干敬遠するようになりました。

本場中国では、餃子は油を使わない水餃子が一般的。あと蒸したりする料理も多いのですが、日本では油で調理したものが好まれるためか、油で揚げたり炒めたりすることが多い気がします。

あっ!もちろん日本の中華料理店では、蒸したり湯掻いたりする料理も当然ありますよ。
香林

今日紹介するのは能美市にある「香林」という中華料理屋さんです。いわゆる街中に普通にある中華料理店ですね。

場所は国道8号線の五間堂インターのすぐそば。通りから少し入ってところにあって、少々わかりにくいかもしれません。

平日でも人気なようで、カウンテー席6席?と小上がりの座卓席4つがあって、ほぼ満席になりました。

近くにパチンコDSGがあり、パチンコに来ているお客さんなどが利用するのかもしれません?
香林 (2)

メニューです。ランチ向けの定食やセットメニューはありませんね。しかし単品メニューは値段的にはリーズナブルです。

この中から私は「焼きそば(700円)」を頼むことにしました。

男性一人のかたが調理をこなされていますが、作るスピードが早く、それほど待たずに出されました。
香林 (4)

「焼きそば」は醤油と塩を足して2で割ったようなのような味付けで、小松の塩焼きそばにも似ているような似ていないような感じでした。ニンジンが入っているとより小松塩焼きそばに近くなり、彩り的にもよかったでしょうね!?

麺は小松塩焼きそば若干細めで、味付けは醤油味が少し強めでした。ご飯があってもおかずとしてokな感じでした。
香林 (3)

こちらの、一緒に行った人が頼んだ塩ラーメンは、野菜がたくさん入っていて見た目ボリュームたっぷりです。

カウンターの上に出されるのですが、熱々で器が熱く持てなかったようです。

まぁ、たまには中華料理も食べたほうがいいですね!?ご馳走様でした。

香林
石川県能美市五間堂町戊46-2
0761-57-2855
11:00~14:00
17:00~22:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

普段食べているパン。当然でしょうが世界各国で色々違います。

日本で海外のパンと言えば、フランスなどヨーロッパの国のものが多く売られていると思いますが、一言でヨーロッパと言っても千差万別。そのお国柄が現れているのではないでしょうか?

ドイツパンと言えば、石川では「ジャーマンベーカリー」がその名の通り有名ですが、「ジャーマンベーカリー」も今はドイツパンばかりを作っているわけではなく、まったく日本のパン屋さんそのものになっているような気がします。

そのため本格的なドイツパンはなかなか食べられないと思います。


さて、そんなドイツパンの特徴といえば、酸っぱくて固いパンというイメージを持つかたが多いと思いますが、日本で有名なところではブレッツェル。またクリスマスシーズンにはシュトレンがよく食べられるようになりました。

素材的にはライ麦が多く使われていて、黒っぽいイメージがありますね。

さて、南加賀にもドイツパンを作っているパン屋さんがオープンしました。
BROTRUF (22)

BROTRUF (13)

場所は能美市の辰口丘陵公園や芳珠記念病院の近く。松が岡古墳公園の緑に溶け込むようにして新しい建物が建っています。

店名のBrotは「パン」のこと。Rufは「呼ぶ」とか「声」という意味らしいです。

オーナーの女性はドイツ留学のときに「オーガニック」が生活の中に溶け込んでいることに感動して、その後一旦日本で企業に就職するも、再度ドイツへ行きパン修行を行って帰国。この地で新しくお店を構えるに至りました。

「穀物本来の旨みを活かしたパン作りをモットーに」しているとのことで、乳製品、卵、砂糖を使わないで作られています。これまで南加賀にはなかったお店でうれしいですね。

私は12月7日のオープンの日に行ってきました。
BROTRUF

さすがにオープン当日は多くの人で賑わっていました。11時少し前で7~8人?帰るときは10名以上の順番待ちが出来ていました。
BROTRUF (5)

棚に色々なパンが並んでいましたが、すでに売り切れのパンも。ブレッツェルは残念ながら売切れ。

買い求めたのは、こちらの「Mehrkornbrot(メアコーンブロート)」というドイツ産のオーガニックの小麦とライ麦を使って作るパン。
BROTRUF  (2)

ひまわりの種、白ごま、オートミールなど多種類の穀物が入っていて、まわりにもまぶされていますね。
BROTRUF  (6)

帰りに、シャルキュトリーのお店「ガリビエ」に立ち寄って、このパンに合いそうな生ハムの「スペック」と、「フィノッキオーナ」というサラミ、そしてスモークチーズを買い求めました。
ガリビエ (15)

そして翌朝、これらと一緒に食べました。
BROTRUF  (3)

それと、クリスマスが近いですが、ドレスデンが発祥といわれるドイツのクリスマス菓子でクリスマスの定番「Stollen(シュトレン)」も買っています。

Lサイズは3,500円もしましたが、ラムレーズン、オレンジピール、国造ゆずピール、アーモンドなど色々入っています。
BROTRUF 4

少し熟成させて、クリスマスが近づいたころから少しずつスライスして食べるのが本場の流儀?サイズ的には、Lサイズが必要ですね。
BROTRUF (21)

あと、妻はオープン前のプレオープン時にも行っていて、こちらの「Roggenmond(ロッゲンモント)」を買っています。
BROTRUF (23)

「Roggenmond(ロッゲンモント)」という聞きなれない名前のパンですが、お店でパンに添えられていたのを読むと「ドイツ産オーガニックライ麦70%、オーガニック小麦30%でキャラウェイ(ヒメウイキョウ)が香ります」と書かれています。
BROTRUF (24)

このパンは、家で北イタリアのボローニヤソーセージとデンマークチーズを挟んで食べました。

ヒメウイキョウの元々の香りを知らないので何とも言えませんが、まろやかな酸味があって、このパンも美味しかったです。
BROTRUF (3)

ちなみに妻は、何と!ソフトパンスライサーまで一緒に購入しているのです。^^;

ドイツパンは、南加賀に住んでいる人には少し馴染みがない味かもしれませんが、パン本来の美味しさを味わえるのではないでしょうか?皆さんも是非一度買いに行ってくださいね!ご馳走様でした。

BROTRUF Bio-Backerei(ブロートルーフ ビオベッカライ)
石川県能美市松が岡5-29
TEL 0761-48-4679
9:00~14:00
16:00~18:00
木曜,第3水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ