あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:粟津温泉

加賀市で創創点という住店舗空間のデザインを主体に事業をしているところがあります。

そこの代表が村井くん。

私も昔から知っていますが、彼が今度「村井邦治商店」を立ち上げたということでお邪魔してきました。
村井邦治商店

場所は粟津温泉の総湯の近く、粟津温泉交流広場の前です。
村井邦治商店 (3)

前は「SALON de CAFE トロワ」というアーユルヴェーダマッサージサロン併設のカフェだったところをほぼそのまま利用していますが、置かれているものはだいぶ変わっていました。

「SALON de CAFE トロワ」のときの店舗内容は彼が手掛けているはずです。

ちなみに「SALON de CAFE トロワ」については、こちらで紹介しています

村井くんは個性的な人なのですが、「村井邦治商店」のほうも個性的でした。

Facebookでアップしている内容を模ていると頭髪ヘナ染め・蒟蒻湿布・持ち込み服の藍染め・ベジ寿司など、インスタを見ていると一見脈絡がないようなモノやサービスを展開しています。

そんな中、パンを売っているということがアップされているを見て、毎日売られているわけではないようですが、たまたま土曜日に焼くという情報を得て買いに行くことにしました。
村井邦治商店 (5)

辛うじて、こちらの看板で「村井邦治商店」だと認識できます。
村井邦治商店 (4)

少ないですが、キムチや塩こうじなどが売られていました。

午前中に行ったら、これから焼き始めるということで、ランチを他の用事を済ませて2時間後に再度訪問。

焼き立てを持ち帰った時、車の中は小麦とシナモンの匂いが充満しました。

これが村井くんが「オムくんのパン」と呼んでいたものです。
村井邦治商店 (6)

カンパーニュですが、パン屋さんでよく見るカンパーニュとは少し違います。このドーナッツ型は、パンを焼く時の型の形ですね。

使われている酵母は、福井越前の雄島に古代から棲みついている菌を採取して培養したもので、100時間という長時間発酵させているそうです。

丸いカンパーニュだとスライスして食べますが、ドーナッツ型なので4分の1にカットして、そのまま食べることに。
村井邦治商店 (8)

翌朝食べたら、しっとりもっちりとした食感。小麦の風味が鼻に抜けます。確かに個性的なパンだと思いました。
村井邦治商店 (9)

生ハムとチーズがお供です。

焼いたあと数日間食べ続けるのができるようで、後日食べると味わいが深まっていましたね。

さて、ここは飲食業が本業ではないので、ある意味気まぐれ営業。行かれるときはSNSで情報を把握されてから行った方がいいでしょう。ご馳走様でした。

村井邦治商店
石川県小松市粟津温泉ワ38-3
営業している日時についてはインスタで確認を

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング


かっぱ寿司」といえばコロワイドグループのカッパ・クリエイト株式会社が展開する回転寿司チェーンが有名です。

かつては業界首位でしたが、現在は業界4位。一時経営的にも苦しかったようですが、現在はどうなのでしょう…?

全国に300店舗ほどあるようですが、北陸にはお店がありません。

そんな「かっぱ寿司」と同じ名前の寿司店が粟津温泉の中心街にあります。
かっぱ寿司

昔から営業されていましたが、私はお邪魔するのは今回が初めてでした。
かっぱ寿司 (2)

入口のところに出されていたランチメニューです。
かっぱ寿司 (4)

店内は昔ながらのお寿司屋さんの雰囲気です。

お客さんは温泉客よりも地元の方なのだと思います。

カウンター席と小上がり。奥にも座敷があるのかな?我々は小上がりの席に通されました。
かっぱ寿司 (6)


小上がりのところには宴会メニューが掲示されています。宴会プランはリーズナブルですね。

ランチメニューの中から私が頼んだのは「海鮮ちらし(1,700円)」。
かっぱ寿司 (7)

海鮮ちらしに小鉢と茶碗蒸し、漬物、味噌汁が付いています。この日の小鉢は「ふきと油揚げの炊いたん」。
かっぱ寿司 (11)

茶碗蒸しは少し後から出されました。具がたっぷりで出来立て熱々でした。
かっぱ寿司 (9)

「海鮮ちらし」には10種類ほどのネタが入っていたのかな?
かっぱ寿司 (8)

魚については、トラエビとホタルイカ以外は、こちらの妻が頼んだ「にぎり寿し(1,700円)」のネタと同じような内容でした。
かっぱ寿司 (10)

ネタの下のは海苔が敷かれています。

ボリュームありました。内容的には満足でした。

大手の回転寿司チェーン「かっぱ寿司」と同じ名前の理由に興味あります。ご馳走様でした。

かっぱ寿司
石川県小松市粟津町カ-9-1
TEL 0761-65-1302
11:00~15:00
17:00~23:00
月曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日は小松のパン屋さん2軒の紹介です。

とりあえず私のブログでは、パン屋さんの紹介の場合は、初めてや久しぶりな時は単独で紹介していますが、よく書いているお店については2軒以上一緒に紹介することにしています。その場合は、お店の紹介的な内容は過去書いた内容を参考していただき、買ったパンの紹介を中心に簡単に書いています。

さて、今日紹介する「メティサージュ」と「ひなたパン」。調べたら前回も、こちらの2軒をコンビで紹介していました

まずは粟津温泉の「メティサージュ」。言わずと知れた人気のパン屋さんですね。今回は、2回分を一緒に紹介します。

私のブログでは単独では前回、こちらで紹介しています
メティサージュ

ご存じの方も多いと思いますが、フランス人のゲイトウ・アンデルスさんが経営するお店ですが、ご本人は南米のチリはサンティアゴのメティサージュの支店でパン作りを行っています。
メティサージュ (5)

ポップな店内は、それほど多くのパンが並んでいるわけではありませんが、どれもがおいしそうです。
メティサージュ (12)

今回買い求めたのは、こちらは「パン・オ・グレン(税抜250円)」。
メティサージュ (7)

胡麻・亜麻仁・ひまわりの種・けしの実が入っていて、チリから届いたレシピで作られたと書かれていたので買い求めました。

ゲイトウ・アンデルスさんの香りがするパンです。
メティサージュ (9)

この白いパンは「ブリェ・フロマージュ(税抜290円)」。

クリームとチェダーの2種類のチーズが入った白いパンです。意外としっかりとした食感のパンでした。
メティサージュ (11)

この2個を妻とシェアして食べています。半分に切った写真がこちらです。
メティサージュ (10)

母にはこちらの「ミルクパン(税抜150円)」でした。こちらはソフトなパンです。

この3週間後かな?にも行って買っています。

ちなみに、3月までに買ったり食べたりしたものは、税抜・税込で表記していましたが、これからは基本、税込表記とします。

私は「フガスチョリソ(税込248円)」。
メティサージュ (6)

ピリッと辛いチョリソがアクセントで、もっちりとした食感のフガスと相性ばっちりでした。

妻は「フルーツとヨーグルトクリームのデニッシュ(194円)」。
メティサージュ1 (5)

ドライフルーツとココナッツも入っていたようです。

こちらは、「くるくるパナナ(194円)」。母が食べています。
メティサージュ (4)

バナナクリームとチョコチップが入っています。

やはり安定の味。何を食べてもおいしいですね。ご馳走様でした。

残念ながら閉店になっています。

メティサージュ
石川県小松市粟津町ハ72-1
TEL 0761-65-2399
8:30~18:00
日祝休(不定)

お次は軽海町の「ひなたパン」。こちらも私のブログでは数度登場しています。
ひなたパン

ご存じ料理研究家のしもおきひろこさんの経営で、週末の土日しか営業していないパン屋さんとしても有名です。
ひなたパン (5)

店内にはイートインコーナーがあって、ドリンクを頼んで一緒に飲み食べすることができます。

今回買い求めたのは、こちらは「クルミとチーズのフランスパン(200円)」。
ひなたパン (6)

前回も買っていますね。クルミたっぷりで、しっかりとした食感ながら、しっとりとした口当たりでした。
ひなたパン (9)

半分に切った写真がこちらです。
ひなたパン (7)

こちらは「4種のチーズパン(280円)」。チェダー・クリーム・ナチュラル・プロセスの4種類のチーズが入っています。
ひなたパン (10)

半分に切った写真がこちらです。

母には「ひなたクリームぱん(190円)」。
ひなたパン (8)

このパンだけ「パン」ではなく「ぱん」の表記になっていました。何か意味があるのかな?

こちらも時々言って買い求めたくなるパン屋さんです。ご馳走様でした。

Panetteria ひなたパン
石川県小松市中海町6-216
TEL 080-3744-9898
土・日のみ営業
11:00~17:00
その日のパンが売切れるまで
月~金休(祝祭日も休み)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

小松市粟津温泉にある伝統工芸のテーマパーク「ゆのくにの森」へ久しぶりに行ってきたことは先日書きました

今回、「ゆのくにの森」内でランチを食べたときのことを、改めて書きたいと思います。

陣太鼓
園内をまわる前に腹ごしらえをするために、「ゆのくにの森」の正面入り口入ってすぐのところにある「うどん処 陣太鼓」に入ることに。
陣太鼓 (3)

入口には「小松うどん」を食べさせてくれることが表示されています。

私のブログでは何度も出てきますが、「小松うどん」は、いまから330年ほど前に奥の細道の道中に食べたという記載があるほど、昔から有名なご当地グルメでした。

いまでも小松市内を中心に70軒ほどのお店が「小松うどん」の認定店として、美味しいうどんを提供してくれています。
陣太鼓 (2)

さて、「うどん処 陣太鼓」ですが、伝統工芸のテーマパーク「ゆのくにの森」内ということで、立派な古民家風の建物の中にあります。
陣太鼓 (7)

店内はこんな感じです。
陣太鼓 (6)

メニューです。うどん以外に「チャンピオンカレー」もメニューにありました。
陣太鼓 (8)

この中から私が頼んだのは、源右ェ門という小松市にある豆腐屋さんが作っている大きな油揚げを使った「いなりうどん(940円)」です。値段は少し高めです。

源右ェ門へは私も何度かお邪魔していて、ブログでも紹介しています

「いなりうどん」は意外と早く出てきました。
陣太鼓 (4)

大きな油揚げです。小松うどん認定店の証として、小松市のイメージキャラクター「カブッキー」のイラストが描かれたかまぼこが乗せられています。
陣太鼓 (5)

うどんはこんな感じです。このうどんの細さだと、小松うどんの乾麺を使用していると思いますが、乾麺だと湯掻くのに時間がかかるため、あらかじめある程度の量を湯掻いてあるのではないでしょうか?

ダシはどうでしょうか?お店の位置付けからすると、業務用かもしれません。

でも普通に美味しいので、小松うどんのファンづくりに頑張ってほしいですね。

あと、こちらのお店に来るためには入園料540円必要なのが難点ですか…?ご馳走様でした。

うどん処 陣太鼓
石川県小松市粟津温泉ナ-3-3
 ゆのくにの森内
TEL 0761-65-3456
9:00~16:30
GW、夏季期間は17:00まで
臨時休業あり(詳細はHP)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松市にある温泉地「粟津温泉」。

前は忘年会などでもよく利用していましたが、近年はさっぱり行かなくなりました。^^;

最盛期は多くの温泉客で賑わいましたが、いまは他の温泉地でも見られるように、廃業する温泉旅館が多く一抹の寂しさを覚えます。

さて、そんな粟津温泉ですが、私のブログでは総湯と足湯ぐらいしか記事として残っていりません。

今回、小松市粟津温泉にある伝統工芸のテーマパーク「ゆのくにの森」と「恋人の聖地」に久しぶりに行ってきましたので改めて書きたいと思います。

「ゆのくにの森」へは14年以上ぶりです。^^;

私のブログが始まったころに簡単に紹介したことがあるのですが、その時の内容は削除してしまったようです。
ゆのくにの森

「ゆのくにの森」は、とても広いエリアに茅葺の古民家を移築した建屋がいくつもあって、その中で石川や福井の伝統工芸を体験しながら楽しめるという、いわばテーマパークになっています。入場料金は大人税込540円。昔より安くなったでしょうか??

伝統工芸は九谷焼・山中漆器・加賀友禅・金箔・ガラス・和紙などです。
ゆのくにの森 (2)

こちらは園内のマップ。来園客はやはりインバウンドの方が多かったです。
ゆのくにの森 (12)

「伝統美術の館」では、古九谷の展示などありました。
ゆのくにの森 (15)
ゆのくにの森 (16)

昔のわらぶきの民家ですね。囲炉裏もありました。
ゆのくにの森 (19)

どこかで見たような書体の字。小松市在住のデジタルアーチスト、長谷川章さんの字です。
ゆのくにの森 (18)

こちらの「九谷焼の館」では、九谷のろくろ成形や色絵付けの体験コーナーがありました。
ゆのくにの森 (23)

「山中漆器の館」です。
ゆのくにの森 (26)

「ガラス工芸の館」でも体験できます。
ゆのくにの森 (30)

「和紙の館」でも手漉き和紙の体験コーナーと、そば打ち道場まであります。参加型テーマパークですね。
ゆのくにの森 (32)

「世界の色絵陶磁器ギャリー」です。
ゆのくにの森 (35)

他にもいくつか施設があって、伝統工芸が好きな人は一日居ても飽きないテーマパークかもしれません。

ゆのくにの森
石川県小松市粟津温泉ナ-3-3
TEL 0761-65-3456
9:00~16:30
GW、夏季期間17:00まで
冬期間や年末年始など臨時休業あり(詳細はHPで)

お次は、近年売出し中?の「恋人の聖地」としての粟津温泉です。

粟津温泉では毎年8月の最終木曜~土曜に「おっしょべ祭り」というお祭りが開催されています。

そこで「おっしょべ節」という民謡が謡われ、「おっしょべ踊り大会」が開催されるのですが、その「おっしょべ節」のもととなっているのが「おっしょべ物語」という宿屋の奉公人同士の恋物語なのです。
粟津温泉 (6)

伝承の物語としては珍しくハッピーエンドのお話だということにあやかって、「恋人の聖地プロジェクト」に申請して石川県で最初に認定された場所になったようです。
粟津温泉 (3)

お約束の「愛の南京錠」がたくさんかけられています。
粟津温泉 (5)

そしてこちらが「幸せの鐘」。
粟津温泉 (7)

1回鳴らすと「恋が見つかる」。3回鳴らすと「愛が深まる」。5回鳴らすと「あの頃の想いが蘇る」と書かれています。

恋を成就したい方は是非行ってみてはいかがでしょうか?

あわづ温泉 恋人の聖地
石川県小松市粟津町ル6
TEL 0761-65-1834

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ