あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:粟津温泉

粟津温泉にある旅館に宿泊したのはずいぶん昔になります。

というか、最近は温泉旅館にもあまり行かなくなりました。汗

なぜか、年と共にアーバンなところに行きたい欲求が強くなってきたのです。笑

さて、本題です。

現在、街中のいたるところにコンビニがありますね。また、スーパーやドラッグストアーなどでも、総菜を売っているところがたくさんあります。

私の子供のころは、町内に必ずといっていいほど八百屋さんや魚屋さんがありましたが、総菜として売られているものは少なく、せいぜい煮物でした。それも今のようにパックで売っているのではなく量り売りだった記憶があります。

もちろん、現在でも量り売りで惣菜を売っているところはありますが、コロナ禍を経てそれも少なくなっているかもしれません。

そんな、セルフ型と呼んでいいのかな?のスーパーとして小松で初めて営業を始めたのが、今日紹介する粟津温泉にある「温泉すーぱー」なのです。

私のブログでは基本イートインできるお店を紹介していて、こちらのお店でイートインできるとは知らなかったため、これまで行ったことがありませんでした。
温泉すーぱー (10)

店構えは昔のスーパーらしい雰囲気ですが、「スーパー」がひらがな表記なのがユニークです。
温泉すーぱー (3)

店内に入ると、狭い中に惣菜中心に並べられていました。

惣菜に重点化することで他店と差別化を図っているのでしょう。

そして、お店の一番奥の方の一角がイートインコーナーになっていました。

行った日は地域の人にお弁当を配る日とかで、イートインコーナーはお弁当置き場になっていて、店内飲食は無理かな?と思ってお聞きしたら、少し待ってくださいと言われ待っていると、数分で2席あるカウンター席に案内されました。
温泉すーぱー (5)

メニューです。
温泉すーぱー (6)

ちょうど、行った日の数日前に地元TV局の朝の番組で紹介されていたようです。

私は、この中から、お店では人気メニューだということで「お刺身定食(1,500円)」を頼むことに。
温泉すーぱー (8)

出されたのがこちら。
温泉すーぱー (9)

アジ、マグロ、ホタテ、イカ、甘えび、ヒラメ、昆布締め、カンパチ。そして一番左に見えるのは牛のタタキでした。

スーパーのお店で、このような多くの種類の刺身が食べられるとは意外でした。

惣菜に使う食材として幅広く仕入れているのでしょうね。
温泉すーぱー (2)

あと、定食にはお店に出されている惣菜の中から一品を選んで食べることが出来ました。
温泉すーぱー (7)

こちらにずらりと並んでいる惣菜で、値札が付いていないものは3品で540円ですが、この惣菜の中から選ぶことが出来て私は「わかさぎの南蛮漬け」です。

これ棚にある品以外にも揚げ物などもありました。

ちなみにご飯はお代わり無料。

1,500円という値段は少し高めかもしれませんが、この種類の多い刺身を楽しめるので納得です。

イートインをやっていると知らないと、なかなか入ることはしないと思いますが、一度行かれてみてはいかがでしょう。ご馳走様でした。

温泉すーぱー
石川県小松市粟津町ワ24
TEL 0761-65-2307
9:30~19:00
日曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

小松市にある粟津温泉。

昔は毎年のように粟津温泉の温泉旅館を利用してきましたが、近年は粟津温泉の温泉旅館自体が閉館になっていることろが多く、ほとんど利用していません。

もっとも個人的に温泉旅館を利用すること自体があまりなくなったことが理由としては大きいのですが…。

さて、令和6年能登半島地震が発生して数日後。被災を受けた方々を粟津温泉の旅館が受け入れるといったニュースをみました。

直接このこととは関係がありませんが、ちょうどそんなときに粟津温泉に昨年末にオープンしたカフェに行ってみました。

それは「スマイルカフェ」という名前で、ユニークなのはレンタカー会社「スマイルレンタカー」を併設しているところです。
スマイルカフェ

この場所でレンタカー会社を営業!ということに少し驚きましたが、まずはどんなお店なのか興味を抱き、妻と一緒に出掛けています。

地元新聞に掲載されていた記事を読むと、オーナーの方は大阪の方のようですが、奥さまのご実家が粟津温泉でした。

建物は半透明の波板を使ったシンプルで明るい作り。
スマイルカフェ (6)

内部も同じです。こちらの写真は、入り口を入った所から奥にあるイートインスペースのほうを写しています。
スマイルカフェ (8)

逆にイートインスペース側から写した写真。2階のフリースペースになっていて、そして波板は意外と保温性に優れています。
スマイルカフェ (4)

カウンターでオーダーをして料金を支払うと、呼び出しブザーが渡され、ブザーが鳴るとカウンターまで取りに行きます。
スマイルカフェ (5)

ドリンクメニューです。

私はハーブティーで「レモンジンジャートゥルシー(450円)」という、珍しく「トゥルシー」使ったドリンクがあったので頼んでみることにしました。
スマイルカフェ (11)

「トゥルシー」はホーリーバジルの一種で、ガパオなどのタイ料理にも使われるていることがあります。

風味としては、レモンとジンジャー、そしてトゥルシーが相まって清涼感がとてもあって、ミントのような風味を感じました。
スマイルカフェ (13)

妻のドリンクはコーヒーで「アメリカーノ濃いめ(400円)」でした。
スマイルカフェ (7)

そしてこちらのケースに入っているジェラートを2種類頼んでいます。何れも自家製だそうでシングルは400円、ダブルで500円でした。

こちらは珍しいかな?酒粕を使ったものです。こちらは期間限定で、酒粕は粟津の宮本酒造店のものだそうです。
スマイルカフェ (9)

すごく酒粕の風味というか日本酒の風味と呼んでいいのですが、酒好きの妻が喜んでいました。酒粕なのでアルコールは含んでいません。
スマイルカフェ (10)

もう1種類は加賀市の丸八製茶場の加賀棒茶のジェラート。こちらも加賀棒茶の風味がすごくしました。

さて、粟津温泉エリアの旧旅館の建物は廃墟になったところもたくさんあって、一時の賑わいがなくなってきていますが、このような新しいお店が街の活力につながることを願っています。ご馳走様でした。

スマイルカフェ(スマイルレンタカー)
石川県小松市粟津町ニ61-1
TEL 0761-46-6339
9:00~19:00
火曜・水曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

お久しぶりシリーズです。

粟津温泉街にある「食事処 宮ぞの」を3年ぶりに紹介します。
宮ぞの

前回お邪魔した時のことは、こちらで紹介しています

11時オープンで、この日は次に行きたいところがあったので早めの到着。11時過ぎにお店に入りました。
宮ぞの (7)

カウンター席とテーブル席、そして小上がりの席があります。
宮ぞの (8)

ここは小松うどんの認定店で、うどん以外にも色々なメニューが揃っています。
宮ぞの (5)

麺類。
宮ぞの (4)

ご飯物と定食。
宮ぞの (3)

一品もの。

今回、この中から私が頼んだのは、寒い季節にぴったりな「なべ焼きうどん」です。

私はお店ではそれほど「なべ焼きうどん」を頼むことが無いのですが、この日は気分的にそんな感じでした。
宮ぞの (9)

出されたのがこちら。何と!牛肉が入っていました。汗

牛肉は妻の胃袋へ!そして小松うどんの証であるカブッキーかまぼこが2枚乗せられていました。
宮ぞの (11)

うどんは柔らかめですが、熱々で体が温まりました。

私は前回「あわづ温泉うどん」を食べていますが、今回は妻が頼んでいます。
宮ぞの (10)

こちらが「あわづ温泉うどん」です。

熱々のあんかけうどんで、生姜もたっぷり!こちらも体が温まるうどんでした。

これからまだまだ寒い日が続きますが、そんな時こそ、体が温まるうどんなどいかがでしょう。皆さんも風邪などひかないようにお気をつけてください。ご馳走様でした。

食事処 宮ぞの
石川県小松市粟津町ワ18
TEL 0761-65-1405
11:00~22:30
火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

20数年ほど前は小松市のあわづ温泉にも多くの温泉旅館がありました。

しかしながら1990年代前半のバブル崩壊後の時期から、ライフスタイルや旅行パターンの変化などにより、多くの温泉旅館が廃業の憂き目にあいました。

あわづ温泉の温泉旅館も同様で、一部はいわゆる温泉旅館を再生させる「格安ホテルチェーン」に生まれ変わったりしているところや、そのまま廃業になっていたりしていて温泉街も寂しい状態です。

いまでは、そのようなところを含めて数軒のみが営業されています。

そんなあわづ温泉で、昨年11月に1階を全面リニューアルオープンして、新しい試みを始めているチャレンジングな温泉旅館があります。

それは「喜多八」という、創業から70年近く経とうとする温泉旅館です。

私も昔、あわづ温泉を利用するときは、「喜多八」を利用することが度々ありました。料理が美味しかった記憶があります。

そんな「喜多八」ですが。数年前に現在の旅館のご主人と結婚されて「日本一速く歩く女将」として活躍されているのが、アテネ・北京・ロンドンと競歩で3度のオリンピック出場経験を持つ喜多真裕美さんです。
宿場町カフェ (2)

彼女はパティシエとなることが夢の一つだったようで、その夢をかなえるために女将修行を続けながら勉強され、今回晴れて「喜多八」の1階にカフェをオープンされたのです。

カフェの名前は「宿場町カフェ」。宿泊客でなくても利用できます。

ただ本業の旅館が忙しいときは営業していないこともあるので、インスタページなどで確認されてから行ったほうがいいかもしれません。

私が伺った日も営業していなかったのですが、この時の前もお休み。ネットでも休業の告知などされていなかったため、そのあたりを伝えたら、女将さんが出てこられて、「大丈夫ですよ」と快くオープンしてくださいました。ありがとうございます。
宿場町カフェ (3)

旅館のエントランスはモダンな感じに改装。
宿場町カフェ (4)

1階は昔の純和風の造りからは、まったく変わっていました。
宿場町カフェ (16)

こちらもモダンなインテリアで落ち着いた空間を演出。
宿場町カフェ (10)

小さなスペースですが九谷焼の人間国宝の作品が展示されていて、また、ちょうどお邪魔した時期は「喜多八」独自の「茶碗祭り」が開催されていました。
宿場町カフェ (8)

旅館のフロントのところで、オーダーして料金を支払ってからソファー席に座ります。
宿場町カフェ (12)

お客は我々だけだったので、了解を頂き写真を写しています。
宿場町カフェ (9)

奥のほうにはバーカウンターがあり、夜は宿泊客にアルコールの提供もされているのでしょう。
宿場町カフェ (6)

こちらがカフェメニュー。
宿場町カフェ (5)

パティシエの女将が作ったケーキが並んでいます。

私はめったに頼まないパフェの「あわづパフェ(1,300円)」を頼んでみました。
宿場町カフェ (17)

ソファー席で待っているとネコ型配膳ロボット「ベラボット」が運んできてくれます。このロボット、調べたら1台300万円以上しました!
宿場町カフェ (19)

こちらが「あわづパフェ」ですが、「喜多八」のウリの刺身の舟盛りの舟を模した専用の器が特徴で、その上にご覧の内容のパフェが鎮座しています。
宿場町カフェ (24)

中にはたっぷりのイチゴが使われていて、生アクリームもほど良い甘さで良かったです。
宿場町カフェ (25)

「あわづパフェ」には、あわづ温泉は「恋愛の聖地」として知られているので、「恋みくじ」まで添えられていました。
宿場町カフェ (21)

妻は「ラムレーズンケーキ(600円)」とホットコーヒーのセットで900円を頼んでいます。

カスタードクリームと泡立てた生クリームを合わせたディプロマットクリームが乗せられていて、ラムの風味が効いた大人のケーキでした。
宿場町カフェ (20)

ちなみにホットコーヒーはセルフですがお代わり自由。ソファーに座ってゆったりとした時間を過ごすことが出来ますね。

さて、温泉旅館を取り巻く状況は、コロナ禍を経て益々混迷するかもしれませんが、オリンピックに出たことがある女将の試みに拍手を贈りたいと思います。ご馳走様でした。

宿場町カフェ
石川県小松市井口町ヘ13
あわづ温泉 喜多八
TEL 0761-65-1821
11:00~14:00(L.O.13:30)
水曜休(不定休あり)、喜多八休館日(不定期)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

加賀市で創創点という住店舗空間のデザインを主体に事業をしているところがあります。

そこの代表が村井くん。

私も昔から知っていますが、彼が今度「村井邦治商店」を立ち上げたということでお邪魔してきました。
村井邦治商店

場所は粟津温泉の総湯の近く、粟津温泉交流広場の前です。
村井邦治商店 (3)

前は「SALON de CAFE トロワ」というアーユルヴェーダマッサージサロン併設のカフェだったところをほぼそのまま利用していますが、置かれているものはだいぶ変わっていました。

「SALON de CAFE トロワ」のときの店舗内容は彼が手掛けているはずです。

ちなみに「SALON de CAFE トロワ」については、こちらで紹介しています

村井くんは個性的な人なのですが、「村井邦治商店」のほうも個性的でした。

Facebookでアップしている内容を模ていると頭髪ヘナ染め・蒟蒻湿布・持ち込み服の藍染め・ベジ寿司など、インスタを見ていると一見脈絡がないようなモノやサービスを展開しています。

そんな中、パンを売っているということがアップされているを見て、毎日売られているわけではないようですが、たまたま土曜日に焼くという情報を得て買いに行くことにしました。
村井邦治商店 (5)

辛うじて、こちらの看板で「村井邦治商店」だと認識できます。
村井邦治商店 (4)

少ないですが、キムチや塩こうじなどが売られていました。

午前中に行ったら、これから焼き始めるということで、ランチを他の用事を済ませて2時間後に再度訪問。

焼き立てを持ち帰った時、車の中は小麦とシナモンの匂いが充満しました。

これが村井くんが「オムくんのパン」と呼んでいたものです。
村井邦治商店 (6)

カンパーニュですが、パン屋さんでよく見るカンパーニュとは少し違います。このドーナッツ型は、パンを焼く時の型の形ですね。

使われている酵母は、福井越前の雄島に古代から棲みついている菌を採取して培養したもので、100時間という長時間発酵させているそうです。

丸いカンパーニュだとスライスして食べますが、ドーナッツ型なので4分の1にカットして、そのまま食べることに。
村井邦治商店 (8)

翌朝食べたら、しっとりもっちりとした食感。小麦の風味が鼻に抜けます。確かに個性的なパンだと思いました。
村井邦治商店 (9)

生ハムとチーズがお供です。

焼いたあと数日間食べ続けるのができるようで、後日食べると味わいが深まっていましたね。

さて、ここは飲食業が本業ではないので、ある意味気まぐれ営業。行かれるときはSNSで情報を把握されてから行った方がいいでしょう。ご馳走様でした。

村井邦治商店
石川県小松市粟津温泉ワ38-3
営業している日時についてはインスタで確認を

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ