あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:神泉

小松駅前が、いつの間にか鮨の激戦地になっています。

一昨年にオープンした「鮨 つばき」に続いて、「猫ばし飴屋通り」アーケード街の中に「鮓処 人(JIN)」という新しい鮨店がオープンしました。
お店は、前は「力寿司」だったところを全面リニューアルしています。
ご主人は金沢片町の人気店「鮨処 こいづみ」で修業、というより短期の実地研修とでもいうべき修業をされて独立。カウンター5席、小上がり4席の小さなお店をご主人一人で切り盛りされています。

実は、このお店のことを知ったのは、雑誌「金澤」10月号に「若手が活躍する〈南加賀〉の注目店」というコーナーがあって、その最後のところにお店が紹介されていたのです。

ちなみに「鮨処 こいづみ」では、裏の板場で働いていたそうです。

ご主人は、還暦を迎えてから鮨の道に入った方で、元は能美市役所に勤務されていましたが退職。得意の趣味だった絵を生かすために九谷焼の世界へ。その後、息子さんが経営する会社のお手伝いという期間を経てから今のお店をオープンするという、一風変わった経歴の持ち主でした。

お聞きすると、その息子さんの会社は、いま小松の街に何店舗かの飲食店を展開しているエレファントJAPANグループ

「焼鳥市場」「海の恵みかき処 牡舞蠣」「横浜家系ラーメン 西村家」ほかクラブ系のお店もやっているみたいです。ただし、「鮓処 人」の経営は別だそうです。

最初、「若手が活躍する」と言うコーナーなのに変だな?と思っていたのですが、これで理解できました。^^;

平日のとある記念日に前日に予約を入れて伺いました。

9月1日オープンと言うことで、当然店内はきれいです。

基本お任せで、5,000円、7,000円、9,000円の3つコースが設定されていて、内容の違いは、つまみとしての料理品数と、握りの数が違っています。

今回、我々は7,000円のコースでお願いしました。
鮓処 人 (6)

お店はお一人で切り盛りされているので、生ビールは置いてなく、瓶ビールで乾杯です。「付き出し」として枝豆も出されます。
お店で使用する器類は、ご主人が九谷焼の世界にいた時に作ったもの。なかなかの腕前ですね。
鮓処 人 (38)

ご覧の棚にも作品が飾られていました。
鮓処 人 (8)

この後、「お凌ぎ」としてイクラとウニのミニ丼が出されます。

刺身はキジハタと何だったかな?^^;
山わさびに削り節としょう油で薬味を作って、それで食べさせてくれます。

生ビールの後は日本酒です。それほど多くの銘柄を置いているわけではありませんが、地物の酒を中心に数種類を置いていました。
鮓処 人 (10)

我々はおなじみの「神泉」生酒をまず頼みます。
鮓処 人 (16)

この「茶碗蒸し」は、はまぐりで取ったダシが特徴で、シンプルに、はまぐりの旨みを楽しむことが出来ます。

余分な具材は一切入っていません。ご覧のように大粒のはまぐりが2個入っていました。
「岩もずく」です。しっかりとした食感のある「岩もずく」でした。
味付け「数の子」には、その場で削り節を削ってかけてくれます。
穴子はツメを少し塗って蒸し焼きにされていています。
これは「梅貝」の煮物。コリッとした梅貝の食感を残しながら味がしみていました。

そして握りに移ります。

ご主人は、冒頭書きましたが片町の「鮨処 こいづみ」におられたので、シャリも赤酢を使っていて、ネタにも何らかの仕事がしてある江戸前の鮨を楽しむことが出来ます。

ただし、鮨の世界に入ってまだ間がないことから、握るのを見ていてもまだぎこちない感じがしますが、丁寧に握ってくれているのが伝わってきました。

「鮨処 こいづみ」では、岩塩なども用いていましたが、こちらのお店ではあら塩などお塩はあまり使わないそうです。

握り自体は少し小ぶりで、シャリは若干固めでした。赤酢なので甘さ控えめのさっぱりとした味で食べさせてくれます。
まず出されたのは、キジハタ。関西ではアコウ。高級魚です。
〆サバは塩梅よく〆られていました。
イワシ。
甘えびはねっとりと。
イカの印籠詰め。甘辛く、そして柔らかく仕上がっていました。
ノドグロは皮目を軽く炙って出されます。美味しかったです。
コハダは少し強めの〆具合でした。
中トロ。
煮はまぐりは柔らかく握られているので手渡しでした。
穴子も、柔らかく口の中で溶けます。
最後はかんぴょう巻。栃木産のかんぴょうで甘辛く仕上げられています。
甘えびの頭を使った味噌汁も出されます。

最後にお店を出るときにお土産で、ご主人作の九谷焼の箸置きを頂きました。ありがとうございます。
日本酒は神泉のほか、3種類ほどお願いしたでしょうか?以上を飲み食いして締めて一人1万円弱。コスパはよかったと思います。
まだ鮨の世界に入ってから日が浅いご主人ですが、鮨と向き合う姿勢は素晴らしいと思いました。ご馳走様でした。

鮓処 人
石川県小松市飴屋町20
TEL 0761-46-6915
18:00~26:00(L.O.25:00)
日曜、1・3水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

昔の小松の旦那衆は粋でした。

夜な夜な街に繰り出しては、美味しい酒と肴に舌鼓を打っていました。

そんないい時代があったからこそ、小松の街中には今も割烹や会席、料亭が街のいたるところにあるのです。
割烹つか1さ

さて、そんなお店の中の一軒である「割烹つかさ」。創業してから50年弱経過している老舗です。昨年の初めにランチでお邪魔して、一度ブログでも紹介したことがあります

今回は、会社の仲間と夜飲み会でお邪魔したので紹介したいと思います。

ディナーでの利用で2階のお座敷の部屋でしたが、今の時代は畳の上に座卓ではなく、テーブルにイスというセッティングになっています。

現代人は長時間畳の上に座ることが苦痛になってきたのでしょうね?

今回、コース料理でお願いしています。8品出されました。なお、コース料理は4,000円からとなっています。

では、出されたものを順番に紹介していきます。
割烹つかさ

「先付け」です。枝豆、とうもろこし、鴨肉、海老唐揚げと野菜の煮物。
割烹つかさ (2)

「刺身」は、甘えび、イカ、サワラ、ヒラメ。一般的な内容ですね。
割烹つかさ (3)

「椀物」はしんじょうのおすまし。上品なお味です。
割烹つかさ (4)

「焼き物」は鮭。
割烹つかさ (5)

もう一品ローストビーフも出されました。
割烹つかさ (6)

「蒸し物」は、もち米と豆?を団子にして蒸しあげたものに、うすめの餡がかけられています。
割烹つかさ (8)

「揚げ物」は天ぷら。アスパラ、白魚、かき揚げなど。
割烹つかさ (9)

最後に出された「酢の物」は「うなきゅう」でした。

今回のコースはご飯ものとデザートはなしでお願いしました。そして量より質重視ということもお願いしてあって、一品の量も少な目。個人的にはこんな感じがうれしいです。
割烹つかさ (7)

アルコールは最初は全員生ビールで乾杯。その後、私はハイボール。他の人は焼酎の水割りや日本酒は神泉の生酒を飲んだり、福井の黒龍を飲んだりしました。

以上飲み食いして、締めて一人7,500円ほど。少し飲みすぎだったのかもしれません。^^; ご馳走様でした。

割烹つかさ
石川県小松市東町34-1
TEL 0761-22-0934
11:30~14:00
16:00~22:30(L.O22:00)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

台風一過。いよいよ秋本番です。秋は読書の秋・スポーツの秋・芸術の秋など色々言われますが、やはり食欲の秋でしょう!

実りの秋ということで、色々美味しいものが旬を迎え、美味しくなる季節です。

今日は、そんな秋本番で、ここ3週間ほどで我が家で飲み食いした、諸々美味しいものを紹介していきますね。

まずは、秋の限定酒「ひやおろし」。
ひやおろし (4)

寒い冬に仕込まれた日本酒も、貯蔵桶でひと夏越して調熟させ、いよいよ熟成状態になりました。

9月8日から一斉に発売されています。
ひやおろし (6)

毎度おなじみの小松市にある東酒造まで出かけて「純米大吟醸 穂の香」と「ひやおろし 純米吟醸」の2本を買い求めました。飲み頃になったものを生詰で秋の味覚と共に愉しみまましたよ。
ひやおろし (5)

こちらは「ひやおろし 純米吟醸(720ml税込1,728円)」。お手頃な値段で旬のひやおろしを楽しむことが出来ます。2000本限定ですでに残りわずかだそうです。

ほのかな香りと旨味のひろがる辛口。
ひやおろし (2)

あともう一本は「純米大吟醸 穂の香(720ml税込2,592円)」で、酒造好適米山田錦50%精米の純米大吟醸です。

少し甘く感じるお酒ですが、こちらは食中酒として合いました。ご馳走様でした。

東酒造株式会社
石川県小松市野田町丁35
TEL 0761-22-2301(代表)
    0120-47-2302
平日9:00~17:00
日曜、祝日9:00~17:00(休日の場合あり)
土日祝日は急に休みになる場合があります

お次は、私のブログでも何度も出てきている、能美市のシャルキュトリーのお店「ガリビエ」です。
ガリビエ

毎月1回以上は買いに行きます。
ガリビエ (5)

今回は久しぶりに店内の撮影許可を頂きパチリ。
ガリビエ (3)

ショーケースの中には美味しそうなシャルキュトリーがいっぱい並んでいますね!?
ガリビエ (6)

我が家での定番は、こちらの和風ソーセージ。それと今回は加賀棒茶のを買い求めました。これらはソテーして食べると美味しいです。本当は出来上がったものを写そうと思っていたのですが、うっかりして忘れてしまいました。^^;
ガリビエ (7)

あと、こちらのオリーブを加えたスライスソーセージも買い求めています。

いつもながら美味しくいただくことが出来ました。ご馳走様でした。

シャルキュトリー ガリビエ
石川県能美市徳山町ヤ55-1
TEL 0761-58-2013
10:00~18:00
火曜休

最後の紹介は、小松のベーカリー「ビッケ」のパンです。店名は正式には「セルフィッシュカラー ビッケ」といいます。

今回は妻が買ってきたものです。あまり覚えていませんが、クセで写真を写してしまいます。^^;
ビッケ

私が食べたのは、ハムエッグとポテサラをサンドしてえるハムエッグマフィンです。
ビッケ (2)

開けてみるとこんな感じです。マフィン自体も美味しいのでした。
ビッケ (3)

こちらは妻が食べたものですが、スモークベーコンとバジルのピザトーストです。こちらも美味しそうですね。

我が家は「ビッケ」のパンのファンです。ご馳走様でした。

セルフィッシュカラー ビッケ
石川県小松市若杉町2-84
TEL 0761-21-0122
8:00~19:00(日・祝のみ~18:00)
月曜・第1.3日曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

お久しぶりシリーズといいますか、今回は行ったお店も一緒に行った人たちもお久しぶりでした。
空海

主計町の空海と言えば、昔のお茶屋を改装した居酒屋として、また大将の作る多彩な料理の数々を楽しめるところとしても人気のお店です。

金沢の花街跡として有名な主計町。地元のなじみ客はもちろん、場所柄観光客も多く観光で訪れた方々が大勢やって来るお店なのです。

私も、お店が高岡町にあった20数年以上前から何度か空海にお邪魔していますが、9年前に主計町に移転してからは、今回が約8年半ぶりの訪問になります。
空海 (5)

店内はお茶屋を改造していて落ち着いた雰囲気のお店です。照明もいいですね。2階にも席があったり1階にはカウンター席もあります。
空海 (4)

お久しぶりの大将も眞理さんもお元気でした。お二方ともシャイで顔出しNGだそうです。^^;

この日、東京からの友人に加え、10年以上ぶり?金沢在住の懐かしのメンバー4名で訪れました。

メンバーは昔、ニフィティサーブというパソコン通信仲間で、ビジネスマンフォーラムという、いまのSNSのグループのようなネットコミュニティで知り合ったメンバーです。

この日はGWの谷間の平日だったために、お店はそれほど混雑していませんでした。後から来店してくるお客様は外国人のかたや観光客が多かったです。
空海 (6)

訳あって、乾杯用の最初のビールは小にしました。^^; お通しはナメラの皮の酢の物です。。

それでは頼んだ料理を紹介していきます。

「空海」の料理は、石川県の食材も使った、ちょっと一ひねりしたメニューもあったりして楽しませてくれます。メニューの種類もめちゃ豊富です。ユニークなネーミングのもあってどれを頼むか迷ってしまいます。

そしてどんな内容の料理が出てくるのか楽しみなものも多いと思います。
空海 (9)

これは昔からの定番の「大人のポテトサラダ(500円)」。スパイシーなその名の通りの大人の味です。

あと、サラダを2種類頼んでいます。
空海 (14)

「大根とじゃこのカリカリサラダ(750円)」と、
空海 (16)

「豆腐サラダ(850円)」です。
空海 (13)

「季節の加賀野菜のマリネ(650円)」もほどよく酸味が効いていて美味しかったです。
空海 (11)

「能登豚ベーコン(850円)」は私は食べませんでした。
空海 (12)

「贅沢なタイ風さつま揚げ(650円)」も昔からあるメニューで、エスニックな風味がきいた一品。
空海 (17)

「ブリと茄子のベトナム風(750円)」はニョクマム(ナンプラー)風味の南蛮風の料理ですね?
空海 (10)

これは「タイラ貝のスモーク(650円)」で、私が頼んだハイボールに合います。
空海 (19)

これは何だったかな??
空海 (18)

「麻婆豆腐(850円)」はピリ辛で酒がすすみます。
空海 (15)

お酒は、東酒造「神泉」の生酒、空海オリジナルラベル仕様ほか何種類か頼んでいました。

オリジナリティあふれる料理の数々に、美味しいお酒。懐かしい話も進み、あっという間に時間が過ぎ去ってしまします。

以上、飲み食いして一人4,500円ほどとリーズナブルに済ますことが出来ました。

風情のある空間で落ち着いて仲間と楽しむことが出来ます。遠いのでなかなか行くことが出来ないのが残念です。今度いつ来られるかな?^^; ご馳走様でした。

居酒屋 空海
石川県金沢市主計町3番10号
TEL 076-261-9112
18:00~25:00頃
2Fは23:00まで
日曜・祝日は24:00まで
オーダーストップはクローズの1時間前
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

GWは皆さんどのようにお過ごしでしょうか?

私はGW・お盆・正月など超混雑時は宿泊を伴うような遠出はしません。毎年、近場で過ごします。

今日は、3・4日に行ってきたイベントについて書きたいと思います。
東酒造 (14)

まずは3日。小松市の蔵元「東酒造」で行われた酒蔵解放のイベントです。この酒蔵解放は毎年行われていて、多くの人が訪れます。
東酒造

神泉酒蔵学校、新酒試飲会や普段見ることの出来ない仕込み蔵や国有形文化財の庭園等の見学などがイベントの内容です。
東酒造 (10)

それ以外にも神泉の粕で作った粕汁や甘酒など美味しいものも楽しむことが出来ましたが、私が伺った午後は粕汁は終了していて、残念ながら甘酒のみでした。

甘酒は、その名の通り甘かったです。でも、栄養価も高く体にもいい甘酒。温まりましたよ。
東酒造 (6)

そして先代のご当主とも久しぶりにゆっくりとお話しすることが出来ました。
東酒造 (2)

ちなみにお酒の試飲も当然できたのですが、私は運転手。5種類の美味しい日本酒の試飲は全部妻が美味しく頂きました。^^;

このGWに買い求めた「神泉」は、左はラベルなしですが、数量限定酒の「しぼりたて純米大吟醸生原酒(720ml 2,268円)」。搾ったばかりの「しぼりたて」で、すこしオリが絡んだタイプです。
神泉

右は大吟醸薄にごり酒の「香凜(KARIN)生原酒(720ml 2,268円)」。純米大吟醸のにごり酒です。瓶内発酵でシャンパンのように炭酸が弾けます。飲み口もわやかなにごり酒ですね。
風と緑の学徒音楽祭 (2)

そして4日は金沢でした。毎年行っている音楽イベント「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」を楽しんできました。

この音楽祭は昨年まで「ラ・フォル・ジュルネ金沢」という名前でしたが、「ラ・フォル・ジュルネ」の冠を付けるには色々制約もあるようで、今年はリニューアルされ「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」という名前で再出発を図っています。「金沢ブランドの音楽祭」としてのスタートです。

ちなみに「ラ・フォル・ジュルネ」の音楽祭は今年は東京、新潟、大津(びわ湖)で開催されていまね。

私も毎年行っていて、昨年のことはこちらに書いています

さて、リニューアルした「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」ですが、構成はそれほど大きく変わっていません。
風と緑の学徒音楽祭 (3)

そして、縛りがなくなったからか、ゆるきゃらも新しく登場しています。その名も「ガルガンチュア」。なぜかウーパールーパーを思い出しました。^^;
風と緑の学徒音楽祭 (7)

毎年、大きなテーマに基づき開催されていますが、今年のテーマは「ベートーベン」。交響曲「第1番」から「第九」まで、「皇帝」などピアノ協奏曲5曲、ピアノソナタ32曲の「全曲演奏」などを目玉として、金沢市を中心に無料イベントを含む約170の音楽公演が行われました。
風と緑の学徒音楽祭 (11)

世界的演奏家も出演していましたが、私は毎年、青島広志さん司会のコーナーを聴きに行きます。今回はブラームスの青島広志さんが編集のドイツ民謡集より、司会とピアノ青島広志さん、ソプラノは韓錦玉さん、テノールは小野勉さんの3人の歌と演奏を楽しんできました。
風と緑の学徒音楽祭 (5)

あと、その公演に先立ち、石川県立音楽堂コンサートホールにおいて、ベートーヴェン「コリオラン」序曲と「交響曲 第4番」を、指揮・台湾高雄市交響楽団常任指揮者のチー・チン・ヤンさん。演奏・管弦楽オーケストラ・アンサンブル金沢で聴いてきました。

普段、「交響曲 第4番」は聴く機会がないのと、やはりオーケストラ・アンサンブル金沢の演奏を聴きたいということでチョイスしたのです。

チー・チン・ヤンさんの指揮は安定感のある指揮でしたね。聴きごたえがありましたよ。

音楽会の名前も変わり、再スタートを切った「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」。これからも続けて欲しいものです。

さて、グルメブログなので少しグルメの話題を。

「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」の会場、石川県立音楽堂内のやすらぎ広場でカジマートさんが出店していました。
ミモレット (4)

チーズ工房 ミモレット」がチーズとワインなどをその場で楽しむことが出来ました。
ミモレット (2)

誰かがリンゴのお酒、シードルを飲んでいました。^^;

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ