あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

タグ:神泉

今年のクリスマスは、土日、さらには天皇誕生日とつながっての3連休という非常に恵まれた週末となりました。

皆さんも思い思いのクリスマスを過ごされたのではないかと思います。

我々は今年、金沢に限らず全国でも活躍されています野菜ソムリエのつぐまさんのお宅でのクリスマスパーティに参加させていただきました。

集まったメンバーはいつものメンバーでしたが、つぐまさんの従姉妹のかたも神戸から駆けつけ、いつもながらの関西パワー炸裂の楽しい会になりました。

毎回、チーズの選定はエムザ地下にあるカジマート「チーズ工房ミモレット」のシュヴァリエ デュ タストフロマージュ、村中さんがチョイスしたチーズの数々をメインに楽しみますが、今年は何故かワインではなく日本酒を飲みながら楽しむことに。
つぐまさん (5)

今の時期のメインチーズは毎回「モン・ドール(Mont d'Or)」。ジュラ山脈の高地で放牧される牛の牛乳から作られる柔らかいウォッシュタイプのチーズのことで、熟成したモン・ドールは非常に柔らかく、スプーンですくって食べます。

外周にエピセア(トウヒの一種)の樹皮が巻かれていて、その芳香もモン・ドールの特徴ですが、今年のは少し若い感じでした。でも、美味しかったですよ!
つぐまさん (3)

アンデルセンのバゲッドに乗せて食べます。
つぐまさん (10)

こちらはイギリスの「ポートワインダービー」。その名の通りダービーチーズにポートワインが練りこまれた、ワイン色とアイボリー色の大理石模様が特徴的なチーズです。ワインのフルーティな香りが練りこまれていてなかなか面白いチーズですね。
つぐまさん (8)

他にも色々なチーズを楽しむことが出来て、毎度のことながらついつい食べ過ぎ、飲み過ぎ。^^;

当然料理のほうも色々楽しむことが出来ました。
つぐまさん (2)

この時期に生のとうもろこし!長崎で作られているのですが、今の時期に食べられるとは!さすが野菜ソムリエのつぐまさんです。
つぐまさん (14)

サラダは、摘みたてルッコラのサラダ!すごい瑞々しくて食感最高!美味しかったです。
 
つぐまさん (11)
あと、ニンジンサラダも。

つぐまさんの旦那様が長崎から持ってきてくれた「あじ巻かまぼこ」です。
つぐまさん (21)

昔ながらの製法で化学調味料などやつなぎなど使っていないもので、アジの味がそのまま感じられる逸品でした。
つぐまさん (12)

カルパッチョも美味しかったです。
つぐまさん (20)

これはつぐまさんご夫妻が作ってくれた餃子!モチモチな皮は天狗中田のもの。これも最高のご馳走でした。
つぐまさん (22)

私は食べませんでしたが、神戸の従姉妹の方が持ってきてくれた牛肉と淡路の玉ねぎも美味しかったようです。
 
あと、クリスマスらしくもも肉のフライドチキンもあったのですが、私たちは帰りの電車の都合もあってお土産で持ち帰ることに。
つぐまさん (6)

飲んだ日本酒ですが、私は神泉大吟醸と特別純米吟醸を持っていきましたが、こちらは山形の東北銘醸の「初孫」純米吟醸原酒生もとづくり。それも「おりがらみ生」限定酒です。すごい酒でした!私も初めて飲みました。
つぐまさん (16)

秋田の日の丸醸造の「まんさくの花」巡米吟醸。純米吟醸ではなくこの字をあてていました。ようは毎年酒米を変えているのです。これもある意味凄いことです。

あと、某放送局の方(笑い)が持ってきてくれたのですが、2年前に仕込んだ真物の「農口」なども楽しみましたよ!

いつもいつもの楽しい会、イブの夜は最高の夜でしたね!つぐまさん、いつもありがとうございます。


気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

前にも少し書いたことがありますが、小松の旧市内にはいたるところに寿司店があります。

私の小さいころは、ハレの日には地元の寿司店から寿司桶の出前を頼むのが定番でした。
 
また、親父が酒を飲むところとしても重宝していて、夜にお土産の折に詰められた寿司と一緒に帰ってきたときは大喜びしたものです。

まぁ、これは小松に限ったことではなく、日本の風土・風習とは切って切れない関係にあるのが、寿司だということではないでしょうか?
城北南月

さて、今日は小松の最北部の城北町にある居酒屋風寿司・割烹料理屋のお店「旬炎州到 城北南月」でお盆休みに食べてきたので書きたいと思います。

こちらのお店、前に紹介したことがある小松駅前の「鮨 つばき」が2号店となります。空港や道の駅なのでも最近は鯖寿司などの販売も手掛けているなど幅広く商売をされています。また、大川町にある「南月楼」がルーツという寿司グループと言えるかもしれません。
 
「旬炎州到」はしゅんかしゅうとうと呼ばせます。意味は"旬を大切に""炎のように熱く""みなさんが気軽に集まれる楽しい場所(州)が""ここに到来!"ということらしいです。

さて、お盆の時期は飲食店はどこも書き入れ時です。そんなときに大人数でアラカルトで頼むとヒンシュクを買います。大人しく事前にコースを人数分予約して伺いました。

お店は住宅街にあり、駐車場がすでに一杯で、周辺の道路が駐車禁止ではないためそこに駐車してほしいとのことでした。

我々は2階の座敷に通されますが、宴会が入った時だけ使用するのでしょう?普段は使ってなさそうな感じでした。

コースはお店のWebページでは8品付いた4千円、9品付いた5千円、10品付いた6千円(税別)の3種類があり、我々は真ん中の5千円のコースを事前にお願いしてありました。
城北南月 (2)

まず出されたのは、アジ南蛮。
城北南月 (3)

お造りはガンド、マグロ、生タコ、赤いか。お盆の混雑期、そして底引き漁が禁漁期間なので、あまりネタ的には多くは望めません。
城北南月 (4)

こちらはイカの真丈で、梅肉が乗せられていました。酢の物代わりでしょうか?
城北南月 (6)

蒸し物はアサリの酒蒸しですが、何と!混んでいてレンゲがないということで、4人分を取り分けられなくて、なかなか食べることが出来ませんでした。^^;
城北南月 (8)

焼き物は鮎。いい季節です。焼きの塩梅もよろしく頭からガブリといけました。
城北南月 (11)

揚げ物は天ぷらで、キス、ミョウガ、しし唐。
城北南月 (12)

最後は握りです。マグロ、イカ、イクラ、アナゴ、サワラ(カジキ)?

小ぶりな握りでした。まぁ、飲み食いした後はこの方がありがたいかもしれません。
城北南月 (13)

お吸い物はあおさです。
城北南月 (14)

デザートはスイカでした。甘かったです。

う~ん、写真を整理して気づきましたが、出されたのは8品です。お盆なので構成が変わっていたのでしょうか?

まぁ、内容的にはこれで5千円でも十分納得できるものでしたよ。
城北南月 (5)

酒は生ビールの後、神泉の生冷酒、手取川の生酒などを頼みました。
城北南月 (7)

お盆の超多忙期ということもあり、サービス面では少々ありましたが、まぁ、板場もサービスの方も大忙しだったのがわかるのでやむを得ないかもしれません。料理はおいしかったです。ご馳走様でした。

旬炎州到 城北南月
TEL 050-5570-3648(予約専用)
TEL 0761-24-0372(問合せ専用)
石川県小松市城北町70
17:00~22:30(L.O)
水曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

6月、梅雨に入りだんだんと湿度も高くなってきたが、雨はそれほど日中に降ることが少なかった。

恒例の未公開編。まず最初はオーケストラアンサンブル金沢の小松定期公演について。
photo

6月24日の夜。小松芸術劇場うららにおいて、春の定期公演が開催された。オーケストラアンサンブル金沢の小松定期公演は初めてだった。

共演は、ソプラノ歌手の木村綾子さん、テノールは笛田さん、バリトンは小林さん。

その中のソプラノ歌手の木村綾子さんとは、GWの「ラフォルジュルネ金沢」でも、一緒に写真に写ったご縁もあって、今回の小松公演を聴きに行くことにしたのだ。

指揮は柳澤寿男氏で、お父さまが小松に本社があるとある会社ともご縁があるようだ。
アンサンブル金沢 (2)

今回の公演は歌劇(オペラ)がテーマ。千住明氏の歌劇「滝の白糸」は、金沢の文豪、泉鏡花の小説「義血侠血」を原作としている。またプッチーニの「蝶々夫人」、ビゼーの「カルメン」、ヴェルディの「椿姫」などおなじみの曲を中心に演奏と歌を聴くことが出来た。

オペラ歌手に限らずだが本物はやはり生で聴くに限る。もちろん、オーケストラアンサンブル金沢の演奏も素晴らしかった。

お次は、6月9日のロックの日に金沢に一部エリアが無料オープンした「ロックの殿堂ジャパンミュージアム」について。
ロックミュージアム

「ロックの殿堂ジャパンミュージアム」は、米オハイオ州にある本家のミュージアムの日本版で、アメリカを除いては初の進出となる。

石川県にはロックミュージックのイメージはあまりないと思うが、石川県の「石川県観光ブランドプロデューサー」であるユーミンこと松任谷由美さん肝入りでの誘致となったようだ。

場所は、金沢21世紀美術館にもほど近く、旧うつのみや柿木畠本店が入っていたビルを丸ごと改装して作る予定のミュージアムである。
ロックミュージアム (4)

いまはプレオープンということで、1階のエントランスとお土産コーナー、4階の特設コーナーのみ見ることが出来る。
ロックミュージアム (2)

装飾品や内容デザインで、至るところにギターの造形やイラストが描かれている。
ロックミュージアム (8)

ギターのペイントがされたエレベーターで4階に上がると、レコードジャケットが展示されている。これは、金沢工業大学のライブラリーにあるものを展示しているようで、私も中学から大学卒業後、社会人になってからも10年ほどは洋楽ファンだったので、本当に懐かしい。
ロックミュージアム (6)

グランドオープンは8月の予定となっている。

どんな内容になるのか、ファンも待ち遠しいのではないだろうか?

ロックの殿堂ミュージアムジャパン
石川県金沢市広坂1-1-30(旧うつのみや書店ビル)
無料一般公開中(1F MUSIC SHOP、4F MUSIC EVENTのみ)
4F イベントスペース10:00~18:00
1F ショップ    10:00~19:00
水曜休

最後は小松市の酒蔵、東酒造の夏の酒の紹介である。
神泉

写真の左側が新発売された純米吟醸生。日本酒の瓶とは違うデザインで夏らしいボトルである。、

右は期間限定の純米大吟醸の無濾過生原酒。神泉の純米大吟醸は私の一番好きな銘柄である。

初めて飲んだ純米吟醸生は、夏用の冷酒で、石川県産の酒造好適米「石川門」を100%使用している純米吟醸酒。税込で1,296円とお手頃の値段設定である。

一切、加熱処理していない珍しいお酒で、少し甘味を感じるすっきりした味わいでした。
 
皆さんも一度どうぞ!

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング       

このページのトップヘ