あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:神泉

今日紹介します「鉄板酒房まいどおおきに」。この1月に4周年を迎えられたようです。

お隣にあったうどん屋さんの「中久亭」は、いつの間にか閉店され、いまは駐車場になっていたりします。後継者がいないという理由ですが、飲食店も栄枯盛衰ですね。
まいどおおきに

お店の場所は、元々は金沢の人気の鮨店「志の助」さんが営業されていたことろで、その後も一軒鮨屋さんが入っていましたが、残念ながら2~3年ほどでやめられています。
まいどおおきに (14)

その後を、ほぼ居抜きで、一部鉄板焼仕様に変えて使われていますが、内装は「志の助」のときの雰囲気がだいぶ残っていて懐かしい感じがしました。

「鉄板酒房まいどおおきに」のご主人は、惜しまれつつ数年前に閉店された小松の「炉ばた焼 弥衛門」で働いておられた方でした。

あと、「京ちゃばな」という関西を中心に全国にもお店を持つ、お好み焼き鉄板焼のお店でも働いていて、「鉄板酒房まいどおおきに」はこの時のスキルが役に立っているようです。

「京ちゃばな」については、私も大阪に住んでいるときに一度行ったことがあります

ご実家で作られている野菜などを使って作られる鉄板焼ですが、そういえば意外と小松はお好み焼きのお店は色々ありますが鉄板焼のジャンルでは、そんなにお店がないような気がしました。

とはいいつつ、メニューではお好み焼きや焼きそばメニューが多かったです。お値段はリーズナブルでした。
まいどおおきに (2)

まずは、生ビールで乾杯。私は小、妻は中です。
まいどおおきに (3)

スパゲッティサラダ。お通しです。

まず頼んだのはスピードメニューの中にあった、こちらの「本日の魚とキムチのユッケ風(650円)」。
まいどおおきに (6)

確かにすぐに出されました。ピリ辛で生ビールに合います。

そしてお店の人気メニューの一つ「山海焼き」を頼みます。
まいどおおきに (8)

海の海老とイカ、山のえのき茸とベーコンを、長芋と出汁で合わせて鉄板で焼いたものですね。

とろろにたまごを崩して混ぜて食べると、山海の滋味を美味しくいただくことが出来ました。
まいどおおきに (7)

次に頼んだ神泉の生酒にも合います。
まいどおおきに (10)

妻のリクエストで「ひと口ステーキ(1,000円)」。私も普段は肉は食べないのですが、少し食べてみました。ガーリックがきいています。
まいどおおきに (11)

最後の〆に頼んだのは「黒(和ソバ)」。蕎麦を使った焼きそば(600円)です。具はキャベツと豚肉。麺は袋入りの茹で麺でした。
まいどおおきに (12)

これはご主人が関西で働いていた「京ちゃばな」にあったメニューですね。下の写真はその時のものです。
京ちゃばな 011

アルコールはハイボールに変更しています。
まいどおおきに (9)

今回は、イベントで少し飲み食いしてきた後だったので、お腹もふくれてきて、この辺で打ち止め。

以上、飲み食いして締めて6,500円ほど。コスパはいいですね。そうそう!多分この記事がアップされているころに月・火・水限定のランチ営業を再開されるようです。ご馳走様でした。

鉄板酒房まいどおおきに
石川県小松市栄町13ー1
TEL 0761-58-0768
17:30~25:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

まだまだ2月に行ったお店の紹介は続きますが、今日は2月未公開編です。

まず最初は、今年も新酒の季節がやってきました。

いつも新酒を搾る季節になると、お邪魔するのが小松市野田の東酒造さんです。

今回、大雪が降った週の日曜日に伺いました。
神泉 (16)

造り酒屋である東酒造には広い敷地があります。その敷地内にはたくさんの除雪された雪がうずたかく積み上げられていました。

聞けば、今回の大雪で物流も大変らしく、ちょうど新酒の瓶詰作業が最盛期になっているので、その酒瓶が届かなくて冷や冷やされていました。

せっかくなので少し絞りの様子を見学させてもらうことに。
神泉 (6)

この部屋は大吟醸の醸造をしている部屋です。
神泉 (7)

タンク内はぶくぶく発酵していますね。
神泉 (9)

今年は寒いので、逆に発酵を促進するために温められているタンクもあります。
神泉 (10)

あと、こちらは大吟醸が袋吊りで搾られていました。品評会用の酒だそうです。
神泉 (13)

これは自動圧搾ろ過機です。

で、買い求めたのはこちらのしぼりたて神泉3種類。
神泉 (19)

「たれくち」「しぼりたてにごり酒」「しのりたて吟醸」です。

しぼりたてはワインで言えばボージョレヌーボーのようなもの。季節ものですね。
神泉1

「しぼりたてにごり酒」は、シャンパーニュのように、まだ発酵を継続している状態の酒を瓶に詰めてあるので、開けるときは注意が必要です。
神泉 (18)

このような取説まで付けられているほどです。

炭酸が弾けるピチピチした口当たりで、ほのかな甘みもありますが、若いので酸味が勝っています。毎年この季節限定のお酒ですぐに売り切れてしまいます。人気のにごり酒です。

注:もうすでに売り切れだそうです。

お次は長野に行った時に買ってきた「信州サーモンのアヒージョ」。
長野 (3)

佐久市の清流。大石川で育った信州サーモンを、「幻のきのこ」ともいわれている「はくれい茸」というキノコ、オリーブオイル、ニンニクと一緒に煮込んだものです。

最後の話題は、久しぶりにANAのプレミアムクラスを利用しました。
ANA (2)

貯まっていたアップグレードポイントを使用してのことです。

羽田発小松行は飛行時間が短く、プレミアムクラスのサービスも慌ただしく行われます。
ANA (3)

上空に上がってシートベルトサインが消されると、飲み物より先に、こちらの食事が出されました。
ANA (4)

その後、飲み物のチョイスを聞かれ、こちらのスパークリングワインをお願いしました。

ANA (5)
この日は日帰りで、行きの東京行のJAL便が関東の雪の影響(実際は羽田はほとんど降っていませんでした)で欠航になったため車の運転をしなくてよくなったので、ラウンジでも機内でもアルコールを飲むことが出来ました。それで元が取れました!

夕食のお弁当は、「らかん亭」という目黒の精進料理のお店が監修しています。

らかん亭は目黒にある天恩山五百羅漢寺境内にあり、各宗派にとらわれない、新しい精進料理を創りたいとの思いで、現在の精進料理を創り出していると書かれていました。

まぁ、いくら有名店が監修したとはいえ、冬に冷たいままの料理では、それほど美味しいと言えるほどではありません。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

12月に入り、忘年会シーズン真っ只中です。
まる。

昨年に忘年会のときにお邪魔した小松市「すし処 まる。」に、今年も忘年会シーズン前にお邪魔してきました。
まる。 (12)

今回は芦屋に住む友人が、11月の松竹歌舞伎の小松公演にわざわざ東京経由で観に来てくれたので、その公演後、一緒に美味しい日本海の海の幸を食べに行ったのです。

彼は、小松に来る前に東京でも歌舞伎を一本観てくるという大の歌舞伎好きなのですが、美味しいお酒と料理にも目がないのです。

土曜日だったので、だいぶ前に予約を入れ、また悪天候で香箱ガニが無かったら大変なので、そちらも予約をしてありました。

ここは、いつも「カウンター席でお願いします」と伝えてあるのですが、何故か、毎回小上がりの席に変えられています。

昨年もそうだったのですが、残念ながらカウンター席がその時は3名分の空きがなく、泣く泣く小上がりの席に座りましたが、今回も同じように小上がりの席に変えられていました。^^;

目ざとくカウンター席に4名ほどの空きがあったので、すぐに変更してもらって事なきを得ました。

たぶん、お店側としては親切でそうしてくれているのだと思いますが、個人的には「鮨はカウンターで!」ということを決めているので、ここは譲るわけにはいきません。(笑い)
まる。 (2)

ということで、無事カウンター席に座り、まずは生ビールで乾杯です。

「すし処 まる。」のご主人は釣りが趣味、いや実益!?釣った魚もお店で出してくれます。それに釣り仲間のネットワークもあるので、旬の新鮮な魚を安く出してくれるのです。
まる。 (3)

この突き出しもそうでした。

そして遠来の客人には、まず新鮮な刺身を!
まる。 (4)

「すし処 まる。」では、カウンターに座ると、こんな感じで一切れずつ多くの種類を出してくれます。このライブ感がいいんです。

トロはもちろん、寒ブリ、サバ、サワラ(メジマグロ)、ガンドも脂が乗って美味しかったです。
まる。 (5)

最後にノドグロも炙って出されました。ノドグロは炙るとより美味しくなります。
まる。 (7)

こちらは予約の時にお願いしてあった香箱ガニ。大将もいいのがあったと言っていましたが、内子の量もたっぷりでで、友人も喜んでいました。
まる。 (9)

寒い季節が旬の「タラの白子」。プリンとした食感で、もみじおろしが効いて美味しい!
まる。 (10)

「牡蠣の昆布焼き」は、昆布を敷いてその上に牡蠣を乗せ焼いてあります。昆布の旨みが牡蠣に乗り移って、これまた美味ですね。日本酒に最高です。

この後、握りに移ります。
まる。 (15)

まずはナメラ。キジハタですね。関西では「アコウ鯛」です。
まる。 (17)

アオリイカも甘みが十分あって美味しい!
まる。 (18)

ノドグロは炙りです。
まる。 (19)

寒ブリはおろし醤油を乗せて。脂が乗っています。
まる。 (21)

マグロはトロ。大トロのように脂が乗っていました。
まる。 (22)

カワハギは、本カワハギで、ウマヅラハギとは違います。本来旬は夏なのですが、秋から初冬にかけては肝が大きくなり、第2の純の時期とも言われる魚です。

その肝がはさんであって脂も乗っていい旨さです。こちらは釣り仲間から仕入れたようです。
まる。 (23)

最後に北海道産のウニをお願いして終了。
まる。 (20)

あら汁も出してくれました。

最後にお酒のほうも紹介しておきます。
まる。 (8)

全部写真を写したわけではないのですが、まずは神泉の生酒。
まる。 (11)

その後も、立山、神泉大吟醸など色々な日本酒を2合ずつ頼みました。

いや~、美味しい料理と鮨、そしてお酒に3人とも満足満足です。

以上締めて一人1万円強でした。何と、この日は友人がご馳走してくれました。

こちらに来た時に色々アテンドしていたからかな?もちろん、この料理の内容も気に入ってくれたこともあるのかもしれません。もちろん、2次会でお返しということで次のお店に向かいます。ご馳走様でした。

すし処 まる。
TEL 0761-23-1003
石川県小松市東町56
17:00~翌1:00
木曜日・第2水曜日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松駅前が、いつの間にか鮨の激戦地になっています。

一昨年にオープンした「鮨 つばき」に続いて、「猫ばし飴屋通り」アーケード街の中に「鮓処 人(JIN)」という新しい鮨店がオープンしました。
お店は、前は「力寿司」だったところを全面リニューアルしています。
ご主人は金沢片町の人気店「鮨処 こいづみ」で修業、というより短期の実地研修とでもいうべき修業をされて独立。カウンター5席、小上がり4席の小さなお店をご主人一人で切り盛りされています。

実は、このお店のことを知ったのは、雑誌「金澤」10月号に「若手が活躍する〈南加賀〉の注目店」というコーナーがあって、その最後のところにお店が紹介されていたのです。

ちなみに「鮨処 こいづみ」では、裏の板場で働いていたそうです。

ご主人は、還暦を迎えてから鮨の道に入った方で、元は能美市役所に勤務されていましたが退職。得意の趣味だった絵を生かすために九谷焼の世界へ。その後、息子さんが経営する会社のお手伝いという期間を経てから今のお店をオープンするという、一風変わった経歴の持ち主でした。

お聞きすると、その息子さんの会社は、いま小松の街に何店舗かの飲食店を展開しているエレファントJAPANグループ

「焼鳥市場」「海の恵みかき処 牡舞蠣」「横浜家系ラーメン 西村家」ほかクラブ系のお店もやっているみたいです。ただし、「鮓処 人」の経営は別だそうです。

最初、「若手が活躍する」と言うコーナーなのに変だな?と思っていたのですが、これで理解できました。^^;

平日のとある記念日に前日に予約を入れて伺いました。

9月1日オープンと言うことで、当然店内はきれいです。

基本お任せで、5,000円、7,000円、9,000円の3つコースが設定されていて、内容の違いは、つまみとしての料理品数と、握りの数が違っています。

今回、我々は7,000円のコースでお願いしました。
鮓処 人 (6)

お店はお一人で切り盛りされているので、生ビールは置いてなく、瓶ビールで乾杯です。「付き出し」として枝豆も出されます。
お店で使用する器類は、ご主人が九谷焼の世界にいた時に作ったもの。なかなかの腕前ですね。
鮓処 人 (38)

ご覧の棚にも作品が飾られていました。
鮓処 人 (8)

この後、「お凌ぎ」としてイクラとウニのミニ丼が出されます。

刺身はキジハタと何だったかな?^^;
山わさびに削り節としょう油で薬味を作って、それで食べさせてくれます。

生ビールの後は日本酒です。それほど多くの銘柄を置いているわけではありませんが、地物の酒を中心に数種類を置いていました。
鮓処 人 (10)

我々はおなじみの「神泉」生酒をまず頼みます。
鮓処 人 (16)

この「茶碗蒸し」は、はまぐりで取ったダシが特徴で、シンプルに、はまぐりの旨みを楽しむことが出来ます。

余分な具材は一切入っていません。ご覧のように大粒のはまぐりが2個入っていました。
「岩もずく」です。しっかりとした食感のある「岩もずく」でした。
味付け「数の子」には、その場で削り節を削ってかけてくれます。
穴子はツメを少し塗って蒸し焼きにされていています。
これは「梅貝」の煮物。コリッとした梅貝の食感を残しながら味がしみていました。

そして握りに移ります。

ご主人は、冒頭書きましたが片町の「鮨処 こいづみ」におられたので、シャリも赤酢を使っていて、ネタにも何らかの仕事がしてある江戸前の鮨を楽しむことが出来ます。

ただし、鮨の世界に入ってまだ間がないことから、握るのを見ていてもまだぎこちない感じがしますが、丁寧に握ってくれているのが伝わってきました。

「鮨処 こいづみ」では、岩塩なども用いていましたが、こちらのお店ではあら塩などお塩はあまり使わないそうです。

握り自体は少し小ぶりで、シャリは若干固めでした。赤酢なので甘さ控えめのさっぱりとした味で食べさせてくれます。
まず出されたのは、キジハタ。関西ではアコウ。高級魚です。
〆サバは塩梅よく〆られていました。
イワシ。
甘えびはねっとりと。
イカの印籠詰め。甘辛く、そして柔らかく仕上がっていました。
ノドグロは皮目を軽く炙って出されます。美味しかったです。
コハダは少し強めの〆具合でした。
中トロ。
煮はまぐりは柔らかく握られているので手渡しでした。
穴子も、柔らかく口の中で溶けます。
最後はかんぴょう巻。栃木産のかんぴょうで甘辛く仕上げられています。
甘えびの頭を使った味噌汁も出されます。

最後にお店を出るときにお土産で、ご主人作の九谷焼の箸置きを頂きました。ありがとうございます。
日本酒は神泉のほか、3種類ほどお願いしたでしょうか?以上を飲み食いして締めて一人1万円弱。コスパはよかったと思います。
まだ鮨の世界に入ってから日が浅いご主人ですが、鮨と向き合う姿勢は素晴らしいと思いました。ご馳走様でした。

鮓処 人
石川県小松市飴屋町20
TEL 0761-46-6515
18:00~26:00(L.O.25:00)
日曜、1・3水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

昔の小松の旦那衆は粋でした。

夜な夜な街に繰り出しては、美味しい酒と肴に舌鼓を打っていました。

そんないい時代があったからこそ、小松の街中には今も割烹や会席、料亭が街のいたるところにあるのです。
割烹つか1さ

さて、そんなお店の中の一軒である「割烹つかさ」。創業してから50年弱経過している老舗です。昨年の初めにランチでお邪魔して、一度ブログでも紹介したことがあります

今回は、会社の仲間と夜飲み会でお邪魔したので紹介したいと思います。

ディナーでの利用で2階のお座敷の部屋でしたが、今の時代は畳の上に座卓ではなく、テーブルにイスというセッティングになっています。

現代人は長時間畳の上に座ることが苦痛になってきたのでしょうね?

今回、コース料理でお願いしています。8品出されました。なお、コース料理は4,000円からとなっています。

では、出されたものを順番に紹介していきます。
割烹つかさ

「先付け」です。枝豆、とうもろこし、鴨肉、海老唐揚げと野菜の煮物。
割烹つかさ (2)

「刺身」は、甘えび、イカ、サワラ、ヒラメ。一般的な内容ですね。
割烹つかさ (3)

「椀物」はしんじょうのおすまし。上品なお味です。
割烹つかさ (4)

「焼き物」は鮭。
割烹つかさ (5)

もう一品ローストビーフも出されました。
割烹つかさ (6)

「蒸し物」は、もち米と豆?を団子にして蒸しあげたものに、うすめの餡がかけられています。
割烹つかさ (8)

「揚げ物」は天ぷら。アスパラ、白魚、かき揚げなど。
割烹つかさ (9)

最後に出された「酢の物」は「うなきゅう」でした。

今回のコースはご飯ものとデザートはなしでお願いしました。そして量より質重視ということもお願いしてあって、一品の量も少な目。個人的にはこんな感じがうれしいです。
割烹つかさ (7)

アルコールは最初は全員生ビールで乾杯。その後、私はハイボール。他の人は焼酎の水割りや日本酒は神泉の生酒を飲んだり、福井の黒龍を飲んだりしました。

以上飲み食いして、締めて一人7,500円ほど。少し飲みすぎだったのかもしれません。^^; ご馳走様でした。

割烹つかさ
石川県小松市東町34-1
TEL 0761-22-0934
11:30~14:00
16:00~22:30(L.O22:00)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ