あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:神保町

神保町はカレーの激戦地です。

神保町のカレーのお店については私のブログでもこれまでにいろいろ紹介してきました。

一口に神保町のカレーと言っても、金沢カレーのように、一定の決まりごとがあるわけではありません。

私も有名どころは大体行っています。


欧風カレーから本格的なインドカレー、日本的なカレーまで各お店のオリジナルな味を楽しめます。本当に多種多彩。数日でも飽きずに楽しめます。さすが大都会東京!違います。
共栄堂

そんな神保町で「スマトラカレー共栄堂」は、大正13年の創業以外、この界隈では押しも押されもせぬ人気店。いわゆる御三家みたいなお店で、この界隈でも一番古くからカレーを提供しているところとして有名です。大正13年の創業というから凄いですね。
共栄堂 (10)

スマトラといえばインドネシアの島の名前ですが、スマトラカレーは過去に食べたこのないカレーで、どんなカレーなのか興味深々です。
共栄堂 (4)

そんな有名店なので人気なのは当たり前です。早めの時間に伺います。11:40頃でしたが、すでに店内は多くの人が食べていました。

この時間ではすぐ座ることが出来ましたが、12時前には順番待ちが出来ていました。
共栄堂 (6)

メニューはこんな感じです。

肉系のが多いですね!?私は必然的?に「エビカレー(1,350円)」となります。
共栄堂 (2)

最初にポタージュスープが出されます。優しい味のスープで、カレーの辛さを和らげてくれそうです
共栄堂 (7)

その後カレーが出されますが、ここのカレーはやはりルーに特徴があります。

黒濃色のソースは、小麦粉を一切使っていないのでサラッとしています。スープカレーのような感じでもあります。
共栄堂 (8)

当然口当たりもサラッとしたカレーで、最初は甘く感じて、後で上品な辛さがきます。

26種類の香辛料と、形のなくなるまで煮込んだ野菜がベースで、エビカレーの場合はエビの風味も入っています。

そしてエビのほうはといえば、白ワイン・バター・スパイスで味付けられていて、プリッとした食感とも相まって美味しい仕上がりでした。エビ好きな日本人にマッチしたカレーですね。
共栄堂 (9)

私は写真撮影のためもあって、最初にライスに全部かけてしまいましたが、この食べ方は失敗だったかもしれません。スープカレーのように、ライスをスプーンですくって、ルーの中に舌して食べたほうが美味しいかもしれません。
共栄堂 (3)

次回、もし行く機会があればそうしたいと思います。

考えていたより特徴のあるカレーで、病み付きになる人は多いと思いました。ご馳走様でした。

スマトラカレー共栄堂
東京都千代田区神田神保町1-6
 神保町サンビルディングB1F
TEL 03-3291-1475
11:00~20:00(L.O.19:45)
日曜休(祝日は不定休)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

神田神保町は色々な飲食店が混在している街です。

学生が多いこともあって、カレーやラーメンのお店はもちろん、昔ながらの和食のお店もあったりして食の面でも楽しい街だと思います。

どちらかといえば、高級店よりリーズナブルに食べることが出来るお店が多いかもしれません。

さて、今日紹介します神保町の西神田にある「日本料理 花家」。

お店の冠に「日本料理」という文字が付いていると、普通は高級なお店と思ってしまいますが、そんなお店でもお昼は意外とお値段安く済ますことが出来るところも多く、こちらの花家さんも、そんなお店の一つです。

昭和45年創業ということで、50年近くこの地(一度移転されているらしい)で営業されている和食のお店です。

夜の営業では、どのような価格帯なのかは私も知りませんが、お昼のランチはすべて1,000円(税抜)という設定で、リーズナブルに本格和食の味を楽しむことが出来るのです。
花家 (2)

お店は西神田の少し路地裏に入った雑居ビルの地下にあります。

階段を下りて扉を開けて中に入ると、やはり和食の店らしい落ち着いた空間がそこにありました。
花家 (3)

L字型のカウンター席が11席。個室も何部屋かあるようです。早めの時間帯だったので先客は1組2名のみ。

そしてこの日のランチメニューがこちら。4種類です。たぶん、日によってそんなに変わらないのだと思います。
花家

私はその中から「さわら照焼」をお願いすることにしました。お勧めだそうです。
花家 (4)

注文してから2分ほどで出されました。あらかじめ見込みで調理をしてあるのでしょうね?まぁ、東京という場所でこの値段だとやむを得ないですね。
花家 (7)

メインのさわら以外に厚めの玉子焼きが添えられています。

さわらは焼きたてではないものの、身もしっかりしていてまずまず。そして甘めの味付けながら分厚い玉子焼きが食べ応えありました。

あと小鉢として、左からとろろ・おから・白菜の浅漬けが付いてきます。。

とろろは量的には少なかったですが、ご飯がすすみました。

ご飯のボリュームもあり、お腹いっぱいになったので少し残さざる得ないほど。ごめんなさい。

一緒に行った人が頼んだのはカキフライでした。
花家 (6)

6個も付いていましたが、こちらのほうもあらかじめ作ってあったので、すぐに出されました。美味しかったそうです。

お店には入ってから30分ほどで食べてお店を出ました。東京は、こんなお店でもランチタイムはスピードが必要です。回転率勝負なのでしょうね?ご馳走様でした。

日本料理 花家(はなや)
東京都千代田区西神田2-1-6
 佐藤ビル B1F
TEL 03-3556-6344
11:30~14:00
17:00~22:00
土・日・祝休(土曜日は10名以上で予約営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

東京は全国各地の出身者が集まってきている街です。

そして、全国各地の郷土料理や名物料理をウリにしている飲食店も多く存在しています。
オサカナジャック (14)

今日紹介します神保町の「オサカナジャック」は、島根県の食材を使った料理を食べさせてくれるお店なのです。今年5月にオープンしたお店ということで比較的新しいですね。

島根県は、私の住む石川県と同じ日本海側の県で、魚介類については似たようなものが獲れます。

私も大阪に住んでいるときは、島根県にも時々出張などで行く機会があったので、特に宍道湖の周辺の美味しい料理を食べたこともあります。

食べたのは、ご存じシジミ料理出雲そば鯛めし、そして宍道湖の七珍の一つ「うなぎ」などです。
オサカナジャック (2)

さて、「オサカナジャック」は、和食のお店ではありません。シーフードバルということでワインを飲みながら島根の食材を使用した洋食系の料理を楽しむお店です。もちろん野菜に関しても島根から取り寄せたものも使っているようです。

もっとも今回はランチを食べに行ってきたので、その片鱗を垣間見たわけではありません。
オサカナジャック

そのランチメニューはこんな感じです。

実は私は「海老出汁香る!トマトクリームのビスクヌードル」を食べようと思ったのですが、4人で行ったうち、残りの3名がそれを頼んでしまいました。

ブロガーとしては、せっかく4名で行ったのに一種類だけの紹介ではマズイ!という意思が働いたのです。

そこで、私のみ「オサカナ丼(900円)」にすることにしました。^^;
オサカナジャック (5)

まず最初に出されたのはサラダです。
オサカナジャック (7)

そしてカップスープです。写真で見ると普通のティーカップのようですが、本当に小さなカップでした。
オサカナジャック (6)

そしてメインの海鮮丼。石川のほうではいわゆる「まかない丼」と呼ぶ海鮮丼ですね。テーブルには生姜ソースとわさびソース?が置かれていて、これらをかけて食べます。
オサカナジャック (10)

乗せられているメジマグロかビン長マグロのような魚とイクラが主体でした。

島根色ってあまりないですね?(笑い) まぁ、900円のセットですから…、ぜいたくは言えません。^^;

おっと!そういえば、島根のお隣の鳥取県の境港は、生マグロの水揚げが日本一でした。(マグロは冷凍で水揚げされるものが圧倒的に多いのです)

やはり海鮮丼は、日本海側で食べるに限ります。
オサカナジャック (9)

さて、一緒に行ったメンバー3人が頼んだ「海老出汁香る!トマトクリームのビスクヌードル」がこちらです。
オサカナジャック (8)

このメニューにはスープが付かないかわりに、バゲットが付いてきました。

スープはエビと野菜で出汁をとってトマトで酸味を出しているようです。麺はラーメンで、イタリアンテイストなラーメンと言う感じです。途中で添えられている生クリームを加えると、コクが加わって味の変化を楽しめます。

味のほうは私は食べていないのでわかりませんが、聞くと美味しかったそうです。特にエビの旨みが効いているみたいです。ただ、振りかけられているのはサクラエビ。でもサクラエビって島根で獲れましたっけ?静岡ですよね?

まぁ、色々ありますが、美味しければいいということでしょうね。

最後にドリンクも付いていますが、こちらのほうはテイクアウトに変更も可能でした。
オサカナジャック (12)

私はアイスティーを頼みました。
オサカナジャック (13)

コーヒーもホットとアイスがチョイス出来ます。
オサカナジャック (3)

ちなみに、この日の夜のメニューはこんな感じになっていました。

いかがでしょうか?皆さんもお試しあれ!ご馳走様でした。

オサカナジャック
東京都千代田区神田神保町2-48
TEL 03-6272-6634
11:30~14:00(土曜日ランチはご予約のみ営業)
17:00~23:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

出張に行くと、ひと仕事した後に会社の仲間と一緒に夕食を食べることが多いです。

その時に利用するのは、やはり居酒屋が圧倒的に多くなります。

色々なものを皆でつまんで飲み食いするほうが楽しくて、美味しく食べることができますから。

さて、この日は神保町の「魚百」というお店に伺いました。

今回は4名でお店にお邪魔することに。
魚百

2階もある大きなお店で、作りは昭和の、それも40年代を彷彿とさせてくれる作りとなっています。
魚百 (20)

内装も、そんな昭和のイメージに統一していて、いわゆる大衆居酒屋のイメージを演出しているようです。

サーブしてくれる女性が威勢のいい感じで、何となく「市場」に来ているみたいな気分にさせてくれます。酒も「もう一杯!」なんてついつい飲み過ぎてしまいそうな雰囲気でした。^^;

我々は予約を入れてあり、2階の席に案内されました。
魚百 (4)

まずは、生ビールとお通しのきんぴらごぼう。
魚百 (16)

そしてテーブルに置かれていた、「タコブツ100円!」の文字が目に飛び込んできたので、当然それを注文。これは2人前です。数量限定です。
魚百 (5)

また、お店としては相当刺身に自信があるみたいで、皆さんにすすめていました。生の魚は足がはやいので、早目に仕入れた分を売り切ってしまいたいということもあるのかもしれません。
魚百 (2)

この日の刺身の種類は、こんな内容でした。色々な地域で獲れた魚が並んでいます。産地が書かれているのは安心できます。
魚百 (9)

盛合せもありましたが4人だと量的に少ないと思い、我々は「かつおの塩たたき(800円)」「カイワリ(800円)」「炙り〆サバ(750円)」の3種類を頼んでシェアすることに。

「カイワリ」とは聞きなれない魚ですが、アジの一種で、西日本ではヒラアジやシマアジと呼ばれています。

東京で食べる刺身としてはいいと思いますが、かつおのたたきはまだしも、他のは鮮度的に地元石川で食べる魚に比べると落ちますね?

かつおの塩たたきはさっぱりして美味しかったです。

高級魚「金目鯛の煮付け」も950円という破格の値付けだったので、興味本位で頼んでみました。
魚百 (10)

これは脂も乗っていて美味しかったです。
魚百 (7)

これは「玉ねぎとトマトの塩昆布サラダ(550円)」。塩昆布がいい塩梅でした。
魚百 (12)

「塩ベーコンの炙り焼き」は、身の厚いベーコンをいい感じで炙っていたので美味しかったです。
魚百 (13)

こちらのほうは私が頼んだものではないので不明ですが、「地鶏塩レバー炙り」だったかな?
魚百 (6)

お酒は私は、生ビールの後はハイボールを2杯飲み、他の人は日本酒を色々頼んで飲んでいました。
魚百 (11)

この「イカわたホイル焼き」は日本酒のアテに最高だったようです。
魚百 (14)

日本酒メンバーは漬物も頼んでいました。

以上を4名で飲み食いして、一人5,500円強。お酒もだいぶ頼んだようなので、まぁ、思っていた通りの値段といえるかもしれません。

「魚百」というお店は神保町界隈では、リーズナブルに美味しい料理を楽しめるお店として有名なようです。その片鱗を垣間見た気がします。ご馳走様でした。

魚百
東京都千代田区神田神保町1-2
TEL 03-3291-1295
ランチ月~金
1階 11:30~14:00
ディナー月~金
1階 17:00~23:00(L.O.22:00)
2階 17:30~23:00(L.O.22:00)
[土・祝]
1階 15:30~23:00(L.O.22:00)
日曜・GW・お盆・年末年始休み



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

神保町には昔から営業している、いわゆる老舗と言われる飲食店が多くあります。

一旦路地に入ると、その手のお店を見かけることが出来ますが、今日はそのうちの一軒の紹介です。
卯佐

お店の名前は「卯佐」。その名前の通り「うさぎ」がマスコットです。
卯佐 (2)

そして何と!BS-TBSで放映されている「吉田類の酒場放浪記」の694回目で紹介されています。私も好きな番組で、番組のブログ記事によると、こちらのお店は築70有余年経過しているそうで、ご覧のように年季が入った建物です。ご実家を改装したとも書いてありました。

店内は狭く、カウンター席に人が座っている場合は後ろを通るのも苦労するほどですが、入口が3か所あって、何れの席にもすぐ座ることが出来るので便利です。
卯佐 (3)

お昼の品書きは、こんな感じ。おすすめは「鯛茶漬け膳」。

東京でも、鯛茶漬けを食べさせてくれるお店が色々あります。

私も行ったことがあるミシュランで星が付いている「銀座うち山」や、漫画「美味しんぼ」にも登場したことがある水天宮の「鯛ふじ」など、他にも有名なお店もありますね。

日本人にとって鯛はハレの場に重用される「めでたい」特別な魚です。

何となく「鯛」と聞くと、豪華な食事に思えてしまう不思議な魚でもありますね。

お店のオープンは昼12時。ちょうど、その時間にお店に到着。12時の開店と同時にどんどんとお客さんが入ってきます。数分で9席ほどのお席は満席になりました。

そして、その全員が「鯛茶漬け膳」を頼んでいました。恐るべき「鯛茶漬け膳」です。
卯佐 (4)

こちらの「How to 鯛茶漬けの食べ方」など読みながら、10分ほど待って最初に出されたセットがこちら。
卯佐 (6)

真ん中にはタレに漬けこまれた鯛。その右は薬味。
卯佐 (8)

上には右から茶碗蒸し、小鉢のやっこ、浅漬けです。ご飯はおかわりが出来ます。この漬物の浅漬けが上品で美味しかったです。
卯佐 (7)

鯛茶漬けといえば、ダシで茶漬けにするお店も多いと思いますが、こちらのお店は緑茶でした。
卯佐 (9)

私は、まず鯛をタレとよく絡ませ、ご飯の上に乗せて半分ぐらい食べて、茶漬け用のお茶が出てくるのを待っていましたが、なかなか出なかったのです。
卯佐 (11)

お茶はお願いしないと持ってきてくれないようです。これはおかわりをする人も多いので、それを待ってから出されるからかもしれません。

でも、この鯛とタレだと、本当にお代わりがしたくなりました。それほど美味しかったのです。
卯佐 (14)

そして三つ葉、わさび、あられの薬味を乗せ、お茶をかけます。お茶はそれほど濃いものではなく、むしろ薄めです。鯛茶漬けにはそのほうがいいのでしょう?これまたタレがいい仕事をしてくれます。すぐに胃の中に消えていきました。
卯佐 (12)

お味噌汁は、少し後で出されました。

こちらのお店は、葉山の老舗料理屋で修業したという店主が作る美味しい料理を肴に、美味しいお酒を愉しめるので、夜も人気だと思います。行ってみた気持ちになりました。ご馳走様でした。

和食と酒 卯佐
東京都千代田区神田神保町2-16-2
TEL 03-3261-8008
ランチ12:00~14:00
ディナー18:00~23:00
土日祝休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ