あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:白山市

いまの白山市は平成17年(2005年)2月に1市2町5村(松任市・美川町・鶴来町・河内村・吉野谷村・鳥越村・尾口村・白峰村)の合併により誕生しましています。

もう14年半経つのですね。早いものです。

小松から白山麓方面に向かうときは、中ノ峠から鳥越に抜ける道を通るので、個人的にはそんなに馴染みのないエリアです。

今回、157号線の道沿いにあります河内地場産業センター「河内じばさん」で豆腐料理を食べに行くということで久しぶりにこのあたりを通りました。
河内地場産業センター

11;10ごろ、少し早い時間に到着しました。
河内地場産業センター (2)

センター内では旧河内村エリアの農産物や特産品が売られています。
河内地場産業センター (15)

レストランが併設されていて、営業は11時からで一組だけ先客がいました。
河内地場産業センター (3)

一番奥の2人掛けのテーブル席に座って写真を写します。窓が大きく明るい店内です。
河内地場産業センター (7)

メニューです。

色々地元で取れたり作られた食材で作られる料理を楽しむことが出来ます。
河内地場産業センター (6)

私は「数量限定」という文字に弱いので、こちらの「河内じばさん定食(税込1,130円)」を頼むことにしました。

この定食はメインの食材が豆腐です。肉や魚は一切使っていなくてヘルシーな定食になっています。
河内地場産業センター (9)

意外と早く出されたのがこちら。
河内地場産業センター (11)

特産品である「半固豆腐」を使っていて、こちらの豆腐サラダに使われているものが「半固豆腐」そのものです。胡麻ドレッシングがかけられています。

木綿豆腐ともまた違った風味と食感でした。
河内地場産業センター (10)

厚揚げも「半固豆腐」で作っているのでしょうか?
河内地場産業センター (13)

表面を見ると焼き直しているわけではなく、揚げ立てでした。薬味を乗せて醤油をかけて食べると揚げの表面のサクッとした食感と、ジューシーな中身!美味しいです。
河内地場産業センター (12)

こちらの豆腐団子は、少し甘めに煮てありました。乗せられているショウガがアクセント。中はフワフワでこちらも美味しかったです。

この定食には、豆乳が付くはずなのですが、この日はあいにく入荷がなかったのか品切れで、代わりに小さなそばソフトクリームが出されました。
河内地場産業センター (14)

でも、このそばソフトクリームもそばの風味がいい感じでした。

私が食べている間に、次から次へとお客さんが入ってきます。見た感じは地元の方が多いような気がしましたが、11:40頃には満席近くになりました。人気なのですね。

代金を支払うときに。そばに置かれていた「おからサラダ(200円)」が美味しそうだったので家に買って帰って夕飯に食べました。写真を写し忘れましたが、ポテトサラダのポテトの代わりにおからが使われているサラダです。こちらもヒットでしたよ。ご馳走様でした。

河内じばさん
(河内地場産業センター)
076-273-1190
石川県白山市河内町福岡124
11:00~14:00(L.O)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 


今日紹介する「金澤8(エイト)キッチン」は、そちらに行く前にランチを食べに行ったときのお店です。

ここは石川県民のソウルフードと言われている8番らーめんで有名な「ハチバン」が運営しているお店です。

高速道路のSAやPA内のお店としては「ハチバン」では初めての運営のようです。
金澤8キッチン (23)

さて、徳光PAは普段高速道路を利用するときにはあまり利用しません。

小松インターから乗ると、すぐにあるPAだからです。特に小松から金沢方面に向かう下り線は一度も車で入ったことがありません。

一方の上り線にある徳光PAは、まっとう車遊館時代は時々下道から利用しました。

行ったのは7月の3連休の最後の休みの日である海の日のランチ。
金澤8キッチン (17)

さすがに店内は混雑していました。
金澤8キッチン (12)

2階にも席があって、こちらの方が海が見えて見晴らしもよく空いているときはお勧めです。
金澤8キッチン (13)

メニューです。
金澤8キッチン

「ハチバン」が運営しているお店なので、当然、野菜らーめんを始め8番らーめんメニューがラインナップされています。
金澤8キッチン (2)

食券を買って窓口に出して、呼ばれるのを待ちますが、同じような品を頼んでいる人が多く、食券に書いてある番号が呼ばれるのですが、混雑時は窓口あたりがざわついていて注意しながら聞いていないとわからないこともあるかもしれません。

今回私は、食べるものを事前に決めていました。

それは「徳光うどん」です。
金澤8キッチン (7)

「金澤8(エイト)キッチン」以前のお店の時から人気のうどんだったからです。もっとも、私は食べたことがありませんが。
金澤8キッチン (10)

石川県の昔のうどん特有のコシがない柔らかなうどんで、私も小さいころから慣れ親しんだ、出汁を吸って美味しくなるうどんなのです。

甘えびのかき揚げ天が乗せられていて620円と、それなりの値段がしました。

ただし、調べてみると本来の「徳光うどん」は、普通の、この手のお店によくある衣が多めの出来合いの天ぷらが乗せられたうどんがだったようで、甘えびのかき揚げ天は「金澤8(エイト)キッチン」になってから付加価値を上げた上でメニューに加えられたのではないでしょうか?

出汁が期待以上で、レシピそのままで作られているとか、これはこれで美味しかったです。

妻のほうは、夏季限定の「野菜麻辣らーめん」を頼んでいました。
金澤8キッチン (8)

こちらはNEXCO中日本で、9月30日までの期間限定・北陸限定で「じわめし」2019年夏「夏のじわめしフェア~北陸彩祭~」というのをやっていて、そちらのメニューにも選ばれていました。

また「ハチバン」のWebページでは、国産豚ミンチと粗挽き唐辛子を使用した旨辛な「麻辣辛肉味噌」と、3種の山椒をブレンドした痺れと香ばしい香りの「麻辣オイル」をトッピングしました。と書かれています。
金澤8キッチン (11)

麺はおなじみの縮れ麺。

私も一口食べましたが、こちらもなかなか美味しいラーメンでしたね。

辛い物が好きな方におすすめの一品です。

なお、徳光はパーキングエリア(PA)で、店内が意外と狭く通路なども狭かったので、熱い料理を席まで運ぶ時には注意が必要です。

「ハチバン」として、高速道路のお店を試金石にして、観光地などでの展開を図っていくのでしょうか?これからの動向が気になりますね。ご馳走様でした。

金澤8(エイト)キッチン
北陸自動車道徳光PA(下り)
7:00~19:30
ラーメン・丼ものは午前11時から
TEL 076-275-6411
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

こちらは、とある日曜日にランチを食べに行ったときに、その後お茶でもと思って見つけたお店です。
節介さん

元は寿司屋さんで「比咩(ひめ)寿司」だった建物を大幅改修されています。

ご夫婦で経営されていて、オープンしてから5年ほど経過しているようですが、「節介さん」という店名が変わっています。
節介さん (2)

それにわざわざ純喫茶に「前向き」と付けるあたりユニークです。後ろ向きな喫茶店には行きたくないですよね?
節介さん (7)

和風な店内で、靴を脱いで入ります。
節介さん (5)

寿司店だったころの名残りの瓦屋根をそのまま残した形でリニューアルされていて、店内には県内の伝統工芸品や素人さんですが手作りの作品などが展示されていました。もちろん、買い求めることもできます。
節介さん (6)

こちらは山中漆器のコーナーです。

行ったのが日曜日の12時半ごろ。店内にはお客さんが居なかったので、了解を得て写真を写します。
節介さん (4)

奥にはこんな座敷の部屋もあって、ゆっくりお茶することが出来ます。

私は一人だったのでカウンター席に座りお品書きを見ます。
節介さん (10)

甘味メニューです。
節介さん (11)

そしてハーブティーと軽食メニュー。

純喫茶ですが、カレーのランチメニューもありました。今回はランチにカレーメニューを食べてきたので、次回機会があれば食べてみたいと思います。

私は「香ブレンド」とケーキをお願いしました。

「香ブレンド」のネーミングは奥さまの名前から付けたそうで、アラビカ種100%のグアテマラやモカなど(あと何か忘れました^^;)の4種類の豆をオリジナルブレンドしたおすすめのコーヒーです。

コーヒーは注文を受けてからその都度豆を挽き丁寧にハンドドリップいて淹れてくれます。

こちらが頼んだ「香ブレンド(500円)」とチーズケーキ(400円)。
節介さん (13)

「香ブレンド」はすっきりと飲みやすく、苦みと酸味のバランスがいい美味しいコーヒーでした。

チーズケーキは手作りで、それほど甘くなくチーズの風味も突出していない口当たりも滑らかなチーズケーキでした。

毎月1日は白山比咩(ひめ)神社の「おついたち」の日は早朝から営業をされています。

お店の作りといい、店内に流れる空気感、そして美味しいコーヒーとスイーツ。ホッとできる時間を過ごすことが出来るお店でした。ご馳走様でした。

前向き 純喫茶 節介さん
石川県白山市八幡町ヲ-150-1
TEL 076-209-2863
10:00~18:00(L.O.)
水10:00~15:00
土・日・祝
10:00~18:00(L.O.)
木曜休(ただし木曜が1日の場合営業、休みは振替)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県加賀エリアには南アジア系の方が多く住んでいるのでしょう?

至るところに、インドや南アジア系の料理を食べさせてくれるお店が存在しています。

有名どころでは「ガネサ」や「カマナ」です。また、イオンモール新小松に「神戸インドカレー・新小松店」というお店が昨年10月にオープンしています。

小松では昔は「インド厨房 マニプリ」や「スパイス王国CURRY KING」なんてお店もありましたが、いまは残念ながら閉店しています。

さて、今日紹介します白山市鶴来Let's(レッツ)内に5月24日にオープンした「スカラーズ インディアンカフェ&ナンカリー(Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry)」。

今回、6月の初旬の日曜日に、こちらで久しぶりに本場の「ビリヤニ」の味を楽しんできました。

石川県内にある南アジア系、特にインドやパキスタン系のお店では、メインはカレーになりますが、こちらのお店ではカレー以外にも本場の南インドの料理を楽しむことが出来るのです。それに同じインドカレーと言っても北と南では大きく違いますからね!?

さて、「ビリヤニ」ですが、いま全国的にもプチブーム。

ネットでは世界三大炊き込みご飯の一つと言われているなんてことが書かれていましたが、そうです。松茸ご飯やパエリアと同じく炊込みご飯の一種です。

そういえば金沢片町にもビリヤニ専門店がオープンしていますね。

Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (20)

「スカラーズ インディアンカフェ&ナンカリー(Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry)」は、Let's(レッツ)というスーパーマーケットの一角にお店があって、最初お店の外観からはわからなかったです。
Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (18)

この場所は、前は「ガネサ」だったところで、カレーのお店が続くことになるのですが、前がカレー店でダメだったところに入るという、なかなかの自信。楽しみにお店に行きました。
Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (2)

お店の外に、ご覧のようなホワイトボードに書かれていますが、先端大学に留学していたインドの留学生OGが運営しているようです。なるほど、だから鶴来にあるんですね!?
Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (17)

店内に入ると、何となく和風な感じで、インドの国旗がインド料理を食べさせてくれるお店出ることを感じさせてくれます。
Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (16)

食べ放題のランチビュッフェがメニューにありました。
Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (5)

ただ今回の目的は「ビリヤニ(税別780円)」を食べることに決めていたので、初志貫徹です。
Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (8)

「ビリヤニ」は、こちらの週末メニューに書かれていました。あと、聞いたことがないようなメニューが並んでいます。
Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (4)

テーブルに置かれていたお水にはフルーツが入っていました。少し甘さを感じる水です。

そして、最初にこちらが出されました。
Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (11)

パーパドという南アジアの極薄のクラッカーの様なものです。

メキシコ料理のトルティーヤの堅焼き版みたいな感じで、日本のおせんべいのようでもありました。

これが超スパイシーで、最初食べたらむせてしまいました。^^;

そして「ビリヤニ」が出されます。
Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (13)

お米はインディカ米で超ロングサイズ。日本ではまだそれほど見ることは出来ませんね。特に石川県では。

ただ「ビリヤニ」でしたが、煮込むというより混ぜ合わせたような仕上がりで、また、ネットで調べた時にベジタリアンのお店で「野菜 ビリヤニ」と書いてあったのですが、お店のメニュー表記には「野菜」の文字が消えていました。

でも、確かに肉のような食感と味のものが入っています。

メニューには使われている材料には肉と書かれていなくて、野菜・大豆としか書いてありません。どんな具材が使われているかはよくわからず食べました。わかるのは上に乗せられているカシューナッツぐらい?^^;

あとでわかったことですが、肉と思ったのは大豆原料のソイミートですね。確かにベジタリアンなお店です。

ボリュームが多かったです。全部食べきれなくて残してしまいました。すみません。

何れにせよ、スパイシーで初めての味を楽しむことが出来ましたよ。
Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (14)

あと、こちらのたぶん「ダヒー」と呼ばれるインドで作られるヨーグルトの一種で、英語では「カード(curd)」もついていました。ほどよい酸味で美味しかったです。

食材も、日本ではあまり食べることが出来ないものもあったりして、本場の南インドの味を楽しめたのはよかったです。ご馳走様でした。

スカラーズ インディアンカフェ&ナンカリー
 Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry
石川県白山市鶴来下東町26
TEL 080-1981-5747
11:00~15:00
17:00~21:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

白山市にあるラスパ白山というミニモール型ショッピングセンター。

その中に「Voie Lactee(ヴォワ ラクテ)」はあります。ちなみに店名は日本語で「天の川」という意味です。
ヴォワ ラクテ

最初、ピアゴ白山店のテナントとして入っているのかと思って探しましたが見つからず、同じ敷地内の駐車場の向こうの方を見ると、独立のお店としてありました。

思っていたよりも大きなお店です。

調べたら前はゴールドカレーのお店だったようです。でも、ゴールドカレーにこんなおしゃれ?な店舗があったなんて知りませんでした。^^;

1年ほどで閉店になっていたので、ゴールドカレーの事前リサーチ不足ですね。

約2年前に変わったようですが、写真を見る限りは内外装、ほぼ居抜きではないでしょうか?家具類は一部変わっているのかな?

1年しか使用していないので新築同様だったかもしれません。

こちらはフレンチのお店ですが、肩肘張って食べるようなフレンチではなく、ビストロのように気軽に楽しめるお店です。

店内は広く、テーブル席が2か所。カウンター席もあって、最大40名ぐらいは入ることが出来るでしょうか?結婚式の2次会や貸切パーティなどでの利用も可能でした。
ヴォワ ラクテ (5)

我々は、当日に予約を入れてありました。入口入って右側のテーブル席に案内されました。
ヴォワ ラクテ (2)

ランチメニューです。税別1,600円のコース一本。
ヴォワ ラクテ (4)

前菜とメインが選べますが、追加料金が発生するものも多くあります。

ではチョイスした料理を紹介していきます。

私の前菜は黒板メニューに書かれていた本日のテリーヌで「ホタテとオマール(+200円)」。
ヴォワ ラクテ (10)

これはよかったですね。さっぱりと食べることが出来ました。これからの季節にもいいでしょう?

こちらのお店、食器や盛り付けにこだわっていてきれいです。いわゆるインスタ映えするってやつです。

皆さん、写真を写されていました。

妻は「新玉ねぎのブランマンジェ 本日入荷の魚介添え(+200円)」。
ヴォワ ラクテ (9)

甘えび、ホタルイカ、ムール貝が添えられていました。

ブランマンジェというとデザートのような感じもしますが、調べてみると、元々フランスでは「白い食べ物」という意味でスープのように食されていたこともあるようです。

私も一口食べましたが、新玉ねぎの甘みとミルク系のソースの相性がよく美味しかったです。
ヴォワ ラクテ (13)

このあと「マッシュルームのポタージュスープ」が出されました。こちらも甘さの中にマシュルームの風味がしっかり入っていました。
ヴォワ ラクテ (14)

パンは2種類です。

メインは私は「本日のお魚料理」で、この日は的鯛(まとうだい)のポワレ。
ヴォワ ラクテ (16)

我々の後でお隣に座った人の魚の種類が違っていましたね。

野菜もたっぷり添えられていて、ソースが少しバター系でカロリー高そうでしたが、美味しくいただけました。

妻は黒板メニューで、本日のおまかせの一皿で「とりのルロー」。フランス語で「ルロー(ルーロー)は「巻く」という意味(英語では「ロール」)です。
ヴォワ ラクテ (15)

古代米のリゾットを鶏肉で巻いたものですね。

この日、たまたまかもしれませんが、クリーム系のソースが多かったです。

こちらは妻が頼んだデザートで「ヌガーグラッセ」。ランチコースに+300円の追加でデザートは頼むことが出来ます。
ヴォワ ラクテ (17)

フルーツもたっぷり散りばめられていて彩りも鮮やか。+300円ですが手抜きなしですね。
ヴォワ ラクテ (18)

ランチにはドリンクが付いていて私は紅茶、妻はコーヒーを頼みました。

最後に1点だけ残念だったことが。それは料理を炭火で調理しているものもあるのですが、厨房の換気が悪いため、焼いている煙や匂いがテーブル席まで漏れてしまうことです。

前がカレー屋さんだったので、炭火で調理することはないため、換気の能力が弱いのでしょう?

しかし、こちらのお店は、カウンターで一人で食べるのもの良し。テープル席でデートやファミリーでの食事にもok。そしてグループでのパーティなど、幅広いシチュエーションでの利用が可能なお店だと思います。そして料理の味もコスパ的にも満足できました。ご馳走様でした。

フレンチごはん ヴォワ ラクテ(Voie Lactee)
石川県白山市倉光6-45-1
 ラスパ白山
TEL 076-227-8720
11:00~14:30(L.O.14:00)
17:00~22:00(L.O.21:30)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ