あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:白山市

たまたまネット情報を見ていたら発見!「パンとさかな」という新しいパン屋さんがオープンすることを知りました。
パンとさかな

正式にオープンした4月15日。ちょうど病院へ行く日で有休をとっていたのでオープン当日にお邪魔してきました。

白山市でも鶴来寄りの場所にありますが、周辺はどちらかといえば田畑が広がるエリアです。
パンとさかな  (2)

タマルバーという飲食店と同じ敷地内にあって、むかし「一品料理鳳仙花」があった建屋をリノベーション。素敵な店舗に変身されていました。

朝は10時オープンで、私は10:45ごろに到着。4~5組ほどのお客さんが順番を待っている状態。パンが残っているか心配でしたが、オープン当日ということもあるのか多くのパンが並んでいて一安心。
パンとさかな (8)

パンは対面販売です。パンのネームプレートに金色のシールが貼られているものが「酒のお供に」いいパンなようです。
パンとさかな (7)

こちらには食パンとハード系。奥がパンを焼くスペースです。

お店のコンセプトは「日々のくらしに、よりそうパン。さかな(肴=おとも)として食のおともになるパンを」ということ。

なかなか見かけないコンセプトですね。

ウリの一つは「酒粕でおこした自家製酵母を使ったパン」。酒粕なのでアルコールは含んでいませんが、確かに酒の肴に良さそう。
パンとさかな (19)

あと、こちらの頂いたリーフレットに書かれている内容を見ると、材料としては国産小麦、よつ葉バター、奄美諸島原産の素焚糖、沖縄の塩、太白ごま油など使用しているようです。

では、今回私が買い求めたものを紹介します。

3個は妻とシェアして食べています。
パンとさかな (17)

まずは「クロックムッシュ(330円)」。クロックムッシュは2種類あって、ハムかコーン。今回ハムにしています。
パンとさかな (21)

半分に切るとこんな感じです。

ハムが間に挟めてある定番のクロックムッシュの味でした。
パンとさかな (15)

こちらは「焼きカレーパン(240円)」。小ぶりなサイズです。
パンとさかな (22)

半分に切るとこんな感じ。ピリ辛ではありませんでしたが、カレーの味は美味しかったです。
パンとさかな (16)

「のりとしらすのフーガス(250円)」は、相当ハード系でした。
パンとさかな (20)

半分に切るとこんな感じで、海苔としらすの塩気が効いた味でした。「酒のお供に」のシールが貼られていませんでしたが、ワインに合う味でした。

これらは酒粕を使っていないパンばかりだったので、「酒粕のグリッシーニ(80円)」を1本だけ買い求めることに。
パンとさかな (13)

酒粕が入っているとわかっているので、そんな感じもしましたが、知らないとわからないほどのほのかな風味です。
パンとさかな (14)

母には、「クリームパン(190円)」です。

こちらのお店のウリのパンで、ラム酒香るホイップカスタードを詰めた「大人のクリームパン(260円)」にも興味があったのですが、我々の前のお客さんで全部売り切れてしまって残念。

南加賀エリアはパンの激戦地でもあります。こちらのお店のご繁盛をお祈りいたしております。ご馳走様でした。

パンとさかな
石川県白山市日向町ヌ11
TEL 076-205-9254
10:00~18:00(なくなり次第終了)
日曜、月曜休(不定休ありInstagramにて告知)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

個人的には日本茶が好きです。

石川県では近年加賀棒茶が全国的にも知られるようになりましたが、我が家でも昔は日常的に飲んでいたのはほうじ茶(番茶)でした。

現在我が家で愛飲しているのは「雁ヶ音(かりがね)」という茎の部分の入ったお茶。全国的には「茎茶」と呼ばれることが多いお茶です。

また石川県は江戸時代から茶の湯が盛んな土地柄。抹茶をたしなむ家も多いのではないでしょうか。

さて、今日紹介するのは、そんな抹茶を気軽に楽しむことが出来るお店「ナナズグリーンティー イオンモール白山店」です。
ナナズグリーンティー (3)

和菓子店が抹茶をお菓子と一緒に出してくれるようなお店はありますが、抹茶自体をメインのドリンクとして提供するお店は、こちらでは少ないです。
ナナズグリーンティー (4)

お店自体のインテリアは、和を前面に出しているのではなく、和モダンな作りです。

そして店内は広く、これほどのスペースだと賃料は高いと思います。

メニューです。
ナナズグリーンティー (2)

抹茶だけではなく、ほうじ茶など色々な種類の日本茶を愉しむことが出来るようです。

「現代の茶室」をコンセプトにしたお店で、「京都宇治の老舗茶問屋、山政小山園様のお抹茶を贅沢に使用」しているようです。
ナナズグリーンティー (8)

私はせっかくなので久しぶりに抹茶(濃茶)を飲んでみることにしました。
ナナズグリーンティー (9)

こちらの「きな粉生チョコレート」が付いていました。

口の中でゆっくり溶けていく食感。甘いものが苦手な私にとって普段ほとんど口にすることがない生チョコレートでしたが、この後すぐに抹茶を飲むと、苦味で口の中がリセットされた感じでした。

妻は「抹茶粒白玉あんラテ(650円)」を頼んでいました。
ナナズグリーンティー (10)

白玉はミニサイズ。何となく柔らかいタピオカのような感じです。

私も一口もらいましたが、こちらは甘口で、後口も甘めでした。

お茶好きな県民性ですが、はてさて今後の動向が気になりますね。ご馳走様でした。

ナナズグリーンティー イオンモール白山店
石川県白山市横江町1681
 イオンモール白山2F
TEL 076-259-5658
10:00~21:00
(フードL.O.20:30ドリンクL.O.20:45)
無休(休日はイオンモール白山店に準ずる)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日はイオンモール白山2階にあるフードストリートのお店の紹介です。

私のブログでは、実は誰もが知っている全国チェーンのお店というのは、ほとんど紹介していません。まぁ、あまり紹介しなくても皆さんよくご存じだからです。

飲食の世界は比較的フランチャイズ展開がしやすい業態ではないかと思いますが、その中でもイタリア料理のジャンルについていえば、全国展開しているブランドが多いと思います。

いわゆるファミレスの延長線上のようなお店から、本格イタリアンまで幅広いわけですが、今回紹介する「Italian Kitchen VANSAN イオンモール白山店」は、北陸初出店のFC店です。

フランチャイズの本部である「株式会社VANSAN」のHPを見てみると、カジュアルイタリアンを標榜していました。

私はこちらが出来るまでは全然知らなかったのですが、TV番組の「王様のブランチ」や「嵐にしやがれ」で紹介されたことがあるようです。

「Italian Kitchen VANSAN イオンモール白山店」は、2階のフードストリートの真ん中の位置にあって、なかなか広いスペースを使用していました。
Italian Kitchen VANSAN イオンモール白山店 (14)

2面が通路に面していますが、壁は腰高まででオープンな作りのお店。
Italian Kitchen VANSAN イオンモール白山店 (4)

店内は落ち着いた空間で、照明がワインボトルで作られていたり、ピッツァを焼く石窯が見えたりして、カジュアルイタリアンにしては凝った作りです。
Italian Kitchen VANSAN イオンモール白山店 (3)

行ったのは2月の最初の日曜日の11:30頃。大雪注意報が出ているとき、さらに県内にまん延防止措置が出ていたので、通常では11:30頃は順番待ち必須のこちらのお店も空いていました。
Italian Kitchen VANSAN イオンモール白山店

お店の前に出ていたランチタイムのパスタメニュー。
Italian Kitchen VANSAN イオンモール白山店 (2)

こちらはアラカルトです。
Italian Kitchen VANSAN イオンモール白山店 (5)

店内にある休日用のランチタイムメニューにはピッツァの設定がありました。休日は前菜プレートが付いているかわりに少し高めの設定になっています。

平日は前菜が付かないもっと安いセットがあるようです。
Italian Kitchen VANSAN イオンモール白山店 (9)

ちなみにオーダーは、こちらの2次元バーコードからアクセスしても可能でしたが、直接伝えたほうが早くて便利です。

こちらのウリはモチモチの自家製生パスタ。なのでこの日我々は2人ともパスタにしました。

私が頼んだのは「釜揚げシラスとズッキーニのジェノベーゼ(1,680円)」。妻は一番高い「ペスカトーレ(1,880円)」。
Italian Kitchen VANSAN イオンモール白山店 (11)

まず前菜プレートが出されます。ワインが欲しくなる内容です。汗
Italian Kitchen VANSAN イオンモール白山店 (10)

ちなみに、こちらのお店では、お水の代わりにこちらのアイスティーが出されます。

そして出された「釜揚げシラスとズッキーニのジェノベーゼ」がこちら。
Italian Kitchen VANSAN イオンモール白山店 (13)

釜揚げシラスがたっぷりかけられていました。

そして麺がモチモチの食感。そのせいか、だいぶ軟らかめに茹でられています。アルデンテがお好きな方には少し物足りないかもしれません。

あと、シラスの影響もあったのか、バジルソースが塩分強めの感じました。でもトータルとしての味は美味しかったですよ。まぁ、現地イタリアで食べるともっと塩辛いので、本場に近いといえばそうなのかもしれません。
Italian Kitchen VANSAN イオンモール白山店 (12)

妻の「ペスカトーレ」。魚介がたっぷり入っていますね。

カジュアルイタリアンですが、休日ランチはセットになっていて少し高めの設定となってしまいます。

でも個人的には好きな味のパスタでした。人気なのがわかりました。ご馳走様でした。

Italian Kitchen VANSAN イオンモール白山店
石川県白山市横江町1681
 イオンモール白山2階フードストリート
TEL 050-5051-0189
11:00~22:00
休みはイオンモール白山に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

うどん好きな私はうどんが美味しいお店があると聞けばに行きたくなります。

先日は隠れうどん県の埼玉に行った折も美味しいお店を探して食べてきました。

香川県・福岡県・大阪府など、うどんが有名なところでは行けば必ず一度はうどんを食べに入ります。

さて、地元石川県といえば蕎麦よりはうどん文化圏と言えます。

私の住んでいる小松市も「小松うどん」を売り出していますが、残念ながらそれほど盛り上がりを見せていません。

讃岐うどんの人気チェーン「丸亀製麺」が人気だったりします。

今回、そんな讃岐うどんが美味しいと評判のお店が白山市にあるということで出かけてきました。

白山インターチェンジの近くにある「金澤さぬき」というお店です。
金澤さぬき

昨年12月にリニューアルオープンしたようですが、私はつい最近まで存在を知りませんでした。

調べてみると15年ほど前に突然閉店した富山県福光の華山温泉向かいにあった「福光うどん さぬき」といううどんの人気店の系譜のようです。
金澤さぬき (2)

新しい店内できれいです。

私は、この写真の右側のカウンター席に座りました。カウンター席の前が天ぷらを揚げるところで、天ぷらを揚げるいい音と香ばしい香りがします。
金澤さぬき1

お品書きです。
金澤さぬき2

色々美味しそうなメニューが並んでいます。
金澤さぬき (3)

季節のメニューもありました。

そして揚げたての天ぷらも食べてみたかったのですが、事前に調べたらボリュームがあるようで、少し胃に持たれるかもしれないと思い、私が頼んだのは「海きつねうどん(1,080円)」です。
金澤さぬき (5)

出されたのを見てびっくり!なぜかハサミが添えられているではないですか!?
金澤さぬき (6)

最初、大きな永平寺のお揚げさんが目に飛び込んできたので、この揚げを切るのかと思っていたら違いました。
金澤さぬき (9)

徳島県から特別に取り寄せたという「鳴門わかめ」を切るためのハサミだったのです。
金澤さぬき (10)

わかめは切らずにたっぷり乗せられていて、このわかめの茎?のところをかみ切ることが出来ない人は、このハサミのお世話になるわけですが、私は幸いかみ切ることが出来ました。

こちらのうどん。出汁が秀逸でした。とても澄んでいて、雑味のない優しい「いりこ出し」。

いりこが決して主張しているわけではなく、うどんの味を引き立て、そして大きなお揚げの中にしみ込んで、炙ってある香ばしい香りとともに口の中でハーモニーを奏でてくれました。

うどんそのものも短く切りそろえられているわけではなく、長かったです。
金澤さぬき (8)

本場讃岐のうどんよりは、少し優しい口当たりのような感じがしましたが、小麦の風味は強く感じることが出来ました。これも上品な出汁があるからかもしれません。

食べている途中で、こちらの揚げ立て天かすを出してくれました。天かすも揚げたてだと何となく美味しく感じます。

あと、カウンターに置かれていた、なぜ九州の一味なのか不明ですが、かけて食べました。
金澤さぬき (11)

出汁は全部飲み干したいくらいですが、最近塩分控えめのお年頃で、少し残してしまいました。

全部食べ終わっての感想ですが、とても完成度の高いうどん。私が石川県内で食べたうどんの中ではNo.1かもしれません。再訪したいお店です。ご馳走様でした。

金澤さぬき
石川県金沢市上荒屋6-451
TEL 076-214-1133
11:30~14:00(麺 出汁がなくなり次第終了)
18:00~22:00(うどんは20:00まで)
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日は旧美川町にある「餃子 竜香」についての紹介です。

こちらへは前に一度お店の前まで行ったことがあるのですが、営業されているのかわからなかったので、そのまま入らずに他のお店に向かったことがあります。

場所は小舞子駅近くですが、メインの通りからわき道に入って北陸本線の線路の手前にあるのが「餃子 竜香」です。
餃子 竜香 (8)

青いパトライトが回っているときが営業のサインのようですね。

駐車場は、お店の前のスペース分1台のみ?注意が必要です。

店内は男性の方お一人が切り盛りされていました。
餃子 竜香 (2)

こちらは我々が座った小上がりの席からカウンター席を写した写真ですが、お店は前は和風バーか小料理屋だったのでしょうか?そんな趣が残っていて、エントランス含めて中華料理のお店とは思えません。

メニューです。
餃子 竜香

それほど種類は多くありませんね。

お店の名前に「餃子」の文字が付いているので、餃子がウリなのでしょう。その「餃子(400円)」と、私は「やきめし(650円)」を頼むことにしました。
餃子 竜香 (4)

「餃子」は中華らしくない皿に盛られて出されました。サイズは小ぶりで羽根つき。味的には、まぁ、無難な味と言う感じかな?
餃子 竜香 (5)

「やきめし」には紅ショウガがたっぷり。味的には見た目よりは優しい味でした。
餃子 竜香 (3)

妻が頼んだのは、こちらの「ちゃんぽん麺(650円)」を頼んでいました。
餃子 竜香 (7)

一般的な「ちゃんぽん麺」というより、とろみの付いた餡がかけられた、神奈川県のご当地グルメの「サンマーメン」のような感じのラーメンでした。

ひっそりとあって、日曜日でしたが、我々が食べているときも他にお客さんは入ってこられませんでした。ご馳走様でした。

餃子 竜香
石川県白山市湊町レ37-135
TEL 090-2370-3540
11:00~21:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ