あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:白山市

アピタはユニーのブランドですが、ユニーは本社が愛知県。

そのためでしょうか?同じ愛知県に本社があるフジパン系列のパン屋さんが入っていることが多いです。

最近、大手パン製造の会社のパンを買わなくなった私ですが、今回、ちょうど家で食べるための食材を買いに入ったラスパ白山店で、翌朝食べるパンを買ったので紹介したいと思います。

フジパンは色々なブランドを持っていますが、「ベルナール」ブランドはユニー向けのものでしょうか?

最初、「ベルナール 白山店」の電話番号をカーナビに入れて向かったら、白山市の別なアピタに案内されました。^^;

気を取り直して住所を再入力。ようやくたどり着きました。^^;

パンは店内で焼きあげています。広めのスペースに色々なパンが並べられていました。

また、高級食パンにも力を入れているのが伺われました。

そんな中から私は、こちらの「ふんわりえだべー(税別180円)」を食べました。
ベルナール 白山店

その名の通り、見た目はふんわりとした柔らかい感じですが、もちっとした食感のパンで、食べ応えもあって、枝豆とベーコンの食感と味がいい感じでした。
ベルナール 白山店 (7)

妻は「チーズフォンデュ(税別200円)」。
ベルナール 白山店 (8)

フランスパン生地の中に、Kiriクリームチーズをチーズ中の75%使用したチーズフォンデュタイプのパン。

娘が食べた「羽付きチーズカレーパン(税別180円)」は、モッチリとした生地にチーズをトッピングされて焼かれています。
ベルナール 白山店 (9)

チーズのカリカリ感がいいですね。
ベルナール 白山店 (10)

母には「牛乳クリームパン(税別160円)」。本当に柔らかい生地のパンの中にミルクたっぷりのクリームがサンドされていました。

スーパーマーケットに入っているパン屋さんでは100円均一を謳っているところも多いですが、こちらのお店のパンの単価としては少し高級感があって高めの設定ですが美味しいです。ご馳走様でした。

ベルナール ラスパ白山店
石川県白山市倉光5-14
 ラスパ白山店1F
TEl 076-274-6627
9:00~21:00
不定休(ラスパ白山店に準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

タピオカドリンクブームはいつまで続くのでしょうか?

今年は「タピオカ戦国時代」とも言われているそうですが、石川県でも雨後竹の子のようにタピオカドリングを扱うお店が出来ました。

前にネットで見ましたが、タピオカドリンクは意外と仕入原価や、テイクアウトが中心で店舗のイニシャルコストが低く、また、作るのにそんなに熟練が必要ないということで、開業のハードルが低いということだそうです。

しかしながら気温が高い季節はいいでしょうが涼しくなってきたこれからはどうでしょうか?個人的には、それほどブームは続かないのではないかと思っています。
加賀三賀

さて、今日紹介します「加賀三賀」は、決してタピオカドリンク専門店ではありません。

「ハーブ専門店」、正確には「ハーブの風味を活かし美や健康をサポートする専門店」なのだそうです。

石川県産の無農薬ハーブを世界でも珍しいフリーズドライ製法でハーブティーにしたものなど、色々な種類のハーブティを楽しむことが出来るなど、女性に嬉しいお店なのです。
加賀三賀 (4)

お店はシックモダンな内装の中に、バラの花?のディスプレイ。ハーブの香り漂う癒し?の空間で、各種ドリンクをテイクアウトや店内でも楽しむことが出来ます。
加賀三賀 (7)

棚には贈答などにも使えるオリジナルハナルハーブティー缶が並べられていました。
加賀三賀 (3)

こちらがメニューです。タピオカミルクティーの写真が間違っているの愛嬌?
加賀三賀 (5)

日替わりの「デトックスウォーター」は無料で飲むことが出来ました。左側はりんご。珍しいですね。

色々なハーブティーがありましたが、今回の目的はタピオカミルクティーを飲むこと。真夏の暑い日だったので温かいハーブティーはパスです。

私は、「棒ポポミルクティー(税込580円)」。私は今回がタピオカドリンク初体験です(大昔どこかで飲んだような気がしますが)。「棒ポポ」は棒茶とタンポポのこと。下の写真の左側がそうです。
加賀三賀 (11)

「肌の揺らぎが気になる時」「胃腸がお疲れの時」「むくみが気になる時」など効能が書かれていましたがどうなのでしょう??

太めのストローで時々タピオカを吸いながら飲みます。甘さ控えめです。タピオカとは「トウダイグサ科のキャッサバの根茎から製造したデンプン」のことで、まぁ、デンプンなのでそれ自体は味がするわけではありません。のど越しの食感を楽しむものでしょうか?

妻はお店の売れ筋だという「ミンティミルクティー(580円)」。こちらのほうは「毛穴が気になる時」「ストレスが気になる時」「日焼けが気になる時」。
加賀三賀 (12)

「毛穴が気になる時」ってのは面白いです。まぁ、1杯飲んだだけでどうなるものではないことは間違いないですね。

これからの季節は、タピオカドリンクだけではなく色々なハーブティーを楽しみに行ってみてはいかがでしょうか?

でも、この手のお店なら金沢市街のほうが需要があると思うのですがどうでしょうか?ご馳走様でした。

加賀三賀(カガサンガ)
石川県白山市相木1-3-11
 ノールラガール相木C
TEL 076-274-1117
11:00~19:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

南加賀エリアにもまだまだ私の知らない隠れた穴場のカフェがありますね。

今日紹介します「ノノハナcafe」もそんな穴場なカフェの一軒です。

「ノノハナcafe」は、鶴来から白山ろくに向かう国道157号線の大日川を挟んで反対側を通る小松鳥越鶴来線を走るとあります。

場所は昔行ったことがある唐変木というおそば屋さんのお隣。もっとも隣と言っても少し離れていますが。

今回、昨日紹介した「森養魚場 いわなの庵」でランチを済ませて、小松に戻る途中に立ち寄りました。
ノノハナcafe (3)

こちらの看板が目印。昨年9月にオープンされているのでちょうど1年経過したことになります。ただし、お店は冬期間は休業されているようです。

実は私は前に一人のときにお店まで行ったことがあったのですが、ご不幸があったということで臨時休業でした。今回リベンジで妻と二人で再訪したわけなのです。

駐車場はお店の前に4台ほど停めることが出来ましたが。満車の場合は2件隣のケアハウス鳥越の駐車場が利用可能。
ノノハナcafe

外観は普通の民家のようですが、中は大幅に改装されていて、一部吹き抜け天井で大きな窓があって明るく清潔感のあるカフェです。靴を脱いで上がります。
ノノハナcafe (10)

お母さんと娘さんでしょうか?女性の方お二人で切り盛りされていました。

ちょうどランチタイム時だったので、他のお客さんはランチを食べていました。
ノノハナcafe (8)

我々はカウンター席に座り、ランチは岩魚を食べてきたばかりだったので、窓の外の景色を眺めながらお茶をすることにしました。

すぐ目の前に大日川が流れていて、庭の木や田畑の緑、遠くに山々を眺めながらゆっくりと飲食が出来る空間です。
ノノハナcafe (9)

黒板に書かれていたメニューです。

我々は「ケーキセット(800円)」とドリンクを頼み、ケーキは妻と二人でシェアすることにしました。
ノノハナcafe (12)

この日のケーキは抹茶のシフォンケーキとレアチーズムース。両方とも手作りでミニではなくそこそこの大きさでした。カットされた桃も添えられています。

私も少しずつ食べましたがレアチーズムースが美味しかったです。
ノノハナcafe (17)

セットのドリンクはホットコーヒーです。

あと私は、「手作りジンジャーエール(450円)」。こちらのジンジャーエールはお母さんのほうの手づくり。
ノノハナcafe (18)

生姜の風味がきいていて優しい味のジンジャーエールでした。
ノノハナcafe (15)

まだまだ知られているカフェではありませんが、この景色自体がご馳走な気がしていつまでも時間を気にせずに眺めていられる感じです。

ランチのメニューも美味しそうなものばかりで、機会があればランチも食べてみたいですね。ご馳走様でした。

ノノハナcafe
石川県白山市若原町ホ82-2
TEL 076-254-2830
11:00~17:00
火・水・木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

鮎のシーズンもこの記事がアップされるころには落ち鮎の季節に入ろうとする時分。

皆さんも、稚鮎の時期から成鮎まで楽しまれた方も多いのではないかと思います。

さて、今日の話題は鮎ではなく「岩魚」です。

鮎は1年で生涯を終える年魚で養殖ものよりも天然ものの方を食べる機会が多いのですが、岩魚は数年生きるため、養殖して供給されることが多い川魚だと言えます。

今日はそんな岩魚の養魚場に併設されていて、焼きたての岩魚を楽しむことが出来る「いわなの庵」を紹介します。

全国に2,000社以上ある白山神社の総本社「白山比め(比咩)神社」からほど近い場所にあり、お隣が石川県林業試験場で、そちらを目指していくといいと思います。

伺ったのはお盆前の日曜日のお昼。暑い日でした。
いわなの庵 (9)

周りは林業試験場の周辺ということで木々が生い茂っていました。
いわなの庵 (7)

この奥がイワナの養魚場になっています。
いわなの庵 (11)

白山麓の伏流水をそのまま使用しているので、健康な川魚の養殖が可能で、近隣の飲食店や著名な料理旅館などにも供給しているようです。
いわなの庵 (20)

その養魚場に隣接して食事が出来る場所が設営されています。

養魚がメインなので、飲食店としては3月から11月の土・日・月のお昼しか営業していません
いわなの庵 (16)

中に入ると、囲炉裏の中に炭火で真っ赤に火がいれられていて、そこで岩魚が焼かれていました。

真夏に行ったことも相まって、この場所は非常に暑かったです。了解を頂き写真を撮っているとすぐに汗が出てきました。
いわなの庵 (17)

そこからさらに奥に向かうと、簡易的な屋根を設えた場所があって、こちらで食べることになります。
いわなの庵 (15)

我々は岩魚の「焼魚定食(1,000円)」を予約時に伝えてありました。なお、「岩魚のあらい」も楽しみたかったのですが、こちらは前日までの予約が必要でした。残念でした。

最初に8種類ほどの薬草類をブレンドした健康茶が出されます。

岩魚は炭火の遠赤外線でじっくりと焼きあげるので、焼き上がるまでに40分ほどかかります。そのため到着時間を予約時点で伝えたうえで向かったほうがいいでしょう?

もちろん、岩魚も鮎も頭から骨まで全部食べることが出来ます。

岩魚はほんのりとした内臓の苦みと付け塩の塩分と相まって美味しく束ることが出来ました。焼きたては本当に美味しいですね。
いわなの庵

あと私は鮎も1尾(400円)お願いしました。香魚と言われる鮎の風味を楽しめます。

定食には季節の山菜小鉢が2品と漬物が付いています。

この日はきゃらぶきのようなものと、うどの葉と茎のお浸しでした。

ご飯は炊き込みご飯、そして山菜のお味噌汁。
いわなの庵 (8)

この炊き込みご飯が絶品でした。とても美味しかったですよ!
いわなの庵 (2)

写真の後ろに移っているのは鯉です。鯉の養殖もやっているのでしょうか?でも何匹しかいませんでしたが…?

つい最近まで、こちらのお店の存在を知りませんでした。何という不覚でしょう!?営業期間は今年はあと少しですが、皆さんも是非、美味しい岩魚に落ち鮎や子持ち鮎を楽しみに出かけてください。ご馳走様でした。

森養魚場 いわなの庵
石川県白山市三宮オ134-2
TEL 076-273-3288
11:00~16:00
火~金曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢以外の場所から金沢市内に移転するお店が多いと思っていましたが、最近、金沢から逆に流出するところが見られるようになってきました。

最近では人気のブーランジェリー「ヤマネコ」がかほく市に移転したりしています。

今日紹介します「cocomi(ココミ/心味)」も、前は金沢駅からもほど近い此花町にお店を構えていました。


その時のことはブログで書いていますが、3,300円で10品が付くコースで、一品一品の量はそれほど多くないのですが、10品付いて色々楽しめる内容でした。

そんなこんなで金沢でも人気店だったような気がしますが、今年7月11日に白山市の松任駅北口に新しくお店を新築されて、移転オープンされているのです。

私も移転の時から情報をキャッチしていて、ちょうどオープン1か月経過のころにランチを食べに行ってきました。

私はオープン時間11:30の10分ほど前に駐車場に到着して、その場で電話して空いているかどうか確認、空いていたのでそのまま待っていると、開店時間前にもかかわらず他に4台ほどがオープンを待つほど。人気なのですね。

当然、店内は12時までに満席。飛び込みのお客様は断られていました。
ココミ

新しいお店なので当然外観や店内はきれいです。

店内には靴を脱いで入ります。
ココミ (2)

私は小上がりの席に通されました。
ココミ (4)

ランチメニューです。
ココミ (5)

土日祝日はコースのみとなっていますが、平日はよりお安いランチメニューの設定がありました。

ちなみに土日祝日のコースは一番安いコースで1,700円からとなっています。

メニューの基本は変わらないのですが、ドリンクやデザート、メインが一品多くつくかどうかで値段が違いました。

今回私は一番安い1,700円の「あじさいコース」をお願いすることに。

1,700円で7品、おにぎりと味噌汁、そしてドリンクが付いていて、お腹も満足できるボリュームでした。

では、出されたものを紹介します。
ココミ (12)

まずはこちらの「いろいろ野菜のサラダトマトドレ」。
ココミ (13)

ドレッシングとして出されたのがこちらの5種類。ビジュアル的にはいいのですが、器としての使い勝手はイマイチかな?

お次は「前菜5種盛り」。金沢のときと同じように少しずつ色々な料理を楽しめるようになっています。
ココミ (16)

右上から順番に「石川県産豆腐の揚げ出し 小松菜あん」「トマトのおからファルシー」「なすとニンジンの花見立て ぶどうジュレ」「地魚とリコッタチーズの生春巻き」「パプリカときゅうりのパインマリネ」という構成です。
ココミ (18)

そしてスープとして「焼とうもろこしとズッキーニのクリームスープ」。
ココミ (19)

その次に米粉を使用した「へた紫なすの豆乳グラタン」が出されました。

メインに移ります。3種類出されます。

こちらは「地魚とバジルトマトのソテー」。魚なんだったか忘れました。^^;
ココミ (20)

バジルトマトソースと合っていました。

次は「豚ひれ肉の太胡瓜巻きなすジンジャーソテー」。
ココミ (22)

こちらも生姜の風味がほんのりとしていい感じ。
ココミ (23)

「若鶏と山芋のすいか塩麹の竜田揚げおくらソース」は、鶏が苦手な私ですが、目をつぶって食べました。^^;
ココミ (24)

ご飯は「しらすと枝豆の五穀米おにぎり」。そして「本日の味噌汁」です。
ココミ (6)

ドリンクは一部追加料金が発生しますが、多くの種類の中からチョイスすることが出来ました。
ココミ (25)

私は二三味珈琲を頼みます。

一品一品の量はそれほど多くはないのですが、ランチでも一品一品、会席料理のように運ばれてきて楽しめるコース内容になっているので、1,700円でプチ贅沢な気分が味わえます。おすすめのお店です。ご馳走様でした。

cocomi(ココミ/心味)
石川県白山市相木町2000
TEL 050-5872-4171
11:30~15:00
17:30~22:00
日曜休(要確認)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ