あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:白山市

白山市でランチを食べた後に立ち寄ったお店の紹介です。

それは松任駅近くの白山市松任文化会館ピーノ1階に、5月に移転オープンした「コーヒーハウス 茶々」という喫茶店です。

私はあまりこのような喫茶店には近年行かないのですが、たまたま松任駅近辺でカフェがないかネットで調べていたところ、新聞記事の電子版にこちらのお店が紹介されていました。グルメの記事ではなかったのですが内容的に少し気になって立ち寄ったのです。

その記事を読むと、こちらのお店は放課後児童クラブを運営するかたが経営されていて、いまは7つの児童クラブの理事長をしているほど。児童クラブの子どもたちを放課後に支援したいということ云々で、こちらの方に移転されてきたようです。

そのような方が経営する喫茶店がどんなお店なのか興味が湧いたから行ってみることにしました。

結論から言うと、お店自体はいたって普通でした。^^;
茶々 (9)

入口は会館の外側と、
茶々 (5)

こちらの会館内部からも入ることが出来ます。

さて私が行った、とある5月の土曜日。真夏のような暑さの日。12時半ごろお店の入ると、小さなお子さん連れのお客さんがいらっしゃいました。
茶々 (3)

お店は意外と広く、ガラス面が多く、明るい店内です。

この日はランチを別なお店で食べた後だったので、カフェ利用でした。
茶々 (2)

ランチメニューもありましたよ。
茶々

私はこちらのケーキメニューの中から、ドリンクが付いて850円のケーキセットをオーダーすることに。

ケーキは「りんごのタルト」です。家ではまず食べないケーキです。^^;
茶々 (8)

甘そうですが、それもなかったです。煮りんごもたっぷり入っていて、辛党の私にも食べやすいタルトでした。

お店オリジナルのヨーグルトのようなチーズ「フロマージュ・ブラン」が添えられています。
茶々 (7)

ドリンクはコーヒーです。

普段は紅茶にすることも多いのですが、新聞記事に「看板メニューはコロンビアなど4種類の豆を組み合わせたブレンドコーヒー」と書かれていたため頼んでみました。

コーヒーは特段に美味しいと感じたわけではありませんが、万人受けする味だったかもしれません。

小さな子供たちの支援をこれからも頑張って続けていただきたいと思います。ご馳走様でした。

コーヒーハウス 茶々
石川県白山市古城町2
 白山市松任文化会館
TEL 076-227-9323
10:00-18:00
月・火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

北陸自動車道の徳光PAの上りに「はくさん街道市場」というハイウェイオアシスがありました。

昨年にテナント運営会社が倒産して、相当数の店舗が退去を余儀なくされたというニュースが記憶に新しいところです。

一部の飲食店は自主運営という形で頑張っていましたが、私のブログでは昨年秋に「寿し処 高尾」という寿司店を紹介しています

今日紹介します「吉本製麺 嵐」も、そのはくさん街道市場の2Fにお店がありましたが、今年3月に、同じ白山市の白山インターのすぐ近くに独立店を構えて営業を始めています。

やはり自主運営では集客が難しいのかもしれませんね。
吉本製麺 嵐

お店は元々は「お多福 松任旭店」だったところを、ほぼ居抜きで使っているみたいです。
吉本製麺 嵐 (4)

店内は広いです。
吉本製麺 嵐 (2)

お店の入り口のサンプルケースです。サンプルケースを見る限りは「お多福」のようにうどん・そば・丼もの中心。
吉本製麺 嵐 (3)

奥にはうどんを打つスペースもありました。

朝9:00~11:00間はモーニング営業をしていますが、コーヒーとトーストと玉子のモーニングセットのみです。
吉本製麺 嵐 (6)

お品書きの中の、こちらの開店記念特別価格のメニューに目が行きました。
吉本製麺 嵐 (5)

数量30尾となっていて、たぶん海老天が30尾までの限定価格ということでしょうが、410円引きになっています。

私が頼んだ「冷海老天おろしうどん」の場合は半額になる計算です。

これは頼まないわけにはいかないでしょう!

で出てきたのがこちら。
吉本製麺 嵐 (7)

天ぷらは海老が一尾だけと寂しいですが、410円と考えたらやむを得ないですね。もっとも正規の820円も同じ内容なのか知りたいです。
吉本製麺 嵐 (8)

うどんは自家製手打ちでモチモチした食感で美味しかったですよ。海老天もレアな食感でした。

場所的にはそれほどいいところではないような気がしましたが今後どうでしょうか?頑張っていただきたいですね。ご馳走様でした。

吉本製麺 嵐
TEL 076-272-8211
石川県白山市中新保町75
9:00~21:30(L.O.21:00)
日曜は9:00~15:00
9:00~11:00モーニングメニューだけ


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

賃料の高い東京や大阪などの都会では、昼と夜、別々の飲食店が営業しているというところが多くあります。

大体がお昼営業の方が間借りしているという構図です。

特にお昼がカレー店で、夜がバーとか小料理屋さんとかやっているケースが目立ちます。

でも石川県ではまだまだそのような例は少ないのではないでしょうか?

今日は白山市(旧鶴来町)に、この2月11日にオープンした日本茶と西洋甘味のお店「胡京(KOMACHI)」の紹介です。
胡京

まずはお店自体がユニークです。

典型的な地方の寿司店に日本茶と西洋甘味のカフェ?の組合せは、やはり少し変わっています。日本茶と西洋甘味という組み合わせが「おや?」と思わせてくれます。

営業は、寿司店の夜の営業に影響がないように15時クローズと、時間厳守で終了となります。

間借りで賃料を相当低くしてもらっているのでしょうね?原価を抑えるためやむを得ないのでしょう?
胡京 (10)

中には生けすがありました。やはり寿司店です。
胡京 (4)

我々が行った時は13時ごろ。座敷は一杯でカウンター席に座ります。

お一人で切り盛りされているので、満席に近くなると対応に少し時間がかかるようです。

なお、こちらのお店をやられているのは、金沢駅前のポルテ金沢の地下で営業している「The Olive Oil Kitchen」でシェフを務めていたかたです。
胡京 (9)

カウンターの付け台と冷蔵ネタケースは白いクロスで隠されていて、茶葉が置かれていました。
胡京 (18)

こちらの写真のタブレット錠のものがおしぼりです。
胡京 (19)

水をかけると膨らんできて冷たいおしぼりになりました。
胡京 (7)

そしてメニューです。

色々な種類の日本茶が楽しめますね。

私はその中から、好きな日本茶(温かいもの)3種類のお茶が楽しめる「利き茶(税別500円)」を頼みました。一杯250円の日本茶を3種類で500円というお得なセットになっていました。
胡京 (21)

出されたのがこちらです。出されてから気が付きましたが、色合いが緑一色で、もう少し見た目が違う種類を頼めばよかったと反省。^^;

左から「煎茶 静岡の水車むら農園」「深蒸し茶 八女の牛島製茶」「抹茶入り玄米茶 高村園」。

やはりプロが入れると、よりお茶の甘みを感じることが出来て美味しかったです。

スイーツは、私は「理想のぷりん(税別450円)」。
胡京 (16)

個人的にはプリンをシンプルに頂きたかったですが、デコレーションがされていました。プリンは濃厚な味わいで美味しかったです。

本当は温かい加賀棒茶と合わせて食べるのがベストマッチだそうです。
胡京 (20)

妻は「温かい日本茶セット」で、甘味の値段プラス税別150円(税別)です。2種類の内「水出し煎茶 静岡の水車むら農園」にしていました。
胡京 (11)

スイーツのほうは「ANMITSU:2019(税別500円)」と横文字で書かれている「あんみつ」です。
胡京 (13)

シャンパングラスに入れられた蜜をお椀の具の中に注ぎ込んで食べます。
胡京 (14)

こちらはインスタ映えするスイーツで、味の方もあんこナシでハーブが添えられていて、和と洋を合わせたような後口のいい甘さのスイーツでした。
胡京 (15)

お聞きすると、色々やりたいことはあるので、ずっとこちらで営業するわけではなく、本当は金沢市内に出てやりたいと話されていました。頑張ってほしいですね。ご馳走様でした。

日本茶と西洋甘味 胡京(KOMACHI)
石川県白山市井口町ろ56-17
「寿し善」内
TEL 090-5681-5947
12:00~15:00
木曜休(その他HP参照)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

白山市にマレーシア料理を楽しめるところがあると知って出かけてきました。

先月、シンガポールに行った時に、お隣の国マレーシアの料理に近いものを食べていて興味が湧いたからです。

事前にお店のHPを見て調べると、メニューには肉料理が並んでいて少し心配なところがあったのですが、一品だけシーフードのカレーがあったのでそれを食べれば大丈夫だと思って出かけました。

ちたみにHPは誰が作っているのでしょうか?なかなかいいデザイン・内容です。

場所は松任駅にほど近く「白山市松任学習センター」の道を挟んでお隣です。
南風 (19)

真っ白な建物です。新しくきれいで目立ちます。
南風

了解を頂き店内の写真を撮らせていただきました。店内も白が基調で清楚な感じ?
南風 (3)

水耕栽培の棚が備え付けられていて、ハーブ類や小松菜なども栽培されていました。
南風 (9)

メニューです。
南風 (6)

シンガポールに行った時によく見かけた「肉骨茶(バクテーもしくはパクテー)」が一番最初に書かれていますが、マレーシア料理なので初めて聞く名前ばかりです。。

シェフは奥さまで、接客を旦那さまがされています。

料理は奥さまのおばーちゃんのレシピで「マレーシア中華系家庭料理」が基本。「草本生活の家、ハーブ&スパイス料理の店」とも書かれています。

お店のHPでの自己紹介では「日本では珍しい本場マレーシア中華系家庭料理を提供するお店」ということで、「祖母からもらったレシピで、懐かしい故郷の味を守っている南風の料理は、ほとんどお砂糖と化学調味料を使っていません。」と書いてありました。
南風 (5)

しかし見ると、私が唯一食べられるものだと事前に調べておいた「アッサムペダス」がこの日は無いと書かれていました!^^;

どうしようか迷ってお店の方に相談すると、チャーシューを使ったカレーを作ってくれるということでそれを頼むことにしました。

まず出されたのはピーナッツの醤油和えだそうです。
南風 (8)

柔らかいピーナッツにマレーシアの醤油で味付けされています。香川県の郷土料理「しょう油豆」に似た味です。

そして出されたのが、メニューには載っていない「南洋叉焼カレー(780円)」です。
南風 (12)

桂皮、丁香、花椒、陳皮、胡椒など漢方素材とスパイスを使って味付けされたチャーシューに、ほんのりカレー風味にアレンジされたものでした。

カレーは、言われないとわからないほどの風味です。

妻は季節薬膳鶏湯(シーズンスペシャルチキンスープ)として「長老喜鶏湯(チョロギチキンスープ)」を頼んでいます。こちらも税込で780円。
南風 (10)

材料は長老喜、当帰、当参、川弓(弓の上にくさかんむりが付きます)、玉竹、甘草、枸杞。全然知らないものばかりです。^^;
南風 (11)

まぁ、体にいいことだけは確かですね。美味しいといっていました。
南風 (15)

マレーシア中華系家庭料理の店なんて、石川県にあること自体がある意味不思議なことかもしれません。

肉系が多いので私はあまり行かないかもしれませんが、ヘルシーだしアジアンなハーブ&スパイス味がお好きな方は是非行ってみてください。ご馳走様でした。

マレーシア中華系家庭料理の店 南風
石川県白山市殿町9番地2号
TEL 076-205-7613
10:00~20:00(L.0.19:45、また料理メニューなくなり次第終了)
祝日以外の月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

白山比咩(ひめ)神社は全国に2,000社以上ある白山神社の総本社です。
白山ひめ神社

初詣の時期だけではなく、週末などにも多くの参拝客が訪れます。

その表参道の駐車場の前にあるのが「いっぷく処 おはぎや」。

前々からお店の存在は知っていたのですが、今回初めて行ってランチを食べました。

実は先日紹介した「おもてや」に大判焼きを買いに行くときに立ち寄ったのですが、3連休だったこともあって白山比咩神社の駐車場は混雑していました。

こちらのお店は白山比咩神社の表参道にあり、お土産屋さんとしても営業していて、白山麓のお土産などが売られていました。
おはぎ屋 (2)

昔ながらの雑貨屋さんのような風情です。

お座敷のほうと窓際に作られたカウンター席で飲食が出来るようになっています。
おはぎ屋 (3)

メニューです。
おはぎ屋 (4)

こちらにも掲げられています。

そんな中から私が注文したのは「おはぎ屋定食」。地元食材を使った「十割そば(ハーフ)、笹寿司、天ぷら、厚揚げ焼き、小鉢」のセットになっています。

今回「おもてや」で大判焼きをオーダーして、その待ち時間を利用してのランチだったので、何と15分間しかありません!^^;

すぐできますかということで、お店の方にお聞きしたらすぐにできると言われたのでお願いしました。そうしたら5分ほどでこちらのセットが出されました。
おはぎ屋 (5)

短い時間だったので料理も出来合いのものかと思いましたが、天ぷらは揚げ立てでした。
おはぎ屋 (8)

十割そばも厨房の方でちゃんと湯がいて冷水で締めているのがを見えました。素晴らしい!
おはぎ屋 (6)

もっとも、ちょうどお店にいたお客さんはすべて食べていたので、待っているのは私だけだったということもありますが、混雑時はこうはいかないと思います。

そばぶっかけで最初から汁がかけられていました。

そしてこちらの「山下ミツ商店」の厚揚げも熱々で美味しかったです。
おはぎ屋 (19)

笹寿しの笹をめくるとこんな感じでした。下の方には鮭と油揚げが敷かれています。

この笹寿しは「ほうらい寿し」ということで白山市の白山麓で栽培されたこしひかり「宝来米(ほうらいまい)」を使っています。1個150円でお店でも売られていました。

今回、10分ほどで食べ終えたので、そばの味の方を楽しむことが出来なかったのが残念でした。
おはぎ屋 (7)

あと、こちらは昔、妻がお店に行った時に写した「おはぎ屋定食」の写真です。

このときは、笹寿しではなく卵かけごはんをフライパンで焼いた鶴来のご当地グルメ「つるぎTKGY」でした。いまはメニューには無いようですね。
おはぎ屋 (9)

鶴来のご当地グルメ「つるぎTKGY」というのはもうなくなったのでしょうか?

お隣に人気のお店「おもてや」が出来たことは商売上影響はどの程度あるかはわかりませんが、これからも頑張っていただきたいお店です、ご馳走様でした。

いっぷく処 おはぎや
石川県白山市白山町レ122-1
TEL 076-272-5510
月~金
9:00~16:30
土・日・祝
9:00~17:30
無休(1~2月は休みあり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ