あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:白山市

コロナ騒ぎの中、あまり行けなかったジャンルのお店が寿司店です。

2月に東京からの客人とお邪魔した金沢の「志の助」に行ったきり、今回4か月半ぶりに寿司店にお邪魔しました。

寿司店といっても回転寿司ですが、本当に久しぶりでしたね。
もりもり寿し (16)

行ったのはアピタ松任店敷地内にある「もりもり寿し 松任店」。

石川県では、「すし食いねぇ!」「金沢まいもん寿司」と並んで人気の三羽烏と呼ばれるところです。

しかし「もりもり寿し」は、いまどきお店でHPを持っていないので不思議です。それほどPRしなくてもお客が来るといった自信があるのでしょうか?

6月末の土曜日の11:30頃お店に到着。店内に入るとまだ席はたくさん空いていました。しかし、12時前には満席で数組の順番待ちが出来ていました。

カウンター席はイスが間引かれていてキャパが減少していることもあるのかもしれませんが、ひと頃は休日は長時間待たなければならなかったことを考えると、やはり影響はあるようですね。

我々はカウンター席に座ります。
もりもり寿し (4)

回転寿司でしたがいつも通りレーンは廻っていましたが、寿司は廻っていません。ただし元々、私はレーンに流れている寿司は食べないので関係ありませんが。^^;
もりもり寿し (5)

一応メニューがありますが、オーダーはタッチパネルで行います。
もりもり寿し

いつも通り、3貫盛りや5貫盛りを頼むことに。
もりもり寿し (2)

こちらは「北陸五点盛り(税別1,190円)」です。
もりもり寿し (7)

メニューでは、ガスエビ・梅貝・いか黒作り・ノドグロ・白エビとなっていましたが、ガスエビではなく赤イカでした。ガスエビのほうがよかったかな?^^;

いか黒作りは富山湾のほたるいかをしているのかもしれません?
もりもり寿し (8)

「まぐろ五点盛り(税別1,300円)」は、大トロ・トロ・中トロ・ネギトロ。赤身。トロ系は凄く脂が乗っていました。
もりもり寿し (15)

「かに三点盛り(税別700円)」は、ずわいの生と冷凍もの、かに味噌の3貫でした。
もりもり寿し (9)

こちらは「煮穴子(税別240円)」です。口の中に入れるとほろりととろけるような食感です。
もりもり寿し (10)

「活サザエ(税別480円)」は逆にコリッとしたちょっと固めのサザエでした。
もりもり寿し (11)

なかなか生では食べることが出来ない「真イワシ(税別280円)」はネギと生姜で。脂が乗っていました。
もりもり寿し (14)

「うにいくら(税別480円)」も頼んでいます。
もりもり寿し (13)

あと、「青のりの味噌汁(税別240円)」ですね。

以上を妻と二人で食べて一人2,700円ほど。まぁ、いいネタ中心に食べているので納得のコスパかな?

最後のお勘定の時、3度目でやっと来てくれたのは少しマイナスでしたが、ネタは新鮮で脂が乗っていて美味しかったですよ!ご馳走様でした。

もりもり寿し 松任店
石川県白山市幸明町256
 フェアモールアピタ松任店敷地内
TEL 076-259-0788
11:00~22:00(L.O.21:45)
※21:30が最終入店
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介する白山市山島台「ラーメンショップ椿」はフランチャイズチェーンのラーメン店。

平日は朝5:59から営業しているという石川県内でも珍しいラーメン店でもあります。
ラーメンショップ椿 (2)

著名なラーメン評論家によると「家系ラーメンのルーツはラーメンショップである」ということらしいのですが、フランチャイズチェーンとしては緩やかな関係性のようです。

場所は、小松方面から産業道路を走っていくと、手取川を越えてから最初の信号を左折してすぐのところにあります。
ラーメンショップ椿

場所的にそれほど立地がいいとは思いませんが、ご覧のように目立つ赤い看板が目印で、すぐにわかります。

6月のとある土曜日の11:20頃お店に到着。何と!すでに満席で順番待ちが発生していました。人気なのですね!?

名簿に名前を書いて、食券機で食券をまず買います。そして席が空くまで待ちます。

店内はコロナ禍からか、カウンター中心でテーブル席は1つのみ。それらも隣との間やテーブルの真ん中に仕切りが置かれていました。
ラーメンショップ椿 (4)

これは安心感があるのですが、食べる時には少し不便に感じましたね。

いつもお店に行くとブログネタのために、妻と2種類のメニューを頼んでシェアすることがよくあるのですが、間に仕切りがあると器を交換するのがしにくかったです。^^;

同行者が隣に座れなかったりしていたので、家族が使用する仕切りがないテーブル席もあったほうがありがたかったです。
ラーメンショップ椿 (3)

さてメニューですが、種類が意外と多いので少し迷ってしまいました。

その中から私が頼んだのがこちら。その名も「こりこりのりラーメン(税込750円)」。大きな器に入れられて出されます。
ラーメンショップ椿 (6)

基本の味は醤油豚骨ですが、見た目はこってりしているのかと思いきや、意外とあっさりとした味でした。逆に言うと、卓上に置かれていた無料の「らーじゃん」よ「おろしニンニク」を入れて好みの味にするのを前提にしているのかもしれません。

私の場合は今はほとんど何も添加しないで食べるのでそのまま食べました。

そして名前の通りコリコリの海苔がたっぷり乗せられています。氷温熟成という0度以下でも凍らない未凍結の領域で数日間熟成させている海苔だそうです。それがコリコリとした食感を生み出しているのかもしれません。

あとの具材は小さめのチャーシューが1枚と小松菜?が少々。それと細かく刻んだ玉ねぎです。長ねぎはありませんでした。少し変わった組み合わせかもしれません。
ラーメンショップ椿 (8)

麺は中細のストレートです。

妻はお店の人気メニュー「ネギ七味お酢ラーメン」。レンゲが巨大です。ネギ大盛りだったかで税込950円です。
ラーメンショップ椿 (9)

ネギがたっぷり乗せられていました。

こちらにはニンニクと背脂が少々入っていますね。あと、ごま油と独自の調味料が加えられていて、私も少し食べましたが、スープの味は酢の酸味と七味の辛さがちょういいバランスで美味しいスープでした。

行くまではこんなに人気のお店だとは思っていませんでしたが、食べ終わる頃には何組かの順番待ちが出来ていました。凄いことです。ご馳走様でした。

ラーメンショップ椿 山島台店
石川県白山市山島台3-83
TEL 076-274-0014
平日5:59~15:00
土9:00~
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県の白山市と岐阜県白川村を結ぶ「白山白川郷ホワイトロード」。

毎年6月上旬から11月初旬までの短い期間ですが、多くの車が利用する人気の有料道路です。

しかし今年は、石川県側で発生した土砂災害の復旧工事のため、石川県側のみ全期間通行止めとなりました。残念です。

そんな「白山白川郷ホワイトロード」を石川県側から利用する場合、ほとんどは国道360号線を通って、「道の駅瀬女」の前を通行します。
道の駅瀬女 (6)

「道の駅瀬女」について、過日煮込みうどんの有名店「瀬女峠茶屋」を紹介しましたが、今日は同じ「道の駅瀬女」にある「白山観光物産センター」と中にある「山のパン屋さん 瀬女」についての紹介です。
道の駅瀬女 (5)

「山のパン屋さん 瀬女」については約2年ぶりの紹介になります。

緊急事態宣言明けの5月末の蒸し暑い日でしたが多くの人で賑わっていました。

店内では3密を避けるための工夫が色々施されていました。
山のパン屋さん (9)

たとえば「山のパン屋さん 瀬女」やレジには透明なビニールのスクリーンがかけられています。
道の駅瀬女 (3)

私は今回、「白山観光物産センター」内でこちらのハチミツを買い求めました。税込で2,230円。とちの花から獲れたハチミツです。

あと買い求めたパンについても紹介します。

ただ、わざわざこちらのパン屋さんのみを目的で訪問する人は少ないと思います。

まぁ、ついでと言ってはなんですが、他の飲食や買い物をしたときに買い求めることが多いのではないかと思います。
山のパン屋さん (5)

パンメニューはこんな感じですが、私が行ったお昼時はあまり種類が並べられていませんでした。

しかし少し待っていると、いくつか新しく焼かれて出されたので、それらを買い求めることに。
山のパン屋さん (14)

私が食べたのは、ちょうど焼き上がったところの「あらびきソーセージ(税込220円)」。

半分に切るとこんな感じです。
山のパン屋さん

18cmもある粗挽きソーセージでした。生地は柔らかく少し甘めでした。

妻は「カラメルバナナ(200円)」。
山のパン屋さん (15)

バナナのペーストが入った甘い菓子パンだったようです。
山のパン屋さん (13)

娘にはツナマヨ入りの「ツナパン(税込180円)」です。

冒頭書きましたが「白山白川郷ホワイトロード」は今年は通行止めとなりましたが、この道の駅は人気なので、それほど影響はないのかもしれません。ご馳走様でした。

白山観光物産センター
石川県白山市瀬戸寅163-1
TEL 076-256-7172
9:00~17:30
山のパン屋さん 瀬女のパンは10時ごろから焼き上がり
(新型コロナの影響で時間短縮10:00~16:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

「お多福」といえば石川県では知られたうどん・そばのお店です。

調べてみると、石川県内に27店舗ほど(未検証)あるようで、「お多福」の「のれん」としては、今年110周年を迎える老舗のうどんグループなのです。

経営的につながりはないところがほとんどですが、まぁ、暖簾分けとして今も続いているところが多いのではないかと思います。

「お多福」のお店は私のブログでも過去に何店舗か紹介したことがあります

さて、今日紹介します「お多福 松任バイパス店」。いまは正式な国道8号線ですが、昔はバイパスと呼ばれていた時代の名残りです。(いまもその名が付くところは色々ありますが)

その時代からあるということで、古いお店だということがわかりますね。

場所的にはいいところにあって、小松方面から来ると入りやすいです。
お多福 (3)

大きなお店です。

店内もそこそこ広いです。
お多福 (5)

緊急事態宣言が解除されていますが、まだそれほど混むようには至っていません。
お多福 (8)

お品書きです。
お多福 (6)

メニューの種類がとても多いですね。
お多福 (9)

こちらは丼物と定食系。
お多福 (7)

普通のうどん屋さんでは見かけないような名前のメニューが色々ありました。

これらの中から私は「福々麺(税込900円)」という名前に魅かれて頼んでみました。
お多福 (10)

大きめの海老天、わかめ、竹の子・椎茸煮、小松菜、かまぼこ、そして焼かれたお餅が乗せられています。
お多福 (12)

「かやくうどん」とか「おかめうどん」と呼ばれるものにお餅(力うどん)をプラスしたようなうどんで、出汁は甘め、そして柔らかめのうどん。加賀地方のうどんらしい味でした。
お多福 (11)

妻は「ジャジャ麺(税込750円)」です。
お多福 (13)

「ジャジャ麺」といえば、岩手県の有名な郷土料理の名前ですね。

「じゃじゃ麺(こちらは平仮名表記)」といえば岩手県盛岡市のご当地グルメで有名です。特製の肉味噌が味の決め手なのですが、ちょっと違うようです。

妻も意外な顔をしていました。
お多福 (14)

「ちゃんぽん」のような感じでもあります。

私は食べていないのでわかりませんが、こちらも少し甘めの汁だったようです。

新型コロナウイルスの影響が、このような老舗のうどん屋さんに与える影響が心配ですが、今後とも美味しいうどんを食べさせてください。ご馳走様でした。

お多福 松任バイパス店
石川県白山市村井町685
TEL 076-276-3066
11:00~21:20
火曜休(祝日の場合翌日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

いつも白峰や瀬女・一里野方面に行くときに通る国道360号。

小松からだと県道178号を通り、ちょうど「レストラン 手取川」の信号のところで国道360号に合流するルートになります。

いつも「レストラン 手取川」の看板は目に入っていたのですが、これまでは一度も行ったことがありませんでした。
レストラン 手取川

このあたりは、大きななめこで有名な木滑地区となります。
レストラン 手取川 (2)

こちらはだいぶ前からあるようです。大きな建物で昔も今も人気なのでしょうね?

「レストラン 手取川」は、そんな川魚や春は山菜、秋はきのこ、冬はジビエ?などの料理を一年中楽しめるお店なのです。

さて、これからは川魚が美味しくなる季節。今回、山の方にドライブがてら、こちらのお店に立ち寄りランチを食べることにしました。

12時少し過ぎ、一応事前に電話を入れてありました。名前で予約を入れてなかったのですが、お店の方が気を利かせて席を確保してくれていました。

その時刻は小上がりの席を除いてテーブル席が満席だったのでありがたかったです。
レストラン 手取川 (8)

窓際の席で、緑を眺めながらのランチタイムでした。
レストラン 手取川 (15)

こちらの写真は、テーブル席で食べていた方々が食べ終わり、帰った後で写したものです。
レストラン 手取川 (7)

メニューです。種類が豊富です。
レストラン 手取川 (3)

入口にはジビエ系メニューが黒板に書かれていました。
おもてなし池田 (24)

我々は「白山百膳」のメニューの中から頼むことに。

「レストラン 手取川」の「白山百膳」は全10メニューがラインナップされています。種類が多いです。

私が頼んだのは「岩魚焼物膳(税抜1,600円)」です。
レストラン 手取川 (10)

まず、こちらのセットが出されます。これらは「白山百膳」すべてのメニューについてくるものです。上にあるのは山菜の酢の物です。

一番左側にあるのはそばの実を山かけ風にしたもので、よくかき混ぜると、これがとろろのような納豆のような粘りけがあって美味しい風味になります。
レストラン 手取川 (11)

ご飯に掛けて食べたらおいしかったです。

今年は新型コロナウイルスの影響で春の山菜の需給状況が狂って、冷凍してあったものを使わざるを得なかったようです。
レストラン 手取川 (13)

そしてメインの岩魚。たで酢で食べます。焼くのに少し時間がかかりました。しかしじっくり焼かれているので、頭からガブリと食べられました。岩魚の右に見えるのは、フキ味噌ですね。苦みがいいです。
レストラン 手取川 (14)

もちろん、ご飯とお吸い物が付いています。

妻は「山菜膳(税抜2,100円)」を頼みました。
レストラン 手取川 (9)

こちらにはあと岩魚の稚魚の南蛮漬けが付いています。左にはわさびの茎のセンナ漬け、右には白山堅とうふ醸し漬が添えられていました。

白山堅とうふ醸し漬は、白山の名物「堅とうふ」を醸造してチーズのような風味を出しています。
レストラン 手取川 (12)

そしてメインは山菜の天ぷら。色々な種類の山菜がありました。季節によって天ぷらの内容は変わると思います。美味しかったようです。

我々が食べている間にもお客さんが次々入ってきていました、やはり人気のお店なのですね。ご馳走様でした。

レストラン 手取川 
石川県白山市木滑出75-1
TEL 076-255-5159
9:30~20:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ