あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:白山市

久しぶりに白山市にあるグランドホテル白山に行って和食レストラン「日本料理 千代」にお邪魔してきました。
千代 (9)

前に同じグランドホテル白山内にあるレストラン「洋風キッチンa・n・t・o(アント)」について書いたことがあります

さて、地方の場合は法事・慶事などの集まりで利用することも多いので、ホテル内に日本料理のお店を持っていると、そういった需要をカバーすることが出来ます。

ホテルだと、遠方から来られる方にも便利かもしれません。そのため、そのようなニーズにも合致するよう個室も色々あるようです。
千代 (3)

中はシンプルな内装で落ち着いた雰囲気です。
千代 (2)

お昼のメニューは写真以外にもありましたが、一番リーズナブルなランチメニュー「あさがおランチ(税サービス料込1,600円)」を頼むことにしました。

この値段で、口取、お造り、煮物、揚げ物、蒸し物、ご飯、味噌汁、香の物、ドリンク、小さなデザートが付いています。

しばらく待って出されたのがこちらです。意外と出されるまで早かったです。
千代 (4)

この中に日本料理の一通りのものが揃っていますね。

まぁ、値段が値段だけに豪華さは期待できませんが、きちんとした日本料理のお店なので素材や調理法については安心です。
千代 (5)

このプレートには口取、お造り、煮物、揚げ物が乗せられています。お造りはマグロ赤身でした。
千代 (6)

茶碗蒸しと香の物。茶碗蒸しは熱々でした。

ご飯の量は少なめでしたが、私にはちょうど良かったですが、
千代 (7)

最後にデザートの小さなケーキと抹茶が出されます。なお、ドリンクはコーヒー・紅茶・抹茶から選べました。

この内容で税サービス料込で1,600円はお得ですね。なお、「あさがおランチ」は10食の数量限定で予約は出来ないようです。

日本料理のお店ですが気軽にランチを愉しめるお店でした。ご馳走様でした。

日本料理 千代
 グランドホテル白山1F
石川県白山市西新町152番地7
TEL 076-274-0001
ランチタイム 
11:30~14:00(L.O.)
ディナータイム
17:00~21:00(L.O.20:30)
月曜休
及び第1・3・5日曜のディナータイム休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私が小さいころは、いまのようなスーパーマーケットはまだまだ少なく、コンビニなどもなかったです。

町内には八百屋・魚屋・お菓子屋などが軒を並べるようにあって、日常的な食材はそこで買い求めるわけです。

そして、酒や味噌・醤油、お米も専門の個人商店があって配達してもらっていました。

今の時代は、車で少し走ればスーパーマーケットが至るところにあって、そこには何でもそろっているので便利な世の中になったものだと思いますが、その時代に波に飲み込まれるように、町の商店は徐々に無くなっていきました。一抹の寂しさがありますね。

今日紹介します白山市の「こめ倉珈琲」は、お米屋さんが経営しているカフェです。

今の時代に生き残っているお米屋さんは、どんなところをお客様にしているのかは知りませんが、個人相手よりも飲食店相手に商売されているところではないのかと勝手に思ってしまいました。

そんなお米屋さんがなぜカフェを始めたのでしょうか?そちらのほうも知る由はありませんが、興味本位で申し訳ありませんが行ってみることにしました。

この日は別なお店でランチを食べたので、こちらではコーヒーと、何か美味しそうなスイーツがあれば頼もうかな?と思いながら伺いました。
こめ倉珈琲 (10)

お店は「倉山米穀」に隣接しています。倉山米穀は1898年(明治31年)創業と老舗のお米屋さんです。
こめ倉珈琲 (3)

カフェの外観はガラス張りで目立つ作りです。中もおしゃれな作りです。
こめ倉珈琲 (8)

カフェは2階まであり、2階のほうではビリヤードを楽しむことが出来るようです。
こめ倉珈琲 (4)

雑貨などの販売もしていて、もちろんお米もこちらで買うことが出来ました。また店内にはWiFiと電源も完備してて、軽く仕事やスマホでゆっくりとコミュニケーションを楽しむことが出来るのもうれしいですね。
こめ倉珈琲 (2)

小さくて見えませんが、外に出ていた看板のメニューはこんな感じです。

最初、このメニューに書かれていたチーズケーキかロールケーキを食べようと考えて入りました。

カウンターで頼んで料金を支払います。オーダーしたものは席まで持ってきてくれますが、帰りはセルフでカウンターまで運ぶ必要がありました。

私は1階のソファー席に座りました。大きなガラスから差し込む太陽の日で明るいです。

こめ倉珈琲 (7)
さて、私が結局頼んだのは、暑い日だったのでアイスコーヒー(420円)と、
こめ倉珈琲 (6)

こちらの梅のおにぎり1個130円。これはオーダーするときにカウンターの上に何種類か置かれていたのを見て、せっかくお米屋さんが経営するカフェに来たのだから、ケーキよりはご飯のおにぎりだよね!?と気が付いたからです。
こめ倉珈琲 (9)

ふんわり柔らかく握られたおにぎりで美味しかったです。

アイスコーヒーもほどよい苦みでのどの渇きを癒すことが出来ました。

お米屋さんの経営だけでは…と考えられてカフェも!ということでしょうが、カフェもライバルひしめくジャンルです。今後とも頑張っていただきたいですね。ご馳走様でした。

こめ倉珈琲
石川県白山市横町90-1
TEL 076-259-1100
9:00~17:00
日・祝休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

皆さんは、いま本屋さんで売られているランチが500円で食べられるムック本を利用したことがありますか?

石川県では「Lunch Fan!」が有名なようですが、全国的には「ランチパスポート(略してランパス)」という名前で、大体が700円以上のランチが500円になるというのがウリの本です。

お店側としては、広告媒体の一つとして新規来店率を上げるための一助としての広告宣伝費ということしょね!?ランチに食べに来てもらってリピーターとして夜にも来ていただきたいというのが狙いだと思います。

私は一度も使ったことがありません。特に理由はないのですが、まぁ強いて挙げれば、掲載されているお店が選択肢の優先になることは避けたいということでしょうか……?

さて、今日紹介します白山市の和食・居酒屋「酒楽工房 匠」。金沢方面に出かけるときに通り道にランチのお店がないかどうか検索して見つけたお店です。
酒楽工房 匠 (3)

11:35頃お店に到着。お店の前に車が駐車していなかったので最初の客かと思って中に入ると、何と!カウンター席がほぼ埋まっていました。お店の裏側にも大きめの駐車場があるようです。
酒楽工房 匠 (2)

私のあとにも次々にお客さんが入って来るではないですか!?凄い!人気のお店なのだ!?と思っていたら、それらのお客様が「500円のランチ」とか「1,000円のランチ」とかお店の方に伝えるのを聞いて、「ん?何かな?」と最初わかりませんでした。

そうしたら、よく見ると手にピンク色の本を持っているのがわかり、なるほど!と気が付きました。^^;
酒楽工房 匠

また、よくよく見るとお品書きにもその旨が明記されていました!確かに1,580円の「お刺身付き天ぷら定食」が1,000円になるというのはお得ですね!?

本の値段が980円で、一冊で2人までokなので、この「お刺身付き天ぷら定食」を2人で食べれば元が取れることになります。これは一度使ってみる価値がありそうです。

家に帰って検索してみると、今の号が7月末までの有効期限だったことがわかり、この日が7月最終の土曜日で、こちらのお店が日曜日ランチやっていないため、最後のクーポン使用可能日だったのです。

私がいる間のお客様の3分の2ぐらいが、クーポン利用のお客様でした。

「Lunch Fan!」や「ランチパスポート」は有効期限が3ヶ月で、この期間の最終の週末はこのようなお客様が最後の駆け込みで利用することが多いのではないかと勝手に推測するのでした。

だいぶお店のランチ内容とは関係ない話を続けましたが、本題です。

お品書きの中から私が選んだのは、950円の匠定食です。これはクーポンの対象ではありません。焼き物・揚げ物・炒め物の中から私がチョイスしたのは久しぶりの炒め物の野菜炒め。
酒楽工房 匠 (4)

定食には刺身・小鉢・漬物・デザート・ご飯・味噌汁が付いています。

しかし、出されるまでに30分ほどかかりました。クーポン利用のお客様が多くいたため混雑していたからでしょうね?^^;
酒楽工房 匠 (5)

匠定食の肝心の野菜炒めには豚肉もたっぷり入っていました。^^; そしてガーリックもきいていました。
酒楽工房 匠 (6)

刺身はサバとサーモン。デザートはわらび餅でした。

カウンテー席以外にも小上がりや2階に座敷もあって、夜も使い勝手がよさそうなお店でしたね。ご馳走様でした。

酒楽工房 匠
石川県白山市田中町313-3
TEL 050-5890-6533
11:30~14:00
(売り切れ次第終了で日祝はランチ休)
18:00~24:00(L.O.23:30)
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

先日紹介した「山菜・川魚料理 りんどう」に鮎を食べに行った後、夕飯に食べるためのものとして買い求めるため立ち寄りました。

キッシュの専門店というのは、こちらのほうでは珍しいですね。

お店は、白山市鶴来の獅子吼高原「パーク獅子吼」内にあります。お店の名前は「白山キッシュ・ハウス クゥーイ(QUI)」。
クゥーイ

ここは前は「ふるさと館」という施設だったところです。大きい施設です。
クゥーイ (6)

そのため、内部もとても広いスペースでびっくり。その場所を使ってイートインコーナーが併設されています。
クゥーイ (12)

オーナーの方は、前は近くの「もく遊りん」の食工房で働いていました。今年?定年退職され、「白山キッシュ・ハウス クゥーイ(QUI)」を6月1日にオープンされています。


こちらのお店のウリの一つはグルテンフリーなこと。土台部分に米粉を使用しています。「米粉は、玄米を製粉したものと精米して製粉したものの2種類を食材の風味に合うように使い分けています。」ということで小麦アレルギーの人も安心して食べることが出来るキッシュなのです。ということは、中のホワイトソースにも小麦粉が使われていないのでしょうか?
クゥーイ (11)

それに、キッシュの種類がとても多いのもうれしいですね。
クゥーイ (3)

イートインコーナーでは、これらのキッシュにサラダやドリンクを組み合わせてオーダーして、店内でゆっくり楽しむことが出来るのです。

キッシュの種類には、フルーツやキャラメルが入ったスイーツ系のもあったりして、食事を済ませてきた方もデザート感覚で楽しめると思います。

私は今回は、夜、家で食べるためのキッシュを買い求めました。
クゥーイ (14)

買ったのは、こちらの「ベーコンとポテトのほくほくキッシュ(450円)」と、
クゥーイ (13)

「キャベツとオイルサーデンのさっぱりレモンキッシュ(480円)」、
クゥーイ (15)

そして「小松菜ともやしの薄揚げ包みキッシュ(380円)」の3種類です。

家に帰って、半分にカット。3人で2種類ずつ食べました。

外側は焼菓子のようにサクッと。中はサラッとしたホワイトソースでした。たぶん小麦粉が使われていないのでしょうね?

買った3種類は和のテイストもあるものだったので、上品な味付けでしたね。

キッシュの専門店というなかなか挑戦的なお店です。頑張ってほしいと思います。ご馳走様でした。

白山キッシュ・ハウス クゥーイ(QUI)
石川県白山市八幡町ヌ26-1
TEL 076-214-6939
11:00~17:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

鮎が美味しい季節に、鶴来まで食べに行ってきました。

鮎漁の解禁は6月から7月にかけて。石川県では今年は6月16日のところが多かったようです。

食べに行ったのは白山市鶴来。「和田屋」はさすがに高いので、白山比め神社の向かい側にある「山菜・川魚料理 りんどう」です。
りんどう

大雨がひと段落した土曜日に一人で出かけてきました。
りんどう (4)

お店の造りはむかしの古民家風。中に入って一番奥のテーブル席に座ります。小上がりの席もありました。
りんどう (13)

ご主人がオーディオ好きで、お店の一番奥にに立派なオーディオが置かれていましたが、使われていませんでした。
りんどう (6)

品書きはこんな感じです。

私が頼んだのは「ふる里」という900円のりんどう呈食(この字になっていました!意味があるのでしょうか?)。定食の中では一番安いものですが、それに鮎の塩焼きを付けて1,750円でした。
りんどう (22)

入口近くに大きな囲炉裏の焼き場があって、魚はこちらで焼かれます。
りんどう (8)

鮎は、水槽で泳いでいるものを、注文が入ってから串に刺して、その囲炉裏で焼きます。
りんどう (5)

焼き上がるまで少し時間がかかるので、出されたお茶とお茶菓子を飲み食いしながら待ちます。

遠赤外線で、骨までしっかり焼かれるので、臭みもまったくなく、香魚と呼ばれる鮎のおいしさを丸ごと味わうことが出来ます。

お店では鮎は6月から9月末まで食べることが出来ます。岩魚のほうは養殖物で一年中okです。
りんどう (16)

さて、私が頼んだ「ふる里」は、焼きあぶら揚げ、小鉢、香の物、ご飯、味噌汁という内容。
りんどう (19)

油揚げも暖炉の炭火で焼かれます。ジューシーです。
りんどう (21)

小鉢は切干大根、ご飯は山菜(わらび)の炊き込みご飯、味噌汁は豆腐の味噌汁でした。
りんどう (18)

鮎は蓼酢(たで酢)で食べます。焼きたてはやはり美味しいです。

もちろん、尾びれ以外は全部食べました。

人それぞれ好みはあろうかと思いますが、やはり鮎は若鮎の季節が一番おいしいですよね!?

7月過ぎてしまうと、鮎の爽やかな香りが損なわれてしまうからです。もちろん、身の食べ応えは成魚のほうがいいのでしょうし、産卵を迎えるために川を下るころの子持ち鮎も別な楽しみがあります。
りんどう (15)

お土産に、家で食べるのに2匹焼いてもらいました。
りんどう (14)

1匹900円と少し高めですが、蓼酢(たで酢)も付いて、しっかりパッケージングされています。

これからは秋に向けて、まだまだ鮎のシーズンが続きます。皆さんもどうぞ!ご馳走様でした。

山菜・川魚料理 りんどう
石川県白山市三宮町イ144-1
TEL 076-272-3161
11:00~15:00(L.O.14:30)
月曜(祝日の場合は翌日)と毎月1日休
その他不定休あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ