あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:白山市

先日のシルバーウイークから本格的に旅行する人が増えているような気がします。

10月に入ると「Go to トラベル」キャンペーンに東京が対象に加わり、さらにその流れが加速するようです。

一方、このコロナ禍において、星野リゾートの星野代表が提唱するマイクロツーリズムという言葉を初めて知ることになりました。

まぁ、近場の旅行という意味なので、特段新しくできた用語ではないとは思いますが、横文字だと何となくいいイメージで捉えられていますね。

今日は、シルバーウイークの白峰まで足を延ばしたときの話題です。プチ・マイクロツーリズムです。

さて本題です。白峰地区はご存じの通り豪雪地帯です。
白峰 (12)

冬になると多くの雪が積もり、いまでこそ道が整備されて真冬でも車で行き来は簡単なのですが、昔は住んでいる人にとっては、冬の間はまさに「籠る」という言葉がぴったりくるような生活を送っていたわけです。

そんな白峰には、重要伝統的建造物群保存地区、いわゆる「重伝建地区」があります。
白峰 (10)

この日はそんな重伝建に登録されている「山岸十郎右衛門家」が一部公開されているという情報を聞いて出かけることにしたわけです。
白峰 (9)

白峰は江戸時代は幕府直轄地(天領)だったところで、旧山岸家は白山ろく十八か村における取次元(大庄屋)を勤めた家柄。旧山岸家住宅は、そんな大庄屋がいまから180年前に建てた家屋なのです。いまはだれも住んでいなくて白山市が所有管理しています。

入館料は無料で、地元の方の説明も受けることができます。
白峰 (5)

公開は一部のところのみで、立派だったであろうお庭の側から入り、縁側越しに見ることができます。家の中には入ることができません。
白峰 (4)

仏間の立派な天井が印象的でした。

11月3日までの土・日・祭日、10時~16時で公開されています。

最後にグルメブログとしてグルメネタを一つ。

この帰りに立ち寄ったのが、山下ミツ商店
山下ミツ商店 (4)

堅豆腐が有名ですが、国産大豆と天然にがり、そして霊峰白山の名水を原料に使った商品を色々作っています。
山下ミツ商店

買い求めたのは「焼きいなり」。
山下ミツ商店 (5)

これは元々は加賀市の加賀守岡屋が売り出したもので、羽田空港で空弁としても人気となっています。

使われている厚揚げがこちらの山下ミツ商店のもの。

羽田空港でちゃんとしたパッケージのを買うと、800円ほどしたと思うのですが、こちらの山下ミツ商店で買うと500円でした。

加賀守岡屋で作っているのではなく、山下ミツ商店で作っているのでしょうが、味的にはほぼ同じではないでしょうか?
山下ミツ商店 (6)

2個入りで「鶏ごぼう」と「ちらし」。出汁がしみ込んでいる分厚くて大きい油揚げの中に「鶏ごぼう」と「ちらし」が詰められていました。

私は「ちらし」を食べています。

香ばしい大豆の風味と酢飯の相性もよかったです。ご馳走様でした。

山下ミツ商店(白峰工場)
石川県白山市白峰イ23
TEL 076-259-2024
10:0018:00
木曜休


最後に9月21日から営業が始まった小松の木場潟の流し舟の話題について。
木場潟 (13)

木場潟公園の南園地のところで、今年は11月29日までの土曜と日曜そして祝日に9時と11時の2便、予約制で運航されていて、運航時間は20分程度。乗船料は一人500円です。
木場潟 (12)

舟は加賀市の旧大聖寺川で観光船として使ったものを譲り受けています。

私も一度は乗船してみたいと思います。皆さんも是非。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回、大阪屋ショップに初めて入りました。
ラ・クレソン

大阪屋ショップは富山が本社。富山が本社の食品スーパーといえば、小松に住む私にとってはアルビスのほうがなじみがあります。

大阪屋ショップは石川県では白山市より南には店舗がないのです。

初めてお店に入るので何か新鮮な感じがしました。

さて、今日紹介しますパン屋さん「ラ・クレソン」へは、先日紹介した「麺屋 はち丸」の行ったついでに買い求めました。
ラ・クレソン (2)

こちらのブランドは、「毎日の主食になるような美味しいパンを提供したい」という想いをコンセプトに大阪屋ショップのオリジナルパンブランドのお店として何店舗かに展開しています。

店内でパンを製造。出来立てを買い求めることができます。

看板商品は「小麦香る食パン」だそうですが、我が家では食パンはあまり食べないのでパス。
ラ・クレソン (5)

今回買い求めたのは、私は「ベーコンスピーガ(税抜160円)」。
ラ・クレソン (6)

切るとこんな感じです。少し甘めのパンで、中はスライスベーコンでした。
ラ・クレソン (7)

妻には「パッション&オレンジのミニ食パン(税抜238円)」。
ラ・クレソン (8)

3切れ入っていて、パッションフルーツとオレンジが入っていて、甘さの中にさわやかな酸味を感じることができる食パンでした。
ラ・クレソン1

娘には「ジューシーウインナー(税抜180円)」です。

スーパーマーケット間の競争も厳しくなってきましたが、石川県内における富山のスーパー、アルビスとの競争もどうなるか?ご馳走様でした。

ラ・クレソン 大阪屋ショップ松任店
石川県白山市五歩市町435-1
TEL 076-276-5353
10:00~21:00
土・日・祝9:30~21:00
無休(大阪屋ショップ松任店に準じる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

白山市と金沢駅前に2軒、計3店ある「居酒屋 はち丸」。

知る人ぞ知る人気の居酒屋ですが、私は金沢駅前店に1度伺ったことがあります。印象に残る居酒屋でした。
麺屋 はち丸

今日は白山市の「麺屋 はち丸」が7月1日にランチタイム限定でラーメン店を始めたということで出かけてきました。

いまのコロナ禍で、宴会需要が激減しているでしょうから居酒屋の営業も厳しい状態だと推察されます。

そんな状況からでしょうか?ランチタイムにラーメン!夜以外にも活路を求めたのかもしれません。単なる個人的想像なのでわかりませんが。

場所は松任のトランテックスの近く、大阪屋ショップの前にあります。
麺屋 はち丸 (11)

オープン時間の11:30を少し過ぎた時間にお店に入りました。先客は一人。

お昼はカウンター席があるエリアのみで営業していました。
麺屋 はち丸 (5)

こちらに提供するラーメンのこだわりが書かれています。
麺屋 はち丸 (6)

メニューです。ラーメンは基本2種類。他限定のラーメンが1種類ありました。
麺屋 はち丸 (2)

こちらで食券を買ってから席に座ります。

私は「あご出汁鶏白豚 塩(税込700円)」を頼むことに。
麺屋 はち丸 (8)

出されたのがこちらです。

上に乗せられている具はチャーシュー、メンマ、ほうれん草。

スープは4層仕立てになっていて、石川県の素材をふんだんに使った「あご出汁鶏白湯」となっています。

まずはスープをひと口。

とろみのあって、口の中でいろいろな食材がハーモニーを奏でます。手間暇かけた作りだということがわかりました。居酒屋店ですが、こだわっていますね。

スープの基本「あご出汁鶏白湯(パイトン)」は、ベースは共通で豚・鶏・酒粕の白湯スープ。それに能登の塩とイワシのいしる、福光屋(らしいのですが)の純米本みりんを加えた塩だれ。プラス魚介スープ、さらにあご煮干しで凝縮して作られた香味油などを加えて作られていました。

濃厚なので、途中であご節の魚粉やコショウなどで変化をつけて楽しむのがいいですね。
麺は細麺と太麺を選ぶことができ、私は太麺をチョイス。まぁ、太麺といっても、中太に近いかな?ストレートな麺です。
麺屋 はち丸 (9)

この麺も特徴があって、モチモチの弾力があって適度の濃いスープを吸っていい感じでした。

全体のボリュームはそれほどでもありません。
麺屋 はち丸 (7)

トッピングの中に「能登岩海苔(税込150円)」というのがあったので頼みました。
麺屋 はち丸 (10)

濃厚スープの中、岩海苔残りっとした食感の磯の風味が加わって、この塩ラーメンにマッチしたトッピングでよかったです。

人気居酒屋のラーメン!専門店にも負けない個性と味を楽しむことができますよ!ご馳走様でした。

麺屋 はち丸
石川県白山市徳丸町168-1
TEL 076-277-4480
火~日
11:30~14:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

白山市の旧鳥越といえば蕎麦が有名です。

夏の時期はその鳥越の蕎麦の収穫時期ではありませんが、夏の暑い時期は冷たい蕎麦が恋しくなります。

今日は白山市に3年ほど前にできたJA白山ファーマーズマーケット「よらんかいねぇ広場」に行ったついでに店内併設のお店で蕎麦を食べてきたので紹介したいと思います。

昨今、各地のJAの直売所が至る所にできているようですが、その土地土地の農産物や加工品を一堂に集めて思い思い買い求めることができるということで人気です。
一向衆蕎麦 (10)

建屋内に、「いっぷく処 一向衆蕎麦」というお店があって、鳥越産の二八蕎麦を食べることができます。

店名に「一向衆」という文字が付けられていますが、旧鳥越は戦国時代、一向一揆により治められていたことがあったことから付けられているのです。

お盆前の日曜日に行きましたが、お昼少し前の時間帯で「よらんかいねぇ広場」店内は混み合っていました。

「いっぷく処 一向衆蕎麦」の店内はそれほど広くはありませんでしたが、それほど混雑していませんでした。セルフサービスのお店で女性の方一人で切り盛りされています。
一向衆蕎麦 (2)

食券機で食券を買ってオーダーします。「地元鳥越手打ちそば」と書かれていますね。
一向衆蕎麦

お店のメニューはこんな感じです。食券機にはほかのものもありました。

蕎麦中心ですが、うどんもありました。
一向衆蕎麦 (7)

私はこの中から「山菜おろしそば(税込620円)」を頼むことに。暑い日だったので冷たいぶっかけです。蕎麦は冷たいのができますがうどんはできないようです。
一向衆蕎麦 (8)

「地元鳥越手打ちそば」と書かれていますが、この店内で手打ちされているわけではなく、どこかの製麺所から持ってきているのでしょう?

つゆはそれほど特徴があるわけではないと思いましたが、蕎麦はもちっとした弾力があっておいしかったです。
一向衆蕎麦 (5)

妻は「山菜とろろそば(税込680円)」でした。蕎麦はざるで頼んでいますが、ぶっかけとざる両方チョイスできるのはいいですね!?

営業はランチタイムだけですが、買い物でふらっと立ち寄って蕎麦でも食べるといった使い方ができるので重宝するかもしれません。ご馳走様でした。

いっぷく処 一向衆蕎麦
TEL 076-273-3002
石川県白山市井口町に58-1
 よらんかいねぇ広場内
11:00~14:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨年10月に千代野ニュータウンの近くに再開発されたエリアであるイータウン白山がオープンしています。

私は最近まで知らずにいたのですが、8月に入って初めて行くことになりました。

白山インターにもほど近い便利な位置に、まだ周辺には家屋などがあまりないエリアで、いまの状況ではポツンとたっているような状態ですが、すぐにこの辺りも住宅などが建ってくるのだと思います。

そんなイータウン白山のキーテナントとして入居しているのがアルビスです。
トントンハウス

アルビスは富山県の会社で、近年石川県でも多くのお店をオープンさせて業容を拡大しています。

パンの販売については、アルビスにはアルビスベーカリーという子会社があって、アルビス店内にはこのアルビスベーカリーがパンのお店を出しているところが多いのですが、イータウン白山では小松市にもパン工場があるトントンハウスがお店を出していました。
トントンハウス (2)

トントンハウスはアルビスの寺井店にもお店を出しているので、今回、その関係もあって北安田店にお店を出すオファーがあったのかもしれません。

では翌朝食べるために買ったパンについて紹介します。

トントンハウスのパン生地は冷凍発酵させたものを使用しています。

こちらは「ベーコンポテト(税抜148円)」。
トントンハウス (12)

北海道産のポテトとベーコンが乗せられています。

こちらが「ノアレザン(税抜178円)」です。
トントンハウス (11)

レーズンとくるみがたっぷり入っていました。
トントンハウス (13)

半分に切ったのがこちらで、左が「ベーコンポテト」で右が「ノアレザン」です。

あと「ほんわかちぎりぱん(税抜118円)」も買っています。
トントンハウス (9)

沖縄のさとうきびから作られたほんわか糖がかけられています。

ソフトな食感の優しい味のパンですね。

パン業界もいろいろな販路で拡大をしていくところが増えていますね。ご馳走様でした。

トントンハウス 北安田店
石川県白山市北安田町23-69
 イータウン白山 アルビス北安田店内
TEL 076-274-5338
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ