あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:白山市

11月中旬の土日、とてもいいお天気で、陽気に誘われて山の方にドライブ。

白山ホワイトロードの今年最後の営業日で、そちらに向かう途中の「道の駅 瀬女」の駐車場は大混雑していました。

我々は紅葉を楽しみに出かけたので、ホワイトロードのほうには向かわずに白峰の方に行くことにしました。
道の駅瀬女 (3)

もうだいぶ前のことなので今さらですが、山々もきれいに色づき雲一つない青い空とのコントラストが素晴らしかったです。

白峰の中心にある駐車場に車を停めてしばし歩いて街中を散策しました。

白峰にちゃんと来たのは4年ほど前に「雪だるまカフェ」に行ったとき以来です。
白峰 (4)

こちらの立派な建物は「白峰温泉総湯」です。今回、我々は入りませんでした。
白峰 (9)

郵便局も風情がある建物です。
菜さい

30分ほど街を歩いてから、ランチを食べるために入ったのが、こちらの「白峰特産品販売施設 菜さい」。
菜さい (5)

こちらは、特産物や手作りの手芸品、民芸品はどを販売しているお店と、白峰で採れた山の幸と特産品・自家栽培の雑穀を活かした食事を提供するお店が一緒になった施設なのです。
菜さい (4)

11時15分ごろでしたが、何と満席!15分ほど待って席に着くことが出来ました。
菜さい (2)

メニューには色々な料理の数々。やはり白峰の地場産の食材を使った郷土料理が基本になっていますね。

我々はその中から「白山百膳じげ御膳(税込1,650円)」と「白峰いなり丼(790円)」を頼んでシェアすることにしました。ちなみに「じげ」とは「白峰」のことを指します。

「白山百膳じげ御膳」は、名物の堅豆腐を使用したメインと白峰の郷土料理が一度に色々楽しめる内容になっています。
菜さい (6)

こちらに説明が書かれていますが、「かっちり」「くきまま」「かましいりこ」など、普段あまり聞きなれない食べ物が並んでいます。
菜さい (10)

「くきまま」は、大根菜の漬物と油あげをまぜた混ぜご飯のことで、素朴な味わいの白峰の郷土料理のひとつです。少し濃いめの味付けでしたが、これがとても美味しかったです。
菜さい (11)

「かっちり」は普通は捨てられてしまうような小さなジャガイモを、皮付きのまま鍋に入れて醤油と砂糖で味付けをして汁気がなくなるまで煮詰めた料理で「もったいない」を考えた先人の知恵の料理です。

食べたら、中に栗が入っているのかと勘違いしたほど甘くて美味しかったです。
菜さい (12)

メインは3種類の中から選べますが、我々は「堅豆腐ステーキ」でお願いしました。これは白峰名物の堅豆腐に下味をつけ、ガーリックの風味をきかせてソテーしてあります。なかなか美味しいです。

デザートの「かましいりこ」については、「雪だるまカフェ」でも食べていて、そちらで紹介していますので、そちらを見てください。
菜さい (8)

もう一つ頼んだ「白峰いなり丼」は、白峰の有名な豆腐屋さん「山下ミツ商店」の大判揚げを使用して、軽く焼いて丼のご飯の上に乗せて、だしをかけ茶漬け風に食べる丼めしでした。
菜さい (9)

上品な出汁で、油揚げのおいしさを引き出してくれていました。

味噌汁ときゃらぶきの佃煮が付いています。

白峰の味を楽しめるメニューが多く、白峰に来たと感じさせてくれて、味の方も美味しく頂くことが出来て満足できました。ご馳走様でした。

白峰特産品販売施設 菜さい
石川県白山市白峰64?3
076-259-2588
10:00~17:00
火曜休(祝日の場合は翌平日休み)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ヘルシー傾向の昨今、ベジタブルな食事を中心にメニュ構成されている飲食店が増えてきました。

あと、インスタ映えのするメニューとかも昨今の流行りかもしれません。

今日紹介するのは、白山市鶴来の街中に7月12日にオープンした「たまごのゆめ」というかわいい名前のカフェです。
たまごのゆめ (3)

場所は天狗中田鶴来店の対面。ただし、お店の入り口はこちら側の玄関ではありません。
たまごのゆめ (2)

「建築昌英」という建築設計事務所の2階をリノベーションしてカフェに変身させています。
たまごのゆめ (4)

上の写真の右側の細い路地を少し入ったところに「たまごのうめ」の入り口があります。

こちらの方から中に入って階段をのぼっていくと、2階が、きれいで明るい空間のお店になっています。
たまごのゆめ (6)

設計事務所自体も昔からある建物を改装しているのですが、2階に3室あった和室だったエリアを完全に改装しているのです。
たまごのゆめ (8)

木の温もりと左官職人による塗りのシンプルなデザイン。このあたりは設計事務所のなせる業でしょうか?

お店は女性の方お二人で切り盛りされていました。
たまごのゆめ (9)

小上がり的な席があって、小さな子供連れの方もokです。
たまごのゆめ (16)

基本はカフェで、パンケーキがウリのお店。パンケーキに使われるたまごとの関係で「たまごのゆめ」という店名にしているかな?
たまごのゆめ (13)

ランチは「季節のランチ(税別1,200円)」が限定10食用意されています。
たまごのゆめ (7)

この日の「季節のランチ」はこのような内容でした。

鶏肉が使われていたので、苦手な私は、牛のミンチの唐揚げに変えてもらいました。ありがとうございます。
たまごのゆめ (19)

ドリンクメニューはこちらです。ランチにプラスすると250円で付けることが出来ました。
たまごのゆめ (21)

出された「季節のランチ」のセットがこちらです。
たまごのゆめ (22)

大きなボウルに、ほとんど野菜と思えるような感じで色々なものが盛られていますね。

ドレッシングは自家製の紫玉ねぎを使ったもの。酸味が心地よいドレッシングでした。
たまごのゆめ (23)

左側には「にんじんラペ 」と「かぼちゃとごまこうじ」。そしてご飯は「もち麦ごはん」です。ブロッコリーポタージュスープも美味しかったです。

行った日は、10月のとあるお休みの日でしたが、我々が食べている間に満席になり、飛び込みのお客さんは残念ながら帰って行かれました。休日の日は予約して行った方がいいでしょうね?

頭上にはドライフラワーがぶら下げられていたり、小物も含めてほんわりとした空間づくりの中で楽しむ食事とドリンク。こころまでホッとする一時を過ごすことが出来るカフェでした。ご馳走様でした。

たまごのゆめ
石川県白山市鶴来上東町カ45
 建築昌英2F
TEL 090-8968-0659
11:00~17:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

加賀地方にもお惣菜のお店が色々ありましたが、何となく長続きしてないような気がします。

なかなか経営的にはお惣菜だけでは成り立たないのでしょうか?

今日紹介します白山市長屋町(ちょうやまちと読みます)に、10月7日オープンしたおにぎりと惣菜のお店「和の里」。

白山市の市街地にあるわけではなく、個人的には場所的にはなかなか難しいところではないかと思うのですが、どうでしょうか?

最初から変な入りでの紹介になりましたが、こちらのお店は小松市で活動するこまつ女性起業チャレンジ塾有志がコアとなっている会「グループ小まめ」のメンバーで、この度ご自身のお店として「和の里」をオープンさせています。

オープンの情報は、「グループ小まめ」の相談役の㈱ジー アンド エスの萩原さんのSNSで知りました。
和の里 (7)

建屋は新しいですが、イニシャルコストは最小限?
和の里 (6)

オープン祝のお花が飾られています。
和の里 (4)

店内に入りますが、店内といっても質素な感じで、ほとんど華美な要素は感じられません。

基本はおにぎりとお惣菜をテイクアウトしたり、お店の中でイートインしたりできるお店で、ご覧のようにお惣菜が普通に並べられています。
和の里 (3)

煮物系が多いですね。

お店に到着したのが11:40頃。しかし目的の主食であるおにぎりが3個しか残っていませんでした、それも梅おかか(大サイズだそうです)の1種類のみ。

朝のうちにだいぶ売れてしまったようです。

そこで、他の種類がないかどうかお聞きしたら、鮭ともう一種類(何だったか忘れましたが)あるということで、鮭を小サイズ(もok!)で握ってもらうことに。
和の里 (9)

買い求めたものは、おにぎりは大と小が1個ずつで、大は梅おかかです。
和の里 (10)

おかずとして、筑前煮と玉子焼きを買いました。

惣菜類はセルフで容器に詰めての量り売りのようです。以上で締めて460円だったかな?

味的には田舎のおふくろの味的な感じでしたね。

そうそう!オープン記念の粗品として、ご自宅で作られている新米を頂きました。ありがとうございます。

さて、応援したい気はするのですが、なかなか白山市まで買いに行くことが出来ません。皆さん!是非行ってみてください。ご馳走様でした。

和の里
石川県白山市長屋町ト23-4
TEL 080-5907-6750
7:00~15:00
日曜祝日休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

白山市には安産のご利益をうたう神社があって、その名が安産神社というそのものずばりの神社です。

安産と書いて「やすまる」と読みます。
一休どん (14)

私のブログでも過去にこちらで紹介しています。神社のことについてはそちらを見てください。

今回、その神社の境内の中に新しいカフェが出来たということで出かけてきました。
やすまるごはんカフェ (13)

お店の名前は「やすまるごはんカフェ」。

10月の雨が降るとある休みの日、11:45頃にお店に到着。お店は混雑していました。

店内では、まだ新しいお店だということもあるかもしれませんが、多くのスタッフが働いていました。

店舗は新築された新しい建屋。当然きれいです。神社の古くて厳かな雰囲気とは違って、明るくカジュアルな感じのお店でした。

我々はカウンター席に座って、許可を頂き店内を写真撮影しました。
やすまるごはんカフェ (2)

カウンターからキッチン側を見た写真です。
やすまるごはんカフェ (12)

これは奥のほうのテーブル席です。大きな液晶テレビがかけれれています。
やすまるごはんカフェ (5)

外にもテラス席が設けられていましたが、これからの寒い季節は利用しにくいですね。

メニューです。
やすまるごはんカフェ (4)

定食各種揃っていて麺類やカレーの設定もありました。

この日の日替わりランチは「トンカツ定食(税込1,150円)」と「海のミックスフライ定食(税込1,050円)」の2種類。
やすまるごはんカフェ (8)

私は「海のミックスフライ定食」にしました。
やすまるごはんカフェ (7)

妻はフライ物があまり食べたくないようで、「とん汁定食(税込600円)」です。
やすまるごはんカフェ (9)

「海のミックスフライ定食」は、魚のフライが2種類とカキフライ1個という内容。
やすまるごはんカフェ (10)

他にご飯にとん汁、小皿2種類と漬物が付いています。

ご飯、とん汁、小皿2種類、漬物については、「とん汁定食」も同じ内容だったので、「海のミックスフライ定食」はとん汁定食+海のミックスフライ単品ということですね。

差額が450円なので、「海のミックスフライ定食」のほうがお得感ありました。

なお、今日の日替わりランチの内容は、公式Instagramと公式facebook、公式twitterで確認することが出来ます。

安産と出逢いのパワースポットだといわれる安産日吉神社に参拝に来た折にでも、美味しいランチを食べてみてはいかがでしょう!?ご馳走様でした。

やすまるごはんカフェ
石川県白山市平加町イ26-1
TEL 076-259-1309
11:00~22:00
ランチタイム11:00~14:00
水曜・第2・4日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

加賀地方のパン屋さんの紹介もそろそろネタ切れ状態になってきました。^^;

スーパーやショッピングセンターに入っているパン屋さんについても色々ブログで紹介していますが、今日もそんな一軒です。

別に県内のパン屋さんを全店紹介しようとしているわけではないのですが、同じお店を何度も、ということも何なので、色々おかずなどを買い求めに行ったついでにパン屋さんがあれば買って紹介しています。

さて、このようなスーパーやショッピングセンター、大手では系列のパン屋が入っているケースが多いですが、地元資本のスーパーでは、個人の経営するお店が入っていることが多いかもしれません。

ただ、個人経営で自前のお店だと自分の思い通りのパン作りをすることが出来ますが、このようなスーパーなどの一角を借りて営業しているお店だと、なかなかそうはいかないのかもしれません。
パン工房ショコラ (8)

今回は白山市の新興住宅街?北安田のAコープの中にある「パン工房ショコラ」というお店です。

Aコープ店内にも大手のパン製造会社のパンが売られていました。

そんなパンの置かれている場所の近くに「パン工房ショコラ」のコーナーがあります。お店の方に了解を頂き写真を写します。
パン工房ショコラ (7)

この場所でパンを作っていて、思ったより多くの種類のパンが売られていました。

ソフト系のパンが多く、中でも惣菜系のパンの種類が多かったです。

その中から私は、こちらのソーセージパン(金額はすべて税別表記で130円)を食べました。
パン工房ショコラ (12)

思ったよりパン生地が甘めの味付けです。
パン工房ショコラ (9)

妻は「ベーコンチーズ(130円)」です。ちょっとハード系のパンです。
パン工房ショコラ (11)

娘は同じソーセージのスパイシーバージョンです。135円でしたがこの日はサービス品となっていて100円。お得です。私もこちらにすればよかったかな?^^;
パン工房ショコラ (10)

あと、こちらもサービス品ということで100円になっていた「カマンベールチーズ(130円)」も買っています。

このショッピングセンターはクスリのアオキなども併設されていて、多くのお客さんが買い物に来るお店です。お値段もお手頃につけられているのである程度の量を売らないといけないのでしょうね?ファミリー層向けでした。ご馳走様でした。

パン工房ショコラ
石川県白山市北安田町5街区
 Aコープ内
TEL 076-274-1240
Aコープの休みに準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ