あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:白山市

カフェでランチもたまにはいいですね。今日はそんな話題です。

行ったお店は一昨年秋にオープンした白山市にある「HALE cafe(ハレ カフェ)」です。
Hale

実は、こちらのお店の前は「Orange Cure」というカフェで、その時に一度行こうと考えていたらいつの間にか閉店になっていました。

その後、こちらの「HALE cafe」がオープンしたのですが、結局訪問するまで1年半もかかってしまいました。

今回私は、春の陽気に包まれた、とある土曜日に事前に予約を入れて伺いました。
Hale (2)

お店に到着したのは12:20頃。先客は3組。比較的広いお店でそれほど混雑していませんでしたが、その後、2組のお客さんが入ってきました。
Hale (6)

店内にはお子様連れのかたにはうれしい授乳室があったり、作家さんの雑貨小物や洋服なども売っていたりして、お店の名前の「ハレ」はハワイ語で「集まる場所や家」といった意味をあらわしているようですが、そんな感じのするお店だと感じました。

お店の営業時間は2月から11:30~16:30とお昼のみの営業に変わっています。夜は予約のみの営業です。また、お店には駐車場がなく近くの市営駐車場に停める必要がありますが、飲食すれば駐車代金は現金で時間分バックしてくれます。
Hale (3)

さて、ランチメニューは、パンとライス、そしてパスタの3種類があって、単品だと1,000円。前菜にスープとドリンクが付いたセットにすると1,300円でした。あと、日替わり限定の「限定HALE LUNCH」と言うのも設定されています。

もちろん、カフェなので、その他の飲食メニューもありましたよ!

私は今回、日替わり限定の「限定HALE LUNCH」をお願いすることに。この日は海老とキノコのトマトクリームパスタです。
Hale (8)

まず最初に前菜のセットが出されます。思っていたよりは多くの種類が付いてきて楽しめました。
Hale (9)

私のにはパスタのセットなので小さなパンが添えられています。

そしてメインのパスタです。
Hale (12)

トマトはクリーム系なので、酸味はそれほど効いていません。エビもたっぷり入っていました。美味しかったです。
Hale (11)

妻は、ライスメニューの「チキンの和風ロコモコ」。ご飯は雑穀米です。
Hale (17)

ドリンクは、この日からマンゴージュースがあったので私はそれに。妻はコーヒーです。

あと、+220円でデザートを付けることが出来たのでお願いしています。
Hale (16)

小さなマフィン、クッキー、イチゴ。生クリームがたっぷりかかっています。

最初、お店の名前がハワイ語なので、もう少しハワイアンなイメージや食事が出来るのかと思っていましたが、妻の食べたロコモコ以外はありませんでした。それにロコモコも確かにハワイメニューですが、和風なテイストでした。

ただ、内装や雰囲気、授乳室があったりと、若いママさんがゆっくりと家族の時間を過ごすのには適しているお店だったので、そんな方々にはうれしいと思います。ご馳走様でした。

HALE cafe(ハレ カフェ)
石川県白山市辰巳町60-2
TEL 076-256-2360
11:30~16:30(L.O.15:00)
月曜休(不定休あり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昔は、飲食店に限らず、食に関してのお店を開業するには、どこかで師匠について修業するか、調理師専門学校などを出て他店で働いてから自分のお店を開業というのが一般的だったと思います。

しかし、いま、飲食業を開業するにあたって、短期間でノウハウを得て開業させるというビジネスが流行っています。いわゆる開業支援ビジネスというやつですね。

これはチェーン店のフランチャイズ店のような形態とは、また違います。

テレビでも前に、ラーメン店の開業時に同じようなところを出た人の、開業までのドキュメント番組を見たことが記憶に残っています。

ラーメン店に限らず蕎麦やうどんなど麺類の場合は、比較的開業資金が少なくてもできるので、そのようなケースがあるのではないかと思います。パン屋さんのもあったと思います。

もちろん、短期間で開業できたとしても、その後お店が繁盛するかどうかは別な話で、一般論をいうならば、その後に努力された人が長くお店を維持されるということになるのではないでしょうか?

最初から偉そうなことを書きましたが、今日紹介します「bakery wataya PLUS-ONE(ベーカリーワタヤ プラスワン)」は、2013年9月に白山市の住宅街にお店をオープンされて4年ほど経過。
北海道産小麦100%と無添加生地にこだわったパン作りが評価され、地域に根付いたパン屋さんになっているようです。

オーナーの方は、金沢市役所に勤めておられたのですが、4年ほど前、57歳の時に独立開業されています。このことは金沢市の山野市長のブログに書かれていました。

なかなか57歳で心機一転というのは、ずいぶん思い切ったなぁ、と個人的には思います。

独立時に住まいと一緒に新築していて、新しいお店です。
店内は明るくシンプル。思っていたよりは多くの種類のパンが並んでいました。「焼きカレーパン」と「塩っぱん」がウリなようです。その中で珍しいと思ったのは、長野の「おやき」のパン?の種類が多く並べられていたことです。
私もその中から「野沢菜おやき(160円)」を買い求めてみました。
温めて手で割ってみると、中はこんな感じです。野沢菜もたっぷり入っています。野沢菜をマヨネーズであえてありました。美味しかったですよ!
これは「くるみ&カマンベール(190円)」で、カマンベールクリームチーズをくるみの生地で包んであります。
「ソーセージぱん(190円)」は、コショウとガーリックが効いています。
こちらは「米粉食パンぶどう(半斤300円)」。米粉を使った、重量感もあって、モッチモッチの食パンでした。

ベーシックなパンの種類も多くあって、値段も手ごろ。今後も長く続いていくパン屋さんだと思いました。ご馳走様でした。

ベーカリーワタヤ プラスワン
 bakery Wataya PLUS-ONE
石川県白山市徳丸町37-9
TEL 076-274-8100
10:00~18:00
※なくなり次第閉店
月・火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

昔は、一人で喫茶店に入ることはあまりなかったのですが、最近、時々行くようになりました。

私自身これまでは、コーヒー自体それほど飲むほうではなく、スイーツ系もあまり食べなかったのですが、最近はそうでもなくなってきました。

甘いものは、いまでも苦手なのですが、最近のスイーツもそれほど甘くないのが増えてきたのと、年を重ねてきて甘いものもそれほど苦手じゃなくなってきたのかもしれません。

さて、今日紹介します「珈琲茶房 なごみ」へは、先日紹介しました手打ちうどんの「どん平」に行った後に、食後のデザートとお茶しに入りました。
珈琲茶房 なごみ (4)

場所は白山市、旧松任の街中、白山市若宮公園近くにあります。オープンして2年ほど経った、比較的新しいお店です。

入口の黒板に「コーヒーと自家製スイーツのお店」と書かれています。
珈琲茶房 なごみ (12)

店内に入ると、外に面した大きな3つの窓から外の光が注ぎ込んできて明るいお店で、挽きたてのコーヒーの香りが漂っていました。
珈琲茶房 なごみ

内装や家具類もこだわりがあるようで、白い壁に木のぬくもりを感じさせてくれる天井の梁と床のフローリング。そして家具類もアンティーク調の落ち着いたものばかりでした。

2年前にオープンしたということですが、ご夫妻?の年齢からすると、脱サラでしょうか?いい雰囲気を醸し出しているお店だと思います。

私は一人だったので、普通のカウンター席ではなく、大きな窓に面して設置されているカウンター席に座ります。

テーブル席や、奥のほうにはゆったりとくつろげそうなソファ席もありました。
珈琲茶房 なごみ (14)

メニューは、HPに掲載されているので、そちらを見ていただきたいのですが、スイーツ類は少し内容が変わっているようで、こちらに写真を掲載しておきます。
珈琲茶房 なごみ (13)

また、ストレートコーヒーは、日(週)によって変わるようです。ハンドドリップで一杯一杯丁寧に入れてくれます。ただ、行った日は7月末の蒸し暑い日で、さすがにホットコーヒーは飲む気がしなくて、私はアイスコーヒーにしました。
珈琲茶房 なごみ (17)

アイスコーヒーも作り置きではなく、ちゃんと豆を挽いてからドリップして入れてくれます。

一緒に頼んだスイーツはお店定番のチーズケーキです。こちらは人気のようです。
珈琲茶房 なごみ (15)

ベイクドチーズケーキで、まわりにブルーベリー・ラズベリー・ブラックベリーなどが散りばめられていて、ベリーソースがかけられていました。なかなか「お値段以上」の内容でした。

ちなみに、ドリンクとスイーツや食事メニューと一緒にオーダーすると100円引きになります。これでトータル800円でした。

昔は、こんなホッとするような喫茶店が街中にもいっぱいあったのですが、最近はなかなかないですね。暑い日にも寒い日にもホッとできるいいお店でした。ご馳走様でした。

珈琲茶房 なごみ
石川県白山市布市1-61
TEL 076-225-3210
月・水~金10:00~18:00(L.O.)
土・日・祝11:00~18:00(L.O.)
火・第2・4水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

「一揆そば 長助」へは11年ぶりの訪問でしたが、11年前はおろしそばを食べていました。
長助 (11)

ここは、一部のメニューに地元の旧鳥越産のそばを使っています。

そして、そば自体は極太で超コシの強い田舎そばなのです。

昔から人気のお店だったのですが、昨年、北陸新幹線の金沢まで延伸して以来、人気に拍車がかかったようで、白山市内のみならず、県外からのお客を含め遠くから食べにくるような人気店になっていました。

私は、久しぶりにドライブがてら車を走らせましたが、小松市街からは30分もかからない時間で到着するので、意外と近いのです。

6月のとある日曜のお昼、12時少し前にお店に到着。駐車場は早くも満車状態でした。ん?一杯か!?と思いましたが、中に入ると運よく席は空いていました。
長助 (14)

ご覧のように水車も回っている古民家風の立派な店舗で、中も天井が高く開放感があります。
長助

基本、そば屋ですが、うどんや丼物もメニューにはあります。

しかし、やはりここではそばを食べないわけにはいきません。それも、ウリの地元産のそば粉を使った田舎そばを。

ということで、私は、お店の冠にも表記されている名物「一揆そば(税込800円)」を頼むことにしました。冷たいのと暖かいのから選びますが、当然、そばは冷たい方です。
長助 (7)

出されたのがこちら。揚げ草餅と山菜が乗せられています。脇には漬物ではなく、タクワンを煮た「ぜいたく煮」が添えられています。
長助 (5)

そばはご覧のように極太です。コシがめちゃめちゃ強く、しっかり噛んで胃の中に送り込まないといけないと感じるほどです。

ただ、舌触りは滑らかで、とろろか何か練りこんでいるのかと思えるようなそばでした。

ダシは少し甘さを感じます。おろしそばのように辛味大根が添えられていますが、辛さはほどほどでした。
長助 (9)

山菜はこごみ2個だけ。^^;あと、なぜかニンジン?これも山菜??

でも、揚げ立ての草餅は美味しかったですよ。
長助 (4)

妻のほうはこちらの「田舎もり(1,100円)」を頼みました。

竹の器に田舎そばと山菜の天ぷらが盛られています。天ぷらは揚げ立てでサクサク。ちなみに天ぷらは季節によって変わるようです。
長助 (10)

そば湯は頼んで出していただきました。さらっとしたそば湯です。

意外と、白山市には太いそばを食べさせてくれるお店が多いですね。ご馳走様でした。

一揆そば 長助
石川県白山市釜清水町ち2-1
TEL 076-254-2003
11:00~19:00(L.O.)
水曜,第5木曜休
 
気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング        

このページのトップヘ