あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:町家

金沢の鮨屋さんの紹介を久しぶりに書きます。

しかし、金沢の鮨店の新店ラッシュが続いていますね。

今年も今情報があるだけで2~3店オープンするということも聞いていますが、どこまでいくのでしょうか?

まぁ、あの小松弥助さんが3月で辞められるとのうわさも飛び交う中、金沢の鮨店の競争は益々激化することは間違いなさそうです。

さて、今日紹介するのは、金沢片町の人気鮨店「あいじ」の2号店となるお店「金澤主計 鮨処あいじ」。
あいじ

金沢の茶屋街「主計町」に昨年10月にオープンしています。

片町のお店には前回「百万石の鮨」を食べに行っていているほか何度かお邪魔していますが、こちらへは初めてとなります。

この日、妻が急きょ仕事で来れなくなったので一人で伺うことに。
主計町

主計町の浅野川沿いの町家、旧尾崎邸で、前は日本酒バー「SAKE BAR 數 KAZOE」だったところです。

ちょうど正午にお店に到着。お店は2階で町家の狭い階段をのぼって上にあがります。

カウンター席が4席と少なく、あとはテーブル席が2グループ分。
あいじ (3)

鮨はカウンターで!がいいと言いますが、観光客にとっては浅野川の風情を愛でながら美味しい鮨を食べるというのもオツではないかと思います。

ランチはおまかせ4,000円のみ。もちろん追加は可能です。ちなみに夜は同じく8,000円からとなっていました。
あいじ (11)

お店を任されているのは、片町のお店の離れを任されていた向川さんです。あいじさんでは4年ほど働いている方です。
あいじ (6)

まず本店と同じくガリではなく野菜の浅漬けが出されます。
あいじ (4)

これで一杯ビールを飲むことにしました。^^;

そしてすぐに握りへ。握りはすべて何らかの仕事がされていて醤油をつけずに食べる鮨です。
あいじ (7)

まずは赤イカ。あら塩と酢橘を軽く。イカの甘みが引き立ちます。シャリは小さめでした。
あいじ (8)

こちらはヒラメを軽く昆布締めにしてあります。
あいじ (9)

甘えびも、名の通り甘くてねっとりとした食感。
あいじ (10)

能登寒ブリは柚子おろしを乗せて食べさせてくれました。脂がほどよく乗っていて柚子おろしの酸味との相性も良かったです。
あいじ (12)

〆鯖もほどよい〆加減。
あいじ (13)

マグロは軽くヅケで。
あいじ (14)

ノドグロは地物ではありませんでした。軽く炙って握られています。
あいじ (15)

芽ねぎで口直し。
あいじ (16)

ウナギです。シラスウナギが不漁で今年のうなぎの価格は高値安定化も?^^;
あいじ (18)

最後はウニですが、珍しくシャリにまぶして手巻きで食べさせてくれます。この食べ方もいいですね。
あいじ (19)

最後のアラの味噌汁が出されて終了です。

以上、10貫で4,000円。ビール小瓶を一本飲んで締めて5,000円でした。私にはちょうど良かったですが、小ぶりな握りなので男性だとあと数貫はイケそうです。

太平寿しの大将も体調を崩されていて心配ですが、大将のDNAがあいじさんを通してちゃんと引き継がれているような気がしました。ご馳走様でした。

金澤主計 鮨処あいじ
石川県金沢市主計町3-6
TEL 080-9781-9988
11:30~14:00
18:00~21:00
いまのところ不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は私の同級生の奥さまの展示会のお知らせです。

本日11月19日から25日の土曜日まで、小松市材木町のこまつ町家認定の旧石田邸にて「川之上佐代子のルーツ・親子三人展」が開催されています。

彼女のお父さまが昨年亡くなられての一周忌と、○○歳を迎えられる記念の親子三人展。
かわのかみさよこ (14)

キルト作家としての彼女の作品と曼荼羅アート。お父さまの趣味だった陶芸・書・絵。そしてお母さまの短歌などが展示されていて、一部販売もしています。
かわのかみさよこ

会場の旧石田邸は、こまつ町家の特徴は、切妻平入り構造の屋根、雨風をしのぎ雪を返すための「下がり」、卯建(うだつ)とも呼ばれる袖壁などで、こちらもその特徴を残しながら内部はきれいに改装されています。

玄関には、Kazuさんこと、森秀一さんの竹を使った看板。
かわのかみさよこ (5)

玄関にも生け花が。
かわのかみさよこ (23)

中に入ると空間としても素晴らしく、ギャラリーとして作られたのような素敵な空間になっていますね。
かわのかみさよこ (11)

その1~2階の半分以上を使って作品が展示されていて、会場にはコンテストで入選した作品なども飾られていました。写真のかたが川之上佐代子さんです。
かわのかみさよこ (26)

こちらのホワイトキルトも入選作品の一つで、モチーフは金剛界曼荼羅。真っ白なキルトも素敵です。
かわのかみさよこ (22)

曼荼羅アートも彼女が取り組んでいるもので、会場にも多く展示されていました。
かわのかみさよこ (7)

彼女の宇宙観というか人生観が見える気がしました。
かわのかみさよこ (18)

また、前述のKazuさんに師事されて墨絵アートのほうも素晴らしい域に達しているようです。
かわのかみさよこ (21)

亡くなられたお父さまも多才な方だったようで、陶芸・書・絵画もたくさん展示されていて、一部は販売していました。
かわのかみさよこ (15)

こちらは会場にもいらっしゃったお母さまの短歌です。芸術家ご一家だったようですね。
かわのかみさよこ (20)

会場ではお茶とお菓子もご馳走になりました。ありがとうございました。

あと、特別イベントとして23日(祝)18時からは、内灘出身東京在住ピアニスト・北方寛丈さんとラビィサリ・松本泰子さんのコンサート(参加費2千円)。

最終日の25日(土)18時からは、李政美(いぢょんみ)さんのコンサート(参加費3千円)なども開催されるようで、皆さんも是非見に行かれてはいかがでしょうか!

川之上佐代子のルーツ・親子三人展
会場:旧石田邸
小松市材木町55
11月19日から25日(土)まで
10時から17時

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨年の10月、どんどん祭りの折、ランチを食べに行った「町家食堂はるお」に再訪してきました。

ランチのときは、お祭りにあわせた臨時営業みたいな感じで、昼間から夜メニューの一部もオーダーできました。通常営業の形とは少し違っていたかもしれません。

またその時は、一番手前のテーブル席だったのでわかりませんでしたが、今回お邪魔して、お店自体はカウンター席や今回通された15~16名は入れる座敷席、小上がりなど、町家の奥が長いお店で、多くの人数が入れるような作りだということがわかりました。

ただ、前回おでんなどもあったのですが、今回おでんはメニューにはありません。この日はとても寒い冬の日だったため、ある意味おでん目当てで訪れたわけですが残念でした。

この日見る限りは、炉端焼きがウリのようなメニュー構成になっていました。

また「この日のおすすめメニュー」というお品書きがありましたが、行った日はお正月休み中だったので、もしかしたら正月用メニューだったのかもしれませんが。

魚は地元安宅の漁師から直接仕入れているようですが、漁の方もお正月休み中?で、残念ながら生の刺身はブリとカンパチ。
はるお (7)

では頼んだものを紹介していきたいと思います。
はるお

まずは生ビールとお通し。
はるお (2)

最初に頼んだのはサラダで「グリーングリーンサラダ」。緑緑ですね!
はるお (3)

「豆腐のギリシャ風サラダ」も頼みました。なぜギリシャ風サラダなのか食べてもわかりません。^^;
はるお (6)

本日のおすすめメニューの中から「ヒラメの昆布締め」。ブリとカンパチと同じく、こちらも800円です。
はるお (21)

こちらは、「カマスの開き(600円)」です。カマスの開きは珍しいと思います。

焼魚は開きが多かったのは、お正月期間なので新鮮な魚介がなかったからでしょうね?
はるお (5)

「揚げ出し豆腐」も頼みます。
はるお (12)

さおして炉端焼きメニューからは「しいたけ」。石川県産で大きいのが3枚お皿に乗せられてきました。
はるお (13)

「焼ナス」は細身。
はるお (17)

「じゃがいも」
はるお (15)

「ピーマン」
はるお (11)

「揚げ焼き」などを頼みました。
はるお (16)

炉端焼き以外では「牛スジ」もありましたが、私は食べていません。
はるお (10)

「出し巻き玉子」は焼きたてふわふわで美味しかったです。
はるお (20)

こちらは「オニオンフライ」です。
はるお (14)

ご飯ものとして「とんぺい焼き風」を頼みます。「風」となっているので肉が使われていません。
はるお (8)

ハイボールの後、飲んだものは地元小松のお酒「加越」。なみなみと注がれています。
はるお (9)

こちらは「フリージングハイボール」。ブラックニッカです。写真にはありません焼酎のお湯割り(赤霧島)なども頼みました。

以上、飲み食いして一人3,000円ほど。思ったより安かったですね。

店構えは少しお高いイメージですが、気軽に普段使いが出来る良心的なお店だと思います。ご馳走様でした。

町家食堂「はるお」
小松市土居原町219-2
TEL 090-7741-5286
11:00~14:00
17:00~26:00
日祝休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

ひがし茶屋街から少し離れた、前田利家ゆかりの宇多須神社の真ん前に女優・タレントとして活躍するMEGUMIさんのお店が昨年10月にオープンしました。

店名は「cafe 多聞」。宇多須神社が「毘沙門天」を祭っていて、その毘沙門天のことを別名「多聞天」と呼びます。ちなみに宇多須神社は最初、卯辰治田多聞天社と呼ばれていたことがあり、そこから名前を拝借しています。

「多聞」とは「正しい教えを多く聞き、心にとどめるという意味がある。大事な人と楽しく笑ったり、いい話が出来る時間を提供したりする場所になれば」と彼女が話されているようです。
多聞

築100年以上の、当時として、さらにはこのあたりでも珍しい3階建ての町家をリノベーションしています。
多聞 (8)

1階はご覧のようなテーブル席。2階にも座敷席があり、合わせて35席ほどのカフェとしては広いお店です。
多聞 (18)

我々が行ったのはクリスマスイブの日。夕方17時、あたりはもう暗くなってしまったとき。店内はその時間でも賑わっていました。

席の間隔は東京サイズで狭かったです。^^;

基本はパンケーキのお店で、パンケーキといえば、最近、金沢でもお店が増えてきましたが、このあたりでも「fluffy(フラッフィー)」という人気のお店があったりします。

ちょうどこの日はクリスマスイブということで、期間数量(1日20食)限定のパンケーキを勧められたので、メニューをあまり見ずにそれにしました。^^;
多聞 (3)

あとで家に戻ってから、写したメニューの写真を見たら、ほかにも石川県の野菜やフルーツなどの食材を使ったパンケーキが多くありました。その中で一番ベーシックなパンケーキで980円です。

この「クリスマス限定パンケーキ」のお値段は1,280円で若干値が張ります。オーダーが入ってからメレンゲを立てはじめるので少し出されるまで時間がかかりました。
多聞 (15)

出されたのがこちらです。確かにクリスマス仕様です。ボリュームがありそうですが、パンケーキ自体はメレンゲが主なため、空気を含んで柔らかくて胃にもたれませんでした。
多聞 (17)
 
パンケーキを覆っているのはチーズクリームのホイップ。ベリーソースを流しかけてあります。

傍らには、イチゴサンタとアイスの雪だるまが。そしてホワイトチョコを雪に見立てて、金沢らしく金箔がかけられています。

値段はさておき、美味しかったですよ!
多聞 (12)

飲み物はコーヒー(400円)を頼みました。コーヒーはマシンで入れているので普通でした。
多聞 (10)

お店では器類は地元若手作家のものを使っているとのことで、店内では、それらの品を販売するコーナーもあります。
多聞 (9)

でも、MEGUMIさん、最近テレビなどで見かけないと思いましたが、事業家に転身かな??^^; ご馳走様でした。(書いたあとでフジテレビ系列のフルタチさんで見かけました!)

cafe 多聞
TEL 076-255-0370
石川県金沢市東山1-27-7
平日9:00~18:00(L.O.17:30)
土日祝9:00~19:00(L.O.18:30)
不定休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

石川県は戦災や大きな震災にあっていないので昔ながらの町家(町屋)が多く残っていることで知られています。

特に金沢市では多く見ることができます。

そこで金沢市ではその景観保護と価値保存にむけて「金澤町家の保全及び活用の推進に関する条例」に基づき、金澤町家保全活用推進基本方針を出して、町家の保全に努めているのです。
はっち

町家(町屋)は住居として使用することはもちろんですが、リノベーションして飲食店に変わっているところも多くあります。今日紹介する金沢駅にも近い「金沢町屋 はっち」も、そんな町屋を粋なイタリアンレストランにしたお店です。
はっち (4)

内装は「和モダン」?お店のコンセプトにも合致している空間です。
はっち (6)

落ち着いた感じですが明るくカジュアルにまとめられていて、家具類もゆったりとくつろいで飲食が出来るようなものでした。
はっち (14)

ライトアップされた中庭には小さいながらも日本庭園。雪吊りも見られました。
はっち (32)

これは和紙の堀下さんという作家さんの「和紙あかり」です。

さて、オーナーシェフの日南さんは加賀市山代温泉の近くのお生まれ。イル・ガッピアーノ&コルサロの金山さんのところでも一時働いていらっしゃったようです。

最初は小松近辺でお店を出そうとして物件を探したそうですが、なかなか条件が合わずに断念。そしてこの金沢駅の近くで作りたいイメージに適した町屋を見つけて今に至っています。

金沢駅から歩いて5分程度で着けるので便利な場所だと思います。
はっち (31)

そういえば、小松での物件探しのときがご縁となって、いまお店で使われている食器類は小松の宮本泰山堂で揃えられたと話しておられました。

また、加賀市出身ということで食材も加賀のものを使うことも多く、魚介の仕入れは橋立港で水揚げされたものを直接仕入れているそうです。

お米は「加賀ティール」というコシヒカリの品種を無農薬栽培している加賀の農家。菌床しいたけは小松市滝ヶ原から仕入れていました。

これらは実際に日南さんがアルバイトしたりお会いしたりしたところと契約しているようです。生産者の顔が見えているから食材の良さや特徴をわかって調理できるのでしょうね?

そんな器類や食材を使ってのイタリア料理は、和食の技法も取り入れてのものになっています。
はっち (10)

まずはスパークリングで乾杯!「ガンチア・プロセッコ・スプマンテ」のミニボトルです。
はっち (16)

お通しは、車海老。お通しとしては珍しいです。

あわせて最初の料理として「はっち 前菜盛合せ(1,380円)」を頼みます。はっちのエッセンスが詰まっているようです。
はっち (17)

橋立港直送の真鯛とハチメ(だったかな?)のカルパッチョ仕立てや、イタリアのハム「モルタデッラ」、生ハムとモルタデッラのスライス、前述の加賀の農家のブロッコリー、パン屋たねさんのドライフルーツパンなどをちりばめた素敵な前菜でした。
はっち (20)

サラダは「旬のいろいろ野菜サラダ 自家製ドレッシング(880円)」。本当に色々な野菜が宝石箱のように散りばめられています。
はっち (21)

こちらはお店おすすめの「はっち春雨」。とても太い春雨です。初めてこのような太い春雨を食べましたが、もちもちで存在感ありまくりです。(笑い)
はっち (19)

とても美味しくビールに合いそうですが、我々は日本酒をここで1合頼みました。

この後、この日能登産の牡蠣が入ったということをお聞きし、少しご無理をお願いして、牡蠣を使って温製の料理を一品作っていただきました。
はっち (26)

パスタのメニューに「梅貝とフレッシュトマトのオイルソーススパゲッティ」というのがあって、そちらのスパゲッティ抜きのアレンジのようです。
はっち (22)

もちろん、お酒は白ワインです。
はっち (29)

最後は「能登豚のラグーソース パッパルデッレ(1,380円)」で締めます。
はっち (30)

このめちゃめちゃ幅広のパスタはパン屋たねさんの手打ちパスタを使っているということです。たねさんはパスタまで作るようになったんですね。

能登豚もミンチかと思ったら思いっきりぶつ切りでした。^^; これは「食べたな~!」ってな気のするパスタでしたね。(笑い)
はっち (27)

締めはもちろん赤ワインです。

以上、なかなか個性あふれこだわりの料理を、雰囲気のある空間で楽しめて、2人で締めて11,000円強。コスパ的にも良かったです。再訪したくなる一軒でした。ご馳走様でした。
 
金沢町屋 はっち
石川県金沢市本町2-18-26
TEL 076-254-5686
18:00~23:00(L.O.22:00)
月曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ