あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:田舎そば

一昨日「AIUEO 山代温泉店」というお店を紹介しました

そちらに行くときに、ランチを近くで食べようと思いだしたのが「そば 山背」です。
山背

「そば 山背」へは約6年前に訪れています。

いま読み返すと、現在も続いている私の「お久しぶり」シリーズの記念すべき?第1回目として取り上げていました。

ここは陶芸家でもある店主が打つ渾身のそばを楽しめるお店として根強いファンがいるそば店です。

外観や店内はあまり変わっていない印象です。
山背 (11)

お店の中にはご主人策の器がたくさん置かれていました。
山背 (4)

今回は妻と二人でお邪魔していて、小上がりの席に座ります。
山背 (2)

お品書きです。
山背 (3)

剥き身(むきみ)から製粉した白い「山背そば」と、外の鬼皮から丸ごと製粉した「田舎そば」が別々のメニューになっていました。

前回は「山背そば」のおろしそばを頼んでいるので、今回は外の鬼皮から丸ごと製粉した「田舎そば」を食べることに。「田舎そば」のほうが値段は少し高くなっています。
山背 (7)

頼んだのは冷たい「なめこそば(1,540円)」です。これからの季節は冷たいそばですね。たっぷりのなめこが使われていました。
山背 (9)

そばは田舎そばですが、それほど太くはありません。

汁は化学調味料無添加の醤油を使用した濃いめですが、そばの風味を損なうことなく美味しくいただくことが出来ました。

また「山背そば」と「田舎そば」では、出汁を別けているようです。
山背 (6)

妻のほうは「にしんそば(1,870円)」。「にしんそば」は温かいそばしかありません。
山背 (10)

自家製の唐辛子が置かれていました。

そば湯はそばと一緒に出されています。
山背 (8)

冷たいそばのあとの温かいそば湯。ホッとできました。

私が初めてこちらにお邪魔したのが17年前。お店はそろそろ20周年を迎えることになりますが、これからも美味しいそばを楽しませてほしいと思います。ご馳走様でした。

そば 山背
石川県加賀市山代温泉5区18-50
TEL 0761-76-0357
11:30~14:00
土曜は11:30~14:00、19:00~23:00)
月・火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

暑い日は麺類となると、蕎麦か冷たいうどん・ソーメン・冷麦が定番でしょうか?

でも、最近ではコンビニでも、それらのものが美味しい状態で売っていることもあって、家でソーメンを食べることがめっきり少なくなりました。

ただ、蕎麦はやはり専門店で食べる蕎麦は違うと思います。

さて、今日はそんな蕎麦の話題です。

そのお店の名前は「石臼自家挽き蕎麦 亀屋(かめや)」。
かめや (15)

今回、息子がお盆休みで帰省した時に、石臼自家挽きの蕎麦を食べることが出来るということで、ドライブがてら妻と息子の3名で食べに出かけてきました。

石臼で自家挽きしているお店は石川県ではまだまだ珍しいです。

場所は旧宇ノ気にある安藤忠雄氏の設計で有名な「石川県西田幾多郎記念哲学館」の近くです。

人気のそば屋さんで、ミシュランガイドのミシュランプレートとして掲載されています。

この日、すぐ近くにある人気のブーランジェリー「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」にパンを買いに出かけて、そのままこちらの店に行きました。

オープン時間の11:30少し前に到着。開店までに3台の車がオープンを待っていました。やはり人気のお店なのですね。
かめや (14)

店内に入ると明るい店内。私は半個室のテーブル席に案内されます。
かめや (3)

お品書きです。
かめや (4)

こちらも。
かめや (5)

温かい蕎麦と天ぷらです。
かめや (7)

私はこの中から、珍しい「おろし汁そば」というのを頼んでみました。
かめや (9)

こちらは、辛味大根のしぼり汁に、せいろのつけ汁を合わせてつけ汁として食べるお蕎麦です。


食べてみると、さすがに辛味大根の辛さが鼻を抜けていき、辛いです。

でも、少しせいろのつけ汁を入れて食べると、蕎麦の風味がより引き立つような気がしました。
かめや (8)

蕎麦は産地は分かりませんがブレンドで二八でした。のど越しのいい蕎麦でしたね。

妻と息子は「三色せいろ(1,510円)」を頼んでいました。
かめや (10)

せいろ・田舎・白雪・変わりの4種類から3種を選べるのですが、お盆だったからかこの日は「変わり」が無く、必然的に他の3種になっています。
かめや (11)

しかし3種もラインナップしているのは、このあたりでは珍しいと思います。

ちなみに田舎そばは十割そばです。私も一口もらいましたが、噛んで食べると蕎麦の香りをより感じるものでした。

また白雪はいわゆる更科そばで、蕎麦の実の芯のみ使用した真っ白なそばです。

当然、種類によって玄蕎麦を挽き別けて毎日お店の石臼で作っています。
かめや (13)

最後に出されるそば湯は、早い時間だったので、まだサラッとしか感じでした。濃厚なそば湯を楽しむのだったら遅めの時間帯がいいでしょう?
かめや (12)

お盆真っ只中でしたが、お店の混雑はそれほどではありませんでしたが、美味しい蕎麦で満足できました。ご馳走様でした。

石臼自家挽き蕎麦 亀屋(かめや)
石川県かほく市白尾ハ6-1
TEL 076-283-0866
11:30~14:30
17:00~20:00(水曜の夜営業なし)
年末年始要確認
月曜・第一火曜休(祝日の場合は営業翌日振替休日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

先日紹介しました「そば処 大喜」でおろしそばを食べてから向かったお店です。

そば屋さんの場合、往々にして一杯のボリュームが少なめなところがあります。

そのため、2杯食べてお腹的にはちょうど良かったりします。

一方、グルメブログをやっていると、基本休みの日しかネタ探しをできないので、休日一日でいかにネタを多く稼ぐかも重要になってきます。^^;

ということで、この日2軒目のそば屋さんです。
石勝食堂 (10)

「石勝食堂」。こちらのお店は三国の海岸線からほど近いところにあります。

「そば処 大喜」と同じく「越前坂井 辛み蕎麦」メンバーのうちの一軒です。

辛さの指標は「R-12~R-15」ということで「ピリッと辛い~辛い」ということになっていました。

店名に食堂と付いていることからもわかる通り、こちらのお店はそばの専門店ではありません。
石勝食堂 (9)

内部もまさに食堂の趣ですね。
石勝食堂 (3)

うどんやラーメン、丼物などがメニューに載っています。福井のご当地グルメの一つであるソースかつ丼などもメニューにありました。

しかし我々は、初志貫徹で「おろしそば(580円)」を二人とも頼みます。

もっとも、それ以外お腹には入りそうにないということもありましたが。^^;
石勝食堂 (6)

出されたのがこちら。
石勝食堂 (8)

中太のいなかそばで、ツヤがあります。そのためのど越しのいいそばでした。太さはきれいに切り揃えられていました。

コシも強く辛み大根の力強さにも負けない風味でよかったですね。

切れのいいダシでしたが、さすがに辛いので飲み干すことは出来ません。そして、さすがにそばも2杯目を食べるとお腹も満足になったようです。

あと、こちらのお店でも、そば湯はまだ提供できないと言われました。12時頃でしたが残念です。

GW前半の休日でしたが、お客さんは地元の方ばかりのようでしたね。ご馳走様でした。

石勝食堂
福井県坂井市三国町南本町4-11-12
TEL 0776-81-2719
11:30~15:00
17:00~20:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

お久しぶりシリーズです。

山中温泉の街中にある私の「まちやそば」。ブログでも最初のころに書いたお店です。

今回13年ぶりの紹介になります・

前にお邪魔した時はおろし蕎麦を食べましたが、その時の辛味大根の辛さが印象に残っていますね。

天気のいい日曜日、先日紹介しました「オオカミのいえ」という洋菓子屋に行くことがあり、そのついでに山中温泉でランチを取ることにしました。
山中温泉 (3)

新緑の季節で、山中温泉の観光場所は多くの人で賑わっていました。こちらは「あやとりはし」です。

今日紹介します「まちやそば」は、その「あやとしはし」からすぐ近くにあります。
まちやそば (3)

なまこ壁が目印の大きな建屋で、住居と一体のお店です。
まちやそば (14)

入口の隣のスペースはそばを打つ場所になっていて、外に面しているところがガラスのためそばを打っている姿を見ることが出来ます。

ということで、こちらで手打ちのそばを食べることが出来るのです。
まちやそば (5)

内部はそれほど大きなお店ではありません。座敷もありました。
まちやそば (6)

お品書きはこんな感じです。

前回は、おろし蕎麦を食べているので、今回は違ったものを、ということで頼んだのは「二色もりそば(750円)」です。
まちやそば (8)

変わりそばもお品書きに書かれています。1月「けし」、2月「梅」、3月「べに花」、4月「桜」、5月「よもぎ」、6月「しそ」、7月「笹」、8月「けし」、9月「ごま」、10月「くるみ」、11月「菊」、12月「柚子」。これは13年前と同じですね。逆に考えると最低でも13年間継続されているということは凄いことだと思います。

こちらのおそばは北海道契約農場の粉を使用した手打ちそばです。
まちやそば (7)

薬味には大根おろしも添えられていましたが、こちらのは辛味大根ではありませんでした。

そばは別々に盛られて出されます。一枚目は細打ち。
まちやそば (10)

オープン時間と同時に入ったので、私が最初のお客さんでしたが、注文してからそこそこ時間がかかったので、オーダーが入ってから湯がき始めているのだと思います。

艶のある、のど越し爽やかなそばでした。
まちやそば (11)

二枚目は太打ちで、田舎そば。そばの実の外側まで挽いたものですが、振るいにかけてそば殻をきちんと取り除いてあります。きれいなそばです。
まちやそば (12)

そしてさすがにそばの風味をより感じさせてくれるものでした。
まちやそば (13)

最後に出されたそば湯はとろみのある、色も濃い私好みのものでよかったです。

この内容で750円という値段はコスパ的に良かったと思います。次回は「変わりそば」を食べてみたいと思います。ご馳走様でした。

まちやそば
石川県加賀市山中温泉東町2-ツ24
TEL 0761-78-1266
11:30~14:30
18:00~22:00
水曜休(祭日の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログも長い間やっていると、南加賀のお店については相当紹介済みのところが増えてきました。

これまでは紹介していないところを優先していましたが、ネタ的にも苦しいので、今後は過去に紹介したお店で、紹介してから間が空いているところについても、お久しぶりシリーズということで書いていきたいと思います。

その時は、なるべく前回食べたメニューを再度食べていきたいと考えています。ただ、あまりに間が空いていないのも何なので、一応紹介してから5年以上間が空いているお店ということにしたいと思います。
山背 (9)

今日は、その第一回目?として、山代温泉のそば店「そば 山背」に行ってきました。

こちらのお店は、約11年前に紹介しています。月日が経つのは早いものです。

店名の「そば 山背」。どういう由来なのか、本当はお店の方に聞けばよかったのでしょうが、聞き忘れました。

少し調べてみると、「山背」という字、山代温泉にも同じ「山背台」という地名があるようです。もしかしたらそちらのご出身(お住まい?)かもしれません。

また、むかし平城京(奈良)時代に、いまの京都山城地域は「山代」とか「山背」と呼ばれていたようです。つまり平城京からみて京都は山のうしろ、山の背に位置していたということですね。

何となく、ご主人が陶芸家ということから推測してみると、そんな由来も面白いのではないかと勝手に考えて見たりしてほくそ笑んでおります。
yamase 001

お店の外観は、染め抜きの店名が入った日除け幕が加わっています。(上の写真が11年前に写したものです)
山背 (6)

中は、そば屋さんらしいといいますか落ち着いた雰囲気で11年前とあまり変わりません。
山背 (7)

私は一人だったのでカウンター席に座ります。

日曜のお昼、少し前の時間帯でしたが、先客は4人グループの方々が小上がりの席にいらっしゃいました。
山背 (5)

お品書きの内容はあまり変わっていませんが、むかしはなかった冬期間限定で暖かい鴨南蛮そばがありました。後述しますが、小さなサイズのもメニューから消えています)

そんな陶芸家のご主人が打つそばは2種類です。そばの実の剥き身を製粉した「山背そば」と、挽きぐるみで製粉した「田舎そば」の2種類のそばを楽しむことが出来ます。
yamase 007
yamase 012

11年前に私がお邪魔した時には、この2種類のそば両方を味わっていました。

「山背そば」はあろし、「田舎そば」はとろろです。(注:前回は2種類を両方小さなサイズでお願いしています)

だがしかし、いまは年もとって、2杯も食べることが出来ないため、今回は「山背そば」のおろしそばを一杯だけを頼むことにしました。
山背 (4)

こちらがそうです。もちろん、器はご主人の作られた器を使っていますね。
山背 (3)

「山背そば」のほうは、そばの実の剥き身を製粉したということで、前回のときは「更科」と書いていますが、「更科」とはまた少し違いますね。少し色が付いています。

おろしの大根は、冬なので辛味が少なかったです。

だしは、化学調味料無添加の醤油を使用し、そばに合わせて二種類変えているようです。たっぷりとかけられたつゆの味は濃いめでした。

ぶっかけなので、そばの風味を味わうというより、そばとつゆ、そして辛味大根の味覚のハーモニーを楽しむそばです。美味しいです。
山背 (2)

食べている途中に出されたそば湯は、湯飲みに入れれれて出されます。濃いめのトロッとしたタイプで、そな粉をお湯に溶かしたものですね。

小さなサイズがなぜお品書きから消えたのかはわかりませんが、是非復活させていただけたら嬉しいと思いました。そのほうが一人で入った時も両方の味を楽しめるからです。ご馳走様でした。

そば 山背
石川県加賀市山代温泉5区18-50
TEL 0761-76-0357
11:30~14:00
土曜は11:30~14:00、19:00~23:00)
月・火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ