あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:甘えび

お久しぶりシリーズは小松市小寺町「日本料理 ふじ田」です。
ふじ田

小松のミシュラン2つ星の名店「つづら」で腕を磨いたご主人が2009年に独立されて作った本格日本料理のお店です。


こちらは「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」で、ミシュランプレート(調査員おすすめ)のお店に選ばれているほどで、味やお店の雰囲気・サービスでも折り紙つきのお店です。

店内は色々な部屋があって、カウンター席もあるなど個人で楽しむもよし、法事からグループやご家族・グループの忘新年会まで幅広いニーズに対応することが出来るお店で重宝されているようです。

お昼の営業をされていて、意外に気軽に入ることが出来るのもうれしいですね。

夜は会席のコース料理が主体ですが、アラカルトも確か可能だったはずです。

この日は、とある会でお邪魔しました。

そのため、色々話が尽きない感じで、料理の説明も聞けませんでした。不確かなことを書くわけにはいかないので、内容の詳しい内容は書いていないことをご承知おきください。

まず先付として出されたのがこちら。
ふじ田 (2)

長芋に青のりをまぶして、薄く片栗粉を付けて揚げてあります。
ふじ田 (3)

お造りはマグロ中トロ、甘えび、ヒラメ。ヒラメが美味しかったです。
ふじ田 (4)

こちらはひき肉が入ったまんじゅうに、甘辛の餡をかけてあります。
ふじ田 (6)

焼物はサワラの西京焼きだったような記憶が?ミョウガにカラスミが添えれれていました。
ふじ田 (7)

ナスの味噌田楽です。酒が進みます。
ふじ田 (9)

天ぷらと鮎?の骨せんべい。いい揚げ具合でした。
ふじ田 (8)

牛のランプ肉を和風にポン酢タレでさっぱりと食べさせてくれます。
ふじ田 (10)

ご飯に味噌汁、香の物。炊込みご飯は上品なお味でした。
ふじ田 (11)

デザートはフルーツ。
ふじ田 (5)

酒は瓶ビールの後は、麦焼酎の「神の河」をロックで3杯ほど飲んだような。

久しぶりでしたが、相変わらずの品のいいお料理で楽しむことが出来ました。一人当たり9千円弱かかりましたが、十分満足できる内容でしたね。ご馳走様でした。

日本料理 ふじ田
石川県小松市小寺町乙53-1
TEL 0761-46-5088
11:30~14:00
17:30~22:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

当然といえば当然のことですが、私もまだまだ知らないお寿司屋さんが多いです。

今回、新規開拓ということで、少し遠くの寿司屋さんを探してみました。

小松から距離があるところは、夜に行くと飲めないので、自ずとランチに行くことになります。

ところで、ランチ営業している寿司店は意外と住宅街に近いところにあります。特に土日に地元のお客さんが訪れるような需要ですね。

昔から地元に馴染みの寿司店がある人も多いと思いますが、皆さんもハレの日のお祝い事などで寿司の出前を取った記憶を持つ方も多いでしょうね?

さて、今回行ったお店は野々市にある「たぬき寿司」です。
たぬき寿司

ご主人は「漁師の家系に育った」ようです。そのため魚に対しての目利きがあるということで、楽しみに出かけました。
たぬき寿司 (3)

お店の入り口を入ると、ご覧のたぬきの置物が私を歓迎してくれていました。
たぬき寿司 (5)

店内は、私のイメージの中では何となく昭和の香りがする雰囲気。
たぬき寿司 (4)

壁にはお品書きが掲示されています。値段が明記されていて明朗会計。

私もいつもの通り、おまかせでお願いします。

一応10貫なようですが、こちらには値段は書かれていません。

握りは4貫が一度に出されます。

握りはやや小ぶりで、シャリには少し酢がきいていました。
たぬき寿司 (6)

ホタテ、アジ、クエ?甘えび。説明もまったくなかったのでクエだったかどうかはわかりません。^^;
たぬき寿司 (7)

お次も4貫一度で、マグロ、コハダ、カワハギ?イワシ。こちらの白身もカワハギのような気がしましたが、肝が乗っていませんね!?
たぬき寿司 (8)

最後は2貫で、うなぎとタコ。タコにはほんのり味が付いています。

お隣のお客さんはお好みで頼んでいました。お好みの握りは2貫ずつ出されていました。昔は大体そうでしたが、いまでは少数派かもしれません。

両隣とも多分地元のかたでしょうか?常連さんのようで、何も言わずにお味噌汁が出されていました。

おまかせ握りは10貫で2,490円(税込)。税抜で計算しても中途半端なお値段です。

ご主人は相当お年をめしている感じがしましたが、長年地元の人に愛されているお店なのでしょうね?ご馳走様でした。

たぬき寿司
石川県野々市市栗田2-264-1
TEL 076-246-4484 
月~土
12:00~15:00
18:00~21:00
日・祝
12:00~15:00
17:00~21:00
木曜・第3水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松に新しいお店がだんだん増えてきています。

今回、前は「あん庵」だったところに新しく炉端焼きのお店が出来たと聞いて行ってきました。
魚萬 (37)

お店の名前は「創作料理 魚萬」。7月1日にオープンしています。

オーナーの方は、これまでに色々な飲食店で腕を磨いておられ、片山津のかぼちゃ村や小松駅前の某店などの店長などを経験されていました。そしてこの度、晴れてご自分のお店を持つことになったのです。

入口の感じは看板類を除けば「あん庵」時代と同じ。店内は、カウンター席周りは「あん庵」のときからは雰囲気がだいぶ変わっていました。
魚萬 (2)

棚などはご主人が自分で付けられたと話をしていました。
魚萬 (36)

ちなみに、こちらの個室についても「あん庵」時代にはなかった部屋で、ご主人自作のようです。

我々はカウンター席に座り、そしてお品書きを見ながらご主人と少し話をしていると、かぼちゃ村で働いておられた時代に少しかかわりがあってびっくり!

「あん庵」のママもよく存じ上げていたので、この場所はご縁があるところなのかも知れませんね。
魚萬 (9)

さて、お品書きを見て驚いたのですが、メニューの種類が多いこと!
魚萬 (11)

基本は海鮮炉端焼きのお店なのですが、かぼちゃ村のラ・ヴィーブ時代の経験を活かしておられます。

このあたりはご主人の「いろいろな味を楽しんでもらいたい」といった思いからそうされているようです。

ただ何を頼もうか少し悩みました。

さて飲み食いしたものを紹介していきます。
魚萬 (5)

家から歩いてきたので、まずは生ビールです。ジョッキがギンギンに冷やしてあって最高!
魚萬 (15)

そして最初に頼んだのは「名物 ふわふわすり身あげ(680円)」。揚げ立て熱々でした。

続いて岩牡蠣も頼みました。
魚萬 (16)

ご覧のようにプリンプリンの大きな身で、軽くレモンを絞ってポン酢で食べます。
魚萬 (22)

お酒のほうは私はハイボールに変えています。

妻は日本酒です。升にグラスを入れてなみなみと注いでくれます。

お造りは「板さんおまかせ5種盛り(1,080円)」。
魚萬 (18)

タコ・甘えび・梅貝・ブリ・白身はなんだったかな?タイ(メジナ?)だったかな?
魚萬 (4)

ここで目の前の水槽で元気に泳いでいるドジョウを見て、ドジョウの唐揚げを頼みます。
魚萬 (19)

ドジョウを目の前にして食べるのはちょっとかわいそうな気がしますが、美味しかったです。

このあたりでビストロメニューに変えてみたいと思います。
魚萬 (26)

「美川しらすのアヒージョ(580円)」。ご主人は美川出身でこの時期新鮮なしらすがあり、これまた最高!
魚萬 (29)

バゲットの上に乗せて食べると、スペイン料理店で食べているような気になります。

こちらの「トマトとマスカルポーネのガレット バジリコの香り(680円)」は、イメージとちょっと違いました。
魚萬 (32)

ガレット生地に乗せられて出されるのかと思いましたが、カプレーゼのような感じでしたね。アンチョビがアクセントになっていました。

こちらも普通の炉端焼きのお店で食べることは出来ない一品です。
魚萬 (35)

最後にもう一品ということで「女将のポテトサラダ(380円)」を頼みます。マイルドな口当たりで美味しかったです。
魚萬 (34)

お酒について妻は、「すっきりトマトサワー(448円)」なんてのを追加で頼んで飲んでいました。

以上、飲み食いして8,800円と予想より安かったです。色々な料理を楽しめて味の方も満足できるものでした。

また、お店はカウンター席や小上がり、個室も1階に2つ。2階に大人数が入ることが出来る座敷もあります。ただ、開店して間もないので、今後どのように受けているか思案中だそうです。なかなかいいお店が出来たと思いますのでうれしいですね。ご馳走様でした。

北陸海鮮炉端 魚萬
石川県小松市大和町8
TEL 0761-58-2578
17:30~24:00(L.O.23:00)
日曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近、金沢の街中にあまりでかけなくなりました。

まぁ、冬というのもありますが、年と共に億劫になってきたのかも?^^;

さて「鮨 志の助」ですが、今は人気鮨店として金沢で営業されていますが、元々は小松にお店があったわけで、このことはお師匠さんの「小松 弥助」の森田さんも同じです。

これは飲食店に限らず、小松で活躍していた人が金沢に転居したりする例は多いと思います。

市場としては小松より金沢の方が圧倒的に大きいことから、小松を出て金沢で勝負するということです。小松に住むものとしては何となく寂しい気がしますね。

今回「鮨 志の助」へは2年ぶりの訪問になります。

近年は東京からのお客さんと一緒に行く時しか「鮨 志の助」に行っていません。^^;
志の助

外観はいつも通りの風情。
志の助 (2)

店内も変わらずシンプルで清楚な佇まい。見慣れた景色です。
志の助 (3)

まずはビールで乾杯。久しぶりの一番搾り。

そしていつも通りの冬の定番のおつまみから始まります。
志の助 (4)

鱈の白子。もう季節は終わりですが、鮮度がいいので口の中でプルンと弾ける感じで溶けていきます。
志の助 (5)

こちらも定番。万寿貝(白貝)のバター焼き。
志の助 (9)

刺身は左からアカイカ・ノドグロ・ガスエビ。アカイカは身とゲソを少しずつ。ゲソにはゴマをまぶしてあります。ガスエビがねっとりとして口に中で溶けるほどの甘みのある美味しさでした。
志の助 (8)

醤油にあら塩、薬味にショウガとワサビが添えられていて、お好みの味を楽しめます。

ウニは今回はおつまみで出されました。
志の助 (11)

香ばしい海苔が一緒に出され、こちらもそのまま食べても良し、海苔で巻いて食べても良しです。
志の助 (6)

おつまみを食べながらお酒は日本酒に移ります。日本酒は山中温泉の獅子の里、車多酒造の天狗舞、そして小松東酒造の神泉の3種類置いていますが、今回順番に3種類全部頂きました。神泉は大吟醸で少し飲み過ぎました。^^;
志の助 (7)

グラスは能美市の清峰堂の九谷和グラス。絵柄も色々増えています。

このあとは握りに移ります。
志の助 (12)

握りの前に出されたガリの味が少し変わったと思ってお聞きすると、赤酢を加えたそうです。
志の助 (13)

最初は赤イカ(石川ではヤリイカのことをこう呼びます)。ねっとりとした食感と、噛むと口に中で上品な甘さが広がります。この感触は何度も食べているので、舌が覚えていますね!?
志の助 (14)

こちらはブリ。天然物は上品な脂が乗っていて、味も色も違います。
志の助 (16)

甘えび。プリンと弾力のある身は、刺身で出されたガスエビとはまた違った美味しさです。
志の助 (17)

加能ガニ(ズワイガニ)は、身にカニ味噌を乗せて。カニ味噌がミソです。
志の助 (19)

ヅケです。この照りが美味しさを物語っています。
志の助 (20)

トロの炙り。別名アブトロ!上品な脂が炙ることによって旨みが増します。
志の助 (21)

梅貝の身は厚く、あら塩で食べさせてくれますが、噛むほど潮の香りが口の中に広がります。
志の助 (22)

こちらはアジ。これも身が厚く脂が乗っていました。
志の助 (23)

ここで味噌汁が出されました。あら汁です。
志の助 (24)

この後は手巻きが2本出されました。まずネギトロ巻。マグロのトロと白ネギが刻んで出してくれる毎度おなじみ定番の巻物です。
志の助 (25)

そして最後はウナキュウ。香ばしく焼きを入れたウナギと、キュウリの食感がいいです。
以上で終了。我々が飲み食いしたもので一人2万円弱でした。酒代が押し上げたようです。^^;

2年ぶりの訪問でしたが、次回はまた来年かな?ご馳走様でした。

鮨 志の助
石川県金沢市入江3-73
TEL 076-216-5280
12:00~14:30
18:00~21:30
水曜、日曜祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今年の年末年始のお休みは、民間企業では12月29日から1月6日までの9日間のところが多かったのではないでしょうか?

個人的には混んでいる時期にはどこも行きたくないほうなので、年末年始の休みの時期は一泊以上の旅行に出ることはまずありません。

とはいえ、9日間も休みが続くと、家でテレビばかり観て過ごすわけにはいきません。

まぁ、ぶらぶらと買い物がてら外出するわけですが、意外とどこへ行っても混雑しているので混雑嫌いの私にとっては憂鬱です。

さて、長い休みの最後の日。妻が仕事で不在のため、買い物がてらイオンモール新小松でランチをすることにしました。

正月休みは駐車場に入るのも苦労しましたが、さすがにこの日はお昼前の時間でも駐車場は多少余裕があり、スムーズに入って停めることが出来ました。

あまりイオンモール新小松のお店については、これまで紹介していないのですが、今年は先月の王記厨房に続いて2回目となります。

インドカレーのお店も、前のチャンピオンカレーヌードルのあとにオープンしていたので、まずそちらも覗いてみたのですが、肉系のが多かったためパスして、2階のフードコートへ移動。

こちらでもまだ利用したことがないお店ばかりなのですが、北陸資本のお店であるという何となくの理由で選んだのが「氷見海鮮丼 粋鮨」です。

こちらは氷見の魚にこだわり、富山県内で回転寿司、ホテル内の寿司店等を4店舗展開しているお店で、どちらかといえば海鮮丼がメインのところです。
粋鮨 (5)

メニューはこんな感じです。
粋鮨

今回私は、カウンターのところに掲げられていた「本日限定 特上にぎり盛合わせ」と書かれたメニューに注目。そちらを食べることにしました。税抜で1,580円です。

味噌汁と茶碗蒸しが付いています。
粋鮨 (3)

メインの握りはマグロ・イカ・甘えび・ブリトロ・サーモン・ホタテ・カニ・炙りブリ・イクラ・鉄火巻の握り9貫と細巻1本という構成で、いまの私にはボリューム多めでした。「すべての丼ぶりに小松産米を使用」とのことですが、にぎりもそうなのかな?
粋鮨 (4)

イカにはトビ子が、カニにはミソが、炙りブリには水菜が乗せられていました。

ただ、にぎりはさび抜きで、脇に添えられています。もしかしてシャリは機械で握っている?そんな形ではないように感じましたが……?

そこで一貫一貫ネタをめくってわさびを塗ってから食べました。^^;

やはりにぎりはさび入りで、サクッと食べたいですね。

この内容・ボリュームでこの値段はうれしいのですが、個人的には鮨はカウンテーで一貫一貫職人さんの握りたてを食べるに限ります。ご馳走様でした。

氷見海鮮丼 粋鮨
石川県小松市沖周辺土地区画整理事業区域内20街区
イオンモール新小松2Fフードコート
TEL 0761-21-5700
9:30~20:30
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ