あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:甘えび

今年の年末年始のお休みは、民間企業では12月29日から1月6日までの9日間のところが多かったのではないでしょうか?

個人的には混んでいる時期にはどこも行きたくないほうなので、年末年始の休みの時期は一泊以上の旅行に出ることはまずありません。

とはいえ、9日間も休みが続くと、家でテレビばかり観て過ごすわけにはいきません。

まぁ、ぶらぶらと買い物がてら外出するわけですが、意外とどこへ行っても混雑しているので混雑嫌いの私にとっては憂鬱です。

さて、長い休みの最後の日。妻が仕事で不在のため、買い物がてらイオンモール新小松でランチをすることにしました。

正月休みは駐車場に入るのも苦労しましたが、さすがにこの日はお昼前の時間でも駐車場は多少余裕があり、スムーズに入って停めることが出来ました。

あまりイオンモール新小松のお店については、これまで紹介していないのですが、今年は先月の王記厨房に続いて2回目となります。

インドカレーのお店も、前のチャンピオンカレーヌードルのあとにオープンしていたので、まずそちらも覗いてみたのですが、肉系のが多かったためパスして、2階のフードコートへ移動。

こちらでもまだ利用したことがないお店ばかりなのですが、北陸資本のお店であるという何となくの理由で選んだのが「氷見海鮮丼 粋鮨」です。

こちらは氷見の魚にこだわり、富山県内で回転寿司、ホテル内の寿司店等を4店舗展開しているお店で、どちらかといえば海鮮丼がメインのところです。
粋鮨 (5)

メニューはこんな感じです。
粋鮨

今回私は、カウンターのところに掲げられていた「本日限定 特上にぎり盛合わせ」と書かれたメニューに注目。そちらを食べることにしました。税抜で1,580円です。

味噌汁と茶碗蒸しが付いています。
粋鮨 (3)

メインの握りはマグロ・イカ・甘えび・ブリトロ・サーモン・ホタテ・カニ・炙りブリ・イクラ・鉄火巻の握り9貫と細巻1本という構成で、いまの私にはボリューム多めでした。「すべての丼ぶりに小松産米を使用」とのことですが、にぎりもそうなのかな?
粋鮨 (4)

イカにはトビ子が、カニにはミソが、炙りブリには水菜が乗せられていました。

ただ、にぎりはさび抜きで、脇に添えられています。もしかしてシャリは機械で握っている?そんな形ではないように感じましたが……?

そこで一貫一貫ネタをめくってわさびを塗ってから食べました。^^;

やはりにぎりはさび入りで、サクッと食べたいですね。

この内容・ボリュームでこの値段はうれしいのですが、個人的には鮨はカウンテーで一貫一貫職人さんの握りたてを食べるに限ります。ご馳走様でした。

氷見海鮮丼 粋鮨
石川県小松市沖周辺土地区画整理事業区域内20街区
イオンモール新小松2Fフードコート
TEL 0761-21-5700
9:30~20:30
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

毎年お盆と正月は妹家族と一緒に食べに出かけます。

ただ、お正月の時期は意外と3日まではお休みの飲食店が多く、毎年お店探しに苦労します。

毎年何店舗か持ち回りで周っている感じですが、今年は違ったお店にしてみました。

それは、金沢にもお店がありますが「酉笑。小松店」です。
酉笑。

小松駅から旧8号線の方に向かって歩いて数分ぐらいのところにあります。

10年ほど前に一度、同じ新年会かお盆のときにお邪魔したことがありましたが、その時はブログでは書いていません。

ということで今回初めての紹介になります。
酉笑。 (3)

独立の店舗を構えています。

今回は総勢10名でお邪魔しました。

色々頼みましたがすべて写真を写しているわけではありません。また各種1~4人前をバラバラでオーダーしています。
酉笑。 (4)

私は生ビール、妻はハーフ&ハーフです。
酉笑。 (5)

「長~い春巻(税抜600円)」はネーミングの通り超ロングな春巻きでした。揚げ立てでサクッとした食感です。
酉笑。 (6)

「酉笑。」といえば、串焼きと串揚げがウリ。両方とも盛り合わせを頼みました。

こちらは「串焼き盛り合わせ(税抜680円)」。
酉笑。 (7)

ねぎま・豚バラ・シロ・中落ちカルビ・つくねの5本セットで、バラで頼むより40円お得になっているようで、特につくねが手作りで本店創業以来の名物だそうです。

ちなみに串焼きの種類が豊富で40種類ぐらいありました。
酉笑。 (8)

それ以外に頼んだものは、こちらは「ふくの唐揚げ(税抜600円)」。小さなフグです。
酉笑。 (13)

「ネギどっさり厚揚げ焼き(税抜560円)」。確かにネギがたっぷりかけられていました。
酉笑。 (16)

「ヘルシー大根サラダ(税抜640円)」。大根が思いのほか細切りでした。
酉笑。 (14)

「温泉玉子のだし巻き(税抜500円)」。中に温泉玉子が入っているアイデアだし巻きです。
酉笑。 (12)

「ブリの西京串焼き(一本税抜250円)」。ブリの西京焼きはあまり食べたことがありませんね。
酉笑。 (10)

あと、「甘海老のモチモチ揚げ」や「カリカリピザ」も頼んでいましたが写真はありません。これが「甘海老のモチモチ揚げ」だったかな?
酉笑。 (15)

こちらはそのままキャベツだったなか?
酉笑。 (11)

こんなものも頼んでいますね。

しかし、頼んでいるもの、揚物が多いです。^^;
酉笑。 (9)

アルコールのほうは、私はJIM BEAMのメガハイボール。妻は黒ビールです。各自色々頼んでいました。
酉笑。 (17)

あと母のリクエストで最後の締めに「きのこ雑炊(税抜580円)」もお願いしました。

色々食べて飲んで、締めて一人3,400円ほど。思ったより安かったですね。ご馳走様でした。

酉笑。小松店
(とりしょうまる)
石川県小松市日の出町2-136
TEL 0761-25-3377
11:30~14:00
17:00~23:30(L.O.22:45)
日17:00~23:00(L.O.22:30)
月曜、年末年始(12/31、1/1)休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

札幌に行くたびに一回はスープカレーのお店に行って食べています。

今回も小松に戻る前の最終の食事を食べるときにスープカレーのお店に入りました。
lavi (6)

新千歳空港ターミナルビル3階の飲食店フロアに、市電通り食堂街というエリアがあって、6店舗ほど店を構えています。
lavi (12)

食堂街には、このようにむかし走っていたような市電のモニュメントがあったりします。
lavi (2)

「スープカレーlavi」は札幌市内と、ここ新千歳空港に5店舗お店を構える人気店で、ランチ時にはどこも順番待ちが出来ているようです。

我々がお店に到着したのは12:15頃。案の定、順番待ちの行列が出来ていました。15名ほど待っていました。
lavi (4)

飛行機の時間までは少しあったので我々も名簿に名前を記入して待ちます。20分ほど待ったでしょうか?やっと席に案内されました。

オーダーしたあともスープカレーが出来上がるまでに20~30分ほどかかると書かれていたので、ランチ時には食べ終わるまでに確実に1時間以上はかかることになります。

このあたりを考えて行ったほうがいいでしょうね?
lavi

メニューは主なものはこんな感じでしたが、メニューに書かれていてもその日ないものが3種類ほどありました。

メニューにはチキンや角煮、そしてジビエなどの肉系のものが多く、私が食べられるのは「八百屋の野菜カレー」しかありません。当然それをオーダーすることになります。

カレーの味はベーシックなものにプラス、エビスープやココナッツスープもチョイスすることが出来ました。私は一番人気だということでエビスープにしてみました。なお、エビやココナッツスープには追加料金がかかります。
lavi (3)

エビスープは甘エビの頭と香味野菜から取るブイヨンに、仕上げに入れるブラックタイガー丸ごと加えてスープを作っているようです。

一緒に行った人のは、ベースとなるカレースープは12時間掛けて丸鶏・げん骨・牛骨と一緒に厳選した15種類のスパイスや香味野菜から作られたブイヨンに、さらにじっくり8時間掛けて玉ネギと挽肉、そして季節ごとににふんだんに厳選したトマトを使って作られたキーマペーストをブレンドするという手間のかかったオリジナルスープなのです。

ちなみに私の頼んだ「八百屋の野菜カレー」のエビスープには200円プラスが必要で、計1,350円となります。

あと、辛さやご飯の量も選ぶことが出来て、私は辛さ5番辛さ・ライス普通でお願いしました。

一緒に行った人は3辛のライス小。ちなみに3番が中辛レベルだそうです。でもメニューに書かれていた50番なんてのはどんな辛さなのでしょうか?
lavi (11)

出された「八百屋の野菜カレー」がこちら。入れられている野菜はレッドムーン・にんじん・ピーマン・かぼちゃ・ブロッコリー・いんげん・なす・えんどう・ごぼう・オクラ。
lavi (9)

たくさんの種類が入っています。あと味付き卵も半分入っていました。5辛は色味から辛そうに見えますが、それほどでもなかったです。

しかし「カレーは飲み物」とはよく聞きますが、スープカレーはもっとドリンクですね。(笑い)

味的にはエビの旨みがとても効いています。コクもあり美味しかったです。
lavi (7)

一緒に行った人は「やわらかチキンカレー(1,150円)」。こちらも美味しかったそうです。

しかし、お勘定のとき、個別の支払いはダメということで一緒に私が払いましたが、小松に戻って気が付いたのは3,100円という合計金額でした??合計は2,500円のはずですが……。

その時は疲れていたのと、消費税のこととかライスが無料だったか?などが頭に浮かんでその場ではあまり意識しませんでした。また電子マネーで私が一緒に払ったため気が付きませんでした。

払ってしまった自分が悪いのでいいのですが、レジは混雑していなかったので、やはり別々に支払させて欲しいと思います。そうすれば何を食べたか伝えるので、単価がおかしいと気が付いたかもしれません。

何れにせよカレーは美味しかったので、新千歳空港を利用される機会があれば、一度食べてみる価値はありますね。ご馳走様でした。

スープカレーlavi 新千歳空港店
北海道千歳市美々
 新千歳空港ターミナルビル3F
TEL 0123-21-8618
10:30~20:30(L.O.20:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

札幌駅にほど近い、アスティ45ビルという大きなビルの地下にある飲食店街にあります。

平日は、アスティ45ビルの地下にある飲食店街は、それほど混雑しているお店はありませんでしたが、「海鮮酒蔵 二三一」だけは我々が到着した18:30頃にはすでに満席でした。人気なのですね。
海鮮酒蔵 二三一

店名の「二三一(フミイチ)」とは、石狩地方と留萌地方とを結ぶ北海道中西部の動脈、国道231号が由来です。

日本有数のエビ産地として知られる北海道増毛町。そこにある増毛漁港直送の鮮魚と日本最北の酒蔵「国稀酒造」の地酒がウリのお店なのです。ちなみに増毛は映画「駅 STATION」の舞台としても知られています。

さて、その増毛はエビかご漁が盛んで3月~11月末まで色々なエビが獲れます。そこで採れた新鮮なエビを国道231号を通って直送されるというわけです。
海鮮酒蔵 二三一 (22)

今回、だいぶ前に予約を入れると、個室があるということでそちらにしました。
海鮮酒蔵 二三一 (3)

まずは生ビールは琥珀ヱビスで乾杯。

お通しは数の子。増毛はニシン漁も有名なようで、こちらのお店では数の子もウリの一品です。

最近は数の子なんて、家ではお正月にしか食べることがなくなってきましたね。

あともう一つのお店のウリ「甘エビマス盛り」をさっそくオーダーします。エビが5合マスからこぼれているというのがウリですが、全部で14~15尾くらい?ご覧の通り下にはだいぶ小売りが弾きつめられています。^^;
海鮮酒蔵 二三一 (5)

いちいち殻をむきながら食べるのが少々めんどくさいですが、980円でこれだけの量はやっぱりお店のウリなだけはありますね。もっとも個人的には石川県でいつも食べている甘えびのほうが甘くておいしいと思いました。

生ガキは厚岸と寿都産の食べ比べです。2つで900円。期間限定だったので、そろそろ生はシーズン終わりでしょうか?
海鮮酒蔵 二三一 (9)

寿都産のほうが見も厚くておいしかったです。

日本酒の肴にピッタリな「珍味五点盛り」。
海鮮酒蔵 二三一 (7)

上の段の左は「ニシン切り込み」。右は「甘えびの塩辛」。下段左から「松前漬け」「イカの塩辛」「おくら数の子」。

「ニシン切り込み」の「切り込み」とは、生魚を包丁で切り刻んで発酵させた東北や北海道の郷土料理のことです。
海鮮酒蔵 二三一 (18)

「たこの柔らか煮(480円)」は名の通り軟らかく煮られたタコが美味しいです。

「真ホッケの開き(1,280円)」。本州で開きで流通しているのはシマホッケが多く、北海道に来たならば真ホッケを食べたいということでお願いしました。
海鮮酒蔵 二三一 (21)

お値段も少し高めですが、身がホクホクで美味しかったです。

あと写真を撮り忘れましたがシーザーサラダも頼んでいます。

お酒のほうは、生の後、日本最北の酒蔵「国稀酒造」の地酒に移ります。
海鮮酒蔵 二三一 (13)

まず最初の一杯は「佳撰」が100円ということでそれを。軽めの口当たりでした。

その後、純米酒の飲み比べです。
海鮮酒蔵 二三一 (14)

「暑寒しずく」「吟風国稀」「特別純米」の3種各80mlで900円でした。
海鮮酒蔵 二三一 (15)

こちらは北海道の紫蘇焼酎「鍛高譚」のロック。私も夏の間はこの焼酎を家では飲んでいます。
海鮮酒蔵 二三一 (19)

一緒に行った人は「北海鬼ころし」も頼んでいました。

前日はだいぶ飲み食いしてお金を使ったので、今日はこの辺で終わりにしました。

締めて一人5,000円強。この日は想定の範囲で終わらせることが出来ましたが、北海道にはまだまだ食べたいものがたくさんあります。残念でした。ではご馳走様でした。

海鮮酒蔵 二三一(フミイチ)
北海道札幌市中央区北4条西5
 アスティ45ビルB1F
TEL 050-5592-5083
月~土、祝前日
11:30~15:00 
(L.O. 料理14:30 ドリンク14:30)
17:00~22:30
(L.O. 料理22:00 ドリンク22:00)
日・祝休(3月21日は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

北海道は言わずと知れた食の宝庫です。

四方を海に囲まれた北の大地。新鮮な魚介は、北陸に住む私のとっても魅力あふれるところです。

今回、3年ぶりに札幌に出張があり、仲間と美味しいものを食べに行ってきました。

一人だと、金額帯も自由に決めることが出来ますが、会社の人が一緒だとそうもいきません。

値段的に1万円以下で済ませることができる人気の寿司店ということで検索して決めたのが、今日紹介します「鮨処 竜敏 札幌店」です。
竜敏

場所は繁華街のど真ん中、すすきのの「ラーメン横丁」のすぐとなりのビルです。ビルの中の通路に入らないと見えないので目立たないお店です。

良心的な料金のコース料理、単品メニューもお手頃な値段であったのですが、今回は、北陸ではなかなか見かけない食材を中心に、質のいいものを少しずつ食べる目的で伺いました。

大将にもこのことをお伝えしましたが、ところが、これが失敗と言いますか、当初予算的には一人1万円以下と思っていましたが、ついつい出てくるまま食べていたら予算が相当オーバーしてしまいました。

では、飲み食いしたものを紹介していきます。
竜敏 (5)

お通しはにこごりで、ノドグロをぜいたくに使っています。

そして刺身が何品か出されます。
竜敏 (6)

まず最初はニシンです。ニシンを刺身で食べるのは初めてかもしれませんが、脂が乗っていてすごかったです。
竜敏 (7)

こちらのピンク色のはヒメマスです。こちらも脂のノリは最高でした。
竜敏 (8)

つぶ貝は、とても大きなものから切ってくれます。
竜敏 (9)

ウニです。産地をお聞きしたら厚岸の浜中産ということでした。このウニは最高でした。当然ミョウバンなど使っていません。
竜敏 (11)

生タコ。ねっとりとした食感ですが、吸盤のコリッとした食感と相まって美味しいです。
竜敏 (10)

こちらはタコの卵です。昔、どこかで食べたことがあります。白いのがそうで、ポン酢にもみじおろしを添えてあります。北海道ならではの肴かもしれませんね。
竜敏 (12)

キンキです。軽く炙ってありますが、脂が表面にドバッと出ていて凄いです。
竜敏 (15)

キンキは肝も出してくれました。鮮度がいいんでしょうね?初体験です。
竜敏 (13)

焼きタラバが出されました。タラバは石川ではあまり流通していないので食べるのは久しぶりです。
竜敏 (16)

そして出されたのが、エビの三種食べ比べ。左からボタンエビ、甘エビ、珍しいゴジラエビです。水揚げされたのは、エビ漁で有名な増毛。

ボタンエビは皮をむかれてもまだ生きていました。

ゴジラエビ。正式にはイバラモエビといいます。前は硬い殻や刺々しさからイバラエビとか鬼エビと呼ばれていたようです。確かに厳つい頭で、ゴジラに似ていなくもない……?
竜敏 (17)

次に出されたのは「かに味噌焼き」です。ほぐし身の上にカニ味噌を乗せて焼いています。こりゃ、酒がすすみます。

今回、料理を食べるにあわせて、北海道の地酒を3種類ほど飲みました。食べるのに夢中で写真は撮っていません。^^;
竜敏 (18)

これはタラバの生の身だったと思います。爪の辺りでしょうか?間違っていたらごめんなさい。
竜敏 (19)

こちらはタラバの子3種を味噌に漬けたものです。

食感も味も違う3種。日本酒に合います。

いつの間にか相当なおつまみを食べていることに気が付きました。ちょっとやばいかな?とも思いましたがもう遅い!?^^;

こうなりゃ、野となれ山となれ!です。
竜敏 (20)

で、このあたりで口直しを挟んで握りに移ります。
竜敏 (21)

一人5貫程度と伝えて出してくれたのが、まずは毛ガニ。
竜敏 (22)

蝦夷アワビは厚めの切り身で、食感がすごくて何となく昆布の風味も感じました。
竜敏 (23)

サクラマス。最近漁獲高が激減でなかなか貴重な一貫だそうです。
竜敏 (24)

ホタテも分厚かったです。
竜敏 (25)

最後はマグロの山わさび漬け。

山わさびは洋食ではレフォール、日本では西洋わさびともいいます。北海道自生のもので上品な辛みでした。

以上飲み食いして一人16,000円ほど。想定金額より1.6倍ほどかかってしましました。^^;

しかし、このネタの種類と量だとそれなりの鮨店では2万円はゆうに超えるでしょう?そう言った意味では納得のコスパだったと思います。ご馳走様でした。

鮨処 竜敏(たつとし) 札幌店
北海道札幌市中央区南5条西3丁目8 N・グランデビル1F
TEL 011-533-3889
月~土
17:30~26:00(L.O.25:30)
日・祝
17:0~23:30(L.O.23:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ