あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:玄米

富山でランチをしたときのお店について紹介します。

「カフェブルーリーブス(cafe BLUE LEAVES)」は、富山空港へ向かう道の途中。マンションというか4階建てのアパートの1階にあります。
カフェブルーリーブス

富山空港から来ると、あまり目立たない作りで気が付かないかもしれません。

営業はランチの時間帯のみ。潔いです。
カフェブルーリーブス (2)

内装はシンプルでナチュラル感があります。

我々が伺ったとある平日は、女性のオーナー?のかた一人で切り盛りされていました。中にもしかしたら誰かいたのかもしれませんが?
カフェブルーリーブス (3)

ランチメニューはこんな感じです。

A(1,000円)とB(1,200円)の2種類ですが、お得なのは、メニューにも書かれていますがAとB両方とも頼むセットです。1,600円とお得になっています。一応、Aの単独メニューからおにぎりと、Bについてくるミニサラダはありませが、それでもすごくお得な価格設定になっています。

Aメニューは、野菜たっぷりプレートに玄米おにぎりとスープ付きで1,200円となっています。
カフェブルーリーブス (7)

ナムルのような感じのものあったり、とにかく使われている野菜の種類が半端なく多いのです。30種類ほど盛られているそうですが、見えるところでは、ヤングコーン・オクラ・カブ、キュウリ・ナス・カボチャ・サツマイモ・トマト・紫玉ねぎ・セロリ・もやし・ニンジン・カイワレ・レタス・ミョウガ・ごぼう・スプラウトなど。あと中にキャベツがあったかな?他にもあったかもしれません。

ひじき煮や松前漬のようなものも添えられていました。

写真ではわかり辛いかもしれませんが、ボリュームが凄いのです。
カフェブルーリーブス (10)

ドレッシングは白いのがヨーグルト、濃い色のはエゴマを使ったものでした。
カフェブルーリーブス (4)

寒い時期はせいろ蒸すになるようですね。ご覧の「富山やくぜん」の認定書も置かれていました。

Bメニューのセットは次の6種類から選ぶことが出来ました。

グリーンカレー
サラダアボカド丼
ねばとろ丼
タコライス
チキントマト煮込み
喫茶店の鉄板ナポリタン

この中から私はタコライスをチョイス。
カフェブルーリーブス (14)

出されたのがこちらです。タコミートとレタスがたっぷり。温泉玉子も乗せられていて、これらを混ぜて食べます。スパイスは押さえてあって大人しい味のタコライスでした。
カフェブルーリーブス (12)

一緒に行った人が頼んだのは、グリーンカレーと、
カフェブルーリーブス (11)

喫茶店の鉄板ナポリタン。喫茶店の鉄板ナポリタンは名古屋の喫茶店で出されるタイプの熱々鉄板に溶き卵を敷いた上に乗せられていました。
カフェブルーリーブス (13)

ちなみに、タコライスやグリーンカレーのご飯は玄米ご飯。

よく噛んで食べましたが、さすがにA+Bのボリュームが多かったので、私は少し残してしまいました。すみません。
カフェブルーリーブス (15)

あと、ランチにはこちらのスープも付いてきます。

AとB、両方セットで食べると、男の私でも食べきれませんでしたが、ヘルシーでセットの料理も色々選べてお得感もあるので、やはり両方頼むことをおすすめしますね。ご馳走様でした。

カフェブルーリーブス
 cafe BLUE LEAVES
富山県富山市萩原552-1
 アクアマリーンマンション1F
TEL 090-2830-1151
11:00~15:00
日曜・祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

いわゆる健康志向の高まりによって始まった自然食ブーム。

始まってからどのくらい経つでしょうか?

私が若いころは、健康なんてどこ吹く風!なんて気持ち?で飲み食いしていましたが、やはり歳を重ねてくると、だんだんと食べるものや量に気をつけるようになってきました。
玄三庵 (9)

この日、ランチを仲間と食べようと天王寺ミオプラザ館のレストラン街へと向かい、前回行った時に順番待ちの列が凄くて、入るのをあきらめた自然食がウリのお店「玄三庵」に直行しました。

こちらは大阪で5店舗展開しているお店で、いまの健康志向の高まりによって人気となっています。

今回は少し早目の時間だったので、何とか男4名、座ることが出来ました。

しかし、お客さんは場所柄や平日ということもありますが、女性客ばかりです。^^;
玄三庵 (8)

店内の壁に黒板で食材のことなど書かれています。こだわりのお店ですね!?
玄三庵 (10)

ランチメニューは何種類か設定されていて、私は本当は「39品目の健康定食」がよかったのですが、こちらは日替わりメニューで、この日のメニューが「キノコ入り鶏団子 トマトスープ」だったのでパス。

結局「野菜たっぷり玄米カレー(980円)」を頼むことにしました。4名のうち3名がこれを頼んでいます。
玄三庵 (2)

最初に飲む野菜サラダが出されます。

青汁のようなものに甘味が少し加えられていて、飲みやすかったです。

そして出された「野菜たっぷり玄米カレー」がこちらです。
玄三庵 (6)

メインの野菜たっぷり玄米カレーには、多くの種類の素揚げ野菜が添えられていました。
玄三庵 (7)

カレー自体は、ほど良い辛さで、玉ねぎとニンジンなどの野菜から出る優しい甘みを感じて、香味野菜でうま味もプラス!美味しかったです。

ライスはもちろん玄米ごはんです。玄米は島根県の奥出雲の契約農場で作られた減農薬栽培された玄米を使していて、圧力鍋で炊きあげているようです。よく噛んで食べました。

セットには旬のおかずも3品付いてきました。味噌汁は麦味噌を使っています。

また、ランチタイムには豆乳プリンがサービスで付いてきました(15時まで)。

こちらは一緒に行った人が頼んでいた「地鶏の甘辛玄米丼(980円)」です。
玄三庵 (4)

メイン以外は我々と同じですが、メインは能登の健康鶏を使った唐揚げで、特製ゴマダレをからめて食べるようになっていました。温泉卵も添えられていました。

ちなみに、玄米ごはん大盛りが無料。味噌汁もお代わり無料でした。まぁ、どの程度大盛りを頼むかはわかりませんが。

自然食と言っても色々ありますが、こちらのお店は普通の人にも食べやすくてお値段も手ごろでお勧めです。ご馳走様でした。

玄三庵 天王寺ミオプラザ館店
大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-48
 天王寺ミオ プラザ館4F
TEL 06-6773-1055
11:00~22:00(L.O.21:30)
天王寺ミオの定休日に準じる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

また「いい道の駅のと千里浜」の中にあるお店の紹介です。
道の駅千里浜 (6)

前回はマルガージェラートを紹介しましたが、今回はパン屋さんです。

ファーマーズベーカリーはくい」という玄米粉パンがウリのお店です。
ファーマーズベーカリー (4)

道の駅に入っているお店としては、新しいということもありますが、とてもきれいでディスプレイのセンスもいい感じです。
ファーマーズベーカリー (2)

こちらのお店の玄米粉パンは、遠赤焙煎の特許製法で、玄米をミクロ単位に粉末化し栄養分を丸ごと吸収できるといわれています。玄米粉パンは油を吸収しにくいヘルシー食なのです。

調べてみると、「ファーマーズベーカリー」そのものはお隣富山県の氷見JAがやっているブランドで、ここ「ファーマーズベーカリーはくい」は、JAはくいが運営しているようです。

地消地産にもこだわり、メイン材料の米は羽咋米。他の食材・調味料なども地元産をなるべく使っていて、安心して食べることが出来ますね。
ファーマーズベーカリー (16)

12時ごろだったためか、種類も多く、量もたくさん並べられていました。

それでは買い求めたものを紹介していきます。

お店のウリの商品「のとししカレーパン(税込200円)」は、能登のイノシシ(のとしし)がカレーに入ったカレーパンですが、残念ながらジビエ系は苦手なので娘が食べました。
ファーマーズベーカリー (14)

すみません。パンの写真ですが、持ち帰るとき下のほうになってパンすべてが少しへこんでいます。^^;

自家製カレーで外はカリカリで玄米粉の生地がモチモチ。そして中はスパイシーだったようです。
ファーマーズベーカリー (6)

1日に約400個ほども売れるそうで「いい道の駅のと千里浜」の人気商品。たくさんお店にも並んでいました。

他のパンはサイズ的には少し小ぶりです。
ファーマーズベーカリー (10)

私は「ウインナーパン(160円)」を食べます。ウインナーがシューシー。それと玄米粉パンなので、普通の小麦粉のパンとはやはり味が違いました。
ファーマーズベーカリー (12)

妻が食べたのはこちらの「季節のジャムパン」はブルーベリー(160円)。ブルーベリーの季節ですね
ファーマーズベーカリー (9)

「よもぎあんぱん(170円)」は、もちっとした食感で甘さ控えめの粒あんがいっぱい入っていました。ヨモギの香りも良いですね。
ファーマーズベーカリー (11)

「くるみぱん(170円)」と「黒豆ぱん(170円)」も買い求めています。
ファーマーズベーカリー (13)

材料や製法にもこだわっていて、ヘルシーなパンを楽しめるお店として、こちらの道の駅でも人気のお店なのだと思いました。ご馳走様でした。

ファーマーズベーカリーはくい
石川県羽咋市千里浜町タ1-62
 いい道の駅のと千里浜内
TEL 0767-23-4888
9:00~売り切れ次第終了
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

人気の「キングストングリル」が昨年11月に改装して、「ファンタブル」という名前に変わっていました。
ファンタブル

ここは、いまや金沢でも飛ぶ鳥を落とす勢いの「おまめ舎」のグループのルーツとも言えるお店で、2004年に「キングストングリル」としてオープンしています。

「おまめ舎」はプロデュース、デザイン、セールスプロモーション事業などを手掛けていて、「ハム&ゴー」もグループのお店として有名ですね。

「ファンタブル」に変わって、フリーのWiFiや充電設備も用意されていて、よりゆったりと過ごすことが出来るカフェになっていました。

今回、私は予約なしで11:30過ぎにお店に到着。中に入ると、13時までだったらokということで入ることが出来ましたが、お昼過ぎに来たお客さんはNGでした。ラッキーです。
ファンタブル (9)

中に入ると、「キングストングリル」のときの木の温かみを感じさせてくれる内装から、シンプル&クールモダンな内装に変わっています。
ファンタブル (19)

奥のほうはオードアメリカンな雰囲気を感じさせてくれるテーブル席になっています。

さてメニューのほうですが、ランチタイムは「デリコンボ」という季節のデリプレートにプラス、9種類のメインプレートからチョイスするのが基本となっています。
ファンタブル (13)

この日のメインプレートはこのようになっていましたが、料金はチョイスするメイン料理によって違います。

意外と肉系のメニューが多かったです。

私はこの中から、タコライスをお願いしました。本来であれば2段重ねのお重のように出されると思うのですが、タコライスは少し時間がかかるということで別々に運ばれてきました。
ファンタブル (18)

まず運ばれたのは「デリコンボ」。色とりどりのデリが詰められています。

内容は「紫キャベツとみかんのマリネ」「塩さばとじゃがいものローズマリー焼き」「金沢春菊と桜えびのてんぷら」「くるみとレーズンのかぼちゃサラダ」「ヤムウンセン-タイ風牛肉と春雨サラダ」。

これらは、デリとしてお持ち帰り用としても売られていました。

ヘルシーな内容で、ボリュームもたっぷり。女性が喜びそうですね。

そしてメインのタコライスです。
ファンタブル (20)

ご飯は白米、玄米、五穀米からチョイス出来、さらにはハーフ&ハーフも可能なのがうれしいです。
ファンタブル (23)

私は玄米と五穀米のハーフ&ハーフでお願いしました。

ひき肉・豆・野菜を、チーズと混ぜてたっぷりのサルサソースで食べます。

ドリンクは、ランチタイムにはお得な金額でプラスすることが出来ますが、7種類のドリンクファンタブルオリジナルハーブティーがウリです。
ファンタブル (15)

ハーブティーの原料は世界中から集められたオーガニック、無農薬、またはワイルドクラフトと呼ばれる自生の茶葉のみを使用しているというこだわりです。

私はお店の名前が付いた「ファンタブル」をお願いしました。何も言わなかったら最初に運ばれてきました。

エキナセアや、ジンジャーなどをブレンドしていて、くせがなくすっきりとした飲み口でした。ちなみにエキナセアは免疫力があがると言われています。

デリプレートと、メインプレートも量的には多かったので、お腹が一杯になりました。

私の食べたセットで1,480円。野菜もたっぷり取れるしお腹も満足。味的にもGood!土日は予約して行った方がいいでしょう?ご馳走様でした。

ファンタブル(FUNTABLE)
石川県金沢市南四十万1-181-1
TEL 076-236-2228
11:00~21:00(L.O.20:30)
(ランチ11:00~15:00)
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢市大野町と言えばしょう油の街として有名です。

北前船で栄えたころの最盛期には60を超す蔵元が軒を並べていましたが、いまでは三分の一くらいに減ったようです。

そういえば、昔は小松の街中にも小さなしょう油を作っているお店がありました。

さて、話は変わりますが、ソフトクリームにしょう油を混ぜるといった発想は誰が考えたのでしょうか?

ミルク+しょう油=キャラメル味に変化というのも不思議です。
satou 030

12年前に私は、今回の「もろみ蔵」で食べて書いています。実際にしょう油ソフトを食べたのが、こちらのお店でした。このソフトクリームの写真もその時に写したものです。

最初に食べた時はやはりびっくりしましたが、その後、何回か食べていると、味については舌が覚えていて、味の感覚が鈍ってきています。

今回、改めて訪れて食べてみました。
もろみ蔵 (2)

まずは12年前と同じ、「もろみ蔵」です。
もろみ蔵 (6)

しょう油を醸造していた蔵を改装して利用しています。中はギャラリー&喫茶。昔と雰囲気はあまり変わっていませんね。
もろみ蔵 (3)

滑らかでほどよい甘さで美味しかったのですが、先ほども書きましたが、最初食べた時の感動はありません。^^;

でも、先日紹介しました「はなくま食堂」のあとで、食後のデザートとしてちょうどよかったです。ご馳走様でした。

もろみ蔵
石川県金沢市大野町2-39
TEL 076-267-6638
月~金11:00~19:00
土10:00~19:00
日・祝10:00~18:00
水曜休



お次は、ヤマト醤油味噌のひしほ蔵です。私のブログでも何回か登場しています
ひしほ蔵 (2)

先ほどのもろみ蔵と同じ日に行ったので、同じしょう油ソフトクリームを食べても、と思って頼んだのは、この夏発売された「玄米ソフトwith C」です。
ひしほ蔵 (3)

しかし、「with C」??CはcoffeのCでしょうか??
ひしほ蔵 (4)

何となくブルゾンちえみと組む「with B」を思い浮かべましたが、でもゼリー(jelly)のJのほうがいいような気もします……。まぁ、Bの次はCのほうが良かったのかもしれませんね。
ひしほ蔵 (7)

元々、もろみ蔵では玄米ソフトクリームというのがあって、それにコーヒーゼリーを加えた商品です。コーヒーゼリーは発酵食美人食堂の水出しコーヒーで作っています。
ひしほ蔵 (8)

玄米ソフトクリームにも玄米甘酒をたっぷり煉り込んであって、上品な甘さにコーヒーゼリーのほろ苦さが合わさって、これはこれで美味しかったですよ。ご馳走様でした。

ひしほ蔵
ヤマト醤油味噌
石川県金沢市大野町4丁目イ170
TEL:076-268-1248
10:00~17:00
水曜、年末年始休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ