あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:獺祭

お盆のときは飲食店はどこへ行っても混雑しています。

お盆には休みのお店も多いので、やっているところにお客さんが集中してしまい、家族みんなで食べに行くときなど苦労することもあります。
海天すし (19)

そんなお盆のとある日。ちょうどお墓参りに行ったときに、そのままみんなで夕飯を食べるために「海天すし」にお邪魔してきました。ここは我が家でも、テイクアウトの寿司を買って家で食べたりすることがある回転寿司なのです。

混むのはわかっていたので、17時過ぎという早目の時間に到着。この時間だったらすぐにボックス席に案内されました。

この後、17:30には順番待ちが出来て18時前には店内の待つための椅子が満杯になるほどでした。読みは当たりました。

こちらのお店、昔は、土日でもこのような順番待ちは見たことがあったのですが、最近では、これほどの順番待ちが出来るのはGWとお盆、正月のとき以外はあまり見なくなりました。

私のブログでは「海天すし 小松平面店」については、4年7か月前に紹介しています

また、小松南店についても今年初めに行っています

寿司自体は江戸前の仕事をしているわけでありませんが、ネタの新鮮さと高級ネタの品揃えが豊富でお値段的にもリーズナブル。好きな回転寿司店です。
海天すし (11)

ネタの種類も豊富で、店内の黒板には当日限定のおすすめ品が書かれています。

今回は、寿司を多く頼むより、私と妻のほうはつまみ系のものを頼んで飲むパターン。母と娘は握り中心で頼むという使い方です。

食べたものすべて写真を写したわけではありませんが、食べたものを紹介したいと思います。
海天すし

まずは生ビールを頼み、備え付けの用紙にオーダーを書き込んでお店の人に渡します。

普段あまり食べることがないものを中心に頼むことにしました。
海天すし (5)

まずは野菜からで「グリーンサラダ(298円)」。ドレッシングも添えられていました。
海天すし (2)

これは「活あわびの刺身(598円)」です。この大きさだったらあわびと呼んでいいものかな??^^;
海天すし (7)

「カキフライ(358円)」は揚げ立てでサクッとしていました。
海天すし (3)

「おつまみ穴子(598円)」も頼んでみました。寿司ネタ用ですね?それほど脂が乗っているわけではありません。
海天すし (9)

この後、私は焼酎を。妻は日本酒を頼みます。「獺祭(998円)」と何だったかな?
海天すし (14)

そして握りに移ります。まず頼んだのはボタンエビです。大きなボタンエビでした。値段は398円で安いです。妻と母も同じく頼んでいました。

このボタンエビは一貫のみの値段で、あとは一皿を頼んで妻と二人で一貫ずつ食べました。
海天すし (18)

こちらは「かすご(298円)」。「かすご」は「春子」と書きます。本鯛の稚魚のことで、その名の通り春の時期に産まれた小鯛です。小鯛を軽く酢でしめてあります。
海天すし (10)

「能登ふぐ昆布締め(398円)」はポン酢でさっぱりと食べます。
海天すし (15)

「はもあぶり(358円)」もさっぱり系です。
海天すし (17)

「あゆ塩あぶり(398円)」だったかな?
海天すし (13)

「うなぎ(498円)」も頼みましたが、こちらは焼いてから時間が経っていたのでイマイチでした。^^;
海天すし (6)

母と娘が頼んだ「白身の五貫盛り(998円)」はノドグロ、ふぐ、えんがわ、鯛、あと一つは何だろう?カンパチかな?
海天すし (4)

こちらも二人が頼んだ「店長五貫盛り(998円)」で、ノドグロ、中トロ、赤身、サーモン、ブリ。
海天すし (8)

娘は豚汁も頼んでいました。

相変わらずの人気でしたが、お盆のこの時期、ネタ的には少し厳しい感じがしましたが、居酒屋使いも出来て、一人これだけ飲み食いしても3千円強で済むというのは、やはりありがたいですね。ご馳走様でした。

海天すし 小松平面店
石川県小松市平面町カ74-1
TEL 0761-24-0448
11:00~21:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

食の面では東京はやっぱりすごいです。

色々なお店が雨後タケノコのようにオープンしています。

料理のジャンルも当然のように、生粋の和食から超が付くほどのエスニックなお店まであり、お店選びでも困らないですね。

もっとも当事者である飲食店の方々にとっては大変です。競争激化で経営も大変だと思います。

特に神保町あたりは学生も多くいて、リーズナブルでありながらおしゃれで食べ物も美味しい!といった欲張りな要求も強いのではないかと思います。

さて、いつも東京へ出張で出かけた時は、仲間と一緒に夕食を食べることにしているのですが、今回は5名でお邪魔しました。
お店の外観は、バル風というか、オープンな感じでカジュアルなパブのようなお店です。お店の冠に「利き酒」という日本酒をウリにしているお店とは思えない店構えです。

2階にも席がありました。貸切もできるお洒落なパーティースペースになっているようです。

我々は1階の席に案内されます。

我々は事前に予約。「当店一押しのパーティプラン」の「最強ハッピープラン」をお願いしました。

こちらのコースは通常は5,500円ですが、ネットで予約を入れると5,000円。驚くことに、他の物を頼まなければ一人5,000円ぽっきりで済ますことが出来ます。他に料金は一切かかりませんでした。

「厳選日本酒30種類 2時間飲み放題付 お料理9品コース」という内容で、この「日本酒30種類」が飲み放題に付いているのがミソなのです。
ミスターハッピー (12)
ミスターハッピー (10)

飲み放題の場合、日本酒に限らず内容が限定されているところが多いのですが、こちらのお店では少しは範囲が狭くはなっていますが、日本酒だけでメニュー用紙2枚に渡る種類から選べたり、山口県の人気銘柄「獺祭」や各地のレアな銘柄もラインナップに加わっているので、選ぶのが楽しみでした。

料理のメニューはWeb上では一応この内容です。しかし、私が肉が苦手ということで事前に変更可能かと聞くと、心よく変更してくれました。(というか肉以外もだいぶ変わっていますが……^^;)

前 菜「特製ウニ豆腐 」
刺 身「築地直送♪旬のお刺身 五点盛り合わせ」
サラダ「豚しゃぶとゴーヤのサラダ」
焼 物「スペイン産赤豚肩ロースステーキ」
逸 品「タチウオのおろしポン酢」
揚 物「鶏もも肉の唐揚げ
ご 飯「オーロラサーモンと夏野菜のさっぱりうどん
甘 味「本日のデザート」

何はともあれ、まずは乾杯です。
ミスターハッピー (8)

みんなは生ビール。私はとある理由でハイボールです。

では、出されたものを紹介していきます。
まず出されたのは前菜と、
「サーモンとゴーヤのサラダ」です。豚しゃぶがサーモンに変わっていました。
こちらは「お刺身 五点盛り合わせ」。マグロ、タイ、タコ、スズキ、イサキ?

ウェブでは「産直の魚に徹底的にこだわる:と書かれていましたg、石川で新鮮な刺身を食べている身としては、まぁ普通?でも東京ではいい感じではないでしょうか?
焼物はサバの西京焼?だったかな?^^;
こちらは逸品として設定されていた「タチウオのおろしポン酢」です。
揚物はアジの竜田揚げ。

はは。見事に魚に変更してくれていますね。ありがとうございます。
締めの食事は、焼飯でした。しかし、みんな、飲み過ぎ食べすぎであまり食べませんでしたね~。ほとんど残してしまいました。

私も軽く2口ほど食べました。日本酒を飲み過ぎた後は、焼飯はのどを通りにくいかもしれません。こちらは既定通りのうどんのほうが良かったかもしれません!?

同じくこちらのデザートもパスしました。^^;
頼んだ日本酒は、まずは兵庫の「香住鶴 生もとからくち 原酒 但馬五百万石」。原酒の力強い辛口ですが口に含むとまろやかで旨みを感じさせてくれる酒です。
ミスターハッピー (24)

「獺祭」を飲んだことがない人がいたので、そちらも頼みます。磨き50です。

この後は、お店の利き酒師?のかたに、料理に合わせておまかせで出していただきました。ちなみに飲み放題は2時間です。
ミスターハッピー (17)

和歌山の平和酒造「紀土(KID) 純米吟醸 夏ノ疾風」は、これからの季節にいい軽めの爽やかな酒。
 
ミスターハッピー (18)
沖縄の「本醸造 黎明」。沖縄で唯一の日本酒の蔵元です。ラベルが純日本風で面白いです。私は飲みませんでしたがやはり本土の日本酒とはちょっと違った味だったそうです。
ミスターハッピー (20)

岡山の「大典白菊」。吟醸のにごり酒はもろみの成分が相当濃く残っています。
ミスターハッピー (21)

他にも何か頼んでいたと思いますが、写真は写していません。

行った5名とも酒好きのメンバーだったので、完全に元は取ったと思います。(笑い)

お店を出るときに、お菓子のお土産まで頂きました。

一人ぴったり5,000円で、相当飲んで、食べ物的にも満足できる内容でした。おすすめの一軒ですね。ご馳走様でした。

利き酒 GRILL Mr.Happy 神保町店
TEL 050-5593-4957(予約専用)
03-5577-4194(問合せ専用)
月~金17:00~24:00(L.O,22:45)
土曜16:00~24:00(L.O.22:45 )
日曜15:00~23:30(L.O.22:15)
不定休日あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

最近私も金沢のおでんのお店など、おでんネタをブログでよくアップするようになりました。

金沢のおでんは味的には関西系のところが多く、大阪に行った時に食べる場合も違和感なく食べることが出来ます。
あじ菜

今日紹介します、東心斎橋にある「あじ菜」へは、12月も後半に入りめっきり寒さが身に染みる季節になり益々おでんが恋しくなってきたころに行ってきました。
あじ菜 (4)

この地で営業されて10数年経過するそうですが、基本的にはおでんをつまみに、全国各地の地酒を飲む!これがお店のウリなのです。
あじ菜 (3)

まずは生ビール。
あじ菜 (7)

お通しです。高野豆腐とふきの煮物。
あじ菜 (2)

おでんは、ご覧のような感じですでにスタンバイしています。

我々は何回かに分けて、色々な種類のおでんを頼みました。
あじ菜 (8)

こちらは、ごぼ天、大根、椎茸、つみれ、袋。この「ごぼ天」が美味しかったです。中のゴボウがしっかりとした食感を残していて、外側の練り物に出汁の味がシュンでしていい感じです。

基本的に、こちらのお店は大阪のおでんの中でも更にうす味というか、澄んだ味付けのおでんで、素材の味を引き立てるように出来ています。それが美味しいのです。
あじ菜 (9)

こちらはひら天、春菊、大根、スジ、糸こんにゃく。春菊も良かったです。
あじ菜 (15)

水菜、タコ、シュウマイ。水菜もシャキッとした食感です。
あじ菜 (16)

再度、ごぼ天に厚揚げを頼みます。
あじ菜 (17)

最後はワカメです。もちろん、汁もすべて飲み干します。上品なダシなので大丈夫です。食べたものすべて美味しかったですよ。

おでんは1個150円から250円のものが多いようです。後から知りましたがタコが高く550円でした。^^;
あじ菜 (12)

おでん以外には「梅クラゲ(350円)」も最初に頼んでいました。

さて、お店のもう一つのウリの方、地酒ですが、まずお品書きで目がいったのは「獺祭 発泡にごり酒スパークリング50」でした。
あじ菜 (11)

山口県岩国市の、いまや超有名になってしまった酒蔵「旭酒造」。私はまだ飲んだことがなかったので生ビールの後にそれを頼みます。2,700円と少しお高めです。^^;

基本、日本酒のあらばしりの季節に、もろみが入った発酵途中の状態のを瓶詰めして出され瓶内二次発酵させる酒で、贅沢に純米大吟醸です。最初の一口は甘く感じましたが、後口は爽やかです。
あじ菜 (13)

お次は獺祭の飲み比べ(2,000円)を頼みました。2割3分、3割9分、5割の3種揃い踏み。2,000円は少しお高い気もしますが、一度に飲み比べが出来ることはうれしいですね。

私はこれまでに全部飲んだことがありましたが、一度に飲み比べたことがなかったのと、一緒に行った人が獺祭初体験だったのでお願いしました。

個人的には3割9分が好みかな?上品なすっきとした飲み口です。

獺祭以外にも久保田「萬壽」が入った飲み比べなどもありましたよ!
あじ菜 (14)

あと最後は二人ともハイボールで締めました。

この日は雨が降って寒かった関係もあってか、お客さんは我々と、帰る少し前に入ってきた男性客だけでした。もっとも、早い時間だったので、場所柄これからが稼ぎ時かもしれません?

何れにせよ、寒い日にうす味の上品なおでんと全国の地酒を楽しめるお店として、個人的には応援したい気になるお店でした。ご馳走様でした。

あじ菜(あじさい)
大阪府大阪市中央区東心斎橋2-7-12
TEL 050-5868-8987(予約専用)
06-6211-1177(問合せ専用)
[月~土]
18:00~翌3:00(L.O,26:30)
日・祝休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ