あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:牡蠣

能登半島には穴水、中島など、牡蠣の産地として有名なところがあります。いわゆる「能登かき」のブランドとして知られていますね。

さて、私とは昔から色々なところでお付き合いがある、加賀市出身の北出さんという方がいます。
北出さん

彼は住宅建築など手掛ける工務店の社長から、釣りのルアーの世界的な会社に転身して、シンガポールを拠点に世界中を飛び回り、その後日本法人の社長を務めていたという、少しユニークな経歴を持つ人間です。

今度は、能登で牡蠣の養殖の会社にご縁ができたということで、昨年家族揃って七尾に転居してきました。

今回、彼に久しぶり…たぶん10数年ぶり?に会うことが出来、元気な姿を見てうれしかったです。
瀬上水産4

彼の仕事場は、七尾湾の西湾でも最南端に位置していて最も多くの小河川が海に流れ込むところにある、瀬上水産という七尾市の奥原地区で能登牡蠣をやっている会社で、今回そこが「オイスターガレージ389」というオイスターバー形式のレストランをオープンさせたのです。
瀬上水産5

冒頭書きました穴水や中島と並び、奥原地区でも美味しい牡蠣が養殖されています。

こちらの牡蠣は、ミクロン単位の濾過フィルターや紫外線UVランプを通過させた水により作られる「滅菌海水」で処理されていて、成分検査で生食用として認められ安心・安全。

その中でも大きなサイズで芳醇な牡蠣は「奥原プレミアム」と呼ばれ、その牡蠣を堪能できるレストランが「オイスターガレージ389」なのです。
オイスターガレージ389 (3)

場所は和倉温泉街から南へ3kmほど。西湾が見えてきたら、この電柱の小さな目印のところを左折するとお店があります。
オイスターガレージ389

外観はまさにガレージそのもの。

しかし店内はきれいにリニューアルされています。
オイスターガレージ389 (4)

お店は現在は予約のみの営業で、ご覧のようにカウンター10席のみで非対面レイアウト。隣との席の間隔は十分とってあって、間にはアクリル板が設置されていました。

コロナ禍でオープンしているので、あえてこのような形式にしたようです。
オイスターガレージ389 (9)

メニューです。能登かきを使った色々な料理を楽しむことができます。

お店の一押しは「奥原プレミアム シンプルスチーム」。

牡蠣といえば直火で焼くイメージですが、本当に美味しい食べ方は蒸し焼きなのです。

これはカニもそうなのですが、直火だと水分が飛んでしまって、せっかくの旨みが失われてしまうからです。
オイスターガレージ389 (11)

Lサイズの「奥原プレミアム(税別3個900円)」がステンレスの鍋に入れられて出されました。4個あるのは追い牡蠣をしているためです。追い牡蠣は1個250円、2個450円、3個700円でした。

鍋の中には少量の水のみ。シンプルな料理法なので、牡蠣の良し悪しが風味に現れます。

オイスターガレージ389 (13)
蒸し上がりフタを開けると、湯気が立ち上ります。同時に磯の香りが鼻に抜けて早く食べたいという衝動が沸き起こります。
オイスターガレージ389 (18)

さすが「プレミアム」と名がつけられているだけに粒が大きく、私がいつもスーパーなどで買うものとはモノが違います。

牡蠣の旨みがそのまま楽しめ、ぷりんとした牡蠣の食感と塩梅も最高!マジでおいしかったです。
オイスターガレージ389 (15)

私は運転なので飲めませんでしたが、妻はソービニヨンの白ワインを飲んでいました。うらやましい。

お次は「奥原プレミアム しゃぶしゃぶ」。Lサイズ5個で1,650円(税別)。こちらも追い牡蠣しています。
オイスターガレージ389 (20)

出汁を取るために小さめの昆布が一枚入れられている鍋に、まず野菜を入れて野菜のうま味を出し、そのあと牡蠣を30秒ほどつけてポン酢で食べます。
オイスターガレージ389 (22)

先ほどの「シンプルスチーム」とはまた違った美味しさで、こちらも最高の牡蠣の食べ方ですね。
オイスターガレージ389 (23)

あと「味噌かきのコンフィ」を頼んでいます。
オイスターガレージ389 (21)

「メインに迫る究極のサイド」という触れ込みの逸品。2個で650円(税別)。

牡蠣を味噌仕立てにしバケットに乗せてトーストしてあります。牡蠣は味噌仕立ても合います。

こちらは「かきグラタン Tom's Style」。850円(税別)です。
オイスターガレージ389 (25)

オイスターガレージオリジナルのグラタンで、超濃厚なチーズの風味がクセになる味。上には牡蠣が乗せられ、ベシャメルソースの中には里芋が隠れています。

熱々のチーズと牡蠣の相性が思いのほかよかったです。車で来たのを後悔するほど、ワインが欲しくなる一品でした。

「奥原 スーペリアル カキフライ」など、ほかのメニューについても食べてみたかったのですが、この日は、この後もグルメツアーを継続する予定だったのでこの辺りでやめました。残念!
オイスターガレージ389 (24)

以上を飲み食いして5,400円ほど。お値段的にも満足です。北出さん、ありがとうございました。

次回は泊りで来たくなる一軒です。皆さんも是非どうぞ!ご馳走様でした。

オイスターガレージ389
石川県七尾市奥原町下389
TEL 0767-62-1616
11:00~14:00
17:00~21:00(L.O.20:30)
日曜夜、月曜休
※当面予約の方のみ
※予約の受付は営業時間のみです


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

日本列島の最南端の鹿児島。

仕事で行ったのが1月でしたが、さすが南国は暖かい。最低気温が14度で日中は18度あり、コートなしのスーツ姿で十分でした。

そんな鹿児島といえば、色々なグルメがそろっている土地ですが、黒豚が有名です。
かごしま黒豚 六白亭

今回ランチを食べに入った「かごしま黒豚 六白亭」というお店は、「かごしま黒豚」を食べることができる、このあたりでも人気のお店。

こちらでは、同じ黒豚種でありながら、手や足、鼻などの6か所が白いことから名づけられた鹿児島のブランド豚「六白黒豚」を使った料理を食べることができることで知られています。

お店のHPでは「六白黒豚」について「成育期間が長く、さつまいもを飼料にするなど、上品な味わいを追求して育てられています。」と書かれていました。

私は肉が苦手なので、この手のお店を選択するのが稀なのですが、一緒に行った人のためにチョイスしました。
かごしま黒豚 六白亭 (6)

お昼少し前の時間でしたが、カウンターに2人のかたが食べておられていました。

我々は、テーブル席に座ります。左には小上がりの席がありますね。
かごしま黒豚 六白亭 (7)

反対側の壁には焼酎がずらりと並んでいました。
かごしま黒豚 六白亭 (4)

お品書きです。こちらのお店は特別なランチメニューの設定はなく、昼も夜も同じメニューで同じ価格でした。

私が頼んだのは「牡蠣フライ定食(5個) 」。税抜で1,280円。
かごしま黒豚 六白亭 (10)

まずご覧のようなソース&薬味のセットが運ばれてきます。
かごしま黒豚 六白亭 (9)

そして牡蠣フライのタルタルソースと大盛りのキャベツが出されました。こちらはお代わり可能です。
かごしま黒豚 六白亭 (11)

また、こちらの壺には「大豆と昆布の煮物」が入っていて食べ放題。

キャベツをお代わりして食べていると、こちらの、殻をお皿にきれいに並べられた牡蠣フライ。
かごしま黒豚 六白亭 (14)

この牡蠣フライが美味しかったです。まず揚げ方がうまい!衣の食感がよく、中の牡蠣のうまみを閉じ込めていて、サクッとした食感と相まって美味しかったです。
かごしま黒豚 六白亭 (17)

最初はタルタルで食べて、残り2個をこちらの壺に入っていたとんかつソースをかけ味変。
かごしま黒豚 六白亭 (15)

ご飯と味噌汁。ご飯は鹿児島県産のお米特Aの「あきほなみ」を使用していて、炊き方も上手でおいしかったです。味噌汁も具だくさんなのがよかったです。

一緒に行った人が頼んだのは「厚みの熟成ロースかつ定食(180g)」。税抜で1,280円です。カツの上に見える半熟卵カツがついていました。
かごしま黒豚 六白亭 (16)

職人さんが低温でじっくりと揚げているようで、とてもおいしかったと言っていました。

私はブランド豚「六白黒豚」を食べていないのでちゃんとした評価はできませんが、同じ揚げ物の牡蠣フライのおいしさを見ればわかるというもの。昼夜同じ値段でリーズナブルなのもうれしいお店だと思います。ご馳走様でした。

かごしま黒豚 六白亭
しゃぶしゃぶ、居酒屋、とんかつ
鹿児島県鹿児島市西田2-12-34
TEL 050-5872-9582
11:00~14:30(L.O.14:00)
17:30~22:30(L.O.22:00)
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

イオンモール新小松店がオープンしてから、来月24日で丸4年が経過します。

小松市民にとってはとても便利なショッピングモールなので重宝しています。

しかし、昨年から始まった新型コロナウイルスの影響もあったのでしょう?イオンモール新小松店のお店は飲食店含めて年店舗か閉店になり、そのまま埋まっていない状態のところがあります。

さらに今年夏には白山市に新しいイオンモールがオープン予定。一方、先日は高岡のイオンモールでは撤退するお店も多いとニュースで見ました。

イオンモール白山は北陸最大級の規模だということで、個人的には、こんな近いエリアにいくつもの大型のイオンモールを作って大丈夫なのかとも思います。

では、今日はイオンモール新小松店の1階にある、京都発のお好み焼きのお店「わらい食堂 イオンモール新小松店」を紹介します。
わらい食堂

こちらへは今回が初訪問でした。

歳のせいで最近は粉物の店というだけで敬遠するようになってきました。ブログでも久しく登場していないかもしれません。
わらい食堂 (3)

入り口にはサンプルケースがあって、色々おいしそうなメニューが並んでいます。
わらい食堂 (4)

行ったのは1月中旬の日曜日のお昼少し前でしたが、コロナ禍の影響もあってか、店内はそれほどお客さんはいません。
わらい食堂 (7)

店内に置かれていたお品書きです。オリジナルの「京天焼」というのもありますね。
わらい食堂 (8)

こちらは、お店のウリの「わらい焼き」というオムそば風のものです。京都では「べた焼き」という同じく麺を使った粉物がありますが、「べた焼き」は広島のように薄い生地ですが、「わらい焼き」は、いわゆるモダン焼きのようなものでしょう?
わらい食堂 (6)

あと私のイメージでは、京都の粉物といえばねぎ焼きをすぐ思い出しますが、こちらがねぎ焼きメニューと焼きそばメニュー。

我々はこれらの中から「ねぎ焼き こんちくしょう(税込858円)」と「季節のお野菜たっぷり焼きそば(税込1,078円)」を頼むことに。

オリジナルソースか特製だし醤油のどちらかチョイスできました。我々は醤油でお願いしました。
わらい食堂 (12)

「ねぎ焼き こんちくしょう」その名の通り、こんにゃく・ちくわ・生姜が入ったもので、京都のねぎ焼きは、九条ねぎがたっぷり使われているのがウリ。卵も入っていました。
わらい食堂 (13)

九条ねぎは冬が旬で、ぬめりが出て、より甘みが強くなっていました。

「季節のお野菜たっぷり焼きそば」は、味は塩か特製醤油のチョイスで、我々は塩でお願いしています。
わらい食堂 (10)

トマト、ナス、シメジ、玉ねぎ、ブロッコリーなど、あまり焼きそばに入れない野菜までたっぷり入っていますね。

あと「牡蠣の塩焼き(税込968円)」も頼んでいます。牡蠣は5ピース。キャベツとネギもたっぷり入っていました。
わらい食堂 (11)

さっぱりとレモンを絞って食べます。塩焼きになっていましたが、キャベツはレモンだけでは少し味の面では不足だったので、だし醤油を垂らして食べました。

これらを食べたわけですが、ビールが濃しくなりましたが車があるので残念!

でも、たまには粉物を食べるのもいいですね。

こちらのお店はメニューの種類が豊富で家族連れにもいいお店だと思いました。ご馳走様でした。

わらい食堂 イオンモール新小松店
石川県小松市清六町315番地
 イオンモール新小松1F
TEL 0761-58-0216
11:00~21:00(LO 20:00)
休みはイオンモール新小松に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日は出張で宿泊した岡山で夜に行ったお店の紹介です。

お店の名前は「だんだん畑」という、何となくホッとするような名前です。
だんだん畑

岡山駅の北口からは200mぐらい行ったところにあります。

「健食同源ダイニング」という冠が付いていますが、「医食同源」という言葉はありますが、「健食同源」はお店の造語でしょうか?
だんだん畑 (5)

外観はカジュアルな感じですが、店内は本格和食店の趣でした。食べログのジャンル的には居酒屋となっていましたが、カウンター割烹に近いかもしれません。
だんだん畑 (9)

ちょうど案内された席の上には、輪島の千枚田の写真が飾られていました。「だんだん畑」という店名をイメージしての掲示でしょう?
だんだん畑 (6)

お品書きです。
だんだん畑 (7)

岡山のご当地グルメが並んでいます。
だんだん畑 (16)

岡山市のご当地グルメで有名なものといえば、「ばら寿司」「えびめし」「デミグラスソースカツ丼」などがあって、また、岡山県としてのご当地食材としては「ママカリ」「黄ニラ」「鰆(サワラ)」「シャコ」「タコ」などがありますが、そんな名物を楽しめるお店なのです。
だんだん畑 (4)

まずは生ビールで乾杯。お通しは牡蠣でした。
だんだん畑 (8)

では、頼んだのものを紹介していきたいと思います。やはり岡山の名物を中心に頼んでいます。
だんだん畑 (10)

最初は野菜!ということで「野菜サラダキニラ入り(税込725円)」。岡山名産の黄ニラが入った野菜サラダです。
だんだん畑 (11)

こちらは「タコ天ぷら(税込825円)」。こちらのお店は天ぷらがウリなようで、天ぷらメニューが多かったです。
だんだん畑 (18)

我々は天ぷらはあと「平貝(たいらがい)税込1,100円」と、
だんだん畑 (19)

京都丹波さんの巨大な「本しめじ(税込660円)」を頼んでいます。
だんだん畑 (13)

そして「だんだん畑」の人気メニューだという「鰆の黄ニラ餡かけ(税込1,430円)」。こちらも岡山名物の鰆と黄ニラを餡に絡めてあります。
だんだん畑 (12)

「鯛あら炊き(税込880円)」はしっかりとした味付けでした。カマの部分で脂が乗っていました。
だんだん畑 (20)

「シャコ酢(税込990円)」は、石川ではなかなかシャコを食べる機会が無くなったので久しぶりかもしれません。
だんだん畑 (14)

「スルメイカ肝漬け焼き(税込770円)」は柔らかく焼き上げてありました。肝がいい仕事しています。
だんだん畑 (22)

「アジ南蛮漬け(税込495円)」もちょうどいい塩梅。
だんだん畑 (21)

これは「イカウニ酒盗(税込440円)」。何杯でも酒が飲めそうでした。
だんだん畑 (15)

生ビールのあとは私はハイボールと芋焼酎のお湯割りを飲んで終わり。
だんだん畑 (17)

以上飲み食いして、一人5,000円を少し超えるくらい。値段は居酒屋クラスで、味のほうは本格和食のお店のような感じでとてもよかったです。おすすめです。ご馳走様でした。

健食同源ダイニング だんだん畑
岡山県岡山市北区奉還町1-2-12
TEL 050-5869-0328
17:00~23:00(L.O.22:30)
日曜休(日・月が連休のの場合は月曜休)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今回の旅行では鎌倉で妻の母と弟夫妻との会食をセットしてありました。

その時にチョイスしたのが「イルノード/IL NODO」という、人気のイタリアンのお店です。

いつも観光客でにぎわっている小町通りから一本曲がったところ、静かなエリアにお店はあります。
イルノード

夜だったので建物全体の感じがわかりづらかったのですが、スイスにあるような感じの建物の2階に「イルノード/IL NODO」はありました。
イルノード (3)

オーナーシェフと奥さま2人が切り盛りされている小さなお店です。

店内は広くなく、カウンター席が5~6席とテーブル席が6人分。
イルノード (4)

今回我々は5名で、ディナータイムに「シェフこだわりのディナーコース」を事前に予約してあったので、テーブル席に案内されました。

オーナーシェフは青山のサバティーニで働いておられた松井さん。

ジャンルとしてはイタリアンなのでしょうが、いわゆる「イノベーティブ・フュージョン」のイタリアンでした。凝った料理の数々で、品数も多く楽しめるお店でした。

鎌倉という古き良き町ならではの地産地消にこだわっていて、仕入れる食材によって毎日メニューが変わるようです。

ディナーは一種類で税抜1万円のコースのみ。私がお邪魔した時はもう一組2名のお客様と一斉スタートでした。

ディナーコースは、伺ったときは晩秋のコースで「~鎌倉で感じる 晩秋の畑と海~」と銘打たれていました。主役は地元鎌倉で採れた野菜です。
イルノード (9)

最初の一杯としてのドリンクは、私と妻はスプマンテを頼みました。
イルノード (10)

義弟は鎌倉の地ビールです。

では、コースの内容を順番に紹介していきます。

鎌倉野菜など地産地消にこだわっていて、料理が出されるタイミングで生産者や特徴などを説明をしてくれましたが、なかなか覚えきれないので、間違っていたらごめんなさいです。

こちらのお店のコースの特徴は、一皿が少量で前菜が何皿も出てくることです。

スープは出てきませんでした。
イルノード (27)

パンは自家製のフォカッチャ、ライ麦パンです。

まずアミューズとしては「天城 成長録」というテーマで2品。
イルノード (11)

天城で養殖された20か月のアマゴ(ヤマメ)を使って再構築した一品。八木下さんのベルガモットで香りづけされていて、素材の持つうま味・酸味・苦み・甘みなどが絡み合って五感に複雑に語りかけてくる逸品でした。
イルノード (13)

こちらは3年物のアマゴと生まれる前の、つまり0年物のイクラ、そして秋レタスを2色のマスタードで食べさせてくれました。皮も炙って乗せられていました。

ここからが前菜です。

これは「畑の旬」と名付けられている小田原の志村さんが採取したマコモダケ、柳蓼(やなぎたで)を生と揚げた状態?のを乗せて、下には生ハムが敷かれていました。
イルノード (20)

「青統一」と命名された品は、小坪漁港の秋の鰆(春のサワラより脂が乗っているそうです)に、鎌倉の完全無農薬野菜の渡辺農園の白菜を色々。芯の部分と葉っぱところの食感が違っていて面白いです。ソースには八木下さんの青日向夏で酸味を強めに感じる味でした。
イルノード (21)

こちらは「秋らしさ」。小坪漁港の鮮魚(この日はヒラメ) のベニエ。その上に紫サツマイモ、チコリを乗せてバーニャカウダーソースで食べさせてくれます。
イルノード (24)

「苦み 青臭み」と銘打たれた一品は真牡蠣がメイン。渡辺農園の玉ねぎと万願寺唐辛子、空心菜をソテーしてあり、確かに苦みのきいた大人の味でした。
イルノード (26)

ちゃんと下にはプリッとした牡蠣が隠れていますよ!
イルノード (30)

こちらは「海の旬を畑で食す」という名で、焼きナスに材木座海岸にあるもんざ丸というお店の生シラスに発酵させたクリームソースにカレーリーフで香りづけ。
イルノード (32)

「小坪の恵み」は2品。一品目は小坪漁港の活サザエを使います。
イルノード (31)

ご覧のように、鎌倉唯一の地野菜の里芋を加えアーモンドバターでつぼ焼にしてあります
イルノード (34)

2品目は長野の天然クリタケ・秋のホタテ・畑のじゃがいもにベルガモットとヨモギを素揚げして乗せてあります。

こちらの「イタリア×長野県」という名前のパスタ。
イルノード (35)

ストロッツァプレーティと呼ばれるショートパスタを使い、長野県の天然茸「ショウゲンジ」「チャナメツムタケ」を絡ませてあります。パスタといってもごく少量でした。
イルノード (37)

メインは「天城×神奈川」という名前で、ご覧のようなココットに藁と共に入れられて蒸し焼きにされた天城の山本さんの鹿ロース。
イルノード (38)

こちらを渡辺農園のニンジンを付け合わせに、シェリービネガーソースで味付け、サワークリームが添えられています。

実は、肉が苦手で豚と鶏が特に!と伝えてあったのですが、まさかジビエが出されるとは!(^^;

しかし部位がロースで、血抜きが上手らしく臭みも全くなく、私も食べることができました。

ドルチェのネーミングは「畑を感じるデザート」で2品出されます。
イルノード (39)

秋のナシと畑のナスを細かく刻んで敷いて、ほうじ茶のジェラート。 
イルノード (41)

こちらは渡辺農園のサツマイモとアールグレイの口当たりのいい食感のスイーツ。
イルノード (42)

ドリンクは、信州水野農園MUI(旧もとえ珈琲)の焙煎コーヒーが3人。
イルノード (43)

私は宮崎県五ケ瀬の有機和紅茶(しょうが)を頼んでいます。

最後にアルコールの話題です。最初に飲んだスプマンテのあと、3種ペアリング(税抜4,500円)を頼んでいます。

1杯目は白の「サンバジーレ グレコ」。
イルノード (28)

ミネラル感たっぷりのすっきりとした飲み口の白でした。

2杯目も白でシャルドネの「マドンナ」という名前でした。写真はありません。

ドイツの代表的な白ワインで、こちらはよりフルーティな口当たりでしっかりとした白。

3杯目はトスカーナの赤で「ロッソ ディ モンタルチーノ」。
イルノード (36)

鮮やかなルビー色で重厚な味わいで、花の香りが鼻に抜けました。美味しい赤ワインでした。

以上を全てきれいに飲み食べ出来ました。何皿も出されたのでボリュームがあるように見えますが、一皿一皿の量は少なく、高齢の義母もすべて食べることができました。全員が満足できたディナーです。

人間が感じる味覚である五味(甘味・酸味・辛味・苦味、うま味)。 これをすべて網羅しながら、素材の持つ真の良さを引き出してくれる、シェフの調理の技術を感じました。特に苦味をうまく使っていていることがとても印象に残りましたね!ご馳走様でした。

イルノード/IL NODO
神奈川県鎌倉市小町2-6-12
 くすの木443 2F3号
TEL 050-5597-1346
ランチは週3日
12:00~13:00(L.O)15:00(close)
ディナーは火~日
18:00~20:30(L.O)22:00(close)
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ