あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

タグ:牡蠣

東京にプライベートで出かけた時、必ず訪れる街「学芸大駅」周辺。
晴庵

今年も行ってきました。今回は夜と翌日の日中、2回も行きましたが、今日は夜に妻の友人夫妻と会食をするために伺った「晴庵(せいあん)」という和食のお店について書きます。

実は、そのご夫婦とは毎年、東京と金沢で年2回はご一緒するのですが、金沢では鮨店、東京ではフランス料理のお店をチョイスするのが恒例になっています。しかし今回は少し趣を変えて和食のお店になりました。

まぁ、東京でプライベートで来て和食のお店に行くことは珍しいのですが、グルメなご夫婦のことですから、たぶん、素晴らしいお店だということはわかっていました。

学芸大駅から歩いて5・6分のところにお店はあります。
晴庵 (2)

内装は和食のお店らしくない感じでしたが、最初は和食のお店にする予定ではなかったらしいのです。

この点、本格的な和風のインテリアにすると、スペースもより必要だしコストもアップして、結果、値段に跳ね返ってくると思いますので、気軽に食べられる和食の店といった感じでよいのではないでしょうか?。
晴庵 (4)

まずはのどの渇きを潤す生ビールで乾杯!
晴庵 (5)

お通しでこちらの4品が出されました。

煮ダコ、アナゴ煮、ゲソ、ずいきだったかな?^^;
晴庵 (7)

お刺身は、対馬産のどぐろ炙り刺し、えぞ鮑の蒸しあわび、真子鰈、剣先イカ、五島の〆鯖、アジは淡路産の釣りアジ、サワラ。1人前は1,700円です。

あわびの肝がいいですね。

東京でお刺身にはあまり期待はしていなかったのですが、こちらのお店のは鮮度もよくプリンとしていました。ただ、お刺身の値段的には地元で食べるより3~4割高といったところでしょうか?
晴庵 (10)

こちらは奈良産の「柿の白和え(850円)」。上品な甘さでした。
晴庵 (11)

赤穂産の牡蠣は、まずは生でレモンを絞っていただきます。1ピース250円で身は小ぶりでしたが、シューシーで旨みが凝縮している感がありました。
晴庵 (13)

石川産の「しいたけ焼き(400円)」。のと115かと期待しましたが違いました。^^; 酢橘を絞ってさっぱりと食べます。
晴庵 (12)

新潟産の銀杏(700円)を塩煎りで。
晴庵 (15)

お店のおすすめ「海老芋の唐揚げ(900円)」。2個でこの値段です。モチッとした食感で美味しかったです。
晴庵 (16)

先ほど生で食べた牡蠣を、今度はフライで頼みました。
晴庵 (14)

「レンコンのエビはさみ揚げ(900円)」は、揚げ立てでレンコンのサクッとした食感と海老のうま味がミックスされて、これも美味しかったですね。
晴庵 (17)

だし巻き玉子は4個玉で850円を4名でシェアしてもらいました。出来立て熱々です。
晴庵 (18)

こちらのおむすびは私たちは食べていません。2個で500円。具は鮭・梅・昆布から選べます。

生ビールの後、日本酒をいくつか頼んで飲んでいますが、写真は写していません。

お酒好きなメンバーだったので、多少アルコールの値段が高くついたと思いますが、一人8千円強でした。ご馳走様でした。

晴庵(せいあん)
居酒屋、魚介料理・海鮮料理
TEL 03-3711-0161
東京都目黒区鷹番3-19-21
東急・東横線 学芸大学駅徒歩5分
学芸大学駅から208m
[火~土]
17:00~24:00(L.O.23:30)
[日・祝]
17:00~22:30(L.O.22:00)
月曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

東京へは年で平均すると月に一度ぐらいは行くことがあります。

東京には、それこそ色々な飲食店があって、ピンキリで楽しむことが出来ます。

仕事で行くときは、会社の人と夜は一緒に食事することが多いため、おのずと居酒屋系のお店で食べることが多くなりますね。

10月の出張時、普段宿泊するエリアにホテルの空きがなく、私も初めて利用した浅草橋駅の近くに宿泊しました。

このあたりは大阪の、何となく下町にいるような錯覚を覚えるような街でありました。
酒膳屋 moon  (3)

その日、浅草橋エリアで夕飯を食べたのが今日紹介する「酒膳屋 moon(しゅぜんやむーん)」なのです。
酒膳屋 moon  (19)

近辺には立ち飲みや庶民的なお店が多い街でしたが、ここ「酒膳屋 moon」は、外観から風情漂う感じで、おっ!期待が持てそう?という感じ。

早々、中に入ります。この日は我々男二人でお邪魔しています。
酒膳屋 moon  (18)

テーブル席からカウンターと調理場を見るとこんな感じです。

お酒の種類もワインなど色々ありました。日本酒よりも多いくらいです。焼酎の種類も多く揃っていました。

シェフはフレンチと和食で腕を磨いたようで、居酒屋メニュー中心でありながら、洋のテイストが入った創作系のメニューも豊富で、なかなか楽しむことが出来るお店でした。
酒膳屋 moon  (5)

まずは生ビール。お通しには肉が入っていたので、それをよけながら食べました。^^;

頼んだ料理は、まずは野菜です。
酒膳屋 moon  (9)

「ほうれん草とベーコンのシザーサラダ(782円)」。シャキッとした食感のほうれん草、サニーレタス、そしてトマト、ベーコンなどがたっぷりでした。
酒膳屋 moon  (10)

そしてこの日のおすすめだった「生ガキ」はカクテルソースとシェリービネガーで食べます。2ピースで700円です。
酒膳屋 moon  (11)

「あん肝ポン酢(628円)」は頼んだ日本酒に合います。
酒膳屋 moon  (14)

日本酒は、まずは懐かしい長野の「鬼ごろし」と新潟の「八海山」、そして福井の「花垣」を頼みました。「花垣」は純米無濾過原酒です。
酒膳屋 moon  (17)

これは「栃尾油揚げの網焼き(474円)」。

新潟県長岡市の栃尾。名物といえばやっぱり油揚げですね。こちらの油揚げは大きなことで知られています。福井の竹田の油揚げも大きいことで知られていますが、こちらも美味しかったですよ。

新潟といえば、こちらのお店、新潟産の越後朝鶏をつかった鶏料理も一押しらしいのですが、私は鶏が苦手なのでパスですね。^^;
酒膳屋 moon  (16)

「ワタリガニのクリームコロッケ、野沢菜の焼きリゾットと共に(850円)」は、なかなか粋な組み合わせでした。クリームコロッケは中はとろ~りとクリーミー。ワタリガニの甲羅は半分に野沢菜のリゾットを詰め焼かれています。ソースも良かったです。アメリケーヌ・ソースかな?
酒膳屋 moon  (22)

こちらは、私が頼んだロゼのワインカクテルだったかな?甘いお酒でした。^^;
酒膳屋 moon  (12)

「八甲田ポークの自家製ロースハム(850円)」は、旬野菜のゼリー寄せが乗せられていました。野菜もコンソメ風味です。
酒膳屋 moon  (15)

私は最後にハイボールも頼みました。先ほどの酒が甘かったので口直しです。^^;

初めて訪れた土地で、このようなお店を知って入って、美味しい料理を楽しめてよかったです。ご馳走様でした。

酒膳屋 moon(しゅぜんやむーん)
東京都台東区浅草橋1-19-4
TEL 03-3861-8839
11:30~14:00
17:00~23:00
第2・4日曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

牡蠣といえば、英語のスペルのRがつかない月は食べてはいけないと言われていました。

つまり5月から8月にかけては、暑い季節で、牡蠣の鮮度に気を付けろ!といった意味もあったり、また、牡蠣が産卵期で体力を使ってしまうために味が落ちるためだともいわれています。

ただ、今の時代。養殖技術、冷蔵・冷凍技術、輸送技術などが驚くほど進化していて、傷みやすい季節でも安心して食べることが出来るようになってきました。

もっとも、天然の岩牡蠣は、夏が旬です。プリンとした大きな身はとてもクリーミーで食べ応えもありますね。

牡蠣といえば広島や仙台が有名ですが、近ごろは、北海道の厚岸、能登の岩牡蠣など、色々な産地の牡蠣を楽しむことが出来、全国的にもオイスターバーのようなお店がたくさん出来ています。

さて、この日は少し早目にお店に行きました。その理由は、こちらの「オイスターバー&ワイン BELON 神保町店」では、オープンから19時までの時間帯はオイスターアワーということで、3種類の牡蠣が1P290円で食べられるからです。また月曜日はすべての時間帯がオイスターアワーになっています。
BELON (7)

お店に到着したのは18:10。まだ店内には先客は居ませんでした。お店のカウンター席の前には、鮨屋のように冷蔵ショーケースよろしく牡蠣が並べられています。美味しそうです。
BELON (11)

我々はテーブル席に座って、まずはオイスターアワー対象の3種類の牡蠣をお願いしました。この日は兵庫室津・宮城女川・宮城折浜の3種類。普通に食べるとこの3種も390~440円するので、1Pあたり290円はやはりお得です。

こちらのお店では、夏でも常時10数種類の全国各地の牡蠣を楽しむことが出来ます。何種類か頼んで味の違いを楽しんでもいいかもしれません。
BELON (6)

飲み物は私はスパークリングを、一緒に行った人は生ビールを頼んで、生牡蠣を待ちます。
BELON (10)

そのまま待っていてもなかなか来なくて、スパークリングがなくなり、次に白ワインを頼みます。

そうこうしているうちに、他に頼んであった料理が順次運ばれてきます。

それらを食べながら生牡蠣が出てくるのを待ちますが、なかなか出てきません。

さすがに、これはおかしいと思い、お店の方に確認すると、やはり忘れていたようです。

忙しいときならまだしも、客は私たちだけ、さらには最初にオーダーした、お店のメインである生牡蠣のオーダーを忘れてしまうとは!これにはさすがに驚きました。

しかし、そのお詫びといったところでしょうか?牡蠣のうち一種類を少し値段が高い種類の変えてきてくれました。
BELON (9)

先に出された料理は、こちらは「小ヤリイカとブロッコリーのアンチョビソテー(880円)」。アンチョビソースの塩分がきいていて美味しかったです。
BELON (8)

これは「真タコとドライトマト、セロリのマリネ(540円)」だったでしょうか?酸味もほどよい前菜おつまみでした。

それらを食べ終わるころに生牡蠣が出てきました。

レモンを絞って、そのまま一口で食べます。やはり生牡蠣は美味しいですね。

家では冬でもあまり生牡蠣を食べる機会がないので、たまに食べると、本当に美味しく感じます。でも、1P4~5百円をだしてまで正直食べたいとは思わないのも事実(ハレの日は別ですが)。オイスターアワーがあればこそです。

宮城女川・宮城折浜の牡蠣のほうがサイズも大きかったです。
BELON (13)

牡蠣については、焼牡蠣も頼みました。宮城折浜の牡蠣です。焼くとジューシーさがアップします。
BELON (14)

ビネガーソースなども出されましたが、こちらもシンプルにレモンを絞ってさっぱりと牡蠣の旨みを愉しみました。
BELON (18)

あと、頼んだものとしては「オリーヴ盛り合わせ(380円)」と。
BELON (15)

私は食べませんでしたが「豚スペアリブのスパイシーグリル(640円)」なども。
BELON (16)

飲み物は、スモーキーなフレーバーで私の好きな「白州ハイボール」を頼みました。

以上を飲み食いして、二人で8,600円強。この後私は別な予定があったので、飲み食いを少しセーブしましたが、なかなかリーズナブルに飲み食いできましたよ。

お店の雰囲気もよさそうで、カウンターで一人、男女でもグループでも使い勝手の良さそうなお店で、オイスターアワーの時間帯に行くのがおすすめです。ご馳走様でした。

オイスターバー&ワイン BELON 神保町店
東京都千代田区神田神保町1-2
 アイビー第1ビル5F
TEL 050-5869-8493(予約専用)
03-5217-0235(問合せ専用)
月~金
11:30~14:30(L.O.14:00)
17:00~23:30(L.O.22:45)
土日祝
12:00~14:30(L.O.14:00)
17:00~23:00(L.O.22:15)
年末年始休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング   

この場所は「もも屋」という居酒屋があった場所である。
おとと屋 (19)

いつの間にか「もも屋」が閉店していて、いつの間にか「おとと屋」が出来ていたという感じだ。「もも屋」が閉店したのは残念だが、小松駅前も新しいお店が色々出来てうれしい。
おとと屋 (3)

ほぼ居抜きで使っているのかな?カウンター、テーブル、小上がりの席があって、駅前の立地ということもあって、一人でも家族でもグループでも、多様な使い方が出来そうだ。「もも屋」にもだいぶ前に行ったことがあるが、中がどうだったか、もう忘れてしまった。^^;

お店の方に聞くと、経営は「もも屋」とは関係ないとのこと。何と!小松駅前の「焼鳥 浪漫亭」と同じ系列店なのだそうだ。えっ!焼き鳥屋さんが海鮮のお店?と思ったが、うまけりゃいいのだ。

「海鮮酒場 おとと屋」へは、6月のとある週末に、妻と一緒にオーケストラアンサンブル金沢の定期公演を聴きに行く前に行ってきた。
おとと屋

ビールを飲むとコンサートの途中でトイレに行きたくなると困るので、珍しく私はハイボールでスタート。妻は冷酒である。
おとと屋 (5)

「チャンジャ(480円)」を頼み、ちびりとやり始める。
おとと屋 (11)

こちらは「キトキト日本海ユッケ(680円)」。卵の黄身を絡めて食べる。おいしい。
おとと屋 (10)

野菜も取りたかったので「海鮮サラダ(780円)」も頼んでみた。魚介たっぷり。

「海鮮酒場 おとと屋」は浜焼きがウリなようで、これも早々に頼むことに。
おとと屋 (6)

浜焼きといえば思い出すのが牡蠣。殻のまま七輪に乗せ、焼きあがるまでしばし待つ。
おとと屋 (9)

焼きあがったら、そのまま何もつけずに食べるが、磯の香がしてジューシー。
おとと屋 (15)

牡蠣は1ピース380円~となっていたが、「~」マークが微妙かも?^^;
おとと屋 (18)

同じく七輪で、「イカわたホイル焼き(680円)」も。焼きあがると中はこんな感じに。わたのほんのりとした苦みが活きている。
おとと屋 (12)

「海鮮帆立船の能登いしる焼き(680円)」は、ホタテの貝殻を帆立船に見立てているのか!?しかし、いしる独特の匂いが酒をすすめさせてくれおいしい。

アルコールは、お酒を一杯ずつお代わりして、お会計は二人で計7,100円ほど。思ったより安かった。なかなかお勧めである。魚がウリのお店なので個人的にもうれしい。ご馳走様でした。

小松駅前海鮮酒場 おとと屋
石川県小松市土居原町177
TEL 0761-22-5884
17:00~

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング      

このページのトップヘ