あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:牡蠣

広島に行ったら食べないといけないもの。それはお好み焼きです。

関西や私の住む北陸では、関西風のお好み焼きのお店が多く、なかなか広島のお好み焼きを食べさせてくれるところがありません。

そのため、広島に行った時は必ず一度はお好み焼きを食べます。

今回は福岡に移動するときに広島駅でお好み焼きのランチを済ませてから向かうことにしました。

広島駅が駅ビルやコンコース新しくなって、とてもきれいになっていました。また飲食店街やお土産売り場も相当充実してきたようです。

新幹線側にも「ekieエキエダイニング 広島ぶちうま通り」というのが出来ていて、お好み焼きのお店も有名どころが軒を並べていました。
いっちゃん (15)

ただ、こちらは11時の開店15分前から順番待ちの行列が出来ていたので、そのまま通り過ぎて、ひろしま駅ビルASSE(アッセ)の2階のお好み焼き屋街に移動。

案の定、こちらはまだ行列が出来ているところはありません。

このお好み焼き屋街は、私は過去に何度も来ています。

よっちゃん」や「麗ちゃん」などをブログでも紹介しています。

11時オープンの10分前に到着して入ったのは「いっちゃん」。

ここは元々は「みっちゃん」だったそうですね。帰ってから調べてわかりました。^^;

本店はミシュランのピブグルマンにも掲載されている店です。

オープン前でしたが、オーダーはその時点で受けてくれて、そしてすぐに焼き始めています。
いっちゃん

メニューはこんな感じで、基本番号でオーダーします。

11時ちょうどに席に案内されますが、すぐに席は満席になりました。

秋の修学旅行シーズンで、高校生らしい生徒さんがたくさん食べに来ていました。

オープン前だったので、カウンターの中で焼くプロセスをじっくり見ることが出来て面白かったですね。
いっちゃん (12)

私が頼んだのは「牡蠣のお好み焼き」。1,350円と少し他のメニューとは高めの設定でした。
いっちゃん (14)

他の二人は、シンプルな豚玉とエビ入りでした。
いっちゃん (10)

薄く敷いた皮の上に大量のキャベツと、少しのもやし。それらの上にもう一枚薄めの皮を乗せてサンドイッチ。蒸し焼きにします。
いっちゃん (8)

麺と、牡蠣は別の鉄板で焼かれます。大粒のが4個。ジューシーに焼き上がっていて美味しかったですよ。

麺は表面がカリッとなるまで焼かれますが、中はモチモチの食感を残しています。

最後に、キャベツ&もやしと麺をドッキング、そして目玉焼きを素早くつぶしてあわせて合体。牡蠣はお好み焼きに入れられるのではなくトッピング。その上からオタフクソースをたっぷりかけてから出されました。
いっちゃん (13)

美味しそうです。いや、美味しいです。やはりオタフクソースが欠かせません。
いっちゃん (5)

実際食べてみると、キャベツがいい塩梅に蒸らされ、食感とキャベツに甘みが出てとてもいい感じに仕上がっていました。

しかし、次から次へと来るお客様の注文を、3名の男性が手際よく分担作業で仕上げていくさまはなかなか面白かったですね。

広島は至るところにお好み村のようなところがあって、たくさんのお店が存在していますが、どこも混雑している様子でした。恐るべし広島のお好み焼き。ご馳走様でした。

いっちゃん
広島県広島市南区松原町2-37
 ひろしま駅ビルASSE(アッセ)2F
TEL 082-261-0680
11:00~22:00(L.O.21:30)
不定休(ひろしま駅ビルASSEに準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

広島はご当地グルメが多くある街です。

牡蠣、お好み焼き、穴子がその代表格でしょうか?

瀬戸内海に面していて、私が住む日本海側とはまた違った美味しい魚介が豊富です。


次の日はランチにお好み焼きを食べるつもりだったので、あと食べていないのは牡蠣。

ということで、美味しい牡蠣がありそうなお店に行こうと検索して見つけたのが、今日紹介します「四季祭(しきさい)」という、主に瀬戸内の海鮮を使った四季折々の料理を楽しめるところです。

結論から言うと、この日は残念ながら生の牡蠣をこちらのお店では食べることが出来ませんでした。

で、結果的には先日書いた通り、お好み焼き「いっちゃん」で牡蠣入りのお好み焼きを食べることになったわけです。^^;
四季祭 (4)

さて、こちらのお店は雑居ビルの2階にひっそりとあるお店です。
四季祭

ちょっと探しました。ミスタードーナッツのお店のお隣の雑居ビルの2階にあるのでわかりずらかったです。看板をよく見て探してください。
四季祭 (22)

店内は暗め、こちらのカウンター席にテーブル席が12席ほど。それほど広いお店ではありません。

今回は昔一緒に働いていたメンバー含めて仲間と一緒の5名で訪れました。久しぶりに一緒に飲んだため、思い切り深酒。食べたものがなんだったかも忘れ、写真もピンボケのものがあるますがお許しを。
四季祭 (7)
四季祭 (9)

お品書きはこちら。
四季祭 (5)

まずはエビスで乾杯。
四季祭 (6)

お通しはにこごり。何のにこごりだったか忘れました。
四季祭 (14)

サラダは「アボカドと音戸ちりめんのサラダ(550円)」。カリッと揚げたちりめんの食感とアボガドのねっとりした食感のコントラストがいいですね。

あと「ひき割り納豆と茶そばのサラダ(550円)」何てのも頼んでいましたが、写真は写していません。

刺身は直近の海が荒れていたか何かで、あまり種類が揃わないということでした。ころで単品2種類のみ頼むことに。

身の厚い地物の太刀魚の皮目を炙ったもの(850円)と夜泣き貝。
四季祭 (12)

夜泣き貝は山陰地方でとれるナガニシ類の買で、広島で好まれている貝です。少し高くて一人前1,350円でした。

赤い色が特徴で、七尾で寿司ネタとしても知られている赤西貝も仲間ですね。コリッとした食感が特徴です。太刀魚は脂が乗っていました。

鮮度にこだわっていて、無理に食材を集めたりしないのですね、それはそれでいいことではないでしょうか?
四季祭 (10)

食べたかった牡蠣は「ガーリックオイル漬け」で。550円です。
四季祭 (15)

こちらは鶏肉ですね?私は食べていません。
四季祭 (18)

「出汁巻き玉子(650円)」は平飼い鶏を使用して、出汁がたっぷりの玉子焼きで美味しかったです。
四季祭 (17)

こちらは「イチヂクの揚げ出し(450円)」です。イチヂクの揚げ出しは珍しいですね。
四季祭 (19)

「ぎんなん直火焼き(350円)」も頼んでいますが、旬ですね。

こちらも旬の「秋なすとあわ麩揚げ出し(550円)」。
四季祭 (21)

「あわ麩」とは「なま麩」作るとき、生地の段階であわ粒を加えたもので、本来の麩の食感につぶつぶの食感が加わるものだそうです。
四季祭 (20)

あと、こちらは何だったでしょうか?穴子の皮の炙りだったでしょうか?^^;

ご主人が京都で修業されていた関係で、京料理の影響を受けたものがあり、味的にも全体的に優しい味の料理が多かった気がします。

飲んだものですが、白州ハイボールがメニューにあったので、私はそちらばかり5~6杯飲みました。
四季祭 (13)

いま白州がなかなか手に入らないので、ついつい飲み過ぎてしました。^^;

以上、飲み食いして一人5千円弱。まずまずのコスパで満足できるお店だったと思います。ご馳走様でした。

四季祭(しきさい)
広島県広島市中区幟町12-10
 幟ビル2F
TEL 082-225-5753
17:00~24:00
祝日(日曜は不定休。要問合せ)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

広島は瀬戸内海に面していて、魚介類が美味しい土地です。

一番有名なのは牡蠣ですが、宮島の穴子も最近ブームとなっています。他にも福山の鯛、三原のタコなど色々あって目移りするほどです。

今回、広島に行ってランチで食べたお店「釜飯酔心 本店」について紹介したいと思います。

「酔心」は広島では老舗の会席料理店で、広島県内に何店舗か展開しています。創業してから70年近く経っている老舗のお店です。
酔心1

今回は広島市の中心街にある本店にお邪魔しました。
酔心

ご覧のように大きな建物の立派なお店で、内部も広く、大勢のお客さんが一度に入ることが出来ます。
酔心 (6)

ランチは立派なお店にもかかわらず、リーズナブルな値段設定になっていました。
酔心 (7)

定食系が多かったのですが、今回我々は釜飯の単品を頼むことに。

私は、穴子が食べたかったこともあり、天然穴子の釜飯を頼みました。こちらのお店の名物料理の一つ。1,600円(税込)と他の釜飯よりは高かったのですが、他の地域に比べると、これでも安いのではないでしょうか?

穴子の旬は夏と言われていますが、一年中、場所は種類によっても違ったりして一年中美味しく食べられる魚でもあります。
酔心 (12)

釜飯はオーダーが入ってからお米や具材が仕込まれ、固形燃料に火が付けられて席に運ばれます。
酔心 (14)

食べるまで、蒸らし時間を入れて30分ほどかかります。
酔心 (15)

出来上がり、フタを開けると白い煙が立ち上ります。穴子がたっぷり乗せられています。

昆布とカツオ節を使った出汁で上品に炊き上がった釜飯。混ぜて小ぶりのお茶碗に盛って食べます。
酔心 (16)

ボリュームもたっぷりで、小さめのご飯茶碗で3杯以上あったかな?

出汁と少し甘辛いタレが塗られた穴子のうま味もご飯に染みていて、美味しくいただくことが出来ました。

ただ、分葱やわさびなどの薬味が付いていなかったのが残念でした。量もそこそこあるので、途中で飽きてきたときに味の変化が欲しくなったので…。
酔心 (18)

あと、香の物と、こちらのお吸い物が付いています。
酔心 (17)

他の2人は牡蠣釜飯にしまていました。こちらは1,100円。とても良心的な値段設定ですね!?牡蠣も5粒はいっていたようです。満足していました。

広島の人に聞くと、お昼はいつもお客様で一杯で賑わっているお店だそうですが、このコスパと味だったらわからないでもありません。ご馳走様でした。

釜飯酔心 本店
広島県広島市中区立町6-7
TEL 082-247-4411
11:30~22:00(L.O.21:00)
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近、東京にも石川県の加賀と能登とか金沢とか、地方や都市の名前など付いた飲食店が増えてきました。

特に北陸新幹線が金沢まで延伸して以降は顕著です。

今日紹介する「能登」という地名が付いた居酒屋「能登美」には、4年半ほど前に一度お邪魔したことがあります
能登美

その当時は新幹線開業前で、「能登七尾漁港より朝捕れ空輸の味覚を味わえる」といううたい文句でしたが、新幹線が開通したあと新橋にも支店を出していて、相変わらず人気のお店のようです。

今回も10日ほど前に予約の電話を入れると、座席が残り少なく危なかったので、いまも人気なお店ですね。

今回は4名で訪れ、2階の掘りごたつの席に通されましたが、2階はそれほど広いスペースではありませんでした。我々4名以外は同じ会社のグループ10名ほどがすでに盛り上がっていました。

前回は寒い時期だったので、体が温まるメニューを中心に頼みましたが、今回はまた違ったメニューを楽しむことにしました。
能登美 (5)

まずは生ビール(550円)で乾杯です(書いてある値段はすべて税抜です)。

「お通し(350円)」は何だったかな?写真撮り忘れました。^^;
能登美 (7)

こちらは、あらかじめ予約時頼んであった「お造りの盛り合わせ(3,080円)」です。冒頭書きましたが、「能登七尾漁港より朝捕れ空輸」された魚介です。

中心に置かれている赤いものは、七尾湾で獲れる赤西貝という巻貝です。

石川で食べるのは、もう少しオレンジ色っぽい感じなのですが、ちょっと違いましたね。食感は赤西貝独特のコリッとしたものでした。

あとは石川の貝の中では一番有名かもしれない梅貝やサザエ、生たこ。魚は、ハチメ(メバル、石鯛、しめ鯖でした。
能登美 (3)

能登の岩牡蠣は1ピース580円。
能登美 (10)

これらの生の魚介は、活きの面では石川で食べるよりは劣るかもしれませんが、東京で石川で獲れた魚介を食べることが出来るのはうれしいですね。
能登美 (12)

アジでは一般的ですが、こちらは「天然ガンドのなめろう(680円)」です。もう少しねっとり感があったらよかったかも?
能登美 (9)

サラダは「カマンベールチーズサラダ(700円)」を頼んでみました。
能登美 (11)

日本酒は石川の地酒を中心に頼みましたが、それに合わせて肴として頼んだ「珍味三種盛り(880円)」。チーズの自家製たまり醤油漬・イカの赤造り・鯖の糠漬け(へしこ)の3種が盛られています。イカの赤造りは柚子入りでした。
能登美 (22)

酒の肴としては「チャンジャ(480円)」もお願いしました。ネーミングが「大阪のお婆さん手作りチャンジャ」となっていましたが、鶴橋のものでしょうか?
能登美 (21)

あと「厚切りベーコン焼き(800円)」と、
能登美 (23)

「ふぐの唐揚げ(980円)」も頼んでいます。
能登美 (20)

こちらは、我々が石川県から来たというと、サービスで出さてくれた一品。いぶりがっこだったかな?

最後に、頼んだ日本酒の紹介です。
能登美 (19)

手取川の「大吟醸吉田蔵(780円)」と「限定酒 夏(750円)」。「宗玄(780円)」「加賀鳶 山廃純米超辛口(880円)」「黒帯 悠々特別純米酒(600円)」を頼んで私以外の3名で8合ほど頼んでいます。

私はこの日はハイボールです。しかし、よく飲みました。^^;

以上飲み食いして締めて一人5,500円弱。前回より安くつきましたね。

東京で石川県の山海の幸を楽しめるというのは、石川県人にとってうれしいこと。石川県のPRにもなるので、今後とも頑張っていただきたいお店です。ご馳走様でした。

能登美(のとみ) 本店
東京都文京区本郷1-14-5
TEL 03-5805-1808
15:00~23:30
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回私は「全日本一人呑み協会」という団体があるのを初めて知りました。

今日紹介します仙台駅近くの「飛梅 仙台駅前店」は、そこに登録されているうちの一軒です。

全日本一人呑み協会は 
1,一人飲みの文化を再燃させる
2,新しい価値観を一人飲みから生み出す
3,すばらしいお店とすばらしいお客様を繋げる
という3つのコンセプトで運営をしている協会ですが、主催されている方にとってはボランティアな活動なのでしょうか……?わかりません。

帰って調べてみると、石川県にも何店舗か協会に入っているところがありました。

どうなのでしょうね?基本的には私はどんなお店にも一人で行くことは全然平気です。

今回、珍しく一人で仙台に出張があり、ディナータイムにこちらのお店に行ってきました。

2月中旬で、仙台は雪が舞い散る寒い夜。「飛梅 仙台駅前店」は仙台駅や宿泊したホテルに近いこともあって、チェックインしてすぐにお店に入ることが出来ました。
飛梅

ペンシルビルの2階にあって細長くて狭いお店。帰って調べてみると、仙台に他のブランドで何店舗か展開していて、同じ「かき小屋 飛梅」としては東京内神田にも支店があるようです。
飛梅 (7)

各テーブルには卓上用の七輪が置かれていました。すでに火が入れられていて、すぐに焼き始めることが出来ます。
飛梅 (9)

お通し(500円)は、この七輪で焼いて食べる「たこの足」でした。これは珍しいですね。
飛梅 (8)

そして最初に生ビールを頼み、この日は一人で焼きながら飲み食いをしました。

さて、三陸の冬の味覚の代表格といえば牡蠣です。

こちらのお店では、三陸石巻の生産者直送の新鮮な牡蠣を取り寄せています。生産者の名前も書かれているものも多く、安心して楽しむことが出来ます。

基本は卓上炭火焼きで食べさせてくれますが、この日は生牡蠣もありました。もちろん地元産。
飛梅 (11)

この日は雄勝と女川産。食べ比べですね。一つはレモンのみを搾り、もう一つはポン酢をかけて食べます。

磯の香りと適度なミネラル・塩気、それとレモンの酸味が加わって、美味しいです。

当然、焼き牡蠣も食べます。
飛梅 (18)

焼き牡蠣のほうは店員さんが焼いてくれます。左の小手が付いた蒸し器で蒸し焼きにしてくれるので助かります。
飛梅 (20)

プリンプリンの身でツルンとした食感。味のほうも磯の風味が爆発しそうなうま味凝縮。こちらも美味しかったですよ。
飛梅 (13)

先ほどの写真の右側で焼かれていたのは、大ぶりな岩手気仙沼唐桑産の活きホタテを使用した浜焼き(580円)。数量限定で、本当に大きなホタテでした。
飛梅 (22)

貝柱が何せでかい!。濃い口醤油をかけて焼きあげます。こちらも最高でしたね。
飛梅 (12)

あと、三角形の形をした「定義三角あぶらあげ焼き(480円)」。こちらも仙台名物。定義豆腐店から直送しているようです。
飛梅 (15)

自分で焼いて、大根おろし・ネギ・生姜をたっぷり乗せて醤油をかけて食べますが、大豆のうま味を感じることが出来ました。
飛梅 (16)

あと野菜系も欲しかったので、こちらの「仙台せりのおひたし(380円)」を頼みました。クセも少なくニラの様な食感で美味しかったです。
飛梅 (17)

飲み物は生の後はデュワーズのハイボールです。
飛梅 (19)

以上、飲み食いして4,000円弱。いや、なかなかよかったですよ。もっと色々頼みたかったのですが、こちらのお店に来る前に少し鮨をつまんできたので、おなかもこれで満腹になってしまったのが残念でした。ご馳走様でした。

かき小屋 飛梅 仙台駅前店
宮城県仙台市青葉区中央1-6-39
 菊水ビル仙台駅前館 2F
TEL 050-5589-5073
11:00~14:00
17:00~24:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ