あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:牡蠣

今回私は「全日本一人呑み協会」という団体があるのを初めて知りました。

今日紹介します仙台駅近くの「飛梅 仙台駅前店」は、そこに登録されているうちの一軒です。

全日本一人呑み協会は 
1,一人飲みの文化を再燃させる
2,新しい価値観を一人飲みから生み出す
3,すばらしいお店とすばらしいお客様を繋げる
という3つのコンセプトで運営をしている協会ですが、主催されている方にとってはボランティアな活動なのでしょうか……?わかりません。

帰って調べてみると、石川県にも何店舗か協会に入っているところがありました。

どうなのでしょうね?基本的には私はどんなお店にも一人で行くことは全然平気です。

今回、珍しく一人で仙台に出張があり、ディナータイムにこちらのお店に行ってきました。

2月中旬で、仙台は雪が舞い散る寒い夜。「飛梅 仙台駅前店」は仙台駅や宿泊したホテルに近いこともあって、チェックインしてすぐにお店に入ることが出来ました。
飛梅

ペンシルビルの2階にあって細長くて狭いお店。帰って調べてみると、仙台に他のブランドで何店舗か展開していて、同じ「かき小屋 飛梅」としては東京内神田にも支店があるようです。
飛梅 (7)

各テーブルには卓上用の七輪が置かれていました。すでに火が入れられていて、すぐに焼き始めることが出来ます。
飛梅 (9)

お通し(500円)は、この七輪で焼いて食べる「たこの足」でした。これは珍しいですね。
飛梅 (8)

そして最初に生ビールを頼み、この日は一人で焼きながら飲み食いをしました。

さて、三陸の冬の味覚の代表格といえば牡蠣です。

こちらのお店では、三陸石巻の生産者直送の新鮮な牡蠣を取り寄せています。生産者の名前も書かれているものも多く、安心して楽しむことが出来ます。

基本は卓上炭火焼きで食べさせてくれますが、この日は生牡蠣もありました。もちろん地元産。
飛梅 (11)

この日は雄勝と女川産。食べ比べですね。一つはレモンのみを搾り、もう一つはポン酢をかけて食べます。

磯の香りと適度なミネラル・塩気、それとレモンの酸味が加わって、美味しいです。

当然、焼き牡蠣も食べます。
飛梅 (18)

焼き牡蠣のほうは店員さんが焼いてくれます。左の小手が付いた蒸し器で蒸し焼きにしてくれるので助かります。
飛梅 (20)

プリンプリンの身でツルンとした食感。味のほうも磯の風味が爆発しそうなうま味凝縮。こちらも美味しかったですよ。
飛梅 (13)

先ほどの写真の右側で焼かれていたのは、大ぶりな岩手気仙沼唐桑産の活きホタテを使用した浜焼き(580円)。数量限定で、本当に大きなホタテでした。
飛梅 (22)

貝柱が何せでかい!。濃い口醤油をかけて焼きあげます。こちらも最高でしたね。
飛梅 (12)

あと、三角形の形をした「定義三角あぶらあげ焼き(480円)」。こちらも仙台名物。定義豆腐店から直送しているようです。
飛梅 (15)

自分で焼いて、大根おろし・ネギ・生姜をたっぷり乗せて醤油をかけて食べますが、大豆のうま味を感じることが出来ました。
飛梅 (16)

あと野菜系も欲しかったので、こちらの「仙台せりのおひたし(380円)」を頼みました。クセも少なくニラの様な食感で美味しかったです。
飛梅 (17)

飲み物は生の後はデュワーズのハイボールです。
飛梅 (19)

以上、飲み食いして4,000円弱。いや、なかなかよかったですよ。もっと色々頼みたかったのですが、こちらのお店に来る前に少し鮨をつまんできたので、おなかもこれで満腹になってしまったのが残念でした。ご馳走様でした。

かき小屋 飛梅 仙台駅前店
宮城県仙台市青葉区中央1-6-39
 菊水ビル仙台駅前館 2F
TEL 050-5589-5073
11:00~14:00
17:00~24:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

那覇での2日目の夜に行ったところは、ホテルから歩いて3分ほどの距離にある「ちぬまん 泉崎店」というお店でした。

沖縄にしては寒い日で、薄手のコートがないとホント寒かったです。
ちぬまん

国際通りからは少し離れた、周辺は飲食店もポツリポツリとあるだけの比較的静かなエリアにお店はあります。
ちぬまん (18)

お店は居酒屋としては人気が高く、平日でも賑わっていました。
ちぬまん (3)

入口には生け簀もありました。

前日の「ちゅらさん亭」では沖縄料理を専門に食べましたが、こちらでは、沖縄料理ではなく居酒屋メニューを中心にお願いしています。

こちらのお店も「ちゅらさん亭」と同じく魚がウリなのですが、沖縄のカラフルな地魚ではなく、日本全国の居酒屋でメニュー設定されているような魚が主体でした。
ちぬまん (2)

メニューの種類が豊富で、内容も沖縄ご当地グルメより本土でも食べられるようなメニューが多かった気がします。

最初は沖縄ということでオリオンビールで乾杯と思ったのですが、何と!オリオンビールを置いていない!沖縄ではどんなところでも置いていると思ったのですが……?^^;
ちぬまん (9)

気を取り直してプレモルで乾杯!このプレモルは250円で、アルコールはとても良心的な値段。そしてお通しは枝豆です。温かい土地なのでこの時期でも枝豆が収穫されるのかな?それとも冷凍でしょうか?

では頼んだものを紹介していきます。
ちぬまん (11)

まずはサラダは「シーザーサラダ温玉添え(580円)」。カリカリのベーコンが乗せられています。
ちぬまん (12)

昨晩食べることが出来なかった「島らっきょう(480円)」。塩漬けです。酒のつまみにいいですね。精も付く感じです。
ちぬまん (15)

こちらは魚メニューで人気第1位だという「鯖とろ一夜干し炙り(半身580円)」。まぁ、サバは本土で食べたほうが美味しいかな?
ちぬまん (20)

同じく焼物は「焼き牡蠣」。牡蠣はさすがに沖縄では養殖されていないでしょうね?
ちぬまん (14)

はまぐりは一個いくらだったか忘れました。
ちぬまん (13)

「豚バラ」は2本で320円。私は食べていません。
ちぬまん (17)

「マグロの酒盗(320円)」はハイボールのアテに頼みました。
ちぬまん (16)

角ハイボールも1杯200円という安さです。このあたりは酒呑みにはうれしいですね。
ちぬまん (21)

「チャンジャ(320円)」もおつまみの最後に頼みました。
ちぬまん (19)

そして最後の締めで「海鮮チヂミ(480円)」を頼みます。メニューに「自家製本格韓国仕込み」と書かれていましたが、韓国で仕込みとはどういうことでしょうか??

二人で7千円強。コスパ的には満足です。特にお酒の価格はとても良心的でしたね。ご馳走様です。

ちぬまん 泉崎店
沖縄県那覇市泉崎2-4-2
TEL 098-836-2660
18:00~25:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

羽田から小松に戻る前に、品川で腹ごしらえをしました。
sasaya BYO (4)

行ったのは、品川駅前のビルの2階の飲食店街にあるビストロ、バル・バールのお店「魚介ビストロ sasaya BYO」。
sasaya BYO (3)

4店舗ほどが一緒になっている「品川魚貝センター」の中の1軒です。

まぁ、決してこぎれいなお店はなく、席も狭いお店ですが、仕事帰りに気軽に軽く一杯やっていくにはよさげなところです。

ここは都内に何店舗か、そして帰って調べてわかったのですが、富山市の総曲輪にも支店があるようです。少し驚きました。

店名に「BYO」と付いていますが、これは「Bring Your Own」ということで「あなたのワインを持ち込んでください」という意味。

1本999円で何本持ち込んでもオッケーというシステムです。高いワインだとこちらのほうがお得に飲めますね。
sasaya BYO (5)

もちろん、ワインをウリにしているお店なので、常備されている130本以上のワインから選んでもよしです。

我々は17時少し前にお店に到着。予約をしていなかったのですが、早目の時間だったら大丈夫だろうということで行きました。

その予想は当たっていて、19時からは予約で満席。それまでだったらok!ということで1時間ほど軽く飲み食いしました。人気のお店なのですね。

では頼んだものを紹介していきます。

生牡蠣があったので、まずそれを。ニュージーランド産で1ピース税別490円~。4ピース頼みました。
sasaya BYO (18)

レモンを絞って食べるとジューシー!

そして「メリメロ」という、フランス語で「ゴチャマゼ」の意味だそうですが、お店のNo.1人気メニュー「メリメロカルパッチョ」の炙り版をオーダーしました。Mサイズで税別1,399円です。
sasaya BYO (19)

香ばしく炙られた新鮮な魚介が、オリジナルのトリュフソースのあいまって美味しさを引き立ててくれます。
sasaya BYO (27)

こちらは「きびなごのエスカベッシュ(税別499円)」。少しカレーの風味が付いた一品で白ワインにあいます。
sasaya BYO (24)

アヒージョは「ツブ貝(税別599円)」。バゲットも付いてきます。
sasaya BYO (25)

最後は「キャベツとベーコンのアンチョビガーリックソテー(税別499円)」をオーダー。こちらも白ですね。
sasaya BYO (29)

飲んだのは、私は最初、メニューに「まずは軽くシュワシュワ」を書かれていたスパークリングワイン(税別690円)です。
sasaya BYO (12)

妻のほうはメニューに「NAMIMANIなグラスワイン(590円)」と書かれていた白ワインを頼んでいました。その通り並々と注がれます。
sasaya BYO (21)

約200ml注がれています。通常のお店では125ml程度らしいので、お得といえばお得です。

sasaya BYO (22)
私は2杯目を「ブラッドオレンジハイボール(税別490円)」でお願いしました。妻は同じのをお代わりしていました。

今回の旅では3日間でアルコール摂取が多めだったので、このときはこれでアルコールは打ち止めです。

2人で飲み食いして7,500円ほど。コスパもよく料理もオリジナルで美味しかったので満足でした。ご馳走様でした。

魚介ビストロ sasaya BYO
東京都港区高輪3-26-33
 パル品川ビル219号 品川魚貝センター内
TEL 03-3441-1110
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

クライマックスシリーズの真っ只中、広島出張がありました。

2か月近く前、ホテルを予約しようとしたら、何と!ほとんどのところが満室。

やっと、平和大通りの近くのホテルを見つけて予約。飲み屋街も近かったため、久々に広島の夜の街に繰り出すことにしました。

歳を取って来ると、アルコールを飲んでいるいるときは粉物をそれほど食べたくなくなってきたので、広島名物のお好み焼きはランチに食べることに。そしてそのほかの名物料理を探して入ったのが、こちらの「紅緒」という居酒屋です。

雨が降っていて、とても寒い夜でした。お店の場所は広島の歓楽街の一角です。

事前に予約を入れてあったのですが、この日は市場が休みと言うことで、前もって食べたいものがあったら言ってくださいと、わざわざメッセージを頂き、事前に地あなごの刺身と他あなご料理を予約してありました。
紅緒

お店は古民家を改装しています。広島でも、このような古民家が残っているんですね。
紅緒 (3)

1階はカウンター席で、我々は2階の座敷席に通されます。

メニューの種類はそんなに多くはないのですが、こだわり系のメニューが多かったです。

まずは生ビールとお通しで乾杯です。

先ほども書きましたが、こちらのお店はあなごがウリですが、それ以外にも瀬戸内の旬の食材を使った料理もあります。

あなごの刺身なんてのは、北陸ではなかなか味わうことが出来ません。まずは頼んであった「穴子の刺身」が出されます。
紅緒 (10)

一見、ふぐ刺し、てっさのような感じです。食べ方ももみじおろしときざみねぎを巻いて食べます。

歯ごたえを感じる程よい薄さの「あなごの刺身」はなかなか味わえない一品です。やはり味的にもふぐに似ていますね。
紅緒 (13)

こちらは「あなごの塩焼」です。
紅緒 (12)

「あなごの蒲焼」もお願いしました。両方とも脂が乗っていて美味しかったです。

まぁ、塩焼と蒲焼はうなぎのほうが美味しいかな?もっとも値段が違いますから単純比較はできませんが。

他に食べたものを紹介していきます。
紅緒 (15)

サラダは「ベーコンのシーザー風サラダ(880円)」を頼みます。
紅緒 (17)

殻付き岩牡蠣は1個480円。
紅緒 (20)

身が切られて入れられていましたが、そのままのほうが良かったです。
紅緒 (18)

私はハイボールに切り替えます。
紅緒 (14)

こちらは「ゲソ網焼き(580円)」。塩味がほんのり。いい塩梅です。
紅緒 (21)

手羽先の唐揚げは2本で380円でした。私は食べていません。

あと魚系をお願いしようと思ったのですが、市場が休みでメニューの中にはないものもありました。
紅緒 (23)

そこで黒板メニューの「カマスの一夜干し(680円)」をお願いしました。
紅緒 (24)

最後の一品は「梅とわさびの冷奴(380円)」でさっぱりと締めました。

この日は4名で伺って、一人3~4杯飲んで締めて、一人4千円強。なかなかのコスパでいいお店でした。おすすめです。ご馳走様でした。

紅緒(べにお)
広島県広島市中区薬研堀2-11
050-5869-9695
090-7891-8145
18:00~23:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

東京にプライベートで出かけた時、必ず訪れる街「学芸大駅」周辺。
晴庵

今年も行ってきました。今回は夜と翌日の日中、2回も行きましたが、今日は夜に妻の友人夫妻と会食をするために伺った「晴庵(せいあん)」という和食のお店について書きます。

実は、そのご夫婦とは毎年、東京と金沢で年2回はご一緒するのですが、金沢では鮨店、東京ではフランス料理のお店をチョイスするのが恒例になっています。しかし今回は少し趣を変えて和食のお店になりました。

まぁ、東京でプライベートで来て和食のお店に行くことは珍しいのですが、グルメなご夫婦のことですから、たぶん、素晴らしいお店だということはわかっていました。

学芸大駅から歩いて5・6分のところにお店はあります。
晴庵 (2)

内装は和食のお店らしくない感じでしたが、最初は和食のお店にする予定ではなかったらしいのです。

この点、本格的な和風のインテリアにすると、スペースもより必要だしコストもアップして、結果、値段に跳ね返ってくると思いますので、気軽に食べられる和食の店といった感じでよいのではないでしょうか?。
晴庵 (4)

まずはのどの渇きを潤す生ビールで乾杯!
晴庵 (5)

お通しでこちらの4品が出されました。

煮ダコ、アナゴ煮、ゲソ、ずいきだったかな?^^;
晴庵 (7)

お刺身は、対馬産のどぐろ炙り刺し、えぞ鮑の蒸しあわび、真子鰈、剣先イカ、五島の〆鯖、アジは淡路産の釣りアジ、サワラ。1人前は1,700円です。

あわびの肝がいいですね。

東京でお刺身にはあまり期待はしていなかったのですが、こちらのお店のは鮮度もよくプリンとしていました。ただ、お刺身の値段的には地元で食べるより3~4割高といったところでしょうか?
晴庵 (10)

こちらは奈良産の「柿の白和え(850円)」。上品な甘さでした。
晴庵 (11)

赤穂産の牡蠣は、まずは生でレモンを絞っていただきます。1ピース250円で身は小ぶりでしたが、シューシーで旨みが凝縮している感がありました。
晴庵 (13)

石川産の「しいたけ焼き(400円)」。のと115かと期待しましたが違いました。^^; 酢橘を絞ってさっぱりと食べます。
晴庵 (12)

新潟産の銀杏(700円)を塩煎りで。
晴庵 (15)

お店のおすすめ「海老芋の唐揚げ(900円)」。2個でこの値段です。モチッとした食感で美味しかったです。
晴庵 (16)

先ほど生で食べた牡蠣を、今度はフライで頼みました。
晴庵 (14)

「レンコンのエビはさみ揚げ(900円)」は、揚げ立てでレンコンのサクッとした食感と海老のうま味がミックスされて、これも美味しかったですね。
晴庵 (17)

だし巻き玉子は4個玉で850円を4名でシェアしてもらいました。出来立て熱々です。
晴庵 (18)

こちらのおむすびは私たちは食べていません。2個で500円。具は鮭・梅・昆布から選べます。

生ビールの後、日本酒をいくつか頼んで飲んでいますが、写真は写していません。

お酒好きなメンバーだったので、多少アルコールの値段が高くついたと思いますが、一人8千円強でした。ご馳走様でした。

晴庵(せいあん)
居酒屋、魚介料理・海鮮料理
TEL 03-3711-0161
東京都目黒区鷹番3-19-21
東急・東横線 学芸大学駅徒歩5分
学芸大学駅から208m
[火~土]
17:00~24:00(L.O.23:30)
[日・祝]
17:00~22:30(L.O.22:00)
月曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ