あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:牡蠣

広島のご当地グルメの代表格がお好み焼き。

私も広島に行くたびに一度は食べています。

今回の出張でも現地のメンバーと夜に食べに行ってきました。

行ったお店は「みっちゃん総本店 八丁堀本店」。

昭和25年(1950年)創業という広島のお好み焼き屋さんとしては古くからあるお店で、今の広島のお好み焼きの形を作ったのが、こちらのお店のご主人である井畝満男氏だといわれています。

私のブログを見てみると13年前に一度お邪魔しています。この時はお店は別な場所にありましたね。
みっちゃん

冷たい雨が降る夜の18:15。順番待ちのお客さんがいました。

我々は予約を入れてあったのですぐに案内されます。
みっちゃん (3)

一番奥の席です。そこから店内を写したのがこちら。多くのお客さんで賑わっています。

広島のお好み焼き屋さんは予約不可のところも多いのですが、こちらは時間帯や人数によってはokということでありがたかったです。
みっちゃん (9)

お品書きです。
みっちゃん (7)

こちらもです。
みっちゃん (5)

お好み焼き以外にも色々おつまみの種類が充実しています。
みっちゃん (13)

まずは生ビールで乾杯!

最後にお好み焼きは食べるということで、まずはおつまみです
みっちゃん (11)

私は食べませんでしたがお店のおすすめメニューの「牛すじ煮込み(450円)」。
みっちゃん (15)

広島名物の牡蠣を使った「牡蠣焼き(880円)」はもちろん頼みました。

大粒の牡蠣で美味しかったです。
みっちゃん (14)

全国的には知られていませんが、こちらも広島名物の「がんす焼き(380円)」。魚のすり身、言ってみればさつま揚げのようなものをフライにしたものです。
みっちゃん (12)

これは「さきいかの辛旨あえ(350円)」。ピリ辛で酒のつまみにいいですね。
みっちゃん (16)

「ホルモン焼き(830円)」は私は食べていません。
みっちゃん (17)

そして「もやし炒め(380円)」です。
みっちゃん (18)

「野菜と海老の炒め物(680円)」はお好みソースがかけられていました。ちなみに、このお好みソースもこちらのお店が発祥ということです。

少し甘めのソースかもしれません。
みっちゃん (19)

こちらは「豚キムチ(630円)」ですが私は食べていません。
みっちゃん (21)

そして最後の〆に頼んだお好み焼きは、こちらは生イカ、生エビ、豚肉、玉子が入っている「スペシャルのそば入り(1,150円)」と、
みっちゃん (22)

「スペシャル」にプラスして、イカ天、それに餅まで入っていて、ネギたっぷりかれられている「DXスペシャルのそば入り(1,550円)」を2枚頼んでシェアして食べました。

これだけ美味しいおつまみがあれば酒がすすむのは当たり前!

生ビールの後は「ハイボールのダブ
みっちゃん (20)
ル(500円)」を数杯飲みました。ダブルはウイスキーが2倍で入っているということです。

これだけ飲み食いしたらさすがにお腹がいっぱいになりましたね!

以上飲み食いして一人4千円ほど。広島のお好み焼き発祥と言われるお店は庶民の味方でした。ご馳走様でした。

お好み焼 みっちゃん総本店 八丁堀本店
広島県広島市中区八丁堀6-7
TEL 082-221-5438
平日
11:30~14:30(L.O.14:00)
17:30~21:00(L.O.20:30)
土日祝11:00~21:00(L.O.20:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪駅稚なくの地下街「ホワイティうめだ」のイーストモールが、昨年12月5日「泉の広場エリア」のリニューアルオープンにあわせて、一部が新たにバル街「NOMOKA(ノモカ)」として生まれ変わっています。
わすれな草

こちらは「泉の広場エリア」の新たなシンボルとしての「Water Tree」です。

そして、前は肥後橋にあった人気の立ち飲み「わすれな草」が、こちらの方に移転してきたということを知って行ってきました。

肥後橋にあった時は4年9か月前に行っていて、こちらで紹介しています

肥後橋のときは夜は立ち飲みでした。それにお店自体が狭く、カウンターの中も外も、後ろを通ることすら窮屈な感じでした。

しかし移転した今の場所では、着席して飲み食いできるお店に変わっていました。ただ、お店の狭さは相変わらずです。

「泉の広場エリア」がリニューアルオープンしてから2週間ほどしか経っていない時でしたが、夕方時点では「わすれな草」のところだけ列が出来ていました。
わすれな草 (3)

人気店だけに、肥後橋にあったときからの常連さんに、人が集まる場所ということで初めて訪れるお客さんなど店内は常に満席状態です。
わすれな草 (15)

こちらの写真はお店を出てから写したもので、17時半過ぎぐらいの時間帯です。私のときは5人待ちで15分ぐらい待たされましたので、この長さだと最後の人は小一時間待たないといけないかもしれません。

立ち飲みだと回転が早いでしょうが、着席して飲む分、ゆっくりする人が増えたのではないかと思います。

お店自体がオープンしてまだ間がないことで、調理場やフロアにも店員さんがたくさんいたのですが、やはりサービスのタイミングが遅かったり、料理が出されるのに少し時間がかかったりしました。
わすれな草 (7)

メニューです。
わすれな草 (4)

「本日のおすすめメニュー」です。
わすれな草 (6)

こちらは黒板メニューです。
わすれな草 (5)

私はまず生ビールを頼みます。390円(金額は図べて税別表記)と安いです。

そして頼んだ料理は、こちらは肥後橋の時も頼みましたが、「車海老おどり」。4年9カ月前と同じ一尾180円と変わっていませんでした。
わすれな草 (9)

頭の部分はから揚げにしてくれます。
わすれな草 (10)

しかし、このエビの殻の剥きにくいこと!とても厄介でした。^^;
わすれな草 (11)

「生ガキポン酢(680円)」は少しお高いですが5つぶ入っていました。
わすれな草 (8)

「魚のなめろう(380円)」でだいぶ酒が飲めます。
わすれな草 (12)

これらのつまみで、生ビールの後、「スコッチハイボール(380円)」と「竹鶴ハイボール(380円)」の計3杯飲んで終わり。竹鶴ハイボールが380円というのはうれしいですね。

以上締めて2,800円ほど。本当に安いです。少々待たされようがノープロブレムです!さすが人気店だけありますね!?ご馳走様でした。

わすれな草
大阪府大阪市北区小松原町梅田地下街
 ホワイティうめだNOMOKA(ノモカ)内
TEL 06-6362-5077
11:00~23:00
休みはホワイティうめだに準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松に新しいお店がだんだん増えてきています。

今回、前は「あん庵」だったところに新しく炉端焼きのお店が出来たと聞いて行ってきました。
魚萬 (37)

お店の名前は「創作料理 魚萬」。7月1日にオープンしています。

オーナーの方は、これまでに色々な飲食店で腕を磨いておられ、片山津のかぼちゃ村や小松駅前の某店などの店長などを経験されていました。そしてこの度、晴れてご自分のお店を持つことになったのです。

入口の感じは看板類を除けば「あん庵」時代と同じ。店内は、カウンター席周りは「あん庵」のときからは雰囲気がだいぶ変わっていました。
魚萬 (2)

棚などはご主人が自分で付けられたと話をしていました。
魚萬 (36)

ちなみに、こちらの個室についても「あん庵」時代にはなかった部屋で、ご主人自作のようです。

我々はカウンター席に座り、そしてお品書きを見ながらご主人と少し話をしていると、かぼちゃ村で働いておられた時代に少しかかわりがあってびっくり!

「あん庵」のママもよく存じ上げていたので、この場所はご縁があるところなのかも知れませんね。
魚萬 (9)

さて、お品書きを見て驚いたのですが、メニューの種類が多いこと!
魚萬 (11)

基本は海鮮炉端焼きのお店なのですが、かぼちゃ村のラ・ヴィーブ時代の経験を活かしておられます。

このあたりはご主人の「いろいろな味を楽しんでもらいたい」といった思いからそうされているようです。

ただ何を頼もうか少し悩みました。

さて飲み食いしたものを紹介していきます。
魚萬 (5)

家から歩いてきたので、まずは生ビールです。ジョッキがギンギンに冷やしてあって最高!
魚萬 (15)

そして最初に頼んだのは「名物 ふわふわすり身あげ(680円)」。揚げ立て熱々でした。

続いて岩牡蠣も頼みました。
魚萬 (16)

ご覧のようにプリンプリンの大きな身で、軽くレモンを絞ってポン酢で食べます。
魚萬 (22)

お酒のほうは私はハイボールに変えています。

妻は日本酒です。升にグラスを入れてなみなみと注いでくれます。

お造りは「板さんおまかせ5種盛り(1,080円)」。
魚萬 (18)

タコ・甘えび・梅貝・ブリ・白身はなんだったかな?タイ(メジナ?)だったかな?
魚萬 (4)

ここで目の前の水槽で元気に泳いでいるドジョウを見て、ドジョウの唐揚げを頼みます。
魚萬 (19)

ドジョウを目の前にして食べるのはちょっとかわいそうな気がしますが、美味しかったです。

このあたりでビストロメニューに変えてみたいと思います。
魚萬 (26)

「美川しらすのアヒージョ(580円)」。ご主人は美川出身でこの時期新鮮なしらすがあり、これまた最高!
魚萬 (29)

バゲットの上に乗せて食べると、スペイン料理店で食べているような気になります。

こちらの「トマトとマスカルポーネのガレット バジリコの香り(680円)」は、イメージとちょっと違いました。
魚萬 (32)

ガレット生地に乗せられて出されるのかと思いましたが、カプレーゼのような感じでしたね。アンチョビがアクセントになっていました。

こちらも普通の炉端焼きのお店で食べることは出来ない一品です。
魚萬 (35)

最後にもう一品ということで「女将のポテトサラダ(380円)」を頼みます。マイルドな口当たりで美味しかったです。
魚萬 (34)

お酒について妻は、「すっきりトマトサワー(448円)」なんてのを追加で頼んで飲んでいました。

以上、飲み食いして8,800円と予想より安かったです。色々な料理を楽しめて味の方も満足できるものでした。

また、お店はカウンター席や小上がり、個室も1階に2つ。2階に大人数が入ることが出来る座敷もあります。ただ、開店して間もないので、今後どのように受けているか思案中だそうです。なかなかいいお店が出来たと思いますのでうれしいですね。ご馳走様でした。

北陸海鮮炉端 魚萬
石川県小松市大和町8
TEL 0761-58-2578
17:30~24:00(L.O.23:00)
日曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

さて、今回の札幌出張。実際札幌市内に居たのは19時間強。

真に行動していた時間は8時間強ではないでしょうか?

そんな慌ただしい今回の行程。予定より少し早く仕事を終えることができ、仲間と一緒に夜ごはんを食べに出かけました。

行ったお店は、夕張の近くにある栗山町というところのご出身で、私が20年以上前からよく存じ上げている板垣さんのご紹介。

板垣さんは「東京栗山会」の前会長で、いまは顧問をされています、栗山町を愛してやまない素晴らしい方です。

お店の名前は「七番蔵」。

栗山町にある道内最古の酒蔵「小林酒造」がやっているお店で、いわゆるアンテナショップ的な位置付けのお店でもあります。
七番蔵

杉玉が下げられていますね。
七番蔵 (11)

店内はゆったりとした席の配置で、落ち着いた感じにまとめられています。
七番蔵 (2)

お品書きには本当にたくさんの種類の料理が書かれていて、何を頼むか迷うほどでした。

最初のお通しには日本酒です。お酒の種類、何だったか聞きましたが忘れました。^^;
七番蔵 (3)

添えられているのは小松菜のお浸し。
七番蔵 (13)

しかし、その後でのどが渇いていたことから、生ビールをお願いしました。北海道ですがアサヒビール。

では、頼んだものを紹介します。
七番蔵 (16)

こちらは「イカゴロルイべ 葉わさび添え(520円すべて税込表記)」。

少し凍った状態のルイベは食感もよく、中のワタの苦みと塩辛さと相まって日本酒に最高です。

刺身は「五点盛(2,150円)」をお願いしています。
七番蔵 (12)

本まぐろ、活き〆ヒラメ、カンパチ、ホタテ、真イカ。金額を考えると、内容的にはもう少し地元のネタが欲しかったかな??
七番蔵 (18)

そして、こちらは厚岸産の殻付き牡蠣(1個260円)で、生と、
七番蔵 (19)

焼きでお願いしました。

厚岸の牡蠣は道内きっての美味しさで知られています。
七番蔵 (20)

サラダは「七番蔵流ラーメンサラダ(700円)」。ラーメンサラダは北海道発祥の冷製サラダのことで、その名の通りラーメンがサラダに入っているのです。

まぁ、行ってみれば冷やしラーメンの野菜多めといったほうがいいのでしょうが、今回は札幌でラーメンを食べる機会がなかったので、ちょうどよかってです。

こちらの「珍味盛り合わせ」は、全国の様々な色々な種類があって、北海道だけではなく全国各地の珍味が揃っていました。
七番蔵 (21)

「三点盛(1,080円)」で、「鮭とば味噌漬け」、礼文産の「塩ウニ」、同じく礼文産の「めふん」。

「めふん」は、オスの鮭の中骨に沿って付いている血腸という腎臓を使って作る塩辛のことです。

いや、酒のアテに最適なものばかり。酒が止まりません。^^;

置いている日本酒は、当然「小林酒造」のブランド「北の錦」のみ。他のアルコールは色々揃えてありました。

頼んだのはこちらの利き酒セット(1,400円)で、3種類の酒が楽しめます。
七番蔵 (17)

左から純米大吟醸「北の錦35」、「まる田」は北海道限定の大吟醸と特別純米で無濾過生原酒の2種類。

「北の錦」は精米歩合35%の贅沢な日本酒。特別純米で無濾過生原酒の「まる田」は愛称「ピンクまる田」と言われる本数限定のものでした。

比較的飲みやすいお酒ばかりで、フルーティなうま味と香りがする美味しい日本酒でした。
七番蔵 (22)

途中で、栗山会から差し入れがありました。板垣さん、ありがとうございました。

以上、飲み食いして一万円強。静かにゆっくりと美味しい日本酒を楽しみながら長居出来るようなお店で、コスパもよかったです。ご馳走様でした。

七番蔵
北海道札幌市中央区南2条西4丁目
 フェアリースクエアビル1F
TEL 011-271-1947
17:00~23:00(L.O.22:20)
日曜休(他不定休あり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松大和町にある「魚菜工房・壱」。
壱 (2)

オープンしてから今年で9年目になるそうで、私は7年9か月ぶりに邪魔しました。

前回のときはこちらに書いています

このときはまだ大阪に住んでいた時で、近くのホテルに宿泊してカウンテーでおばんざい料理を中心に一人で楽しみました。

当時は平日だったからかお客さんも私ともう一組いたかな?それほど混んだいなかったと記憶していますが、今回お邪魔した時は、カウンテーもテーブル席、それに奥の個室含めた満席状態。20名以上のお客様が入っていました。

前回はご主人と奥さま?お二人で切り盛りされていましたが、この日は全部で5名も働いているほどに盛況でした。

3年前に発刊されたミシュランガイドの石川・富山版で紹介されたこともあって人気のお店になっているのです。

ご主人は山代温泉にある居酒屋「一力」で腕を磨いたようで、おばんざいや旬な素材を使った美味しい小料理を楽しめる居酒屋と呼ぶにはちょっともったいないほどのお店なのです。

伺ったのは3月3日の桃の節句。前に紹介した東日本大震災復興イベント「キャンドルナイト&Music 2019」が開催された日でした。

妻がその日仕事で、私のみイベント取材。その足でこちらのお店で待ち合わせをすることに。
壱 (4)

こちらは日替わり?おすすめメニューです。他に定番メニューや壁に貼られたものもありました。日本酒の種類が豊富でしたが地元の酒よりも県外の酒蔵の方が多かったです。

私は「キャンドルナイト&Music 2019」の会場でカレーやたこ焼きを食べていたため、今回は、あまりお腹の膨れないものを中心に食べることにしました。
壱 (7)

まずは生ビールで乾杯です。「プレモルマスターズドリーム」です。
壱 (10)

おばんざいの中からは「蓮根長ネギの大葉梅マヨ」を頼みます。水菜が乗せられています。

「お造りの盛り合わせ(1人前1,500円)」は能登で獲れた天然マグロ、柳サワラのたたき、カジキマグロ(石川県ではサワラと呼びます)、イカ、梅貝です。
壱 (12)

ちょうど2切れずつあったので、これで2人でシェアしても十分でした。新鮮で身も厚く美味しいお刺身でした。
壱 (13)

こちらは「サンマつみれ磯辺揚げ」。少し時期外れ?ですが、サンマのうま味がつみれに凝縮されていました。
壱 (17)

あと、3月3日の桃の節句だったので頼んだ「はまぐりの酒蒸し」。大きなはまぐりでした。
壱 (15)

貝については「殻付 酢がき」も頼みました。

なぜかこちらのお店の個数、3個ずつが多い気がします。^^;
壱 (18)

最後に温かいものをということで「ナスとズッキーニの揚げ浸し」を頼みます。揚げ浸しも最近あまり食べなくなりました。
壱 (14)

アルコールは白州と山崎のハイボールです。最近白州と山崎は品薄状態で、なかなか家で飲むためのをボトルを買うことが出来ないので、外食時に飲むことが多くなりました。

だいぶお腹がいっぱいの状態でお邪魔したので、今回はあまり食べることが出来ませんでした。

以上飲み食いして2人で8,400円也!コスパ的にも満足です。

しかし、人気店だけあって店内に活気があり、お客さんの会話も明るく元気がある感じでよかったです。ご馳走様でした。
壱 (20)

PS:お店のトイレに小松市在住の長谷川章さんと、
壱 (19)

同じく森秀一(KAZU)さんの書がかけられていました。

魚菜工房・壱
石川県小松市大和町132
TEL 0761-46-5349
17:30~24:00 (LO 23:00)
月曜休(火曜日が祝日の場合は月曜日は営業。火曜休)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ