あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:片山津温泉

温泉地には昔はどこも芸妓さんがたくさんいました。

片山津温泉では昭和40年代には400人近い芸妓たちがいたということですが、いまほど娯楽が多くない時代、遠来の温泉客はもとより地元の旦那衆も芸妓さんたちと優雅に宴を楽しんでいたのでしょう?いまは何名ぐらいいらっしゃるのでしょうかわかりませんが、いまでは遠い昔のことですね。

当然のことながら私はそんなことをした経験がないので何ですが、そんな時代の雰囲気を味わうことが出来る施設が片山津芸妓検番「花館」です。
茶房 富久紗

大正9年に芸妓の練習の場として建てられた施設をリニューアルしていて、新しい内外装になっています。紅殻格子のファサードが素敵な感じです。
茶房 富久紗  (2)

中に入ると、建物の1階の左側が源泉と柴山潟の湖底土を使った「晶子染め体験:ができる場所。右側が「茶房 富久紗」という喫茶店となっているのです。
茶房 富久紗  (3)

ミニ提灯がぶら下げられていて、当時の検番の雰囲気が忍ばれますね。
茶房 富久紗  (4)

店内は畳敷きに囲炉裏を囲む席、座卓の席、そしてカウンター席がありました。

この日は雨だったので、靴を脱ぐのも面倒だったため、唯一あったテーブル席に座りました。

お店は検番を取り仕切っていた女将さん?のような女性の方が切り盛りされていました。

ちなみに「茶房 富久紗」では、片山津温泉の特徴であるナトリウム、カルシウム、塩素成分を多く含んだ源泉で「源泉豆腐づくり」体験ができます。

私は食事をしてきた後で、かつ一人だったので「源泉豆腐づくり」は諦めてコーヒーを飲むことにしました。
茶房 富久紗  (5)

お品書きです。
茶房 富久紗  (6)

甘味処でもあるので和の甘味もありました。
茶房 富久紗  (8)

出されたコーヒー(400円)はマシン抽出で普通のコーヒーです。

こちらの施説ではいま話題の「コト消費」が出来るので、観光客のかたも気軽に入って、華やいでいた時代をしのびながらいっぷくされてはいかがでしょうか!?ご馳走様でした。

茶房 富久紗(さぼう ふくさ)
石川県加賀市片山津温泉モ2-2
TEL 0761-75-4440
 片山津芸妓検番花館1F
9:00~18:00(L.O.17:00)
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

加賀温泉郷として加賀市には片山津・山代・山中の3つの温泉地があります。

その中で片山津温泉は、昭和の高度成長期に団体客需要を取り込んで成長したところが多く、その後の不景気や団体旅行の減少などの影響で、多くの温泉旅館が廃業や経営を他に移管することになりました。

近年は片山津温泉としても街並みの整備や総湯の新築移転などで、個人客を取り込もうと努力されています。

ただ私は昔は地元の温泉旅館にもよく行ったのですが、いまでも県外への旅行のときは利用することもありますが、地元の温泉旅館へは最近はあまり行かなくなりました。^^;

さて、片山津温泉は中心地あたりに飲食店はそれほど多くありません。

総湯の周辺にはおしゃれなパン屋さんやコーヒー専門店など出来ていますが、それほど選択肢はないのではないでしょうか?

今回お邪魔したのは、温泉街のメイン道路沿いにあります「あんがと珈琲店」というカフェというか喫茶店です。
あんがと珈琲店

外観です。比較的新しいお店のようです。

お店の前には何故かお地蔵さんが置かれていました。「ありがた地蔵」という名前で店名に合わせているのでしょうね。
あんがと珈琲店 (4)

店内はそれほど広くはありません。大きなもみの木のテーブルが置かれていました。
あんがと珈琲店 (3)

メニューです。
あんがと珈琲店 (5)

基本はコーヒーがウリの喫茶店ですが、ランチメニューもいくつかあります。
あんがと珈琲店 (2)

私は事前に調べてあったのと、外に書かれていたこちらを見て、久しぶりにオムライス(900円)を食べようと思い入りました。ただ鶏肉が苦手なのでお店の女性の方に「鶏肉使っていますか?」とお聞きすると、「ハムでもできますよ」と言ってくれたのでハムでお願いしました。

しばらくして出されたのがこちらです。
あんがと珈琲店 (6)

オムライスそのものはビジュアル的にはオーソドックスですが、添えれれているサラダの量が多いのがうれしいです。
あんがと珈琲店 (7)

スプーンで切るとこんな感じです。

事前のネット情報ではデミグラスソースが使われているようなことが書かれていましたが、トマトケチャップのソースでした。

でも、この方がおふくろの味でしょうか!?美味しくいただけました。

お店のFacebookでは「焙煎職人の店 煎り立ての2~5日以内のコーヒー豆のみを使用したコーヒー」と書かれていたのでコーヒーも飲みたい気がしましたが、この後もう一軒喫茶店でお茶することにしていたので諦めました。

次回コーヒーを飲んでみたいと思います。ご馳走様でした。

あんがと珈琲店
石川県加賀市片山津温泉乙47番地2
TEL 090-8960-1090
10:00~17:00
火曜休(祝日の場合営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

過去に2度ほど紹介したことがある「ヒラクベーカリー」。南加賀では人気のパン屋さんのうちの一軒です。
ヒラクベーカリー (6)

今回、約9か月ぶりの紹介になります。

さて伺ったのはだいぶ前のことで、クリスマスイブの前日の日曜日の13時過ぎでしたが、すでにパンはほとんどありませんでした。危なかったです。
ヒラクベーカリー (3)

ほら、ご覧のいつもはパンが置かれている窓際のカウンターにはパンはもうありません。

クリスマスイブ間近だったので、近年人気になってきたクリスマス用のシュトーレンなどがメインになっていたため、他の種類のパンを作る量が少なくなっていたのかもしれません。

でも相変わらず人気なのですね!?

残り少ない種類の中から買い求めたものを紹介します。

私が食べたのは「ツナタルティーヌ(180円)」。タルティーヌとはフランス式のオープンサンドイッチのことです。
ヒラクベーカリー (10)

長時間発酵のバゲットにツナとチーズを乗せて焼いてあります。パン生地はサクッと、中はモチモチの食感で、ツナとチーズの相性のいいパンでした。

妻はこちらの「クロックムッシュ(200円)」です。
ヒラクベーカリー (8)

食パンにホワイトソースとハム、チーズを挟んで、チーズをトッピングして焼きあげてあります。

娘は「明太子のタルティーヌ(240円)」。
ヒラクベーカリー (9)

博多明太子マヨネーズと加賀れんこんとチーズを乗せて焼きあげたもの

あと「パン オ ヴァンルージュ(450円)」も買いました。
ヒラクベーカリー (7)

レーズン、クランベリー、くるみが入っていて、赤ワインのみで練り込んで焼かれたパン。当然のことながらワインとチーズに合います。
ヒラクベーカリー

あと、先日も紹介しましたが、お店のお隣のスペシャリティコーヒーのお店「ミーコーヒー(mie coffee)」で食べるために「チョコとクルミのスコーン(160円)」も買いました。

この写真や内容はこちらをご覧ください。

ヒラクベーカリーはハード系と惣菜系のパンがお得意ですが、少量多品種で作っています。欲しいパンがあったら、焼き上がる時間はFacebookやインスタなどで適時案内されているので、そちらを見て早目に行かれたほうがいいでしょう?ご馳走様でした。

ヒラクベーカリー
加賀市片山津温泉乙69-39
9:30~17:30
TEL 0761-76-9362
なくなり次第閉店
火・水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

片山津温泉総湯の前にある人気のパン屋さん「ヒラクベーカリー」。

私も時々買いに行くお店ですが、そのお隣に美味しいコーヒーを飲める専門店が出来たと聞いていました。

しばらく行くことが出来ませんでしたが、今回、年末の冷たい雨が降る日に、ヒラクベーカリーのパンを買うついでに行ってきたので紹介したいと思います。

お店の名前は「ミーコーヒー」。昨年10月25日にオープンしています。
ミーコーヒー (2)

外観は、おとなりのヒラクベーカリーと同じように白く化粧直しをされています。
ミーコーヒー (5)

入口にはかわいい焙煎機が置かれていました。
ミーコーヒー (13)

店内からは片山津温泉の総湯を眺めることが出来ますね。

店内は、壁に棚用のフックレールが埋め込まれていて、それに木製の飾り棚がかけられていて、家具などもウッディに統一されていました。
ミーコーヒー (6)

女性のオーナーさんお一人で切り盛りされているようで、まず最初にオーダー済ませ前金で支払ってから席に着きます。

肝心のコーヒー豆はトレーサビリティー(作物などの由来の追跡可能性)がはっきりしているスペシャルティコーヒーを専門に扱っていて、きっちりとハンドソーティングで虫食いやカビ、割れてしまっているなどの欠点豆を取り除く作業を行ってから自家焙煎しています。そのため雑味のないクリアなコーヒーの味と香りを楽しむことが出来ます。

この日のコーヒーのメニューはこんな感じでした。
ミーコーヒー (3)

浅煎りが1種類、中煎りが2種類、深煎りが1種類、それに中煎りのカフェインレスが1種類設定されています。あとエスプレッソも楽しめます。

この中から私は深煎りのコロンビア「スイートベリー スプレモ クォッシュド」をオーダー。
ミーコーヒー (15)

「苦味とコクがありながらも、やわらかいまぁるい口当たり、長く続く甘い余韻」が特徴だそうで、確かに濃厚な深煎りでした!

妻のほうは中煎りのニカラグア、サンタマリアデローデス農園のレッドハニーというパルプドナチュラルの精製方法の一種で作られたコーヒー豆。
ミーコーヒー (12)

「ブラッドオレンジのようなジューシーな甘みとほんのりラム酒ぽさを感じさせる芳醇な味わい」だそうです。

そしてこちらのお店では、お隣の「ヒラクベーカリー」で買ったパンをイートインで食べることができるのもうれしいです。
ミーコーヒー (9)

私は「ヒラクベーカリー」で買った「チョコとクルミのスコーン(160円)」をこちらで食べました。クーベルチュールチョコとクルミが入っています。
ミーコーヒー (4)

あと、おやつとして「オレンジ風味のマドレーヌ(180円)」と「ショコラと生姜のケイク(300円)」の2種類があって、妻のほうは「ショコラと生姜のケイク」を食べました。
ミーコーヒー (11)

しっとりとした食感で、ぜいたくなチョコレートがたっぷり。濃厚ショコラに生姜がほんのりとしていい感じでした。

最近、スペシャルティコーヒーを楽しめせてくれるお店も増えてきていますが、片山津温泉総湯でひと風呂浴びてから、ホッと一服してはいかがでしょうか?ご馳走様でした。

ミーコーヒー(mie coffee)
石川県加賀市片山津温泉乙69-39
TEL 0761-76-7008
10:30~17:30
火・水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

片山津温泉は、加賀市にある山代・山中、それに小松市の粟津温泉を加えて加賀温泉郷として知られています。

4つの中では一番新しく誕生した温泉地で、戦後の高度成長期に合わせて、柴山潟の周辺に次々と大型の温泉旅館が出来て急成長してきました。

しかしながらバブルがはじけてからは団体旅行が激減して、片山津温泉を訪れる温泉客もそれに伴い減少。結果、多くの温泉旅館が廃業に追い込まれてきました。

近年は少し温泉客は戻ってきているようですが、昔のような温泉街の賑わいは戻らないかもしれません。
中沢寿し

さて、今日紹介します片山津温泉街の中心付近に位置している「寿し処 中沢」は、そんな昔の温泉地の活況を知るご主人が40数年前に始めたお店で、昔は観光客や地元の方々で大いに繁盛したものと思います。お店の造りも当時の面影を感じます。大将もご年配の方でした。

私は、4月の冷たい雨が降る土曜の昼に一人で食べに行ってきました。

11:40頃にお店に入ると、お孫さんらしき子供たちがカウンター席に座り、ご主人がお相手されていました。^^; 当然、私が最初の客でした。
中沢寿し (3)

カウンター席に個室もあって、広めの店内でした。

ひと昔まで主流だったネタケース。
中沢寿し (2)

玄関先に出ていたお品書きはこんな感じ。

私は、お店の人気メニューだという海鮮ちらしの「並(税込1,900円)」を頼みます。
中沢寿し (5)

ランチには一品ついてきますが、今回はサラダでした。いつもそうなのかはわかりません。

その後、海鮮ちらしが出されます。
中沢寿し (9)

イカ、イクラ、穴子、サバ、甘えび、マグロ、サーモン、サヨリ、ガスエビやノドグロの炙りのそうなのも入っていました。12種類ぐらい乗せられていたのかな?

最初2,500円の「上」にしようかと思ったのですが、結論を書けば、並でもネタの種類や内容も満足度高かったですよ!

これだと2,500円の「上」はどんなネタになるのでしょうかね?
中沢寿し (6)

ランチにはお味噌汁も付いてきます。

ネタは地元漁港で水揚げされたものを中心に、シャリは地元産のお米を使用、塩は能登、酢は福井大野産のものを使用しているようです。そうそう!器も九谷焼、山中塗も地元作家のものを使用していました。

客層としては地元の方中心でしょう?昔のように温泉客がそれほど地元のお店でお金を落としてくれることはなくなったようですが、地元だからこそ息の長い営業が続けられるのかもしれません。ご馳走様でした。

寿し処 中沢
石川県加賀市片山津温泉堂後1-5
TEL 0761-74-1212
11:00~13:30(L.O.)
17:00~24:00(L.O.)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ