あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:焼きそば

イオンモール新小松店がオープンしてから、来月24日で丸4年が経過します。

小松市民にとってはとても便利なショッピングモールなので重宝しています。

しかし、昨年から始まった新型コロナウイルスの影響もあったのでしょう?イオンモール新小松店のお店は飲食店含めて年店舗か閉店になり、そのまま埋まっていない状態のところがあります。

さらに今年夏には白山市に新しいイオンモールがオープン予定。一方、先日は高岡のイオンモールでは撤退するお店も多いとニュースで見ました。

イオンモール白山は北陸最大級の規模だということで、個人的には、こんな近いエリアにいくつもの大型のイオンモールを作って大丈夫なのかとも思います。

では、今日はイオンモール新小松店の1階にある、京都発のお好み焼きのお店「わらい食堂 イオンモール新小松店」を紹介します。
わらい食堂

こちらへは今回が初訪問でした。

歳のせいで最近は粉物の店というだけで敬遠するようになってきました。ブログでも久しく登場していないかもしれません。
わらい食堂 (3)

入り口にはサンプルケースがあって、色々おいしそうなメニューが並んでいます。
わらい食堂 (4)

行ったのは1月中旬の日曜日のお昼少し前でしたが、コロナ禍の影響もあってか、店内はそれほどお客さんはいません。
わらい食堂 (7)

店内に置かれていたお品書きです。オリジナルの「京天焼」というのもありますね。
わらい食堂 (8)

こちらは、お店のウリの「わらい焼き」というオムそば風のものです。京都では「べた焼き」という同じく麺を使った粉物がありますが、「べた焼き」は広島のように薄い生地ですが、「わらい焼き」は、いわゆるモダン焼きのようなものでしょう?
わらい食堂 (6)

あと私のイメージでは、京都の粉物といえばねぎ焼きをすぐ思い出しますが、こちらがねぎ焼きメニューと焼きそばメニュー。

我々はこれらの中から「ねぎ焼き こんちくしょう(税込858円)」と「季節のお野菜たっぷり焼きそば(税込1,078円)」を頼むことに。

オリジナルソースか特製だし醤油のどちらかチョイスできました。我々は醤油でお願いしました。
わらい食堂 (12)

「ねぎ焼き こんちくしょう」その名の通り、こんにゃく・ちくわ・生姜が入ったもので、京都のねぎ焼きは、九条ねぎがたっぷり使われているのがウリ。卵も入っていました。
わらい食堂 (13)

九条ねぎは冬が旬で、ぬめりが出て、より甘みが強くなっていました。

「季節のお野菜たっぷり焼きそば」は、味は塩か特製醤油のチョイスで、我々は塩でお願いしています。
わらい食堂 (10)

トマト、ナス、シメジ、玉ねぎ、ブロッコリーなど、あまり焼きそばに入れない野菜までたっぷり入っていますね。

あと「牡蠣の塩焼き(税込968円)」も頼んでいます。牡蠣は5ピース。キャベツとネギもたっぷり入っていました。
わらい食堂 (11)

さっぱりとレモンを絞って食べます。塩焼きになっていましたが、キャベツはレモンだけでは少し味の面では不足だったので、だし醤油を垂らして食べました。

これらを食べたわけですが、ビールが濃しくなりましたが車があるので残念!

でも、たまには粉物を食べるのもいいですね。

こちらのお店はメニューの種類が豊富で家族連れにもいいお店だと思いました。ご馳走様でした。

わらい食堂 イオンモール新小松店
石川県小松市清六町315番地
 イオンモール新小松1F
TEL 0761-58-0216
11:00~21:00(LO 20:00)
休みはイオンモール新小松に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日紹介します「えいらくハウス」は、先日紹介した「黒龍軒」からほど近い場所にあります。
えいらくハウス

だいぶ昔からあるお店で、私も大昔に1~2度お邪魔したことがあります。

たぶん、ブログでも書いていたはずなのですが、一度昔の記事を整理したことがあって、そのためかいまは見つかりません。

確か、この辺りはラーメン店や中華料理のお店が多くあって、別名「ラーメン通り」と呼ばれている云々と書いた記憶があるのです。

いいお天気の休日。一人でランチを食べに出かけました。
えいらくハウス (2)

入ると、すぐにサンプルケースがあります。
えいらくハウス (9)

店内は広いです。そして年季が入っているインテリアや家具。

12時少し前でしたが、お客さんはいませんでした。
えいらくハウス (3)

メニューです。こちらは麺類。
えいらくハウス (4)

一品料理。
えいらくハウス (5)

ご飯ものとスープ。
えいらくハウス (6)
えいらくハウス (7)

定食は色々ありますね。
えいらくハウス (8)

こちらは平日のお得なランチのセットです。

「黒龍軒」もメニューの種類が非常に多かったですが、「えいらくハウス」も色々なメニューが揃っていますね。

休日だったので平日のお得なランチのセットは対象外。で、私は「ヤキソバ(しょう油味)」を頼むことにしました。

小松のご当地グルメとして「小松焼きそば」というのがあることはご存じの方が多いと思いますが、こちらのお店では「ヤキソバ(しょう油味)」と「ソースヤキソバ」となっていました。敢えてかな?

ほかに客がいなかったので、すぐに出てきました。
えいらくハウス (10)

ビジュアル的には「小松焼きそば」にも似てなくはないのですが、「小松焼きそば」は野菜などが補足切りそろえられています。

もやしとキャベツ、野菜たっぷりなのがうれしいです。
えいらくハウス (11)

麺は「小松焼きそば」と同じものでしょうか?太めの平打ち麺でした。

しょう油味の焼きそばですが、味的にはしょう油の風味はほんのりと。香りづけにしょう油が使われる「小松焼きそば」に似ているところがありました。

お店のフロアの切り盛りはご年配の女性でしたが、調理の男性はまだお若いかたでした。親子でしょうか?

長年やられているお店をしっかりと守っておられるのでしょうね!?ご馳走様でした。

えいらくハウス
TEL 0761-21-6870
石川県小松市今江町9-354
11:00~22:00
月曜(祝日の場合は翌火曜)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

コロナ禍の中、飲食業においては新しいお店をオープンさせることは相当勇気がいるのではないかと思います。

実際、小松市でも新店オープンを取りやめたりしているとの話も聞きます。

今後どのようになっていくのかはわかりませんが、景気の動向含めて難しい決断ですね。

さて、今日紹介します小松市飴屋町アーケード内に7月オープンした「たこ焼バル ももんが」。
たこ焼バルももんが (16)

こちらは場所的にはすぐ近くの東町にある「おばんざい」で気軽に飲めるお店として人気の「町屋ばる 山水悠」と同じ経営です。

本来ならば、この場所を居酒屋としてオープンさせる予定だったようですが、コロナ禍のためテイクアウト可能なたこ焼きをメインのお店に変更したということです。

そのため「町屋ばる 山水悠」で料理を担当している店長が掛け持ちで「たこ焼バル ももんが」のほうも切り盛りされているようです。

ちなみに「町屋ばる 山水悠」については、前回コロナ禍のなか、テイクアウトのお弁当を紹介しています

こちらがオープンする前からお店の情報を知っていたのですが、しばらく前に北陸朝日放送の番組で紹介されていたのを録画で観て、早々その週の土曜日のオープン時間に行ってみました。
たこ焼バルももんが (6)

お店自体は、前は小料理屋だったのでしょうか?そんな感じのお店で居抜きで使っていますが、たこ焼き中心に変更したため、外観から焼き場のところに受け渡しの窓口が新たに作られていました。
たこ焼バルももんが (7)

我々はランチタイムの早めの時間に伺いましたが、先客は居ません。
たこ焼バルももんが (8)

カウンター席に座り、メニューを見渡します。
たこ焼バルももんが (5)

たこ焼きや焼きそば以外にも居酒屋メニューがありました。
たこ焼バルももんが (9)

色々なものを食べてみたかったので、少しずつ頼むことに。

妻は「ももんがLUNCHセット」の「たこ焼き焼きそばセット(950円)」です。
たこ焼バルももんが (11)

焼きそばは、この手のお店で出される焼きそばそのものでした。
たこ焼バルももんが (12)

ドリンクと小鉢が一皿ついています。
たこ焼バルももんが (10)

ドリンクは妻はランチビールです。プラス200円でした。
たこ焼バルももんが (13)

たこ焼きはたこ焼きの味そのものを楽しむために素焼きを頼んでいます。

テレビの番組では「出汁が決め手」と紹介されていましたが、明石焼きのような感じで、出来立て熱々のたこ焼きは外はカリッと、中はクリーミーで出汁が効いていて美味しい!熱いのでやけどに気を付けなければいけないですが、素焼きで食べても美味しいたこ焼きでした。

カツオ&サバ節、シイタケなどから丁寧に取った出汁のようです。
たこ焼バルももんが (3)

私はこちらのたこ焼きメニューから2種類頼むことに。

メニューに書かれている3番が重複していたのはご愛嬌ですが、私はしばらく前に北陸朝日放送の番組で紹介されていた「ねぎゆず出汁醤油ポン酢(越田醤油と国造柚子)」が気になっていたのでそちらを頼んでみました。
たこ焼バルももんが (15)

出されたのがこちら。

テレビで紹介されていたのとは、少々違っていました。テレビではたこ焼きの素焼きの上にたっぷりネギが乗せられていましたが、こちらはたこ焼きは素焼きで、出汁醤油の中にのみネギ入れられていました。もしかしたら単品とセットでは違う?そんなことはないでしょう?
たこ焼バルももんが (14)

あと9番のこちらの「オリーブオイル&バジル」も頼んでいます。両方とも6個で各450円です。

個人的には出汁の美味しさを感じることが出来る素焼きで食べるのがおすすめです。

まだソースを食べていないので次回はそちらにしてみます。ご馳走様でした。

たこ焼バル ももんが
石川県小松市飴屋町63
TEL 0761-27-2203
11:00~23:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松市には中華料理のお店が多く存在しています。

街中では本当に各町に1軒ずつあるような感じで存在しているのです。
麗華

今日紹介します「中国海鮮料理 麗華」は、沖町の住宅が多くあるエリアにひっそりとある中華料理店です。

今回何と!約15年ぶりにお邪魔することになりました。

梅雨の大雨が降る週末のお休みの日。ランチタイムに伺いました。

店内は、入口左側が座敷席、右側がテーブル席です。
麗華 (4)

私はテーブル席に入るのは初めてだったので前どうだったか知りませんが、テーブル間に仕切りがあるので、コロナ禍でも大丈夫でしょう?

メニューです。
麗華 (3)

「本日のおすすめランチ(税込980)」がありましたが、この日は「牛ハラミの黒コショウ炒め」だったのでパス。我々はお得な「麺・飯セット(税込980円)」を頼むことにしました。

私は麺は「五目あんかけ焼きそば」で飯は「麻婆丼」。
麗華 (5)

デザートの杏仁豆腐フルーツと、わかめスープが付いています。
麗華 (6)

「五目あんかけ焼きそば」は、麺は完全に油で揚げているのではなく中華鍋で揚げ焼きした物。
麗華 (8)

柔らかさが残っています。個人的にはこの方が好きです。あんかけに具がたっぷり入っていて美味しかったです。
麗華 (7)

「麻婆丼」は、少しピリ辛でした。こちらも美味しいです。
麗華 (9)

妻は「担々麺」と「炒飯」を頼んでいました。
麗華 (10)

両方一口ずつ食べましたが、「担々麺」は胡麻の風味がたっぷりで甘みもありながらピリ辛の本格「担々麺」で美味しかったです。

私には付いてきたスープは、汁のある「担々麺」の場合は付いてきません。当然ですね!?
麗華 (11)

セットにはドリンクが付いていて、我々はアイスコーヒー。左は水代わりに出された中国茶です。

久しぶりにお邪魔したので昔のイメージがまったくなく、新鮮な気持ちで美味しく頂けました。ご馳走様でした。

中国海鮮料理 麗華
0761-22-8882
石川県小松市沖町ト-170-5
11:30~14:00
17:30~21:30
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

エスニック料理というと、何となく東南・南アジア料理をイメージしてしまいます。

東南アジア料理というジャンルについても、少し前までは一括りで考えられていた感じもありますが、当然東南アジアの国々での料理には各々違いがあるわけです。

石川県でも、ひと昔のようにエスニック料理というように一括りではなく、明確に国の名前が付いた料理をウリにしている飲食店が増えてきたように思います。
カホン (2)

今日紹介します金沢市藤江北にある「Cajon to Seed(カホン)」というお店は、タイ料理を中心にして、少し沖縄テイストが入っている感じの飲食店。
カホン (8)

お店のコンセプトは「to seed(種を蒔く)」。お店のウェブでは「地物の食材を使ったオーガニック料理」とも紹介されていました。
カホン (3)

3月のとある土曜日の12時前に到着するとお店の敷地の駐車場は満車。道路を挟んでの駐車場に停め店中へ。
カホン (12)

大きなお店で、一見すると飲食店ではないような雰囲気です。ワーク・アーミー・アウトドアウェアのショップとウェイブ・スライダーショップが併設されていました。
カホン (11)

店内はこんな感じ。手前は水やカトラリー、調味料などが置かれているスペース。これらはセルフサービスになっていました。
カホン (6)

メニューは、こちらの「Seed Lunch(シードランチ)」と、
カホン (5)

こちらのメニューになります。タイ料理メニューが多いですね。
カホン (7)

私はこの中から「タイ風焼きそば(税抜950円)」を頼みました。

お米が素材の麺で作られた焼きそばです。米粉の麺といえばベトナムのフォーが有名ですが、タイでは「クイッティアオ」というらしいです。

また、タイでは焼きそばのことを「パッタイ」と呼びます。「パッ」は炒めるという意味ですね。私は初めて食べるかもしれません。
カホン (18)

出されたのがこちら。チアシードがたっぷりかけれていて、彩りがよく、インスタ映えするビジュアルです。

オーダーするとき「パクチー大丈夫ですか?」と聞かれましたが、もちろんWelcome!まずライムを絞って食べます。
カホン (21)

少し太めの麺「クイッティアオ」と野菜たっぷり!わりとあっさりと炒められた焼きそばは、ほんのりナンプラーの風味。なかなかの美味です。
カホン (20)

途中で、こちらの「ナンプラー・プリッキーヌ」をかけて食べます。これは魚醤のナンプラーに青唐辛子を漬けこんだものです。あまりかけ過ぎると超辛くなるのでご注意を。
カホン (19)

なお、「タイ風焼きそば」には、こちらのサラダが付いていました。

妻は「Seed Lunch(シードランチ)」を頼んでいました。1,350(税抜)円です。
カホン (14)

こちらは「蓮根、さつまいも、ごぼうなど、季節の素材と純正調味料、石川県産の有機野菜を中心に使った体にやさしい週替わりのおかず3品とサラダ、六星特別栽培玄米、スープのランチ」というウリの定食で、妻は色々な味を楽しめてよかったと話していました。

この日は「鶏モモ肉と旬野菜の南蛮漬け」「菜の花のおぼれ煮」「ヤムウンセン(タイ風春雨サラダ)」「いろいろきのこのポテトサラダ」「有機野菜のグリーンサラダ」という内容。
カホン (17)

ご飯は「河内じばさんの無農薬玄米と黒米」、スープは「春キャベツと新じゃがいも」でした。

また「Seed Lunch(シードランチ)」はドリンク付きで、ハーブスムージー、コーヒー、オーガニックハーブティなど5種類から選ぶことが出来、妻は「ヘンプミックススムージー」という少し聞きなれない名前のスムージーを頼んでいました。。
カホン (22)

「ヘンプ」は麻のことで植物性たんぱく質が多く含まれているようです。いわゆるスーパーフードですね!?

なかなかおしゃれなお店で女性グループや多くのカップルがランチを食べに来ていました。ランチは美味しくて私好みの味でした。おすすめです。ご馳走様でした。

※この内容は3月中旬に行った時のものです。現在、営業時間や営業形態が変わっているかもしれませんので、ご確認の上、ご参考に願います。

Cajon to Seed(カホン)
石川県金沢市藤江北4-491
TEL 076-267-7000
火~日
11:00~21:00
カフェタイム11:00~21:00
ランチL.O.14:00
ディナーL.O.20:00
月曜 第2日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ