あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:焼きそば

シンガポールからの帰国の便は夜の10:20発。

そこでチャンギ国際空港に向かう前に夕食を取ってから向かうことにしました。

向かったのはオールドシンガポールの街カトン。

この辺りはシンガポールの代表的なプラナカン建築がまだ多く残っているエリアです。

プラナカンとは中国系移民の子孫のことで、19世紀に裕福層の移民たちが暮らすようになり、1階が店舗や事務所、2階が住居になっています。

ところでシンガポールは、標準時の設定が少しおかしくて、本来、日本との時差は2時間ぐらいあってもおかしくないのですが、1時間しか変わりません。
AlibabaR Hawker Bar  (32)

日の出も日の入りも7時過ぎ。そのため19時前でもこのように明るいのです。
AlibabaR Hawker Bar  (12)

こちらの「AlibabaR Hawker Bar」は、名前の通りシンガポールでよく見られる飲食形式のホーカー(日本ではフードコートのようなもの)となっていて、いわゆるスポーツバー。
AlibabaR Hawker Bar  (7)

サーカーの試合をTVで観ながらメインのバーでお酒をオーダーして、周りの料理のお店の料理と一緒に楽しめる形態になっています。

まずはドリンクは、ARIBABAという銘柄の生ビールです。お店のおすすめということでオーダーしてみました。

冷えていて美味しかったです。
AlibabaR Hawker Bar  (6)

料理のお店は中華系アジアン料理のお店「Yong Huat」、ハンバーガーのお店、アラブ料理のお店「Pete’s Mediterranean Grill」、タイキュイジーヌのお店「baan」が入っていました。

ただし、タイ料理のお店「baan」自体は閉店になっていて料理はAlibabaRにオーダーします。

料理はガランガルやターメリックなどの香辛料が効いた東南アジアの麺料理のラクサ(Laksa)料理を楽しめます。ラクサは出汁が普通は肉ではなく魚やエビから取るので私にはうってつけですね。
AlibabaR Hawker Bar  (10)

ちなみに「Yong Huat」は、昔日本のガイドブックでも紹介されたことがあるようで、日本人もよく来店するようです。こちらでは、ホッケンミーを頼んでみました。
AlibabaR Hawker Bar  (19)

これは、中国語では「炒福建蝦面」と書かれていて英語では「FRIED HOKKIEN PRAWN MEE」。塩味でビールのつまみに最高でした。

福建省から移ってきた人たちが食べていた料理らしく、シンガポールでアジアンな味に変化しています。
AlibabaR Hawker Bar  (20)

こちらは「炒鮮蛤果条(果は実際は米へんあり)」だったたかな?
AlibabaR Hawker Bar  (24)

あと「FRIED MEE SUAH」もお願いしました。先ほどのホッケンミーを黒色にしたようなもので、よりコクがあって米台目(BEE TAI BAK)という米で作られた短めの一見モヤシのような麺が特徴です。

タイ料理で頼んだのは「激辛マンゴーサラダ」です。
AlibabaR Hawker Bar  (26)

実は激辛ではないほうをお願いしたのですが、激辛の方が来てしまいました。^^;

でも、これはこれでつまみになりました。

「Pete’s Mediterranean Grill」は今年の2月にアラブ料理ケバブのお店から地中海グリルのお店に変わっています。

でも料理はケバブです。(笑い)
AlibabaR Hawker Bar  (22)

こちらはライスにサラダと平べったいパンが付いたセットメニューでした。
AlibabaR Hawker Bar  (23)

お米はインディカ米で超ロングサイズ。パラッとしていて箸では食べることが出来ません。大きなしし唐はとても辛かったです。^^;

年中真夏のシンガポール。汗をかいて体温を下げるために辛めの料理が多いですね。
AlibabaR Hawker Bar  (25)

あとドリンクは、最初のビールをもう一杯お代わりした後、シンガポールのタイガービールとギネスを頼んでハーフ&ハーフにして飲みました。
AlibabaR Hawker Bar  (28)

一緒に行った人はノンアルコールで、レモンスカッシュだったかな…?

以上飲み食いして一人30S$。日本円で2,500円ほど。やはり地元の人が気軽に来るお店だけあってコスパ的にも素晴らしいですね。

シンガポールのメインの観光地ではありませんが、2度目、3度目の訪問先としてカトンはおすすめではないでしょうか!?ご馳走様でした。

AlibabaR Hawker Bar
125 E Coast Rd, Singapore 428810
 +65 6440 6147
9:00~25:30


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログで粉物の紹介がめっきり少なくなった気がします。

基本的にはたこ焼き・お好み焼きの類は好きなのですが、日常的に食べなくなりました。

年をとってきて炭水化物を控えるようになったので、おやつ的な要素の強いと勝手に思っているこれらの品々は、なるべく食べないようにしているからです。^^;

しかし今日は久しぶりに、そんな粉物の話題です。

話は変わりますが、山中温泉あたりに最近新しいたこ焼き屋が出来ています。

つい最近も山中温泉の街中にたこ焼き屋が出来たということで、そちらにも行ってみましたが、残念ながらこの日は休みでした。

ということで、前々から店の前を通るたびに車が止まっていて気にはなっていたお店に行くことにしました。

それは、小松方面からだと山中温泉に入る四十九院トンネルの数百メートル手前にあります「たこはな」です。
たこはな

こんなところでは商売が難しいのでは?と思っていましたが、とても人気なようです。

この日も、オープン12時少し過ぎた時点で、数組のお客様が待っていました。

作り置きしていないことがウリで、注文を受けてから作り始めるらしいですが、日曜日ということで多くのお客様が来ていてフル回転で焼いているように感じます。

私も注文してから15分ほど待ったでしょうか?事前に電話でオーダーをしてから受け取りに行った方がよかったかもしれません。

メニューはこんな感じです。
たこはな (7)

この中から私が買い求めたのは、たこ焼きと焼きそばです。

たこ焼きはベーシックなソース味でネギのせ(550円)をお願いしました。
たこはな (3)

8個入りで大ぶりのたこ焼き。基本テイクアウトのみで家に持って帰ってから食べましたが、出来立てで熱々で家に帰ってもまだ熱々で食べることが出来ました。
たこはな (6)

たこも大ぶりでした。

ただ、たこ焼き自体は相当柔らかです。関西では外はカリッと中はとろ~りが流行りです。好みが分かれるかもしれません。

焼きそばのほうは「塩だれレモン味」にしてみました。
たこはな (4)

麺ハーフが選べたのでそちらにしましたが、350円でほとんど普通の焼きそばぐらいのボリュームがありました。

普通サイズが300gとなっていたので、ハーフで150g。確かに普通の焼きそばぐらいのボリュームです。

塩だれの塩梅もよく、ほんのりレモンの爽やかな味がして食欲がそそられます。

ただ、この焼きそばのほうを最初に食べたら、たこ焼きを食べ始めたらすぐにお腹がいっぱいになってきて、たこ焼きのほうは半分ぐらいしか食べることが出来ませんでした。^^;

これからの季節は少し暑くなってくるとたこ焼きも敬遠しがちになりますが、まだまだ大丈夫です。

おやつとして食べるだけではなく、主食としてもokなボリュームでうれしいお店なのではないでしょうか?ご馳走様でした。

たこはな
石川県加賀市山中温泉四十九院町ト115-5
TEL 090-7083-0387
12:00~19:00ごろ
ネタがなくなり次第終了
月・火曜休
祝日の場合、営業する事あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介します「鉄板酒房まいどおおきに」。この1月に4周年を迎えられたようです。

お隣にあったうどん屋さんの「中久亭」は、いつの間にか閉店され、いまは駐車場になっていたりします。後継者がいないという理由ですが、飲食店も栄枯盛衰ですね。
まいどおおきに

お店の場所は、元々は金沢の人気の鮨店「志の助」さんが営業されていたことろで、その後も一軒鮨屋さんが入っていましたが、残念ながら2~3年ほどでやめられています。
まいどおおきに (14)

その後を、ほぼ居抜きで、一部鉄板焼仕様に変えて使われていますが、内装は「志の助」のときの雰囲気がだいぶ残っていて懐かしい感じがしました。

「鉄板酒房まいどおおきに」のご主人は、惜しまれつつ数年前に閉店された小松の「炉ばた焼 弥衛門」で働いておられた方でした。

あと、「京ちゃばな」という関西を中心に全国にもお店を持つ、お好み焼き鉄板焼のお店でも働いていて、「鉄板酒房まいどおおきに」はこの時のスキルが役に立っているようです。

「京ちゃばな」については、私も大阪に住んでいるときに一度行ったことがあります

ご実家で作られている野菜などを使って作られる鉄板焼ですが、そういえば意外と小松はお好み焼きのお店は色々ありますが鉄板焼のジャンルでは、そんなにお店がないような気がしました。

とはいいつつ、メニューではお好み焼きや焼きそばメニューが多かったです。お値段はリーズナブルでした。
まいどおおきに (2)

まずは、生ビールで乾杯。私は小、妻は中です。
まいどおおきに (3)

スパゲッティサラダ。お通しです。

まず頼んだのはスピードメニューの中にあった、こちらの「本日の魚とキムチのユッケ風(650円)」。
まいどおおきに (6)

確かにすぐに出されました。ピリ辛で生ビールに合います。

そしてお店の人気メニューの一つ「山海焼き」を頼みます。
まいどおおきに (8)

海の海老とイカ、山のえのき茸とベーコンを、長芋と出汁で合わせて鉄板で焼いたものですね。

とろろにたまごを崩して混ぜて食べると、山海の滋味を美味しくいただくことが出来ました。
まいどおおきに (7)

次に頼んだ神泉の生酒にも合います。
まいどおおきに (10)

妻のリクエストで「ひと口ステーキ(1,000円)」。私も普段は肉は食べないのですが、少し食べてみました。ガーリックがきいています。
まいどおおきに (11)

最後の〆に頼んだのは「黒(和ソバ)」。蕎麦を使った焼きそば(600円)です。具はキャベツと豚肉。麺は袋入りの茹で麺でした。
まいどおおきに (12)

これはご主人が関西で働いていた「京ちゃばな」にあったメニューですね。下の写真はその時のものです。
京ちゃばな 011

アルコールはハイボールに変更しています。
まいどおおきに (9)

今回は、イベントで少し飲み食いしてきた後だったので、お腹もふくれてきて、この辺で打ち止め。

以上、飲み食いして締めて6,500円ほど。コスパはいいですね。そうそう!多分この記事がアップされているころに月・火・水限定のランチ営業を再開されるようです。ご馳走様でした。

鉄板酒房まいどおおきに
石川県小松市栄町13ー1
TEL 0761-58-0768
17:30~25:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

お久しぶりシリーズです。今回は小松のお好み焼き・焼きそばのお店「ナニワ」。
ナニワ (7)

お店をオープンしてからすでに40数年経過しているようです。ずいぶん昔からあるんですね。

突然話は変わりますが、私のブログで最近書くことが少なくなったジャンルは、ラーメン(中華)と粉物です。年を重ねるとともに行くことが少なくなりました。^^;

歳をとってきたので炭水化物と油物を控えていることも影響しているかもしれません。

さて、「ナニワ」は約12年ぶりでブログで紹介することになります。その後も1度行ったことはあるのですがその時はブログでは紹介していません。

1月のとある日曜日のランチ時、11:40ごろお邪魔しました。もうすでに2組のお客さんが食事をしていました。
ナニワ (2)

私は奥の小上がりの席に座ります。そしてメニューを見渡します。
ナニワ

本当はお得な日替わりのランチメニューを食べようと思っていったのですが、日曜日は残念ながらやっていませんでした。
ナニワ (5)

そこで、ご覧のメニューを見渡してしばし考え、前回はお好み焼きを食べているので、今回は焼きそばにしてみました。

焼きそばの場合は基本、お店側で調理してくれて、お皿に盛られて運んできてくれます。もちろん、自分で目の前の鉄板で焼くこともできますよ。
ナニワ (3)

で、出されたのがこちら。イカとエビの焼きそば(720円)です。野菜はそういえばキャベツ以外入っていたかな?^^;

お好み焼き屋さんの焼きそばそのものですね。
ナニワ (4)

紅ショウガは、メニューにも書かれていましたが、必要な場合は伝える必要があります。

このように別に出されます。
ナニワ (6)

途中で、味に変化をつけるために、青のりをかけ紅ショウガを乗せて食べました。

味的にもソースと塩コショウで味付けのベーシックな焼きそばでしたね。懐かしい味で美味しかったです。次回こそは日替わり定食を食べてみたいと思います。ご馳走様でした。

ナニワ
0761-24-0720
石川県小松市大領町ロ152
11:00~15:00(L.O.14:30)
14時までランチタイム
17:00~21:30(L.O.21:00)
火曜、最終月曜夜休
火曜が祝日の場合は営業


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

鹿児島には、もう何度も来ていますが、なぜか「氷白熊(しろくま)」の本物を食べたことがありませんでした。

むかし、スーパーなどで売っているアイスのほうは食べたことがあるのですが、本物には縁遠かったのです。

今回、沖縄から鹿児島に移動して、お昼前に鹿児島中央駅に到着。その足で駅ビルのアミュプラザの地下でランチをとることにしました。

その時にふと、「氷白熊(しろくま)」の発祥のお店「天文館むじゃき アミュプラザ店」が目にとまりました。
むじゃき (12)

「天文館むじゃき アミュプラザ店」では、「氷白熊(しろくま)」のような甘味だけではなく、お好み焼きや焼きそばもやっているということがわかり入ることに。
むじゃき (13)

そのついでと言っては何ですが、せっかくなので食後のデザートとして、「氷白熊(しろくま)」を初体験してみることにしました。
むじゃき1

まずは腹ごしらえで、私は「海鮮焼きそば(990円)」を頼みます。少し値段は高めです。

焼きそばは調理場で作ってきてくれて、テーブルの温められた鉄板の上に乗せてくれます。
むじゃき (6)

値段は高いですが、魚介はたっぷり入れられていて、エビ・イカ・ホタテだけではなく、カツオも入っていました。

麺は太めで食感もしっかりある焼きそばでしたね。

こちらは、一緒に行った人が頼んだベーシックな「焼きそば(550円)」で豚肉入りです。
むじゃき (8)

食材は自家製にこだわっていて、麺に限らずソースやマヨネーズも自家製のようです。

そしてデザートの「白くま小(430円)」です。
むじゃき (3)

色々な種類がありましたが、やはり最初はベーシックなものを選びました。
むじゃき (10)

店頭のサンプルでは小サイズはそれほど大きいとは思わなかったのですが、実際のは、やはり食べ応えがある大きさです。
むじゃき

上から写真を撮ると、チェリー、アンゼリカ、干しぶどうで白くまの顔がデザインされています。かわいいですね。

胴体は氷に自家製のミルクと蜜がかけられていて、もちろん白くまをイメージしていますね。

外側にはチェリー・レーズン・プラム・みかん・もも・バナナ・パイナップル・寒天・メロン・スイカ・ぶどうが貼り付けてあります。

氷の下にも寒天やフルーツ、白豆(十六寸豆)などが入っていました。

ただ、さすがに真冬に食べるのは少しきつかったですね!?^^;
むじゃき (14)

お店では、焼きそばに限らず、お好み焼きや「氷白熊(しろくま)」もテイクアウトが可能です。ご馳走様でした。

天文館むじゃき アミュプラザ店
鹿児島県鹿児島市中央町1-1
 アミュプラザ鹿児島B1F
TEL 099-256-4690
11:00~21:00(L.O.20:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ