あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

タグ:温泉たまご

恒例の未公開編です。今回は10月編です。この後10月のネタは続きますが、未公開編のほうが早目の紹介になります。

10月は初旬は暖かい日が続きましたが、後半は秋が一足飛びにやってきたようで、寒くなってきて木々も色づくスピードが一気に速くなったような気がしました。
JAL (2)

こちらの写真は10月の中旬に東京に出張に行くとき、JALの機内から写した写真です。下界は曇り空でしたが、雲を抜けるとやはりいいお天気。下は雲のじゅうたんです。遠くには白山連峰も見え、一気に気分も晴れ晴れしました。

JALはWi-Fiサービス15分間無料で使えるので便利です。この写真はすぐにSNSにアップしました。(^.^)
エスメラルダ

さて、そんな食欲の秋であり、芸術の秋、さらに観光シーズン真っただ中の10月、最初の紹介は私のブログに何度も登場している小松のオーセンティックバー「エスメラルダ」です。
エスメラルダ (6)

この日、妻と二人で食事の後、二人で訪れました。

最近は、中田くんは普通のカクテルだと作ってくれません。(笑い)

橘くんが作ってくれることが多くなりました。橘くんも何と!全国大会に出場するほどになったこともあり安心して任せられるようになったのかな?

彼は10月に東京でおこなわれた「カクテルコンペティション世界大会 in 東京」に組み込まれていた、日本の全国大会の若手部門エリート部門にNBA石川支部代表として出場していました。
エスメラルダ (4)

こちらは、秋のフレッシュフルーツカクテルの中の一杯「ジンとシャインマスカットのカクテル」です。

私は、先ほどの「全国大会の若手部門エリート部門」の課題だった「affetto(アフェット)」というカクテルを頼んでみました。
エスメラルダ (5)

レシピは、バニラフレーバードウォッカ25ml桜リキュール10mlコアントロー10mlアジアングラスレモンシロップ10mlレモン5mlです。

少しの甘さとレモンの酸味と爽やかさが感じられる美味しいカクテルでした。
エスメラルダ (7)

妻の2杯目は「スカイボール」というウォッカベースのレモンを多めに使った大人のレモンスカッシュのようなお酒でした。
エスメラルダ (13)

最後に私が頼んだのはハロウィンの気分で頼みました「パンプキンと紅茶のハロウィンカクテル」です。これはわたしにはちょっと甘かったかな? ^^;

毎回、美味しいカクテルを、この小松でも飲めるのはうれしいことです。ご馳走様でした。

バー・エスメラルダ(Bar Esmeralda)
石川県小松市土居原町339-1
TEL 0761-23-1283
月・水~土18:00~27:00
日祝18:00~25:00
火曜休

お次は、「山代温泉総湯売店」の温泉卵付ソフトクリームの紹介です。

この温泉卵付ソフトクリームについては、テレビ東京で9月に放映された番組「モヤモヤさまぁ~ず2」(石川では10月放映)で取りあげられていて、それで食べてみようと出かけました。
山代温泉 (8)

「山代温泉総湯売店」は、山代の総湯に併設されている売店で、温泉卵やお風呂上りに飲む飲み物などを売っているところです。
山代温泉

さて、温泉卵付ソフトクリームですが、まぁ、この手の組合せは温泉地ではどこにでもありそうですが、こちらのお店も元々は下呂温泉の「ゆあみ屋」というお店で見かけたので、真似して売り出したということでした。
山代温泉 (2)

その名の通り温泉卵が一個乗っかったソフトクリームで、醤油がかかっています。よくかき混ぜて食べると、少しイメージとは違った味になります。
山代温泉 (4)

ソフトクリームに醤油をかけるとキャラメル味になりますが、それに温泉卵がプラスされ味がまた変化しています。
山代温泉 (5)

番組の中では、大竹が「思ったより嫌じゃなかった!」と微妙な感想でしたが、他のお二人はまずまずの評価だったようです。

どんな味かは、皆さん、一度食べに行ってみてください。1個350円でバニラと抹茶味がチョイス出来ます。近くにある足湯に浸かりながらて食べてもいいかもしれませんね。ご馳走様でした。

山代温泉総湯
石川県加賀市山代温泉18-128
TEL 0761-76-0144
6:00~20:00
(第2水曜日は9時から15時まで休止)
第4水曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

ここは、前は「ローズ・ダイニング」というお店だったのですが、いつの間にかお店の名前が変わっていました。^^;
KAWAKITA Vege TABLE

経営母体はニューハウス工業と変わっていませんが、なぜか店名が変わっています。
KAWAKITA Vege TABLE (12)

「ローズ・ダイニング」の前にも店名が変わっていたりするのですが、理由は何かあるのでしょうか?不思議です。
KAWAKITA Vege TABLE (13)

併設の川北町アトリエ 創作のにわ「NOKI」は、そのまま健在だし、お店自体もほぼ同じ内装で、変わったとすぐにわかるのは、こちらの写真の左にあるお店の看板程度。

今回は、川北町内を中心とした農家さんの朝採れ野菜をたっぷり頂く事ができるレストランとして再出発のようですね。
KAWAKITA Vege TABLE (3)

店内は相変わらず広くて明るいです。

私が行った日曜日は、ご年配の方々の女子会か何かで多くのお客さんがいらっしゃいました。

まさか、こんなに混雑しているとは思わなかったのですが、この日は一人だったので幸いにもカウンター席に案内されました。

この混雑では、料理が出されるまでに相当時間がかかるかと思いましたが、意外に早く出されたのでよかったです。

メニューは、何種類かあって、その内、3種類の「ベジランチ(税別1,200円)」というのがウリのようです。(メニューはこちらを参考に

肉と魚と野菜の3種類ですが、「ベジランチ」というネーミングの通り、3種類とも野菜がたっぷり付いてくるランチになっていて、肉は「チキンの香草焼き」、魚は「トラウトサーモンのポワレ」、野菜は「季節の野菜のロースト」となっていました。

これらのメインはメニューを見る限りは固定のようですが、固定だとリピーターをつかまえるのには不利かもしれません。

私は魚や野菜どちらにするか迷いましたが、野菜は魚にもたっぷりついてくるので、今回は魚に。
KAWAKITA Vege TABLE (4)

最初に小皿とスープが出されます。最初、漬物かと思いましたがコンニャクのマリネ?のようなものでした。スープはミネストローネです。
KAWAKITA Vege TABLE (6)

ほどなく、メインが、ワンプレートのトレイに乗せられて出されます。サラダとガーリックトースト、そして温泉たまごにとろろが少しプラスされたのが乗せられていました。
KAWAKITA Vege TABLE (9)

メインのトラウトサーモンは、黒コショウをたっぷり使ってポワレされていました。海老も添えられていましたね。

ちなみにトラウトサーモンとは、鱒(マス)のことで、詳しくはニジマスを海(海水)で育てたもののことです。
KAWAKITA Vege TABLE (10)

温泉たまごが付いてくるからか、ご飯も出されました。私はガーリックトーストが付いているので、少なめにお願いしました。写真で見るように、ご飯に温泉たまごをかけ、TKG(たまごかけご飯)で食べることにします。
KAWAKITA Vege TABLE (7)

ちなみに、サラダや温泉たまごには、こちらのオイルや塩をかけて食べます。色々種類があってうれしいですね。

このメインプレート、確かに野菜は多かったのですが、先ほどのメニューのページの見た目とは違っていました。

もしかしたら、温泉たまごとご飯が付いてきたので、その分、他の野菜が少なくなったのでしょうか?個人的には、ヘルシーさをウリにしている以上、メニューに載せられていた内容のほうが良かったかも?^^;

なにせ、ご飯、パン、たまごのカロリーが気になる年頃なので……。^^;

食後の飲み物も付いてきます。
KAWAKITA Vege TABLE (11)

コーヒーか紅茶がチョイス出来ます。私は紅茶を頼みました。

広いお店なので、大勢の人数が入ることが出来、パーティーやイベントなどでも使い勝手がよさそうなお店です。

地産地消にも配慮され、野菜中心のヘルシーな「ベジランチ」をウリとした、女性のお客さんにウケるお店となっています。

さて、お店の名前は今後変わるのでしょうか?興味のある所です。ご馳走様でした。

KAWAKITA Vege TABLE(カワキタ ベジテーブル)
石川県能美郡川北町字山田先出2-3
TEL 076-277-2526
10:30~19:00(L.O.)
ベジランチ11:00-15:00
無休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ