あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:海ぶどう

サッカーのワールドカップロシア大会も決勝トーナメントが始まりました。

日本も何とか決勝トーナメントに残りましたね。

ブラジルは明日が試合です。

さて、今日紹介するのは、元本光寺でお勤めしていたお坊さんで、現在ブラジルに住んでいる泉原秀さん、ファビアさん夫妻を迎えて、「町屋ダイニング がじゅまる」を貸し切っての飲み会についてです。
がじゅまる (11)

こちらのお店は小松では珍しい沖縄料理のお店です、奥さまが沖縄出身ということで、小松にいながら沖縄の味を楽しめます。


今回、泉原秀さんの奥さまファビアさんのルーツが沖縄にあるということで、こちらのお店をチョイスしました。

今回は、ブラジルからウィリントン・モレイラウィリントン・モレイラ・ピンパさんというパンデイロ(ブラジルのタンバリンのことです)の名手の方と、7弦ギター奏者のクレーベル・サンシェスさん、サンバやショーロの演奏に使われるブラジルの弦楽器で、ハワイのウクレレと同じルーツを持つカヴァキーニョ奏者のジュニオール・アルヴェスさんの3名も一緒に参加しています。

その内のピンパ先生は2年前にも来日していて、全国各地を演奏していて、小松でも素晴らしい演奏を聞かせてくれました。

今年は、弦楽器もブラジルから持ち込んで、日本人のブラジル移住110周年を記念するコンサートを全国各地で演奏して聞かせてくれます。

この日も飲みながら歌いながら踊りながら、楽しい演奏を聞かせてくれました。

さて、6月のとある平日、開始時間は19時の予定。しかしブラジル時間でなかなか集合しません。^^;
がじゅまる (8)

お店自体はそれほど広くは無く、カウンター、テーブル、小上がりで14名で満席。10名以上で貸切もok!我々も貸切でお願いしました。
がじゅまる (3)

沖縄のオリオンビールを飲みながら待ちます。
がじゅまる (14)

そして、やっとこさ19時半ごろに到着し宴がスタート。
がじゅまる (25)

乾杯もそこそこに、ブラジルミュージシャンはお店に飾ってあった沖縄の三線に興味を持ち弾きだします。ここから一気に演奏モードに突入。
がじゅまる (53)

その後は途中でホテルにギターをわざわざ取りに行ってくれて、ミニコンサートが続きました。^^;

これが凄かった!息の合ったリズムとメロディでノリノリでした。

お店の人も一緒に聞き入っていました。もちろん、自然と踊り出したくなりますね。

では、グルメブログの話題に戻します。

料理は税込で3,500円+お酒でお願いしています。ちなみにコースは3,000円から可能でした。

内容的には沖縄料理中心に、メジャーなものから珍しいものまで色々出されました。
がじゅまる (16)

まず出されたのはこちらのカルパッチョと、
がじゅまる (17)

海ぶどう。夏向きにさっぱりと。
がじゅまる (18)

ジーマミー豆腐は、落花生(ピーナッツ)を使った沖縄の豆腐です。
がじゅまる (20)

豚の耳のミミガージャーキーが入ったサラダです。
がじゅまる (27)

沖縄ソーセージの盛り合わせは、沖縄のご当地ソーセージ「ポチギ」と「イカスミソーセージ」そして「アグー豚ソーセージ」の3種類。ポチギは辛口でつまみに最高。そして黒光りしているイカスミソーセージが美味しかったです。
がじゅまる (30)

沖縄産もずくの天ぷらと、右のポテトフライのように見えるのは島らっきょうの天ぷらです。島らっきょうを天ぷらで食べるのは初めてかもしれません。

沖縄の雪塩か濃いめの天つゆで食べます。
がじゅまる (35)

これは沖縄県の県魚グルクンの唐揚げです。フエダイ科の魚で白身のおいしい身でした。

がじゅまる (37)
ゴーヤーチャンプルは、沖縄以外の土地で一番知られている沖縄料理ですね!?
がじゅまる (38)

これは沖縄風お好み焼き「ヒラヤチー」だと思います。韓国のチヂミに似ています。
がじゅまる (39)

こちらはラフティーかな?ソーキなのかな?肉系は苦手です。^^;

ゴーヤーも乗せられています。私は食べませんでした。
がじゅまる (46)

最後の〆は「ソーキそば」でした。沖縄そばは昨年12月に沖縄に行った時にも食べていますが、その時の味を思い出しました。

これでお腹いっぱいになりました。税込3,500円の料理内容。満足でした。

さて、オリオンビールのあとも色々アルコールを頼んでいますが、こちらではなかなか口にすることが出来ない変わったものを中心に頼んでみました。
がじゅまる (29)

オリオンビールの「シークァーサーのビアカクテル(550円)」。シークァーサーの果汁とビールのカクテルという珍しい酒です。シークァーサーとビールの微妙な苦みの違いが感じられました。
がじゅまる (26)

こちらは100%純沖縄産のゴーヤーを使用したヘリオス酒造の「ゴーヤーDRY(680円)」。ゴーヤー独特の苦みをうまくマイルドにして飲み口爽やかに仕上げてありました。
がじゅまる (36)

そしてハブ酒の原酒35%使用したハイボールで「琉球ハブボール(550円)」。シークァーサー果汁も入ってほどよい酸味と甘みが心地よかったです。
がじゅまる (28)

妻は泡盛の「白百合」をロックで飲んでいます。

以上飲み食いして、一人6千円ほど。ブラジルの音楽を存分に聴き、沖縄のおいしい料理と、久しぶりの仲間との楽しいひと時。ありがとうございました。そしてご馳走様でした。

町屋ダイニング がじゅまる
石川県小松市龍助町63-1
TEL 0761-27-2161
ランチ11:30~14:00
ディナー18:00~25:00(L.O.24:00)
日曜、第4月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

久しぶりに沖縄に出張がありました。約8年ぶりです。

同じ便に高校の修学旅行の団体が搭乗していて飛行機は満席。日本列島が寒波に襲われていた日に沖縄行きのフライトがあり、飛ぶかどうか心配でしたが、日頃の行いがよかったせいか無事飛びました。

そして那覇空港に到着。那覇の最高気温はその日は19度!

しかし、19度でも沖縄のうちなんちゅにとっては、20度を切ると寒い日なのだそうです。^^;
ちゅらさん亭

さて、今回、沖縄に行くにあたって事前にホテルの近くで食べるところを探しました。そうしたら今日紹介します「ちゅらさん亭」がヒットしたのですが、沖縄に行く3週間ほど前の秘密のケンミンSHOWという番組を観ていたら、沖縄の郷土料理としてイカスミを使った料理を紹介していたのですが、その中でここ「ちゅらさん亭」のイカスミカレーが紹介されていたのです。

ただでさえ人気のお店なのに、もしや満席になるとまずいと思って翌日急いで予約を入れました。(笑い)
ちゅらさん亭 (5)

沖縄料理といえば、すぐに豚肉を使った料理を思い出します。しかしこちらは魚介料理をウリにしています。私にはうれしいお店ですが、温かい海に育つ魚は色鮮やかな魚が多く、北陸に住む者にとっては何となく美味しくないようねイメージがありますね。
ちゅらさん亭 (3)

お店の外には大きな生け簀が出されていて、セミエビもたくさん出ています。
ちゅらさん亭 (37)

店内は入ってすぐのところにカウンター席が。奥がテーブル席になっていてインテリアが海というか深海風?というか、沖縄風というべきか、デコレーションが派手。^^;
ちゅらさん亭 (6)

さて、沖縄に来たからには乾杯はオリオンビール。
ちゅらさん亭 (8)

オリオンビール。昔は生ビールもなく超軽口でそれほど美味しいと思わなかったのですが、いまはgood!です。美味しかったです。
ちゅらさん亭 (10)

お通しにイカの口、イカトンビ?
ちゅらさん亭 (16)

こちらの海ぶどうはサービスです。最後にも色々サービスの品が出されて太っ腹でした。
そしてメニューを見渡しオーダーします。
ちゅらさん亭 (19)

まずは、入口の看板にもカラフルな魚の絵がたくさん描かれていましたが、沖縄の魚を味わってみることに。

あんまり知識がないので、そのあたりはお店のほうに任せた方が賢いと思い、刺身盛り合わせをオーダー。2人前で2,800円です。
ちゅらさん亭 (18)

色々、私が食べたことがない魚の刺身ばかりで、説明は受けたのですが、聞いたことがない名前ばかりで名前が覚えられませんでした。^^;
ちゅらさん亭 (20)

「ゴーヤチャンプルー」。ゴーヤもいまは旬ではありませんが何となく本場の味です。
ちゅらさん亭 (23)

「イカスミソーメンチャンプルー(650円)」はアオリイカを使っています。これが美味しかった!イカスミが絶妙にソーメンに絡んでつまみとしても最高でした。
ちゅらさん亭 (29)

「天然もずく天ぷら(650円)」。小松で「がじゅまる」というお店で昔食べたことがありますが、もずくを天ぷらで食べることは石川ではあまりないかもしれません。なぜかハサミも一緒に出されましたが、切らないと食べられないほどの大きさではないのでそのまま食べます。
ちゅらさん亭 (27)

「てびち煮付け(950円)」は私は食べません。
ちゅらさん亭 (21)

「ミミガー和え(600円)」も同じくです。
ちゅらさん亭 (24)

「豆腐よう(500円)」はチーズのような濃厚な味です。
ちゅらさん亭 (26)

「ジーマーミ豆腐(450円)」はピーナッツソースで食べます。
ちゅらさん亭 (28)

ねっとりとした食感でヨーグルトのようですが、美味しかったです。
ちゅらさん亭 (25)

「ラフティー(750円)」も私は食べていません。

締めはもちろん「秘密のケンミンSHOW」で紹介された「イカスミカレー(500円)」です。
ちゅらさん亭 (30)

イカスミのコクが加わって美味しいです。
ちゅらさん亭 (32)

あと「グルクン骨ごとチャーハン(650円)」も頼みました。骨ごとなので食感もいい感じで魚の旨みも感じられた逸品でしたね。
ちゅらさん亭 (22)

飲んだお酒は泡盛古酒「菊之露 8年古酒30度」、他ハイボールや焼酎など色々みんなで飲みます。
ちゅらさん亭 (35)

こちらのあら汁はサービスです。
ちゅらさん亭 (36)

デザートとしてパイナップルがサービスで出されました。
ちゅらさん亭 (38)

帰り際にお店の外で、サーターアンダギーもサービスもらえました。

食べたかった島らっきょうが無くて残念でしたが、色々なものを食べることが出来て良かったです。

以上、5名で飲み食いして締めて17,000円強。コスパも最高ですね。人気のお店の理由がわかりました。ご馳走様でした。

ちゅらさん亭
沖縄県那覇市東町5-15
TEL 098-861-0476
17:00~25:00(L.O.24:00)
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

4年前のディナーにお邪魔したことがある「町屋ダイニング がじゅまる」。
がじゅまる (9)

前に行った時は、まだオープンしてからそれほど時間が経っていないときで、奥さんもどんな理由だったか忘れましたが、まだお店に出ていなかったときでした。

その時食べた沖縄料理の片鱗?としては「沖縄産もずくの天ぷら」ぐらいで、その頃はイタリアンテイストも少し感じられる和食のお店みたいなイメージでした。

その後、沖縄料理メニューも増やされていますが、いまでは沖縄の味を楽しめるランチもやっているということ。さっそくランチを食べに行きました。

ちなみに、ランチやっているよ!情報は、こちらのお店の近くにある松葉屋の那谷くんに頂きました。

ランチは夏限定で、平日月曜日から木曜日で11時半から13時半ラストオーダーとなっています。

さて、ランチは平日(金曜除く)しかやっていないので、私は毎月の通院の日(平日)にお邪魔してきました

久しぶりに伺いましたが、外観も中も、前に見た感じそのままのようでした。
がじゅまる (6)

前のときと同じように、カウンターの中には日本酒が並べられています。
がじゅまる (8)

そしてランチメニューはご覧の3種類。タコライス、ゴーヤチャンプル、沖縄そばという沖縄のご当地グルメの人気メニューばかりですね。

それらが定食になっていて、小鉢や味噌汁などがセットになっています。すべて税抜850円、税込では910円です。

その中から私は、タコライス定食を頼みます。
がじゅまる (3)

出されたものには、二つの小鉢、味噌汁、そしてサーターアンダギーが付いていました。
がじゅまる (4)

タコライスはいまでは沖縄料理として人気ですが、元はメキシコの郷土料理のタコスの具として用いられる挽肉・チーズ・レタス・トマトを米飯の上に乗せて、サルサという辛みをつけたソースをかけてかき混ぜて食べるものです。
がじゅまる (5)

小鉢は、海ぶどうともずく酢。

タコライス。そんなに料理としては味付けが簡単で手間がかからない感じもしますが、具材全体が絶妙な味を醸し出していて、とても美味しかったです。
がじゅまる (7)

味噌汁の具はあさり。デザートのサーターアンダギーも久しぶりに食べましたね。

お腹もちょうどいい具合に満腹になりました。

あっ、そうそう!こちらのお店、駐車場がないのでご注意を。

奥さまにランチはいつまで出されるのかお聞きしたら、一応、今のところ9月一杯?までということでしたが、しかし、ランチが人気なのでどうしようか迷っているとのこと。是非続けてほしいものです。ご馳走様でした。

町屋ダイニング がじゅまる
石川県小松市龍助町63-1
TEL 0761-27-2161
ランチ11:30~14:00
ディナー18:00~25:00(L.O.24:00)
日曜、第4月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪にも3年ほど住んでいましたが、そういえば道頓堀のお店にはあまり行かなかたなぁ?
道頓堀

住んでいたマンションからも地下鉄2駅、歩いても20数分の距離でしたが、理由は、混雑しているのと、観光客向けのお店が多いから避けていたのかもしれません?

言ってみれば大阪ミナミ繁華街のど真ん中で食い倒れの街を象徴するようなところです。本当に多くの飲食店が軒を並べています。
どうとんぼり ぜん

平日でも多くの客が繰り出し賑わっていますが、この日の夕方は今にも雨が降り出しそうな空模様。実際、お店を出た時には雨が降っていました。
どうとんぼり ぜん (2)

「どうとんぼり ぜん」は有名なたこ焼き屋さんがひしめき合うエリアにあり、お好み焼き「千房」のビルの隣にあります。
どうとんぼり ぜん (6)

お店自体は地下ですが、裏側の道頓堀川のデッキウォークと同じ位置にあるので、裏側にはテラススペースもあるようです。

この日、仲間と4名で19時に予約を入れてありましたが、少し早目の時間に到着しました。あと注意しなければいけないのは、こちらのお店は予約の当日キャンセルにはキャンセル料金が発生することです。

さて、お店のウリは「全国から取り寄せたレアな地酒などが約50種類揃っている」ことと「日本酒に合うアテが楽しめる」ということです。

そして、新鮮な刺身も食べることが出来ます。

お店のオーナーらしき男性は和服を着ていて、少し強面の方のような雰囲気がしますが、逆にお店や酒、料理に対して「こだわり」を感じさせてくれます。
どうとんぼり ぜん (7)

チャージが500円で、お通しが付いてきます。ウニとじゅんさいのジュレがけです。このお通し一つでお店のこだわりを感じさせてくれます。

ではこの日に食べたり飲んだりしたものを紹介したいと思います。
どうとんぼり ぜん (5)

最初の一杯とした頼んだのは、私はハイボール、他のメンバーは生ビールです。私は、とある理由でビールと日本酒はほんの舌舐めずりするくらいしか飲んでいません。^^;

ハイボールはジョッキがジムビーンズですが、角です。(笑い)
どうとんぼり ぜん (12)

2杯目は、私はこれでお酒のオーダーをしない予定だったので、白州のハイボールにしました。個人的には日本のウイスキーでは白州で作るハイボールが一番好きです。
どうとんぼり ぜん (9)

さて、料理の方ですが、色々オーダーした中から最初に出されたのは、泉州水ナスの刺身と、
どうとんぼり ぜん (8)

沖縄の海ぶどうです。泉州水ナス、生のは石川に住むものとしてはあまり食べることがありません。

そしてお造りはお勧めなのを盛合せで4人分お願いしました。
どうとんぼり ぜん (14)

お造りは右からサーモン、鱧の炙り、サワラ、キンメの炙り、ヒラマサ、アジ、銀宝(ギンポ)、カツオ。どれも大ぶりに切られていて、脂も乗っていて美味しかったです。鱧も肉厚でした。

ちなみに銀宝(ギンポ)とは細長くドジョウに似た体型のゲンゲの仲間です。

お造りに合う日本酒ということで出してくれたのが日高見の「弥助」芳醇辛口純米吟醸です。
どうとんぼり ぜん (11)

「弥助」とは、むかし花柳界でお寿司のことを意味していました。地元石川には寿司界のスーパースター、小松弥助さんがいらっしゃいますが、やはりこの「義経千本桜」が由来となっているんでしょうね?

ネーミングから察するに「日高見 弥助 芳醇辛口純米吟醸」は、寿司を食べるときに合わせるのに適しているということのようです。

私もほんのひと口飲みましたが、吟醸香もよく切れのある辛口の吟醸酒でした。

この後も、基本、料理をお願いして、それに合わせて日本酒を頼むというマリアージュのパターンでお願いしています。みんなだいぶ飲んでいました。^^;
どうとんぼり ぜん (19)

「おまかせあての五種盛り(1,480円)」には鯛の子旨煮、いぶりがっこ、イカナゴ、丸干しゴロイカ、梅貝旨煮。酒のすすむアテばかりです。
どうとんぼり ぜん (17)

あわせてくれたのは、長野の宮坂醸造純米吟醸 辛口生一本「真澄」。やはり辛口ですが、飲みやすいキレのある日本酒でした。
どうとんぼり ぜん (23)

こちらは珍しい「自家製 鯛みそ」。こちらも見た目、もろ酒のアテですね。
どうとんぼり ぜん (21)

お酒は千代むすび酒造 純米吟醸「強力」。鳥取県産酒造好適米を使用しています。
どうとんぼり ぜん (22)

そして、秋鹿酒造 木桶仕込み生もと純米「朴」も出してくれました。木桶仕込みという生のまま木桶で常温熟成したという風変わりなお酒だとか?

私も一口なめましたが、やや甘めですが、ほんのりと木の香りを感じることができました。
どうとんぼり ぜん (25)

最後は「味噌漬けおまかせ三種盛り1,380円」だったかな?地鶏と黄身の味噌漬け、あとしし唐だったかな?どれも日本酒に良く合います。
どうとんぼり ぜん (24)

これをアテにして秋鹿酒造の生もと造り山田錦60原酒「奥鹿」と、
どうとんぼり ぜん (26)

神亀酒造の「神亀 しぼりたて生酒」を飲みます。

「神亀 しぼりたて生酒」はすっきりとした辛口のお酒でした。

いや~、皆さん、よく飲みましたね~!?

おかげで予想よりは少し高くつきました。一人8,000円強です。でも、全員満足していましたよ!日本酒好きの人にはもってこいのお店だと思います。ご馳走様でした。

どうとんぼり ぜん
大阪府大阪市中央区道頓堀1丁目5-4
 TKUビルB1F
TEL 050-5890-8798(予約専用)
06-6214-3700(問合せ専用)
月~土17:00~24:00(L.O.)23:00
日17:00~23:00(L.O.)22:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ