あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:江戸前

私のブログで富山の鮨のお店を紹介するのは初めてかもしれません。
鮨 つか田 (2)

お店の住所は総曲輪ですが、富山のいわゆる歓楽街「桜木町」にあります。

ご主人は、勝どきから銀座に移転した「鮨さゝ木」で修業されていたそうで、銀座に移転する際に退職され、出身の富山に戻って、こちらのお店を2015年12月に始められたそうです。

さて、この日ちょうど妻が富山で仕事があって、私は車で送迎を。

その合間に一人でランチを食べることになっていたために、事前に調べてこちらの「鮨 つか田」に予約を入れてありました。

午前中は、前に紹介した「富岩運河環水公園」や「富山県美術館」を見学した後、富山城の地下駐車場に車を停めて歩いてお店に向かいました。
鮨 つか田 (4)

お店は雑居ビルの2階にあります。入口は鮨屋らしくないドアです。

中に入りとカウンター席が7つだけの小さなお店で、内装も白が基調のシンプルなものでした。

了解を頂き写真を写します。
鮨 つか田 (6)

お聞きすると昼も夜もお一人でお店を切り盛りされているとのこと。一見、歌舞伎役者の市川海老蔵さんのような風貌で、職人さんのように話しかけづらい雰囲気でしたが、一通り食べてからお話しすると、色々お話をしてくれました。

私も石川県に住んでいて、北陸は魚介が新鮮で豊富だと思っていますが、江戸前鮨を東京と同じように提供しようとすると難しいところもあると話されていました。

特に、貝類と光物がいいのが手に入らない、全体的に北陸は網で獲るので魚体がキズがあったりする、富山の魚は味的にはあっさりしているのが多い、などです。

さて、お品書きはシンプルに「ばらちらし(税別1,000円)」と「にぎり(税別3,000円)」の2種類のみ。お一人で切り盛りされているのでそのほうがいいと思いますし、鮨屋は基本そうなのです。

ただ、もちろんお刺身は希望に応じて出していただけるようです。私はもちろん、にぎりをお願いしました。
鮨 つか田 (7)

東京のお店で修業されていたとのことで、ガリは甘酸っぱいタイプでした。そして江戸前の仕事がされているので基本醤油を付けなくてもいい鮨です。握りの所作はとても丁寧です。いとおしく握ってくれます。
鮨 つか田 (8)

まず出されたのはヒラメの昆布締め。ほんのりと昆布の旨みが乗っていて、ヒラメ自体の甘みと相乗効果を出しています。

シャリは小さめで酢の塩梅も、あっさりしていると話された地物のネタに合わせてか、それほど強めではありませんでした。
鮨 つか田 (9)

鯖も上品な〆具合で酸味と鯖の脂が仲良く口の中でハーモニーを奏でています。
鮨 つか田 (10)

3貫目は赤いかです。こちらはあら塩を軽くのせてあります。赤いかの甘みを引き立てるための塩です。
鮨 つか田 (11)

マグロは漬けで。こちらも浅めに漬けてあります。
鮨 つか田 (12)

梅貝。小さめです。石川ではあら塩で食べさせてくれるところが多いですが、こちらでは煮切り醤油で食べます。
鮨 つか田 (13)

アジはショウガを少し乗せて。
鮨 つか田 (14)

こちらは青柳、通称バカ貝と呼ばれている貝です。北陸の鮨ネタでは出されるのは珍しいですね。私も北陸で食べるのは初めてです。

一般的には天ぷらのかき揚げで使われる貝柱が、この貝のものですね。

生の鮨で食べると、食感も口の中でグニュとした感じで、何となくホヤのような味わいがしました。
鮨 つか田 (15)

コハダです。これは少し酸味が効いていました。
鮨 つか田 (16)

巻物は鉄火巻。中トロに近く脂が乗っていました。
鮨 つか田 (18)

最後に、玉子と、
鮨 つか田 (17)

お味噌汁が出されます。お味噌汁はあら汁です。しかし、ご主人がわさびをすって丸めて味噌汁に入れてくれます。そのわさびを溶かして飲んでくださいと言われてその通りしましたが、何となく後口がさっぱりとしてこれはこれで美味しく頂けました。

以上、8貫、巻物、玉子、お味噌汁の内容でした。

この内容で3,000円は安いと思いますし、しっかりとした仕事がされている一貫一貫を富山で味わえるのはうれしい限りです。また行きたくなる鮨店の一つだと思います。ご馳走様でした。

鮨 つか田
富山県富山市総曲輪1-8-1
 チェリーポートビル2F
TEL 090-3590-5193
11:30~21:00(L.O.)
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

一昨年3月の北陸新幹線金沢までの延伸にともない、金沢にも県外から鮨職人の方々がやってきて店を出すケースが増えています。

私のブログでも片町「鮨処 こいづみ」のご主人が石川には縁もゆかりもないと話されていた方のお一人です。

今日紹介する「鮨木場谷」。昨年4月5日にお店をオープンしていて、今日でちょうど一周年を迎えています。

実はこちらのお店、昨年6月に行こうと思って予約してあったのですが、ご主人が足を骨折されたということでキャンセルになってしまっていました。^^;

ということで、今回はそのリベンジです。(笑い)

ご実家が富山の小矢部で鮮魚店を営んでいたということもあって、魚を見る目は小さいころからお墨付き?です。

東京銀座の超有名店「鮨青木」などで修業を重ねて、地元富山ではなく、金沢で新店舗を開店させています。
木場谷 (2)

お店の場所は、旧母衣町。武蔵から主計町に行く途中、彦三緑地の近くですが、まぁ、住宅街の中であまり人通りの多くないエリアです。同じ建物には2階に私も行ったことがある「Bar 長屋」が入っています。

先ほども触れましたが、実家が魚のプロなので、魚の選別と捌きはお手の物です。

毎日朝5時には、氷見と新湊の2つの漁港へ出向いて魚を仕入れ当日の営業に備えます。やはり慣れ親しんだ?富山湾の内海に面した漁港がネタ的にもいいそうです。それに、築地に流れる前にいいネタを押さえているそうです。なるほど。
木場谷 (31)

席はカウンター席9席。奥にテーブル席がありましたが、こちらは普段は使っていないようです。白木のカウンターがいいですね。
木場谷 (3)

予約を入れるとき、時間の指定がありました。17時という早めの時間と、そのあとの遅めの時間でしたが、我々は17時でお願いしました。

最初、一斉に始めるスタイルかと思いましたが、そうもそうではなく、時間帯をずらしてお客を入れているようです。徐々にお客さんが増えていきました。
木場谷 (9)

室礼もいいです。
木場谷 (8)

まず、喉の渇きを癒すために生ビール。ハートランドです。
木場谷 (36)

ビールグラスは「うすはりタンブラー」。敷かれているコースターは珠洲の珪藻土ですね。使われている食器類もこだわっています。
木場谷 (10)

一応、おまかせが基本で、まず出されたのは「カワハギ」。肝であえてあります。
木場谷 (12)

「ホタルイカの沖漬け」。旬ですね。
木場谷 (44)

そうそう!お店の箸置きもホタルイカの形でした。少しお箸が置きにくかったですが。^^;
木場谷 (16)

「あわび」。とても柔らかく蒸しあげられていて、好みに応じてあら塩とわさびを付けて食べます。とても美味しいです。
木場谷 (11)

「タコの桜煮」。こちらも本当に柔らかく煮られていて味も上品。美味しいです。

いや~、酒がすすみますね~!ハートランドの後、日本酒に移っています。日本酒は石川県のものが多くリストアップされていました。
木場谷 (14)

最初は、宗玄の「純粋無垢」。能登の酒は少し甘口です。でも飲みやすい酒でした。

この後は、徐々につまみのような握りのような一品に移っていきます。絶妙です。
木場谷 (20)

まず最初は、焼いたノドグロを、軽く握ったシャリの上に乗せてあります。わさびを絡めて食べます。シャリは赤酢をほんのり効かせたものです。
木場谷 (19)

こちらは「毛ガニ寿し」。こちらでも毛ガニを少しは獲れるのです。2月から梅雨にかけて美味しくなります。ミソを絡めてシャリに乗せ、下にはソースが。そして上にはルイベのように少し凍らせた内子を乗せてあります。混ぜながら食べると、濃厚な中にも毛ガニの旨みが全部丸ごと楽しめてとても美味しいです。いいですね~!

この2品あたりは野々市の太平寿しさんを彷彿とさせてくれます。 
木場谷 (21)

日本酒のほうは、獅子の里の超辛口に移っています。獅子の里自体も甘めの酒ですが、こちらはサラッとした飲みやすい辛口でした。片口も素敵なデザインです。

この後、箸休めの椀物が出されました。ふたの裏にも蒔絵が施されています。
木場谷 (22)

上品なお吸い物で白身の魚はアイナメ。蓮の花かバラの花のような形に見えます。ホクホクした感じで美味しいです。

そして握りの方に移ります。

握りは江戸前で、すべてに何らかの仕事がなされていて、何もつけずに食べます。私の好きな握りですね。
木場谷 (24)

最初は氷見港で水揚げされた鯛。うまく熟成されている感じです。
木場谷 (25)

スミイカは、ねっとりとした食感。あら塩が振られています。
木場谷 (26)

和歌山であがった本マグロ。まずは赤身から。
木場谷 (27)

そして中トロ。上品な脂が乗っています。マグロもいい塩梅で熟成されています。
木場谷 (28)

お酒のほうは奥能登の白菊に移っています。
木場谷 (37)

脂の乗った中トロから、今度はさっぱりとしたサヨリに。 
木場谷 (32)

江戸前の代表格のコハダ。北陸ではなかなかいいコハダが手に入らないと「鮨処 こいづみ」のご主人から聞いたことがありますが、こちらでは仕入れはどうしているのでしょうか?
木場谷 (38)

梅貝。こりっとした食感。こちらは地元石川の握りの定番です。
木場谷 (40)

ウニも生臭さがまったくなく美味しいです。
木場谷 (34)

こちらの片口は陶芸家、中村卓夫氏の作。面白い造形です。「器であり、オブジェでもある九谷焼」なのだそうです。

後ろ(前?)側や内部には金彩が施さらていますね。
木場谷 (42)

握りの最後はアナゴです。塗られたツメと一体になって口の中で溶けていきます。江戸前の技です。
木場谷 (43)

締めは玉(ぎょく=厚焼玉子)。
木場谷 (41)

最後の酒は富山の酒で、にごり酒です。今の季節だけ楽しめます。こちらは品書きには書かれていない酒でした。

以上で、締めて一人2万円弱。石川県の鮨店の中では若干高めのお値段ですが、丁寧な江戸前の仕事をされ、いい空間と雰囲気の中、落ち着いて美味しい鮨を堪能できるお店です。決して高いとは思いませんでした。

お隣の方と話しているご主人はなかなか話好きなようでした。マラソンもされると言っていましたが、ネットで昨年のオープン時期?あたりの写真などを拝見すると、いまは骨折のせいか?少しぽっちゃりとされているようなしないような……。^^;

とても美味しゅうございました。ハレの日などにはおすすめの一軒です。ご馳走様でした。

鮨木場谷(スシキバタニ)
石川県金沢市彦三町1-8-26 1F
TEL 076-256-1218
17:00~21:00
日曜日(加えて不定休あり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

金沢21世紀美術館にほど近い柿木畠。金沢でもいいお店が集まっているエリアの一つです。

いたる」「更科 藤井」「広坂ハイボール」「あげは」など金沢を代表する人気店が集まっているのです。

今回お邪魔した鮨店「すし酒菜 なかむら」。「広坂ハイボール」の元氣さんがおすすめの穴場のお店だということで行ってきました。知る人ぞ知る隠れ家的なお店で常連の方々に愛されていますが、これで穴場じゃなくなるかな?^^;

店主は、寿司激戦地の野々市太平寺に「美優魚(みゆう)」というお店や、エルビルの3階にあった「一石」という鮨店にいらっしゃったようですが、何れも訳あって閉店。^^;

あと、富山の、北陸唯一のミシュラン3つ星の「山崎」でも働いていらっしゃったようです。

それらのお店では、いまや超人気店の鮨「きく家」「あいじ」、そして先日紹介した「くら竹」のご主人とも一緒に働いていたことがあると話されていました。
なかむら (2)

場所は柿木畠の「あげは」さんの入っているビルの一番奥。中はカウンター席6席だけの狭いお店です。このあたりは「きく家」と同じ感じですね。
なかむら (4)

このお店はオープンしたのが昨年の12月。ちょうど一年経過したところです。

私はクリスマスイブの日に事前に予約を入れて、妻と一緒にランチに出かけてきました。

普段のランチ時はそれほど混んでいることはないと話されていましたが、狭いお店なので事前に予約をされてから行かれたほうがいいと思います。あと、夜が忙しいと仕込みなどでランチ営業を休むこともあるそうです。

私たちが行った時間帯は、最初我々だけしかいませんでしたが、飛び込みで京都と千葉で暮らす遠距離恋愛カップルのお二人が飛び込みでお店に入ってこられました。
なかむら (8)

まだ仕込中だったこともあり、せっかく遠くから来ていらっしゃるそのお二人を優先していただいて、我々はビールを飲みながらゆっくりと待ちます。
なかむら (10)

写真は、そのお二人が頼んでいた「香箱ガニの押し寿司(2,500円)」をパチリ。とても美味しそうでした。
なかむら

ランチメニューは、数量限定の日替わりちらしが1,000円、握りが7貫1,500円とリーズナブルです。

私たちは「握りの上(2,500円)」をお願いしました。7貫で同じですがネタの質がアップします。
なかむら (9)

ネタケースを見せてもらいました。目の前で捌かれた身の厚いのどぐろも収納されました。^^;
なかむら (11)

ランチには小鉢と漬物が付いてきます。この日はおから。
なかむら (14)

ガリには珍しく大葉を絡ませてあります。手前のかんぴょうと椎茸は待ってもらったということでつまみにサービスで出していただきました。
なかむら (13)

こちらのお店は私が好きな、醤油をつけずに食べる、いわゆる江戸前の握りです。何らかの仕事がされた状態で出されます。(注:普段ランチはご覧のような一貫ずつ出されません。我々2人だけだったためにお願いしました)
なかむら (16)

まず出されたのは、「キジハタ」。スズキの仲間です。あまり鮨ネタでは食べたことないです。凄く身が厚く味もよかったです。
なかむら (18)

「梅貝」はあら塩で。コリッとした食感を楽しめます。
なかむら (19)

「ガスエビ」です。ねっとりと舌に絡み付いてきます。
なかむら (20)

「アオリイカ」。炙りです。こちらも大きな切り身でした。
なかむら (21)

こちらは今が旬!氷見であがった「寒ブリ」。上品な脂が乗っていました。
なかむら (22)

そして、先ほどおろすのを見ていたノドグロです。こちらも炙っていただきます。旨みが表面に出てきてさらにアップします。
なかむら (23)

最後はまぐろのトロ。こちらも炙っていただきました。
なかむら (24)

シジミのお吸い物も付いてきます。シジミのお吸い物を出してくれる鮨店は珍しいかもしれません。

いや~!いままで知らなかったのが残念と感じるくらいのお店でした。上ネタばかりの握り7貫で2,500円という値段はとてもリーズナブルで、かつ味的にも満足のいく内容でした。

何となく「きく家」を彷彿とさせてくれるお店で、ご主人もとても話好き。今後人気になることは間違いないと思います。お早目に行かれることをおすすめします。ご馳走様でした。

すし酒菜 なかむら
石川県金沢市広坂1-1-28
 広坂パレス107
TEL 076-254-0075
11:30~14:00
18:00~23:00
日・祝休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

リーズナブルな寿司を食べるときは回転寿司へ行かれる方が多いと思います。

ただ、回転寿司にも色々あって、機械でシャリを握ってネタは乗せるだけのところから、ちゃんと寿司職人が握ってくれる回転寿司まで色々あって。当然値段も一皿100円のお店から、それなりの値段がするお店まで幅広いです。
寿しの久蔵 (4)

こちらのお店はリーズナブルなお値段ながら、ちゃんと寿司職人が握ってくれる寿司を楽しめることで人気です。
寿しの久蔵

JR天王寺駅の駅ビルMIO本館11階にあって、平日でも女性客やビジネスマンのランチ利用で賑わっています。

大阪で食べるよりは、地元石川の方で食べたほうが、寿司に関しては美味しいと思うのですが、まぁ、たまには大阪のお寿司屋さんもいいでしょう!? ^^;
寿しの久蔵 (5)

お店の前は美味しそうな食品サンプルがたくさん並べられていました。ランチのセットメニューの種類もたくさんあります。
寿しの久蔵 (7)

その中から私は、お店おすすめの「久蔵にぎり(1,290円税込)」を頼みました。握り7貫と手巻き2本が付いています。

個人的には、握りは何らかの仕事がされているほうが好きなので、そんな握りが多く入っているこちらのほうがよさそうに思えました。。
寿しの久蔵 (8)

鯛は軽めのヅケと、ポン酢ともみじおろし・ネギが乗っている鯛ちり、大根おろしに醤油がかかったハマチ、生だこはレモン塩で、アナゴはツメが塗られています。
寿しの久蔵 (9)

手巻きは山芋と海鮮サラダの2本。あとの芽ねぎ、玉子の握りは醤油をつけて食べます。
寿しの久蔵 (6)

一緒に行った人はランチ限定の「得にぎり(990円税込)」を頼んでいました。

マグロ、ハマチ、イカ、サーモン、コハダ、海老、一本穴子、コハダ磯巻、太巻き、玉子の10貫。

こちらは穴子以外は醤油につけて食べます。この内容で税込990円は安いです。
寿しの久蔵 (3)

ランチのセットには赤だしが付いてきます。赤だしも久しぶりに頂きました。

お店も明るく広いですし、値段とのバランスも良くコスパ的にもおすすめ。場所的にも便利なので使い勝手もいいお店でした。どうもご馳走様でした。

寿しの久蔵 天王寺MIO店
大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-39
 天王寺MIO 本館11F
TEL 06-6770-1132
11:00~22:00(L.O.21:30)
不定休(MIOに準ずる)

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

金沢での鮨店の新規オープンが止まりません。

例えはあまりよくないかもしれませんが「バブル」な状況と言えるかもしれません。

話は変わって、石川県は沖合に暖流と寒流が交わる海域を抱え、豊富な種類の魚介を獲れることで知られています。

特にこの冬の季節は、加能ガニや寒ブリ、寒ダラなど美味しい食材の宝庫となりうれしい時期なのです。

そんな恵まれた旬の食材を使った鮨は美味しいに決まっています。県外出身の鮨職人もわざわざ縁もゆかりもない金沢の地で新しくお店を出す方も多くいらっしゃいます。

そんな食材に恵まれた地であることが、金沢で鮨店が増えていく要因の一つでもあるのです。

さて、今日紹介します金沢片町、東急スクエアの裏手に10月にオープンした「鮨くら竹」のご主人は、金沢駅の金沢百番街あんと内「鮨 歴々」で料理長を勤められていた方です。

お店は元々「ぼてちん」というお好み焼きのお店だったところを全面改装しています。
鮨くら竹 (2)

しかし建屋そのものは、お店自体のファザード以外は、その前の美容室だった当時の面影のままですね。
鮨くら竹 (3)

なぜ大家さんは昔の美容室時代の看板をそのままにしているんですかね??思い入れでもあるんでしょうか?
鮨くら竹 (9)

お店の内部は狭くカウンター席が9席。狭い場所をうまく使われています。もっとも、ご主人お一人で握られているので、この人数ぐらいがちょうどいいといいますか、限界かもしれません。
鮨くら竹 (18)

考えてみると、「みつ川」も、最初金沢で店を出したときは、たった6席の狭いお店でした。そして芸術的な狭さのトイレも引き継いでおられました。(笑い)

この日はお昼に伺いました。お品書きはご覧のような内容。
鮨くら竹 (5)

ランチメニューは下の方に3種類ありましたが、実は、当日、そこに至る前に「おまかせ」の記載に目がいってしまいランチメニュー気が付きませんでした。^^;

で、我々が頼んだのは、百合という3,000円のおまかせ握りです。

百合は、ランチでいえば「松(2,200円)」にプラスとろ鉄火が付いてくる感じですかね?出されるネタも違っているのかな?

その上に、紅葉という5,500円の握りもありました。おまかせは夜も同じ値段だろうと思います。そう思うとリーズナブルな値付けです。
鮨くら竹 (6)

さて、握りが出てくるまで、ハートランドを頼み飲んで待ちます。

握りは何かしらの仕事がされているタイプで、このあたりは「みつ川」「鮨 歴々」ともあい通ずるところです。

しかし、あら塩は使わずに、醤油をハケで塗ったり、柚子皮をおろし金でおろして散らしたり、酢橘をかけたりする握りでした。
鮨くら竹 (8)

まず出されたには「なめら」。小ぶりな握りで、酢の塩梅は弱感強めです
鮨くら竹 (10)

「赤イカ」は、最初「鮨 歴々」のように大葉をはさみ細く刻んである握りかと思いましたが、包丁を入れてあるだけでした。

そういえば、「みつ川」でも、前回伺った時はそうでした。
鮨くら竹 (12)

「梅貝」。地元ではこの感じで表記する魚屋さんが多いですし、私もブログで使うときはこの字をあてますが、どうも当て字のようです。

また、石川では白い巻貝の「白バイ」を指しますが、全国的にはあずき貝のことを指すのだそうです。
鮨くら竹 (14)

こちらは「カサゴ」。美味しい季節になってきました。
鮨くら竹 (13)

「寒ブリ」は上品な脂が乗っていました。
鮨くら竹 (15)

「ヒラメ」はコリッとした歯ごたえが残っています。柚子の香りもほんのりとします。
鮨くら竹 (17)

「甘エビ」は身を醤油で漬け、ミソと子は塩で漬けた手がこんだ逸品。濃厚さの中に旨みが凝縮されています。

氷見の「メジマグロ」の炙り漬け。あれ?写真がない。^^;
鮨くら竹 (19)

最後の一貫は「トロ鉄火」。美味しいです。
鮨くら竹 (16)

お味噌汁はあおさ。酒粕も入っていて冬の寒い時期には体が温まります。
鮨くら竹 (20)

小さなデザートも付いています。

以上がおまかせの「百合」の8巻+巻物の内容です。

どうでしょうか?値段のつけ方としては「みつ川」と「鮨 歴々」の間ぐらいかもしれません。次回は夜にでも訪れたいお店です。ご馳走様でした。

鮨くら竹
石川県金沢市片町2丁目8番10号
Tel:076-223-3122
月は12:00~14:00
水~日12:00~14:00、18:00~23:00
火曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ