あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:横浜

横浜へは過去何度も行っていますが、たぶん戸塚へ降り立ったのは初めてだと思います。

夕方に用事があって、お昼時金沢駅発の北陸新幹線で東京まで移動。そのまま東海道線に乗り換えて戸塚駅まで向かいました。

19時過ぎに用事を終えて、その後宿泊する東京駅のホテルに向かう前に、戸塚駅のどこかで夕食を済ませてから移動することに。

そこで一緒にいた人を誘って夕食です。

行った日は、まん延防止重点措置が出ていました。そのため駅近くにどこか人気のお店がないかどうかネットで探して見つけてあったところが2軒とも休業!涙

そのため、そのお隣にあったそば屋さん「鎌倉 峰本 戸塚駅前店」に入ることにしたわけです。

グルメブログをやっていると、大体下調べをしてから伺うことが多いのですが、今回久しぶりに飛び込みでの入店となりました。

まん延防止重点措置が出ているので、アルコールの提供は20時まで。時間がなかったので、まずは瓶ビールを頼んでメニューを見ます。

そば、親子丼、天丼・天重のお店でしたが、それほどアルコールを飲む客をターゲットにしているようではなく食事系のメニューが多かったです。
鎌倉 峰本

おつまみ系のお品書きはこんなもの。基本そば屋さんでしょうが、そば屋さんによくあるような玉子巻き・板わさ・海苔などのおつまみ系の設定がありませんでした。

我々が頼んだのは、まずは「海老と野菜の天ぷら盛り合わせ(750円)」。
鎌倉 峰本 (3)

揚げ立てサクサク。
鎌倉 峰本 (4)

こちらは「つくね天ぷら(780円)」です。つくねの天ぷらは珍しいかもしれません。
鎌倉 峰本 (2)

私は主にこちらを食べていますが、「まぐろぬた(680円)」と、
鎌倉 峰本 (5)

「まぐろ山かけ(680円)」です。
鎌倉 峰本 (6)

そして最後に「つくね串(680円)」を頼んでいます。

一時間と少しで、以上の料理と、2人でビール中瓶4本飲んで締めて6,000円強。

残念ながら今回はそばを食べることが出来ませんでした。ホテルに入って調べると、なかなかの人気店のようですね。ご馳走様でした。

鎌倉 峰本 戸塚駅前店
神奈川県横浜市戸塚区戸塚町10
 戸塚モディ地下1F
TEL 045-864-1081
11:30~21:30(L.O.20:30)
休みは戸塚モディに準ずる



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今回の旅行、コロナ禍でANAの東京行きの始発便と帰りの最終便が欠航となりました。

そのため前日に東京へ移動。翌日の目的地である逗子の途中、横浜関内で宿を取ることにしました。
ダイワロイネットホテル横浜関内


ダイワロイネットホテルは全国各地にあるので、何度か利用したことがあります。

ダイワロイネットホテルは、それほど料金が安いホテルではないと思うのですが、コロナ禍だからでしょうか?2人で7,800円ほどで朝食付きで利用することが出来ました。

さらに部屋はアップグレードしてくれました。ありがとうございます。
ダイワロイネットホテル横浜関内 (2)

広さや備品などは必要最低限です、
ダイワロイネットホテル横浜関内 (4)

朝食は2階にある「コメダ珈琲店」で取ることになります。
ダイワロイネットホテル横浜関内 (5)

「コメダ珈琲店」に入るのは、本当に久しぶりです。
ダイワロイネットホテル横浜関内 (13)

「コメダ珈琲店」の発祥の名古屋といえばお得なモーニングセットで知られていますね。
ダイワロイネットホテル横浜関内 (3)

ホテルの朝食としては、6種類のセットメニューから選ぶことが出来ました。
ダイワロイネットホテル横浜関内 (6)

我々は2人ともFの「たまとまレタスサンド」にしました。これが一番お得そうです。
ダイワロイネットホテル横浜関内 (9)

出されたセットがこちら。
ダイワロイネットホテル横浜関内 (10)

小さなサイズですが「コールスローサラダ」も付いていました。

ドリンクはICE・HOTから2種類チョイス出来ます。

私はコメダブレンドとコーンスープ。両方とも温かいドリンク。
ダイワロイネットホテル横浜関内 (11)

妻はコメダブレンドと珍しくアイスミルクです。

コメダブレンドはすっきりとした飲み口でした。

一泊朝食付きで一人当たり3,900円!素晴らしいです。そしてご馳走様でした。

ダイワロイネットホテル横浜関内
神奈川県横浜市中区羽衣町2-7-4
TEL 045-252-1475
朝食時間6:30~11:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

パンのお店は県外のお店はあまり紹介しませんが、今日は横浜のパン屋さん初登場です。

横浜駅の東口の地下街「ポルタ」にある「ジャン・フランソワ 横浜ポルタ(Boulangerie JEAN FRANCOIS)」というお店です。
ジャン・フランソワ

ベーカリーとしては超人気のお店として知られ、MOF(フランス最優秀料理人賞)受賞シェフ「ジャン・フランソワ」がプロデュースしたベーカリー&カフェなのです。

東京の渋谷マークシティをはじめ、関東に7店舗お店がります。

今回の旅行で羽田に向かう前に、翌朝食べるためのパンを買い求めるために立ち寄りました。
ジャン・フランソワ (2)

狭いお店ですが、所狭しと美味しそうなパンが並んでいました。フランス産小麦を使用して作られているパンは人気です。

右側にはカフェスペースがあって、お店で買い求めたパンをドリンクと共にイートインすることができます。

では、買い求めたパンを紹介していきます。

私が食べたのは「キッシュ・ロレーヌ」。少しお高くて税抜で450円でした。
ジャン・フランソワ (12)

お店の定番キッシュで、ベーコンの旨みが詰まった、パンというより惣菜といったほうがいい品でした。ワインに合いそうでした。

こちらは妻が食べた「クロックムッシュ(税抜380円)」、裏返しに写真を写してしまったみたいです。(^^;
ジャン・フランソワ (10)

カンパーニュー2枚でベーコンをサンド。ベシャメルソースもいい感じでした。

これは母が食べた「マンゴープレザンヌ(税抜280円)」。
ジャン・フランソワ (9)

濃厚なマンゴーピューレとなめらかなカスタードクリームが入ったパンです。
ジャン・フランソワ (11)

こちらは「プティ」という「パン・オ・ルヴァン」のかわいいサイズバージョンで、税抜で90円とお安かったです。

ルヴァン種で発酵させた全粒粉のフランスパンで、モチモチ感が非常に強い美味しいパンでした。

何となくパリのエスプリを感じさせてくれる気がするパンでした。ご馳走様でした。

ジャン・フランソワ 横浜ポルタ(Boulangerie JEAN FRANCOIS)
神奈川県横浜市西区高島2-16
 横浜ポルタB1
TEL 045-450-3747
9:00~23:00(L.O. 22:00)
横浜ポルタの休業日に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 


旅行最終日。この日はランチを食べるところのみ予約済みで、他は予定を入れていませんでした。

ホテルのラウンジで朝食を済ませて、しばしゆっくり。

10時過ぎにチェックアウトして、一旦横浜駅で荷物を預けて向かったのは、コロナ禍で一度オープンが延期になりこの9月23日にオープンしたばかりの「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」です。

「ザ・カハラ・ホテル」といえばハワイの名門のホテルで、数多くの著名人が宿泊しているリゾートホテルとして有名です。

私は初めて知ったのですが、「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」は日本のリゾートトラストが経営しているのです。

そして、アジア太平洋エリアにおける「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」ブランドの世界展開を計画しており、その展開の第一弾が横浜だったわけです。
ザ カハラ ラウンジ (2)

場所は、「みなとみらい21」エリアのパシフィコ横浜の隣。スタイリッシュなビルに入っています。さすが世界的な高級ホテルです。
ザ カハラ ラウンジ (3)

エレベーターホールはスタイリッシュなクリスタルモダン。ラグジュアリーな雰囲気です
ザ カハラ ラウンジ (5)

フロント・ロビーは14階。こちらもモダンでスタイリッシュです。

14階なので横浜のベイエリアが一望できます。

行く前はハワイのリゾートホテルということで、ハワイの雰囲気を味わえることを予想していたのですが、完全に裏切られましたね。
ザ カハラ ラウンジ (22)

もっとも、このようなホテルを利用するゲストは、ハワイの雰囲気は現地で味わうのでしょう?
ザ カハラ ラウンジ (6)

我々は14階にある「ザ カハラ ラウンジ」でお茶することにしました。
ザ カハラ ラウンジ (7)

こちらはラウンジ&バー。バーカウンターがありました。
ザ カハラ ラウンジ (8)

クラシックモダンな空間で床と天井は木調。ピンクのチェアが印象的です。
ザ カハラ ラウンジ (11)

こちらはカフェメニューです。コーヒーと紅茶のみです。

あと、こちらはアフタヌーンティーが有名で人気なのですが、もうすでにこの原稿を書いている時点で来年3月まで予約で一杯でした。
ザ カハラ ラウンジ (10)


我々は紅茶を飲みながら、しばし横浜の景色を眺めながらゆったりすることにしました。
ザ カハラ ラウンジ (12)

私はオリジナルフレーバードティー「ヨコハマブレンド」です。

こちらは横浜をイメージしてブレンドされた紅茶で、ローズとハイビスカスの香りで酸味がありました。
ザ カハラ ラウンジ (16)

ティーポットに2杯分入っていました。そしてこちらの小菓子(2人分)が付いています。
ザ カハラ ラウンジ (14)

妻が頼んだのは、オリジナルフレーバードティー「ハワイアンブレンド」(写真右)。

ハワイをイメージしてブレンドされた紅茶で、ココナッツとパイナップルの甘い香りが特徴です。

両方とも税別で1,200円。別にサービスチャージ15%と消費税10%かかります。

このぐらいのホテルでは妥当なお値段でしょう?

一流ホテルの雰囲気を一部ですが気軽に楽しめるので良かったです。

小松に戻る前に気持ちのリフレッシュができました。ご馳走様でした。

ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜
神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-3
TEL 045-522-0008
ザ カハラ ラウンジ(14階)
9:00~24:00(L.O.23:00)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回の旅行での最後のランチ。

どこで食べようかと思案しながら、出発前にネットで検索。見つけたのが「ミクニ ヨコハマ(Mikuni Yokohama)」。

日本でフレンチの巨匠といえば、まず思い浮かぶ一人が「オテル・ドゥ・ミクニ」のオーナーシェフ三國清三氏ですが、その横浜店の位置づけです。
ミクニ ヨコハマ

私は一度も彼のお店には行ったことがありませんでしたが、今回の旅行の最後の日のランチに「ミクニ ヨコハマ(Mikuni Yokohama)」に初めて行くことができました。
ミクニ ヨコハマ (2)

横浜駅からほど近い横浜駅スカイビルの29階の飲食店フロアの一角にあります。

店内は白が基調の着いた空間。そして大きな窓で明るい空間でした。
ミクニ ヨコハマ (12)

テーブルの間隔も十分余裕を持った配置になっていて。普段の半分程度しかお客を入れていないのでしょう?ソーシャルディスタンスが取られています。
ミクニ ヨコハマ (10)

ベイエリアの景色が一望できますが、我々が案内された席は、目の前にはビルが。(^^;

コロナ禍で2人掛けの席を並んで利用するようになっていました。

この辺は、家族での利用ならばもう少し柔軟に対応してもいいような気がします。

オーナーシェフの三國清三氏はこちらのお店にはいらっしゃいません。三國氏のエスプリを継ぐ瀬戸貴士氏がシェフを務めています。
ミクニ ヨコハマ (4)

さてランチメニューですが、我々は行く前は、HPで掲載されいた「平日限定 メルシーランチ(税込2,500円)」か「月替わりメニュー ランチコースA(税込3,850円)」のどちらかにしようと予約を入れお店に行ったのですが、何と!「メルシーランチこの日はありません」とつれない記載が。

そして「月替わりメニュー ランチコースA」のメニューもなく、メインに魚と肉両方ついたコースしかやっていませんでした。(^^;

「旬食材たっぷり季節のランチコース(税抜5,500円)」と「特選ミクニヨコハマ季節のスペシャルメニュー(税抜7,000円)」の2種類しかないのです。

メインに魚と肉両方ついたコースしかないとわかっていたらこちらのお店は選んでいなかったかもしれませんが、まぁレストラン側の事情があるのでしょう?しかし個人的にはとても残念でした。

こちらのメニューも月替わりのようです。

そこで、我々は「旬食材たっぷり季節のランチコース」を選び、私は肉が苦手なので、しょうがないので両方とも魚にしてもらいました。

では出てきたものを紹介します。

前菜は「サンマのコンフィ 秋ナスとヨコハマ小松菜を合わせて ショウガのアクセント」と題された、こちらの品。
ミクニ ヨコハマ (13)

サンマも今や高級魚の仲間入り!?

色とりどりの野菜とエディブルフラワーがちりばめられ華やかに着飾って出されました。

ミクニ ヨコハマ (15)
サンマのコンフィですが、燻製されていました。
ミクニ ヨコハマ (17)

魚料理は「横浜中央市場から届く鮮魚のポワレ キノコクリームソース ショートパスタと一緒に」です。
ミクニ ヨコハマ (18)

この日の魚はスズキだったかな?皮目がしっかりカリッと焼かれていて、キノコクリームソースもいい感じでした。
ミクニ ヨコハマ (14)

そして、バゲットに上質なバター。

妻の肉料理は「アメリカ産牛タンの赤ワイン煮込み はちみつとスパイスを効かせて ジャガイモのピューレと共に」。
ミクニ ヨコハマ (19)

こちらもよかったようです。

私が魚料理に変えてもらったのが、こちらの「ヒラメのリヨン風ソース」?
ミクニ ヨコハマ (21)

飴色に炒めた玉ねぎのソース「リヨネーズ(リヨン風ソース)」です。白ワインのビネガーでしょうか?酸味が程よく効いたソースでした。

デザートは「ノートル・モンブラン~洋なしのコンポートを合わせて ラム・レーズンのアイスクリーム添え」。
ミクニ ヨコハマ (23)

「ノートル・モンブラン」とは聞きなれませんが、焼けてしまったノートルダム聖堂のことでしょうか?小ぶりな形で、濃厚ながら後口がそれほど甘く感じないビターな風味でした。

メレンゲをくるっと巻き込んだものもちりばめてありました。
ミクニ ヨコハマ (24)

ドリンクはコーヒーか紅茶が選べますが、私は紅茶、
ミクニ ヨコハマ (25)

妻はコーヒーです。

あと妻は「お昼のグラスワイン3種セット(税抜1,500円)」を頼んでいます。私は空港から自宅まで運転があるので飲めません。
ミクニ ヨコハマ (11)

ロゼのスパークリング、
ミクニ ヨコハマ (16)

白ワイン、
ミクニ ヨコハマ (22)

赤ワインの3杯が付いて1,500円はお得な値段設定です。

メニュー設定に少し不満が残りましたが、三國清三シェフのエスプリを感じることができたと思う料理の数々でした。さすがの味でした。ご馳走様でした。

ミクニ ヨコハマ(Mikuni Yokohama)
神奈川県横浜市西区高島2-19-12
 スカイビル29F
TEL 045-442-0430
11:30~15:00(L.O.13:30)
17:30~22:00(L.O.20:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ