あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:梅貝

小松駅前が、いつの間にか鮨の激戦地になっています。

一昨年にオープンした「鮨 つばき」に続いて、「猫ばし飴屋通り」アーケード街の中に「鮓処 人(JIN)」という新しい鮨店がオープンしました。
お店は、前は「力寿司」だったところを全面リニューアルしています。
ご主人は金沢片町の人気店「鮨処 こいづみ」で修業、というより短期の実地研修とでもいうべき修業をされて独立。カウンター5席、小上がり4席の小さなお店をご主人一人で切り盛りされています。

実は、このお店のことを知ったのは、雑誌「金澤」10月号に「若手が活躍する〈南加賀〉の注目店」というコーナーがあって、その最後のところにお店が紹介されていたのです。

ちなみに「鮨処 こいづみ」では、裏の板場で働いていたそうです。

ご主人は、還暦を迎えてから鮨の道に入った方で、元は能美市役所に勤務されていましたが退職。得意の趣味だった絵を生かすために九谷焼の世界へ。その後、息子さんが経営する会社のお手伝いという期間を経てから今のお店をオープンするという、一風変わった経歴の持ち主でした。

お聞きすると、その息子さんの会社は、いま小松の街に何店舗かの飲食店を展開しているエレファントJAPANグループ

「焼鳥市場」「海の恵みかき処 牡舞蠣」「横浜家系ラーメン 西村家」ほかクラブ系のお店もやっているみたいです。ただし、「鮓処 人」の経営は別だそうです。

最初、「若手が活躍する」と言うコーナーなのに変だな?と思っていたのですが、これで理解できました。^^;

平日のとある記念日に前日に予約を入れて伺いました。

9月1日オープンと言うことで、当然店内はきれいです。

基本お任せで、5,000円、7,000円、9,000円の3つコースが設定されていて、内容の違いは、つまみとしての料理品数と、握りの数が違っています。

今回、我々は7,000円のコースでお願いしました。
鮓処 人 (6)

お店はお一人で切り盛りされているので、生ビールは置いてなく、瓶ビールで乾杯です。「付き出し」として枝豆も出されます。
お店で使用する器類は、ご主人が九谷焼の世界にいた時に作ったもの。なかなかの腕前ですね。
鮓処 人 (38)

ご覧の棚にも作品が飾られていました。
鮓処 人 (8)

この後、「お凌ぎ」としてイクラとウニのミニ丼が出されます。

刺身はキジハタと何だったかな?^^;
山わさびに削り節としょう油で薬味を作って、それで食べさせてくれます。

生ビールの後は日本酒です。それほど多くの銘柄を置いているわけではありませんが、地物の酒を中心に数種類を置いていました。
鮓処 人 (10)

我々はおなじみの「神泉」生酒をまず頼みます。
鮓処 人 (16)

この「茶碗蒸し」は、はまぐりで取ったダシが特徴で、シンプルに、はまぐりの旨みを楽しむことが出来ます。

余分な具材は一切入っていません。ご覧のように大粒のはまぐりが2個入っていました。
「岩もずく」です。しっかりとした食感のある「岩もずく」でした。
味付け「数の子」には、その場で削り節を削ってかけてくれます。
穴子はツメを少し塗って蒸し焼きにされていています。
これは「梅貝」の煮物。コリッとした梅貝の食感を残しながら味がしみていました。

そして握りに移ります。

ご主人は、冒頭書きましたが片町の「鮨処 こいづみ」におられたので、シャリも赤酢を使っていて、ネタにも何らかの仕事がしてある江戸前の鮨を楽しむことが出来ます。

ただし、鮨の世界に入ってまだ間がないことから、握るのを見ていてもまだぎこちない感じがしますが、丁寧に握ってくれているのが伝わってきました。

「鮨処 こいづみ」では、岩塩なども用いていましたが、こちらのお店ではあら塩などお塩はあまり使わないそうです。

握り自体は少し小ぶりで、シャリは若干固めでした。赤酢なので甘さ控えめのさっぱりとした味で食べさせてくれます。
まず出されたのは、キジハタ。関西ではアコウ。高級魚です。
〆サバは塩梅よく〆られていました。
イワシ。
甘えびはねっとりと。
イカの印籠詰め。甘辛く、そして柔らかく仕上がっていました。
ノドグロは皮目を軽く炙って出されます。美味しかったです。
コハダは少し強めの〆具合でした。
中トロ。
煮はまぐりは柔らかく握られているので手渡しでした。
穴子も、柔らかく口の中で溶けます。
最後はかんぴょう巻。栃木産のかんぴょうで甘辛く仕上げられています。
甘えびの頭を使った味噌汁も出されます。

最後にお店を出るときにお土産で、ご主人作の九谷焼の箸置きを頂きました。ありがとうございます。
日本酒は神泉のほか、3種類ほどお願いしたでしょうか?以上を飲み食いして締めて一人1万円弱。コスパはよかったと思います。
まだ鮨の世界に入ってから日が浅いご主人ですが、鮨と向き合う姿勢は素晴らしいと思いました。ご馳走様でした。

鮓処 人
石川県小松市飴屋町20
TEL 0761-46-6915
18:00~26:00(L.O.25:00)
日曜、1・3水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

野々市は鮨の超有名店がいくつかあるエリアです。

その中でも、太平寿しとめくみが両巨頭です。
三竹1

もっとも、こちらの2軒に行くときは、お値段的にそれなりの覚悟が必要です。^^;

今日は、そんな激戦地、それも太平寿しとめくみのすぐ近くに果敢にお店を出された「三竹(ミタケ)」にお邪魔してきました。

場所は国道8号線と157号線から少し入った住宅街。ひっそりとある隠れ家的なお店です。
三竹 (26)

住居併設で新しくお店を建てられたそうですが、お聞きすると、ご主人は出身が小松。それも通った学校が少しかぶっていました。もちろん、だいぶ年が違いますが……^^;
三竹 (8)

それで一気に親しみがわきました!(笑い)

東京銀座の鮨店で修業後にUターンされ、3年前にこちらのお店をオープンしています。
三竹 (5)

中に入ると、思ったより広い店内。カウンター席もゆったり目にイスが配置されていました。そのイスも普通の鮨店より低めなものを置いているそうで、床に足を付けてくつろいでほしいという考えからだそうです。
三竹 (13)

テーブル席もありました。こちらもゆったり目のスペースです。

ランチタイムの営業は事前予約のみですが、これはご夫婦で切り盛りされているので、なるべく負荷を少なくするためのようですね。予約が入らなかった日はランチはお休みということです。

我々は7月の3連休の土曜日にお邪魔しましたが、お昼は遅めの時間にもう一組予約が入っていました。

お品書きは特になく、ランチタイムはおまかせ握り10貫と味噌汁・茶碗蒸しが付いていて3,400円。他にも希望に応じて、刺身やお好みの握りの追加などは可能となっています。
三竹 (7)

ランチタイムでも、こちらの黒板に書かれている、夜の単品料理も可能だということでした。

まず出されたのは、赤イカ。
三竹 (9)

小松弥助の森田さんや、ひがし茶屋街のみつ川さんのように、細かく包丁を入れ、絡めて握ります。中には少量の梅肉が入っていて、こちらの白いほうの岩塩をおろし金で削ってかけ、そして酢橘も絞ります。
三竹 (23)

イカの甘みと、梅肉のほんのりとした酸味、そして岩塩の塩気とうま味がマッチして美味しかったです。

こちらのお店は、すべての握りが何らかの仕事をして出されるので、醤油は使いません。
三竹 (10)

これはナメラです。キジハタですね。
三竹 (12)

アジも脂が乗って、ちょうどいい季節でした。生姜醤油です。
三竹 (15)

イワシもめちゃめちゃ脂が乗っていました。
三竹 (16)

ノドグロは皮目を炙って、もみじおろし醤油で食べさせてくれました。上品な脂に香ばしさがほんのり加わっていい塩梅です。
三竹 (17)

トロも煮切りと相性よかったですね。
三竹 (18)

梅貝。コリッとした食感。金沢の鮨ネタの代表格になりました。
三竹 (20)

甘えびに乗せられたミソは、酒粕に漬けこんでいるそうです。
三竹 (21)

ウニ。塩水ウニ使用で、海苔を巻いていません。石川の鮨店ではこのタイプが多くなりました。
三竹 (24)

最後は穴子でした。ほどよいツメの甘さと蒸し焼きされた穴子が口の中でとろけてハーモニーを奏でます。
三竹 (14)

あと、ランチには上品な出汁の茶碗蒸しと、
三竹 (22)

たっぷりのアオサの味噌汁が付いていました。

両方とも美味しかったです。

利用する状況によって、太平寿しとめくみのような高級店や、三竹さん。さらには回転寿司のお店など、上手に鮨店を使い分けていけばいいと思いました。

何れにせよ、激戦地で頑張るご主人。同じ小松出身の私としては、今後も応援していきたいと思います。ご馳走様でした。

鮨処 三竹
石川県野々市市堀内5-61
TEL 076-287-5859
17:00~23:00
お昼は予約のみ
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

GW中の5月3日、能美市の旧根上に新しいお店がオープンしています。
Kitchen My Way (20)

フリーペーパー「パレット南加賀」に広告が出ていたので知りました。

場所は、結婚式場の八松苑にほど近い場所にありますが、わかりにくい場所です。

小松に住む私は、このあたりは普段通ることがありません。大きな通り沿いにあるわけでもなく住宅地にあって飛び込みでお客さんが来るといった立地条件ではありませんでした。

ご実家でも近くにあるのかどうかはお聞きしませんでしたが、縁も所縁もないと、この場所にはお店は出さないのではないかと感じました。

元はスナックだったところを改装しています。ほぼ居抜きでしょうか?
Kitchen My Way (4)

テーブルもオーナーご自身で手作りされているとのこと。なるべく開店時にかかる初期投資(イニシャルコスト)は低めに抑えたほうが、料理の価格設定をリーズナブルなすることが可能ですから、我々お客にとってもいいことです。

もちろん、ハレのときに利用するときはテーブルクロスでもかけていただいた方がいいでしょうが…?

我々がお邪魔したにはランチタイム。お若いご夫婦お二人で切り盛りされていました。

お聞きすると、小松や金沢の飲食店で働いていて独立。こちらが初めてのご自分のお店だそうです。

いわゆる洋食系のお店といっても幅がありますが、ジャンルとしては、「イタリアン寄りの洋食店」といったところです。
Kitchen My Way (2)

ランチメニューはこんな感じです。

Aランチはピザ(Sサイズ)またはオムレツライスで980円。Bランチは野菜のオードブルにパスタ、デザート、ドリンクで1,300円。Cランチは前菜の盛り合わせにパスタ、デザート、ドリンクで1,500円となっています。

国産小麦と天然酵母を使ったピザもおすすめのようでしたが、我々は今回、Cランチをお願いしました。欲を言えば、Cランチではパスタかピザがチョイス出来たらうれしかったです。

まず出されるのは、前菜の盛り合わせです。
Kitchen My Way (9)

何の魚だったか?のムース、豚肉のテリーヌ、鶏のハム、金時草のムース、ライスコロッケ、ニンジンラペ、野菜のマリネでした。色とりどりで楽しめました。

パスタは6種類からと、多めの選択肢があるのがうれしいですね。
Kitchen My Way (14)

私は、「バイ貝のアーリオ・オーリオ」をお願いしました。バイ貝のパスタも珍しいかもしれませんが、その名の通りのニンニクの風味が効いたオイリーなソースが決め手でした。
Kitchen My Way (13)

妻のほうは「きのこのポリネシアン」。ポリネシアンソースとは、「醤油砂糖みりんベースの甘辛いたれ風のソース」のようです。
Kitchen My Way (11)

自家製の熱々のパンも付いてきました。
Kitchen My Way (17)

デザートは、フルーツ、ガトーショコラ、レモン風味のアイス。レモン風味のアイスがさっぱりとさせてくれ美味しかったです。
Kitchen My Way (19)

飲み物は、私はアイスティを、
Kitchen My Way (16)

妻はコーヒーを頼みます。

伺ったのは大粒の雨が降っていた土曜日のお昼でしたが、結局、我々がいる間は他のお客様が来ませんでした。

雨ということもあったでしょうが、何となくPRがもっと必要では?と感じました。

今の時代はSNSや口コミの影響力を無視できないと思います。一応Instagramにアカウントを持っておられて、最初のころ写真をアップされていましたが、その後、追加アップされていません。このあたり、もう少し工夫されたもいいのかと思います。

お若いご夫婦が切り盛りされているお店で、これからも応援したくなりました。ご馳走様でした。

Kitchen My Way(キッチン マイ ウェイ)
石川県能美市浜町巳188-1
TEL 0761-55-1703
17:30~22:00(L.O.21:00)
水・木
11:30~14:30(L.O.13:30)
17:30~22:00(L.O.21:00)
金・土
11:30~14:30(L.O.13:30)
17:30~23:00(L.O.22:00)
11:30~18:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介する「寿し肴 菊屋」。店名を聞いて金沢中央味食街の寿司の人気店「きく家」だと思われた方も多いかもしれません。

しかし、ここ「寿し肴 菊屋」は金沢港にもほど近いところにひっそりとある、知る人ぞ知る寿司店なのです。

ご主人は金沢市大野町の有名寿司店「宝生寿し」にいらっしゃった方で、2014年に独立され、この地にお店を構えています。
菊屋 (16)

お聞きすると「宝生寿し」には、2度に渡って20年ほどいらっしゃったそうですが、なかなかのイケメンです。

あと、前述の金沢中央味食街の寿司の人気店「きく家」に間違えられることについては、やはり間違えが時々あるそうで、予約が入っていても当日まったく来られなかったりすることがあると話されていました。

そのお客さんは、金沢中央味食街の「きく家」に行って、予約が入っていないことに驚いたことでしょうね?

金沢中央味食街の「きく家」ほどではありませんが、こちらの「寿し肴 菊屋」も、ランチはもちろん、夜もとても良心的な値段で寿司を堪能できるお店として最近注目されてきている一軒なのです。
菊屋 (14)

伺ったのはとある日曜日のお昼。まわりは近年開発が進んでいる新興住宅街のなかにあります。自宅兼お店になっています。
菊屋 (13)

中は、こんな感じです。カウンター席6席、4人掛けのテーブル席、奥には座敷の席もありました。
菊屋 (3)

お昼のメニューは基本、並握り「壱の握り(税込1,650円)」上握り「弐の握り(税込2,200円)」、それに、地元の食材に拘った「参の握り(税込3,450円)となっています。ただし壱の握りは平日のみの設定です。
菊屋 (15)

その中から選んだのは上握り「弐の握り」。といいますか、休日のこの日、並握り「壱の握り」はやっていないので、「弐の握り」が一番安いランチになります。
菊屋 (9)

内容は握り9貫と細巻2本、天ぷら、お味噌汁、デザートが付いてきます。

この内容で各々の値段はリーズナブルだと思いました。

それでは出されたものを紹介していきます。
菊屋 (6)

天ぷらは、小ぶりながら野菜の種類も色々あって、何せ揚げ立てなのがいいですね。

握りは全部まとめて出されます。
菊屋 (7)

上段左から、この日の白身のヒラメ、マグロ(中トロに近い)、イカ、甘えび、梅貝、カッパ巻、下段はイクラ、アジ、カニ、アナゴとなっています。

一般的なネタばかりですが、この値段だと十分満足できる内容ですね。

ちなみにランチで一番高い「参の握り」。となりの人が頼んでいましたが一貫ずつ出されていましたし、やはりいいネタだと思われる握りが出ていました。横目で見ながら少し後悔しました。^^;
菊屋 (10)

もちろん味噌汁も付いてきて、アオサの味噌汁でした。
菊屋 (11)

そして最後にデザートとしてシャーベットアイスが付いて来ます。

柚子とイチゴが選べました。

2,200円で天ぷらまで付いて、握りの内容も一通りのネタを楽しめるランチ。夜も一品メニューもあったり、お酒の種類も色々揃っていて使い勝手もよさそうでした。金沢中央味食街の寿司の人気店「きく家」に負けないほどの人気店になってほしいものですね。ご馳走様でした。

寿し肴 菊屋
石川県金沢市木曳野3-171
TEL 076-266-1280
11:30~14:00(L.O.13:30)
17:00~22:00(L.O.21:30)
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

金沢21世紀美術館にほど近い柿木畠。金沢でもいいお店が集まっているエリアの一つです。

いたる」「更科 藤井」「広坂ハイボール」「あげは」など金沢を代表する人気店が集まっているのです。

今回お邪魔した鮨店「すし酒菜 なかむら」。「広坂ハイボール」の元氣さんがおすすめの穴場のお店だということで行ってきました。知る人ぞ知る隠れ家的なお店で常連の方々に愛されていますが、これで穴場じゃなくなるかな?^^;

店主は、寿司激戦地の野々市太平寺に「美優魚(みゆう)」というお店や、エルビルの3階にあった「一石」という鮨店にいらっしゃったようですが、何れも訳あって閉店。^^;

あと、富山の、北陸唯一のミシュラン3つ星の「山崎」でも働いていらっしゃったようです。

それらのお店では、いまや超人気店の鮨「きく家」「あいじ」、そして先日紹介した「くら竹」のご主人とも一緒に働いていたことがあると話されていました。
なかむら (2)

場所は柿木畠の「あげは」さんの入っているビルの一番奥。中はカウンター席6席だけの狭いお店です。このあたりは「きく家」と同じ感じですね。
なかむら (4)

このお店はオープンしたのが昨年の12月。ちょうど一年経過したところです。

私はクリスマスイブの日に事前に予約を入れて、妻と一緒にランチに出かけてきました。

普段のランチ時はそれほど混んでいることはないと話されていましたが、狭いお店なので事前に予約をされてから行かれたほうがいいと思います。あと、夜が忙しいと仕込みなどでランチ営業を休むこともあるそうです。

私たちが行った時間帯は、最初我々だけしかいませんでしたが、飛び込みで京都と千葉で暮らす遠距離恋愛カップルのお二人が飛び込みでお店に入ってこられました。
なかむら (8)

まだ仕込中だったこともあり、せっかく遠くから来ていらっしゃるそのお二人を優先していただいて、我々はビールを飲みながらゆっくりと待ちます。
なかむら (10)

写真は、そのお二人が頼んでいた「香箱ガニの押し寿司(2,500円)」をパチリ。とても美味しそうでした。
なかむら

ランチメニューは、数量限定の日替わりちらしが1,000円、握りが7貫1,500円とリーズナブルです。

私たちは「握りの上(2,500円)」をお願いしました。7貫で同じですがネタの質がアップします。
なかむら (9)

ネタケースを見せてもらいました。目の前で捌かれた身の厚いのどぐろも収納されました。^^;
なかむら (11)

ランチには小鉢と漬物が付いてきます。この日はおから。
なかむら (14)

ガリには珍しく大葉を絡ませてあります。手前のかんぴょうと椎茸は待ってもらったということでつまみにサービスで出していただきました。
なかむら (13)

こちらのお店は私が好きな、醤油をつけずに食べる、いわゆる江戸前の握りです。何らかの仕事がされた状態で出されます。(注:普段ランチはご覧のような一貫ずつ出されません。我々2人だけだったためにお願いしました)
なかむら (16)

まず出されたのは、「キジハタ」。スズキの仲間です。あまり鮨ネタでは食べたことないです。凄く身が厚く味もよかったです。
なかむら (18)

「梅貝」はあら塩で。コリッとした食感を楽しめます。
なかむら (19)

「ガスエビ」です。ねっとりと舌に絡み付いてきます。
なかむら (20)

「アオリイカ」。炙りです。こちらも大きな切り身でした。
なかむら (21)

こちらは今が旬!氷見であがった「寒ブリ」。上品な脂が乗っていました。
なかむら (22)

そして、先ほどおろすのを見ていたノドグロです。こちらも炙っていただきます。旨みが表面に出てきてさらにアップします。
なかむら (23)

最後はまぐろのトロ。こちらも炙っていただきました。
なかむら (24)

シジミのお吸い物も付いてきます。シジミのお吸い物を出してくれる鮨店は珍しいかもしれません。

いや~!いままで知らなかったのが残念と感じるくらいのお店でした。上ネタばかりの握り7貫で2,500円という値段はとてもリーズナブルで、かつ味的にも満足のいく内容でした。

何となく「きく家」を彷彿とさせてくれるお店で、ご主人もとても話好き。今後人気になることは間違いないと思います。お早目に行かれることをおすすめします。ご馳走様でした。

すし酒菜 なかむら
石川県金沢市広坂1-1-28
 広坂パレス107
TEL 076-254-0075
11:30~14:00
18:00~23:00
日・祝休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ