あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:木場潟

今年の年末年始は雨が降る日が多かったですが、4日だけは晴天に恵まれました。
木場潟 (25)

その日は久しぶりに木場潟に行って散策して、冬の束の間の太陽の日をたっぷり浴びて歩いてきました。

そんな日だったので、ランチもいい景色を眺めながら食べたいと思い、妻と息子を連れだってランチを食べに出かけることに。
さとやまカフェ (18)

行ったのは、辰口にある「さとやまカフェ」。約4年ぶりにお邪魔しました。

前回は「和風おろしオムライス」と「リコッタチーズパンケーキ」を食べています。こちらを見てください
さとやまカフェ (3)

お店の内外装はオープン当初からそれほど変わっていませんでした。

ご覧のように、窓の外は雪景色。
さとやまカフェ (12)

でも、薪ストーブに火が入っていて遠赤外線で店内は暖かいです。
さとやまカフェ (2)

景色を眺めながらゆったりとした気分で美味しい食事やドリンクを楽しむことが出来ます。
さとやまカフェ (5)

メニューはこちら。
さとやまカフェ (4)

前回お邪魔した時よりメニューの種類が大幅に増えていますね。

「さとやまカフェ」はオムライスが有名なので、我々3名は全員オムライスを頼むことに。それも普段あまりお店で食べることのないメニューにしました。
さとやまカフェ (16)

私は「お好み焼風オムライス(950円)」。その名の通りお好み焼き風に仕上げた一品です。
さとやまカフェ (15)

中はバターライス仕様。豚ばら肉も入っていました。玉子は地卵を使用していて、見た目も黄色く濃厚な味。お好みソースが合いました。

でも、中のバターライスとの相性も良く、美味しくいただけました。
さとやまカフェ (13)

妻のほうは「レモンサラダ風 野菜添え(900円)」。地ベビーリーフ、トマト、パルメザンチーズ、レモン果汁がかけられています。こちらもバターライスです。

私も一口食べましたが、レモン果汁でさっぱりとして美味しかったです。

息子は「ラザニア風オムライス(1,000円)」です。
さとやまカフェ (14)

こちらはライスはケチャップで味付けされていました。

時間の関係でドリンクはオーダーせずオムライスのみ。あとパンケーキも美味しいのですが、今回は残念ながら頼んでいません。

冬の時期でしたが天気のいい日だったので景色もご馳走でした。次回またゆっくりとお邪魔したいと思います。ご馳走様でした。

さとやまカフェ
石川県能美市湯屋町へ116番地
さとやま設計社内
TEL 0761-51-5330
11:00~19:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

「こまつ木場潟」は地元なので何度か私のブログでも取り上げています
道の駅木場潟 (6)

国道8号線の蓮台寺インターから降りてすぐの便利な場所で、近くには木場潟などあって、私もウォーキングで木場潟一周した後などでも必ず立ち寄る道の駅です。

非常に人気で、休みの日には朝早くから多くの人が訪れます。
道の駅木場潟 (2)

「こまつ木場潟」の特徴は地元産の新鮮な野菜類が多く売られていることです。
木場潟道の駅 002

冬から春にかけてのイチゴ。夏はトマト。秋から冬にかけてニンジン、丸いもなどが人気です。
道の駅木場潟 (4)

お米も地元産の蛍米が人気。
木場潟 (6)

GW前後は東山の竹の子がたくさん並びました。
竹の子 (2)

今年は期間中3度ほど買い求め、煮物と竹の子ご飯、そしてお味噌汁とたっぷり味わいました。
竹の子

煮物は油揚げと煮たり、昆布と煮たりです。

またJAでは6次産業化にも力を入れていて、レトルトのトマトカレーシリーズ。大麦を使ったシチューやスープなど販売しています。
どじょう

あと、最近、小松で養殖が出来るようになったどじょうを使ったかば焼きなども名物になりつつあります。
道の駅木場潟 (3)

食事処として、「四季彩」というレストランが併設されていて、こちらも人気。ランチタイムにはいつも順番待ちが出来ているほどです。

前にも紹介したことがありますが、和の鉄人で知られる道場六三郎さんが監修したメニューなどもあるのです。
道の駅木場潟

こちらがその「六さん健康おむすび定食」。減農薬・減化学肥料栽培の小松のコシヒカリのブランド米である「蛍米」を使ったおにぎりが3個も付いています。
木場潟道の駅2

また、小松地場産のトマトや特産野菜、大麦などの素材を使ったメニューがご当地グルメとして人気で、併設されている「味処 四季彩」でも、それらのメニューを食べることが出来ます。
木場潟道の駅1

こちらは小松産大麦を使ったラーメンですね。

小松は実は大麦の有数の産地なのです。

大麦の場合、粉にしても粘りが少ないため麺にするのが難しいため、あまり見かけません。和風だしのラーメンです。むかし食べた時の写真なので、いまは内容が変わっているかもしれません。^^;

ランチタイムは混雑していますので、待つこと覚悟の上でお越しを!

道の駅 こまつ木場潟
石川県小松市蓮代寺町ケ2番2
TEL 0761-25-1188
営業時間
直売所 8:30~18:30(11~3月は18:00まで)
味処 四季彩
9:00~18:30(4~10月)L.O.18:00
9:00~18:00(11~3月)L.O.17:30


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

5月分のネタはまだ続きますが、とりあえずこの辺で、恒例の未公開編は5月分です。

今年のGWは休みの日は比較的いいお天気だったと思います。

風と緑の音楽祭や九谷焼茶碗まつりについては過去にアップしていますが、今日はそれらの合間に行ってきたところ、そして買ったものについて書きたいと思います。

まずは、5月5日のこどもの日に小松市内で2か所、鯉のぼりを見にいきました。

こちらの鯉のぼりは恒例の木場潟ウォーキングとしたとき、南園地のところで写したものです。
木場潟 (5)

五月晴れの中、そよぐ風に気持ちよさそう泳ぐ鯉のぼり。新緑とも相まって心まで爽快になりました。

この時期、木場潟の周回コースを歩くと本当に気持ちがいいです。

こちらは、小松市の山のほうにある郷谷川沿いの景勝地「十ニヶ滝」にかかる鯉のぼりです。
鯉のぼり (2)

まさに鯉の滝登りを表現していますね。滝も雪解けで増水していて水しぶきも豪快。マイナスイオンもたっぷりでした。

そして、その足で向かったのは、今シーズンに初めて新酒の絞りを行った、あの伝説の日本酒杜氏、御年84歳のレジェンド農口尚彦氏の名前を冠にした「農口尚彦研究所」。

小松観音下町にあります。
濃口尚彦研究所

とても立派できれいな建屋です。相当な投資ですね。

費用の一部はクラウドファンディング集めています。私もネタ的に一口応募して、お礼として無濾過生原酒の720ml2本をもらっています。
濃口尚彦研究所 (2)

なお、その場での予約なしの試飲はやっていなくて、「酒事」というテイスティングと見学などはネットで予約者のみということになっていました。残念です。

酒ついでに、もう一つ。

こちらは妻が吉田蔵に行って買ったきた酒です。限定の「u yoshidagura」という酒です。
吉田蔵

約1年、熟成されていて爽やかな飲み口。少し甘みも感じる柔らかい酒でした。

お次はパンの話題で、ビロンです。
ビロン

小松でも老舗のパン屋さんで、時々私のブログでも登場するパン屋さんです。

ただ小松のパン屋さんも新規オープンしたところも多く競争激化。行っても昔ほど多くのお客さんがお店の中にいることはなくなった気がします。

私が食べたのはこちらの「トマトピッツァ(税別149円)」。ソフトな食感でトマトの酸味もきいていました。
ビロン (6)

娘には「シーフードドリア(税別199円)」です。
ビロン (3)

あと、レーズン食パンも買っています。
ビロン (7)

お店にはカフェスペースもあって、朝早くから営業しているので、今度一度利用してみたいと思います。ご馳走様でした。

ビロン
石川県小松市城南町27-1
TEL 0761-23-5779
8:00~18:00
月曜・第3火曜
月曜が祭日の場合は翌日休み

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

いよいよ昨日からGWが始まりましたね。

皆さんは、このGWはどのように過ごされれいるのでしょうか?

私はブログで何度も書いていますが、多客期は、混雑が予想されるところに遠出や旅行など行かないことにしています。

旅行料金も高いし、渋滞や人ごみのなか歩くのが嫌だし、見るにも食べるにも順番を待つことも嫌いなためです。^^;

今日は、朝は木場潟をウォーキングしてきました。
木場潟

快晴で風も少なく、多くの人がジョギング・ウォーキングをしていましたね。
木場潟 (11)

新緑の緑がとてもきれいで、湿度も少なく気持ちよく歩くことが出来ました。
木場潟 (9)

藤の花も咲いてきれい。
木場潟 (8)

ツツジもまだ大丈夫です。
木場潟 (6)

その後、木場潟道の駅に立ち寄り、いまが旬のタケノコを買い求めました。

朝どれのタケノコはまだ白くて柔らか。
竹の子 (2)

米ぬかと一緒に鍋に入れてあく抜き。
竹の子 (4)

大きい方は昆布と一緒に煮物に。とても美味しかったです。
竹の子 (7)

小さいほうは明日タケノコご飯にします。こちらも楽しみです。
安宅関

お次は安宅の関に4月27日に一部オープンした安宅ビューテラスについて。
安宅ビューテラス (5)

昨年秋からリニューアル工事のためクローズされていましたが、装いも新たにオープンしています。リニューアルの設計を担当したのは、家楽舎の木田さんでした。
安宅ビューテラス (6)

今回は物販エリアのみのオープンで、カフェは6月以降になるようです。
安宅ビューテラス (10)

ご覧のようにまだ内部はガラ~ンとしています。
安宅ビューテラス (7)

安宅の海岸もきれいに見えます。

日本海に沈む夕陽がきれいに見えそうです。

GWの後半は少しお天気も崩れる予報ですが、はてさてどうして過ごすかな……?

九谷茶碗まつり山中漆器まつりも始まります。どちらも多くの人で賑わうでしょうね?

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日から4月になりましたが、一気に春爛漫になってきましたね。

今年は記憶にないほどの寒い冬でしたが、私は何とか風邪もひかずに乗り切ることが出来ました。皆さんのほうはいかがでしたでしょうか?

さて、この土日は福井に行ったり、小松の桜を見てまわりました。

桜も週末に開花したと思ったら、あっという間に満開になったところもあります。

今日はそんな桜の状況を中心に書きたいと思います。

土曜日は福井に行く用事があり、そのついでに買い物をした場所のとなりにあったのが、「福井市グリフィス記念館」。
グリフィス館 (9)

明治に福井藩に雇用された米国人教師ウィリアム・E・グリフィスが暮らした洋風住宅を復元したものでした。
グリフィス館 (7)

内部はこんな感じで、明るくて当時の暮らしを知ることが出来ます。
足羽川桜

そして近くの足羽川に行き、数分だけ花見を。このあたりの桜は満開に近かったです。
雄島 (2)

福井行きの道中、いいお天気だったので雄島にも立ち寄りました。漁港も近いので潮の匂いがしました。

そして日曜日の朝は、木場潟ウォーキング。

今日もいいお天気でたくさんの人がウォーキングやジョギングをしていました。
木場潟桜 (8)

ぼんぼりも飾られていて、お花見の風情も整っていましたが、木場潟の桜は2~3分咲き程度。
木場潟桜 (7)

ところどころの桜は、ご覧のように5~6分程度咲いている木もありましたが、まだ満開までには少しかかりそうでした。
木場潟桜 (2)

福井の足羽川は満開に近かったし、富山も今年は早いということ。小松は少し遅れていますね。

お次は小松の桜の名所の一つ、芦城公園です。
芦城公園桜 (4)

こちらは小松の標準木です。
芦城公園桜 (8)

木場潟に比べて、芦城公園の桜は満開に近い感じでした。

園内では多くの家族連れやグループが花見に来ていて賑わっていましたね。

今晩もライトアップされて、夜桜見物の人で賑わうでしょう?

最後にもう一つ、小松の桜の名所、布橋十二ヶ滝にも行ってきました。
十二ヶ滝

郷谷川にかかる12筋の滝があって、その堤防に桜があるのですが、こちらは少し山あいに入ったところなので、まだ桜は1~2分咲きでした。

来週あたりが見頃になると思われます。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ