あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:木場潟

今日から4月になりましたが、一気に春爛漫になってきましたね。

今年は記憶にないほどの寒い冬でしたが、私は何とか風邪もひかずに乗り切ることが出来ました。皆さんのほうはいかがでしたでしょうか?

さて、この土日は福井に行ったり、小松の桜を見てまわりました。

桜も週末に開花したと思ったら、あっという間に満開になったところもあります。

今日はそんな桜の状況を中心に書きたいと思います。

土曜日は福井に行く用事があり、そのついでに買い物をした場所のとなりにあったのが、「福井市グリフィス記念館」。
グリフィス館 (9)

明治に福井藩に雇用された米国人教師ウィリアム・E・グリフィスが暮らした洋風住宅を復元したものでした。
グリフィス館 (7)

内部はこんな感じで、明るくて当時の暮らしを知ることが出来ます。
足羽川桜

そして近くの足羽川に行き、数分だけ花見を。このあたりの桜は満開に近かったです。
雄島 (2)

福井行きの道中、いいお天気だったので雄島にも立ち寄りました。漁港も近いので潮の匂いがしました。

そして日曜日の朝は、木場潟ウォーキング。

今日もいいお天気でたくさんの人がウォーキングやジョギングをしていました。
木場潟桜 (8)

ぼんぼりも飾られていて、お花見の風情も整っていましたが、木場潟の桜は2~3分咲き程度。
木場潟桜 (7)

ところどころの桜は、ご覧のように5~6分程度咲いている木もありましたが、まだ満開までには少しかかりそうでした。
木場潟桜 (2)

福井の足羽川は満開に近かったし、富山も今年は早いということ。小松は少し遅れていますね。

お次は小松の桜の名所の一つ、芦城公園です。
芦城公園桜 (4)

こちらは小松の標準木です。
芦城公園桜 (8)

木場潟に比べて、芦城公園の桜は満開に近い感じでした。

園内では多くの家族連れやグループが花見に来ていて賑わっていましたね。

今晩もライトアップされて、夜桜見物の人で賑わうでしょう?

最後にもう一つ、小松の桜の名所、布橋十二ヶ滝にも行ってきました。
十二ヶ滝

郷谷川にかかる12筋の滝があって、その堤防に桜があるのですが、こちらは少し山あいに入ったところなので、まだ桜は1~2分咲きでした。

来週あたりが見頃になると思われます。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

北陸地方は、この週末の土日は久しぶりにいいお天気に恵まれました。
白山 (7)

このいい天気に誘われて、小松市内で最近ニュースとなった場所に行ってみました。
小松天満宮 (4)

まずは、小松市を流れる梯川。先月19日に計画から43年間かかってやっと完成した梯川の改修工事の竣工式が行われたようです。
梯川 (2)

この工事では、国重要文化財に指定されている小松天満宮の浮島化が行われています。
白山

行ったのは夕方で、この時期としては珍しく白山もいいお天気で、夕日がうっすらと白山をピンク色に染めていました。
梯川 (11)

この後、益々本格的な冬になっていくと、なかなかこんないい景色を見ることもできなくなるので、思わず写真を写しました。

お次は小松駅前に完成した「こまつアズスクエア(Komatsu A×Z Square)」について。
プロント (2)

元は「大和小松店」があった場所に、新しいビルが完成して12月1日にオープンしました。
プロント (12)

2022年度末の北陸新幹線の延伸開業を控えて、小松駅前に賑わいを創出するために作られたビルで、4~8階には「ホテルグランビナリオKOMATSU」が、2~3階には小松公立大学が核のテナントとして入ります。
プロント (3)

「ホテルグランビナリオKOMATSU」は、サンルート小松の運営会社が運営しています。ビジネス系のホテルしかなかったのですが、こちらはそれよりハイクラスで、いわゆるシティホテルに近いのかな?

また小松公立大学は来年4月開校の予定です。
プロント (8)

他には1階に育児支援施設「カブッキーランド」や、
プロント (11)

プロントもありました。プロントは石川県初出店だそうです。石川県にこれまでなかったんですね!?意外でした。
こまつアズスクエア (3)

夜は窓にカラフルなシート?が張られ、きれいです。

最後は私のブログでも時々登場する木場潟の話題です。
木場潟 (17)

いつもウオーキングしていますが、冬の間は雨や雪が降ると歩かないので、12月にこんなにいいお天気のもとで歩くことが出来るのは珍しいこと。
木場潟 (21)

白山もきれいに見えて、とても気持ちよく歩けました。

そして途中立ち寄ったのは、新しき建物が完成した「カヌートレーニングセンター」。
木場潟 (18)

内部も含めて完成するのは12月16日ですが、完成すると、東京五輪・パラリンピックのナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点に指定されている木場潟カヌー競技場の充実がさらに図られて、カヌーの競技力向上に威力を発揮すると期待されている施設なのです。

さて以上、小松の3か所の新しい話題を紹介しましたが、街づくりに終わりはありませんね。これからも進化していかないと、人口減少に歯止めがかかりませんから。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

木場潟は、私がよくウォーキングで一周する場所です。

一周6.4kmを一時間弱の時間をかけてウォーキングするのですが、ちょうどいい距離で、かつきれいな景色を眺めながら気持ちよく歩くことが出来ます。

昔、歩き出したころは、まだ舗装もしていなかったところがあったりしたのですが、徐々に整備が進み、一昨年の全国植樹祭のときにも一気に整備が進んで、特にその中でも西園地は、木場潟と白山をベストビューで望める場所とうことで、全国植樹祭のときに立派な展望休憩施設も作られています。
そして、その展望休憩施設の隣に出来たのが、今回紹介するアクアテラス・ダイニング「ラーゴ・ビアンコ(LAGO BIANCO)」なのです。
運営は、サンルート小松や、今度新しく小松駅前にオープンするホテル「グランビナリオKOMATSU」などを運営するHifリゾート株式会社が公募によって選ばれています。

大手コーヒーメーカーや地元フルーツショップとタイアップしています。前に「地元フルーツショップ」は「たちばな」だと新聞か何かで見たことがあったと記憶しているのですが、お店では、スムージーに使われるフルーツなどでタイアップしているのでしょう。

ラーゴ・ビアンコとはスイスにある湖の名前ですね。

朝から夕方まではカフェ。夜はダイニングで営業しています。

私も最初は、混雑が落ち着いたら行ってみたいと思っていましたが、ダメ元で電話してみたら、お昼前の時間、まだ空いているということだったので、急きょ行ってみることにしました。
11時50分ごろにお店に到着。この時間帯はまだ数人の先客がいただけでした。この日は朝8:30からオープンしているので、逆に午前のはやい時間のほうが混雑していたのかもしれません。
店内は広いです。そして大きなガラス窓のおかげで店内も明るく、木場潟や白山もきれいに見ることが出来ます。

ただ、この日はあいにくの曇り空で、白山は見ることが出来ませんでした。

お店はカフェタイムはセルフサービスです。

オープンしたてと言うことで店員も多く働いていました。まだ慣れていないようでしたね。

入口でオーダーして、出来上がったらカウンターまで取りに行く必要があります。個人的にはいつも思うのですが、それほど順番が出来るような客数が来ることはないと思われるお店では、セルフサービスは止めたほうがいいと思っています。
カフェは飲み物は別として、食べ物としては基本「マッシュ&チョップドサラダ(税込900円)」の一種類のみ。

チョップドサラダには、色々な野菜が15種類ほどとアーモンドが入っています。色とりどりで見た目も鮮やかですね。
上に乗せるマッシュは6種類の中から2つを選ぶことが出来ます。
ラーゴビアンコ1

私は、「ツナと枝豆」と「アンチョビエッグ」を。妻は「カボチャとひき肉のスパイシー炒め」と「ネギとコーンビーフ」をチョイスしました。
そして、この基本の「マッシュ&チョップドサラダ」に、パンと本日のスープがセットになって、+300円(税込)。我々はそれにしました。合計で1,200円になります。「マッシュ&チョップドサラダ」テイクアウトも可能でした。
ラーゴビアンコ (16)

スープはこの日はミネストローネ。パンに添えられていたのはハチミツ?と柚子の甘いものでした。
おっと!妻のはドリンクセット(+250円)としてコーヒーもプラスしています。コーヒーは最新の「ドリップマスター」で淹れているようですね。
ちなみに、「マッシュ&チョップドサラダ」にはトッピッングも8種類設定がありましたが、それらもプラスしていくと結構高くなってしまいます。

見た目にはボリュームがあるようですが、これで計算すると500キロカロリーぐらいです。ヘルシーですね。
サラダの下のほうには大麦ライスと玄米フレークもたっぷり入っていて、これらで腹持ちをカバーしていると思います。

カロリー少なくてもお腹はそれなりに膨れました。

カフェの営業は16:30までで、17:30からはディナー営業。イタリアンと和懐石のコラボ料理が楽しめるそうです。ご馳走様でした。

ラーゴ・ビアンコ
石川県小松市今江町ち
TEL 0761-21-1281
Cafe8:30~16:30
(Lunch11:00~15:00)
Dinner17:30~21:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

土曜日の午後3時ごろから今日までいいお天気が続いています。
秋麦

梅雨入り前。麦も収穫を迎える「麦秋」も終わりに近づき、初夏を迎えて爽やかな日でした。

さて、今日はグルメから離れての内容です。

昨日から小松市の木場潟公園では花菖蒲まつりが開催されています。

18日(日)までの期間中。ウォーキング大会、花菖蒲講習会、こまつ姫御前撮影会などのイベントが行われれていて、これらのイベントは主に11日の日曜日開催が中心。ちょうどこの今週末の日曜日ころが花菖蒲の見ごろでしょう?
木場潟1 (3)

この写真は土曜日の午後遅くの写真で、南園地の花菖蒲畑は2~3分咲きくらいでした。

主に白と紫の花が咲いていて、これから色々な色の花が咲いて見ごろを迎えます。

アヤメ類の総称として花菖蒲をアヤメと呼ぶことも多いようで、また花菖蒲はアヤメ科アヤメ属です。しかし厳密に言えば花菖蒲とアヤメは種類が違うようです。ややこしいですね。

「いずれがアヤメかカキツバタ」という慣用句がある通り、カキツバタがこれに加わると花のことにてんで疎い私にはどれがどれだけよくわかりません。^^;

ちなみに、「いずれがアヤメかカキツバタ」の意味は、どれも素晴らしく優劣は付け難い、または見分けがつきにくい、という意味ですね。ははは。まさにその通りです。

そして昨日の日曜日。道の駅瀬女まで車で走りました。
伝好 (26)

11時少し前に着いたのですが、駐車場にはバイクのツーリングの人が休憩を取るために多くのライダーがいました。

梅雨入り前までの今の時期。バイクのツーリングにもいい季節です。

この日も日影に入ると少し肌寒かったですが、空が青くて気持ちよかったです。

道の駅の目の前。前はかんぽの郷があった(今でも建物はそのままですが)ところの隣に、何やら建設中の建物が。
伝好

看板を見ると国際高等専門学校(INTERNATIONAL COLLEGE OF TECHNOLOGY)となっていました。

金沢に本校があって、こちらは2018年2月完成予定で白山麓キャンパスになるようです。
一瞬、こんなところに??と思いましたが、環境にいいところで勉強もいいかもしれませんね!?

道の駅では、野菜ととち餅を買い求めました。

この日、道の駅瀬女へはランチを食べに行ったので、その時の内容は後日アップします。

もうすぐ、蒸し暑い梅雨の季節が到来します。皆さんも健康に十分お気をつけてください。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

毎年お招きいただく木場潟湖畔の「家楽舎-木田智滋住宅研究室」でのお花見。今年も参加してきました。

今年の桜の開花は、ここ3~4年より遅めでしたが、その後一気に開花が進み満開までは早かった気がします。そして、残念ながら今回の木田邸の庭の桜は葉桜ということで、木場潟湖畔の桜並木を借景しての花見となってしましました。^^;
木田邸

もっとも我々は、花より団子&会話です!(笑い)

ホスト役の木田さんは、小松の木場潟湖畔にオフィス兼ご自宅を構えていらっしゃいます。
木田邸 (3)

広い庭越しに木場潟と白山を借景に雄大な景色。そして、素敵な方々とも素晴らしい「場」を愉しむことが出来るお花見は、それは最高の贅沢と言えます。
木田邸 (17)

そんな花見の席に私も毎年お呼び頂いていて、とてもうれしい限りです。

この会は毎回、各自が料理やお酒を持ち込みます。
旬庵

私は、今年は「味茶房旬庵(あじさぼうじゅんあん)」にお願いして、春にちなんだ料理を作っていただきました。

東酒造 (9)

あと、恒例の日本酒「神泉」。今年はにごり酒を持っていきました。何と!東酒造に残っていた今年最後の一本という貴重なにごり酒でした。

他の皆さんは手料理や地域の名物料理など、美味しそうなものばかり。

14時に始まった会は、楽しい皆さんとの会話、そして美味しい酒を料理によって、あっという間に時間が経ちました。

この日の参加メンバーも多彩な方々が揃っています。
木田邸 (25)

金沢の整形外科の北山クリニックの院長、北山先生。力石ひとみさん演奏のバンドネオンに合わせてタンゴを歌ってくださいました。

昨年、私のブログで紹介しましたが、リンボウ先生こと林 望さんと一緒に「タンゴの時代」というコンサートを金沢で開いていて、その中の一曲ですね。
木田邸 (13)

こちらは加賀市の陶芸家の山下 一三さん
茶房古九谷 (22)

大聖寺の石川県九谷焼美術館の傘立てなど、ユニークで温かみのある造形と色使いの九谷焼を作られています。
山下一三さん

こちらは、器と共に持ってきていただいたお料理です。山下さんの息子さんが金沢でやっている地ビールのお店「Craft Beer Dive Futa's」の料理ですね。美味しそうです。

ちなみに私は今週末、山下さんの工房にもお邪魔してきます。

毎年参加される、元北陸先端大の先生をしていたプライニング ノルベルトさんも、昨年誕生した娘さんと奥さまを連れて参加していました。
木田邸 (21)

とってもかわいいお嬢さんでしたよ!
木田邸 (20)

金沢美術工芸大学の環境デザインの教授、坂本英之さんは2年ぶり。こちらは奥さま手作りのケーキです。

木田邸の花見は今年初めて?まちづくりコーディネーターで法政大学の教授の水野雅男さん.

建築家で吉村寿博建築設計事務所所長の吉村寿博さん。

など、今年も多彩な顔ぶれでした。

では皆さんが持ってこられた料理についても紹介します。
木田邸 (10)

こちらの「鮒ずし」も何と!手作りです。
木田邸 (8)

季節の竹の子ごはんです。

もちろん、ホストの木田さんの奥さまの美味しい手料理もありました!
木田邸 (11)

他にもたくさん美味しいものが並んでいて、どれを食べようか目移りして大変。そして、案の定、飲み過ぎでした。^^;

木田さんと奥さま、毎年お呼び頂きありがとうございます。そして片付もせず帰宅したことお許しください。ご馳走様でした。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ