あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:木場潟

先日のシルバーウイークから本格的に旅行する人が増えているような気がします。

10月に入ると「Go to トラベル」キャンペーンに東京が対象に加わり、さらにその流れが加速するようです。

一方、このコロナ禍において、星野リゾートの星野代表が提唱するマイクロツーリズムという言葉を初めて知ることになりました。

まぁ、近場の旅行という意味なので、特段新しくできた用語ではないとは思いますが、横文字だと何となくいいイメージで捉えられていますね。

今日は、シルバーウイークの白峰まで足を延ばしたときの話題です。プチ・マイクロツーリズムです。

さて本題です。白峰地区はご存じの通り豪雪地帯です。
白峰 (12)

冬になると多くの雪が積もり、いまでこそ道が整備されて真冬でも車で行き来は簡単なのですが、昔は住んでいる人にとっては、冬の間はまさに「籠る」という言葉がぴったりくるような生活を送っていたわけです。

そんな白峰には、重要伝統的建造物群保存地区、いわゆる「重伝建地区」があります。
白峰 (10)

この日はそんな重伝建に登録されている「山岸十郎右衛門家」が一部公開されているという情報を聞いて出かけることにしたわけです。
白峰 (9)

白峰は江戸時代は幕府直轄地(天領)だったところで、旧山岸家は白山ろく十八か村における取次元(大庄屋)を勤めた家柄。旧山岸家住宅は、そんな大庄屋がいまから180年前に建てた家屋なのです。いまはだれも住んでいなくて白山市が所有管理しています。

入館料は無料で、地元の方の説明も受けることができます。
白峰 (5)

公開は一部のところのみで、立派だったであろうお庭の側から入り、縁側越しに見ることができます。家の中には入ることができません。
白峰 (4)

仏間の立派な天井が印象的でした。

11月3日までの土・日・祭日、10時~16時で公開されています。

最後にグルメブログとしてグルメネタを一つ。

この帰りに立ち寄ったのが、山下ミツ商店
山下ミツ商店 (4)

堅豆腐が有名ですが、国産大豆と天然にがり、そして霊峰白山の名水を原料に使った商品を色々作っています。
山下ミツ商店

買い求めたのは「焼きいなり」。
山下ミツ商店 (5)

これは元々は加賀市の加賀守岡屋が売り出したもので、羽田空港で空弁としても人気となっています。

使われている厚揚げがこちらの山下ミツ商店のもの。

羽田空港でちゃんとしたパッケージのを買うと、800円ほどしたと思うのですが、こちらの山下ミツ商店で買うと500円でした。

加賀守岡屋で作っているのではなく、山下ミツ商店で作っているのでしょうが、味的にはほぼ同じではないでしょうか?
山下ミツ商店 (6)

2個入りで「鶏ごぼう」と「ちらし」。出汁がしみ込んでいる分厚くて大きい油揚げの中に「鶏ごぼう」と「ちらし」が詰められていました。

私は「ちらし」を食べています。

香ばしい大豆の風味と酢飯の相性もよかったです。ご馳走様でした。

山下ミツ商店(白峰工場)
石川県白山市白峰イ23
TEL 076-259-2024
10:0018:00
木曜休


最後に9月21日から営業が始まった小松の木場潟の流し舟の話題について。
木場潟 (13)

木場潟公園の南園地のところで、今年は11月29日までの土曜と日曜そして祝日に9時と11時の2便、予約制で運航されていて、運航時間は20分程度。乗船料は一人500円です。
木場潟 (12)

舟は加賀市の旧大聖寺川で観光船として使ったものを譲り受けています。

私も一度は乗船してみたいと思います。皆さんも是非。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨日から4連休になり、先週末あたりから石川県では一気に過ごしやすくなりました。

だんだんと日が短くなってきますが、いよいよ秋本番の様相です。

秋になると、食欲の秋!スポーツの秋!芸術の秋!など色々なフレーズが出てきます。

今朝はこれらの話題を書きます。

まずは私のブログのテーマ「食欲の秋」です。

もっとも、毎日「食欲の秋」の内容をアップしているので、あえて書く必要がないのかもしれません。

9月1日には底引き網が解禁になって、店頭に並ぶ魚の種類が増えました。
木場潟道の駅

また、道の駅では新米が店頭に並ぶなど、秋の味覚の選択肢が多くなってきましたね。

我々にとって「食欲の秋」に必要不可欠なアイテムがお酒!日本酒については、秋といえば「ひやおろし」の季節です。

「火入れ」と呼ばれる2度目の加熱処理をしないで、常温の意味の「冷や」の状態で「卸す」ことから「ひやおろし」と呼ばれています。

いつも買っている小松市の酒蔵「東酒造」の神泉。妻がいつの間にかケース買いしていました!(^^;
神泉 (2)

絞りたてのころからは程よく熟成され粗さが取れて、まろやかな味わいが出て、飲みやすくていい出来でした。

お次は「スポーツの秋」です。

暑さが少し落ち着いてきた8月末から毎週のように木場潟を1周ウォーキングしています。
木場潟 (9)

昨日も妻と木場潟に向かい、前日の雨のおかげで澄んだ空気の中、いいお天気の中爽快な気分でウォーキングできました。
木場潟 (10)

蒲の穂も実っています。
木場潟 (4)

カヌーコースでは、大学のカヌースプリントの選手たちの合宿でしょうか?多く集まっていました。
木場潟 (3)

先週は同じ木場潟の公認コースで「日本カヌースプリント選手権大会」などが開催されていたので、その流れで継続して滞在しているのでしょう?

最後は「芸術の秋」について。

私もよく知る敷地屋亜紀さんが、山代温泉で「Art Gallery ブルーリズム」をオープンさせたと聞いて昨日行ってきました。

彼女はフラダンス教室を主宰していて、最近はヨガのほうも教えているようです。
I.M.Hiroshi (7)

山代温泉通り商店街にオープンした「コンセプトサロン月月」の共同経営者としてキュレーターとなり、彼女は月の後半の期間を「Art Gallery ブルーリズム」として開いているのです。
I.M.Hiroshi (4)

9月は福井県出身のアーティストI.M.Hiroshiさんの公開アトリエでした。
I.M.Hiroshi  (3)

二十歳のころから世界中を巡って絵を描き「お日さまを昇らせる画家」として知られるI.M.Hiroshiさんについても昔からよく存じ上げていて、彼の九谷焼のビアグラスなどを持っています。
I.M.Hiroshi (8)

彼の絵を見ていると、気持ちが華やかになって元気が出てきます。
I.M.Hiroshi (5)

ギャラリーでI.M.Hiroshiさんが絵を描くところも見学できるようで、約5年ぶりぐらいにお会いしたので楽しく見学できました。
I.M.Hiroshi (9)
I.M.Hiroshi (10)

で、こんなお茶碗を買い求めて、家でさっそく料理を盛る皿として使用しました。

無料で見学できるので、皆さんも是非行ってみてください。

I.M.Hiroshi公開アトリエ
石川県加賀市山代温泉温泉通り51-1
 コンセプトサロン月月
 Art Gallery ブルーリズム
9月17日(木)~27日(日)
12:00~17:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私もウォーキングなどでよく行く木場潟。

その木場潟の東側にある町は木場町といいます。
伊い佐 (7)

木場町には木場温泉という日帰り温泉があります。ご近所の方々が入浴に来られているような温泉ですが、お隣には「湖山荘」という旅館があって、今日紹介します「お食事処 伊い佐」はその中にあるのです。
伊い佐

私もつい最近まで知らなかったのですが、旅館で出されるような本格和食がリーズナブルに食べることができるということで行ってきました。
伊い佐 (2)

8月のお盆前のとある土曜日。12:10ごろお店に到着。なかなか趣のある外観です。
伊い佐 (3)

店内に入るとすぐ右手にカウンター席。左のほうにテーブル席があります。一組先客がいらっしゃいました。

お店はオーナーでしょうか?男性の調理人のかたが切り盛りされていましたが、奥に女性が裏方?でいらっしゃるようで、お聞きすると、旅館の「湖山荘」はコロナ禍でご多分に漏れず宿泊客が大幅減だそうです。

例年だと学生などの合宿で利用されることが多いということですが、今年はすべてキャンセル。厳しいと話されていました。
伊い佐 (4)

こちらがランチメニュー。安いです。
伊い佐 (5)

調理場の後ろには夜のメニューがいろいろ出ています。和食中心ですが中華メニューもありますね。

私はランチメニューの中から選んだのは、「天ぷら+そうめん(税込700円)」。
伊い佐 (8)

まず、小鉢の煮物が出されます。

天ぷらはオーダーが入ってから揚げられていました。そのため熱々。

天ぷらは見た目はそれほど熱さが伝わらない料理だと思います。外は穏やかでも中は蒸し焼きにされて燃えているのです。それに衣がしばらく熱を逃がさない!?

普通に食べたら意外に熱く、上あごに少々やけどしてしまいました。(^^;
伊い佐 (10)

そして写真ではわかりにくいかもしれませんが、ボリュームがすごかったです。海老2尾、ピーマン、オクラ、カボチャ、サツマイモ、玉ねぎ、ナス、白身魚、あと何があったかな?イカもあったかな?多くの種類で満足です。
伊い佐 (9)

そして、主食のそうめんです。冷水でしめられたそうめんでひんやり食べることができます。そうめんはそれほどボリュームがあるわけではありませんでしたが、天ぷらだけでもお腹がそこそこ膨れると思います。

天ぷらとそうめんのコンビは、ランチのセットメニューとしては他店ではあまり見かけないと思います。

何れにせよ、この内容で税込700円とは驚きです。
伊い佐 (11)

妻は、こちらの「サバ焼き定食(税込650円)」を頼んでいます。

サバも注文を受けてから焼いていました。

穴場と言っては失礼だと思いますが、そんな意外な発見のお店でした。ご馳走様でした。

お食事処 伊い佐
石川県小松市木場町む20
TEL 0761-44-3596
11:30~13:30
17:00~21:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松市にある「道の駅こまつ木場潟」の直売所「じのもんや」では小松市産の安全・安心な農産物・特産物が売られています。
道の駅木場潟

人気の道の駅で週末などは多くの人で賑わっていて、お昼前後は駐車場も混雑しています。

私も毎週のように地元の野菜などを買い求めるために利用しています。

さて小松市の農産物の中で出荷が多く人気の高い野菜としてトマトが挙げられます。
道の駅木場潟 (11)

春から秋にかけて色々なトマトが出荷されていて、北陸3県では一番の出荷量を誇っているのです。
道の駅木場潟 (9)

そんなトマトを使ってJAなどが商品開発した「こまつもんブランド」の商品がたくさんあって、こちらの直売所「じのもんや」でも多くの種類が売られているのです。
道の駅木場潟 (12)

今回、店内のレストラン「レストラン味処四季彩」で夏メニューがスタート!このトマトを使ったメニューを食べてきたので紹介したいと思います。

夏メニューとしては「冷しトマトらーめん」「冷しかき揚げ小松うどん」「冷し丸いもとろろそば」などがあって、私は今回「冷しトマトらーめん(税込650円)」を食べてみました。
道の駅木場潟 (2)

こちらは通常メニューです。
道の駅木場潟 (3)

食券を買うと自動的にオーダーが通ります。便利です。
道の駅木場潟 (4)

飲食するエリアは広く多くの人が飲食できるのですが、いまはコロナ禍のなか、カウンター席のイスは間引きされて、一人一人の間にはアクリル?の仕切り。テーブル席にも間には仕切りが設置されていました。

数分待ったでしょうか?番号が呼ばれカウンターに取りに行きました。
道の駅木場潟 (5)

「冷しトマトらーめん」は紅白の色合いでビジュアル的には涼しげな感じです。

白いのはネギではなく大根の千切りです。

トマトはルイベ状態というか、だいぶ凍った状態のものが多く、そのまま食べるとかき氷のようでトマトの酸味と相まって、クール感が半端ない感じ。^^;

出汁も効いていて、甘さはあまりなくトマトの酸味もあって、本当に夏向きの冷麺でした。
道の駅木場潟 (7)

麺は中細のストレートで、こちらはコシが半端なくあって、噛み応えがありました。

まだ湿度がない爽やかな日だったのですが、これから暑くなると、このギンギンに冷えた「冷しトマトらーめん」が食べやすくなってくるだろう?と思います。ご馳走様でした。

レストラン味処四季彩
小松市蓮代寺町ケ2番2
 道の駅こまつ木場潟内
TEL 0761-25-1188
直売所 8:30~18:30(11月~3月は18:00まで)
レストラン9:00~18:30(4月~10月)L.O18:00
9:00~18:00(11月~3月)L.O.17:30
1月・2月の間は水曜休、正月 1月1日~3日
それ以外は無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

「ヨシタベーカリー」といえば小松市内でも人気トップクラスのベーカリーです。

わざわざ遠くからもこちらのパンを買い求めに来るお客さんも多いと聞きます。

ただ人気なので午前中でも売切れのことが多く、前には、行ったけどパンがほとんど売切れだったことも二度や三度ありました。

会社がお休みだった平日の朝、木場潟をウオーキングした後で買いに寄りました。
ヨシタベーカリー (8)

緑に囲まれた素敵なお店です。
ヨシタベーカリー (7)

店内でイートインできます。コーヒーも頼めて、2階から眺める木場潟の景色も格別です。もっとも、いまは北陸新幹線の延伸工事でイマイチ景観がスポイルされていますが…。

朝8:30オープンで私は8:50ごろお店に到着しました。

さすがに平日のこの時間はパンがたくさん並んでいました。

それでもお客さんは数組買いに来ていました。さすが人気のお店です。
ヨシタベーカリー (5)

今回これらのものを買い求めたので紹介します。
ヨシタベーカリー (10)

私は少々お高い「キッシュ・カレー(300円)」を食べています。
ヨシタベーカリー (14)

半分に切るとこんな感じです。

クルミやジャガイモ、玉ねぎを使い、2種類のチーズとカレーの風味、そしてブラックペッパーが効いた美味しいキッシュでした。
ヨシタベーカリー (12)

妻はこちらの「ハチミツとたっぷりオレンジピールが入った天然酵母パン(180円)」を食べています。
ヨシタベーカリー (13)

あと後日のランチ用として「オレンジとクルミ、レーズンが入ったイチジクパン(420円)」も買って、スライスして冷凍していました。
ヨシタベーカリー (11)

娘にはピリ辛のチョリソソーセージのパン(190円)です。

さすがに人気のお店なので、どんなパンを食べても美味しく、また食べたくなることは間違いないですね。ご馳走様でした。

ヨシタベーカリー
石川県小松市矢崎町ネ91-1
TEL 0761-48-7450
8:30~19:00
火・水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ