あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:木場潟

小松市にある「道の駅こまつ木場潟」の直売所「じのもんや」では小松市産の安全・安心な農産物・特産物が売られています。
道の駅木場潟

人気の道の駅で週末などは多くの人で賑わっていて、お昼前後は駐車場も混雑しています。

私も毎週のように地元の野菜などを買い求めるために利用しています。

さて小松市の農産物の中で出荷が多く人気の高い野菜としてトマトが挙げられます。
道の駅木場潟 (11)

春から秋にかけて色々なトマトが出荷されていて、北陸3県では一番の出荷量を誇っているのです。
道の駅木場潟 (9)

そんなトマトを使ってJAなどが商品開発した「こまつもんブランド」の商品がたくさんあって、こちらの直売所「じのもんや」でも多くの種類が売られているのです。
道の駅木場潟 (12)

今回、店内のレストラン「レストラン味処四季彩」で夏メニューがスタート!このトマトを使ったメニューを食べてきたので紹介したいと思います。

夏メニューとしては「冷しトマトらーめん」「冷しかき揚げ小松うどん」「冷し丸いもとろろそば」などがあって、私は今回「冷しトマトらーめん(税込650円)」を食べてみました。
道の駅木場潟 (2)

こちらは通常メニューです。
道の駅木場潟 (3)

食券を買うと自動的にオーダーが通ります。便利です。
道の駅木場潟 (4)

飲食するエリアは広く多くの人が飲食できるのですが、いまはコロナ禍のなか、カウンター席のイスは間引きされて、一人一人の間にはアクリル?の仕切り。テーブル席にも間には仕切りが設置されていました。

数分待ったでしょうか?番号が呼ばれカウンターに取りに行きました。
道の駅木場潟 (5)

「冷しトマトらーめん」は紅白の色合いでビジュアル的には涼しげな感じです。

白いのはネギではなく大根の千切りです。

トマトはルイベ状態というか、だいぶ凍った状態のものが多く、そのまま食べるとかき氷のようでトマトの酸味と相まって、クール感が半端ない感じ。^^;

出汁も効いていて、甘さはあまりなくトマトの酸味もあって、本当に夏向きの冷麺でした。
道の駅木場潟 (7)

麺は中細のストレートで、こちらはコシが半端なくあって、噛み応えがありました。

まだ湿度がない爽やかな日だったのですが、これから暑くなると、このギンギンに冷えた「冷しトマトらーめん」が食べやすくなってくるだろう?と思います。ご馳走様でした。

レストラン味処四季彩
小松市蓮代寺町ケ2番2
 道の駅こまつ木場潟内
TEL 0761-25-1188
直売所 8:30~18:30(11月~3月は18:00まで)
レストラン9:00~18:30(4月~10月)L.O18:00
9:00~18:00(11月~3月)L.O.17:30
1月・2月の間は水曜休、正月 1月1日~3日
それ以外は無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

「ヨシタベーカリー」といえば小松市内でも人気トップクラスのベーカリーです。

わざわざ遠くからもこちらのパンを買い求めに来るお客さんも多いと聞きます。

ただ人気なので午前中でも売切れのことが多く、前には、行ったけどパンがほとんど売切れだったことも二度や三度ありました。

会社がお休みだった平日の朝、木場潟をウオーキングした後で買いに寄りました。
ヨシタベーカリー (8)

緑に囲まれた素敵なお店です。
ヨシタベーカリー (7)

店内でイートインできます。コーヒーも頼めて、2階から眺める木場潟の景色も格別です。もっとも、いまは北陸新幹線の延伸工事でイマイチ景観がスポイルされていますが…。

朝8:30オープンで私は8:50ごろお店に到着しました。

さすがに平日のこの時間はパンがたくさん並んでいました。

それでもお客さんは数組買いに来ていました。さすが人気のお店です。
ヨシタベーカリー (5)

今回これらのものを買い求めたので紹介します。
ヨシタベーカリー (10)

私は少々お高い「キッシュ・カレー(300円)」を食べています。
ヨシタベーカリー (14)

半分に切るとこんな感じです。

クルミやジャガイモ、玉ねぎを使い、2種類のチーズとカレーの風味、そしてブラックペッパーが効いた美味しいキッシュでした。
ヨシタベーカリー (12)

妻はこちらの「ハチミツとたっぷりオレンジピールが入った天然酵母パン(180円)」を食べています。
ヨシタベーカリー (13)

あと後日のランチ用として「オレンジとクルミ、レーズンが入ったイチジクパン(420円)」も買って、スライスして冷凍していました。
ヨシタベーカリー (11)

娘にはピリ辛のチョリソソーセージのパン(190円)です。

さすがに人気のお店なので、どんなパンを食べても美味しく、また食べたくなることは間違いないですね。ご馳走様でした。

ヨシタベーカリー
石川県小松市矢崎町ネ91-1
TEL 0761-48-7450
8:30~19:00
火・水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は和食のお店のテイクアウトの紹介です。
和食屋南

小松市白嶺町にある「和食屋南」というお店で、調べたら私のブログでの紹介は約5年ぶりでした

知らないうちに月日は流れますね!?

前の私のブログの内容を見てもわかる通り、こちらのお店では、もともとランチ営業でお弁当形式のメニューをやっていました。

そのため、ランチでも出されていたお弁当形式のおかず類を詰めることで出来るのかもしれません。

当日10時半ごろのオーダーでしたが、その日のお昼でもokというのがうれしいです。(11時まで大丈夫なようです)

12時に取りに伺い、その足で比較的近くにある木場潟。今回は中央遠地まで出かけました。
和食屋南 (3)

中央遠地の木場潟公園センターの前にテーブルとイスが並べられているので、そこで食べることにしました。
木場潟 (2)

木場潟公園センターの軒下にはツバメの巣があって、そこにフンの落下防止のためビニール傘が下げられていました。ツバメが2羽かわいく傘にとまっています。
和食屋南 (2)

「和食屋南」のお弁当は、本格和食のお店でありながら税込1,200円というリーズナブルなお値段で楽しむことが出来ます。

和食だと、お弁当という狭いスペースの中にも和食のエッセンスが詰まっていますね!?
和食屋南 (4)

さすがにお刺身や椀物はありませんが、和え物・煮物・焼き物・蒸し物・揚げ物・酢の物・ご飯物などが少量ずつですが並べられていて、おかずのバリエーションが色々楽しめてよかったです。

まぁ、それでも揚げ物が多かったかな?

和食の味を1,200円で楽しめるのはやはりうれしいことです。またお店でも楽しみたいと思います。

なお、16(土)17(日)に末広テニスコート側駐車場にてドライブスルー販売が行われますが、そちらで限定の「のり弁当」を販売されるようです。こちらの方も是非どうぞ!

食べ終わってから、2015年5月にこの木場潟の中央園地を主会場に開催された「第66回全国植樹祭いしかわ2015」で、いまの上皇さまが天皇陛下の時にお手植えされた黒松の成長を見てきました。
木場潟 (4)

だいぶ大きくなりましたね。

さて、緊急事態宣言が解除されるまであと少しの辛抱です。もちろん、前の生活の戻れるわけではありませんが、何れにせよ店舗内で飲食が出来る日を心待ちにしています。ご馳走様でした。

和食屋南
石川県小松市白嶺町1-41
TEL 050-5890-0313(予約専用)
0761-23-3151(問合せ専用)
11:50~14:00(L.O.13:30)
17:30~23:00(L.O.22:30)
水曜休(日祝は夜のみ営業)
※この時期の営業時間はお店に確認願います


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

皆さんもそうだったと思いますが、GW期間中は基本「STAY HOME」でした。

このGWは温かい日が多く天気もおおむね良好な日が多かったため、一日中家に閉じこもりっぱなしだと、さすがに気が滅入りましたよね!?

我が家では買い物に行くときは出来るだけ妻か私かどちらか行くようにして、それ以外は家に居ましたが、うち2日だけランチを外で食べることにしました。

都会だと人口が多いため、公園でも人が多く集まりがちになりますが、小松のような田舎?だと3密状態は避けることが出来ます。

怖いウイルスですが、正しく恐れて対応しながら、出来る範囲で気分転換を図るほうがいいと思いましたね。

さて話は変わりますが、本格和食お店では、新型コロナウイルスの影響下でも、「じゃお弁当でも始めるか!}というわけにはいかないのではないでしょうか?

やはりお店ごとで色々な事情があることもそうですし、特に和食の場合は出汁が命!

お弁当だけにその出汁を作るといったことに躊躇などあるのかもしれませんが、素人の私には知る由もなし。

さて、今日は、そんな和食のお店が始めたテイクアウトのお弁当の話題です。

そのお店は小松市大領町にひっそりとある「食工房 花卯」です。
花卯

開店当初から3~4回ほどお邪魔していますが、ご主人は私がよく行く割烹「有川」で修業された方で、上品な料理の味には定評があります。

調べてみると6年前に行ったきりでした。^^;

こちらのお店もご多分に漏れず、緊急事態宣言が出されてから予約のみで客数を絞られて営業してきたようです。また、GW期間中は店内飲食はお休みでテイクアウト用のお弁当とオードブルのみの対応ということになっていました。

当日の朝予約でその日の昼でもOKというのがうれしいですね!(ただし状況によっては難しいのでお店のご確認願います)

お弁当は「季節のお弁当」として2種類設定されていて、穴子(税込1,600円)もしくは牛ステーキ(税込1,800円)。我々はその2種類とも買って、近くの木場潟で食べることにしました。(5月下旬まではサバ棒寿司もあります)
木場潟

木場潟は一周6.4kmの周回は時間的にも距離的にもちょうどいいので、いつもウォーキングで利用しているところです。

北園地の駐車場に車を停め湖畔の緑地に行きます。ここに何ヶ所かテーブルとイスが設置されていて、その位置関係も5~6mほど離れているので3密にならずに食べることが出来ました。
花卯 (5)

新緑の季節なので、余計、美味しく食べることが出来ますね。
花卯 (2)

お弁当ですが、立派な折に入れられています。
花卯 (8)

フタを開けるとこんな感じ。

お弁当でも手を抜かない丁寧な仕上げで、私は穴子弁当を食べましたが、煮物・揚物・サラダ・玉子・おつまみなどがきちんと並べられていました。

ご飯は煮穴子のせご飯で、白ご飯だと税込1,200円となるようです。

妻のほうは「ステーキ弁当(1,800円)」。
花卯 (3)

私のお弁当の穴子の代わりに牛ステーキが乗せられていて、他は内容は一緒です。
花卯 (9)

お弁当注文したら「丸いもの上生菓子(練切り)」がサービスでもらえました。通常は一個250円だそうです。

天気は曇り空でしたが暖かったので、市民も思い思い散策やジョギングなどを楽しんでいました。普段運動での利用が中心でしたが、たまには木場潟で美味しい空気を吸いながらの美味しいランチもいいものです。ご馳走様でした。

食工房 花卯
石川県小松市大領町そ126-2
TEL 0761-22-0029
11:30~14:00
17:30~21:00
月曜休
※緊急事態宣言発令中は変更されています


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨日、木場潟を一周ウォーキングしてきたついでに写真を写してきましたので紹介したいと思います。

いいお天気だったので多くの方が、散歩、ウォーキング、ジョギングなどを楽しんでいました。
木場潟 (14)

写真は人がいない時を狙って写しています。

新型コロナウイルスの影響で3密の場所には行くことが出来ないということで、どうしても人混みする場所は避け、屋外で他人との距離が取れる、このような場所に行くのでしょうね?若い人が多かったような気がします。

木場潟は一周6.4km。その周回の園路沿いに、2018年に植えられた桜を加えて約1,700本の桜によって桜回廊となっています。

桜は新型コロナウイルスの騒ぎなどは関係なくきれいに咲いていました。
木場潟 (5)

昨日あたり満開だったので、今日からは散り始めるのではないかと思いますが、まだまだ見頃です。

そして夕方に、小松の桜の名所である芦城公園にも立ち寄りました。
芦城公園

昼間はいいお天気でしたが、夕方は今にも雨が降り出しそうな感じになっていましたが、露店も何軒か出ていましたが、今年は新型コロナウイルスの影響で人出は極端に好きなく、お店の方も手持ち無沙汰ありあり。
芦城公園 (3)

もちろん、毎年シートを広げて行われている桜の木の下での宴は出来ません。
芦城公園 (2)

桜は若干散り始めでしたが、明日の日曜日のお昼は天気も回復して多くの市民が訪れることを願っています。


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ