あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:新横浜

新横浜駅周辺のランチの値段は千円前後のところが多いのではないでしょうか?

今日紹介します「華福菜館」は、ランチが800円以下で食べることが出来るという、新横浜エリアでは良心的な値段設定の中華料理屋さんです。
華福菜館 (2)

横浜アリーナの近くのビルの地下一階にあって、ランチ時は近くで働く多くのビジネスマンたちでにぎわいます。
華福菜館 (4)

中も広くて、赤色基調の中華イメージ満載。席も100席以上あるようです。近くに横浜アリーナがあるので、イベントなどあった時は賑わうのでしょうね?

店員さんも中国や台湾の方のようです。
華福菜館 (5)

メニューは、こちらのタブレットで見ます。ある意味凄いです。これでオーダーをするのかと思ったら、オーダーのほうは口頭で伝えるといったローカル手段でした。^^;

コスパのいいランチメニューは4種類設定されています。一種のみ税込750円。他の3種類は780円でした。
華福菜館 (3)

お店の前に出されているサンプルは、再考の余地ありだと思いました。あんまり美味しそうに見えないのです。^^;

私は「2種の海の幸とブロッコリー炒め」を頼みました。
華福菜館 (9)

出されたのがこちらです。

セットには、玉子スープ、おしんこ、何故か日本の豆腐、杏仁豆腐、そしてライスが付いてきます。ライスの量は多かったです。
華福菜館 (10)

メインの「2種の海の幸とブロッコリー炒め」には、エビとイカの2種類の魚介が使われていました。肝心の味のほうですが、イカが非常に柔らかかったのが気になりました。

一緒に行った人が頼んだ「サンマーメン+半チャーハン」。
華福菜館 (6)

サンマーメンがこちら。

サンマーメン(生馬麺)は神奈川県のご当地ラーメンだそうです。知りませんでした。サンマが入っているのかと最初思ってしまいました。

醤油ラーメンベースで、炒めたモヤシ入りのあんをかけたもので、キャベツ、キクラゲ、ニンジン、ニラなどの野菜、豚肉の細切りも入っていました。
華福菜館 (8)

半チャーハンです。両方とも、食べた人に味の感想は聞いていません。

冒頭も書きましたが、コスパ的にはいい中華ランチセットだと思います。ご馳走様でした。

華福菜館(ハナフクサイカン)
神奈川県横浜市港北区新横浜3-9-5
 新横浜第3東昇ビルB1F
TEL 045-474-4704
11:00~15:00
17:00~23:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

新横浜国際ホテルは、新横浜駅の近く、このエリアでは古くからあって、私も昔は時々宿泊したことがあります。(下の写真は裏口のほうです)
オーク (11)

今回は、平日限定ビジネスマン応援ランチというのが期間限定で設定されていたので、それを食べに出かけてきました。
オーク (13)

「鉄板焼レストラン オーク」は、新横浜国際ホテルのメインダイニングで一番最上階の14階にあるので見晴らしもいいレストランです。
オーク

結論から言えば、高級感があるレストランで、1,500円で内容・ボリュームとも満足できる内容でした。
オーク (2)

今回、こちらに行こうと思ったのは、期間限定(10月6日までなのですでに終了しています)、時間限定(11:30~13:00)、かつ限定20食の「平日限定ビジネスマン応援ランチ」を食べるため。

さらに予約者様優先と書かれていたためにお店に予約を入れて向かいました。

メインが選べるお得なセットランチで以下の4種類からメインを選ぶことが出来ました。

A:牛ハラミステーキ200g 
B:牛カツ150g 
C:ビーフハンバーグ200g 
D:上州せせらぎポークのジンジャーステーキ

これに、サラダ、スープ、ご飯、コーヒーまたは紅茶が付きます。

私は、Cのビーフハンバーグ200gをチョイス。
オーク (3)

まず出されたのがサラダです。鴨肉のソーセージとチーズが添えられていました。
オーク (4)

スープはビーフコンソメ。牛肉もたっぷり身として入っていました。

やはりホテルのサラダとスープです。1,500円でも手抜きがない感じです。

そしてメインが出されます。
オーク (8)

ハンバーグも食べ応えがある大きさです。しっかりとした食感のハンバーグで私の好きなタイプ。ソースは醤油ベースで少し甘みのあるものでした。
オーク (9)

こちらは一緒に行った人が頼んだAの牛ハラミステーキ200g。こちらもボリュームありますね。こちらはガーリックペッパーソースです。
オーク (6)

これはDの上州せせらぎポークのジンジャーステーキ。
オーク (7)

「上州せせらぎポーク」は赤城山の麓の高原にて天然水と麦入り飼料にて大事に育てられた柔らかい肉質と甘みがある豚肉だそうです。
オーク (10)

最後にドリンクも付いています。我々は全員コーヒーを頼みました。

通常だと、一番安いランチメニューでも3,000円弱するレストランですが、見晴らしのいい場所で、味・量とも満足できるランチを堪能することが出来ました。

期間限定と言わずに、継続してほしいですね。ご馳走様でした。

鉄板焼レストラン オーク
050-5868-7766
神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-1
 新横浜国際ホテル14F
ランチ
11:30~14:30(L.O)
ディナー
17:30~21:00(L.O)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

珍しく一人で出張があり、新横浜に宿泊した日の夜に食べたものについて書きたいと思います。

お店の名前は「マルデナポリ 新横浜店(MAR-DE-NAPOLI)」。新横浜駅の近くにそびえ立つ円形の新横浜プリンスホテル。そこに隣接しているショッピングモール「新横浜プリンスペペ」の1階にお店はあります。
マルデナポリ (17)

こちらはプリンスペペの店内側の入り口です。ブルーを基調にしています。
マルデナポリ (14)

外に面しているほうはこんな感じです。ピッツェリアなのでカジュアルなお店です。
マルデナポリ (5)

これから暖かくなると、テラス席で一杯なんてのもいいでしょうね。

店名の語源はイタリア語で「MARE-DI NAPOLI(マーレ・ディ・ナポリ)」。「MAR-DE NAPOLI」はナポリの海辺とか浜辺という意味です。

ここは東京・神奈川に7軒、松山や長野にもお店があります。
マルデナポリ (4)

さて、平日の夜、19時ごろに一人でふらりと予約もせずにお店に行きました。この時間店内は空いていたので、ご覧の4人掛けのボックス席に案内されました。
マルデナポリ (35)

ただ、翌日の夕方に通りかかったら、お店の前の椅子にずらりと順番待ちの列が出来ていました!それも若い女性客がほとんど。人気のお店なのです。
マルデナポリ (3)

許可をもらい店内を撮影。厨房には、大きな薪窯がデン置かれて存在感を出しています。

個人的には、いつもは酒のつまみでピッツァを食べる方が多いので、いわゆるクリスピータイプのほうがお腹が膨れないから好きですが、元々イタリアのピッツァは、元祖と言われるナポリピッツァのようにふんわり、もちっとしたものが多いのです。

ピッツェリアに来たからにはピッツァを頼まないわけにはいかないので、最後に頼むつもりで入りました。

では、お店で頼んだものについて書いていきたいと思います。
マルデナポリ (6)

まずは生ビール。ハイネケンの生(税別550円)です。

一緒に頼んだのはアンティパスト。「本日の前菜の盛り合わせ5種(税別1,200円)」です。内容はシェフのおまかせになっています。生ハム、本日のゼッポリーネ(この日は青のり)、本日の鮮魚のカルパッチョ(この日はヒラメ)など。
マルデナポリ (7)

ゼッポリーネとはナポリの郷土料理で揚げピザのことです。サクサクというよりモチッとした食感で塩気もほどよく効いていて美味しかったですよ。
マルデナポリ (9)

シーザースサラダはハーフ(税別580円)でお願いしました。大きめのクルトンとカリカリのベーコンがアクセントになっています。
マルデナポリ (11)

生ビールの次のアルコールは白ワイン「ナポリビアンコ(税別480円)」を頼みます。

白ワインの量、多かったです。グラスが大きめでした。うれしいのはうれしいのですが、これで最後に赤を飲むのをやめました。^^;
マルデナポリ (12)

さて、最後に頼んだのはもちろんピッツァ!イタリアンピッツアといえば「マルゲリータ(税別1,180円)」!ナポリの代表的なピッツァですね。

トマトソースとモッツァレラチーズとバジル。定番のシンプルな具材ですが、これが美味しいのです。少し塩気がきいたピッツァでした。

以上、飲み食いして締めて4,310円。コスパ的にもいいし、味も美味しかったし、ピッツェリアなのでカジュアルに一人でふらりと行ってまったりできる感じのいいお店でした。ご馳走様でした。

マルデナポリ 新横浜店(MAR-DE-NAPOLI)
神奈川県横浜市港北区新横浜3-4
 新横浜プリンスペペ 1F
TEL 045-477-3855
11:00~23:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

一か月に1~2度は無性にカレーを食べたくなることがあります。

カレーという食べ物は、最近はご当地カレーなども各地であったり、そんなカレーをカフェなどでも食べられたりして、食べたい時に食べることが出来るようになってうれしい限りです。

さて、この日、横浜に出張があって、お昼にカレーが食べたくなりました。
コンカフェ (11)

そこで探して見つけたのが、新横浜国際ホテル南館に入っているカフェ「コンカフェ(Con Caffe)」です。
コンカフェ (7)

ホテルに入っているカフェだと、何となく敷居が高い気もしますが、こちらのカフェはお手頃な値段で楽しむことが出来るのがうれしいです。

またこちらは一応カフェなのですが、本格カレーをウリにしているのと、平日のランチは1,000円でサラダビッフェと持ち帰りコーヒーが付いていることで、近場で働いているビジネスパーソン、特に女性客に人気なようです。
コンカフェ (4)

私が行った時も、食べている最中、多くのお客さんが来て順番待ちが出来ていました。その内、四分の三は女性客でした。
コンカフェ (10)

お昼のメニューはこんな感じです。ランチのカレーはすべて1,000円です。カレー以外にはパスタ(1,200円)と和牛の切り落し(1,200円)が設定されています。

その中から私は「五穀米と彩り野菜のグリーンカレー」を頼みました。
コンカフェ (2)

オーダーをしてまずはサラダビッフェでサラダ類とスープを取りに行きます。サラダビッフェの内容はグリーンサラダと温野菜が中心。サラダ類の種類は豊富でした。
コンカフェ (3)

もちろんお代わり自由。私は最初に盛ってきた分のみでエンドです。

スープはミネストローネ。具もたっぷり。
コンカフェ (5)

それらを飲み食いしているうちにカレーが運ばれてきます。五穀米がうれしですが量は少なめです。もっとも、サラダビッフェがついているのでこれで十分ですが。

こちらのほうも素揚げされた野菜類がたっぷり乗せられています。

グリーンカレーはさらっとしていて、意外と辛さが効いていましたよ。11種類のスパイスを調合して作ったこだわりのルーだそうです。
コンカフェ (6)

一緒に行った人は、こちらの「揚げたてサクサクカツカレー」。こちらのほうも美味しそうでした。
コンカフェ (8)

テイクアウトのコーヒーをセルフで入れて歩きながら飲みます。

カフェということから最初、そんなに期待していませんでしたが、なかなかどうしてコスパ的にもよく野菜もたっぷりとれるおすすめカレーランチでした。ご馳走様でした。

コンカフェ(Con Caffe)
TEL 045-474-0136
神奈川県横浜市港北区新横浜3-7-8
 新横浜国際ホテル南館1F
月~金10:00~18:00(L.O.17:30)
ランチ11:00~14:00
※10:00~11:00/14:00~18:00はドリンクのみ
土・日・祝10:00~18:00(L.O.17:30)
※ドリンクのみのご提供。食事の用意はなし
年末年始はお休み、他無休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

昨年の忘年会シーズンの最終盤の週に横浜に出張がありました。

年末年始前、そして冬休み前ということでパック料金が非常に安く、前日からの移動で入り、横浜で宿泊することに。
せんざん 新横浜店 (10)

ということでこの日、久しぶりの方と飲もうということになり向かったのが「せんざん 新横浜店」。せんざん本店というグループのお店で、神奈川県で9店舗展開しています。

基本海鮮茶屋ですが、新横浜店は炭火焼と山形のへぎ蕎麦がウリのお店のようです。

新横浜駅前のビルの3階にあって、お店はなかなか広いスペースを持っていて、グループの宴会ニーズにも対応できるお店でした。

我々2人は、個室ではありませんが、グループ単位で仕切られた掘りごたつ式の座敷席へ通されました。

空間的にも都会のお店としては、ゆったりとした座席配置になっていて、さらにお隣と仕切られているので、ほとんどとなりを意識しないで飲み食い、会話が出来てよかったです。
せんざん 新横浜店

まずは生ビール中ジョッキ(500円)とお通し(300円)。お通しはイカの塩辛。

そのあとお酒は日本酒「獺祭(980円)」を飲み、後半はハイボール(480円)を3杯ずつ飲みました
では、オーダーしたものを紹介していきます。
せんざん 新横浜店 (2)

この日のおすすめメニューはこちらでした。
せんざん 新横浜店 (4)

「生しらす刺し(680円)」。写真がちょっとおかしいですね。^^;

ねっとりとした感じで、久しぶりの生しらすです。
せんざん 新横浜店 (3)

「あんきもポン酢(680円)」。もみじおろしで食べますが、当然濃厚な味です。
せんざん 新横浜店 (5)

「あさりバター(680円)」はあさりの旨みが出ていて美味しかったです。
せんざん 新横浜店 (8)

「つぼ鯛漁師味噌焼き(780円)」。特製味噌が味の決め手の一品で日本酒に合いました。
せんざん 新横浜店 (7)

「タコの唐揚げ(580円)」。サクッと揚がっていました。
せんざん 新横浜店 (6)

こちらは私は食べていませんが「串焼き5本セット(1,200円)」。朝びきの鶏「富士高原鶏」を使用。1.5倍の大きめサイズで売れ筋のようです。

最後の締めは、やはりお店のウリを食べないわけにはいきません。
せんざん 新横浜店 (9)

山形月山の湧水で打ったそばを生の状態で取り寄せる「山形へぎそば」。「へぎそば」といえば新潟が有名ですが、お隣の県である山形にもあるのですね。そばが乗せられている木の器のことを「へぎ」と呼びます。

新潟の「へぎそば」は「ふのり」を使用したそばですがこちらも同じなようです。太めのがっちりとしたそばは、しっかり噛まないとのどを通っていきません。でもモチッとした食感で美味しかったですよ。

以上、飲み食いして、料金は二人で11,500円ほど。まぁまぁのコスパじゃないでしょうか?ご馳走様でした。

せんざん 新横浜店
神奈川県横浜市港北区新横浜3-6-7
TEL 050-5890-2144(予約専用)
045-470-5511(問合せ専用)
17:00~24:00(L.O.23:00)
日・祝16:00~23:00(L.O.22:00)
12/31 1/1は休み

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ