あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

タグ:山代温泉

南加賀で私が一押しの鮨店をあげろといわれたら、真っ先に挙げるのが山代温泉の「亀寿司」です。
亀寿司

加賀の橋立港を中心に、地元の港で水揚げされて旬の新鮮な素材を、ご主人の目利きでチョイス。それを丁寧な仕事で仕込み、そして我々の目の前で軽快な手さばきで握ってくれます。
亀寿司 (26)

ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版でもビブグルマンに選ばれていて、石川県のみながら遠方からもわざわざ食べに来られる方も多く、夜は予約が取りにくいお店としても知られています。
亀寿司 (25)

今のご主人が修業から帰ってこられたのが25年前。その後、13年前だったかな?にお店を今の形に改装されています。ちなみに設計は私の友人の戸井建一郎氏。いまでは金沢でも指折りの建築家です。
亀寿司 (4)

この日、東京からの客人を連れて紅葉の名所めぐりをしている合間にランチにお連れしました。

実はこの予定は前日に急きょ決まったのです。そこでランチをどこで食べるか!?

真っ先に思い浮かんだのが「亀寿司」です。しかしながら「亀寿司」は、お昼は予約が入った時だけ営業するので、もう無理かな?と思いながら、少し前に紹介した「割烹・料理旅館 司」でカニを満喫しているときに電話してみたところ、こころよくokしていただきめでたく来ることが出来たわけです。

12時にお店に入ると、カウンター席は我々3名だけでした。そのため、ご主人とも色々お話をしながら楽しいランチになりました。

いつも通り、握りをおまかせでお願いします。
亀寿司 (6)

まず出されたのは赤いかです。とても甘みのある赤いかでした。東京の客人もびっくりしていました。
亀寿司 (7)

ガスエビです。ガスエビは足がはやいので東京ではめったに食べることが出来ません。その甘さにびっくりされていました。
亀寿司 (9)

こちらは「ほうぼう」という魚です。カナガシラの近種ですが、少しピンク色がかった白身の上品な味でしたが、プリッとした歯ごたえもあって美味しかったです。
亀寿司 (11)

寒ブリです。凄く脂が乗っている部位でしたが上品な脂身は天然ならでは。美味しかったです。
亀寿司 (12)

梅貝も、東京では珍しいでしょうね?
亀寿司 (15)

アジです。しょうが醤油が付けられていて、そのまま食べます。
亀寿司 (17)

カワハギもそのままです。濃厚な肝の味が最高です。
亀寿司 (18)

マグロは赤身ですが、上品な脂もあって中トロのよう?
亀寿司 (20)

香箱がにです。昨晩のかに尽くしのことを思い出しました。やはり内子が美味しいです。
亀寿司 (22)
 
白エビも、ねっとりとした食感に甘さが口に中に広がる美味しさです。
亀寿司 (23)

ウニも臭みがまったくなく美味しいです。
亀寿司 (24)

以上が、おまかせで、追加で甘エビを頼みました。

この内容で、東京からご一緒した、グルメな客人ご夫婦も大絶賛されていました。

いや~、いつ来ても納得の美味しさで、どんな客人をお連れしても満足していただける安心感があります。ご馳走様でした。

亀寿司
石川県加賀市山代温泉17-8-2
TEL 0761-76-0556
17:00~22:00(L.O.)
11:30~14:00(ランチは前日までの要予約)
月曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

恒例の未公開編です。今回は10月編です。この後10月のネタは続きますが、未公開編のほうが早目の紹介になります。

10月は初旬は暖かい日が続きましたが、後半は秋が一足飛びにやってきたようで、寒くなってきて木々も色づくスピードが一気に速くなったような気がしました。
JAL (2)

こちらの写真は10月の中旬に東京に出張に行くとき、JALの機内から写した写真です。下界は曇り空でしたが、雲を抜けるとやはりいいお天気。下は雲のじゅうたんです。遠くには白山連峰も見え、一気に気分も晴れ晴れしました。

JALはWi-Fiサービス15分間無料で使えるので便利です。この写真はすぐにSNSにアップしました。(^.^)
エスメラルダ

さて、そんな食欲の秋であり、芸術の秋、さらに観光シーズン真っただ中の10月、最初の紹介は私のブログに何度も登場している小松のオーセンティックバー「エスメラルダ」です。
エスメラルダ (6)

この日、妻と二人で食事の後、二人で訪れました。

最近は、中田くんは普通のカクテルだと作ってくれません。(笑い)

橘くんが作ってくれることが多くなりました。橘くんも何と!全国大会に出場するほどになったこともあり安心して任せられるようになったのかな?

彼は10月に東京でおこなわれた「カクテルコンペティション世界大会 in 東京」に組み込まれていた、日本の全国大会の若手部門エリート部門にNBA石川支部代表として出場していました。
エスメラルダ (4)

こちらは、秋のフレッシュフルーツカクテルの中の一杯「ジンとシャインマスカットのカクテル」です。

私は、先ほどの「全国大会の若手部門エリート部門」の課題だった「affetto(アフェット)」というカクテルを頼んでみました。
エスメラルダ (5)

レシピは、バニラフレーバードウォッカ25ml桜リキュール10mlコアントロー10mlアジアングラスレモンシロップ10mlレモン5mlです。

少しの甘さとレモンの酸味と爽やかさが感じられる美味しいカクテルでした。
エスメラルダ (7)

妻の2杯目は「スカイボール」というウォッカベースのレモンを多めに使った大人のレモンスカッシュのようなお酒でした。
エスメラルダ (13)

最後に私が頼んだのはハロウィンの気分で頼みました「パンプキンと紅茶のハロウィンカクテル」です。これはわたしにはちょっと甘かったかな? ^^;

毎回、美味しいカクテルを、この小松でも飲めるのはうれしいことです。ご馳走様でした。

バー・エスメラルダ(Bar Esmeralda)
石川県小松市土居原町339-1
TEL 0761-23-1283
月・水~土18:00~27:00
日祝18:00~25:00
火曜休

お次は、「山代温泉総湯売店」の温泉卵付ソフトクリームの紹介です。

この温泉卵付ソフトクリームについては、テレビ東京で9月に放映された番組「モヤモヤさまぁ~ず2」(石川では10月放映)で取りあげられていて、それで食べてみようと出かけました。
山代温泉 (8)

「山代温泉総湯売店」は、山代の総湯に併設されている売店で、温泉卵やお風呂上りに飲む飲み物などを売っているところです。
山代温泉

さて、温泉卵付ソフトクリームですが、まぁ、この手の組合せは温泉地ではどこにでもありそうですが、こちらのお店も元々は下呂温泉の「ゆあみ屋」というお店で見かけたので、真似して売り出したということでした。
山代温泉 (2)

その名の通り温泉卵が一個乗っかったソフトクリームで、醤油がかかっています。よくかき混ぜて食べると、少しイメージとは違った味になります。
山代温泉 (4)

ソフトクリームに醤油をかけるとキャラメル味になりますが、それに温泉卵がプラスされ味がまた変化しています。
山代温泉 (5)

番組の中では、大竹が「思ったより嫌じゃなかった!」と微妙な感想でしたが、他のお二人はまずまずの評価だったようです。

どんな味かは、皆さん、一度食べに行ってみてください。1個350円でバニラと抹茶味がチョイス出来ます。近くにある足湯に浸かりながらて食べてもいいかもしれませんね。ご馳走様でした。

山代温泉総湯
石川県加賀市山代温泉18-128
TEL 0761-76-0144
6:00~20:00
(第2水曜日は9時から15時まで休止)
第4水曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

山代温泉といえば、石川県でも有数の温泉地です。懐石 なか尾 (20)

しかし、近年は団体客の減少で、巨大旅館で有名だったホテル百万石など、多数の旅館が廃業や他の会社に身売りをしたりして、温泉地としてはだいぶ寂しくなった気がします。
 
そんな廃墟と化したホテル百万石の跡を横目に見ながら通り過ぎると、白山菖蒲亭があって、その前に「懐石 なか尾」があります。

これまで山代の懐石料理のお店には、たぶん行ったことがありません。

「懐石 なか尾」は、地元の食材と素材を生かした懐石料理のお店で、昼は懐石弁当を中心に、夜は懐石コースや旬の逸品を手頃な価格で楽しめるようです。

今回、とある土曜のお昼に妻と母を連れて食べに行きました。

さすが、懐石料理のお店です。お店のつくりが凛々しいです。
懐石 なか尾 (22)

店内に入ると、中庭があり、それを取り囲むように色々な形式の個室があります。記念日や法事などで利用される方が多そうですね。
懐石 なか尾 (17)

もちろん、カウンター席もありました。
懐石 なか尾

我々は4人掛けの個室です。落ち着いて食事が出来る空間です。室礼もいいですね。

一応、事前にランチで食べるコースをお伝えしてありました。事前に伝えていないと、出てくるまでに20~30分ほどかかるということでした。

頼んであったのは、お昼のお弁当で「香箱膳(2,500円税別)」。お昼のメニューでは一番安いお弁当です。あとお弁当は「花点心」が3,000円(税別)があります。

他にも懐石コースなどもありました。

さて、結論から先に書けば、値段を軽く超えるほどの内容でコスパ的にも素晴らしいお弁当でした。
懐石 なか尾 (5)

メインのご飯と料理は、ご覧のように3段のお重のような木箱に入れられて出されます。期待が膨らみます。
懐石 なか尾 (7)

「香箱膳」の内容は1段目が焼八寸。
 
彦摩呂ではないですが、「秋の宝石箱や~♪」と言いたくなるような感じです。むかご、なす、しめじ、さつまいもなど、秋の食材をふんだんに使っていてよかったです。
懐石 なか尾 (8)

2段目は「お造り」で、マグロ、ヒラメ、スズキ。
懐石 なか尾 (9)

3段目がご飯となっています。この日は秋のキノコの炊き込みご飯でした。
懐石 なか尾 (14)

これが美味しくて、お代わり自由だということで、普段はご飯はおかわりなどしないのですがお願いしました。
懐石 なか尾 (11)

別に揚げ物として、加賀野菜が中心の天ぷらが出されます。加賀野菜やあわ麩、紫芋なんかも入っていました。天ぷらは大きさは小さいのですが、個人的には揚げ物はこれで十分です。
懐石 なか尾 (4)

蒸し物として茶碗蒸しも付いてきました。こちらも小ぶりながら、中に入っている具材は茶碗蒸しの基本すべて押さえられていました。
懐石 なか尾 (6)

お味噌汁です。 
懐石 なか尾 (15)

食後のデザートは、あずきアイスとフルーツ。あずきアイスはそれほど甘くなく、フルーツもイチヂクや柿なんかもあって。秋らしさを感じさせてくれましたね。
懐石 なか尾 (16)

コーヒーも付いてきます。
懐石 なか尾 (10)

いや~、冒頭にも書きましたが、このお弁当は本当に満足できる内容です。超おすすめです。ご馳走様でした。

懐石 なか尾
石川県加賀市山代温泉桔梗丘4-29
TEL 0761-77-0015
11:30~14:00(L.O.13:30) 
17:30~22:00(L.O.20:00)
月曜休(祝日の場合は火曜に振替)

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

今回は、山代温泉にある観光施設2か所紹介したいと思います。

両方とも私のブログでだいぶ前に書いたことがある施設ですが、その時は中の様子まで写真で紹介していなかったので、今回改めてということです。
いろは草庵

まずは、「魯山人寓居跡 いろは草庵」。
いろは草庵 (14)

北大路魯山人といえば、希代の美食家であり芸術家であったことは多くの人が知っていると思いますが、ここ「魯山人寓居跡 いろは草庵」は、北大路魯山人が山代温泉滞在中に、住居兼作業場として使っていた建物です。

魯山人が陶芸の道に入ったのは、山代温泉における出来事が大きく影響しているようです。もし、山代温泉に逗留しなければ、魯山人の人生は大きく変わったかもしれません。

彼が九谷焼窯元である初代須田菁華を訪れたのは大正4年。初めて陶芸家の仕事を見た魯山人は陶芸の制作現場に大いに興味を抱き、九谷焼の絵付けを行い、作陶に目覚めたようで、後に「料理とは、単に舌先 だけで味わうものではない。 器がくだらないものでは料理も生きない」と述べているように、後々の彼の料理と、後に主宰する美食倶楽部、さらには器に傾倒するなど、彼の原点はこのときだったのかもしれません。

そして、その後、織部、瀬戸、備前など、さまざまな焼き物の制作にも挑戦して、名声を高めていくのです。つまり、いまの北大路魯山人の名声があるのも、ここ山代温泉と九谷焼があったからこそ!と言えなくもない、ということです。
いろは草庵 (2)

魯山人が旅館「吉野家」の刻字看板(こちらの写真に見える仕掛途中の看板)を彫った仕事部屋、書や絵を描いた書斎、山代の旦那衆達と語り合った囲炉裏の間、茶室、
いろは草庵 (6)

そして展示室として使われている土蔵などが公開されています。
いろは草庵 (8)

またロビーでは、魯山人も眺めていた庭を見ながら、加賀棒茶を無料で飲むことが出来ます。棒茶の香りもほんのり。やはり、いれたては美味しいですね。
いろは草庵 (10)

お茶菓子は金沢の「茶菓工房たろう」の地の香という干菓子でした。きな粉を水飴で練り上げて和三盆をまぶしてあります。マカダミアナッツも入っていて香ばしく、それほど甘くない干菓子でした。

魯山人寓居跡 いろは草庵
石川県加賀市山代温泉18-5
TEL 0761-77-7111
9:00~17:00(入館は16:30まで)
一般500円,75歳以上250円
水曜,12/31・1/1休(祝日・振替休日の場合は開館)

お次は、山代温泉街から少し小松方面に向かった山代越中谷にある「九谷焼窯跡展示館」。
九谷焼窯跡展示館

ここは、江戸時代前期に作られた「古九谷」のような色絵磁器を復活させようと、豪商豊田伝右衛門が江戸時代後期に築いた吉田屋窯の跡です。
九谷焼窯跡展示館 (13)

その後、紆余曲折を経て昭和15年ごろまで受け継がれた再興九谷の登り窯跡です。
九谷焼窯跡展示館 (15)

吉田屋窯の跡は国指定史跡となっていて、新しく建てられた覆屋は内藤廣氏の設計です。
九谷焼窯跡展示館 (12)

こちらは昭和15年に作られた九谷焼としては現存最古の登り窯。昭和40年頃まで使われていたようですね。
九谷焼窯跡展示館 (4)

また、旧九谷壽楽窯母屋兼工房は現在は展示棟となっていて、ろくろ場や絵付場など、かつての姿に修復され、ご覧の旧店舗部分は常設展示室となっています。
九谷焼窯跡展示館 (5)

そして旧座敷部分が企画展示室となっています。
九谷焼窯跡展示館 (9)

企画展示室では、このときは「浅井一毫没後100年、一毫マンダラ」をいう展示をやっていました。

また、こちらでは蹴ろくろや絵付けの体験もできます。

九谷焼の歴史を語る上で両施設とも貴重な資産ですね。

九谷焼窯跡展示館
石川県加賀市山代温泉19の101番地9
TEL 0761-77-0020
大人310円、高校生以下無料、75歳以上150円
9:00~17:00(入館は16時30分まで)
火曜休(祝日は営業)
年末年始(12/31,1/1)休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ