あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:山中漆器

2017年7月のオープン時には、鳴り物入りで登場した金沢博労町にある「レスピラシオン(respiracion)」。

前々から行きたかったのですが、なかなか行けずじまいだったお店です。

オーナーシェフはバルセロナのミシュラン一つ星のお店を経験されていて、他の二人はスペインの超有名3つ星レストラン「エル・ブジ(El Bulli)」で働いていたとのことです。

「エル・ブジ(El Bulli)」出身といえば、小松市にある全国的に有名なモダンフュージョンのレストラン「SHOKUDO YArn(ショクドウ ヤーン)」もそうです。

行ってみて感じましたが、何となく「ヤーン」と似たような感じがしました。

もちろん。個性はまったく違っていて、「レスピラシオン」としてのかがやきがあって楽しめるお店でした。
レスピラシオン

「レスピラシオン」は金沢の町家を改装していた落ち着いた佇まいのお店。店名の「respiracion」はスペイン語で「呼吸」という意味です。

店内は、室礼もよく、照明が暗めですがダウンライトを効果的に使った落ち着いた空間。
レスピラシオン (12)

オープンキッチンですが、調理中の匂いも気にならずに食べることが出来ました。

お店のウリは、石川県の地場産伝統工芸と地物食材を使ったモダンスパニッシュを楽しめるということ。

オーナーの思いが書かれたものがテーブルに置かれていました。

「食材を正しく理解し、違った角度からアプローチする。
私たちがイメージする目的地との間にあるストーリーやサイエンスを探求する。
スペインというフィルターを通し、さらにその枠を飛び越え、ここ金沢で新しい文化を創造する。
そこにあるのは単なる旬の食材の組合せや地産地消ではない。
土台はすべてコンセプトにある。」

素晴らしいですね。

ディナーはコースが税サ別の8,000円・12,000円・17,000円の3種類。遅い時間はアラカルトで頼むことが可能です。

我々は真ん中の12,000円のコースでお願いしました。

こちらがこの日の内容です。
レスピラシオン (3)

確かに、一品一品のネーミングからして「何が出てくるのかな?」とわくわくするような演出があって、とても楽しむことが出来ました。
レスピラシオン (35)

ちなみに器や食材については、このようなものが使われていました。

この日はハレの日のディナーということで、シャンパンをお願いしたら、シャンパンも含んだマリアージュのペアリングメニューがあるということでそちらを頼むことに(計算したらたぶん6,000円だと思われます)。

ワインはスペイン産ワインが中心でした。

まず出されたのはシャンパンで「ボランジェ(BOLLINGER)」。
レスピラシオン (7)

グランクリュとプルミエクリュで作られた長期熟成のシャンパン。なめらかな舌触りで香りがいいシャンパンです。

そして料理ですが、まずは「再構築」と謳われたアミューズ。
レスピラシオン (10)

甘海老を部位ごとにばらして、それを、まさに再構築してこのように作り上げています。殻までビスケット状にして下に敷いているというこだわり。手間暇かかった逸品です。つまんでひと口で食べてくださいと言われたのでその通りに食べました。
レスピラシオン (14)

お次は「補う」と命名された前菜で、金沢野菜の「へた紫茄子」を使った、日本的に言えばナス田楽のような一品?味噌は大野のヤマト醤油味噌の「かなえ味噌」が使われていました。
レスピラシオン (20)

合わせるワインは白で「ラガル・ド・メレンス(LAGAR DO MERENS)・ブランコ・バリカ」。色々なフルーツの香りがものすごくする白でした。
レスピラシオン (23)

そして学校の理科の実験ででも使われそうな器具が出てきました。
レスピラシオン (24)

この大そうなものは日本茶を作るものでした。

そのお茶と一緒に出される「コラーゲン分解」と名付けられた品は、アロスネギと雲丹を能登牛で巻いたもの。雲丹の味が濃いのでお茶でさらっと流して食べる粋な作法?
レスピラシオン (27)

能登牛はコラーゲンが分解されるギリギリの60度という温度で調理されているようです。
レスピラシオン (31)

パンは私がよく存じ上げている輪島キリモトの「あすなろのBENTO-BAKO」に入れられて出てきました。弾力のあるパンで焼き立て熱々。美味しかったです。
レスピラシオン (21)

こちらの箸も同じ輪島キリモトの「能登ヒバかほり箸」。「respiracion」の刻印がされています。
レスピラシオン (26)

「乳化」と命名された、小松菜の葉に巻かれた品は、中には真鱈と加賀蓮根が入っていました。
レスピラシオン (33)

ワインは「ピュリニー・モンラッシェ プルミエ・クリュ クラヴォワヨン 2013」。
レスピラシオン (29)

ちょっとお高いワインです。ハレの日ということで少しサービスしてくれたようです。ありがとうございます。

お次の「Mar y montana」。「Mar y Montana」とはスペイン料理の「イカと肉団子の煮込み」のこと。
レスピラシオン (32)

別の用紙に説明が書かれています。
レスピラシオン (37)

ジビエのイノシシに穴子、枝豆やレンジ豆、ルッコラが使われていました。私はジビエが苦手なので乗せられていません。レンジ豆はスペイン産です。

箱庭のようなこちらは「Garden」。箱庭は兼六園をイメージして作られています。小さなことじ灯籠が見えますね。
レスピラシオン (41)

器の中には日本酒の濃口研究所の酒と羽咋自然米、そして能登ミルクで作られたメイン料理の前に出される箸休め的なジェラートが入れられていました。日本酒はアルコールを飛ばしてエスプーマで。
レスピラシオン (42)

こちらに合わせて出されたのが、濃口研究所の山廃。輸出仕様のものですね。

そしてメインは、まず魚料理で「温度焦点」と命名された一品。
レスピラシオン (46)

鰆(さわら)とバルセロナの名物のネギ焼き「カルソッツ」です。

ワインが白から赤に変わります。
レスピラシオン (34)

赤ワイン1杯目は「エル・オンブレ・バラ(EL HOMBRE BALA)」。華やかでエレガントな飲み口でした。
レスピラシオン (48)

そして肉料理の「CO-HN」。能登牛のハラミのステーキ。能登牛もそうですが、舞茸とゴボウの存在感が凄かったです。
レスピラシオン (49)

赤ワインの2杯目が「エスコンディテ・デル・アルダチョ(ESCONDITE DEL ARDACHO)」。こちらもエレガントな口当たりで美味しいワイン。
レスピラシオン (51)

料理の最後は「伝統と革新」と命名された「毛ガニのパエージャ」。この時期は毛ガニで香箱の季節には香箱ガニになるようです。
レスピラシオン (53)

取り分けられて山中漆器の大きな器に盛られて再登場!
レスピラシオン (54)

パエージャはとても濃厚な味でカニのエキスもしゅんでいました。

これで料理は終わりで、この後、何品かデザートや小菓子が続きました。
レスピラシオン (56)

冷たいおしぼりでリセットです。
レスピラシオン (59)

「カラヒージョ」と名付けられたエスプレッソのジェラート、ブランデーに漬けこんだいちじく。
レスピラシオン (57)

お供はデザートワインで「パゴ・デ・タルシス(PAGO DE THARSYS)」。
レスピラシオン (61)

石川県の形の板チョコ。「respiracion」の名前入り。凝っています。
レスピラシオン (62)

卵のような丸い形のチョコボール?を割ると、中からアイスが現れてきました。石のように見えるのもすべてチョコボールで食べることが出来ます。メニューに書かれていた「Niuhans 糖化」と命名されていた五郎島金時を使ったものはどれだったしょうか?こちらがそうなのかな?^^; 中のアイスが五郎島金時の味??
レスピラシオン (64)

あと何種類かデザートと小菓子出てきました。
レスピラシオン (66)

最後のほうはアルコールが回りすぎで思考回路が崩れてしまっていました。^^;
レスピラシオン (55)

ドリンクは珈琲・加賀棒茶・能登和紅茶・ハーブティー2種の4種類からチョイス出来ます。

我々はハーブティーを2種類頼みました。。ポットとカップは珠洲焼です。
レスピラシオン (65)

甘いデザートが続いたので、ハーブティーが口の中をリセットしてくれますね。

以上の内容で、一人二万千円強。皆さんは高いか安いかどう思われましたか?私は満足でした。

お店の雰囲気、サービス(ホスピタリティ)、地元にこだわった食材を使った秀逸な料理、お酒、どれもが満足度としては高いレベルで、再訪したくなるお店でしたね。ご馳走様でした。

レスピラシオン(respiracion)
石川県金沢市博労町67
TEL 050-5596-1771
12:00~15:00
18:00~21:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松市にある温泉地「粟津温泉」。

前は忘年会などでもよく利用していましたが、近年はさっぱり行かなくなりました。^^;

最盛期は多くの温泉客で賑わいましたが、いまは他の温泉地でも見られるように、廃業する温泉旅館が多く一抹の寂しさを覚えます。

さて、そんな粟津温泉ですが、私のブログでは総湯と足湯ぐらいしか記事として残っていりません。

今回、小松市粟津温泉にある伝統工芸のテーマパーク「ゆのくにの森」と「恋人の聖地」に久しぶりに行ってきましたので改めて書きたいと思います。

「ゆのくにの森」へは14年以上ぶりです。^^;

私のブログが始まったころに簡単に紹介したことがあるのですが、その時の内容は削除してしまったようです。
ゆのくにの森

「ゆのくにの森」は、とても広いエリアに茅葺の古民家を移築した建屋がいくつもあって、その中で石川や福井の伝統工芸を体験しながら楽しめるという、いわばテーマパークになっています。入場料金は大人税込540円。昔より安くなったでしょうか??

伝統工芸は九谷焼・山中漆器・加賀友禅・金箔・ガラス・和紙などです。
ゆのくにの森 (2)

こちらは園内のマップ。来園客はやはりインバウンドの方が多かったです。
ゆのくにの森 (12)

「伝統美術の館」では、古九谷の展示などありました。
ゆのくにの森 (15)
ゆのくにの森 (16)

昔のわらぶきの民家ですね。囲炉裏もありました。
ゆのくにの森 (19)

どこかで見たような書体の字。小松市在住のデジタルアーチスト、長谷川章さんの字です。
ゆのくにの森 (18)

こちらの「九谷焼の館」では、九谷のろくろ成形や色絵付けの体験コーナーがありました。
ゆのくにの森 (23)

「山中漆器の館」です。
ゆのくにの森 (26)

「ガラス工芸の館」でも体験できます。
ゆのくにの森 (30)

「和紙の館」でも手漉き和紙の体験コーナーと、そば打ち道場まであります。参加型テーマパークですね。
ゆのくにの森 (32)

「世界の色絵陶磁器ギャリー」です。
ゆのくにの森 (35)

他にもいくつか施設があって、伝統工芸が好きな人は一日居ても飽きないテーマパークかもしれません。

ゆのくにの森
石川県小松市粟津温泉ナ-3-3
TEL 0761-65-3456
9:00~16:30
GW、夏季期間17:00まで
冬期間や年末年始など臨時休業あり(詳細はHPで)

お次は、近年売出し中?の「恋人の聖地」としての粟津温泉です。

粟津温泉では毎年8月の最終木曜~土曜に「おっしょべ祭り」というお祭りが開催されています。

そこで「おっしょべ節」という民謡が謡われ、「おっしょべ踊り大会」が開催されるのですが、その「おっしょべ節」のもととなっているのが「おっしょべ物語」という宿屋の奉公人同士の恋物語なのです。
粟津温泉 (6)

伝承の物語としては珍しくハッピーエンドのお話だということにあやかって、「恋人の聖地プロジェクト」に申請して石川県で最初に認定された場所になったようです。
粟津温泉 (3)

お約束の「愛の南京錠」がたくさんかけられています。
粟津温泉 (5)

そしてこちらが「幸せの鐘」。
粟津温泉 (7)

1回鳴らすと「恋が見つかる」。3回鳴らすと「愛が深まる」。5回鳴らすと「あの頃の想いが蘇る」と書かれています。

恋を成就したい方は是非行ってみてはいかがでしょうか?

あわづ温泉 恋人の聖地
石川県小松市粟津町ル6
TEL 0761-65-1834

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

加賀市山中と言えば温泉地として有名です。
道の駅山中温泉 (11)

今日紹介します道の駅は山中の温泉街から福井方面に向かう国道364号線を進むとすぐに「山中温泉ゆけむり健康村」という施設があって、その中にあります。
道の駅山中温泉 (2)

ゆ~ゆ~館という温泉を使用した健康湯と温水プールなどが隣にあって、大きな施設で家族で楽しめる施設となっています。
道の駅山中温泉 (10)

こちらには北陸鉄道加南線として大聖寺~山中間を走っていたしらさぎ号の実物が展示されています。当時では珍しいアルミ製の電車ですね。

山中温泉と言えば山中漆器でも有名なところで、道の駅でも売られていました。
道の駅山中温泉 (7)

こちらは外に展示されていたとても大きな山中塗りのお椀です。
道の駅山中 (5)

道の駅としては「郷土物産館」で買い物をすることが出来、地場産の野菜やお菓子、工芸品などを買うことが出来ます。
道の駅山中温泉 (4)

温泉たまごが人気なようです。
道の駅山中 (7)

このカラフルなバックはエコバック。
道の駅山中温泉 (5)

素材は紙で山中塗りで仕上げられていて、こちらでしか買うことが出来ないようです。
里山

冒頭紹介したゆ~ゆ~館の館内には「食事処・里山」という飲食で来るスペースもあって、軽食や喫茶メニューがあります。
道の駅山中

ゆ~ゆ~館の広いロビー。私も中に入っていっぷくしました。
道の駅山中 (2)

庭のほうもきれいでした。
里山 (2)

そしてついでに「食事処・里山」で「菊の湯たまごうどん(410円)」を食べてきました。

食券機で食券を買って席に座りますが、食べるところは簡素な場所でした。

ちなみに「菊の湯」とは、山中温泉街にある総湯のことです。
里山 (3)

そこで作られた温泉たまごが一個、うどんの汁の中に落とされているだけのシンプルなうどんです。
里山 (4)

まぁ、この手のお店ではうどんは、湯がいてある袋めんを使用しているので、味的には特徴があるわけではありません。

とりあえずブログネタということで食べてみました。^^; 

ゆ~ゆ~館で温泉を使用した健康湯に浸かっていっぷくがてら腹ごしらえするのもいいでしょう?ご馳走様でした。

道の駅 山中温泉ゆけむり健康村
石川県加賀市山中温泉こおろぎ町イ19
TEL 0761-78-5546
ゆ~ゆ~館 10:00~22:00(受付21:30まで)
道の駅 9:00~18:00
食事処・里山
11:00~15:00
16:00~20:00(L.O.19:30)
火曜休(道の駅は年中無休)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私も昔からよく存じ上げている山中温泉の八木さん。
八木さん (3)

本業は山中漆器の塗り師ですが、蕎麦打ちの名人でもあり、また篠笛の名手でもあります。本業の山中漆器のほうは息子さんのほうが、金継ぎでも技を発揮されています。
八木さん (2)

八木さんの作る器はとても丈夫で使い心地も最高です。
八木さん (5)

また、八木さんのご自宅兼工房で開催されるそば会にもお招きいただいたりします。
山羊パン

そして八木さんのお嬢さんは、加賀市で人気のパン屋さん「山羊パン」のオーナーブーランジェ。一家でご活躍されているのです。(5月末まで臨時休業です)

そんな八木さんが主宰している篠笛の会「粋音会」として、今度6月24日に金沢駅前の石川県立音楽堂の邦楽ホールでコンサート「五十の響き」を開催しますので、今日はその告知をさせていただきます。
13-3

こちらの写真は、某結婚披露宴で演奏していただいたときの写真です。かっこいいですね!

笛を手にしてから50年経過するという節目の年に開かれる「五十の響き」。ゲストの方やお弟子さんも華を添えています。
八木さん (15)

是非、素晴らしい篠笛の音色を生で聴いてください。

開催日程
6月24日(日)
開場 16:30 開演 17:00
会場
石川県立音楽堂邦楽ホール
石川県金沢市昭和町20-1
料金:前売3,500円(当日4,000円)
お問合せ先:粋音会
0761-78-0252(八木)

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

年々健康志向の人が多くなって、飲食系のお店もそのようなニーズに応えてくれるところも増えてきました。

ただ都会だとそんなお店もたくさんあると思うのですが、まだまだ地方ではそれほど多くないかもしれません。

さて、今日紹介します金沢市横川の交差点の、ちょっと入りにくい場所に立地している「コンコント菓子店」は、小松にある「SWAY DESIGN(スウェイデザイン)」の須藤さんが設計から家具・備品の制作まで行っている洋菓子店です。
コンコント菓子店 (2)

鍛冶商産という繊維機械会社の事務所だったところの1階部分をリノベーションしています。

冒頭書きましたが、「コンコント菓子店」の洋菓子は、米や豆、雑穀を主に使用した植物性食材から作る洋菓子をウリにしています。
コンコント菓子店 (6)

お店にも「乳・卵・小麦・そば・落花生・えび・かに」の食物アレルギー物質の特定原材料7品目未使用の案内が置かれていました。
コンコント菓子店 (4)

こちらでは洋菓子を買い求めるだけではなく、店内で飲み物と一緒にイートインできます。
コンコント菓子店 (9)

代表の方のご家業は山中漆器の卸売業をされており、今回の菓子店オープンは、そのプロジェクトの一貫。そのためかイートインコーナーから、洋菓子を製造しているのを見ることが出来るのですが、ガラスには木地師のことなどが書かれています。

最初は洋菓子店なのに変だな?と思っていました。
コンコント菓子店 (20)

お店の紙ナプキンを入れる器も木地で出来ていました。
コンコント菓子店 (8)

そして、こちらのお店のこだわりがまだあります。それは、日本人が昔から食べてきた米や豆などを使いながら本格的な洋菓子を作ることで、古くから受け継がれてきた食文化の大切さを伝えるとともに、里山の暮らしや食を知ってもらう、ということです。理念が素晴らしいですね。
コンコント菓子店 (3)

生地に白山米粉。クリームには石川県の豆腐など、日本古来の食材にこだわって菓子作りをするほどです。
コンコント菓子店 (5)

さて我々は、ケーキと飲み物を選んでイートインコーナーでいただくことにしました。
コンコント菓子店 (13)

私は「ブルーベリーのタルト(480円)」と、
コンコント菓子店 (18)

加賀の紅茶(350円)をお願いしました。
コンコント菓子店 (11)

妻のほうは季節のショートケーキメロンショートケーキ(450円)と、
コンコント菓子店 (17)

ブレンドコーヒー(400円)です。

ケーキは、クリームの部分はさすがに上品な甘さで、甘いものが好きな人には少し物足りないかもしれませんね。

私のような甘いものをあまり食べない人には逆にいいでしょう。

また、紅茶にもコーヒーにもミルクは付いていません。これも食物アレルギー物質の特定原材料未使用のこだわりです。

この食物アレルギー物質の特定原材料未使用の誕生ケーキなども作っておられるということで、アレルギーを持っている子供にも喜ばれているようです。

場所的には少し不利な面は否めないですが、色々なところにこだわりを持った洋菓子店なので、末永く頑張ってほしいと思います。ご馳走様でした。

コンコント菓子店
石川県金沢市横川5-267
TEL 076-220-7889
10:30~19:30
水曜定休・火曜不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ