あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:山中温泉

山中温泉はそばのお店が多いエリアです。
だんくら

その中でも、個人的に好きなそば店だと思うのが、今日紹介します「手打蕎麦 だんくら」です。

今回、山中温泉まで晩秋の紅葉を見に出かけた折にランチで立ち寄りました。

入り口に「新そば」の看板が掲げられていました。

福井産の新そばは近年では夏の新そばもありますが、やはり11月が本当の意味で新そばの季節です。ワクワクしながら中に入ります。
だんくら (12)

入り口入ったすぐに、福井県知事からの「おいしい福井県産そば使用店」の認定証が掲げられています。

私のブログでは前回、「寒〆十割蕎麦」という丸岡産玄そばを収穫後低温管理して一か月以上雪の中で寝かせ、自然乾燥させた後、石臼で手挽きしているそばを紹介しています。
だんくら (3)

早い時間だったので、先客はなし。了解をいただき写真を写します。
だんくら (4)

こちらがお品書きです。

私が頼んだのは「おろしなめこそば」。小皿の切り干し大根が添えられていました。
だんくら (7)

越前そばの代名詞である「おろしそば」になめこをプラスした贅沢なおそばです。
だんくら (9)

福井で食べる越前おろしそばよりは色は黒くないかもしれません。新そばだからでしょう?少し黄緑ががった色です。

ちなみにこちらのそばは、そば10に対して小麦粉2の割合で打たれる「外二」です。
だんくら (8)

越前そばで「おろしそば」といえばぶっかけですが、出されたときは分けて出されました。しかしお店の人は「ぶっかけで食べるのがおすすめです。」と言われたのでぶっかけで食べました。

ただし、最初の一口目は何もかけずに口の中へ。新そばの香りが鼻に抜けます。
だんくら (6)

一緒に行った母は暖かい「とろろそば(税込800円)」を頼んでいます。
だんくら (11)

食べ終わることに出されたそば湯もよかったです。
 
あと一番最初に行ったときにも頼んだ「半熟卵の味噌漬け(税込350円)」も食べています。
だんくら (10)

1個を4分割。少々お高いかもしれませんが、味噌の旨みがいい塩梅で半熟卵に染みこんでいてとても美味ですよ。

やはり新そばの季節、一度はお店で楽しみたいですよね!?ご馳走様でした。

だんくら
石川県加賀市山中温泉中津原町ハ124-6
TEL 090-8094-3187
11:00~16:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 


最近、週末特に土曜日にいいお天気になることが多く、毎週お出かけDayとなっています。

昨日も朝までは雨模様でしたが、9時過ぎからいいお天気になってきたので、急遽紅葉を見に母を連れ出して出かけてきました。

まず駐車場が混む前にと向かったのは、小松市の紅葉の名所、那谷寺です。
那谷寺 (2)

しかし、那谷寺に近づくと雨がぽつりぽつりと落ちてきて心配しましたが、ほどなく止んだので、境内をゆくっりと散策することに。苔の上にモミジの葉がたくさん落ちています。
那谷寺 (6)

駐車場には県外ナンバーの車が多く止まっています。
那谷寺 (16)
観光客や紅葉を見に来た地元の人辰で、混雑とまではいかないまでも多くの人が来ていました。

那谷寺 (20)

ちょうど、この3連休が見頃かと思っていましたが、紅葉のピークは過ぎてだいぶ散っていました。
那谷寺 (8)

昨年も同じく那谷寺を山中温泉を巡っているのですが、11月24日に行った時のブログを読み返すと、去年の今頃はちょうど見頃だったようです。
那谷寺 (13)

国名勝指定を受けている奇岩遊仙境です。いつも思うのですが、岩が笑ってる!?

そして、次に山中温泉まで足を延ばします。

こちらのほうも、紅葉は見頃を過ぎていました。
山中温泉 (11)

「こおろぎ橋」のモミジも一本はほとんど葉が散っていましたね。
山中温泉 (19)

道にはそんなモミジの落ち葉がたくさん。
山中温泉

こちらは「あやとりはし」。
山中温泉 (9)

このころにはいい天気になって、鶴仙渓(かくせんけい)は凛とした空気で気持ちよかったです。
山中温泉 (6)

この2か所の紅葉を見た帰りに、山中温泉の街中にある「小出仙」に立ち寄り、2種類のかまぼこと温泉たまごを買い求めました。
小出仙

小出仙は屋号であり苗字なのです。珍しいと思います。

山中温泉に行くと、2~3回に一度は買い求めていますね。
山中温泉 (16)

昔、加賀藩だった地域では「かまぼこ」のことを「はべん」と呼びます。「はんぺん」と似たような意味なのでしょうが、「はんぺん」は「はんぺん」なのです。

そんな「山中はべん」は、「しじみ(税抜650円)」と「かに進丈(税抜1,100円)」を買いました。
小出仙 (3)

「かに進丈」は少々お高いですね。

今これを書いていて気が付きましたが、「かに進丈」は普通「かに真薯」とか「かに真丈」と表記するのことが多いと思いますが、この「進丈」もアリなのですね!?もっとも、何れも当て字だとは思いますが。
小出仙1

さっそく、夕飯に「かに進丈」を食べました。
小出仙 (4)

温泉たまごは6個入りで480円でした。こちらの温泉たまごは黄身がとろ~りとした温泉たまごです。

紅葉のも今日と明日で終わりですね。もしまだな方は今日は暖かい一日になりそうなので行かれてみてはいかがでしょう?ご馳走様でした。

小出仙
石川県加賀市山中温泉本町2丁目ナの4
TEL 0761-78-1310
8:00~19:00
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

加賀市の山中温泉からより山の中に入ったところに「加賀東谷重要伝統的建造物群保存地区(略して重伝建)」というエリアがあります。

このエリア周辺のことは、私のブログでもこちらで紹介していますが、冬の間は多くの雪が降る積もるようなところです。

動橋川に沿っていくつかの集落があって、赤い屋根の昔ながらの建築様式を保存している古民家がいくつも存在しているのです。

そんなところに、今日紹介する古民家を改装したカフェが出来ました。お店の名前は「古民家 まれびと」。

ただカフェと言っても本業があって、それは「ライオンズ旅行企画」という旅行会社と「いしかわ加賀サイクルステーション」というサイクリストに憩いの場所を提供するステーションを目指した施設を兼ねているのです。

この場所でのサイクルステーションというのはわかるのですが、カフェ、さらには旅行社というのは少々驚きます。
古民家 まれびと (2)

今年3月にオープンしているのですが、ちょうどコロナ禍の中の船出となったわけです。
古民家 まれびと

外観はご覧の通り立派な古民家。

店内に入ると、旅行会社らしくパンフレットがラックに入れられ置かれていました。

オーナーの男性の方が応対してくれましたが、少しお話をお聞きすると、住まいは加賀市内で営業のために通っているそうです。で、まだ一度も冬を越したことがないので大変さがわからないので、これからの冬の間も一応営業を続けるとのことでした。想像するに大変でしょうね…?

店内には靴を脱いで中に入るわけですが、検温と消毒が必要でした。
古民家 まれびと (3)

そして、自転車が世に生まれてから80年後に製造されたオーディナリー型自転車が目に飛び込んできます。
古民家 まれびと (5)

カフェとしては、昔ながらの囲炉裏がある部屋にテーブルが置かれ、奥の客間にもテーブル席がありました。
古民家 まれびと (8)

我々はほかにお客さんがいなかったので、了解をいただき写真を写し、奥の部屋でお茶することにしました。
古民家 まれびと (9)

こちらの部屋からは、後ろの渓谷を流れる動橋川と緑豊かな山林を眺めながら、そして澄んだ空気感をも味わいながら、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。
古民家 まれびと (10)

こちらがメニューです。
古民家 まれびと (13)

ランチについては土日限定でやっていますが、我々がお邪魔した時はお休みで、時々サイクルのイベントなどがあったりしたときなどやっていないことがあるので、ランチで利用する場合はお店のFacebookページで確認してから向かったほうがいいでしょう。

この中から私は、瀬戸田レモンソーダの紅茶割(ICE税込500円)を頼むことに。広島の日本一の国産レモンの生産地のレモンを使ったソーダを紅茶で割っているわけですが、飲んでみると要はレモンティーでした!
古民家 まれびと (19)

瀬戸田レモンソーダとしての特徴がわかりません。(^^;

こちらの紅茶割(ICE)は5~9月までです。
古民家 まれびと (17)

妻はコーヒーで、ブレンドとローストが選べて、ローストを頼んでいました。
古民家 まれびと (18)

おやつとして「ビスコッティ(税込100円)」も頼んでいます。

このあたりはサイクリングコースや蟹ノ目山(がんのめやま)の登山道があったりして、そのついでにこちらのお店で休憩などされたらいいのではないでしょうか?

この冬、こちらのお店でカフェ利用する方はいるのか心配ですが、頑張ってほしいと思います。ご馳走様でした。

古民家 まれびと
石川県加賀市山中温泉今立町イ180
TEL 0761-78-1107
9:00~15:00
火・水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨日、同じ加賀市にある民家の内部をリニューアルした「カフェ&ダイニングバー BOUQUET(ブーケ)」というお店を紹介しました

今日は山中温泉の「まちやど LOBBY」という、昔の名士が所有していた旧新家邸をリノベーションしたカフェを紹介します。

場所は山中温泉の街中にある「総湯」のすぐ近く。横浜のまちづくり会社で「まち未来製作所」というところが事業主体です。
LOBBY

廃屋だった旧新家邸を今はやりのクラウドファンディングによってリノベーションしています。ここは昔は山中温泉の芸妓さんが住んでいた建物らしいです。
LOBBY (5)

「まちやど LOBBY」ということで基本は宿泊施設。しかし、この建物で宿泊できるわけではなく別な建物になります。
LOBBY (29)

こちらの建物はチェックイン機能やクローク機能を、持つカフェとなっているのです。

カフェ利用の場合はカウンターでオーダーして代金を支払います。我谷盆のトレーが置かれていました。

そして2階のカフェスペースで待つと、持ってきてくれるというシステムでした。
LOBBY (8)

2階に上がる前の階段のこの場所が、チェックインカウンターになっているのでしょうか?。
LOBBY (13)

旧家の建物で蔵が併設されていたようです。
LOBBY (14)

その梁や扉がそのまま残されていて、その中はこんな感じになっていました。
LOBBY (16)

2階に上がると、前の内装がきれいに取り払われいて、コンクリートがむき出しになった空間です。

一部を取り壊して大きな窓が取り付けられていて、明るい空間です。
LOBBY (27)

一番奥はソファーに座りながら、山中温泉の山並みや街中を眺めながらゆったりと過ごせるスペースになっていました。
LOBBY (4)

今回、ランチを食べに来たのですが、こちらのメニューにはフードメニューといっても本格的?な食事メニューはあまりありませんでした。もしかしたらキッチンスペースの都合などあるのかもしれません。
LOBBY (21)

軽食系のものが4種類。この中から我々はこれらのものを食べています。
LOBBY (22)

私は「香ばしフライドエッグ丼(税抜480円)」。

その名の通り卵1個のフライドエッグが丼に盛られたご飯の上に乗せられています。

添えられているタレは、私も直接お店で買い求めたことがある七尾の鳥居醤油の醤油とバターのものです。

このタレをぶっかけて食べるわけですが、味は香ばしくて美味しいのですが、いかんせん卵1個のフライドエッグではご飯の量に足りませんでした。個人的にはお値段500円にして漬物でも付いていたらありがたかったですね。
LOBBY (23)

ドリンクは加賀棒茶です。加賀棒茶以外の選択肢はありませんでした。

妻は、加賀市の加賀守岡屋の名物「加賀名物 元祖焼きいなり」の2個入り(税抜880円)を頼んでいます。こちらは羽田空港の空弁としても人気です。
LOBBY (24)

こちらは、鶏ごぼうと金時芋の赤飯のセットになっていて、白山市の旧白峰村にある山下ミツ商店謹製の焼かれた分厚い油揚げの中に詰められているものです。前に山下ミツ商店の同じ商品を紹介したことがあります
LOBBY (25)

私は金時豆の赤飯のを3分の1ほど食べましたが、金時芋が甘くもちっとした赤飯とマッチしていました。

山中温泉は温泉中心の観光業と漆器作りが主な産業ですが、ひと頃に比べると両産業とも需要が減少しているわけで、今後色々な知恵を借りて盛り上げていく必要があると思います。

今日紹介した「まちやど LOBBY」なども、その一翼を担うことになるのでしょうね!?頑張っていただきたいです。ご馳走様でした。

まちやど LOBBY
石川県加賀市山中温泉本町二丁目ソ13
10:00~22:00(LOBBYに準じる)
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介します「coya-p」は、大聖寺方面から山中温泉に向かうと、温泉街の少し手前の住宅街の一角にひっそりとあるカフェです。
coya-p

「coya-p」を読むと「こやぴ」、私は「あさぴー」なので何となく親近感を持っていました。(^^;

いまから5年前に一度お邪魔しています

この場所はもともと奥様のご実家だったところ。お店は土蔵だった建物をリノベーションされています。

ご年配のご夫婦お二人で営業されていて、別な仕事も兼ねて(現在も仕事されているのかはお聞きしませんでした)の営業なので、週の半分ぐらい営業されているようです。お店のインスタページに毎月営業カレンダーが掲載されているので、そちらを見て行かれたほうがいいでしょう?

外観は前にも書きましたが「山小屋」の雰囲気?
coya-p (8)

店内には靴を脱いで入ります。中の備品などにはオーナーご夫妻のこだわりが随所に見られます。
coya-p (10)

それは暖炉やオーディオ、小物に至るまで細部にわたります。
coya-p (7)

この日のメニューです。

ランチタイムメニューもあるのですが、前回に引き続いてカフェタイムにお邪魔しています。一度ランチメニューについても試したいですね。

そして、周りは住宅街で静かな空間。窓から見える緑を眺めながらまったりとした時を過ごすことができます。窓からは緑がいっぱい目に飛び込んでくるので、山の中ではないのですが自然豊かな山の中にいるような気にさせてくれます。

私は「自家製ジンジャーエール(税込600円)」を頼むことに。
coya-p (14)

出されたのがこちら。生姜たっぷり使ったのど越しさわやかなジンジャーエールでした。
生姜スライス、ライムとミントの葉っぱもいいですね~!?
coya-p (19)

妻の頼んだコーヒーは自家焙煎(税込500円)。
coya-p (18)

前の記事では自家焙煎に触れていないので、もしかしたら自家焙煎に切り替えたのかもしれません。
coya-p (15)

あと、こちらの「ベイクドチーズケーキ(税込500円)」も頼んでいます。これには自家製とは書かれていませんでした。

濃厚でしたが、甘さ控えめでおいしかったです。
coya-p1

日々忙しく過ごしていると、ちょっとした時間でもいいので、このような空間でまったりとした時間を過ごすことは必要だと思います。ご馳走様でした。

coya-p
石川県加賀市山中温泉上原町ル26番地
TEL 090-1632-6576
不定休、営業時間も確認を!


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ