あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:山中温泉

今年は秋がありませんでした。

11月初旬までは夏を思わせるような暑い日があったりしましたが、11月第2週からは一転して冬のような寒さ。

体の調子がおかしくなりませんでしたか?

そんな変な気候のおかげで、秋の紅葉シーズンもずた感じがします。

11月の2週目の日曜日、天気は悪かったのですが、雨が止んでいた時間帯に山中温泉まで紅葉の進み具合を見に行きました。
山中温泉

案の定、紅葉はまだまだ。

そして、ゆげ街道をぶらりして、8月にオープンしたセレクトショップ&カフェ「Amu Shop&Cafe」で一服することにしました。
Amu Shop&Cafe (5)

山中温泉は、全国的にも有名な温泉地ですが。石川県内の他の温泉地がそうであるように、一昔前の好況の時期からは来訪者が激減していて、温泉旅館や観光客相手のお店などが何軒も廃業に追い込まれています。

今年も有名で人気があったと思われる釜めしのお店が閉店になっていますね。

「Amu Shop&Cafe」は、加賀市だけではなく石川県全体のフード、お土産、雑貨、製品などをセレクトしており、
Amu Shop&Cafe (15)

地元山中の工芸品、山中漆器はもちろん、九谷焼や金沢水引のアクセサリーなどが並べられていました。

で、そこにカフェが併設されています。
Amu Shop&Cafe

小さなスペースですが、大きな窓からゆげ街道を眺めながら一服することができます。
Amu Shop&Cafe (3)

ちょっと見にくいですが、メニューです。

私はカプチーノ(550円)、妻はブレンドコーヒー(500円)を頼んでいます。
Amu Shop&Cafe (12)

こちらのコーヒーは、先日紹介した金沢市のサニーベルコーヒーの焙煎豆を使用していました。ちなみにブレンドコーヒーは深煎りでした。
Amu Shop&Cafe (8)

あと、こちらのケースの中にあったケーキの中から、
Amu Shop&Cafe (9)

「能登いちじくジャムとナッツのパウンドケーキ(350円)」を食べています。
Amu Shop&Cafe (13)

山中漆器の器に入れられていて、いちじくはドライいちじくジャム。全体的にそれほど甘くはなく、ナッツの食感も相まって美味しかったです。
Amu Shop&Cafe (10)

たぶん、観光客をターゲットにしていると思いますが、地元の人にもおすすめなお店です。ご馳走様でした。

Amu Shop&Cafe
石川県加賀市山中温泉南町ロ11
TEL 070-4440-9821
Shop 9:30-18:30(金.土20:30)
Cafe 10:00-17:00
水曜 第2.4木曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

一昨日紹介した山中温泉の「湯のまち ささやカフェ」で食べたきしめん。

量が少々物足りなかったので、珍しくもう一軒ランチを食べに入ることにしました。

それが、「湯のまち ささやカフェ」のすぐ近くにある「カフェらら(CAFFE LALA)」。

ウェブページを見ると自家製シフォンケーキとチーズケーキをオンライン販売されていました。
カフェ ララ

外観を見ると、だいぶ前からある喫茶店のようです。

入口のところにメニューが掲げられていました。
カフェ ララ (2)

食事メニューが色々あるのがうれしいですね。
カフェ ララ (3)

こちらはかき氷メニューです。
カフェ ララ (4)

中に入ると、昭和の喫茶店の趣。こちらはカウンター側です。

お店は男性の方お一人で切り盛りされていました。オンライン販売もこの方がされているのかな??

私は、カフェめしシリーズでいつも頼んでいるナポリタンをお願いすることに。800円です。

目の前で調理されていましたが、手際よくスピーディーに出されました。
カフェ ララ (5)

ビジュアルは喫茶店ナポリタンそのもの。
カフェ ララ (6)

いい塩梅でトマトケチャップがパスタに絡んで美味しかったです。

ハシゴのランチでさすがにお腹いいっぱいになりました。

観光客が入るようには思えないので地元の人に支えられているのでしょうね。ご馳走様でした。

「カフェらら(CAFFE LALA)」
カフェらら(CAFFE LALA)
石川県加賀市山中温泉富士見町ムー8
TEL 0761-78-0850
8:00~18:00
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

山中温泉には時々ランチを食べるために行きます。
山中温泉

ただ温泉に入ることは長い間ありませんね。

さて、そんな山中温泉へお盆休みの時、妻が仕事で一人でぶらりランチを食べに出かけました。

私にしては珍しく、どのお店に入るかは決めずに向かいました。

無料の駐車場に車を止めて、猛暑の中、日陰の場所を歩きながらお店を探します。

喫茶店と、今日紹介する「湯のまち ささやカフェ」のどちらにするか迷いましたが、結局、2軒ともに入ることに。
湯のまち ささやカフェ

町家風のなかなか風情を感じる建物です。

それもそのはず、帰って調べたら築90年のご自宅を改装したカフェなのです。

「まちの縁側」という人とまちをつなぐお店でありたいと願い、NPO法人を立ち上げ、訪問介護やデイサービスに関わってきたオーナーのご高齢の女性がお一人で切り盛りしていました。
湯のまち ささやカフェ (5)

「地域の高齢者や共同浴場を訪れる観光客の交流する居場所づくり」を目指した店づくりをされているわけで、狭いながらもアットホームな雰囲気のお店でした。
湯のまち ささやカフェ (3)

メニューです。
湯のまち ささやカフェ (4)

こちらはドリンクメニュー。

ランチはきしめんのみでした。

きしめんといえば名古屋ですが、何かご縁があるのかわかりませんが聞いていません。

私は「いなりきしめん(650円)」を頼むことに。

とても暑い日でしたが、冷たいうどんがなかったのでそうしました。ちなみにきしめんの冷たいのは名古屋では「きしころ」と呼びます。
湯のまち ささやカフェ (6)

出されたのがこちら。
湯のまち ささやカフェ (7)

透明感のあるうどん。手打ちではないと思います。半分にカットされた油揚げが2切れと山中温泉の温泉玉子が乗せられていました。油揚げが出汁を吸って美味しいです。
湯のまち ささやカフェ (8)

上品なお出汁でした。

近年は乾麺でもそん色ないほど製造技術が発達してきているので、これはこれで美味しかったです。

ボリューム的にはそれほどではないので、男性には少し物足りないと思います。

私にとってもそうで、このお店のあと、明後日紹介する喫茶店に入り、ハシゴでランチをしました。ご馳走様でした。

湯のまち ささやカフェ
石川県加賀市山中温泉冨士見町ム22-2
TEL 0761-78-0036
水~土
10:00~14:00
日~火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

5月中旬、新緑の山中温泉に行ってきました。

目的は新しくオープンしたカフェに行くため。無限庵に4月21日にオープンした「茶房うるはし」で、妻と二人で出かけてきました。
山中温泉

こおろぎ橋の新緑がきれいです。
茶房うるはし

無限庵は、石川県指定文化財で加賀藩を支えた加賀八家横山家ゆかりの武家書院屋敷。
茶房うるはし (3)

元々は金沢市高岡町にあったものをこちらのほうに移築しています。
茶房うるはし (32)

見学するには大人一人500円が必要で、緑に囲まれたこの季節、内部のはインスタ映えしそうなところがあって、素敵な写真を取ることが出来ました。
茶房うるはし (23)

1階のメインの書院のある広間は写真撮影がNGで残念でしたが、2階の部屋はこんな感じです。

お茶室もあり、館内には、漆器や九谷焼などの古美術品が色々飾られていました。
茶房うるはし (30)

そして「茶房うるはし」は建物の右手一番奥にあります。
茶房うるはし (25)

広いスペースに少数の客席。贅沢な空間使いです。
茶房うるはし (12)

大聖寺川沿いに大きなガラス窓がはめ込まれていて、新緑が映えます。

我々はそんな景観を楽しむことができるカウンター席に座りました。
茶房うるはし (27)

ランチメニューは、和と洋、2種類設定があります。
茶房うるはし (29)

こちらに出ている「洋ランチ」は「ピザ(2,200円)」がメインで、「和ランチ」の「海鮮丼」は前日までの予約が必要。今回、和と洋を1つずつ予約時にお願いしていました。

ちなみに、上記の料金には無限庵の大人1人分の入館料が含まれています。
茶房うるはし (28)

「洋ランチ」にはスープ、サラダ、ドリンクが付いていて、ラヴィーブ監修のピザで、マルゲリータとクワトロフォルマッジの2種類の設定があって、こちらも捨てがたかったのですが、こちらに到着してから知った、新しくメニューに加わった「カレー」に目がいき、変更をお願いしたら快くokしてくれました。
茶房うるはし (45)

ここ無限庵は、6月2日より上映されている映画「スパイスより愛を込めて」で、ロケ地の一つとして選ばれているので、タイアップとしてのメニュー設定だと思います。そのため、期間限定となっていました。

ちなみに私は「スパイスより愛を込めて」をすでに観て来ましたが、こちらのお店は映画では重要なシーンの撮影で使われていましたよ。
スパイスより愛をこめて
映画館には主演の中川翼さんはじめ出演者のサインが書かれた大きなポスターが張られていました。

茶房うるはし (38)

カレーは山中塗のお盆のような器に盛られて出されます。

こちらのお店で使われている器はほとんどが山中漆器。
茶房うるはし (41)

スープのカップもそうでした。スープはミネストローネです。
茶房うるはし (40)

カレーは自家製なのか、それとも他店のルーを仕入れての提供なのでしょうか…?辛めの味でしたが好みの味でした。
茶房うるはし (42)

カレーにはサラダと、こちらのらっきょうと福神漬けが付いています。ただ、セットに箸が付いていなかったのでサラダは食べにくかったです。
茶房うるはし (34)

「和ランチ」は「海鮮丼(2,400円)」で、妻が食べています。見た目、もう少し色味があったほうが映えると思いました。
茶房うるはし (35)

海鮮丼は生の食材なので、ロスが出ないように前日までの予約としているのでしょうね。

こちらには味噌汁と小鉢が付いています。
茶房うるはし (43)

あと、食後のコーヒーは+300円でした。山中漆器のカップは木地なので熱くなく軽くて飲みやすかったです。

さて、山中温泉の観光スポットとして、今後カフェ共々ファンが増えることを祈っております。ご馳走様でした。

茶房うるはし
石川県加賀市山中温泉下谷町6
 無限庵内
TEL 0761-78-0160
11:00~15:00
火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

山中温泉には通称「アイスクリーム通り」という通りがあります。

本来は湯の本町商店街通りという名前ですが。この通りにアイスクリームを売っているお店が多くあることから「アイスクリーム通り」とも呼ばれているわけです。

前にブログでも「アイスクリーム通り」について書いたことがあります

今日紹介する「パンと喫茶 ルイドール」は、この「アイスクリーム通り」にあって、パン販売と喫茶店の営業、そしてアイスクリームまで売っているお店です。
山中温泉 (6)

山代温泉にも「ルイドール」というパン屋さんがあって、同じ名前でパンを売っているので、そちらとは何か関係があるのでしょうか??

今回初めてお邪魔して、翌朝のパンとアイスクリームを買って食べていますので紹介したいと思います。

昔ながらの店といった雰囲気の外観。
やまなかルイドール (7)

店内も同じくです。私の世代では駄菓子屋さんが、こんな感じのお店でした。

そして奥の方が喫茶店になっていました。

売られていたパンは、お店の前には欧風パンと書かれていましたが、昔懐かしそうな老若男女食べられる柔らかいパンばかりです。菓子パンと総菜パンが中心でした。

では買い求めたものを紹介します。
やまなかルイドール (14)

こちらは「カレーぱん(184円)」。

半分にカットす
やまなかルイドール (15)
るとこんな感じでした。

中にはカレーのルゥ的な餡がたっぷり詰まっていました。
やまなかルイドール (12)

「あらびきウィンナーぱん(216円)」は、ロングウィンナーが1本丸ごと。
やまなかルイドール (13)

母には「ジャムぱん(162円)」です。
やまなかルイドール (11)

そして、お店を出るときに「クリームチーズのあいすくりーむ(テイクアウト300円)」を一つ買って、お店の前で食べました。紙コップが容器です。
やまなかルイドール (8)

プラ製のスプーンではなく昔ながらの木製のスプーンだったのですが、このほうが今時でしょうか?

アイスが冷凍庫でギンギンに冷えていたので固く、力を入れてしまうと折れてしまいそうだったので、ゆっくりゆっくり溶かしながら食べました。

卵・砂糖・生乳・クリームチーズのみを使って作られていて、名前の通りのクリームチーズのアイス。シンプルなチーズの風味を感じるアイスでした。

これから本格的な冬になるので、アイスクリームの季節ではなくなりますが、皆さんも一度食べてみてください。ご馳走様でした。

パンと喫茶 ルイドール
石川県加賀市山中温泉湯の本町ク11-1
TEL 0761-78-0272
月・火・木・金曜7:30~13:30
水曜7:30~12:00
土・日曜7:30~17:00



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ