あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

タグ:山中温泉

松尾芭蕉といえば、江戸時代の日本人の中でも、特に大勢の人が知っている有名人だと思います。

いまさら説明する必要もないかもしれませんが、俳句の世界では歴史上一番有名な日本人でしょうね?

その松尾芭蕉が「奥の細道」を書くときに北陸三県を旅しています。山中温泉に一番長く逗留したといいます。

山中温泉では「山中や菊はたをらぬ湯の匂」と、芭蕉の残した句から共同浴場の名「菊の湯」が付けれれているほどです。

さて、そんな芭蕉も愛した山中温泉ですが、私のブログで先日紹介した「ごはん処 魚心(ぎょしん)」で釜めしを食べた後、お茶でもと思い入りました。
芭蕉 (7)

お店の名前は「芭蕉珈琲」。

実は、こちらのお店は2016年3月まで北陸朝日放送で土曜朝やっていた番組「土曜はドキドキ」の名物コーナー「北陸食遺産」で紹介されたことがあって、妙に記憶に残っていました。

お店は創業40年以上経つという老舗の珈琲専門店で、自家焙煎コーヒーをウリにしていて、ネットショップも運営されています。生豆の状態からオーダー焙煎で好みの味に仕上げてくれます。
芭蕉 (2)

お店の中はこんな感じです。もう少しきれいな状態にされたほうがいい気もしますが……?^^;
芭蕉 (3)

店内には長年にわたって染みついたコーヒーの香りが充満しています。

基本的にはコーヒー専門店ですが、ワッフルなども美味しいようです。

私はその中からお店の名前が付いた「芭蕉ブレンド(350円)」を頼みました。
芭蕉 (6)

芭蕉ブレンドは、モカをベースにブラジルをブレンドしたものを中煎りで焙煎しています。

焙煎してから3日以内の新鮮なコーヒー豆だけを使用して、それをサイフォンで入れてくれるわけですが、酸味と苦みのバランスがいい飲みやすいコーヒーでした。

山中温泉を散策して疲れた時などのふっと一息つけるお店ですね。ご馳走様でした。

芭蕉珈琲
石川県加賀市山中温泉本町1-ヤ-6
TEL 0761-78-1521
9:00~23:00
不定休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

いま、水素水がブームといえばブームですが、だいぶ前に、山中温泉の第2菊の湯について書いたことがありますが、その時に「山中温泉は水素含有量が日本一」と紹介したことがあります。

しかし、この記事を書くときに調べてみると、残念ながら、そのような事実はないことがわかりました。詳しくは日本温泉総合研究所のこちらのページをご覧ください。

冒頭で、今日紹介するお店には直接関係のないことを書いてしまいましたが、こちらのお店の釜めしに、山中温泉の温泉が使われていることが書かれていたために、むかし書いた内容に関して調べていてわかりました。
魚心 (14)

さて、今日紹介します「ごはん処 魚心」は、テレビ東京で9月に放映された番組「モヤモヤさまぁ~ず2」(石川では10月放映)で取りあげられていました。

私も観ましたが、行くのは釜めしの季節になるまで待ちました。^^;

お店は山中温泉のど真ん中、菊の湯や山中座からすぐのところにあります。

店内は1階はそれほど広くはありませんでした。
魚心 (4)

カウンター席です。お一人様の私はこちらに座りました。
魚心 (5)

玄関から入って左はテーブル席です。また奥には小上がり席がありました。

2階に座敷がありそうですね。
魚心 (6)

壁には「モヤモヤさまぁ~ず2」で取り上げられたことを示す写真と額に入れられた番組タイトルマークが掲示されていました。

板長は元プリンスホテル料理長とかWebでは書かれていますが、あのプリンスホテル?それとも山中プリンスホテル?どちらでしょうか?^^;

板長にお聞きすると、放映後しばらくは釜めしを求めてお客さんが増えたそうですが、いまは落ち着いたそうです。
魚心 (15)

釜めしと定食のお品書きはこちらです。ははは、こちらにも「山中温泉は水素含有量が日本一」と書かれています。

夜は色々な居酒屋メニューも揃っていました。温泉街なので夜は地元客が中心でしょうね?

私は釜めしの中から海鮮釜めし(1,200円)を頼むことに。釜めしの中では一番高いものです。番組の中では大竹さんが食べていたやつですね。
魚心 (10)

釜めしは注文が入ってから炊きあげます。そのため15分ほど時間がかかります。
魚心 (12)

出されたのがこちら。炊きあがったばかりなので当然熱々です。
魚心 (11)

味噌汁と漬物が付いてきます。
魚心 (13)

具材は小さめの雄のズワイガニがメインで、あと甘エビ、ブリのような魚、ちくわ、わかめ、そしてタマゴが入っています。

炊きこまれたご飯には魚介に旨みが上品にしみこんで美味しかったですよ。

まぁ、山中温泉のお湯で炊き込んでいることは、あまり気にされないほうがよさそうです。釜めしはおすすめです!ご馳走様でした。

魚心(ぎょしん)
石川県加賀市山中温泉薬師町ウ-21
TEL 0761-78-5176
11:00~14:00
18:00~24:30
月曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

いいお天気と陽気に誘われて、山中温泉までぶらりと出かけてきました。

昨日のブログ記事でもお分かりのように、実は先週も客人をお連れしてまわっています。^^;

天気予報では曇りのち雨だったのですが、南加賀は日中はいいお天気で青空も広がりました。そのため、先週の雨の見学のリベンジを!ということです。

昨日、山中温泉の紅葉は最終段階でした。今日は写真中心の紹介にしますね。
山中温泉 (5)

黒谷橋から、白鷺大橋を望みます。
山中温泉 (8)

あやとり橋です。
山中温泉 (12)

そこから鶴仙峡を見下ろします。 
山中温泉 (29)

医王寺です。
山中温泉 (30)

医王寺あたりから山中温泉街を望みます。
山中温泉 (21)

山中温泉総湯 菊の湯と、左奥は山中座。
山中温泉 (26)

その広場にあるからくり時計が12時の時を告げていました。山中節のメロディーです。
山中温泉 (25)
山中温泉 (13)

そして、広場には毎年恒例の「カニ汁大鍋」が振る舞われています。道場六三郎さんレシピのカニ汁、1杯300円!人気なんですね?山中の冬の名物となっているようです。
山中温泉 (14)

お盆も器も山中漆器を使用しています。
山中温泉 (16)

カニ足が1本と甘えびが2尾入っています。上品な味付けでした。隠し味にはショウガが使われていますね。これからの寒い冬に体も温まりそうです。

11月1日から3月末までとなっていて、時間は11時から15時まで。売り切れ御免!

皆さんもぜひご賞味あれ!

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

さて、今年の紅葉シーズンもそろそろ終わります。

先週末に南加賀の紅葉の見どころをかけ足でまわってきましたので書きたいと思います。

今年は東京からの客人をお連れしての見学でした。あいにくの雨模様となりましたが、逆にお天気のいい日だったらめちゃめちゃ混んでいたであろうことは容易に予想できるのですが、この日は駐車場も近くですぐに停めることが出来ました。

また、雨の日の紅葉も、色が艶やかに見えてよかったりして、意外におすすめかもしれません。

まずは朝一番で向かったのは、小松市でも一番の紅葉の名所「那谷寺」です。
那谷寺 (5)

フランスの旅行ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」2015年度版に一つ星として、南加賀で初めて掲載されました。来年には開創1300年を迎える由緒あるお寺です。御柱も置かれていました。

私も毎年のように訪れるところですが、今回は紅葉を見に行く時期としては一番よかったです。

敷地にあるのはイロハモミジ、ヤマモミジ、ハウチワカエデ、ドウダンツツジなどで、広い敷地内に多くのビューポイントがあります。
那谷寺 (7)

白い奇岩遊仙境の岩肌に映えますね。芭蕉も句を詠んだ那谷寺の秋景色は有名で、鮮やかに色づいたカエデが、白い岩山を背景に見事なコントラストを見せていますね。
那谷寺 (18)

松尾芭蕉が奥の細道で詠んだ句「石山の 石より白し 秋の風」は、こんな状況を見ながら読まれてのではないかと思いますね。
那谷寺 (34)

本堂は慶長2年(1597年)に、気多大社拝殿を建てた山上善右衛門によって建立されています。重要文化財に指定されています。
那谷寺 (16)

紅葉した落ち葉が雨に濡れて、落ちても艶やかに見えました。

次に「荒俣峡」に向かう途中、小松市日用町にある「苔の里」に立ち寄ります。
苔の里 (5)

ここは最近、日本よりも海外で注目されているところで、平成2年にオープンした日本唯一の苔のメッカ。
苔の里

世界中でも、ここまで多くの苔の種類が揃って維持されているところは他にはあまりないようで、多くの外国からの訪問者が来るところになっています。
苔の里 (2)

お天気がいいと、太陽の光が杉林に遮られ、苔むす庭園も静かで光と影のコントラストがきれいですが、雨が降った時も、雨に濡れて艶やかになった苔もまたオツなものでした。
苔の里 (9)

また、モミジの落ち葉が苔の上に落ち、苔の緑とのコントラストも鮮やかです。
苔の里 (6)

こちらへは秋篠宮家の長女眞子さまも訪問されていて、その時に詠んだ句が今年の歌会始のときに披露され、この地に石碑が出来ていました。

その後、「荒俣峡」へ移動。
苔の里 (15)

雨で足場も悪かったので、橋の上からの見学のみにしました。

こちらは、紅葉も終わりに近かったですね。マイナスイオンがたっぷりです。

そして、この後、山中温泉に移動。
あやとり橋 (3)

まずは「鶴仙渓」にかかる「あやとり橋」の上から眺めます。
山中温泉 (10)

「あやとり橋」は、いけばな草月流三代目家元・故勅使河原宏氏のデザインで、湾曲した徒歩専用の橋は上空から見るとS字型をした橋。コンセプトは「鶴仙渓を活ける」です。
そして「こおろぎ橋」。
こおろぎ橋 (6)

こちらの紅葉はちょうど見頃で、駐車場からの道のモミジの赤がとてもきれいです。
こおろぎ橋 (3)

「こおろぎ橋」には多くの観光客がいらっしゃいました。

さて今年の紅葉は、結果的にこの一日しか見に出かけることが出来ませんでした。少し残念でしたが、来年に期待ということで!

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ