あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:山中温泉

私も昔からよく存じ上げている山中温泉の八木さん。
八木さん (3)

本業は山中漆器の塗り師ですが、蕎麦打ちの名人でもあり、また篠笛の名手でもあります。本業の山中漆器のほうは息子さんのほうが、金継ぎでも技を発揮されています。
八木さん (2)

八木さんの作る器はとても丈夫で使い心地も最高です。
八木さん (5)

また、八木さんのご自宅兼工房で開催されるそば会にもお招きいただいたりします。
山羊パン

そして八木さんのお嬢さんは、加賀市で人気のパン屋さん「山羊パン」のオーナーブーランジェ。一家でご活躍されているのです。(5月末まで臨時休業です)

そんな八木さんが主宰している篠笛の会「粋音会」として、今度6月24日に金沢駅前の石川県立音楽堂の邦楽ホールでコンサート「五十の響き」を開催しますので、今日はその告知をさせていただきます。
13-3

こちらの写真は、某結婚披露宴で演奏していただいたときの写真です。かっこいいですね!

笛を手にしてから50年経過するという節目の年に開かれる「五十の響き」。ゲストの方やお弟子さんも華を添えています。
八木さん (15)

是非、素晴らしい篠笛の音色を生で聴いてください。

開催日程
6月24日(日)
開場 16:30 開演 17:00
会場
石川県立音楽堂邦楽ホール
石川県金沢市昭和町20-1
料金:前売3,500円(当日4,000円)
お問合せ先:粋音会
0761-78-0252(八木)

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

お久しぶりシリーズです。

山中温泉の街中にある私の「まちやそば」。ブログでも最初のころに書いたお店です。

今回13年ぶりの紹介になります・

前にお邪魔した時はおろし蕎麦を食べましたが、その時の辛味大根の辛さが印象に残っていますね。

天気のいい日曜日、先日紹介しました「オオカミのいえ」という洋菓子屋に行くことがあり、そのついでに山中温泉でランチを取ることにしました。
山中温泉 (3)

新緑の季節で、山中温泉の観光場所は多くの人で賑わっていました。こちらは「あやとりはし」です。

今日紹介します「まちやそば」は、その「あやとしはし」からすぐ近くにあります。
まちやそば (3)

なまこ壁が目印の大きな建屋で、住居と一体のお店です。
まちやそば (14)

入口の隣のスペースはそばを打つ場所になっていて、外に面しているところがガラスのためそばを打っている姿を見ることが出来ます。

ということで、こちらで手打ちのそばを食べることが出来るのです。
まちやそば (5)

内部はそれほど大きなお店ではありません。座敷もありました。
まちやそば (6)

お品書きはこんな感じです。

前回は、おろし蕎麦を食べているので、今回は違ったものを、ということで頼んだのは「二色もりそば(750円)」です。
まちやそば (8)

変わりそばもお品書きに書かれています。1月「けし」、2月「梅」、3月「べに花」、4月「桜」、5月「よもぎ」、6月「しそ」、7月「笹」、8月「けし」、9月「ごま」、10月「くるみ」、11月「菊」、12月「柚子」。これは13年前と同じですね。逆に考えると最低でも13年間継続されているということは凄いことだと思います。

こちらのおそばは北海道契約農場の粉を使用した手打ちそばです。
まちやそば (7)

薬味には大根おろしも添えられていましたが、こちらのは辛味大根ではありませんでした。

そばは別々に盛られて出されます。一枚目は細打ち。
まちやそば (10)

オープン時間と同時に入ったので、私が最初のお客さんでしたが、注文してからそこそこ時間がかかったので、オーダーが入ってから湯がき始めているのだと思います。

艶のある、のど越し爽やかなそばでした。
まちやそば (11)

二枚目は太打ちで、田舎そば。そばの実の外側まで挽いたものですが、振るいにかけてそば殻をきちんと取り除いてあります。きれいなそばです。
まちやそば (12)

そしてさすがにそばの風味をより感じさせてくれるものでした。
まちやそば (13)

最後に出されたそば湯はとろみのある、色も濃い私好みのものでよかったです。

この内容で750円という値段はコスパ的に良かったと思います。次回は「変わりそば」を食べてみたいと思います。ご馳走様でした。

まちやそば
石川県加賀市山中温泉東町2-ツ24
TEL 0761-78-1266
11:30~14:30
18:00~22:00
水曜休(祭日の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログで粉物の紹介がめっきり少なくなった気がします。

基本的にはたこ焼き・お好み焼きの類は好きなのですが、日常的に食べなくなりました。

年をとってきて炭水化物を控えるようになったので、おやつ的な要素の強いと勝手に思っているこれらの品々は、なるべく食べないようにしているからです。^^;

しかし今日は久しぶりに、そんな粉物の話題です。

話は変わりますが、山中温泉あたりに最近新しいたこ焼き屋が出来ています。

つい最近も山中温泉の街中にたこ焼き屋が出来たということで、そちらにも行ってみましたが、残念ながらこの日は休みでした。

ということで、前々から店の前を通るたびに車が止まっていて気にはなっていたお店に行くことにしました。

それは、小松方面からだと山中温泉に入る四十九院トンネルの数百メートル手前にあります「たこはな」です。
たこはな

こんなところでは商売が難しいのでは?と思っていましたが、とても人気なようです。

この日も、オープン12時少し過ぎた時点で、数組のお客様が待っていました。

作り置きしていないことがウリで、注文を受けてから作り始めるらしいですが、日曜日ということで多くのお客様が来ていてフル回転で焼いているように感じます。

私も注文してから15分ほど待ったでしょうか?事前に電話でオーダーをしてから受け取りに行った方がよかったかもしれません。

メニューはこんな感じです。
たこはな (7)

この中から私が買い求めたのは、たこ焼きと焼きそばです。

たこ焼きはベーシックなソース味でネギのせ(550円)をお願いしました。
たこはな (3)

8個入りで大ぶりのたこ焼き。基本テイクアウトのみで家に持って帰ってから食べましたが、出来立てで熱々で家に帰ってもまだ熱々で食べることが出来ました。
たこはな (6)

たこも大ぶりでした。

ただ、たこ焼き自体は相当柔らかです。関西では外はカリッと中はとろ~りが流行りです。好みが分かれるかもしれません。

焼きそばのほうは「塩だれレモン味」にしてみました。
たこはな (4)

麺ハーフが選べたのでそちらにしましたが、350円でほとんど普通の焼きそばぐらいのボリュームがありました。

普通サイズが300gとなっていたので、ハーフで150g。確かに普通の焼きそばぐらいのボリュームです。

塩だれの塩梅もよく、ほんのりレモンの爽やかな味がして食欲がそそられます。

ただ、この焼きそばのほうを最初に食べたら、たこ焼きを食べ始めたらすぐにお腹がいっぱいになってきて、たこ焼きのほうは半分ぐらいしか食べることが出来ませんでした。^^;

これからの季節は少し暑くなってくるとたこ焼きも敬遠しがちになりますが、まだまだ大丈夫です。

おやつとして食べるだけではなく、主食としてもokなボリュームでうれしいお店なのではないでしょうか?ご馳走様でした。

たこはな
石川県加賀市山中温泉四十九院町ト115-5
TEL 090-7083-0387
12:00~19:00ごろ
ネタがなくなり次第終了
月・火曜休
祝日の場合、営業する事あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

紅葉の時期もそろそろ終わりですが、今年は紅葉をあまり見に行くことができませんでした。

休日に色々用事があって行けなかったためですが、一番の見ごろの土日が2日共あいにくの本ぶりの雨の日で、あまり楽しめなかったこともあります。

今年は、小松の荒俣峡と山中温泉に紅葉を見に行ってきました。
荒俣峡 (4)

荒俣峡には、いいお天気の日曜日に紅葉の一番見頃少し前の時期に、ランチをとるついでに足を延ばしてきました。
荒俣峡 (10)

大杉谷川にある荒俣峡は、南加賀でも紅葉がきれいなところで有名です。木々もいい感じに色づいていて、青空とのコントラストも鮮やかでしたね。
荒俣峡

橋の下まで降りて清流のマイナスイオンをたっぷり吸って、五感を癒すことができました。
荒俣峡 (11)

左に見える古民家の長寿庵にも最近行っていません。
荒俣峡 (6)

美味しい川魚と山菜・きのこ料理が恋しくなりました。

お次は山中温泉です。もちろん山中温泉の紅葉といえば鶴仙渓。石川県内でも有数の紅葉の名所でもあります。
山中温泉 (10)

鶴仙渓は大聖寺川の黒谷橋からこおろぎ橋までの間約1.3kmのエリアのことを指します。

私も、近年は遠来の客人を案内したり、個人的に見に行ったり毎年のように行っています。

この日は、晩秋なのか初冬なのかわかりませんが、冷たい雨が降りしきる中、妻と二人で駆け足で楽しんできました。
山中温泉

まずは黒谷橋から大聖寺川を見下ろします。

いい色つき具合ですね。
山中温泉 (21)

こおろぎ橋あたりも見どころの一つ。
山中温泉 (18)

下からこおろぎ橋を見上げます。
山中温泉 (15)

ここはすでに落葉で真っ赤に染まっていました。
山中温泉 (14)

この日は冷たい雨が降り続いていたために、紅葉を見に来る人も少なかったように思います。

荒俣峡、山中温泉の紅葉は今週末ぐらいまででしょうね。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

松尾芭蕉といえば、江戸時代の日本人の中でも、特に大勢の人が知っている有名人だと思います。

いまさら説明する必要もないかもしれませんが、俳句の世界では歴史上一番有名な日本人でしょうね?

その松尾芭蕉が「奥の細道」を書くときに北陸三県を旅しています。山中温泉に一番長く逗留したといいます。

山中温泉では「山中や菊はたをらぬ湯の匂」と、芭蕉の残した句から共同浴場の名「菊の湯」が付けれれているほどです。

さて、そんな芭蕉も愛した山中温泉ですが、私のブログで先日紹介した「ごはん処 魚心(ぎょしん)」で釜めしを食べた後、お茶でもと思い入りました。
芭蕉 (7)

お店の名前は「芭蕉珈琲」。

実は、こちらのお店は2016年3月まで北陸朝日放送で土曜朝やっていた番組「土曜はドキドキ」の名物コーナー「北陸食遺産」で紹介されたことがあって、妙に記憶に残っていました。

お店は創業40年以上経つという老舗の珈琲専門店で、自家焙煎コーヒーをウリにしていて、ネットショップも運営されています。生豆の状態からオーダー焙煎で好みの味に仕上げてくれます。
芭蕉 (2)

お店の中はこんな感じです。もう少しきれいな状態にされたほうがいい気もしますが……?^^;
芭蕉 (3)

店内には長年にわたって染みついたコーヒーの香りが充満しています。

基本的にはコーヒー専門店ですが、ワッフルなども美味しいようです。

私はその中からお店の名前が付いた「芭蕉ブレンド(350円)」を頼みました。
芭蕉 (6)

芭蕉ブレンドは、モカをベースにブラジルをブレンドしたものを中煎りで焙煎しています。

焙煎してから3日以内の新鮮なコーヒー豆だけを使用して、それをサイフォンで入れてくれるわけですが、酸味と苦みのバランスがいい飲みやすいコーヒーでした。

山中温泉を散策して疲れた時などのふっと一息つけるお店ですね。ご馳走様でした。

芭蕉珈琲
石川県加賀市山中温泉本町1-ヤ-6
TEL 0761-78-1521
9:00~23:00
不定休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ