あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:山中温泉

お久しぶりシリーズ。今回は山中温泉で人気の中華店「長樂(長楽)」です。
長楽

帰って調べてみると約13年ぶりの訪問でした。

実は最初、別なお店を考えていたのですが、すでに廃業?しているようで急遽こちらのお店に伺うことにしたのです。

こちらは山中温泉で50年以上地元の人を中心に愛されてきた中華料理店です。
山中温泉 (3)

伺ったのは山中温泉の景勝地「こおろぎ橋」あたりもいい感じに色づいた頃の平日。13時過ぎでしたが3組ほどのお客様がまた食べていらっしゃいました。
長楽 (2)

店内は13年前とあまり変わっていないようでした。すぐにメニューを見渡しますが、入口の黒板に書かれていた内容を見て食べるものは決めていました。

では早速紹介したいと思いますが。その前に、食べ終わってお店を出てからわかったのですが、今回食べたものは13年前に食べたものとまったく同じものでした。^^;

その食べたものといえば、こちらでは人気の2品で、焼餃子と酸辣湯麺(スーラータンメン・サンラータンメン)。

餃子は国産小麦粉をゆっくり練ってから2日間寝かせて作る皮を使って、オーダーが入ってから餡を包んで焼くという、まさに手作りの餃子を創業以来続けているのです。
長楽 (9)

こちらがそうです。他のお店では大体が焼かれたほうを見えるように皿に盛ると思いますが、ここは逆です。これは個人的な考えですが、この皮のモチモチ感のようなものを見せたいのかな?皮に胡麻油を練り込んであるので艶っぽさもあります。

餡はめちゃジューシーというほどではないですが、控えめながらうま味を皮と一緒に味わう餃子なか?と思いました。

酸辣湯麺はこちらです。見た目は熱そうな感じがしないと思いますが、熱々です。気を付けてください。
長楽 (7)

むかし食べた時の味の記憶がもうすでにないので、改めて食べた感想としては、酸味はマイルドで、ラー油はそれほど多くかかっていないのでバランスが取れた酸辣湯麺ではないかと思います。ただし、私自身、酸辣湯麺を普段はあまり食べないので、感想が的を得ているかは自信がありませんのであまり参考にならないかもしれません?^^;
長楽 (8)

麺は自家製で、こちらはむかし感じた通り軟らかめの茹で加減。自家製麺とスープの相性を考えてのことなのでしょうね?

あと、前回書いたときの内容を改めて読み返してみると、コメント書いてくれた方のアドバイスで「途中でラー油とか酢、入れたらだめですよ」「酸辣湯麺は甘さと辛さが絶妙なんです。」と書かれていました。入れなくてよかったです。

また13年前の当時は、生意気にも「ここはナプキンは置いてなかった」などと書いたりもしていましたが、今回伺ったらカウンターや各テーブルにちゃんと置かれていました。

今回も食べた餃子と酸辣湯麺以外にも美味しそうなメニューが色々あったので、次回は別なメニューを食べてみたいと思います。ご馳走様でした。

長樂(長楽)
0761-78-1087
石川県加賀市山中温泉湯の本町ラ21
[月~水・金~日]
11:30~14:00
17:00~22:30
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 


いよいよ秋本番になって朝晩もめっきり寒くなってきたので、釜めしの話題もいいのではないでしょうか?
こんぱ亭

今回は山中温泉のゆげ街道沿いにあるお店で「こんぱ亭 橋爪庵」。何と!創業50年以上経っているようです。


昔からあるお店で、特に釜めしが有名です。

観光客に人気で、特にこれからの季節、週末のランチタイムはいつも混雑しています。

前回はもう少し暑い時期に行って来て、季節の釜めしの「子だこ釜めし」を食べていますね。その時のを、今回行って来てから読み返すと、値段以外の内容はあまり変わっていないようです。12年経過しても変わらないということはある意味凄いことです。継続して人気を保っていないと難しいことだと思います。

行ったのは9月の3連休の最後の日。混んでいるだろうと思って向かいましたが、12時少し前で運よく席が空いていました。その後すぐに順番待ちが出来ていたので運がよかったと思います。

今回は妻と二人で行き、2つの釜めしを頼んでシェアすることにしました。
こんぱ亭 (4)

釜飯やそれ以外のお品書きはこんな感じです。だいぶ年季が入ったお品書きです。^^;

私は「うなぎ釜めし(税別2,700円)」。妻は季節の「松茸釜めし(税別2,700円)」を頼みました。
こんぱ亭 (7)

釜めしは生米より1人前ずつ炊き上げているので時間がかかります。
こんぱ亭 (12)

そのため待っている間に、まずお抹茶と小豆落雁が出されます。
こんぱ亭 (10)

それを飲み食いしていて、20分ほど待ったでしょうか?やっと出されます。
こんぱ亭 (14)

蓋を開けると、熱々でタマゴでとじられた釜めしの上に、松茸が並んでいます。
こんぱ亭 (16)

こちらはうなぎのほうです。うなぎは中にも隠れていました。
こんぱ亭 (20)

お茶椀(碗ではなく山中漆器なので椀)に盛ります。セットには山菜、白なます、長芋たんざく、枝豆などの小鉢が付いてきました。

松茸のほうは味は上品。逆にうなぎのほうは濃いめの味付けでした。うなぎの釜めしだけだとちょっと途中で飽きが来るかもしれませんが、妻のとシェアしたので最後までいけました。

また、漬物は糠漬けでこちらも濃い味です。
こんぱ亭 (21)

釜めしのお決まりのおこげもたっぷり。
こんぱ亭 (13)

あと、こちらのお店の名物が、写真の大盛の山わさび。こんなに食べる人がいるのか?と思えるぐらいに盛られて出されます。このわさびを釜めしに塗りながら食べると。味の変化を楽しめて、大盛りの釜めし(ご飯茶碗3杯以上)を食べきることが出来るのです。

食べきれない場合はおにぎりにしてお土産として渡してくれますが、今回は2人とも食べきりました。相当満腹になりましたが…。
こんぱ亭 (17)

お吸い物も付いています。

3連休だったからかもしれませんが、観光客が多かったです。やはり人気のお店ですね。
お値段はそれなりにするので、しょっちゅう食べに行くわけにはいきませんが、たまにはお昼にこんな贅沢もいいかもしれません。ご馳走様でした。

こんぱ亭 橋爪庵
TEL 0761-78-0545
石川県加賀市南町ニ15-1
11:00~20:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

この頃毎週、山中温泉に行っている気がします。

この前の週も実は「たこ焼き つぼ家」に行くために山中温泉に行きましたが、お休みだったために別なお店に行っています。
つぼ家 (13)

そこで今回はリベンジです。ちょうど台風24号の影響で秋雨前線が刺激され大雨が降っている日でした。
つぼ家

「たこ焼き つぼ家」、前は片山津温泉で営業されていましたが、昨年クローズされて、その後、満を持して山中温泉に移転してきたのです。移転の理由は聞いていません。

人気のお店で、温かい時期は平日はお休みというところです。私のように会社勤めには問題ないのですが。

営業開始が12時と少し遅め。お店が開くまで駐車場で待って一番乗りでお店に入ります。
つぼ家 (17)

了解を頂き店内の写真を写します。
つぼ家 (6)

古民家をオーナー自らコストをあまりかけずにコツコツと改装を行っています。
つぼ家 (8)

片山津のお店もそうだったようで、何でもやっちゃうんですね!?
つぼ家 (3)

メニューはこんな感じです。
つぼ家 (7)

イートインメニューとテイクアウトメニューがあって、個数が違うので金額も違います。

注文を受けてから低温でじっくりと焼きあげいるたこ焼きは、他のお店とは明らかに違う食感です。出来上がるまで少し時間がかかります。テイクアウトの場合は電話で事前にオーダーしていく方がいいでしょう?

たこ焼きの形状は少し俵型というか、達磨型というか、サイズも大きめ。どちらかというと、モチッとした食感で、今流行りの外がカリッ!中がとろ~りとしたたこ焼きとは一線を課しています。

こちらではつけるソースなどの味付けにもこだわっていて、何種類もの味を楽しめます。
つぼ家 (2)

メニューを見ただけではどんな味かわからないと思うので、最初に行った時は、「つぼ家セット(750円)」がおすすめかもしれません。

片山津温泉にお店があった時に私が頼んだのも「つぼ家セット」でした。で、結局今回もそうしました。

このセットは、「オリジナルハーブ岩塩」「だし割りしょうゆ」「王道の特製ソース」の3種類を4個ずつ楽しめる、お試しに最適のセットになっているのです。一番ベーシックな組み合わせかもしれません。ちなみに片山津温泉のときは3個ずつで600円でした。
つぼ家 (9)

出されたのがこちら。マヨネーズをかけるかどうか聞かれたので不要と伝えました。

1種類ずつ順番に食べていきます。

「オリジナルハーブ岩塩」はシンプルに生地の味を楽しめます。「だし割りしょうゆ」はだしのうま味がたこ焼きの中まで染みて美味しい。「王道の特製ソース」はたこ焼きならばやっぱりこれ!という方が多いでしょうね?

定番の青のりはかかっていなくて、削り節のみかけられていました。
つぼ家 (14)

お店で食べたのはこの「つぼ家セット」だけですが、家にお土産として2種類のたこ焼きを買いました。
つぼ家 (15)

人気No.1と書かれていたネギがたっぷりかけられている「ネギしょうゆ(8個入り650円)」と「辛うまソース(8個入り500円)」です。
つぼ家 (16)

「辛うまソース」は、最初の口当たりは甘いのですが、徐々に辛さが口の中に広がります。クセになりそうな味ですね。

オーナーはイタリア料理店で働いていた経験を持っていて、その経験がたこ焼きに中にも行かされているのでしょう?

ホームページも製作中で乞うご期待ですが、冬期間以外は平日はお休みなので注意してください。ご馳走様でした。

つぼ家
石川県加賀市山中温泉西桂木町ル308
TEL 0761-78-2188
現在は土日のみの営業で12:00~22:00
12月からは平日15:00~22:00,土日12:00~22:00
4~11月月~金曜休
12月~3月は月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

山中温泉は雨が似合う温泉地じゃないかと思っています。

特に大聖寺川沿いの黒谷橋からあやとりはしを経てこおろぎ橋までの鶴仙渓遊歩道は、しっとりとした空気感が漂い、風情を感じさせてくれます。

そんな山中温泉に、9月のとある日曜日の大雨の中、行ってきました。

先ほど「雨が似合う山中温泉」と書きましたが、この日のここまでの大雨は想定外でした。^^;

行った目的は9月初旬にオープンすると聞いていたお店の様子を見に行ったのですが、残念ながらまだオープンしていません。

そこで、大雨の中、あまり歩きたくなかったので、前から知っていたこちらのお店「やましたや」に行くことにしました。
やましたや

基本は喫茶店のようですが、立派な一軒屋のお店で、中も和風モダンの落ち着いた空間で割烹のような高級感がありました。
やましたや (4)

私は、外に面した大きな窓がある、壁沿いのカウンター席に座ります。
やましたや (5)

庭や山中の街並みも見ることが出来ます。
やましたや (3)

喫茶店なので喫茶メニューがメインですが、ランチメニューも食事メニューも多くありました。
やましたや (2)

私は、お店の前の黒板メニューの「本日のランチ」を頼むことに。

「本日のランチ」は税込1,000円で、肉のAランチと、魚のBランチの設定があって、私は当然Bを頼みます。
やましたや (8)

出されたのがこちら。
やましたや (9)

この日のメインの魚は銀鮭の西京焼でした。大きな切り身で西京味噌の風味も浅めの味付。

ランチには、小鉢3品と漬物・ご飯・味噌汁が付いてきます。
やましたや (10)

小鉢は、一つはサラダとレンコンの挟み揚げと、
やましたや (11)

こちらの写真麦側はひき肉とキャベツのピクルス風の和え物。左側は何だったでしょうか?こんにゃくかと思いましたが違いました。^^;

すぐ近くに菊の湯や山中座などがあって、いい場所にあるので観光客や地元のお客さんにとっても使い勝手のいいお店だと思いますね。ご馳走様でした。

やましたや
石川県加賀市山中温泉湯の出町レ6
TEL 0761-78-0009
カフェ10:00~15:00(L.O.14:30)
ランチ11:30~15:00(L.O.14:30)
ディナー18:00~21:00(L.O.20:30)
ディナーはコースのみの完全予約制
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

BS-TBSの人気番組「吉田類の酒場放浪記」。

私も興味のあるお店のときは録画して観ています。

紹介されるのは主に都内のお店が多いのですが、たまに地方にもロケに出ていて、石川県では金沢に一度、北陸に一度来ています。

吉田類さんを観ていると、本当にお酒が好きなのだなぁ~、といつも感心しています。

その吉田類さんは、毎年一度、石川テレビの「吉田類の地酒に乾杯」という特別番組のために石川県のお店を巡っているのをご存じでしょうか?

番組自体は石川県の酒蔵を紹介するのが目的の番組ですが、その中では県内のおいしいお店についても紹介をしています。興味のある方は次回の放映(2019年冬?)をお楽しみに!

さて、今日紹介します山中温泉の天ぷら割烹「たねだ」というお店は、前述のBS-TBS「吉田類の酒場放浪記」北陸の回で石川県内で唯一紹介されたお店なのです。
たねだ

お店の冠に天ぷら割烹と付いているように、天ぷらを中心に色々な料理を楽しめる割烹店です。

割烹というと敷居が高いように感じる方も多い思いますが、ここ「たねだ」はランチメニューは至って良心的な値段設定で、気軽に楽しむことが出来るといううれしいお店なのです。

場所は山中温泉の中心「菊の湯」のある広場に面しています。

お店自体は3階建ての自社ビル?の1階にあって、カウンター、小上がり、座敷と広い店内、そこをお昼はご年配のご夫婦で切り盛りされていました。
たねだ (3)

吉田類さんのサインとBS-TBSの「吉田類の酒場放浪記」番組ポスターが張られていました。
たねだ (4)

お昼のお品書きはこんな感じ。
たねだ (5)

夜の一品料理もホワイトボードに書かれていました。

私は、お昼の品書きから、天ぷらがウリということ、そしてお値段もお手頃だったので、上天ぷら定食(1,350円)を頼むことにしました。

オーダーが入ってから揚げはじめます。10分ほど待って出されたのがこちら。
たねだ (7)

メインの天ぷらに小鉢が2皿、漬物、そしてご飯と味噌汁という内容。
たねだ (9)

こちらは「中華くらげときゅうりの和え物」と漬物、味噌汁です。

ご飯は普通のご飯茶碗で、普通盛り。そのかわりお代わり自由でした。個人的には最初からたくさんではなく、この方がうれしいです。案の定、お茶碗一杯でちょうどお腹が満足となりました。ご飯は美味しかったです。

肝心の天ぷらのほうも、さすがに良かったです。エビも頭もしっかり揚げた状態で添えられていました。
たねだ (8)

野菜や魚も色々盛られていて、この値段としては満足度高かったと思います。ちなみにネットで調べたら野菜は自家菜園で作っているということです。(この暑い時期の野菜までそうなのかはわかりません)
たねだ (13)

定食にはランチ時はコーヒーが付いてきましたが、夏だったので自動的にアイスコーヒーでした。

いつも思うのですが、温泉地にある割烹をはじめとする和食のお店って、客層はやはり地元の人なのでしょうね?

ランチを食べに来ていたのは地元の方のようでした。夜はどのようになっているか興味のあるところです。吉田類さんのように「地酒に乾杯」といきたいところです。ご馳走様でした。

たねだ
石川県加賀市山中温泉薬師町ム-29
TEL 0761-78-1214
11:30~14:00
18:00~23:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ