あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:小松市

今日は「秋分の日」でお彼岸の中日です。

今日で4連休のシルバーウイークが終わりますが、この連休期間は観光地は久しぶりににぎわったみたいですね。

北陸は昨日までの3日とも天候に恵まれました。

私は遠出を控え、3密を避けながら近場で過ごすマイクロツーリズムに徹しました。

そんな休日の過ごし方について恥ずかしながら書きます。

まずはお彼岸ということで、彼岸花について。
彼岸花 (6)

この写真は小松市で彼岸花が咲くことで知られる梯川で昨日写したものです。

ネットでは群生しているところがあると書かれていましたが、堤防沿いを車で上流まで巡りましたが、見つかりませんでした。どうも護岸工事でなくなったところもあるようです。

かろうじて見つけたところがこちらの彼岸花です。
彼岸花 (5)

満開にはあと少しのところですね。

そしてその足で向かったのは、「月よみ山路」で知られている松葉屋さん。
松葉屋 (2)

お店の隣にあるギャラリー「松の家」で開かれている「新しいカタチの模型展」を見に行きました。
松葉屋 (15)

内容はこんな感じです。
松葉屋 (8)

こちらは「機動戦士ガンダム」シリーズ模型の世界大会の日本ラウンドファイナリストの方が作成したものです。
松葉屋 (7)

ただ個人的にはこちらのほうはまったくわからないのでパス。

今回見たかったのは、こちらの模型です。
松葉屋 (12)

グルメブロガーとしては、やはり食品模型のほうが興味があります。

単なる食品模型ではなく超ミニチュアサイズのもの。
松葉屋 (11)

小さいですが、精巧な作りで感心しました。
松葉屋 (14)

ちなみに松葉屋の専務は、残念ながら今年は延期になりましたが、東京オリンピック・パラリンピックの聖火ランナーに選ばれています。

今日も石川県はいいお天気です。皆さんはどんな形で過ごされるでしょうか?

ギャラリー 松の家
石川県小松市大文字町69番地
 お菓子司 松葉屋隣
~10月24日(土)まで
9:30~17:30
水・日・祝は15:30まで


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨日から4連休になり、先週末あたりから石川県では一気に過ごしやすくなりました。

だんだんと日が短くなってきますが、いよいよ秋本番の様相です。

秋になると、食欲の秋!スポーツの秋!芸術の秋!など色々なフレーズが出てきます。

今朝はこれらの話題を書きます。

まずは私のブログのテーマ「食欲の秋」です。

もっとも、毎日「食欲の秋」の内容をアップしているので、あえて書く必要がないのかもしれません。

9月1日には底引き網が解禁になって、店頭に並ぶ魚の種類が増えました。
木場潟道の駅

また、道の駅では新米が店頭に並ぶなど、秋の味覚の選択肢が多くなってきましたね。

我々にとって「食欲の秋」に必要不可欠なアイテムがお酒!日本酒については、秋といえば「ひやおろし」の季節です。

「火入れ」と呼ばれる2度目の加熱処理をしないで、常温の意味の「冷や」の状態で「卸す」ことから「ひやおろし」と呼ばれています。

いつも買っている小松市の酒蔵「東酒造」の神泉。妻がいつの間にかケース買いしていました!(^^;
神泉 (2)

絞りたてのころからは程よく熟成され粗さが取れて、まろやかな味わいが出て、飲みやすくていい出来でした。

お次は「スポーツの秋」です。

暑さが少し落ち着いてきた8月末から毎週のように木場潟を1周ウォーキングしています。
木場潟 (9)

昨日も妻と木場潟に向かい、前日の雨のおかげで澄んだ空気の中、いいお天気の中爽快な気分でウォーキングできました。
木場潟 (10)

蒲の穂も実っています。
木場潟 (4)

カヌーコースでは、大学のカヌースプリントの選手たちの合宿でしょうか?多く集まっていました。
木場潟 (3)

先週は同じ木場潟の公認コースで「日本カヌースプリント選手権大会」などが開催されていたので、その流れで継続して滞在しているのでしょう?

最後は「芸術の秋」について。

私もよく知る敷地屋亜紀さんが、山代温泉で「Art Gallery ブルーリズム」をオープンさせたと聞いて昨日行ってきました。

彼女はフラダンス教室を主宰していて、最近はヨガのほうも教えているようです。
I.M.Hiroshi (7)

山代温泉通り商店街にオープンした「コンセプトサロン月月」の共同経営者としてキュレーターとなり、彼女は月の後半の期間を「Art Gallery ブルーリズム」として開いているのです。
I.M.Hiroshi (4)

9月は福井県出身のアーティストI.M.Hiroshiさんの公開アトリエでした。
I.M.Hiroshi  (3)

二十歳のころから世界中を巡って絵を描き「お日さまを昇らせる画家」として知られるI.M.Hiroshiさんについても昔からよく存じ上げていて、彼の九谷焼のビアグラスなどを持っています。
I.M.Hiroshi (8)

彼の絵を見ていると、気持ちが華やかになって元気が出てきます。
I.M.Hiroshi (5)

ギャラリーでI.M.Hiroshiさんが絵を描くところも見学できるようで、約5年ぶりぐらいにお会いしたので楽しく見学できました。
I.M.Hiroshi (9)
I.M.Hiroshi (10)

で、こんなお茶碗を買い求めて、家でさっそく料理を盛る皿として使用しました。

無料で見学できるので、皆さんも是非行ってみてください。

I.M.Hiroshi公開アトリエ
石川県加賀市山代温泉温泉通り51-1
 コンセプトサロン月月
 Art Gallery ブルーリズム
9月17日(木)~27日(日)
12:00~17:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

パンの朝顔」はご存じの通り小松でも人気のパン屋さんです。
パンの朝顔

お店がお盆休みに入る前日に行きました。


新型コロナウイルス騒ぎが始まってからは初めての訪問です。

お店はコロナ禍で、入店が2名までと制限。それ以上は外で待つ必要があります。

確かに狭いお店なので、必要な処置かもしれません。
パンの朝顔 (2)

これは待っている間に外から写した写真ですが、パンの種類は相変わらず豊富でした。

では、今回買い求めたものを紹介していきます。

私は「トマトとモッツァレラのピザ(税抜200円)」です。
パンの朝顔 (7)

前回買ったのと同じものです。その時はパンの名前を失念して紹介することができなかったのでリベンジです。

ピザパンですが、トマトの酸味とモッツァレラの旨味がいい塩梅でした。

妻は、前述したグランプリを受賞した「牛すじカレーパン(税抜230円)」が好きなようで、毎回買い求めています。
パンの朝顔 (9)

下処理した牛すじをじっくり時間をかけて柔らかく煮込み、秘伝のカレールウと一緒に包んで揚げています。

牛すじが入っているので私は食べたことがないのですが、少し甘めの優しい味だそうですよ。
パンの朝顔 (8)

娘には「ハムコーンロール(税抜170円)」を買っています。
パンの朝顔1

母には「ふわふわミルクロール(2個入150円)」です。

コロナ禍のなか、これからも美味しいパンを作り続けてください。ご馳走様でした。

パンの朝顔
石川県小松市八幡癸125
TEL 0761-47-1330
8:00~18;00
日曜、第1・第3月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は久しぶりかな?小松うどん認定店の紹介です。

小松市有明町の「ほたや Shokudo」。2018年12月にお店をリニューアルされて、「保田家 つるつる庵」から「ほたや Shokudo」にお店の名前が変わり、また、それを機会にセルフスタイル営業に変更されています。
ほたや


今回、お盆休みの時にランチに妻と一緒にお邪魔しました。
ほたや (2)

入り口にはうどんを打つところがありました。
ほたや (10)

11:45頃にお店に到着。店内には数組のお客さんがいましたが、密になるような状態ではありません。

順番にオーダー用の札を取って、好きなおかず類をトレイに乗せてお勘定。讃岐のセルフうどん店スタイルです。

オーダーして席に座って出来るのを待っている間にふと壁を見ると、こちらのお店の昭和初期のメニューが張られていました。
ほたや (11)

見ると、このころはまだうどんや蕎麦はメニューにはなく、食堂(洋食屋)だったのですね!?

カレーライスが25円!物価が今の三十分の一ぐらいでしょうか?

さすが創業から100余年経っている老舗のお店です。

で、今のメニューはこんな感じ。
ほたや (6)

私は、あまり頼むことがなさそうなものを!ということで頼んだのは「ほたやライスバーガー(税込400円)」にミニうどんがセットになったメニュー(税込700円)。
ほたや (14)

ハンバーガーはミンチのパテのハンバーガーが使われているのだろうと思ったら、ソースカツでした。(^^;
ほたや (16)

ちなみにソースカツは、こちらのお店の人気メニューだそうです。

見た目は、沖縄のご当地グルメ「ポークたまごおにぎり」のような、海苔が巻かれたおにぎりのサンドイッチのようなものです。

中にはソースカツとレタス、そしてチーズがサンドされていました。
ほたや (15)

そして、セットのミニうどんがこちら。
ほたや (17)

ここのうどんは小松うどん認定店の中でも個性があります。自分のところで手打ちしているからか、透明感がある平打ちに近いうどんで、独特の弾力とコシがあって前から好きです。前のお店の名前の「つるつる庵」というのがふさわしいと思うような麺なのです。

妻は「地鶏きのこうどん(税込850円)」を頼んでいます。
ほたや (12)

きのこの種類や量もたっぷりで、地鶏がおいしかったそうです。
ほたや (4)

あと、冷蔵庫の中にあったこちらの「蒸し野菜サラダ(税込200円)」も食べています。色鮮やかでした。
ほたや (9)

セルフに変わったとき、小松でセルフは根付くかな?と思いましたが、変わらずの人気が続いていました。ご馳走様でした。

ほたや Shokudo
石川県小松市有明町21
0761-22-6342
11:00~15:00(L.O.)
月曜休
※テイクアウト
予約締切16:00
受取締切19:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今年のお盆休みは新型コロナの影響で帰省に影響がありました。

我が家でも息子夫婦は泊りがけでの帰省はせずに、息子だけが日帰りで戻っただけでした。

いつもの年ならば、妹家族とも会食するのですが、ご多分に漏れずあちらのほうも帰省できず!ということで中止に。

で、代わりに娘と3人で外食することに。
秀寿司

予約したのがお久しぶりの小松市清水町の「秀寿司」です。

藤田観光グループの「秀寿司」は不動産事業や代行事業などを手広くやられています。

前回お邪魔したのは4年半前でした。

一昨年の9月に新築リニューアルされてからは初めての訪問になります。

伺う3日前に予約。前だったらお盆時期に3日前だとこちらのお店の場合は予約は無理だったでしょうが、今回は大丈夫でした。

店内は和モダンな内装で、前に比べて席もゆったりとした作りになっていました。
秀寿司 (3)

我々はこちらのカウンター席の後ろのボックスのテーブル席へ案内されます。

この場所ならソーシャルディスタンス大丈夫です。
秀寿司 (4)

お品書きです。
秀寿司 (6)
秀寿司 (7)

こちらも。今回は頼みませんでしたが、オリジナル創作料理もウリの一つですね。
秀寿司 (5)

造りと握り以外は値段は書いてありません。
秀寿司 (8)

まずは生ビールにもずく酢のお通し。
秀寿司 (10)

「造り盛合せ」を3人分頼んでいます。一人前1,700円~となっていました。九谷の器もいいですね。

ゲソがおいしかったです。
秀寿司 (11)

出来立て熱々のだし巻き玉子。
秀寿司 (18)

のどぐろ塩焼は値段が心配だったのでお聞きすると、この日は中ぶりなサイズで3,000円でした。のどぐろは塩焼きが一番です。
秀寿司 (19)

このマグロユッケは娘が食べています。
秀寿司 (17)

こちらは白エビのから揚げ。

そして最後の締めは、握りです。
秀寿司 (21)

こちらが上握り(2,500円)で、
秀寿司 (23)

こちらが特上握り(2,800円)です。

最近、この手の細長い器に入れて出される寿司店が多くなりました。

上握りのほうが一貫多いのと、ネタの種類が若干違っていました。値段では300円しか違わないので特上握りのほうがお得かもしれません。
秀寿司 (14)

アルコールはハイボールや、
秀寿司 (16)

農口の本醸造や、
秀寿司 (20)

ほかにも神泉の生酒など頼んでいます。

以上を飲み食いして締めて一人8,400円強。

お盆時期でしたが魚介のネタ、鮮度や内容がよかったので満足度高かったですよ!ご馳走様でした。

秀寿司
石川県小松市清水町7
TEL 0761-22-3066
17:30~24:00
日曜休、月曜の祝日も休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ