あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:小松うどん

南加賀エリアの基幹病院の一つ「小松市民病院」。

1989年4月1日に小松市向本折町に新築移転してから早33年が経過しました。

私は家族の病気や親戚のお見舞いなどで何度も行ったことはありますが、自分は運よく大病をしていないので、患者としてお世話になったことはありません。

ここ2年以上は、コロナ禍のため行くことすらありませんでしたが、今回久しぶりに行ってみることにしました。

さて、小松市民病院の1Fにレストラン喫茶が一軒入っています。
ソアラ (8)

「ソアラ」という店名で職員食堂併設型のレストランとなっていますが、一般のお客さんも利用することが可能です。

こちらの写真の奥の方が職員食堂エリアですね。
ソアラ (5)

病院に入院している患者はお昼は病院食を食べるので、手前の一般席エリアを利用するのはお見舞いの人か通院の人でしょう。
ソアラ (2)

入口にあったサンプルケース。
ソアラ (3)

その上に、ご覧の「小松うどん認定店」の木札。小松のご当地グルメの「小松うどん」を食べることが出来るお店なのです。

今回、この「小松うどん認定店」であることを知って出かけてみることにしました。

「ソアラ」は、1989年4月に市民病院がオープンした当時からこの場所にあって、現在は(株)栄食という会社が委託を受けて運営しています。私も病院が出来た後、何度か利用した記憶があります。

お店で出されたランチタイムメニューです。10:30~14:00限定です。
ソアラ (4)

一般の定食屋さんのような構成ですね。また市民病院という施設なので価格設定は良心的です。

私は「小松うどん」を食べるために来たので、「きつねうどん(550円)」を頼みました。
ソアラ (6)

頼んで2~3分ほどで出されます。早い!

ただ、「小松うどん認定店」の証?でもある小松市のゆるキャラ「カブッキー」のかまぼこではありません。
ソアラ (7)

うどんの麺は茹で上げ麺を使用しているのでしょう?

出汁は温めであるので、茹で上げ麺をお湯に入れて湯掻いて出汁をかければ完成。油揚げもスーパーなどで売られている出来合いのものでした。(時々家でもうどんを作っておなじ油揚げを使って食べているのでわかりました。)

まぁ、この場所とこの値段なのでやむを得ないですね。

大きな病院の場合、待ち時間も長時間になることもあるため、こちらでお茶を飲む方などに重宝するかもしれません。ご馳走様でした。

ソアラ
石川県小松市向本折町ホ-60
 小松市民病院1F
TEL 0761-22-0663
9:30~15:30
ランチタイム10:30~14:00
土曜・日曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

久しぶりの小松のご当地グルメ「小松うどん」ネタです。
うどん工房 穂の香

小松市若杉町の「うどん工房 穂の香」。香箱ガニの時期に食べることが出来る「香箱ガニと加賀レンコンのすり流しうどん」が有名で、前回私のブログで紹介しています。

昨年は香箱ガニが不漁で「香箱ガニと加賀レンコンのすり流しうどん」の提供時期が短くて、このシーズンは食べることが出来ませんでした。残念!

行ったのは季節は春、カニは禁漁期間に入ったあとの週末、春の嵐が吹いた3月最後の土曜日です。

我々がお店にいるときも、突風で何かが飛んできたのでしょう?勝手口のガラスが割れるというハプニングがありました。

こんな時期に強い南風が吹くのは、こちらでは珍しいことです。

さて、「うどん工房 穂の香」は小松うどんの認定店で、美味しい小松うどんを食べることが出来ることで人気です。

特にお休みの日のランチタイムなどは混雑していることがあり、注文した品が出されるのに少し時間がかかることもあります。
うどん工房 穂の香 (4)

こちらがお品書き。
うどん工房 穂の香 (3)

こちらも。
うどん工房 穂の香 (2)

小松のうどん屋さんでは蕎麦もやっているところが多いのですが、こちらはうどん専門のようです。

前日に金沢でグルメ三昧をしてきたので、この日のランチは軽めにしようと思い、私は「いなりうどん(715円)」を頼むことに。
うどん工房 穂の香 (9)

白山市のご当地ブランド「白山固どうふ」を使って作られた油揚げが丸ごと1枚入れられていました。
うどん工房 穂の香 (11)

うどんは小松産と国産の小麦粉をオリジナルブレンドした自家製のこだわり。細めのツルッとした食感でしっかりとしたコシも感じられるうどんで、上品な出汁と共に美味しいです。
うどん工房 穂の香 (10)

妻は、お店の名物に「吹き寄せかき揚げうどん」というのがあるようで、そちらを頼んでいました。
うどん工房 穂の香 (6)

かき揚げはビジュアル的にもいい感じで、魚介類と季節野菜がたっぷり入ったボリューム感のあるもの。
うどん工房 穂の香 (8)

供えられていたレモン塩を付けて私も半分食べましたが、揚げ立てサクサクでおいしかったです。人気の一品なのがわかります。
うどん工房 穂の香 (7)

うどんは温かいうどん、釜あげ、ざるの3種類からチョイスできて、妻は温かいうどん、つまり素うどんですね。

小松市のご当地グルメ「小松うどん」の盛り上がりがイマイチな感じもしますが、「うどん工房 穂の香」のようなお店が増えると、もっと活気が出来るのかもしれません。ご馳走様でした。

うどん工房 穂の香
石川県小松市若杉町3-21
TEL 0761-21-9418
11:00~15:00
17:30~20:30
月曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

アル・プラザ小松店の2階にある「和食 三宝」。

アル・プラザ小松店には昔、2階に何軒かのレストラン。1階にはフードコナーがあって、こちらにも飲食店が何軒かありました。

しかし今では、2階に喫茶店が2軒ありますが、レストランとしての営業はこちらの「和食 三宝」のみになってしまいました。寂しいですね。

さて、今回久しぶりに「和食 三宝」店内でランチを食べてきましたので紹介したいと思います。

前回は、コロナ禍でのテイクアウト弁当について紹介しています。

日替わりランチについてもその前に紹介しています
和食 三宝

立派な店構えで、サンプルケースには色々なメニューが並んでいますね。
和食 三宝 (2)

こちらの「日替わり定食(980円)」と「おすすめ(1,080円)」は相変わらずお得な感じです。
和食 三宝 (5)

広い店内。

墨絵アーティストの森秀一さんのイラストがたくさん飾られていました。
和食 三宝 (4)

店内のお品書きです。
和食 三宝 (8)

定食もの。
和食 三宝 (9)

丼もの。

これ以外にも色々あって、本当に種類が多いです。

寒い日だったので、妻ともども体が温まるものを食べようということで、私は「かに雑炊(870円)」を頼むことに。
和食 三宝 (11)

出されたのがこちら。思ったより早く出されましたね。
和食 三宝 (14)

紅ズワイガニを使用していますが、たっぷり入っていてうれしかったです。味のほうも出汁が美味しくてよかったです。
和食 三宝 (12)

漬物は付いていましたが、味噌汁は付いていません。
和食 三宝 (10)

妻は「牛鍋焼きうどん(1,280円)」を頼んでいます。
和食 三宝 (13)

こちらも熱々。出汁が美味しく、うどんも小松うどん認定店なので、味には定評があります。

週末のランチタイムは、家族連れのお客さんが多く、どんどんとお客さんが入ってきていました。人気ですね。

アル・プラザ小松店唯一のレストランとして、今後も頑張っていただきたいと思います。ご馳走様でした。

和食 三宝
石川県小松市園町ハ23-1
 アル・プラザ小松店2F
TEL 0761-24-6067
11:00~20:45(L.O.20:00)
アル・プラザ小松の休日に準じる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

小松市のご当地グルメ「小松うどん」。

最近、それほど話題にも上ることが少なくなって寂しい感じがしますが、うどんの消費は増えているのでしょうか?

全国のそば・うどんの消費量は年々落ちてきているようですが、昨年はコロナ禍で内食が増えた関係で伸びたようです。

さて、個人的にイチ押しの「小松うどん」ですが、私自身についていえば、昔ほど食べなくなった気がします。

グルメブログをやっていると、色々なお店を紹介しないといけないといった強迫観念があって、一つ一つの食材にこだわってばかりいられないこともあり。紹介が少なくなっています。

今日は、久しぶりに石川県のうどんの一大ブランド「お多福」のお店を紹介したいと思います。
お多福小松

小松市矢崎町「お多福 小松店」です。
お多福小松 (2)

小松うどんの認定店で、前回はこちらで紹介しています
お多福小松 (8)

土曜日のランチタイムでしたが、時計を見たら11:38で順番待ちが出来ていました。

やはり人気のお店ですね。
お多福小松 (5)

うどんメニュー。
お多福小松 (6)

そばのメニュー。
お多福小松 (4)

丼と定食。
お多福小松 (7)

お得なランチメニューがありました。

私はこちらのお得なランチメニューから、一番ボリュームが小さいCセット(781円)を頼むことにしました。

「ちょこっとげそ天丼とミニうどん」です。
お多福小松 (9)

出されたセットがこちらです。

サラダまで付いていますね。

「ちょこっとげそ天丼」は、その名の通り少量サイズ。特にご飯が少なかったのが個人的にはありがたかったです。
お多福小松 (11)

げそ天丼は、げそと白ネギの天ぷらで美味しかったです。

ミニうどんは、天かす・わかめ。大根おろしが少しずつ乗せられていました。
お多福小松 (10)

出汁は小松うどん独特の昆布と何種類かの魚から取られた出汁で、上品ですっきりしたのど越しで美味しかったです。
お多福小松 (14)

うどんはお店のHPに記載されていますが。小松産小麦「ユキチカラ」と北海道産小麦「ホクシン」または「キタホナミ」を独自のバランスで配合した多加水熟成麺だと書かれていました。

小松うどんの特徴の柔らかさの中にも適度な弾力。出汁を吸って美味しく食べられます。

781円の小さなセットメニューでしたが、ボリューム的には私にとっては十分で、味の面でも安定のおいしさ。満足でした。ご馳走様でした。

お多福 小松店
石川県小松市矢崎町ナ-151
TEL 0761-43-1522
月~土11:00~23:00
日11:00~22:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

小松市のご当地グルメの一つ「小松うどん」。

最近、若干影が薄くなってきている感がありますが、2018年に経済産業省と特許庁が地域ブランド保護を目的の一つとして制定している「地域団体商標」にも登録されています。
つるっと

今日紹介する「小松うどん道場 つるっと」は、そんな小松うどんのアンテナショップ的な位置づけのお店でもあります。
つるっと (4)

前回の紹介から4年3か月も経過していました。この辺りで久しぶりとなりますが書きたいと思います。
つるっと (5)

店内には有名人のサインがたくさん並んでいました。

さて、うどんという食べ物。小麦と水と塩だけで作られているシンプルな食べ物です。

しかしシンプルがゆえに作り方や、周りを固める材料次第で味に差ができる食べ物かもしれません。

話は変わりますが、「全国ご当地うどんサミット」というご当地グルメのコンテストがあって、2020年はコロナ禍で中止となりましたが、2019年まで9回開催されています。

その第2回の「全国ご当地うどんサミット」で、うどん日本一に輝いた「小松うどん」が肉うどんなのです。私のブログでも、こちらで紹介しています
つるっと (11)

その時の賞状が飾られていました。

自販機で食券を買い求めて店員さんに渡し席に座り待つと運んできてくれます。食べ終わったら食器類は返却場所に持っていく半分セルフスタイルです。

今回久しぶりでしたが、妻が再度「弁慶肉うどん(900円)」を食べています。
つるっと (9)

能登牛を使った肉うどんで日本一に輝いていますが、こちらの肉は残念ながら能登牛ではありません。

私は初めてこちらで食べる「富樫カレーうどん(800円)」。
つるっと (6)

カレールゥを出汁で割ってあります。カレーは自家製でしょうか?

具は牛肉とネギ。ご当地キャラクターのカブッキーが描かれたかまぼこも小松うどんのお約束です。
つるっと (8)

柔らかさの中にも弾力がある小松うどんにも絡んで美味しかったです。まぁ、味的には関西のうどん屋さんのカレーうどんの系譜に近いかな?

ちなみに、主力メニューには小松の安宅関が舞台の歌舞伎「勧進帳」にちなんだ名前が付けられています。

こちらのお店は、小松駅隣りで学生や観光客が主な客層かと思いますが、観光客はコロナ禍であまり望めません。小松うどんのPRのためにも頑張っていただきたいお店の一つです。ご馳走様でした。

小松うどん道場 つるっと
石川県小松市土居原町13-18 
TEL 0761-23-2217
10:30~20:00
※月曜、+水曜の14時以降休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ