あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:小松うどん

小松市粟津温泉にある伝統工芸のテーマパーク「ゆのくにの森」へ久しぶりに行ってきたことは先日書きました

今回、「ゆのくにの森」内でランチを食べたときのことを、改めて書きたいと思います。

陣太鼓
園内をまわる前に腹ごしらえをするために、「ゆのくにの森」の正面入り口入ってすぐのところにある「うどん処 陣太鼓」に入ることに。
陣太鼓 (3)

入口には「小松うどん」を食べさせてくれることが表示されています。

私のブログでは何度も出てきますが、「小松うどん」は、いまから330年ほど前に奥の細道の道中に食べたという記載があるほど、昔から有名なご当地グルメでした。

いまでも小松市内を中心に70軒ほどのお店が「小松うどん」の認定店として、美味しいうどんを提供してくれています。
陣太鼓 (2)

さて、「うどん処 陣太鼓」ですが、伝統工芸のテーマパーク「ゆのくにの森」内ということで、立派な古民家風の建物の中にあります。
陣太鼓 (7)

店内はこんな感じです。
陣太鼓 (6)

メニューです。うどん以外に「チャンピオンカレー」もメニューにありました。
陣太鼓 (8)

この中から私が頼んだのは、源右ェ門という小松市にある豆腐屋さんが作っている大きな油揚げを使った「いなりうどん(940円)」です。値段は少し高めです。

源右ェ門へは私も何度かお邪魔していて、ブログでも紹介しています

「いなりうどん」は意外と早く出てきました。
陣太鼓 (4)

大きな油揚げです。小松うどん認定店の証として、小松市のイメージキャラクター「カブッキー」のイラストが描かれたかまぼこが乗せられています。
陣太鼓 (5)

うどんはこんな感じです。このうどんの細さだと、小松うどんの乾麺を使用していると思いますが、乾麺だと湯掻くのに時間がかかるため、あらかじめある程度の量を湯掻いてあるのではないでしょうか?

ダシはどうでしょうか?お店の位置付けからすると、業務用かもしれません。

でも普通に美味しいので、小松うどんのファンづくりに頑張ってほしいですね。

あと、こちらのお店に来るためには入園料540円必要なのが難点ですか…?ご馳走様でした。

うどん処 陣太鼓
石川県小松市粟津温泉ナ-3-3
 ゆのくにの森内
TEL 0761-65-3456
9:00~16:30
GW、夏季期間は17:00まで
臨時休業あり(詳細はHP)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松市にある名刹「那谷寺」。一昨年開創1300年を迎えました。

紅葉の名所としても知られていて、秋の紅葉のシーズンには多くの観光客・参拝客で賑わいます。
那谷寺 (2)

こちらの写真はむかし撮影したものですが、奇岩奇石に色づく木々の景色など見どころも多く、かの松尾芭蕉も奥の細道の道中にここを訪れて、奇岩奇石見て「石山の石より白し秋の風」という句を詠んでいます。
那谷寺

ただし、今の時期はさすがに観光客もまばらで、今日紹介するお店に行った日は、人気(ひとけ)がほとんどなく寂しい感じでした。

さて、この那谷寺の参道には、何軒かの飲食店が軒を構えています。お土産屋さんも兼ねての営業のお店が多いのかな?

今日はそんなお店の内の一軒「花山亭」で、ランチに小松うどんを食べてきたので紹介したいと思います。
花山亭 (8)

「花山亭」には過去に入ったことがありますが、食事をするのが今回が初めてです。

とても大きなお店で、むかしは観光バスの団体さんが大挙して食事などを楽しんだことでしょう?その名残りかもしれません。
花山亭 (2)

中は1階が半分がお土産を売るスペースで、残りが飲食スペース。2階は座敷になっているようです。
花山亭 (3)

冒頭書きましたが、この季節は那谷寺の参拝客は少なく、平日ということもあって12時半でもお店の中にお客さんはいませんでした。

店内は空調が壊れているのか、ストーブが至るところに置かれていましたが、それでも寒く、自ずとストーブの近くの席に座ります。
花山亭 (4)

メニューです。うどん。そば・丼などがメインです。
花山亭

メニューは写真入りのもありましたし、お店の外にも写真入りメニューが置かれていました。

お寺の門前といえば「門前そば」が定番ですが、私は最初から小松うどんを食べることを決めていたので、表の看板メニューに「名物 おすすめ」と書かれていた「那谷寺うどん(1,000円)」を頼むことにしました。
花山亭 (6)

「那谷寺うどん」には、那谷寺の名物の「胡麻豆腐」が付いています。この胡麻豆腐はうどんの中に入れても美味しいと言われたので、タレが少なくかかっているものを入れて食べました。

うどんのほうは、山菜ときのこが入ってうどんで、小松うどんのシンボル?となっている小松市のゆるきゃら「カブッキー」の似顔絵が入っているかまぼこ(こちらでは「はべん」とも言います)も見えます。
花山亭 (5)

ご覧のように、店内が寒いので湯気が凄いです。(笑い)

出汁は、そばを基本としているからでしょうか、昆布よりカツオとしょう油の風味がきいていました。
花山亭 (7)

うどんは茹であげ麺を使用しています。まぁ、小松うどんの柔らかい弾力のあるうどんですね。

なお、こちらは小松うどん認定店になっています。

寒い店内で暖かいうどん!体が温まりました。ご馳走様でした。

花山亭
石川県小松市那谷町ユ122-8
TEL 0761-65-2366
8:30~16:30頃
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

先日から始めた「小松うどん」を再度紹介するシリーズ。

今回は、小松市希望丘にひっそりとあります「お食事処 はにう」。「小松うどん」認定店です。
はにう (8)

こちらには約6年ぶりの訪問になります。このときは、丼とのセットを食べていますね。

でも前回も思いましたが、こんな場所でお食事処として長く続いていることは素晴らしいと思うほど、ほんとうにひっそりとあるお店なのです。

行ったのは北陸の冬とは思えないほどの快晴の天気で暖かかった3連休。妻が仕事だったので一人でお邪魔しました。
はにう

11:50頃お店に到着。中に入ると先客はいません。この日は私が食べ終わるまで一人のお客様も入ってこなかったです。
はにう (4)

メニューはこちらと、
はにう (3)

こちら。種類は多いです。この日は奥さまお一人で切り盛りされていました。

この中から私が頼んだのは「カレーうどん(700円)」。小松うどんを紹介するサイトでおすすめメニューとして紹介されていたからです。

出されたのがこちら。
はにう (5)

うどん屋さんのカレーうどんの様相です。

まず汁を一口。おっ!意外にスパイシーです。出汁よりもそちらのインパクトの方が強い気がしました。しかし、熱々で火傷しそうになったので注意が必要です。
はにう (6)

うどんは、小松うどんのゆで麺を使用。いつもの通りの柔らかいうどんです。

カレーと熱々のうどんで、冬なのに汗が出てきました。^^;

でも、美味しく食べることが出来ましたし、また食べたくなる味でしたよ。ご馳走様でした。

お食事処 はにう
石川県小松市希望丘1-40
TEL 0761-47-1076
平日11:00~14:00,17:00~20:30
土日祝11:00~20:30
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松のご当地グルメ「小松うどん」については、私のブログでも何回か紹介してきました。

しかし最近では特に「小松うどん」自体を積極的には取り上げてこなかったような気がします。

今年は改めて「小松うどん」と、その加盟店について紹介していきたいと考えています。

お店の紹介の前に、改めて「小松うどん」についてのおさらいです。

「小松うどん」については、こちらに歴史などについて書かれているので見ていただきたいと思います。

小松うどんの定義8か条というのがあって、下記のようなものです。

小松うどん 定義八カ条
一、小松市内で製造された麺であるべし
一、手打ち、手打ち風のものであるべし
一、加水量は、小麦粉重量に対して35%以上52%未満を基準とすべし
一、食塩水濃度10%を基準とすべし
一、白山水系の水で仕込むべし
一、出汁は、うるめ、むろあじ、さば節等を主に用い、昆布をふんだんに使いひくべし
一、具材は、”じのもん”を出来る限り使うべし
一、こまつの発展を願い、茹で上げるべし

この定義に基づいて作られたうどんが「小松うどん」と認定されているのです。

さて、改めての第1回目は小松市の粟津温泉街にあります「食事処 宮ぞの」です。
宮ぞの


このときは夏だったので、しそ風味で爽やかな冷たい「あわづ夏うどん」というのを紹介しています。
宮ぞの (2)

今回は、寒の入り後の訪問で、最初から「あわづ温泉うどん」を食べることに決めていました。
宮ぞの (4)

お昼過ぎで、先客はお一人。地元のかたでしょうか?昼間からビールを飲んでおられました。
宮ぞの (7)

「食事処」というだけあって、メニューの種類は豊富です。
宮ぞの (5)

初志貫徹で「あわづ温泉うどん(600円)」を早々に頼みます。

出されたのがこちら。いわゆるあんかけうどんですね。
宮ぞの (3)

「小松うどん」の証?「かぶっきーのかまぼこ」が乗せられていますね。後の具材は、粟津温泉ということで温泉玉子、それに天かす・ネギです。
宮ぞの (9)

うどんにはとろみのある餡がかけられ、海苔の上に生姜が乗せられています。その生姜を餡に入れてかき混ぜ食べますが、あんかけは見た目は熱くなさそうですが、食べると熱いので注意が必要なうどんです。
宮ぞの (10)

最初は少しずつ食べ進めました。

餡が絡んで美味しいです。生姜とも相まって体が温まります。寒い日にはもってこいのうどんでしょう!?ダシもよかったです。

ボリューム的には私にはちょうど良い量でしたが、成人男性には少々物足りないかもしれません。ご馳走様でした。

食事処 宮ぞの
石川県小松市粟津町ワ18
TEL 0761-65-1405
11:00~22:30
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

5年ぶりに行ってきましたが、前のお店のことはこちらで紹介しています

創業約100年を迎える老舗の蕎麦&うどんのお店ですが、今回、セルフサービスのお店となって、昨年12月2日にリニューアルオープンされています。

セルフサービスのお店に変わった理由は聞いていないのでわかりませんが、昨今の人手不足が理由の一つではないでしょうか?
ほたや Shokudo (17)

外観はそれほど変わっていません。目印の水車も健在でした。

しかし、店内はほぼ完全に変わっていました。
ほたや Shokudo (15)

お店の中に入ったら、その歴史を垣間見ることができる写真が飾られています。
ほたや Shokudo (14)

家具類は小松の生活アート工房のもの。なかなか味がある家具類です。

さて、セルフサービスのお店といえば、食券を買ってオーダーするお店が多いと思いますが、こちらはそうではありません。
ほたや Shokudo (3)

アナログ的というか、メインのうどんや蕎麦、あと丼類は、こちらの札を取って、代金を払うときに渡します。最初は少し戸惑いました。
ほたや Shokudo (7)

あと天ぷらやおかずは香川県のセルフのうどん屋さんのように好きなものを自分で取ってお金を支払う形です。

そして番号を呼ばれたら取りに行きます。
ほたや Shokudo (11)

私が頼んだのはこちらの「きつねうどん(650円)」。
ほたや Shokudo (13)

織田屋豆腐店の肉厚の油揚げが2個乗せられています。青大豆を使って作られた油揚げで大豆の美味しさがダイレクトに伝わってきます。
ほたや Shokudo (12)

こちらは小松うどんの認定店で、艶のあるツルツル、のど越しのいい小松うどんを楽しむことが出来ます。前のお店の時から好きなうどんの一つでした。

そして小松うどんの証、小松市のイメージキャラクターであるカブッキーのはべん(かまぼこ)も乗せられています。
ほたや Shokudo (6)

私はあと、こちらの「フクラギのマリネ(150円)」も。味噌糀づけでいい味でていました。
ほたや Shokudo (10)

妻は「地鶏カレーうどん(850円)」です。こちらも美味しかったそうです。
ほたや Shokudo (9)

年末年始に帰省中の息子が頼んだのは、「越前おろしうどん(650円)」です。
ほたや Shokudo (5)

プラス「アジフライ(150円)」も食べていました。

最初、セルフのお店になったと聞いて、立ち食いのお店のようなイメージを描いていましたが、食べるときは時間を気にせずにゆったりと美味しいうどんを食べることが出来るお店でしたよ!ご馳走様でした。

ほたや Shokudo
石川県小松市有明町21
0761-22-6342
11:00~15:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ