あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:小松うどん

久しぶりの小松うどん認定店の紹介になります。

それは小松市矢崎町にある人気店「お多福 小松店」。
小松お多福

石川県のうどんの一大ブランド「お多福」のお店で、前回は2年半前にお邪魔して、こちらで紹介しています

小松市のご当地グルメ「小松うどん」ですが、なかなか全国的に認知されるまでは至っていません。

うどんは全国で食べられる、日本が誇る麺類だと思いますが、「全国ご当地うどんサミット」という大会があって、むかしのことですが、その第2回全国大会で「小松うどん」の肉うどんがグランプリに輝いたことがあります。

また、文化庁が認定する「100年フード」にも認定されているほどなのですが、何となく知名度が上がっていきませんね。

個人的には小松うどんが好きで応援しているのですが、何とか北陸新幹線が小松に停車するようになったタイミングでプロモーションを活発化して欲しいものです。

さて、「お多福 小松店」は人気店なので。平日ランチタイムも混雑します。

お品書きです。
小松お多福 (4)

小松うどんの認定店ですが、そばもメニューに揃っています。
小松お多福 (6)

こちらは丼物とその他一品もの。なかなか種類がありますね。
小松お多福 (2)

私はこちらの「お得なランチメニュー」の中から「ちょこっと小えび天丼とミニうどん(890円)」を頼むことにしました。
小松お多福 (7)

前回は同じくCセットの「ちょこっとげそ天丼とミニうどん」を頼んでいますが、一番量が少ないこのセットのボリュームが今の私にとっては適量です。
小松お多福 (8)

うどんはミニサイズ。上品な味のお出汁で美味しいです。
小松お多福 (10)

うどん自体柔らかさの中にも弾力があって小松うどんの特徴が出ています。
小松お多福 (9)

小えび天丼には小えびとネギの天ぷらがたっぷり乗せられていました。

物価高の折、千円以下で2つの味を楽しめるこちらのメニューは女性にもおすすめです。ご馳走様でした。

お多福 小松店
石川県小松市矢崎町ナ-151
TEL 0761-43-1522
月~土11:00~23:00
日11:00~22:00
水曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

年末間近になると、飲食店も休みに入るところが多くなります。

ただ、うどんそばのお店は基本大みそかまでやっていると思いました。そこで、30日のこの日、大掃除の合間にランチを食紅行った小松市有明町の「ほたや Shokudo」についての紹介です。

「ほたや Shokudo」へは約1年半ぶり。前回はこちらで書いていますが、いつもお盆や年末年始の休みの時にお邪魔していますね。
ほたや

大きな水車が目印のこちらのお店。数年前に店内は改装していて、営業はセルフスタイル。

こちらで注文の品の札を取り、料金を支払って番号札を受け取ります。
ほたや (3)

蕎麦とうどんの産地が書かれているのはいいですね。
ほたや (6)

店内はそこそこ広くて、この日の12時前は賑わっていました。

私はほたや特製の「小松うどんセット(1,380円)」にしました。
ほたや (8)

こちらは、二味うどん、揚げ餅と野菜天ぷら、ぷちソースかつ丼、フルーツ、漬物という盛沢山ついているセットメニューです。
ほたや (10)

二味うどんは揚げ餅と野菜天が別盛りで出てくるうどんと、とろろうどんの2種類。
ほたや (11)

天ぷらは、大根おろしが入ったうどんに浸して食べました。
ほたや (12)

よもぎの揚げ餅も美味しかったです。
ほたや (14)

そして澄んだ出汁と透明感のある小松うどん。ここのうどんが好きです。
ほたや (13)

ちなみにソースカツ丼は妻の胃袋へ消えています。

妻のほうは「地鶏カレーうどん(850円)」を頼んでいました。
ほたや (7)

このカレーうどんが好きなようで前回も同じものを頼んでいますね。

ソースカツ丼のご飯にカレーうどんのルーをかけて私も少し食べましたが、出汁がきいて美味しいカレーでした。

いつもは小松うどんばかり食べていますが、次回は越前そばの方も味わってみたいと思います。ご馳走様でした。

ほたや Shokudo
石川県小松市有明町21
TEL 0761-22-6342
11:00~15:00(L.O.)
月曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング


昨年のクリスマス時期に北陸を襲った強烈な寒波。

12月は温かい日が多かったので、急な大雪も相まってなかなか大変でした。

ちょうど土日の時で休日に雪かきに追われた方も多かったのではないでしょうか。

さて、雪が降るとランチにあまり遠くまで行く気がしなくなります。

道路はもちろん、お店の駐車場が雪で埋まっていたりして、店内の混雑やお店が休みだったりすることがあるからです。

そんな時、駐車場が建物の中にもあるアル・プラザ小松は狙い目です。

この日は夕食の買い出しをしなければいけないこともあり、買い物ついでにアル・プラザ小松内でランチを食べることにしました。

もっとも、ランチを出来るお店はアル・プラザ小松の中では限られています。

ファストフードのところを除けば、喫茶店2店舗と、あとは2階にある「和食 三宝」ぐらいしかありません。

昔は小型のフードコートエリアもあったのですが、だいぶ前に無くなってしまいました。

ということで、今回2年ぶりになる「和食 三宝」にお邪魔することに。

前回の時のことはこちらで紹介しています
和食 三宝 (10)

お店の前の大きなサンプルケースにはずらりと料理サンプルが並んでいます。
和食 三宝

こちらはランチや日替わりのサンプルです。
和食 三宝 (4)

店内は広く、テーブル席と小上がり席が多数。週末はこちらのお店は混んでいて、この日も私が食べ終わる12時ごろには満席に近い状態になっていました。
和食 三宝 (3)

店内にもメニューが置かれていて、こちら以外にも色々ありました。どれもがリーズナブルなお値段設定です。
和食 三宝 (5)

決めるのに迷いましたが、今回私は「日替わり定食(1,050円)」を頼むことにしました。

出されたのがこちら。
和食 三宝 (7)

ミニうなぎ丼と素うどん、サラダ、小鉢。この内容で1,050円はお得です。
和食 三宝 (8)

このミニうなぎ丼のうなぎだけでも、そのぐらいの値段はしそうですね。

サラダはボリュームあって、小鉢は「ホタテとわかめの酢の物」でした。
和食 三宝 (9)

うどんは小松うどん。出汁も美味しいです。

食べ終わると満腹に!人気なのがわかりますね。ご馳走様でした。

和食 三宝
石川県小松市園町ハ23-1
 アル・プラザ小松店2F
TEL 0761-24-6067
11:00~20:45(L.O.20:00)
アル・プラザ小松の休日に準じる



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

昨年の夏、ベンチャー企業のNEXT DELIVERYという会社が吉野家の牛丼をドローン配送する「Sky Hub Eats こまつ」の実証実験が始まったというニュースを観ました。

吉野家の社長まで小松に来られての発表だったので記憶に残っています。

現在、小松市内の数店舗がこの新しい取り組みに参加しているようで、今日紹介する小松市若杉町の「うどん工房 穂の香」についても、そのうちの一軒なのです。
穂の香

こちらは小松うどん認定店。私のブログでも何度か登場していて、昨年12月3日で10周年を迎えています。

先ほどのドローンを使った宅配サービスと、すぐ伸びてしまううどんの相性についてはどうなのか若干わからない点もありますが、最初は丼ものやかき揚げ、オードブルの配達のみになるようです。未来を見据えた新しい取り組みへのチャレンジは素晴らしいと思いました。

さて、「うどん工房 穂の香」の冬の時期の名物は、加能がに、それもメスの香箱かにの季節限定のメニュー「香箱かにとれんこんのすり流しうどん」です。

前回はこちらで紹介していますが、今回お邪魔して食べたのは3シーズンぶり。妻と食べに行きましたが、やはり美味しかったですね。
穂の香 (2)

店内です。
穂の香 (4)

お品書き。
穂の香 (3)

こちらは今回食べた「香箱かにとれんこんのすり流しうどん」のメニューです。

出されたのがこちら。
穂の香 (7)

ご存じの通り、ズワイのメスの香箱ガニ漁は11月初旬から12月の中旬までの約1か月半という短い期間です。
穂の香 (8)

そのため、こちらのメニューについても漁の期間中とその後しばらく香箱が手に入る間限定の提供となっていて、今はもう食べることが出来ません。今年の11月までお預けです。
穂の香 (10)

値段は、白子ポン酢とひと口ご飯が付くようになり、1,650円と値上がりになっていました。
穂の香 (9)

冬の野菜であるれんこんのすり流しがいい仕事していて、餡が熱々で冷めにくく、旬の香箱のうま味を余すことなく食べることが出来るメニューとなっているのでおすすめです。
穂の香 (11)

うどんを食べ切り、ご飯投入!

最近、塩分を控えるために、麺類などのスープもほとんど飲まなくなった私ですが、こちらは最後に一滴まで飲み干しました。美味しいです。

晩秋の加能がにのシーズンが今から待ち遠しいです。ご馳走様でした。

うどん工房 穂の香
石川県小松市若杉町3-21
TEL 0761-21-9418
11:00~15:00
17:30~20:30
月曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今夕、能登を震源とする大きな地震が発生しました。私の住む小松市も大きく揺れましたが、自宅には影響はあまりありませんでした。現時点では、まだ被害状況ははっきりとはわかりませんが、まずは被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。

では、通常の内容です。

皆さん。本年も「あさぴーのおいしい独り言」をどうぞよろしくお願いいたします。

また、今年1年が皆さんにとって良い年でありますように願っております。

さっそく2024年一発目のネタです。

大晦日は年越しそばを食べるのが一般的だと思いますが、近年「年明けうどん」をいう言葉が知られるようになってきました。

うどん県の香川県が言い始めた言葉ですが、香川では年明けにうどんを食べることが多くなってきたようです。

そんなうどんの話題を2024年の最初の話題として取り上げたいと思います。

さて、コロナ禍が一応収束して、人の移動が増えてきました。

一時はガラガラだった小松空港。駐車場に多くの車、待合室などにも多くの人が見られるようになりました。

小松空港の2階には、コロナ禍前まではANAやJALの子会社が運営するお土産屋さんや、中佐中店のうどん店などお店が色々ありました。

しかし、コロナ禍の約3年間で多くのお店が閉店して、今年初めまではフロアは寂しい感じがしていたのですが。空港を利用する人が増えると徐々に活気を取り戻してきています。

コロナ禍明けの5月下旬、前は中佐中店だった場所に、同じうどん店である「味の中石 名代めん塾 小松空港店」が新しいお店をオープンしていました。
めん塾 小松空港店

外観および店内は、ほぼ中佐中店の時のまま利用されていますね。
めん塾 小松空港店 (4)

お店の外に出されていたメニューです。
めん塾 小松空港店 (2)

小松うどんについては「100年フード」に登録されたことを、こちらの本店である「味の中石食品 めん塾」の紹介時に書いています

本店の方では揚げたて天ぷらや総菜なども食べることが出来るのですが、お店や厨房のスペースの関係でやっていないのでしょう。
めん塾 小松空港店 (3)

そして、こちらの端末でオーダーと支払いを済ませると、お店に自動でオーダーが伝わっていました。

私は「玉子とじうどん(750円)」を頼むことに。

うどんもだんだん値上がりしているのを実感しました。
めん塾 小松空港店 (5)

出されたのがこちら。カブッキーのかまぼこではありません。

少し甘さを感じる出汁ですが、澄んだ味です。
めん塾 小松空港店 (7)

うどんのほうは、さすが製麺店の直営店なので、打ち立てのを使用しているのかわかりませんが、のど越し良く胃の中に吸い込まれていきました。

この3月16日には北陸新幹線が福井県敦賀まで延伸。小松にも新幹線が停まるようになります。そうすると、小松空港発着の東京便は自ずと減便になるでしょう。その後の小松空港が心配ではありますが。小松うどん含めて頑張って欲しいですね。

帰省の帰りに小松空港を利用する方々。是非、小松うどんを食べて帰ってください。ご馳走様でした。

味の中石 名代めん塾 小松空港店
石川県小松市浮柳町ヨ50
小松空港ターミナルビル内2階
朝 9:00~10:00
昼 10:00~14:30(L.O.14:15)
夜 15:30~18:45(L.O.18:30)
火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ