あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:寒ブリ

最近、金沢の街中にあまりでかけなくなりました。

まぁ、冬というのもありますが、年と共に億劫になってきたのかも?^^;

さて「鮨 志の助」ですが、今は人気鮨店として金沢で営業されていますが、元々は小松にお店があったわけで、このことはお師匠さんの「小松 弥助」の森田さんも同じです。

これは飲食店に限らず、小松で活躍していた人が金沢に転居したりする例は多いと思います。

市場としては小松より金沢の方が圧倒的に大きいことから、小松を出て金沢で勝負するということです。小松に住むものとしては何となく寂しい気がしますね。

今回「鮨 志の助」へは2年ぶりの訪問になります。

近年は東京からのお客さんと一緒に行く時しか「鮨 志の助」に行っていません。^^;
志の助

外観はいつも通りの風情。
志の助 (2)

店内も変わらずシンプルで清楚な佇まい。見慣れた景色です。
志の助 (3)

まずはビールで乾杯。久しぶりの一番搾り。

そしていつも通りの冬の定番のおつまみから始まります。
志の助 (4)

鱈の白子。もう季節は終わりですが、鮮度がいいので口の中でプルンと弾ける感じで溶けていきます。
志の助 (5)

こちらも定番。万寿貝(白貝)のバター焼き。
志の助 (9)

刺身は左からアカイカ・ノドグロ・ガスエビ。アカイカは身とゲソを少しずつ。ゲソにはゴマをまぶしてあります。ガスエビがねっとりとして口に中で溶けるほどの甘みのある美味しさでした。
志の助 (8)

醤油にあら塩、薬味にショウガとワサビが添えられていて、お好みの味を楽しめます。

ウニは今回はおつまみで出されました。
志の助 (11)

香ばしい海苔が一緒に出され、こちらもそのまま食べても良し、海苔で巻いて食べても良しです。
志の助 (6)

おつまみを食べながらお酒は日本酒に移ります。日本酒は山中温泉の獅子の里、車多酒造の天狗舞、そして小松東酒造の神泉の3種類置いていますが、今回順番に3種類全部頂きました。神泉は大吟醸で少し飲み過ぎました。^^;
志の助 (7)

グラスは能美市の清峰堂の九谷和グラス。絵柄も色々増えています。

このあとは握りに移ります。
志の助 (12)

握りの前に出されたガリの味が少し変わったと思ってお聞きすると、赤酢を加えたそうです。
志の助 (13)

最初は赤イカ(石川ではヤリイカのことをこう呼びます)。ねっとりとした食感と、噛むと口に中で上品な甘さが広がります。この感触は何度も食べているので、舌が覚えていますね!?
志の助 (14)

こちらはブリ。天然物は上品な脂が乗っていて、味も色も違います。
志の助 (16)

甘えび。プリンと弾力のある身は、刺身で出されたガスエビとはまた違った美味しさです。
志の助 (17)

加能ガニ(ズワイガニ)は、身にカニ味噌を乗せて。カニ味噌がミソです。
志の助 (19)

ヅケです。この照りが美味しさを物語っています。
志の助 (20)

トロの炙り。別名アブトロ!上品な脂が炙ることによって旨みが増します。
志の助 (21)

梅貝の身は厚く、あら塩で食べさせてくれますが、噛むほど潮の香りが口の中に広がります。
志の助 (22)

こちらはアジ。これも身が厚く脂が乗っていました。
志の助 (23)

ここで味噌汁が出されました。あら汁です。
志の助 (24)

この後は手巻きが2本出されました。まずネギトロ巻。マグロのトロと白ネギが刻んで出してくれる毎度おなじみ定番の巻物です。
志の助 (25)

そして最後はウナキュウ。香ばしく焼きを入れたウナギと、キュウリの食感がいいです。
以上で終了。我々が飲み食いしたもので一人2万円弱でした。酒代が押し上げたようです。^^;

2年ぶりの訪問でしたが、次回はまた来年かな?ご馳走様でした。

鮨 志の助
石川県金沢市入江3-73
TEL 076-216-5280
12:00~14:30
18:00~21:30
水曜、日曜祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

エスメラルダの中田くんからおすすめされた「寿司割烹 岡田寿司」。
岡田寿司

一度、昨年秋のとある平日に行こうと思って、当日予約の電話を入れたら満席だと言われたことがあったりして、これまで行くことが出来ませんでしたが、昨年末に妻と二人お疲れ様会で伺うことが出来ました。

しかし平日に満席とは人気お店なのだなぁ~とその時に思いました。

お店はお諏訪さんのお隣にあります。

今回、年末ということもあって、10日前に予約の電話を入れて行きましたが、この日も満席で、年末ということもありますが、地元の常連のお客様に支持されているお店です。

代が息子さんに変わってお店をリニューアルされていて、お店の中はとてもきれいになりっています。

カウンター9席、ボックス型のテーブル席が4席の小さなお店です。
岡田寿司 (7)

寿司割烹ということで、寿司以外にもメニューの種類は豊富です。
岡田寿司 (8)

我々も色々な料理を楽しむことにしました。
岡田寿司 (3)

まずは生ビールで乾杯。
岡田寿司 (6)

お通しです。

そして、「おまかせ造り(写真で2人前2,600円)」を頼みます。
岡田寿司 (9)

生たこ・寒ブリ・さわら・梅貝・鯵でした。
岡田寿司 (12)

あとで真ハタも追加されました。

「香箱がに(1,300円)」は一パイだけ頼みます。香箱の漁の時期は残念ながら終わってしましましたね。
岡田寿司 (11)

だんだんとズワイ(石川では加能がに)の漁獲高が少なくなるだろうと予想されていますが、どうなるのか心配です。
岡田寿司 (14)

「はまぐり焼き(700円)」は大きなはまぐりでした。
岡田寿司 (18)

「どぜう唐揚(600円)」は久しぶりです。小ぶりなどじょうでしたが、カラッと揚がっていて酒のつまみに最高です。
岡田寿司 (13)

「あん肝つまみ(900円)」はポン酢で。
岡田寿司 (10)

頼んだ吉田蔵の大吟醸と一緒に。合いますね。
岡田寿司 (16)

「鯵なめろう(900円)」。きれいに盛りつけられていますね。

このあたりでおつまみ系は終わりにして、最後に握りを頼みます。「大将のおすすめ握り(3,000円)」で締め。その日のおすすめなど旬のネタ9貫で、ずわい・甘えび昆布締め・ぶりとろ。煮あさり・煮穴子・本マグロのヅケ・鯵・いくら・〆鯖。
岡田寿司 (19)

特におすすめは煮あさりなのだそうです。

江戸前握りだと煮はまぐりですが、寿司ネタとしての煮あさりはあまり食べたことがないかもしれません。
岡田寿司 (15)

お酒は私はハイボール。妻は米焼酎の烏飼をロックで頼んでいました。

以上飲み食いして、一人8千円弱。大体予想通りのお値段でした。

こちらの岡田寿司は寿司割烹ですが、寿司割烹として普段使いからハレの日の集いまで、使い勝手もいいお店です。小松には割烹系の隠れた名店がたくさんありますね。うれしいことです。ご馳走様でした。

寿司割烹 岡田寿司
石川県小松市浜田町イ228-1
TEL 0761-21-3279
17:00~25:30
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

忘年会シーズンはそろそろ終わりですが、私は今年の第1回目の忘年会は12月のはじめにありました。

行ったのは小松の老舗の割烹・鮨店として有名な「割烹 鮨 米八」です。

個人的には前回2013年のお旅祭りのときにお邪魔しているので、約4年半ぶりということです。

その時は1階のカウンター席で楽しみましたが、今回は2階の座敷で「米の間」です。
米八

朱塗りの壁が小松の良き時代を感じさせてくれます。落ち着いて話をしながら、美味しい料理と酒に舌鼓を打つことができました。

今回お願いしたのは、冬期限定の香箱蟹コース

香箱ガニの期間中のみのコースで、基本は5千円のコース設定でした。

内容は「突出し」「お造り」「季節の炊き合わせ」「香箱蟹」「米八特製茶碗蒸し」「吸物」「寿司」「デザート」ですが、今回デザートは割愛しています。

そして我々は今回、追加料金を払って一品「焼物」を追加してもらっています。
米八 (2)

突き出しは、最近値段が高くてあまり口にできなくなった霊芝(シバ)茸とシメジを柚子と酢であえたものです。
米八 (3)

お造りはガンド、タイ、甘えび。
米八 (6)

「季節の炊き合わせ」は梅貝、篠田巻、フキ。上品な味でした。
米八 (9)

香箱は小さめのサイズでした。基本5千円のコースではやむを得ないですね。今シーズンの香箱の漁も終わりですが、今年はそこそこ食べることが出来ました。
米八 (11)

こちらは「米八特製茶碗蒸し」です。熱々でこちらも上品な出汁が印象的です。
米八 (8)

「焼物」はブリカマでした。11月下旬は石川県ではブリが豊漁だったので、この頃は家でもブリをよく食べましたね。。

そして〆の握りです。
米八 (12)

米八の握りの特徴は、一度に出される2貫が紅白対(つい)で出されること。この日はヒラメ、マグロ、イカ、サワラの4貫。やはり赤と白ですね。こだわっているようです。
米八 (13)

アラのお吸い物も付いていました。
米八 (7)

飲み物は、生ビールの後は私はむぎ焼酎を。他の人は石川の地酒を色々飲んでいました。
米八 (5)

以上で、締めて一人1万円弱。予想通りのお値段だったと思います。

今年は香箱ガニ漁も天候が悪く高値が続きました。29日で今シーズンも香箱ガニ漁は終わり。来年まで待たねばなりませんね。

小松でも老舗の割烹鮨店で美味しい料理に地酒を愉しむ。満足です。ご馳走様でした。

割烹 鮨 米八
石川県小松市松任町58
0761-24-1717
火~日
11:00~21:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回は私のブログでは珍しい回転寿司のお店について書きます。

イオンモール新小松店の1階の小松食回廊にある「もりもり寿し」です。
もりもり寿し (10)

実は、このイオンモール新小松店が、南加賀初出店だったんですね。そんなこともあって、私のブログでは、「もりもり寿し」は初めて紹介することになります。

石川県中心ですが、関東や関西にも出店をしています。テレビ番組でも時々出ているので、石川県よりも首都圏や関西のほう有名かもしれません。

今時珍しくホームページを持っていません。そんなことで、どのようなコンセプトで店づくりをしているのかもわかりませんが、色々調べてみると、3点盛や5点盛りがウリの回転寿司のお店だということがわかりました。

そこで、そんな3点盛や5点盛りを中心に攻めてみることにしました。

まずは、小松ということで、「カブッキー三昧(850円)」は、写真右からまぐろ赤身・アオリイカ・生サーモン・梅貝・ブリの5貫盛り。
もりもり寿し (5)

小松の店舗ということで、こんなネーミングも面白いのですが、若干、ネーミングとネタの意味合いが不明なところもあるような気がします。^^;

一押し五点盛り(1,200円)」は、写真右から甘えび・ヒラメ・本マグロ中トロ・アオリイカ・寒ブリの5貫です。
もりもり寿し (6)

本マグロ中トロは赤身に近いかな?寒ブリは脂が乗っていて美味しかったです。

あと「もりもり寿し」といえばノドグロが有名らしいです。そこで食べてみました。
もりもり寿し (8)

生でも炙りでもokで、我々は炙りでお願いしました。ブリは炙ったほうが甘みが際立ちます。

11月6日に漁が解禁になった「香箱がに(500円)」も頼みました。
もりもり寿し (7)

外子と身の部分、そして内子は下のほうに少し隠れていました。やっぱ美味しいですね。
もりもり寿し (9)

最後に頼んだのは「真イワシ(240円)」です。新鮮なイワシでないと寿司ネタとして食べられません。

この後映画を見る予定で、オープンの11時と同時に食べに行き、軽めの量で手早く済ましましたが、締めて3,500円ほど。

味、コスパとも、さすが石川の回転寿司のお店です。満足度高しです

もりもり寿し イオンモール新小松店
0761-58-2779
石川県小松市清六町315番地
 イオンモール新小松1F
10:00~22:00(L.O.21:30)
休みはイオンモール新小松店に準ずる

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ほぼ1年ぶりの訪問になります「鮨 志の助」。
志の助 (27)


相変わらずの人気で、なかなか予約が取りづらいですね。昨年発刊された「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」で星一つ獲得してからはなおさらです。

お聞きすると、北陸新幹線が金沢まで延伸してから、東京の方の予約が多く、さらには口コミの紹介のかたが増えたと話されていました。

新幹線がきて、多くの方が金沢に訪れるようになってうれしいのですが、人気のお店の予約は取りづらくなりました。

鮨屋とおでん屋がその最たるジャンルです。おでんなんて、ふらっと入って食べる庶民の味覚なのに…。あとカニやブリ、ノドグロなど、人気の魚も異常な高値が続いています。出るのはため息ばかり……。^^;

さて今年も、毎年の恒例の如く東京から毎年、志の助さんの鮨を食べにくることだけで金沢を訪れるご夫妻と一緒の再訪になります。

近年は、この時しか志の助さんに食べに来ることが出来ません。寂しいです。

この日、お昼遅めのランチだったので、あまりお腹が空いていない状況での訪問となり、おつまみもお鮨も少なめでお願いしました。^^;
志の助

まずはビールで乾杯です。

志の助さんの場合は、季節ごとでネタは変わりますが、基本定番の鮨なので、毎年冬に訪れる客人は、大体同じものを食べていることになります。ただ、北陸は冬に美味しくなる魚介が多いので、やはり冬に来るのが一番おすすめだと思います。

基本、おまかせのコースのみになっています。
志の助 (2)

最初に出されたのは、そろそろシーズンも終わりに近づいてきたタラの白子。プリンとした食感に濃厚でクリーミーな味、ポン酢の酸味が合います。
志の助 (8)

お造りは左から、アカイカ(石川ではヤリイカのことをこう呼びます)、小鯛、ガスエビ。イカの不漁が続いていますが、これも温暖化の影響でしょうか?耳の部分がコリッとしていいですね。

ガスエビは身も太く甘みが際立っていました。
志の助 (3)

万寿貝(白貝)のバター焼きです。もう15年ほど食べています。(笑い)
志の助 (9)

お酒のほうは小松の地酒、私のブログでもよく登場します東酒造の神泉大吟醸。フルーティでありながら切れがあります。

この後、握りに移ります。
志の助 (10)

まず出されたのはアカイカ。短冊切りにして絡めてあり、切り口から感じるイカ独特のねっとりとした旨味を感じることが出来、スタートの一貫として志の助さんの定番です。
志の助 (11)

これはノドグロ。有名になり過ぎで庶民の口にあまり入らなくなったノドグロです。^^;

この写真を見てお分かりかと思いますが、志の助さんの握りのシャリの形状と、酢の塩梅が少し変わったみたいです。あえてお聞きしませんでしたが、色味が付いて形状も若干俵型になりました。握りの所作も変わったような気がします。

当然、美味しくするために色々研究された結果なのでしょうね?
志の助 (15)

大ぶりの甘えび。名前の通り口の中で甘さが広がります。
志の助 (13)

加能ガニの身の上にかに味噌が乗せられています。。
志の助 (19)

梅貝はあら塩が振られていて、貝の旨みを引き出します。
志の助 (21)

アブトロ!トロの炙りですね!最高です。
志の助 (22)

アジも脂がのっていますね。
志の助 (20)

ウニです。
志の助 (23)

鯛の昆布締めは上品な昆布の香りと味が乗り移って旨みが口の中に広がります。
志の助 (25)

最後はアナゴ。口の中でとろけます。美味しいです。
志の助 (24)

あら汁も付いてきます。

以上で、この日は終了。珍しく日本酒も一合しか頼みませんでした。

1年に一回しか来ることが出来なく残念ですが、相変わらずの安定した味のお鮨を楽しませてくれるお店。これからも美味しいお鮨を握ってください。ご馳走様でした。

そうそう!志の助さんのお師匠さんの「小松弥助」森田さんも、御年86歳で再始動をされるとのこと。いやいや鮨職人、一生修業のようです。^^;
(この内容を書いたあと、北國新聞にも「小松弥助」さんのこと 掲載されていました)

鮨 志の助
石川県金沢市入江3-73
TEL 076-216-5280
12:00~14:30
18:00~21:30
水曜、日曜昼休
 


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ