あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:寒ブリ

昨年末、コンビニが元旦営業するとかしないとか、といったニュースが流れていたのも記憶に新しいところです。

コンビニなどない時代はお正月の過ごし方は自宅で一家団欒が定番でした。

私が小さいころはコンビニやイオンモールのようなショッピングモールなどなく、どのお店も正月の初売りは3日からが常識。

朝はお雑煮。昼夜はお節や豆餅を食べるのが当たり前でしたが、いまは便利な世の中(実際はどうかわかりませんが)で、元旦から色々なお店が営業しています。

我が家では元旦のお昼から夜にかけて、お取り寄せしたお節料理をほぼ食べ終わり、2日の朝はお餅を食べ、お昼になるとそろそろ別なものが食べたくなり、妻と息子の3人で寿司でも食べようと外出しました。

向かったのは「回転寿司すし食いねぇ!小松沖店」。イオンモール新小松店の前にあって124席も席がある大きな店舗。約4年前に一度、ブログで紹介しています

息子は関西の方に住んでいるので、帰省すると日本海の海の幸を食べたいということでチョイスしました。

本当は廻らない寿司のほうがいいのですが、さすがに正月2日、それもお昼からやっている寿司屋さんはないので、回転寿司の中でも人気のこちらのお店にしたわけです。

2日の日は遅めの朝食だったため、13時ごろにお店に到着。予想はされていたものの相当数の順番待ちの列が出来ていました。
すし食いねぇ (2)

結局1時間強待ちの14時過ぎに席に案内されました。
すし食いねぇ (4)

オーダーはこちらのタッチパネルで行います。

では食べたものを紹介します。
すし食いねぇ (5)

「すし食いねぇ!」は、金沢港と氷見港直送の新鮮な魚介をウリにしていて、この日はこんなネタが食べられました。
すし食いねぇ (3)

「金沢港直送の握り3貫(値段はすべて税抜で480円)」は、天然真鯛・カマス・コチかな?カマスの寿司は珍しいですね。
すし食いねぇ (9)

「氷見港直送握り3貫(480円)」は、赤カレイ・真ハタ・カワハギだと思います。
すし食いねぇ (8)

こちらは「本マグロづくし3貫(890円)で、赤身・中トロ・トロ。マグロの値段が高騰してるため価格も高値安定でしょう?
すし食いねぇ (11)

こちらは「長崎ハーブ鯖(290円)」で、2人分が一皿で出されました。でも、しっかり2枚の皿が付いていました。一皿2貫ずつ出してもらったほうがいいですね。
すし食いねぇ (19)

長崎ハーブ鯖とは養殖サバのブランドで、エサに4種類の西洋ハーブを混ぜて育てているサバのことでサバの生臭さがなく美味しいです。
すし食いねぇ (16)

こちらは「アワビ(350円)」。値段安いです。
すし食いねぇ (10)

こちらは息子が頼んだ梅貝。
すし食いねぇ (15)

あと「アオリイカ(350円)」や、
すし食いねぇ (12)

寒ブリだったかな?
すし食いねぇ (14)

それにこれは何だったかな?色々頼みましたね。
すし食いねぇ (18)

最後はうなぎの手巻きで締めました。
すし食いねぇ (13)

お味噌汁は磯のり汁(250円)も頼んでいます。

重複しているネタは紹介していませんが、以上2人でちょうど20皿を食べて、締めて一人3千円弱。納得のコスパです。

さすが人気のお店だけあって、我々が食べ終わって帰る15時半過ぎでも長蛇の順番待ちでした。凄いですね!?この日一日でどれだけの売り上げがあるのか興味がわきますね。ご馳走様でした。

回転寿司すし食いねぇ!小松沖店
石川県小松市沖町528
0761-24-1151
11:00~21:30(L.O.21:00)
ランチ月~土曜
11:00~16:00(祝日除く)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨年12月後半。小松駅前は師走ともなると、さすがに賑わっていました。

普段のときは、週末でも寂しい感じがしないでもないですが、まぁ、飲食店にとっては12月は書き入れ時です。

でも、昔であれば本当に年末ぎりぎりまで賑わっていましたが、今の時代、最終の土曜日までで、最終盤はあまり皆さん出ていないようです。
つばき

さて、私も昨年末は最終の週末以降はどこも出ずに、出かけたのはその前の週、夜の外食が最後。妻と二人忘年会で「鮨 つばき」にお邪魔しました。こちらへは約4年ぶりです。

話は変わりますが、小松で寿司店といえば、割烹を兼ねたお店が多いです。これは小松に限らず、石川県、いや西日本でもその傾向が強いと思います。

西の方は石川県も含めて関西文化の影響を色濃く受けていています。

西では、東に多くある、いわゆる江戸前の寿司店のような寿司メインでつまみと酒はほどほどというような形ではなく、どちらかといえばハレの日を豪華な料理と酒で楽しむといった使い方がされているのではないかと思います。

「鮨 つばき」もそのようなお店です。

今回、少し遅い時間、といっても19:30ごろにお邪魔しました。

店内、カウンター席には少し空きがありましたが、予約で一杯らしく、我々がお店には行った後何組も飛び込みで入ってきたお客さんがいましたが、大体断られていました。
つばき (5)

我々はカウンター席の一番端に座り、まずは生ビールを一杯。
つばき (15)

こちらがお品書きです。
つばき (2)

こちらも。
つばき (3)

コース料理もあって、たぶんそのほうがお得だと思いますが、我々はアラカルトでお願いすることに。
つばき (7)

まず出されたお通しは3品盛られていました。

刺身は、こちらで1.5人前です。1人前が1,500円、2人前が2,800円なので、これで2,300円ぐらいでしょうか?
つばき (8)

甘えび、寒ブリ、梅貝、イカ、トロ、真ハタの6種類。寒ブリは上品な脂、イカはとろけるような甘さで美味しかったです。
つばき (9)

今が旬の「たらの白子」。天ぷらかポン酢が選べますが我々は「ポン酢」です。ちょっとお高くて、これで1,200円です。いまや白子は高級珍味?です。
つばき (13)

これは「百万石しいたけステーキ(950円)」。石川県のしいたけのブランドで有名なのは、能登地方で栽培されている「のと115」や「のとてまり」ですが、金沢の方では「百万石しいたけ」が有名です。

バター醤油にガーリックを少し効かせてソテーされていました。軸の方もしっかりと焼かれていて美味しく頂くことが出来ます。酒のつまみに最適でした。
つばき (17)

「どじょうの唐揚げ(800円)」も頼んでいます。

最後に握りですが、「おすすめ5貫(1,800円)」でお願いしました。ネタが大きめでそのまま食べられる私の好きな握りでした。
つばき (18)

最初は真ハタ。
つばき (19)

アジ。
つばき (20)

甘えび。
つばき (21)

のどぐろ炙り。
つばき (22)

中トロの5貫です。
つばき (12)

お酒のほうは生ビールの後、小松の野口尚彦研究所の「プレミアムヌーボー(1,200円)」というしぼりたての無濾過生原酒です。

あと黒龍などを飲みました。

以上飲み食いして2人で締めて15,000円弱。まぁ、大体予定どおりでした。

人気店だけあって、おつまみや料理の種類が豊富で、魚介類はもちろん新鮮。お値段もリーズナブルでおすすめです。ご馳走様でした。

鮨 つばき
石川県小松市土居原町206
TEL 0761-27-1896
17:00~26:00(L.O.25:30)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近、金沢の街中にあまりでかけなくなりました。

まぁ、冬というのもありますが、年と共に億劫になってきたのかも?^^;

さて「鮨 志の助」ですが、今は人気鮨店として金沢で営業されていますが、元々は小松にお店があったわけで、このことはお師匠さんの「小松 弥助」の森田さんも同じです。

これは飲食店に限らず、小松で活躍していた人が金沢に転居したりする例は多いと思います。

市場としては小松より金沢の方が圧倒的に大きいことから、小松を出て金沢で勝負するということです。小松に住むものとしては何となく寂しい気がしますね。

今回「鮨 志の助」へは2年ぶりの訪問になります。

近年は東京からのお客さんと一緒に行く時しか「鮨 志の助」に行っていません。^^;
志の助

外観はいつも通りの風情。
志の助 (2)

店内も変わらずシンプルで清楚な佇まい。見慣れた景色です。
志の助 (3)

まずはビールで乾杯。久しぶりの一番搾り。

そしていつも通りの冬の定番のおつまみから始まります。
志の助 (4)

鱈の白子。もう季節は終わりですが、鮮度がいいので口の中でプルンと弾ける感じで溶けていきます。
志の助 (5)

こちらも定番。万寿貝(白貝)のバター焼き。
志の助 (9)

刺身は左からアカイカ・ノドグロ・ガスエビ。アカイカは身とゲソを少しずつ。ゲソにはゴマをまぶしてあります。ガスエビがねっとりとして口に中で溶けるほどの甘みのある美味しさでした。
志の助 (8)

醤油にあら塩、薬味にショウガとワサビが添えられていて、お好みの味を楽しめます。

ウニは今回はおつまみで出されました。
志の助 (11)

香ばしい海苔が一緒に出され、こちらもそのまま食べても良し、海苔で巻いて食べても良しです。
志の助 (6)

おつまみを食べながらお酒は日本酒に移ります。日本酒は山中温泉の獅子の里、車多酒造の天狗舞、そして小松東酒造の神泉の3種類置いていますが、今回順番に3種類全部頂きました。神泉は大吟醸で少し飲み過ぎました。^^;
志の助 (7)

グラスは能美市の清峰堂の九谷和グラス。絵柄も色々増えています。

このあとは握りに移ります。
志の助 (12)

握りの前に出されたガリの味が少し変わったと思ってお聞きすると、赤酢を加えたそうです。
志の助 (13)

最初は赤イカ(石川ではヤリイカのことをこう呼びます)。ねっとりとした食感と、噛むと口に中で上品な甘さが広がります。この感触は何度も食べているので、舌が覚えていますね!?
志の助 (14)

こちらはブリ。天然物は上品な脂が乗っていて、味も色も違います。
志の助 (16)

甘えび。プリンと弾力のある身は、刺身で出されたガスエビとはまた違った美味しさです。
志の助 (17)

加能ガニ(ズワイガニ)は、身にカニ味噌を乗せて。カニ味噌がミソです。
志の助 (19)

ヅケです。この照りが美味しさを物語っています。
志の助 (20)

トロの炙り。別名アブトロ!上品な脂が炙ることによって旨みが増します。
志の助 (21)

梅貝の身は厚く、あら塩で食べさせてくれますが、噛むほど潮の香りが口の中に広がります。
志の助 (22)

こちらはアジ。これも身が厚く脂が乗っていました。
志の助 (23)

ここで味噌汁が出されました。あら汁です。
志の助 (24)

この後は手巻きが2本出されました。まずネギトロ巻。マグロのトロと白ネギが刻んで出してくれる毎度おなじみ定番の巻物です。
志の助 (25)

そして最後はウナキュウ。香ばしく焼きを入れたウナギと、キュウリの食感がいいです。
以上で終了。我々が飲み食いしたもので一人2万円弱でした。酒代が押し上げたようです。^^;

2年ぶりの訪問でしたが、次回はまた来年かな?ご馳走様でした。

鮨 志の助
石川県金沢市入江3-73
TEL 076-216-5280
12:00~14:30
18:00~21:30
水曜、日曜祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

エスメラルダの中田くんからおすすめされた「寿司割烹 岡田寿司」。
岡田寿司

一度、昨年秋のとある平日に行こうと思って、当日予約の電話を入れたら満席だと言われたことがあったりして、これまで行くことが出来ませんでしたが、昨年末に妻と二人お疲れ様会で伺うことが出来ました。

しかし平日に満席とは人気お店なのだなぁ~とその時に思いました。

お店はお諏訪さんのお隣にあります。

今回、年末ということもあって、10日前に予約の電話を入れて行きましたが、この日も満席で、年末ということもありますが、地元の常連のお客様に支持されているお店です。

代が息子さんに変わってお店をリニューアルされていて、お店の中はとてもきれいになりっています。

カウンター9席、ボックス型のテーブル席が4席の小さなお店です。
岡田寿司 (7)

寿司割烹ということで、寿司以外にもメニューの種類は豊富です。
岡田寿司 (8)

我々も色々な料理を楽しむことにしました。
岡田寿司 (3)

まずは生ビールで乾杯。
岡田寿司 (6)

お通しです。

そして、「おまかせ造り(写真で2人前2,600円)」を頼みます。
岡田寿司 (9)

生たこ・寒ブリ・さわら・梅貝・鯵でした。
岡田寿司 (12)

あとで真ハタも追加されました。

「香箱がに(1,300円)」は一パイだけ頼みます。香箱の漁の時期は残念ながら終わってしましましたね。
岡田寿司 (11)

だんだんとズワイ(石川では加能がに)の漁獲高が少なくなるだろうと予想されていますが、どうなるのか心配です。
岡田寿司 (14)

「はまぐり焼き(700円)」は大きなはまぐりでした。
岡田寿司 (18)

「どぜう唐揚(600円)」は久しぶりです。小ぶりなどじょうでしたが、カラッと揚がっていて酒のつまみに最高です。
岡田寿司 (13)

「あん肝つまみ(900円)」はポン酢で。
岡田寿司 (10)

頼んだ吉田蔵の大吟醸と一緒に。合いますね。
岡田寿司 (16)

「鯵なめろう(900円)」。きれいに盛りつけられていますね。

このあたりでおつまみ系は終わりにして、最後に握りを頼みます。「大将のおすすめ握り(3,000円)」で締め。その日のおすすめなど旬のネタ9貫で、ずわい・甘えび昆布締め・ぶりとろ。煮あさり・煮穴子・本マグロのヅケ・鯵・いくら・〆鯖。
岡田寿司 (19)

特におすすめは煮あさりなのだそうです。

江戸前握りだと煮はまぐりですが、寿司ネタとしての煮あさりはあまり食べたことがないかもしれません。
岡田寿司 (15)

お酒は私はハイボール。妻は米焼酎の烏飼をロックで頼んでいました。

以上飲み食いして、一人8千円弱。大体予想通りのお値段でした。

こちらの岡田寿司は寿司割烹ですが、寿司割烹として普段使いからハレの日の集いまで、使い勝手もいいお店です。小松には割烹系の隠れた名店がたくさんありますね。うれしいことです。ご馳走様でした。

寿司割烹 岡田寿司
石川県小松市浜田町イ228-1
TEL 0761-21-3279
17:00~25:30
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

忘年会シーズンはそろそろ終わりですが、私は今年の第1回目の忘年会は12月のはじめにありました。

行ったのは小松の老舗の割烹・鮨店として有名な「割烹 鮨 米八」です。

個人的には前回2013年のお旅祭りのときにお邪魔しているので、約4年半ぶりということです。

その時は1階のカウンター席で楽しみましたが、今回は2階の座敷で「米の間」です。
米八

朱塗りの壁が小松の良き時代を感じさせてくれます。落ち着いて話をしながら、美味しい料理と酒に舌鼓を打つことができました。

今回お願いしたのは、冬期限定の香箱蟹コース

香箱ガニの期間中のみのコースで、基本は5千円のコース設定でした。

内容は「突出し」「お造り」「季節の炊き合わせ」「香箱蟹」「米八特製茶碗蒸し」「吸物」「寿司」「デザート」ですが、今回デザートは割愛しています。

そして我々は今回、追加料金を払って一品「焼物」を追加してもらっています。
米八 (2)

突き出しは、最近値段が高くてあまり口にできなくなった霊芝(シバ)茸とシメジを柚子と酢であえたものです。
米八 (3)

お造りはガンド、タイ、甘えび。
米八 (6)

「季節の炊き合わせ」は梅貝、篠田巻、フキ。上品な味でした。
米八 (9)

香箱は小さめのサイズでした。基本5千円のコースではやむを得ないですね。今シーズンの香箱の漁も終わりですが、今年はそこそこ食べることが出来ました。
米八 (11)

こちらは「米八特製茶碗蒸し」です。熱々でこちらも上品な出汁が印象的です。
米八 (8)

「焼物」はブリカマでした。11月下旬は石川県ではブリが豊漁だったので、この頃は家でもブリをよく食べましたね。。

そして〆の握りです。
米八 (12)

米八の握りの特徴は、一度に出される2貫が紅白対(つい)で出されること。この日はヒラメ、マグロ、イカ、サワラの4貫。やはり赤と白ですね。こだわっているようです。
米八 (13)

アラのお吸い物も付いていました。
米八 (7)

飲み物は、生ビールの後は私はむぎ焼酎を。他の人は石川の地酒を色々飲んでいました。
米八 (5)

以上で、締めて一人1万円弱。予想通りのお値段だったと思います。

今年は香箱ガニ漁も天候が悪く高値が続きました。29日で今シーズンも香箱ガニ漁は終わり。来年まで待たねばなりませんね。

小松でも老舗の割烹鮨店で美味しい料理に地酒を愉しむ。満足です。ご馳走様でした。

割烹 鮨 米八
石川県小松市松任町58
0761-24-1717
火~日
11:00~21:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ