あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:富山

昨日、朝早めに行動して富山市で桜を見て来ました。

昨日は夏日となる初夏の陽気。カーエアコンをつけて走ります。
松川桜 (30)

富山インターを降りてまず向かったのは、「日本さくらの名所100選」にも選ばれている富山市の桜の名所、松川添いの桜のトンネル。
松川桜 (29)

市内中心を流れる松川の両岸に約470本の桜が咲き乱れていて、朝から多くの人が桜を見に来ていました。
松川桜 (15)

ちょうど満開で見頃。
松川桜 (3)

お花見遊覧船も運行されていました。
富山県美術館 (10)

そして、今回の富山行きの目的である「富山県美術館開館5周年記念 蜷川実花展」を見るため久しぶりに富山県美術館
富山県美術館 (9)

写真家・映画監督の蜷川実花さんの写真・映像展です。
富山県美術館 (39)

植物の生命の息吹を感じさせてくれる作品が多く、色彩が色鮮やかに再現されていました。
富山県美術館 (16)

この展覧会は写真撮影がok!インスタ映えすること間違いなしで、彼女の写真のモチーフとして「桜」は重要な位置を占めているようですね。
富山県美術館 (29)

富山で撮影したチューリップの作品もありました。

ちなみに彼女は映画監督としても有名で、最新監督作は4月29日公開の「ホリック xxxHOLiC」。
富山県美術館 (31)

会場では映像のインスタレーションの部屋がありました。

ちょうど実物の桜の満開と同じ日だったので、心の中でシンクロして見ごたえがありました。

富山県美術館
富山県富山市木場町3-20
TEL 076-431-2711
富山県美術館開館5周年記念 蜷川実花展
5月15日(日)まで
9:30〜18:00(入館は17:30まで)
毎週水曜休館
※4月28日(木)~5月10日(火)は無休
観覧料 一般:1,400円

最後に、立ち寄った富山きときと空港
富山空港

日本で唯一の河川敷に敷かれた滑走路があることで知られる富山きときと空港。
富山空港 (4)

昨日は東京便が3往復だけの運航で、飛行機を見ることが出来ませんでした。
富山空港 (15)

しかし滑走路の反対側にはご覧の屋上展望階からの立山連峰の眺望を見ることが出来、これだけで来た甲斐がありました。
富山空港 (6)

迫力ありますね!いいお天気だったので良かったです。
富山空港 (9)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

富山と言えば昆布が有名です。

ただ昆布の消費量だけで言えば、昔は圧倒的1位だったようですが、近年ではそうではないようです。

また、昆布を削って作られるとろろ昆布は石川県でも昔から食べることが多かったですが、富山県民のほうが圧倒的に多く消費しています。

さて、富山に行くと買い求めることが多い「ます寿し」。今回も買って翌日に家で食べました。

今回買い求めたのは「吉田屋鱒寿し本舗」というお店。
吉田屋鱒寿し本舗

場所は富山市を流れる大きな川、神通川のすぐ近く、富山城址公園からもそれほど遠くはありません。小さなお店です。

お店のHPを見て、「白とろろ&黒とろろ昆布のます寿し(980円)」というのがあったので、今回は変わり種を紹介したいということで立ち寄ることにしました。

また「店頭にてお買い求めの際には前日までにご予約してください。」と書かれてもいたので、前日に予約を入れています。
吉田屋鱒寿し本舗 (2)

手作りでの小ロット製造なので、それほど量を作っていないようです。

富山のます寿しと言えば、曲げわっぱの丸い容器に入れられているのが普通ですが、こちらの「白とろろ&黒とろろ昆布のます寿し」は棒寿司の形状で、ボリューム的にも少ない量です。
吉田屋鱒寿し本舗 (3)

家で食べるのが私と妻だけなので、このぐらいの量がちょうどいいです。ちゃんと6等分にあらかじめ切られていたので、食べやすくて駅弁代わりにもよさそうでした。
吉田屋鱒寿し本舗 (5)

表面は鱒。
吉田屋鱒寿し本舗 (6)

裏面には白と黒のとろろのハーフ&ハーフ。
吉田屋鱒寿し本舗 (8)

順番に並び替えしてみました。

石川県ではふつう食べるのは白とろろですが、黒とろろは富山県でよく食べられるとろろで、1年物の薄い昆布を削って作られるようですね。

シンプルな分厚い身の「ます寿し」もいいですが、白と黒のとろろの味の違いを楽しめ、「白とろろ&黒とろろ昆布のます寿し」は、脂の乗った鱒の味を合わせて味わうことが出来る、富山のご当地グルメにふさわしい「ます寿し」でした。ご馳走様でした。

吉田屋鱒寿し本舗
富山県富山市安野屋町2-6-6
TEL 076-421-6383
7:00~19:00(商品が無くなり次第終了)
元旦休(日曜は予約のみの営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

もしかしたら主食の座はご飯よりパン?と思われるほど、パン食の機会が多くなりました。

我が家では平日は基本ご飯で、休みの日の朝食はパン食が多いです。

そのため、土曜日に外出すると必ずどこかでパンを買い求めています。

今回富山に行った折も、富山市のパン屋さんで美味しいところがないか探して伺いました。

行ったのは富山市で食べログの点数が一番高かったお店「石窯で焼くパンの店 Bob(ボブ)」です。
ボブ

場所は、住所を入力してカーナビの案内で向かったのですが、最初わからずに周辺をうろうろ。よく見ると緑色の建物の上に看板があり、それを見て位置を確認することができました。
ボブ (10)

ご覧の看板が設置されているところのわき道に入ると、緑の建物が見えます。
ボブ (2)

そしてお店に到着。人気のお店で、次から次へとお客さんが入っていきます。
ボブ (3)

入口にメニューが掲げられていましたが、このパンが常にそ揃っているわけではありません。

ウリはパンを石窯で焼いていること。
ボブ (8)

お店の中にこのようなものが掲げられていて、石窯で焼く理由やパンが焼かれる順番など書かれていました。

最初がハード系、それからソフト系、焼き菓子の順番で焼いているようです。

石窯だと温度管理が難しいのですが、そのほうが美味しいということでこだわっているようです。
ボブ (6)

お店は対面式で、欲しいパンをお店の人に取ってもらい、レジで支払うというスタイル。

では買い求めたものです。

メニューのようにパンの種類は多いのですが、総菜系のパンは少なく、こちらの「雑穀パンハーフ(420円)」を買い求めました。
ボブ (13)

こちらのパンは土日のみ販売で、また夏の間はお休みです。玄米・はと麦・ライ麦・かぼちゃの種を使用。ミネラル分が多いパンです。
ボブ (14)

翌朝にスライスしてから温めたり焼いたせずに食べましたが、思ってたよりハードではなく柔らか。自然な素材の風味がダイレクトに感じられるパンでした。
ボブ (11)

母には「蒸しパン(210円)」を買っています。

石川県には石窯で焼くパンのお店は少ないと思いますが、石窯で焼くと中がふっくら焼き上がり美味しいパンになりますね。ご馳走様でした。

石窯で焼くパンの店 Bob(ボブ)
富山県富山市奥田双葉町12-35
TEL 076-444-2456
10:00~18:00
日曜・月曜・祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

前に紹介した富山東岩瀬を散策しているときに素敵な建物があったので気になって入ってみました。

つりや東岩瀬 (2)

富山県氷見漁港で江戸時代より魚商を営む「釣屋魚問屋」が出しているお店です。

外観だけ見ても何のお店かわからなかったので、近寄って中を覗いてみるとカフェと物販のお店のようです。

そこで、小松に戻る前にいっぷくしに入ることにしました。

「つりや」は、昨年氷見に行ったときに「氷見漁港場外市場 ひみ番屋街」の中のお店で白エビや薫製を買い求めたことがあります

こちらのお店は、カフェと物販、そして一日一組という小さいながらも2階には宿が併設されていました。
つりや東岩瀬 (19)

店内はご覧のよう。奥はカフェスペースです。
つりや東岩瀬 (11)

カフェメニューです。

カフェの場合、入口のレジのところでオーダーして席に座ります。

私はのどが渇いたので「無茶々園 温州ミカンジュース(305円)」をお願いしました。
つりや東岩瀬 (8)

丸ごと搾ったストレート果汁100%ジュースで酸味と甘みのバランスがよく美味しく飲むことが出来ました。

妻は「ハーブティー(700円)」。
つりや東岩瀬 (23)

トルコ産の「ル・ベネフィック スルタン ソリマン ハーブティー」。高級なハーブティーです。

3種類のフレーバーから選べることが出来て、妻はマウンテンセージ。
つりや東岩瀬 (4)

ガラス製のカップとお湯が入ったポットが運ばれてきました。ポットのお湯を注いで作ります。
つりや東岩瀬 (9)

1杯目はまだ色が十分出ていません。小さな茶菓子が付いています。
つりや東岩瀬 (18)

2杯目のほうが色が出てより味が濃くなりました。
つりや東岩瀬 (17)

さて、物販スペースは狭いながらも富山県のものを中心に色々な商品が売られていて、前に紹介した「koffe(コッフェ)」のスペシャルティーコーヒーも売られていました。
つりや東岩瀬 (15)

今回、我々が買い求めたのは、アルコール好きの妻が好きだという「シードル」。りんごのリキュールです。
つりや東岩瀬 (32)

もっともアルコールの中でも相当な種類が好きなので、「シードル」が特別なわけではないのですが…。

氷見に醸造所がある「SAYS FARM」で2019年に作られた一本。自家栽培しているリンゴと富山産の「ふじ」、そして西洋梨を使った微発泡酒です。

1本2,000円で、シードルとしては7%と少々アルコール度数高め。甘さと酸味のバランス、そしてすっきりとした飲み口、美味しかったです。
つりや東岩瀬 (27)

あとこちらの「糠いわしアンチョビ(小1,080円)」「かき燻製(950円)」も買っています。。
つりや東岩瀬 (31)

アンチョビは氷見産の片口いわしを使って米糠と一緒に漬け込んで作られています。塩分控えめで、家に帰ってさっそくアンチョビキャベツを作って食べてみましたが、シードルに合って美味しかったです。

かき燻製のほうは。牡蠣自体は小さな身でしたが、能登産の牡蠣を使用していました。こちらは白ワインに合いました。

東岩瀬エリアにきらりと光るお店だったと思いました。ご馳走様でした

つりや東岩瀬(TSURIYA HIGASHI IWASE)
富山県富山市東岩瀬町120
TEL 076-471-7877
10:00~18:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング


今回、その中で紹介した「高志の国 文学館」の前にある小さなコーヒー専門店について書きたいと思います。

お店の名前は「koffe(コッフェ)」。

妻の仕事が終わる時間が流動的だったため、一通りのミニ観光を終えて、車を止めてある「高志の国 文学館」の駐車場の近くで時間調整することにしました。

そこで立ち寄ったのが、こちらのコーヒー専門店なのです。
コッフェ

外観はそれほど立派ではありません。
コッフェ (2)

お店はご夫婦お二人で切り盛りされていました。

こちらのお店、基本はスペシャルティコーヒーの焙煎店で、色々なところに卸されているようで、観光地でのお土産店などでもこちらの青空・home・koffeのブレンドコーヒーを扱っていました。

珈琲豆は世界各国より店主が厳選したニュークロップ(採収穫されたてのコーヒー豆)を使用して作られるこだわりの焙煎コーヒーです。

私は、この日はじめっとした蒸し暑い日だったのでアイスコーヒーを頼むことに。先ほどの通りこだわりのコーヒーなので660円と少々お高めです。

普段は店内でイートインできるのですが、コロナ禍でテイクアウトのみの営業でした。

そこで買い求めて、お店の前を流れる松川沿いの散策路にあった東屋の休憩スペースで飲食することにしました。
コッフェ (8)

コーヒーは雑味が少なく、すっきとした味わいの中、アイスコーヒーですが本来のコーヒーの旨さをすごく感じるものでした。こんなにおいしいアイスコーヒーを飲むのは久しぶりかもしれません。
コッフェ (5)

あとこちらのパウンドケーキを一つ買い求めました。コーヒー同様素材にこだわりのケーキです。
コッフェ (10)

名前は「レモン・ポピーシードケーキ(356円)」で、国産レモンを使用した爽やかな味のケーキでした。

ポピーシードはけしの実のこと。プチっとした食感がいい感じです。

ちょうど飲み食べ終わったころ妻から電話がかかり迎えに行くことが出来ました。ジャストタイミングでした。そして美味しかったです。ご馳走様でした。

koffe(コッフェ)
富山県富山市舟橋南町10-3
TEL 076-482-3131
12:00~19:00平日
10:00~19:00土日祝
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ