あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:安宅関

今年発刊された「ミシュランガイド北陸2021特別版」。

小松市では2つ星に2軒選ばれています。

千木野町の「日本料理 つづら」と今日紹介する安宅町にある「料亭 まつ家」です。

両方のお店には過去行っていますが、どちらもブログでは紹介したことがありません。

今回、本当に久しぶりに行ってきたので書きたいと思います。

伺ったのは10月の中旬。夏を思わせる気候から一気に冬に変わったような日曜日のお昼でした。

「料亭 まつ家」へは、10数年以上前に接待とかで何度かお邪魔しています。

昔のことなので、記憶があまりないのですが、2階のお部屋から見る日本海・安宅の海がきれいだった記憶があります。

安宅と言えば、能「安宅」や歌舞伎「勧進帳」で知られ、北前船の寄港地として日本遺産に認定されている町。
まつ家

「料亭 まつ家」は、そんな北前船で栄えた昔の栄華をしのばせてくれるるような純数奇屋造りの立派な建物です。
まつ家 (2)

室礼のほうもさすがです。
まつ家 (27)

我々は2人で、小さな個室に案内されました。
まつ家 (5)

梯川の河口にあって、この日の窓からは日本海に打ち付ける荒波を見ることが出来ました。
まつ家 (7)

さて、こちらでは、夜は懐石料理のコースですが、ランチタイムは気軽に楽しめる松花堂弁当からのメニューがあります。

しかし、土日祝日は松花堂弁当はやっていないというで、小懐石からとなっていました。

そこで我々は6,000円(税・サ別)の小懐石でお願いすることに。

一番お安いコースなのですが、結論から書けば、びっくりするほどの内容で満足度めちゃ高かったです。さすがミシュラン2つ星。

この日は昼間から飲むつもりだったので、車を置いてきました。
まつ家 (8)

そこで、まずは生ビールです。
まつ家 (9)

最初に出されたのは「シャインマスカットと柿とザクロの白和え」。

季節を感じさせてくれる一品です。
まつ家 (12)

続いてのお造りは赤いか・甘えび・鬼えび・地あら。

このあらが美味しかった!プリッとした食感と歯ごたえ、もちろん甘みに旨みもとてもよかったです。

鬼えびは普段あまり食べる機会が少ない海老で、ねっとりとした食感と相まって美味しい。能登で獲れたと仰っていたかな?

茶碗蒸しは、こちらも旬の食材「松露(ショウロ)」と「とんぶり」が具として使われています。
まつ家 (15)

きのこの「松露」、最近食べてないですが、若い白い松露ではなく、色のついた麦松露を使っていて滋味。

また「とんぶり」は、別名「畑のキャビア」と呼ばれている草の実で、プチっとした食感を楽しめます。

そして「焼八寸」。
まつ家 (17)

魚は子持鮎と焼かますでした。

真昼間から酒が進みます。汗
まつ家 (18)

そして「かに甲羅揚」。小松のご当地グルメとして今一押しの料理。
まつ家 (19)

その名の通り「香箱ガニ」の身をほぐして色々な具と玉子などを詰めて揚げたものです。

料亭や割烹店だけではなく、小松市内の飲食店では比較的身近に出される料理で、我が家でも年に数回は食べる機会があります。

料亭で揚げたてを食べると、また格別ですね。

締めのご飯は、こちらの土鍋で炊き上げた「舞茸と生姜ご飯」。
まつ家 (22)

舞茸からのうま味が染みて、生姜の爽やかな辛みも相まってとてもおいしいご飯。

普段飲むと炭水化物は控えるのですが、美味しくて全部平らげてしまいました。
まつ家 (23)

なめこのお味噌汁と香の物が付いています。
まつ家 (24)

デザートは「洋梨とんぶりブドウのゼリー寄せ」。
まつ家 (26)

コーヒーはサービスで出してくれました。

最後に生ビール以外に飲んだお酒について。
まつ家 (6)

ドリンクメニューはこちらですが、金額は書いてありません。

日本酒はグラスでオーダーします。
まつ家 (14)

ワイングラスで出されました。
まつ家 (29)

日本酒の味によって、ワイングラスが変えて出される気配りが嬉しいです。4種類ほど頼んだでしょうか。
まつ家 (20)

あと、私はハイボールを一杯飲んでいます。

お酒をいろいろ飲んだので、2人で締めて2万円を少し超えるぐらいかかりましたが、この内容でこの料金は素晴らしいと思いました。

もちろん、味やサービスについてもミシュラン2つ星獲得が納得できるものでした。

出来れば夜にお邪魔して、ちゃんとした懐石コースを楽しみたいものです。ご馳走様でした

料亭 まつ家
石川県小松市安宅町ワ-30
12:00~14:30
17:30~22:00 (入店は19:00まで)
※要予約


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

小松市の観光資源として大きなものに安宅関があります。
安宅 (2)

ご存じ歌舞伎の「勧進帳」の舞台となったことで全国的に知られていて。歌舞伎では大名跡である十二代目の市川團十郎さんも小松によく来られて子供歌舞伎の指導などを熱心にされていました。

今年5月に十三代目の市川團十郎白猿を襲名することになっていた海老蔵さん。残念ながらコロナ禍のなか延期になってしまいましたが、彼も2016年に安宅関で「勧進帳」の弁慶役を見事に演じています。私も観に行きました

さて、小松市では、これまでこの最大の資源を活かしていたかといえばそうではないところがありました。

5年ほど前に私のブログでも「北陸新幹線金沢延伸後の小松市の未来を考える(食と観光を中心に)」というシリーズで書いたことがあって、その7回目に安宅関と勧進帳について取り上げたことがありますが、やっと重い腰?をあげて安宅関周辺の整備にお金を投入するようになりました。

一昨年は安宅ビューテラスをリニューアル。そして今年は併設する「勧進帳ものがたり館」が令和2年7月26日に全面リニューアルされました。また今後3カ年で関所跡の安宅公園の再整備と、屋外デッキや広場、休憩施設などを作る計画だそうです。

私もオープン翌週に見に行ってきました。
ATAKA CAFE

前は直接「勧進帳ものがたり館」に入りましたが、いまは「安宅テラス」から「『安宅の関』こまつ勧進帳の里」に館名が変わったこちらから入り、入り口右側の窓口で検温。入場料を支払ってからカフェの中を通って入ります。
勧進帳ものがあたり館 (2)

入ってすぐ、北前船の寄港地だった安宅町で実際にお祭りに使用された「曳船(ひきふね)」が展示されています。そしてその奥に本館?がありました。
勧進帳ものがあたり館 (3)

コロナ禍で住所記名が必要でした。
勧進帳ものがあたり館 (7)

展示の特徴はいまのIT技術を取り入れた体験型展示となっているところですかね。
勧進帳ものがあたり館 (6)

こちらの写真の右側には歌舞伎の世界を歴史上の資料や現物で見せていた展示があるのですが写真NG。一部、展示okなところがあったのでそちらを入れて、左側にあるのはデジタル着せ替え。AR技術により、自分が歌舞伎の衣装を着た様子を見られたり、歌舞伎の隈取もバーチャルで体験できるものです。
勧進帳ものがあたり館 (9)

これはこれで面白いのですが、一度やったらやらないと思うのと、この手の技術は日進月歩ですぐに陳腐化するのが心配ですね。

そしてお隣のメイン展示?安宅勧進帳シアターでは「勧進帳」の映像を8分間のダイジェスト版で見ることができます。

なんと!弁慶役が十二代目の市川團十郎さん、富樫役が現海老蔵さんという親子共演の「勧進帳」。

元NHKアナの葛西さんのわかりやすい解説と相まって見ごたえのあるコンテンツでした。

そして見終わった後、併設の「ATAKA CAFE」でお茶することに。
ATAKA CAFE (5)

ちょうど梅雨が明けたときで天気が一気に回復。青空のもと日本海を眺めながら一服することにしました。

「ATAKA CAFE」については過去2度ほど紹介していますが、前回はこちらに書いています

今回は食事はせずにドリンクとスイーツのみです。
ATAKA CAFE (10)

私は冷たい加賀紅茶(税込500円)。

すっきりとした飲み口でおいしい!
ATAKA CAFE (8)

妻はアイスコーヒー(税込500円)です。

あと能登のマルガージェラートの「マンダリンジンジャーミント(税込400円)」も頼みました。
ATAKA CAFE (11)

マンダリンの甘さをジンジャーとミントがすっきりと締めてくれます。夏のフレーバーですね。

その後しばらく外を眺めながら気分をリフレッシュでしました。ごちそうさまでした。

勧進帳ものがたり館
石川県小松市安宅町タ140-4
TEL 0761-21-6734
9:00~17:00
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため当面の間は16時まで
水曜休、年末年始
※祝日の場合は翌日休
大人300円、高校生以下150円
小松市在住の65歳以上は無料

ATAKA CAFE(安宅カフェ)
小松市安宅町タ140-4
 安宅ビューテラス内
TEL 070-1461-7561
11:00~21:00(L.O.20:30)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

いいお天気にランチを食べに「安宅ビューテラス」へ行きました。
安宅カフェ

今回が2度目になります。

昨年オープンしていますが、前にお邪魔した時は名前が付いていなかったような記憶がするのですが、いまは「ATAKA CAFE(安宅カフェ)」となっています。
安宅カフェ (5)

店内で使用されているテーブルやイスも変わっていました。
安宅カフェ (4)

この日はとても天気がよかったので、日本海は波がそこそこありましたが、遠くまで見通せまて気持ちがよかったです。
安宅カフェ (3)

料金前払いでカウンターにてオーダーをします。

こちらがメニューですが、これ以外にもアラカルトメニューが色々ありました。
安宅カフェ (2)

白山ふもと会という白山麓で捕獲された猪を美味しく加工して提供してくれるところの「いのししハンバーグ」何てのもありますね。

我々は二人とも「おさかなごはん」を頼むことに。

出されたのがこちら。
安宅カフェ (6)

イメージしていたのと違っていました。^^;

何となく焼いたりフライにした魚が出てくるものと、勝手に思っていました。

シンガポールや東南アジアで「ホーカーズ」やショッピングセンターの中にある「コピティアム」でよくある、日本でいう丼めしを食べさせてくれるお店のメニューを思い出しました。

魚は黒鯛とアジです。

黒鯛は皮目を炙って香ばしく、アジは南蛮のように小麦粉を薄くまぶして揚げてありました。

しかし、これが意外と言っては失礼かもしれませんが美味しいのです。

甘辛いタレがかけられているのですが、オリーブオイルとバルサミコが周辺にかけられていて、適時混ぜながら食べると、口の中で微妙に変化して面白かったです。

これからの冬、日本海の荒波を眺めながらのランチやお茶もいいかもしれませんよ。ご馳走様でした。

ATAKA CAFE(安宅カフェ)
小松市安宅町タ140-4
 安宅ビューテラス内
TEL 070-1461-7561
11:00~21:00(L.O.20:30)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県小松市は、歌舞伎18番「勧進帳」の舞台となった安宅の関や、江戸時代から250年以上にわたって続く「曳山子供歌舞伎」で有名な街です。

一昨年には安宅の関で、海老蔵さんが「勧進帳」の弁慶役を熱演して大いに沸かせてくれました。

今日はそんな歌舞伎にまつわる話題を2つお届けします。
海老蔵1

まずは、9月4、5日の2日間、海老蔵さんが「こまつ芸術劇場うらら」で4公演を行ったことについて。

これは、海老蔵さんが毎年秋に行っている「古典への誘い」という歌舞伎の地方公演です。
海老蔵

一昨年の「勧進帳」もその一環でしたが、今年は海老蔵さんが復活させた成田屋伝来の歌舞伎十八番の一つ「蛇柳」。私も観てきました。

4日は台風直撃でしたが無事開演。私は5日に行ってきました。
海老蔵1

「蛇柳」は、歌舞伎特有の「押戻」という荒事芸の一つが見どころの一つで、ほか海老蔵さんが三役を務めての早変わりも見どころでした。

あと、海老蔵さんが舞台挨拶をしてくれたのですが、小松への思いなども語ってくれて、小松市民にとっては感動。素晴らしい舞台でした。

また、来年(は難しいかな?)も「古典への誘い」に限らず、小松で公演を開いてくれたらうれしいですね。

お次は小松市が舞台となっているテレビドラマのお知らせです。

それは10月31日(水)午後9:00~9:59放送予定のBSプレミアム石川発地域ドラマ「いよっ!弁慶」です。

だいぶ前になりますが、小松市内でロケが行われて、小松の銘菓「月よみ山路」でおなじみの松葉屋さんなどが舞台として撮影に協力しています。ちなみに松葉屋さんはドラマでは「安宅堂」という名前の和菓子屋として登場しています。

石川県出身の俳優、鹿賀丈史さんや篠井英介さんも出演して、ドラマに花を添えていますね。

物語としては、「子供歌舞伎をめぐる心温まるコメディー」となっています。
海老蔵 (2)

このポスターは、「こまつ芸術劇場うらら」で海老蔵さんの「古典への誘い」を観にいった折に、会場に置かれていたPR用のボードです。
海老蔵 (3)

10月31日の放送が楽しみです。皆さんも是非観てくださいね。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

いよいよ昨日からGWが始まりましたね。

皆さんは、このGWはどのように過ごされれいるのでしょうか?

私はブログで何度も書いていますが、多客期は、混雑が予想されるところに遠出や旅行など行かないことにしています。

旅行料金も高いし、渋滞や人ごみのなか歩くのが嫌だし、見るにも食べるにも順番を待つことも嫌いなためです。^^;

今日は、朝は木場潟をウォーキングしてきました。
木場潟

快晴で風も少なく、多くの人がジョギング・ウォーキングをしていましたね。
木場潟 (11)

新緑の緑がとてもきれいで、湿度も少なく気持ちよく歩くことが出来ました。
木場潟 (9)

藤の花も咲いてきれい。
木場潟 (8)

ツツジもまだ大丈夫です。
木場潟 (6)

その後、木場潟道の駅に立ち寄り、いまが旬のタケノコを買い求めました。

朝どれのタケノコはまだ白くて柔らか。
竹の子 (2)

米ぬかと一緒に鍋に入れてあく抜き。
竹の子 (4)

大きい方は昆布と一緒に煮物に。とても美味しかったです。
竹の子 (7)

小さいほうは明日タケノコご飯にします。こちらも楽しみです。
安宅関

お次は安宅の関に4月27日に一部オープンした安宅ビューテラスについて。
安宅ビューテラス (5)

昨年秋からリニューアル工事のためクローズされていましたが、装いも新たにオープンしています。リニューアルの設計を担当したのは、家楽舎の木田さんでした。
安宅ビューテラス (6)

今回は物販エリアのみのオープンで、カフェは6月以降になるようです。
安宅ビューテラス (10)

ご覧のようにまだ内部はガラ~ンとしています。
安宅ビューテラス (7)

安宅の海岸もきれいに見えます。

日本海に沈む夕陽がきれいに見えそうです。

GWの後半は少しお天気も崩れる予報ですが、はてさてどうして過ごすかな……?

九谷茶碗まつり山中漆器まつりも始まります。どちらも多くの人で賑わうでしょうね?

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ