あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:天ぷら

埼玉県は隠れた「うどん王国」として売り出しているようです。

武蔵野うどん・加須うどん・熊谷うどん・こうのす川幅うどんなど、各地に名物うどんがあるのですが、私は武蔵野うどんぐらいしか食べたことはありません。

さて、今回、埼玉県東松山市近辺で仕事があり、仲間と車で移動。

お昼過ぎに到着して、仕事にかかる前に腹ごしらえをすることに。
英芙蓉

通り道沿いにある飲食店を探して見つけたのがこちら「英芙蓉(はなふよう)」という創作うどんカフェです。
英芙蓉 (2)

高台の住宅地と言っても、きちんとした平に整地された土地ではなく、凹凸というか上下左右に曲がりくねった道をそこそこ走った先にお店はありました。

店内へは靴は脱いで上がります。
英芙蓉 (12)

お店は住宅をそのまま活用していて、店内も居間に居るような感じ?

営業はランチタイムのみの営業。売切次第終了となっていました。
英芙蓉 (13)

最初に、いぶりがっこを自家で漬物にしたもが出されます。
英芙蓉 (3)

お品書きです。
英芙蓉 (5)

こちらも。

どれも美味しそうでしたが、天ぷらの写真を見ておいしそうだったので、「天ぷらとうどんのセット(1,200円)」を頼むことに。おにぎりが付くようですが、うどんは少量となるので、おにぎりなし・うどん増量でお願いしました。
英芙蓉 (17)

そのうどんは、のど越しよくコシも適度にあって、何となく小松うどんにも似ているような感じ。美味しかったです。
英芙蓉 (19)

天ぷらは綿実油を使って揚げられていました。
英芙蓉 (18)

もちろん揚げたてサクサク。

自家製や地元産の野菜と果物が使われていて、中にはリンゴもありました。リンゴの天ぷらは初めてかも?

一緒に行った人は「鍋焼きみそうどん(1,200円)」
英芙蓉 (15)

太麺か細麺を選べて、彼は太麺をお願いしていましたが、この麵がとても太かった!
英芙蓉 (16)

野菜がたっぷり入っていて、

もう一人は「焼チーズカレーうどん(1,100円)」
英芙蓉 (14)

こちらも麺が選べましたが細麺を頼んでいました。

カレーとチーズの美味しい組み合わせ。寒い日に体が温まりそうですね。

お店の場所は、なかなかわかりづらい場所で、知らないで飛び込みで入るお客さんはいないでしょう?

地元の方でしょうか?ほとんど女性のお客さんばかりでした。人気の理由がわかる気がしました。ご馳走様でした。

英芙蓉(はなふよう)
埼玉県比企郡嵐山町平澤254-248
TEL 0493-62-2438
11:30~15:00(売切次第終了)
水曜・日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

個人的には天ぷらが好きです。

肉をあまり使わないのが好きな理由の一つなのですが、日本料理としての天ぷらの奥深さに感心しています。

さて、天ぷらは、お店ごとで値段のバラツキがピンキリです。素材や油へのこだわりなので値段がだいぶ違ってくるからでしょう。
天ぷらとワイン 小島 天王寺店

今日紹介します「天ぷらとワイン 小島 天王寺店」は、大阪天王寺のあべのハルカスのすぐ真後ろにあります。

こちらは名古屋に本店があるお店のFC店で、名古屋では柳橋中央市場内のマルナカ食品センター内に本店があるようです。

この日ランチタイムにちょうど天王寺に来たので、ランチを食べるためにネットで検索、こちらのお店に入ることにしました。

こちらは揚げ立ての天ぷらをリーズナブルに食べさせてくれること、夜はワイン片手に天ぷらを愉しむことが出来ることで人気のお店なのです。

平日のお昼12:15にお店に到着。人気なお店のようで混んでいるかな?と思ったらそうでもなかったです。

店内は居酒屋のような作りで、壁に墨字でたくさんお品書きが並んで貼られていました。
天ぷらとワイン 小島 天王寺店 (2)

入口に出ていたランチタイムメニューの黒板。
天ぷらとワイン 小島 天王寺店 (3)

店内には天ぷらの単品のメニューもありました。

ランチタイムメニューの中から私は人気No.1と書かれていた「お好み天定食(790円)」を頼むことにしました。

「お好み天定食」は天ぷらとして、ちくわ・レンコン・ナス・旬野菜・海老2尾・かしわ・旬魚が付いています。

付いている天ぷらの内容をよく見ずに頼んだら、かしわがありました。残念ながらこちらは残すことに。汗
天ぷらとワイン 小島 天王寺店 (5)

最初に出されたセットがこちら。
天ぷらとワイン 小島 天王寺店 (6)

ご飯と味噌汁のお代わりは自由です。
天ぷらとワイン 小島 天王寺店 (8)

天ぷらは2回に分けて出されるのですが、揚げたてが美味しい天ぷらはそのほうが嬉しいです。
天ぷらとワイン 小島 天王寺店 (7)

天つゆが付いてくるのですが、揚げたてなのでこちらの2種類の塩を付けて食べると衣のサクサク感を楽しめていいと思います。
天ぷらとワイン 小島 天王寺店 (4)

漬物はさっぱりと口の中をリセットしてくました。

これで790円とはお得な定食です。人気なのがわかりますね。ご馳走様でした。

天ぷらとワイン 小島 天王寺店
大阪府大阪市阿倍野区松崎町2-3-59
TEL 050-5869-9770
11:30~22:00 (LO.21:30)
ランチタイム11:30~16:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日紹介する「手打ち蕎麦 山桜」は、私の知人で建築家の川畠くんが設計したお蕎麦屋さんです。

こちらはその川畠くんの友人のお店で、移転前はもっと小松寄りの百万石リゾートレーンの近く矢崎町にありました。

私のブログではこちらで紹介しています

矢崎町のときは、通りに面している場所ではありませんでしたが、移転したところは比較的大きな通りには面していますが、交通量はそれほど多くはありません。

オープンは2021年12月3日。

我々が行ったのはオープン一週間後の土曜日。オープン時間の11時を1分ほど過ぎた時間でしたが、駐車場はほぼ満車状態でした。
手打ち蕎麦 山桜 (2)

駐車場は広くお店は平屋でお店専用となっているようです。
手打ち蕎麦 山桜 (5)

お店は随所に川畠くんのセンスが光る設計となっていました。
手打ち蕎麦 山桜 (3)

駐車場には桜の花びらが散りばめられ、
手打ち蕎麦 山桜 (7)

風除室には、川畠くん自身が作成した立体的なタイルアートが配置されていました。
手打ち蕎麦 山桜 (8)

店内は大きな窓があって明るいです。
手打ち蕎麦 山桜 (16)

我々が座ったカウンター席の目の前に蕎麦打ちの部屋がありました。
手打ち蕎麦 山桜 (9)

とても大きな栃の木の鉢ですね。
手打ち蕎麦 山桜 (11)

お品書きです。こちらは冷たい蕎麦。
手打ち蕎麦 山桜 (12)

温かい蕎麦とご飯物・一品。
手打ち蕎麦 山桜 (14)

前のお店の時は私は「山桜定食」という定食を食べていますが、こちらではそのよな定食の設定は無いようです。

私はこの中から「野菜天ざる蕎麦(1,600円)」を頼むことに。
手打ち蕎麦 山桜 (18)

出されたのがこちら。お客さんが多かったので少し時間がかかりました。
手打ち蕎麦 山桜 (19)

蕎麦は、一口サイズではありませんが、新潟のへぎ蕎麦のように手振りでまとめられて出されます。こちらでは「ぼっち盛り」と呼んでいるようです。

他の蕎麦のお店より蕎麦の量が多いですね。
手打ち蕎麦 山桜 (10)

毎朝石臼で丁寧にひかれた蕎麦は、十割ではなく、外一(蕎麦粉10に対してつなぎ1の割合)で打たれ、のど越し良く、しっかりとした風味とコシがあって、利尻昆布と本枯節で作られたつけ汁との相性もよく、美味しくいただくことが出来ました。

野菜天ぷらはもちろん揚げ立て。
手打ち蕎麦 山桜 (20)

店名らしく桜塩で食べます。この天ぷら、揚げ方が上手でした。
手打ち蕎麦 山桜 (22)

そば湯はとろみのあるものです。

妻はこちらの「辛みおろし蕎麦(1,200円)」を頼んでいました。
手打ち蕎麦 山桜 (21)

大きな鉢皿に入れられていて、量が少なそうに見えますが、こちらも同じ量。

辛み大根と手で削った鰹節が乗せられていました。

最初ぶっかけかと思いましたが、つけ汁と同じものだったので、付けて食べています。

営業がお昼だけ。蕎麦のお店はお昼だけの営業のところが多いですが、美味しい蕎麦なのでぜひ皆さんもどうぞ!ご馳走様でした。

手打ち蕎麦 山桜
石川県小松市上荒屋町に–2番
11:00~15:00
売り切れ次第終了
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

2020年11月20日に開業となった心斎橋パルコ。
大阪 (20)

私が大阪に住んでいた2011年に旧の心斎橋パルコが閉館になっているので、何となく懐かしいです。

その地下に心斎橋ネオン食堂街というフードホールが今年3月にオープンしています。

パルコだけに、若い人、特に女性?をターゲットにしているのかと思ったら、中にはスナック、バーなどもあり、全25店舗の個性的なショップが出店しているようで、

今回、初めて行ってみました。
心斎橋ネオン食堂街 (3)

地下2階に向かうエスカレーターを下ると派手なインテリア。

私のような年代だとちょっと身構えてしまいそうな感じですが、いまの時代はこうなのでしょう、
心斎橋ネオン食堂街

心斎橋ネオン食堂街というようにネオンがいっぱいです。ここはインスタ映えスポットです。

色々お店があって、どこもリーズナブルに楽しめるようで、どこに入ろうか迷いますね。
ニューツルマツ (6)

その中からチョイスしたのがこちらの「地下酒場スタンドニューツルマツ」。

B2Fに下るエスカレーターを押したすぐ目の前にありました。
ニューツルマツ (7)

個店ではなく、何店舗かが一緒のスペースを共有しているエリアです。

緊急事態宣言解除して飲食店の制限がすべてなくなった日の翌日。18時頃に入りました。

そこそこお客さんは入っていました。

この日は会社の仲間と2人での訪問。
ニューツルマツ (16)

メニューです。
ニューツルマツ (18)

こちらも。
ニューツルマツ (17)

まずは生ビールで乾杯。
ニューツルマツ (11)

お通しは、「のどぐろのかまぼこ」。ウニが乗せられています。
ニューツルマツ (12)

こちらは天ぷらと海鮮を使った料理がウリのお店です。

定番ネタから創作天ぷらまで1品100円から!色々なメニューがありましたが、私たちは今回は定番ネタを頼むことに。
ニューツルマツ (14)

頼んだのは海老(220円)・きす(220円)・紅ショウガ(100円)の3種類です。
ニューツルマツ (15)

こちらのなまら塩で食べます。なまら塩は北海道の塩で昆布がプラスされていて、うま味アップ!
ニューツルマツ (13)

こちらは「ごろごろポテトサラダ(300円)」。+180円でとろ玉トッピングできましたが、こちらはノーマルです。
ニューツルマツ (20)

「名物!赤煮込み(380円)」。牛すじとモツを赤味噌で煮込んでいますが、私は食べていません。
ニューツルマツ (21)

「巻き立て!出汁巻き卵つゆだく(480円)」。ノーマルのつゆだくと、+400円のいくら鬼おろしがありましたが、こちらはノーマル。

でも、小判のように積まれていて、出来立て熱々で美味しかったです。大阪の上品なお出汁が、ようシュンでました。
ニューツルマツ (22)

「揚げたて!自家製厚揚げ(300円)」は、長方形の小ぶりな厚揚げが2個付いていて、こちらも揚げ立て熱々。豆腐のうまみが出ていました。
ニューツルマツ (23)

最後に「チャンジャ(380円)」を頼んでいます。酒が進みます。
ニューツルマツ (19)

アルコールのほうは生ビールのあと、ハイボールを2杯頼んでいます。

以上飲み食いして、締めて6千円弱。コスパもよかったですね。

次回は機会があれば、他にお店にも行ってみた気にさせてくれる心斎橋ネオン食堂街でした。ご馳走様でした

地下酒場スタンドニューツルマツ
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-8-3
 心斎橋パルコ B2F
TEL 050-5872-7187
ランチ11:00~15:00(L.O.14:30)
ディナー15:00~23:30(L.O.23:00)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

ランチ営業やっているところの中で平日のみ営業のところが少なからずあります。

そんなお店にはなかなか行けないのですが、たまたま有休などでお昼に外食する機会があると、そんなお店に行ってみたくなります。

今日紹介する白山市鶴来の「肴菜処 鶴の家」も、そんな一軒で、9月下旬のとある平日のランチに行ってみました。

白山市鶴来の街中、金劔宮の男坂の鳥居が見える参道?沿いにあります。
鶴の家

お店自体、何となく営業されているのかわからないような感じもありましたが、入口の自動ドアをくぐり店内に入ります。
鶴の家 (3)

店内は、それほど広くないようですが、奥にも席があるようです。

感染対策はしっかりされていました。

ランチタイムは、最初男性お一人で対応していましたが、12:15ごろから女性の方が加わりました、
鶴の家 (2)

外に出されていた黒板メニューです。
鶴の家 (4)

こちらは店内にあったお品書き。

ランチメニューは、日替わりのおかずと選べるメイン、プラスご飯・味噌汁・漬物・ドリンクという構成の定食。750円で限定10食と書かれていますね。

メインは刺身、天ぷら、日替わりの中から選べて、この日の日替わりは「おろしポン酢ハンバーグ」。

私は天ぷらをチョイスしました。
鶴の家 (7)

出されたのがこちらです。

ご飯の小は20円引きだったので私は小にしています。
鶴の家 (8)

天ぷらはオーダーを受けてから揚げるので少し時間がかかりました。でも、待った甲斐がありました。

野菜と魚介(海老・白身魚)、サクサク揚げたてで美味しかったです。
鶴の家 (10)

ちなみに天ぷらの下に敷いてあった半紙、鶴の形でした。

日替わりのおかずは巨大な茶わん蒸し。
鶴の家 (9)

最初、見えたのがエノキとかまぼこだけだったのですが、中には海老とアサリがたっぷり入っていてよかったです。

なお、味噌汁はプラス100円でうどんかそばに変更することができました。
鶴の家 (11)

最後に、ドリンクはいろいろ選べましたが、私はコーヒーです。

天ぷらオーダーの場合は、そこそこ時間がかかっていましたが、刺身と日替わりのハンバーグの場合はすぐに出されていたようです。

内容・味・ボリューム、3つともお値段以上の満足感がありましたね。おすすめです。ご馳走様でした。

肴菜処 鶴の家(さかなどころ つるのや)
石川県白山市鶴来古町ワ23
TEL 076-272-0525
11:45~14:00(平日のみ)
17:30~22:00
月曜・第5日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ