あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:大阪駅

関西方面に行くときはJRのサンダーバードで移動します。

しかし、サンダーバード、なぜか私が乗るときに限って運転取りやめや遅延がよくあります。^^;

この日も京都線の人身事故の影響で運転取りやめと遅延が発生していました。

そこで、帰る前にもう一軒入って軽く一杯やることに。

この日は一人だったので、気軽に入れるおでん屋さんということで決めたのが、大阪駅からすぐ近い新梅田食道街の1Fにある「たこ梅 分店」です。
たこ梅 分店 (15)


毎日出汁を継ぎ足し継ぎ足しで作っている「関東煮」がウリのお店です。1844年創業という老舗で難波に本店があります。いまでは「日本一古いオデン屋(関東煮屋)」と言われるようになったと、Webで紹介されているほどです。

さて私がお邪魔した時は、まだ本格的に混む前の時間帯だったので、運よく空いていたカウンターの一番いい席?に案内されました。

「たこ梅」という店名の由来となったのが、コの字型のカウンターで、このカウンターの中の中央に店主が立って、お客様の求めに応じて四方八方へ手を伸ばす様が蛸のようだということから、カウンター形式の店を「たこ○○」と呼んでいたそうです。で、初代の名前が「梅次郎」。そこから「たこ梅」となっているのです。
たこ梅 分店

目の前におでん鍋がありました。そんなお店の特等席に座って食べるおでんはまた格別です。

2つに仕切られているのは、鍋の仕切りの左右で火の強さを変えられるようになっていて、品物や状況に応じて調節しているようです。

サエズリやコロなど鯨を加えた鰹ダシに本店創業時からのダシを継ぎ足して炊かれる関東煮。どのタネも美味しそうです。
たこ梅 分店 (3)

まずは生ビールと
たこ梅 分店 (4)

お通しのヌタ。
たこ梅 分店 (7)

おでんのお品書きはこちら。
たこ梅 分店 (6)

頼んだおでんは、こちらはおでん一番人気の大根と、いわしのつみれ団子。
たこ梅 分店 (2)

大根は箸を入れるとすぐに切ることが出来るほど柔らかく、仲間でダシがしゅんでいました。

こちらは季節限定の牡蠣。オーダーが入ってから鍋に投入です。
たこ梅 分店 (8)

熱々で噛む時注意が必要です。^^;

でも美味しかったです。

オーダーが入ってから仕上げるものは、ご覧のように脇に準備されていました。

私はその中から追加のオーダーをします。

「水菜」と「ねぎま」です。
たこ梅 分店 (14)

焼き鳥屋で「ねぎま」を頼めば当然鶏肉ですが、こちらはマグロを使った「ねぎま」。

私でも大丈夫です。
たこ梅 分店 (11)

おでんは以上で終わり。アルコールはハイボールを追加でお願いしました。

以上飲み食いして締めて3,500円ほど。とりあえず40分ほど居てお邪魔しました。場所柄か予想より料金がかかりましたが、長年続いてきた老舗の美味しいおでんを食べられるのですから納得の値段です。ご馳走様でした。

たこ梅 分店
大阪府大阪市北区角田町9-25
 新梅田食道街1F
TEL 06-6311-3309
平日16:00~22:50(L.O. 22:30)
日祝15:00~22:50(L.O. 22:30)
無休(年末年始除く)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

こちらにブログを引っ越してから、大阪のカレーのお店をあまり紹介していませんね。

今日は、久しぶりに大阪でカレーを食べてきましたので紹介します。

さて、昨年12月13日にNHKで放映された「クローズアップ現代+」。「カレーにヒントあり!倒産相次ぐ外食に活路」という題でした。

その中では、今、大阪発祥の「スパイスカレー」が全国的なブームとなっているということが出ていました。

私は過去に大阪に住んでいた時カレーのお店に何店舗も行きました。

ただ、大阪の「スパイスカレー」が注目されブームになったのは2017年からで、全国にスパイスカレーのブームが波及したのは昨年のことです。 

まぁ、私が大阪に住んでいた2012年まででいえば、西本町のバンブルビーぐらいがそんなスパイスカレーの範疇かもしれません。

その「クローズアップ現代+」で紹介されていたのが、旧ヤム邸代表の植竹大介さんはじめ旧ヤム邸グループのお店やそこで働く店員さんたちでした。

番組では「“新作連打”戦略」ということで、毎月新しいカレーを出しているということが出ていて、それに興味を持ちました。

もちろん、私もお店の名前ぐらいは知っていたのですが、これかで一度も行ったことがありませんでした。今回大阪に行く機会があったのでお昼に伺うことに。
旧ヤム鐵道 (17)

11時過ぎに大阪に到着してすぐにお店に直行。「旧ヤム鐵道」は大阪駅のルクアイーレB2Fバルチカにあります。バルチカには人気のお店が色々あります。
旧ヤム鐵道 (14)

開店は11時ですでにお客さんが7割ほど入っていました。当然人気のお店なので、ランチは行列が出来ます。お客さんは女性の方が多かったです。
旧ヤム鐵道 (3)

お店は、店名の通り鉄道をモチーフにしていて、どこか懐かしい昔の長距離列車の食堂車ような感じで、鉄道に関する小物も多く設置されていました。ノスタルジックな雰囲気です。
旧ヤム鐵道 (6)

私は窓際の大きなテーブル席の一番端に案内されます。

1月のカレーメニューはこんな感じです。毎月メニューが変わるわけですから凄いですよね!?
旧ヤム鐵道

A:筍とアボカドのサラダ添え 胡麻油香るspicy牛豚キーマ

B:パピプペポークキーマに 青唐辛子達のカ.サラン

C:鱈と煮込む白味噌仕立ての鶏キーマ 春菊香る冬のサブジのせ

D:高野豆腐と人参の和風でスリランカなココナッツカレー

これら4種類の中からチョイスするわけですが、2種類から全部かけてもいいという設定で、かける数によって値段が違います。
旧ヤム鐵道 (2)

私は2種類の「あいがけカレー(税別920円)」を頼むことにして、AとDをチョイスしました。

出されたのがこちらです。お皿もレトロな感じで、むかしの食堂車に使われていそうなもの。また、ライスはターメリックライスか玄米を選べます。私はターメリックライスです。
旧ヤム鐵道 (7)

左側のカレーが「A:筍とアボカドのサラダ添え 胡麻油香るspicy牛豚キーマ」。右側が「D:高野豆腐と人参の和風でスリランカなココナッツカレー」です。

Dのココナッツカレーは、ココナッツで少しマイルドな味。一方のAは名前にspicyと付かれれているだけにスパイシーなカレーでした。

どちらも個性がはっきりしていて美味しかったのですが、個人的には、より個性がはっきりしていたAのspicy牛豚キーマのほうが好きな味でした。
旧ヤム鐵道 (10)

あと、こちらのルゥポットにプラス1種類カレーが付いてきます。

「ヤムカレー」か「タイカレー」を選べましたが、私はタイカレーに。こちらの方も赤い色でスパイシーでした。

これら3種類を好みに応じて、1種類ずつ食べてもいいし、途中で混ぜ合わせてまったく予想できない味を楽しんだりできるわけです。
旧ヤム鐵道 (12)

私はサフランライスの上に乗せられているAの筍とアボカドのサラダにタイカレーをドレッシング代わりに食べてみました。

あとは、個々のカレーの味をしっかり楽しみたいと思い、あまり混ぜずに食べました。

スパイスカレーと銘打つスパイシーなカレー。そして面白いネーミングに頭の中はどんな味かと妄想しながら食べ進めます。確かに虜になるお店です。

カレーが月替わりなので、今月はどんなカレーがあるかな?と期待するリピーターが多くいるわけです。なかなか考えましたな。

でも、毎月メニューを考えるだけで大変だと他人事ながら思います…?

この場所で、その内容で、この値段はうれしいです。人気なはずです。またリピートしたくなりました。石川県の皆さんも大阪に行く用事などありましたら一度食べてみてくださいね。ご馳走様でした。

旧ヤム鐵道
大阪府大阪市北区梅田3-1-3
 ルクア イーレ B2Fバルチカ
TEL 06-6151-1544
11:00~24:00(L.O.23:00)
不定休(ルクアイーレに準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪出張で金曜日に小松に戻るとき、翌朝のパンを買い求めるために立ち寄りました。

大阪に出張に行くと、大体が、夕飯を食べる前か後に阪急百貨店に立ち寄り、地下の食品売り場でお土産を買います。

いつもはパンまで買い求めることはないのですが、翌日が土曜休みだったために、朝食のパンが入用で、こちらのパン屋さんにも立ち寄ることにしたのです。

ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ」という舌をかみそうな名前のお店で、本店はパリ5区、モンジュ通りにある有名ブーランジェです。

「日常使いできる手軽さも持つ、スペシャリティベーカリー」をコンセプトに、日本1号店としてこちらのお店をオープン。昨年、銀座の商業施設「GINZA SIX」に関東1号店をオープンしています。

阪急うめだ本店のB2Fの真ん中あたりにお店はあります。とても多くの種類のパンが並んでいます。

バゲットはもちろん、クロワッサンやデニッシュなども色々あって目移りしました。
ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ (6)

お店の方に撮影の許可を頂き写しました。
ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ (5)

私が買い求めたのは、4種類のパンです。翌日の朝食用だったので、手軽にそのまま食べられるものを中心に買い求めました。

そして、今回は細長い形状のスティックパンで攻めてみました。
ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ

私が食べたのはマッシュルームが入った「シャンピニオン&モッツァレラ」。こちらのお店の人気No.3でした。
ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ (9)

オーブントースターで軽く温めます。するとマッシュルームの香りがほのかにして、モチモチとした食感で美味しくいただきました。
ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ (8)

妻はチェダーチーズとほうれんそう入りの「チェダーチーズ&エピナール」を食べました。見た目はこちらも美味しそうですね。
ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ (7)

その名の通りの「トマト&モッツァレラ」は娘が食べます。

そしてフォカッチャ。
ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ (10)

フォカッチャは、翌日のお昼に生ハムとチーズを添えて食べましたが、ほんのり塩気のあるフォカッチャでモチッとした食感も良かったです。

やはり大阪のパン屋さんは、お客様の数も多いので、量や種類が豊富で選ぶ楽しさがありますね。パリのエスプリを感じるパン屋さんでした。ご馳走様でした。

ル・ブーランジェ・ドゥ・モンジュ
le Boulanger de monge
大阪府大阪市北区角田町8-7
 阪急うめだ本店 B2F
TEL 06-6313-1430
10:00~21:00
不定休(阪急うめだ本店に準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今年は梅雨が早くあけて、7月中旬より連日猛暑の日が続きました。

暑い日は仕事が終わったら、ギンギンに冷えたビールを飲みたくなりますね。

小松に住んでいると、車で通勤なのでなかなか帰りに生ビールでも一杯!なんてことは難しいこともあって、家で飲むことになります。

さて、JR大阪駅ビルのルクア。いつも出張帰りに立ち寄ります。

地下2階にはバルチカという飲食店街があって、昨年12月に増床。そして4月にルクアフードホールがオープンしました。

これで地下2階は、昔、三越伊勢丹の食品売り場だったところすべてがほぼ飲食店系の業態となりました。

私のブログでは今年4月に「魚屋スタンドふじ子」を紹介していますが、今日紹介する「クラフトビアマーケット ルクア大阪店」は、その近くにあります。
クラフトビアマーケット (9)

クラフトビアマーケット ルクア大阪店」は東京でクラフトビールの店舗を展開している会社が関西初出店で出したお店です。
クラフトビアマーケット (10)

クラフトビールの樽生がなんと30種類も揃っているということで、東京でも人気なのだそうです。

店内はルクアの地下から丸見栄です。

私も一番入口のカウンター席に座ったので、通路を歩く人が多少気になりました。

まずは「六甲ビール スサノオIPA」を頼みます。
クラフトビアマーケット (4)

通常より数倍もポップを使って苦みと香りを際立たせてあるIPA。確かに苦みが口の中に広がりますが、決して悪い苦みではなく、心地よく感じられます。
クラフトビアマーケット (7)

2杯目はは静岡の「伊豆の国ビール プレミアムヴァイツェン」。さすが王道の味ヴァイツェン。フルーティで深みのある飲み心地でした。

最後は東京の「T.Y.Harbor Brewery NE-IPA」。
クラフトビアマーケット (8)

これはアメリカのニューイングランド地方で生まれた新しいスタイルのIPAで、数種類のホップを使ってフルーティーな香りとジューシーな飲み口が特徴のIPA。苦みが他のIPAよりは抑えられていてごくごくと飲み干せます。

ちなみにビールはすべてグラス480円、パイント780円と均一で、15時以降アルコールを飲む方と17時以降のすべての客にお通し代300円がかかります。私はなるべく多くの種類を飲みたかったのでグラスで頼みましたが、時間の関係もあって結局3種類しか飲めませんでした。
クラフトビアマーケット (3)

料理のほうですが、フレンチつまみが中心のメニュー構成でした。

私は、こちらの本日のおすすめの前菜盛り「フレンチつまみ盛り合わせ(1,080円)」を頼んで、これをつまみにクラフトビールを飲みました。
クラフトビアマーケット (5)

サラダの上に自家製のササミジャーキーやピクルス、ローストポーク、パテ・ド・カンパーニュなどが盛られています。

色々盛られていて、これ一皿でビール何杯でもイケそうです。

ちなみに単品の前菜類も、美味しそうなメニューがALL380円とお手頃です。この日は残念ながら時間の関係とお腹の具合で食べることが出来ませんでした。

気軽に入れて、短時間でサクッと飲み食いできるお店で、JR大阪駅の立地という場所もいいので、会社帰りや出張帰りの人に重宝するでしょうね?ご馳走様でした。

クラフトビアマーケット ルクア大阪店
大阪府大阪市北区梅田3-1-3
 ルクア大阪B2F
TEL 06-6151-2534
11:00~24:00(L.O.23:00 ドリンク23:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

阪神百貨店が今年6月1日、第一期棟が先行オープンしました。

それに伴い「食の阪神」をより強く打ち出すことになったようです。

私が大阪に住んでいた時から地下の食品売り場にはとてもお世話になりました。今回建て替えになったので行きましたが、6年ぶりぐらいになります。
阪神百貨店 003

ちなみに上の写真は、旧スナックパーク内を9年前に写した写真です。
スナックパープ (2)

建て替えられた第一期棟はモダンな外観ですね。右側では2期工事が進行していました。
阪神百貨店

1階には週替わりでパンのお店が変わるという「パンワールド」。食パンのセレクトショップがあったりするスペースもありましたね。
スナックパープ (3)

そして地下に降りると、目的の「スナックパーク」のエリア。
スナックパープ (11)

旧スナックパークにも入っていた「阪神名物 いか焼き」「ちょぼ焼き」「御座候」「うまかラーメン」「玉子丸」。そして新顔の「カドヤ食堂」「立ち食い魚 ふじ屋」「肉焼き みらく」「とり天うどん てんぼう」「天ぷらの山」「焼きスパ&ワイン ローマ軒」「魚がし 日本一」などが軒を並べています。

さすがに新築なので、前に比べたらずいぶんきれいになりました。
スナックパープ (10)

最初、「阪神名物 いか焼き」を食べようと思って向かったのですが、すごい行列で諦め、「スナックパーク」を一通りまわって選んだのが「焼きスパ&ワイン ROMA-KEN」です。
スナックパープ (9)

どちらかといえば、和系のお店が多い中で、ワインと焼きスパをウリにしていて、おつまみも洋系。今回の大阪出張での夜は和食系のところばかりに行ったので、最後は洋食系もいいかな?と思い入りました。

このあと、もう一軒行く予定をしていたので、軽めにします。
スナックパープ (5)

38度超猛暑の日だったため、無性に生ビールが飲みたかったこともあって、角打セットの生ビールセット(600円)をお願いしました。

前払いでオーダーします。セットは「合鴨ロースト」「枝豆ペッパー」「串カツレツ」「ドイツの生ハム」「ポテトサラダ」「カポターナ」「カマンベールチーズ」から3種類を選ぶことが出来ました。

ちなみにビールではなく、ワインだとワンコインの500円で楽しむことが出来ます。

私がチョイスしたのは、こちらの3種。「ポテトサラダ」「枝豆ペッパー」「ドイツの生ハム」です。

少量ずつですが、小さめのジョッキ1杯だと、この量で充分。色々楽しめて600円はお得でお勧めです。

本当は焼きスパも食べたかったのですが、次のお店のこともあったので諦めました。

新装なった阪神百貨店スナックパーク!どこのお店もお手頃値段で食べることが出来ます。またお世話になるでしょう!?ご馳走様でした。

焼きスパ&ワイン ROMA-KEN(ローマ軒)
大阪府大阪市北区梅田1-13-13
 阪神梅田本店B1Fスナックパーク
TEL 06-6345-1201
10:00~22:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ