あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:大濠公園

最近、旅に出ると、その地のパン屋さんでパンを買って帰ることが多くなりました。

今回の福岡旅行でも、戻る前に大濠公園の近くの人気のブーランジェリで買い求めました。
ブリオッシュ (6)

お邪魔したのは「ラ ブリオッシュ(La Brioche)」。
ブリオッシュ (7)

こちらは福岡市にあるパン屋さんの中でも有名で人気があります。

天神にもお店があり、百道浜にはカフェとレストランがありました(レストランは休業中)。

HPには、店主の沖 敏文さんのコメントとして「イタリアのトスカーナの生活スタイルをベースとして、できる限り自然に近い原材料、野菜であれば、ハウスものではなく堆肥使用の路地栽培による科学物質を一切使わない無農薬野菜など、素材そのものに生命力があり、なによりも元気な材料を使うようにしています。」ということが書かれていました。

こだわっていますね。

この日、この近くのイタリアンのお店「アンティカ・オステリア”トト”」でランチを食べる予定だったので、その前に立ち寄ることにしたわけです。

ちょうどお昼時に行きましたが、多くのお客さんで賑わっていました。
ブリオッシュ (5)

お店自体は狭く、店内には多くのパンが並べられています。

多くの種類があるのでいいのですが、どれも美味しそうなので選ぶのに迷ってしまいますね。

パンの値段はそこそこ高級路線でした。
ブリオッシュ (9)

今回我々が買い求めたのは、こちらは「飛梅豚のサルシッチャとポルチーニ(295円)」。
ブリオッシュ (12)

キューブ形状で半分に切るとこんな感じです。

飛梅豚(とびうめ豚)は、主に大分や熊本で飼育されているブランド豚だそうですが、それを腸詰めにしたものとポルチーニ茸という贅沢な組み合わせ。そこそこ塩気がきいていて、ワインのお供にもよさげでした。
ブリオッシュ (10)

こちらの「キーマカレーのクロックムッシュ(250円)」は、キーマカレーとクロックムッシュという、ちょっと変わった組み合わせだったので買ってみました。
ブリオッシュ (13)

半分に切るとこんな感じです。意外とボリュームがあります。美味しかったです。
ブリオッシュ (11)

あと「天然酵母の田舎パン(カンパーニュ)(280円)」も買っています。
ブリオッシュ1

こちらも半分に切ってみました。

生地はレーズン種の天然酵母を使用したパンで、中にはクルミ、レーズン、イチジク、ドライフルーツ、クリームチーズがたっぷり入っていました。こちらも美味しいです。
ブリオッシュ (8)

母には「かぼちゃパン(190円)」を買っています。

栗かぼちゃを使用していると書かれていました。

さすが、こだわりのパンで人気のお店だけあって。印象に残るパンばかりでしたね。ご馳走様でした。

ラ ブリオッシュ(La Brioche)
福岡県福岡市中央区荒戸2-1-19
TEL 092-751-4628
7:30~20:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

12年前まで住んでいた福岡では、休日になると大濠公園の周回コースをウォーキングしていました。

やはり懐かしいので、プライベートで福岡に行くと立ち寄ることにしていますが、今回も行ってきました。

前に観光編で紹介した、リニューアルした福岡市美術館を見る目的もあったのですが、公園内に新しいカフェがオープンしているということで、福岡市美術館を見学した後、休憩のためお茶を飲むことにしました。

新しくオープンしたのは「大濠テラス~八女茶と日本庭園と。」。
大濠テラス (16)

福岡県でお茶の産地として有名な八女市。そちらの日本茶を楽しむことができます。コンセプトは「八女茶を中心に日本文化に触れること」だそうで、近くにインスタ映えする外観のスタバがあるので、こちらは日本茶というわけです。
大濠テラス (2)

景観と調和するように作られた木造2階建の建物の中には、福岡をはじめ九州の食材を味わえるカフェとショップがあったり、レンタル着物店もありました。
大濠テラス (5)

1階にあるカフェは「& LOCALS(アンドローカルズ)」という名前。まずカウンターでオーダーしてお金を支払い、空いている席に着きます。
大濠テラス (4)

待っていると食事やドリンクをお店の方が運んできてくれます。
大濠テラス (10)

我々は景色がよく見える2階に上がりました。大濠公園の池が一望できます。これからの時期は大きなガラス扉を全開して、外の空気を吸いながら一体となった景色の中でリフレッシュできそうですね。

頼んだのは「八女アンサンブリュー(480円)」。
大濠テラス (8)

二人でホットとアイス両方を頼むことに。前日よりこの日の朝も色々食べているので、おいしそうだったおやつは我慢です。

何種類かの茶葉をブレンドしていて、両方ともすっきりとした口当たり。主に私が飲んだアイスのほうは、甘みがありながら、ほうじ茶の風味が強く出ていました。
大濠テラス (15)

物販スペース「食良品コーナー」でお土産に、こちらの粉の柚子胡椒と、
福岡 (6)

八女茶を買い求めています。
八女茶

飲み終わった後、お隣にある日本庭園を見学することにしました。料金は大人250円です。
日本庭園 (10)

住んでいた時は公開していなかったのでしょう?こんなところがあるなんて知りませんでした。

ただ、それほど特徴がある日本庭園というわけではありませんでしたね。
日本庭園 (6)

この日は、結婚の写真の前撮りのカップルがいらっしゃいました。おめでとうございます。
日本庭園 (8)

都心に近い場所に大きな池がある公園で休みの日に心と体をリフレッシュできる福岡の人はうらやましいです。ご馳走様でした。

大濠テラス~八女茶と日本庭園と。
福岡市中央区大濠公園1-9
TEL 092-401-0275
&LOCALS 9:00-20:00
月曜休(祝日の場合は翌日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

「アンティカ・オステリア”トト”」。私が福岡に住んでいるときに行ったことがあるお店の中で記憶に残っている一軒です。

もう12年以上前のことになりますが、前回のことはこちらで紹介しています

その時は「Dancyu(ダンチュウ)」という男性向けの料理雑誌に掲載されていたことが行くきっかけでしたが、当時は、今の場所から大きな道を挟んで反対側の荒戸に店がありました。

場所としては長浜の中央市場にもほど近いところで、そこから毎日仕入れる新鮮な魚介を使った料理がおいしかったことを覚えています。

今回、福岡に行くときのテーマが「福岡に住んでいた時の食の足跡を訪ねて」だったので、2日目に大濠公園を散策する予定もあり、お昼を食べるところとしてすぐにこちらのお店のことを思い浮かべました。

「アンティカ・オステリア”トト”」は、イタリア南部シチリア島東部にあるカターニアで修業をされた本田シェフが切り盛りされています。
大濠公園 (5)

大濠公園がすぐ目の前に見える場所に立つ「THE APARTMENT」の1階にお店がありますが、入口が大通りに面していないので目立ちません。
トト

また行ったときはビルの外観を再塗装していてビル自体の外観を写すことができませんでした。そして改装の関係でランチは2部制で半分ぐらいの客数での営業。我々は13時過ぎの時間でお願いしました。

13時少し前にお店に到着すると、前半のお客さんがだいぶ帰った関係で、早めにお店に入ることができました。

店内に入ると、窓側がテーブル席、反対側がカウンター席になっていました。
トト (15)

シックなインテリアで感染対策もしっかりなされている感じですね。
トト (5)

ランチメニューです。「平日限定メニュー」の「PranzoA(Aランチ)」と、メインが付いた休日もokの「PranzoB」の2種類の設定。

我々がお願いしたのは「PranzoA」。こちらは本日の前菜盛り合わせとパスタ、デザート、ドリンクのシンプルなセットで、税込2,200円。
トト (8)

とりあえず我々のは休日なので、スプマンテを頼みます。1,200円とランチワインとしては少ししましたが、シャルドネ100%でとても美味しかったです。

本日の前菜盛り合わせがこちら。
トト (9)

タコとにんじんラペのマリネ、ブルスケッタ、モルタレッラ、コウイカのカルパッチョなど。これだけでワインが進む内容です。でも、お昼から飲みすぎるとこの後の予定が辛いので1杯で止めます。

パスタは「あさりと竹の子のスパゲッティ」と「イカスミスパゲッティ」の2つを頼んでシェアして食べることにしました。
トト (14)

「あさりと竹の子のスパゲッティ」は、旬のあさりと竹の子を使ったオイル系パスタ。大粒のあさりに、竹の子は小さく刻んでありましたがサクッとした食感がいい感じで、うまみのハーモニーを感じさせてくれる一品でした。
トト (13)

「イカスミスパゲッティ」のほうは、久しぶりに食べた気がしますが、イカスミ独特のセピア色の色合いと、魚介の磯の香りがダイレクトに鼻に抜け、シチリアの風を感じさせてくれている気がしました。
トト (11)

フォカッチャではなくバゲットでした。
トト (16)

デザートは「ティラミス」。イチゴがたっぷり乗せられていて、イチゴの下には確かにティラミス。やはりイタリアらしい構成の締めでした。
トト (17)

妻はコーヒー、私はエスプレッソです。
トト (18)

美味しかったです。12年ぶりにお邪魔しましたが、昔の記憶が走馬灯のように浮かんできて、当時を懐かしむことができました。ありがとうございます。そしてご馳走様でした。

アンティカ・オステリア”トト”
福岡県福岡市中央区大濠公園2-35
 THE APARTMENT 1-B
TEL 092-402-3305
11:30~L.O.13:30 (14:30)
18:00~L.O.20:00(22:00)
※ディナーのコース料理は 要予約
火曜、第3水曜休
 ※祝日の場合は営業(翌日振替)

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング


昨日からGWのお休みに入っている方も多いと思います。

しかし、新型コロナの変異ウイルスが猛威を振るっていて、一部都府県には緊急事態宣言がでていて、以前のように旅行など気軽に行くことができない状態ですね。

福岡県の緊急事態宣言が今後どうなるかわかりませんが、3週間以上前に行った内容、とりあえずどうなろうともアップしていきたいと思います。

さて、コロナ禍で観光や飲食の業界は青色吐息状態が続きます。

県境をまたいでの観光や、お酒が入る飲食など、なんだか目の敵にされているような気がしますが、家族での旅行や飲食は、もちろん感染に最大限気を付けながら行えば、リスクは少なくできると思います。

福岡行きは1月中旬に予約。4月には感染者数が落ち着いているという読みで、かつ春休みの時期を避けて日程を組んでいましたが、今回の感染の第4波は相当早めにきてしまいました。しかし福岡は関西や東京と違い幸い福岡の感染者数はそれほど増加していなかったので、そのまま行くことに。

小松と福岡間の往復の飛行機は、大体3~4割程度の混み具合。前の席に一人だけ乗客がいましたが、後ろと隣は空いていました。

宿泊したホテルもだいぶ空いているようで、温泉施設併設だったのですが、温泉に入っているのは私一人。そして福岡滞在中も感染に気を付けて行動。飲食店や観光施設も相当気を付けての営業のところばかりです。大変でしょうが、皆さん、注意深くしたたかにやられている気がしましたね。

2日間ともいいお天気に恵まれてとてもいい休日となりました。

飲食編は後日順次アップしていきますが、今日は観光編です。
paypayドーム

最初は、昨年の覇者ソフトバンクの本拠地PayPayドームの隣に昨年オープンした「E・ZO FUKUOKA」。
チームラボフォレスト (3)

1Fには「HKT48 劇場」が入っていて、あと「よしもと福岡」とか「王貞治ベースボールミュージアム」などが入っている一棟丸ごとエンターテインメントビルです。
チームラボフォレスト (7)


今回は5階にあるデジタルアートのクリエーター集団「チームラボ」の世界を楽しんできました。
チームラボフォレスト (8)

コロナ禍でガラガラです。
チームラボフォレスト (40)

最初の部屋はアプリをダウンロードして楽しむ「捕まえて集める森」というアトラクション。スマホのBluetoothと映像をリンクさせたり、センサーをうまく使っているのでしょう。
チームラボフォレスト (9)

壁や床に投影されている動物や魚に向けて、アプリの弓を放って捕まえると、右側のようにリストで表示されるというゲームですね。もちろん、捕まえたものはリリースしてあげましょう!
チームラボフォレスト (11)

こちらの部屋は「高速回転跳ね球のあおむしハウス」という名がつけられています。

跳むと球体はより輝くようになっていて連続して同じ色を踏んでいくと別な楽しみがあるようですが、2回チャレンジしましたが駄目でした。

その他のもものも、へぇ~!といった内容で大人も子供楽しめると思います。

料金は大人一人2,200円と少し高めですが、これまでにアトラクションとはまた違った体験ができるので一度いってみてはいかがでしょうか。
福岡城

2日目、バスで向かったのは福岡城跡。「酒は飲め飲め、飲むならば、日の本一のこの槍」と謡われる、ご存じ黒田長政が築城。
福岡城 (8)

天守台からは大濠公園、遠くにはPayPayドームと、前回福岡に来た時に宿泊したヒルトン福岡シーホークが見えます。
福岡城 (7)

その足で、福岡に住んでいた時、毎週のように周回を歩いていた大濠公園へ。
大濠公園 (6)

3年前の同じ4月に来ていますが、その時も、そしてこの日もとても暖かくていい天気でした。
大濠公園 (8)

平日にもかかわらず多くの市民がいて、ジョギングやウォーキング、散策など思い思いの楽しみ方をしていました。
福岡市美術館 (16)

こちらは公園の中にある福岡市美術館
福岡市美術館 (5)

2年半かけて展示リニューアルして2019年3月にオープンしています。
福岡市美術館 (14)

やっていたコレクションハイライト展では、ダリ、ウォーホルや草間彌生といった20世紀の美術史を彩った作家たちの代表作を見ることができて、最後のコーナーでは新収蔵されたインカ・ショニバレCBE「桜を放つ女性」という作品が彩を添えていました。会期は5月9日までです。
福岡市美術館 (8)

あと門田コレクション「中国陶磁4000年の旅」という展示もやっていましたが、こちらはもう終了しています。
福岡市美術館 (19)

1泊2日の慌ただしい旅でしたが、福岡の美味しいグルメと、しばしの観光を満喫でき、再度福岡の良さを再発見できました。

明後日からはグルメ編を順次アップしてきます。

福岡は石川県からは遠いですが、小松空港から飛行機で1時間半弱で到着。地下鉄で10分ほどで福岡の中心まで行けるので、まだ行ったことがない方は是非一度行かれてみてはいかがでしょうか。

福岡市美術館
福岡県福岡市中央区大濠公園1-6
9:30~17:30(入館17:00)
※7~10月の金・土曜は20:00まで


E・ZO FUKUOKA
福岡市中央区地行浜2丁目2番6号
(ホークスタウン敷地内)
チームラボフォレスト 福岡
平日11:00~20:00
土日祝10:00~20:00



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

大濠公園については先日も書きましたが、今日は大濠公園で入ったカフェの話題です。

大濠公園の周回コースをほぼ一周して、少し休憩を取ることにしました。
大濠公園 (12)

最初、公園内のスタバも考えたのですが、すごい順番でやめて、園内のポートハウス大濠パークにあるこちらのお店に入ることに。
ロイヤルガーデンカフェ大濠公園

ロイヤル ガーデン カフェ」はあの「ロイヤルホスト」を運営している会社が東京をはじめ何店舗か展開しているところで、こちらの大濠公園店は九州初出店の店舗です。ちなみに「ロイヤルホスト」自体も福岡が発祥の地です。
ロイヤルガーデンカフェ大濠公園 (18)

この場所は我々が福岡に住んでいるときはフランス料理のレストラン花の木があったのですが、老朽化で建て替えられ、いまは2階で営業中です。

こちらのお店も少し順番待ちはあったのですが、3組ほどだったのと、テラス席も含めると席数も多いということもあって回転が速く10分ほど待って入ることが出来ました。

室内とテラス席、どちらもokだったので、せっかくの気持ちのいいお天気ということもありテラス席をチョイス。
ロイヤルガーデンカフェ大濠公園 (10)

写真を写すのにもってこいの一番奥の席で、さっそく写真をたくさん写しながらオーダーしたものが出てくるのを待ちます。

私たちが頼んだのは、暖かい日でのどが渇いていたのでクラフトビール!

4種類あった中から選んだのは、スプリングバレーブリュワリー東京の「496(ヨンキュウロク)」と「コープランド」。値段は両方とも税込で650円でした。
ロイヤルガーデンカフェ大濠公園 (14)

「496」は、スプリングバレーブルワリーのフラッグシップの無濾過ビール。のど越しがよく味のバランスの取れたクラフトビールでした。
ロイヤルガーデンカフェ大濠公園 (15)

「コープランド」のほうは、ビール名に社の創業者の名前を冠したピルスナー。こちらも無濾過ビールで麦のコクとアロマホップの上品な苦みが爽やかで飲みごたえがありました。

ビールのおつまみとして頼んだのは「2色のポテトフライ ローズマリー風味(税込550円)」。
ロイヤルガーデンカフェ大濠公園 (16)

ジャガイモとサツマイモの2種類のポテトフライです。ローズマリーがきいていて、両方とも大ぶりのホクホクするポテトフライ。色が少し濃いのがサツマイモです。

サツマイモは少し甘めの味付けでしたが、やはりジャガイモのほうが個人的には好きでした。ビールに合いました。

飲んで食べた後、しばらく池を眺めながらボーとしていました。
大濠公園 (19)

水中には亀、
大濠公園 (18)

水上には真鴨が気持ちよさそうに泳いででいました。

日曜日のいいお天気ということもあって、家族連れがたくさんスワンボートに乗って優雅に漕いでいます。

住んでいる小松にも、休みの日にこんな場所があったらいいなぁと思いました。ご馳走様でした。

ロイヤル ガーデン カフェ 大濠公園(Royal Garden Cafe)
福岡県福岡市中央区大濠公園1-3
 ポートハウス大濠パーク1F
TEL 092-406-4271
3~8月
月~金
11:00~21:30(L.O.)
土・日・祝
9:00~21:30(L.O.)
9~2月
月~金
11:00~20:30(L.O.)
土・日・祝
9:00~20:30(L.O.)
※ランチタイム 11:00~15:00
※土日祝モーニング 9:00~11:00(L.O.10:45)
年中無休(不定休の場合、公式サイトにて告知)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ