あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:塩焼きそば

小松市末広町にある小松運動公園。そこにある丸い形の体育館。いまは義経アリーナという名前です。

私の学生時代は部活の試合などでよく来たのですが、自分の子供達のときはここを使うスポーツをやっていなかったので、それ以来あまり来なくなりました。

その義経アリーナの隣に氷屋があり、夏はかき氷が人気。学生達で賑わいます。

私はこれまで夏の時期にかき氷を食べに何度かお店を訪れたことがありましたが、いつも多くの人がお店の中や周りにいて諦めています。

今回、そんなかき氷の季節ではない、冬の時期に初めて店内に入りました。
町の氷屋さん

「氷屋 町の氷屋さん」は氷の販売もやっているようです。

この日は、ランチを食べに来ました。
町の氷屋さん (3)

さすがにかき氷を食べに来ている人はいません。

私が小さい頃を思い起こせば、たこ焼きやお好み焼きのお店は夏にはかき氷をやっていました。

これは今の時代も同じで、こちらは店名の通りかき氷がメインなので、閑散期の冬は逆にたこ焼きと焼きそばなど温かいものを売らないと、開店休業状態になるわけです。
町の氷屋さん (2)

外に出ていたメニューです。

私はこの日焼きそばを頼むことに。

キムチ味や塩キムチ味が気になりましたが、小松ならば塩味ですね。400円。安いですね。

たぶん量が少ないと予想して、出来上がるのを待つ間に、たこ焼きを食べることにしました。

たこ焼きはすでに作ってあったものが保温ケースに入っているのがわかったので、すぐに食べられました。

味は塩だれ、醤油、ネギポン酢、ネギポン酢キムチなんてのもありましたが、ベーシックなソース味をチョイス。こちらも6個で400円。大粒サイズです。削り節がたくさんかけられています。
町の氷屋さん (5)

まぁ、焼き立てではないので、中のとろみが少なくなっています。

そして食べ終わるタイミングで焼きそばが出来上がりました。
町の氷屋さん (6)

小松塩焼きそばとは違って、シンプルにソースの代わりに塩で味付けられている鉄板焼きそばです。

焼きそばとたこ焼きでちょうどお腹が満腹になりました。

夏に一度かき氷を食べに来たいと思います。ご馳走様でした。

氷屋 町の氷屋さん
石川県小松市末広町84
TEL 0761-24-5007
月~土8:00~18:30
日8:00~18:00
3~11月は無休
12月1日〜2月末までは土日祝日のみの営業
ただし隣接する体育館、施設等でイベントがある場合は営業する場合があります


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

あと6時間ほどで2021年が終わります。今年は1年すべての期間コロナ禍でした。

皆さんにとっては、この1年はいかがでしたでしょうか?

さて、長いもので私のブログもこの12月17日で丸18年が経過しました。我ながらよく続いているものだと思います。

年末の押し迫った時間に最後のアップとなりますが、2021年の小松のグルメに関してのニュースを振り返りたいと思います。

今年、小松のグルメ系の話で一番印象に残っているのが、小松で人気のところが何店か閉店になったことです。今日は、その話題に絞って書きたいと思います。

あの小松中華のレジェンドのお店「餃子菜館 清ちゃん」と、金沢カレーの歴史を語る上でで欠かせない一軒「カレーの市民 アルバ小松本店」、そして人気のブーランジェリー(パン屋)「メティサージュ」の閉店です。

3店とも人気のお店で、県外からも客を呼べるような有名店。閉店のニュースは地元の新聞などメディアでも大きく取り上げられたりしました。

コロナ禍でしたが、その影響ではなく後継者問題や経営者の海外への移住?から閉店に至っているのです。
アルバ

ただ「カレーの市民 アルバ小松本店」については、跡を継ぎたいという人がいるようで、何れ再オープンになるということも聞いています。
アルバ (4)

ちなみに、アルバは小松市内にカレーの製造工場があり、そちらはいまも稼働していて、小松駅と粟津の支店ではその味を楽しむことが出来ます。
清ちゃん (10)

また「餃子菜館 清ちゃん」は、小松の街に多くある現存している「小松中華」の基礎を作ったところとして有名。
清ちゃん 3

餃子はもちろん、小松のご当地グルメの塩焼きそばが人気でした。
清ちゃん (4)

「清ちゃん」の弟さんのお店「餃子菜館 勝ちゃん」や市内の各中華料理店で塩焼きそばを食べることが出来ます。
メティサージュ

粟津温泉のパン屋さん「メティサージュ」。

下の写真のフランス人ゲイトウ・アンデルスさん経営の、パリのエスプリを感じさせてくれるパン屋さんででした。私もよく利用していました。
メティサージュ (4)

この場所では、先日紹介した「ベーカリーウキグモ」という新しいパン屋さんが出来ています。
本陣

あと小松市内でそこそこ大きな店舗を構えていたところでは、「リストランテ ジン」「めん房本陣 小松店」などが閉店になっています。

これらのお店の閉店は誠に残念でしたが、新しい飲食店が色々オープンしていますし、今後も新旧の飲食店がコロナ禍にも頑張って詩行を続けてくれると思いますので、私も微力ながら、食べに出かけてこのブログで紹介したいと思います。

それでは、来年は皆さんにとってどんな年になりますでしょうか?来年も「あさぴーのおいしい独り言」をよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。感謝。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

昨日で小松の中華料理界のレジェンドで小松塩焼きそば発祥のお店としても知られる「餃子菜館 清ちゃん」の高輪清さんが中華鍋を置き、惜しまれつつ閉店となりました。

閉店の前に一度お邪魔しようと思ったのですが、とある日にお店の前まで行き行列の長さを見て諦めました。残念です。

さて、今日は「餃子菜館 清ちゃん」の弟さんのお店「餃子菜館 勝ちゃん」です。

お盆休みの時行ったのですが、その時はまだ「餃子菜館 清ちゃん」の閉店のことは知りませんでした。そのあとすぐ閉店を知ることとなり、こちらの内容も、その時点で冒頭個所を変更することにしてアップします。ではお読みください。

小松で一番人気の中華料理店はどこか?と聞かれたら、多くの人が「餃子菜館 勝ちゃん」と答えるでしょう。

私も昔からよく行っていましたが、人気があるので週末は非常に混んでいて、最近少々足が遠のいていました。

そこでテイクアウトでは時々利用していたのですが、調べてみたら店内で食べるのは約6年半ぶりでした。汗

お盆休みのときに息子が帰省してきた折に、久しぶり行ってみようということになり、思い立ったようにお邪魔しました。
勝ちゃん (16)

開店時間の11:30にお店に到着すると、何組ものグループが順番待ちをしています。
勝ちゃん (8)

何とか1巡目に入ることが出来て、奥の小上がりの席に案内されました。

メニューです。
勝ちゃん (7)

創業者が写っている写真が乗せられていますね。懐かしいです。
勝ちゃん

メニューはこれ以外にもいろいろありましたが、たくさんあるので割愛します。笑

我々が頼んだのは、絶対に外せない小松のご当地グルメの代表格「塩やきそば(600円)」と「焼餃子(500円)」。

両方とも、小松の中華料理店の看板メニューで、創業者同士がご兄弟のお店「勝ちゃん」「清ちゃん」と共に忘れてはいけないメニューなのです。
勝ちゃん (11)

「塩やきそば」は塩味なのですが、特製の醤油とごま油が味の決め手。もやしのシャキシャキ感も重要です。
勝ちゃん (13)

「焼餃子」のほうは、テイクアウトでも食べるのですが、やはり焼き立てを食べるほうがいいですね。
勝ちゃん (9)

両方とも昔と変わらぬ味を保っていて、懐かしくて美味しかったです。
勝ちゃん (14)

妻のみ「タンメン(750円)」を頼んでいます。

「塩やきそば」と「焼餃子」はオーダーが多く、どんどん作っているので出されるのも早いのですが、「タンメン」はあまり出ない?こととランチタイムの混雑で出てくるまで少し時間がかかりました。
勝ちゃん (15)

麺は中細のストレート。スープの味は上品な塩味だったようです。
勝ちゃん (10)

あと、「自家製中華春巻き(580円)」も頼んでいます。

久しぶりにお邪魔したら、妙に懐かしさを感じてしまいました。

清ちゃんの分も引継ぎ、これからも美味しい中華を我々に提供してください。よろしくお願いします。ご馳走様です。

餃子菜館 勝ちゃん
石川県小松市土居原町395
TEL 050-5485-1081
ランチ 11:30~14:00(L.O.13:30)
ディナー 17:00~21:00(L.O.20:30)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日は久しぶりの「町の中華屋さんシリーズ」です。

「町の中華屋さんシリーズ」で取り上げるお店は、夜はなかなか行けないので夜だけの営業のお店については対象としていません。

お昼に営業されているかどうかです。紹介していないお店についてはそういった理由があるということなのです。

さて、小松には至るところに中華料理のお店があるほど、中華好きの小松市民です。

そのため人気の名店といわれるところも多いと思います。
大領軒

今日紹介します小松市大領中町の「大領軒」は、お店の外観から察するに昔からあるお店のようです。規模からは自宅兼用なのでしょうか?
大領軒 (2)

入口にあるサンプルケースです。

実はネットで調べてもあまり紹介事例がなかったので、これまで行くことがありませんでした。

しかし、長い間お店自体が続いているということは、何かしら理由があるわけです。そのあたりを確認しに入ってみました。
大領軒 (3)

カウンター席と小上がりの座卓が2つ。ほかにも個室があるのかな?12時過ぎでしたが先客はいません。

私は一人だったのでカウンター席に座ります。
大領軒 (6)

メニューです。
大領軒 (5)

こちらも。
大領軒 (8)

中華以外にもうどん、
大領軒 (9)

そしてそばのメニューがありました。
大領軒 (4)

ラーメンの種類も意外と豊富です。

私は頼んだのは「焼きそば」です。一応、小松のご当地グルメの塩焼きそばかどうか確認してから頼みました。

もやしがたっぷり使われています。
大領軒 (10)

味のほうは少し塩加減が濃いめでしたが、普通においしかったです。
大領軒 (11)

ちょっと残念だったのは、中華料理のため油を多く使用、その油でしょうか、メニューや調味料入れなどについていて、少々、べたつきました。(^^;

この辺りは改善の余地があるように感じました。ご馳走様でした。

大領軒
石川県小松市大領中町1-69
TEL 0761-22-2904
ランチタイム営業はありましたが、夜の営業は不明
月曜休(祝日の場合は翌日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

何となくシリーズ化してしまった「町の中華屋さん」シリーズ。

今日は個人的にはあまり車で通ることがない川辺町にある町の中華屋さん「中華料理 龍華」の紹介です。
龍華

この場所で40年ほど営業されているのかな?

お店はご年配のご夫婦が経営されているようですが、この度、お孫さんがお店を継がれるということを見て行ってみることにしました。

川辺町は梯川のたもとにある町で、町内には少し古い市営住宅が並んで建っていて、能美小学校校下では一番大きい町です。

建物はだいぶ年季がはいっています。

そんな大きな町の住民の方が常連で通っているお店なのでしょう?
龍華 (7)

店内は、こちらのカウンター席と、我々が座った小上がりの席がありました。
龍華 (3)

こちらがメニューです。
龍華 (4)

こちらは飯物・一品もの・定食・ドリンク。

この中から我々はタンメン(税込650円)、塩焼きそば(650円)、餃子(450円)を一つずつ頼んでシェアして食べることにしました。

普通の焼きそばもありましたが。焼きそばといえば小松では塩焼きそばです。
龍華 (11)

浅い丼形状のお皿に入れられて出されました。少し汁だくの塩焼きそばでした。
龍華 (12)

もやし、にんじん、豚バラ肉、長ネギなどが使われています。麺は中石食品のものでしょうか?

そしてなぜかコショウがたっぷりかけられていました。できればコショウはテーブルにあるので好みでかけたいかもしれません。

こちらがタンメンです。
龍華 (8)

具材はぶつ切りのキャベツ、もやし、にんじんなど。

味的には、上品な塩味でごま油風味がよかったですが、塩焼きそばの味と少し被っています。塩焼きそばの味付けをスープで割った感じがしました。
龍華 (9)

麺も平打ちのもので、塩焼きそばと同じような感じでしたね。

ラーメンでは一応、お店のおすすめは味噌ラーメンのようでした。
龍華 (10)

餃子は6個入り。すべて手作りということで、もちっとした皮が特徴でした。

まだ調理はお孫さんはやられていないようですが、何れは跡を継いで立派な料理人になるでしょうね。ご馳走様でした。

中華料理 龍華
石川県小松市白江町ヲ15-3
TEL 0761-21-6818
11:00~23:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ