あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:塩焼きそば

最近あまり小松塩焼きそばを食べていなかったことに気づいて、久しぶり中華のお店に行くことにしました。

今回はこれまでにまだ行ったことがないお店ということで、小松市の山手のほうの軽海町にある「宝龍」という街の中華屋さんに行くことに。
宝龍

このような外観なので、メイン道路沿いにあることもあって目立ちます。中華のイメージというとこんな外観になるのですね!?

私はこちらのお店へは初訪問です。
宝龍 (7)

カウンター席とテーブル席があって、梅雨がまだ明けていない時期でしたが、窓からは青い空と稲の緑がきれいでした。
宝龍 (6)

お品書きです。
宝龍 (4)

街の中華屋さんの典型的なお品書きかもしれませんね。
宝龍 (5)

ご覧のセットメニューがありました。Aの麺類とBのご飯ものか餃子もしくは春巻きから一品ずつチョイスできて880円(税込)とお得なセットになっています。
宝龍 (3)

入り口には定食メニューも掲げられていましたが、私は小松塩焼きそばが食べたかったので初志貫徹。
宝龍 (2)

出されたのがこちら。
宝龍 (8)

小松塩焼きそばの認定店ではないようですが、ビジュアルは小松塩焼きそばそのものです。
宝龍 (9)

味のほうは、塩分控えめで大人しい味ですが、私にはそのほうがよかったです。

妻はセットメニューの中から、Aから3番の鶏白湯ラーメン、Bから餃子をチョイスしています。
宝龍 (10)

鶏白湯ラーメンはあっさり醤油ベースのスープ。麺は黄色味がかった中太麺。
宝龍 (11)

私も一口食べましたが、スープは上品な味で麺はもちっとした弾力あっておいしかったです。
宝龍 (12)

餃子は4個ついていて、こちらはニンニクが効いていて、なじみの味でしたね。

小松にはこのような中華屋さんが至る所にあって、地域の人に愛されています。ごちそうさまでした。

宝龍
石川県小松市軽海町ネ84-1
TEL 076-147-2958
営業時間は不定
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近中華のお店にあまり行かなくなったことは何度か書いています。

日本で食べる中華料理は、どうしても油をたくさん使った料理というイメージがあって、歳を取って来ると若干敬遠するようになりました。

本場中国では、餃子は油を使わない水餃子が一般的。あと蒸したりする料理も多いのですが、日本では油で調理したものが好まれるためか、油で揚げたり炒めたりすることが多い気がします。

あっ!もちろん日本の中華料理店では、蒸したり湯掻いたりする料理も当然ありますよ。
香林

今日紹介するのは能美市にある「香林」という中華料理屋さんです。いわゆる街中に普通にある中華料理店ですね。

場所は国道8号線の五間堂インターのすぐそば。通りから少し入ってところにあって、少々わかりにくいかもしれません。

平日でも人気なようで、カウンテー席6席?と小上がりの座卓席4つがあって、ほぼ満席になりました。

近くにパチンコDSGがあり、パチンコに来ているお客さんなどが利用するのかもしれません?
香林 (2)

メニューです。ランチ向けの定食やセットメニューはありませんね。しかし単品メニューは値段的にはリーズナブルです。

この中から私は「焼きそば(700円)」を頼むことにしました。

男性一人のかたが調理をこなされていますが、作るスピードが早く、それほど待たずに出されました。
香林 (4)

「焼きそば」は醤油と塩を足して2で割ったようなのような味付けで、小松の塩焼きそばにも似ているような似ていないような感じでした。ニンジンが入っているとより小松塩焼きそばに近くなり、彩り的にもよかったでしょうね!?

麺は小松塩焼きそば若干細めで、味付けは醤油味が少し強めでした。ご飯があってもおかずとしてokな感じでした。
香林 (3)

こちらの、一緒に行った人が頼んだ塩ラーメンは、野菜がたくさん入っていて見た目ボリュームたっぷりです。

カウンターの上に出されるのですが、熱々で器が熱く持てなかったようです。

まぁ、たまには中華料理も食べたほうがいいですね!?ご馳走様でした。

香林
石川県能美市五間堂町戊46-2
0761-57-2855
11:00~14:00
17:00~22:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

前に山中温泉にある「姑娘(くぅにゃん)」を紹介したことがあります。

こちらのお店と山中温泉にある「姑娘」とどういう関係かわかりませんが、あえてⅡと付けるからには姉妹店であることは間違いないでしょうね?

今回、フリーペーパーの南加賀版にお店が紹介されていたので、それを見て行ってみることにしました。

その理由は、そこに掲載されていた塩焼きそばが美味しそうだったからです。

国道8号線から山代温泉に向かう道沿いにありますが、少し前にメイン道路ではなくなってからはあまり通らなくなったところにあります。
姑娘Ⅱ (2)

お店自体は昔からあったと思いますが、建屋は比較的新しいですね。
姑娘Ⅱ (6)

店内はそこそこ広いです。こちらは小上がりの席です。
姑娘Ⅱ (5)

私はカウンター席に座りました。ちょうど先客が帰った後に写しました。

こちらがメニューです。
姑娘Ⅱ (4)

山中温泉の「姑娘」はメニューがとてもシンプルな構成でしたが、こちらはメニューの種類がたくさんあります。

ちょうど消費税アップしてほどなくお邪魔したので、メニューが新しくなっていました。単品は50円、セットは100円値上がりになっています。
姑娘Ⅱ (3)

セットメニューに力を入れているようですね。またラーメンがウリのようです。

山中温泉のお店では炒飯を食べていますが、今回私は初志貫徹で塩焼きそばを頼むことにしました。900円(税込)と意外といいお値段です。

こちらのお店の前のメニューでは塩焼きそばはなかったので、この機会に増えたメニューだと思います。

最初、小松のご当地グルメの「塩焼きそば」のようなものが出てくると思っていましたが違いました。
姑娘Ⅱ (7)

野菜がたっぷりなのはうれしいです。これだけでビールのつまみにも最適な気がしました。
姑娘Ⅱ (8)

麺は小松塩焼きそばの太麺ではなく、たぶんラーメン用の麺を使っていると思います。

塩気が多めにきいていて、また見た目よりボリュームがありました。何とか食べきることが出来ましたが、お腹が一杯になりました。

単品でもこのボリュームだと、セットだと私はとても食べ切れません。セットにしなくてよかったです。^^;

山中温泉のお店とはだいぶ傾向が違う気がしましたが、地元の人を中心に人気のお店でした。ご馳走様でした。

姑娘(くぅにゃん)Ⅱ
石川県加賀市加茂町ワ83
TEL 0761-77-3478
11:30~14:30
18:00~22:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

「餃子菜館 清ちゃん」を紹介するのは何と!約4年半ぶりになります。
清ちゃん (10)

小松では、弟さんのお店「勝ちゃん」と双璧をなす人気店です。

あまり紹介する必要もないくらいですが、今回、帰省中の息子のリクエストでランチを食べに行ってきたので書きたいと思います。

お盆真っ盛りのとき、急に中華、それも小松塩焼きそばが食べたいと言い出しました。

どこがいいか少し思案。やはり小松塩焼きそばの発祥のお店「清ちゃん」にしようということで予約の電話を入れるも、ランチは予約を受けていないとのこと。(お盆の時だけ?)
清ちゃん (9)

そこで開店11:30の5分ほど前にお店に着くよう家を出ました。

お店に到着すると前には10名ほどの行列がすでに出ていました。相変わらずの人気です。
清ちゃん (2)

開店となり、お店の人が順番に案内してくれると思っていたら、お好きなところに座ってくださいと言われました。^^;
清ちゃん

我々はカウンター席に座り、たぶん、混雑しているので料理が出されるのが遅くなると思い、早めに出るものを中心に素早くオーダーしました。
清ちゃん (8)

案の定、妻が頼んだこちらの「湯麺(野菜そば)(600円)」は出されるのがだいぶ後になりましたね。

カウンターの中の調理場には、90歳になるくらいの年齢の清ちゃんが元気に餃子を焼いていました。小松の焼餃子の元祖!レジェンドですね。小松塩焼きそばの生みの親でもあります。

いまは2代目がご主人として頑張っておられます。
清ちゃん (5)

で、頼んだのは私は久しぶりの「炒飯(650円)」。
清ちゃん (7)

スープ付きです。これぞ、中華の炒飯という味で美味しかったです。
清ちゃん (6)

あと餃子も頼みました。焼餃子で480円です。テイクアウトで買って家で食べたりもするのですが、やはり出来立てをお店で食べると美味しいです。

息子は「小松塩焼きそばの大(700円)」を頼んでいました。
清ちゃん (4)

大はさすがにボリュームがありますね。もやしがたっぷり乗せられています。私も少しもらって食べましたが、さすが元祖の味を引き継いでいます。味は若干変化しているかもしれません。

あと、妻の食べた「湯麺(野菜そば)」は塩味スープで上品な味で、シャキシャキ野菜もたっぷり入っていて、こちらも美味しかったですよ。

いや~、久しぶりでしたが、炒飯・餃子・焼きそばという私にとっては中華の三種の神器。満足しました。ご馳走様でした。

餃子菜館 清ちゃん (せいちゃん)
石川県小松市土居原町243
TEL 0761-22-8263
11:30~14:00
17:00~20:30
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は東日本大震災から7年目の鎮魂の日です。改めて犠牲となられた方々にご冥福をお祈りしたいと思います。

さて本題です。小松のご当地グルメ「塩焼きそば」を紹介するのはいつ以来でしょう?

調べてみたら約4年ぶりでした。このときは小松「塩焼きそば」のルーツのお店「清ちゃん」で食べています

実はそのあとで今江の「赤門」の刀削麺塩焼きそばについて書いていますが、純粋な「小松塩焼きそば」ということでは前述のものが直近ですね。

さて、小松「塩焼きそば」について、オフィシャルサイトが存在しています。そこでは由来やレシピ、食べられるお店などが書かれています。

前は、以下の7軒が認定店だったのですが、いつの間にか今日紹介します「珍香楼 シェアン」が増えていて、計8軒になっていました。

1.なおけん
2.珍龍
3.蘭々
4.勝ちゃん
5.清ちゃん
6.南栄
7.カンチ

もっとも認定店と言っても小松中華組合青年部に加盟しているお店だけがHPに紹介されているので、他にも小松塩焼きそばを提供しているお店は市内に色々あります。

「珍香楼 シェアン」については5年半ぶりの紹介になります。前回は、今回行った日とは真逆の真夏の暑い日で、冷麺を食べていますね。
シェアン (8)

行ったのが大雪の後の3連休の日曜。多くの雪が残っていて、お店の駐車場も半分ぐらいは除雪の雪が積まれていて使えない状態でした。
シェアン

店内は少し暗かったです。
シェアン (2)

メニューはこんな感じにきれいな印刷のものになっていました。

今回は行く前に「塩焼きそば」の認定店になっていることがわかっていましたので、食べるものは最初から「塩焼きそば(650円)」に決めています。

しばらく待って「塩焼きそば」が運ばれてきます。
シェアン (6)

見た目はもやしがたっぷり使われている感じがしました。

こちらの特徴は生麺を使用していること。
シェアン (7)

オーダーを受けてから茹で上げるので少し時間がかかったようですが、麺のコシを最大限引き出すためにそのようにしているとのことでした。

確かに麺はモチッとした食感が他のお店のより強くておいしかったです。

塩味もほどよく、しょう油とごま油の風味もほんのり。バランスのいい「塩焼きそば」だったと思います。ご馳走様でした。

補足です。2月21日のテレ金ちゃんで「小松塩焼きそば」が取り上げられていましたが、その前に書いていた内容です)

シェアン(SHE-AN)
石川県小松市園町ニ-57-1
TEL 0761-22-2551
11:30~14:30
17:00~22:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ