あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:国立工芸館

もうすぐ秋が終わろうとしています。

10月末から11月第一週にかけていいお天気が続きました。

秋といえば芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋など色々。今日はそんな芸術の秋と食欲の秋について。

まずは10月末に行ってきた「国立工芸館石川移転開館1周年記念展」。
国立工芸館 (3)

この時、すでに木々が色づき始めていました。
国立工芸館 (5)

昨年10月のオープン以来、日本海側初の国立の美術館として、内外の注目を浴びてきた国立工芸館。

今回その1周年の特別展として「《十二の鷹》と明治の工芸―万博出品時代から今日まで 変わりゆく姿」をテーマとして開催中です。

見どころの一つが鈴木長吉の「十二の鷹」が一堂に見られること。
国立工芸館 (13)

重要文化財の12羽の鷹が全部一度に見られるのは、国立工芸館が金沢に開館してから今回が初めて。
国立工芸館 (14)

今にも飛び立ちそうな鷹や、獲物をにらみつけているような鋭い目をした鷹など、まさに芸術の枠を超えたリアル感。見ごたえがありました。
国立工芸館 (19)

こちらは前回来た時に見ることが出来なかった屋外展示。こちらも東京から移転してきています。

「国立工芸館石川移転開館1周年記念展」は12月12日まで開催されています。

興味のある方は是非どうぞ!

国立工芸館
石川県金沢市出羽町3-2
TEL 050-5541-8600(ハローダイヤル 9:00~20:00)

お次は食欲の秋について。
餃子雪松

紹介するのは能美市にできた餃子の無人販売所「餃子の雪松」。
餃子雪松 (2)

コロナ禍にあり、テイクアウト需要が急拡大。その勢いで全国的に一気呵成に店舗拡大を続けているところです。

36個入り千円の選択肢のみです。餃子1個30円弱なので安いといえば安いですね。タレは別売りで200円だったので買いませんでした。
餃子雪松 (3)

パッケージです。
餃子雪松 (5)

中の冷凍状態の餃子。
餃子雪松 (7)

焼きあがった餃子です。

家でも冷凍餃子を時々買って食べることがありますが、どうでしょうか、味的には差がないようにも思えますが…。



コロナ禍で需要が拡大した無人販売ですが、コロナが落ちついたらどのように推移していくのか興味があります。ご馳走様でした。

餃子の雪松 能美店
石川県能美市大長野町チ122-5
TEL 050-5490-9116
無休24時間営業


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

国立工芸館」は日本海側で初めてとなる国立の美術館です。

正式名称は「東京国立近代美術館工芸館」で、日本で唯一の国立で工芸を専門とする美術館なのです。

10月25日にオープンしたばかりですが、当初は7月に予定されていた東京オリンピック・パラリンピック開催の前に開館予定でした。しかしコロナ禍で延期になっていました。
国立工芸館 (3)

秋晴れの昨日、行ってきたので紹介したいと思います。

入館するには当面の間、定員を設けたオンライン事前予約制となっているので注意が必要です。ただ昨日でも当日に来た人も少し待てば入ることができていました。
国立工芸館 (6)

「兼六園周辺文化の森」と呼ばれるエリアにあり、明治期に建てられた旧陸軍第九師団司令部庁舎と金沢偕行社を移築、復元していて、東京にあったときの旧陸軍の近衛師団司令部庁舎のときと同じような歴史的建築をリノベーションして使っています。

ちなみに、近衛師団司令部庁舎の改修時、設計を金沢出身の建築家、谷口吉郎氏が手掛けているのも何かのご縁かもしれません。
国立工芸館 (25)

この2階に上る階段付近などは、東京の工芸館のような雰囲気でした。

さて、「国立工芸館」には、東京から1,900点ほどの陶磁、漆工、染織、金工などの工芸美術品が金沢に移されています。

今回、オープニングとして「国立工芸館石川移転開館記念展Ⅰ 工の芸術― 素材・わざ・風土」という企画展が開催されていたので、妻と母と一緒に見てきました。
国立工芸館 (35)

「素材・わざ・風土」に着目した、近代日本工芸の名作約130点が展示されていますが、思ったよりは展示スペースはコンパクト。ゆっくり見ても1時間はかからないと思います。
国立工芸館 (55)

こちらは重要文化財の鈴木長吉氏の「十二の鷹」のうちの三羽分。

館内は作品も含めて写真撮影は一部禁止のところもありましたが基本ok。しかしあまりにディテールがわかる写真は掲載しません。(ちなみに国立の美術館・博物館は所蔵品については撮影okの場合が多いです)

石川県出身や、県にゆかりのある方の作品が多数ありました。
国立工芸館 (19)

私もよく存じ上げている漆芸(輪島塗)の人間国宝、小森邦衞氏の作品「曲輪造籃胎喰籠」。
国立工芸館 (37)

同じく輪島塗では蒔絵の松田権六氏の作品は何点か見ることができます。2階には氏の工房が再現されていました。

あと、木工芸の川北良造氏の「楓造盆」や九谷焼の三代德田八十吉氏の「燿彩鉢 創生」。沈金の前大峰氏や寺井直次氏など見どころが盛りだくさんの企画展だったと思います。楽しめました。
国立工芸館 (58)

こちらは2階にあった「12人の工芸・美術作家による新作制作プロジェクト」として展示されていた作品スペースです。

オープニング企画展「国立工芸館石川移転開館記念展Ⅰ 工の芸術― 素材・わざ・風土」は2021年1月11日まで開催されています。皆さんも是非どうぞ!

東京国立近代美術館工芸館(国立工芸館)
石川県金沢市出羽町3-2
TEL 050-5541-8600(ハローダイヤル 8:00~22:00)
料金 大人500円(展覧会により異なります)
9:30~17:30(入館は17:00まで)
月曜休館(祝休日の場合は翌平日)、年末年始、展示替期間
石川移転開館記念展Ⅰ 工の芸術― 素材・わざ・風土
~2021年1月11日(月・祝)
※会期中一部展示替あり。

この後、隣接する石川県県立美術館で開催されている「第67回 日本伝統工芸展 金沢展」も見てきました。
日本伝統工芸展 (2)

「素材・わざ・風土」をテーマに陶芸・染織・漆芸・金工・木竹工・人形・諸工芸(七宝・ガラス・截金など)の7部門の入選作品564点が展示されています。こちらのほうは撮影はNGでした。
日本伝統工芸展 (7)

今回、16点の受賞作の中には石川県からは2名が選ばれていて、個人的にもご縁がある村上浩堂氏の作品「象嵌花器(連樹)」は日本工芸会奨励賞を受賞されています。
日本伝統工芸展 (8)

また、こちらのリーフレットに写真が乗せられているのは、小松在住の九谷焼作家の中田博士氏の作品「真珠光彩壺」。東京都知事賞を受賞されています。氏のお父様は「釉裏銀彩(ゆうりぎんさい)」の技法で知られる中田一於氏です。

こちらも日本の著名な作家の作品も多くあって、見ごたえがありました。

「第67回 日本伝統工芸展 金沢展」の会期は2020年11月3日(火)まで。

こちらのほうも皆さん、是非見てください。

石川県県立美術館
石川県金沢市出羽町2-1
TEL 076-231-7580
9:30~18:00(入場は16:30まで)
年末年始/展示替えのため臨時休館あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨年9月以来超久しぶりに金沢の街を散策しました。

これだけ間が開いたのは、最近、歳を重ねるごとに出不精になってきたかもしれません。

今回、金曜日の夜から土曜日にかけて東京からの客人ご夫妻とグルメ巡りを行いましたが、ランチから夜まではお互いフリーということで、妻と二人で金沢の街をぶらり。

2月4日にリニュアルオープンした「金沢21世紀美術館」と、東京からの移転に向けて建屋が完成している「金沢工芸館」を見てきました。
金沢21世紀美術館

まずは、「金沢21世紀美術館」ですが、今回のリニューアルは展示エリヤというより、混雑緩和に向けた工事のためのもの。あとトイレの改修なども行われています。

行った日は3連休の土曜日。チケット売り場は前と変わらずの超混雑でした。
金沢21世紀美術館 (2)

発券個所が3から5か所になったので、待っているのが同じ人数であれば、基本的には時間は5分の3になるという理屈ですね。

これに合わせて「レアンドロのプール」も地上から見るのも有料になりました。

いまやっている展示は開館15周年記念で「現在地:未来の地図を描くために[2]後期 パブリックプログラム」。
金沢21世紀美術館 (3)

無料の展示として「奈良美智 小さな反抗」という展示で「パップ パトロール」という奈良美智デザインの犬の着ぐるみを着て美術館を探検するという子供向けの体験プログラムです。

中も写真撮影okでしたが、内容は美術館で観てください。

そして、その足で「金沢工芸館」の建築現場へ。
国立工芸館 (2)

今年の夏に、東京国立近代美術館工芸館が石川県金沢市に移転し国立工芸館として新たに開館するのに向けての準備が着々と進んでいる感じです。

建物はすでに完成していて、美術品を展示するために1年ほどの間を置いている期間です。

国立工芸館は移転が完了すれば、日本海側初の国立美術館となります。

開館が待ち遠しいですね!?

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ