神保町には昔から営業している、いわゆる老舗と言われる飲食店が多くあります。

一旦路地に入ると、その手のお店を見かけることが出来ますが、今日はそのうちの一軒の紹介です。
卯佐

お店の名前は「卯佐」。その名前の通り「うさぎ」がマスコットです。
卯佐 (2)

そして何と!BS-TBSで放映されている「吉田類の酒場放浪記」の694回目で紹介されています。私も好きな番組で、番組のブログ記事によると、こちらのお店は築70有余年経過しているそうで、ご覧のように年季が入った建物です。ご実家を改装したとも書いてありました。

店内は狭く、カウンター席に人が座っている場合は後ろを通るのも苦労するほどですが、入口が3か所あって、何れの席にもすぐ座ることが出来るので便利です。
卯佐 (3)

お昼の品書きは、こんな感じ。おすすめは「鯛茶漬け膳」。

東京でも、鯛茶漬けを食べさせてくれるお店が色々あります。

私も行ったことがあるミシュランで星が付いている「銀座うち山」や、漫画「美味しんぼ」にも登場したことがある水天宮の「鯛ふじ」など、他にも有名なお店もありますね。

日本人にとって鯛はハレの場に重用される「めでたい」特別な魚です。

何となく「鯛」と聞くと、豪華な食事に思えてしまう不思議な魚でもありますね。

お店のオープンは昼12時。ちょうど、その時間にお店に到着。12時の開店と同時にどんどんとお客さんが入ってきます。数分で9席ほどのお席は満席になりました。

そして、その全員が「鯛茶漬け膳」を頼んでいました。恐るべき「鯛茶漬け膳」です。
卯佐 (4)

こちらの「How to 鯛茶漬けの食べ方」など読みながら、10分ほど待って最初に出されたセットがこちら。
卯佐 (6)

真ん中にはタレに漬けこまれた鯛。その右は薬味。
卯佐 (8)

上には右から茶碗蒸し、小鉢のやっこ、浅漬けです。ご飯はおかわりが出来ます。この漬物の浅漬けが上品で美味しかったです。
卯佐 (7)

鯛茶漬けといえば、ダシで茶漬けにするお店も多いと思いますが、こちらのお店は緑茶でした。
卯佐 (9)

私は、まず鯛をタレとよく絡ませ、ご飯の上に乗せて半分ぐらい食べて、茶漬け用のお茶が出てくるのを待っていましたが、なかなか出なかったのです。
卯佐 (11)

お茶はお願いしないと持ってきてくれないようです。これはおかわりをする人も多いので、それを待ってから出されるからかもしれません。

でも、この鯛とタレだと、本当にお代わりがしたくなりました。それほど美味しかったのです。
卯佐 (14)

そして三つ葉、わさび、あられの薬味を乗せ、お茶をかけます。お茶はそれほど濃いものではなく、むしろ薄めです。鯛茶漬けにはそのほうがいいのでしょう?これまたタレがいい仕事をしてくれます。すぐに胃の中に消えていきました。
卯佐 (12)

お味噌汁は、少し後で出されました。

こちらのお店は、葉山の老舗料理屋で修業したという店主が作る美味しい料理を肴に、美味しいお酒を愉しめるので、夜も人気だと思います。行ってみた気持ちになりました。ご馳走様でした。

和食と酒 卯佐
東京都千代田区神田神保町2-16-2
TEL 03-3261-8008
ランチ12:00~14:00
ディナー18:00~23:00
土日祝休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング