あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:古民家

古民家を有効活用した飲食店が多くなっています。

金沢あたりでは、ずいぶん前からブームみたいになっていますが、南加賀の方でも色々出来ていますね。

今日は、能美市福島に4月6日にオープンした、そんなカフェを紹介します。

その名は「百年の家カフェ燈(あかり)」。名前の通り100年程前の大正時代に建てられた古民家をリノベーションしているカフェなのです。
百年の家カフェ燈

お店の入り口は金沢美川小松線の側ではなく、裏側が正式な入口になっていて、駐車場も裏側に多く止めることが出来ました。

金沢美川小松線からだと看板もないのでわかりづらいですが、石造りの立派な蔵がある家です。

古民家と言っても相当リノベーションされていて、ご覧のように、行った日は寒い日で薪ストーブの火が温かく迎えてくれました。
百年の家カフェ燈 (4)

昔ながらの間取りはそのままで、居間のところはこんな感じ。
百年の家カフェ燈 (5)

座敷から縁側方向を見るとこんな感じで、大きなテーブルが置かれた居間以外は基本座卓席になっていました。

ちなみに、こちらはオーナーの方の曽祖父母の家で、料理研究家として料理教室も開いているようです。
百年の家カフェ燈 (6)

ランチメニューです。

写真を撮り忘れましたが、スパイスカレーのメニューもありました。こちらは日によってないときがあるとのことです。
百年の家カフェ燈 (9)

ドリンクのほうは紅茶の種類が多いですね。
百年の家カフェ燈 (12)

こちらはコーヒーとソフトドリンク。
百年の家カフェ燈 (11)

そしてスイーツ。

私は1日10食限定で日替わりの「燈の創作ランチ(1,600円)」を頼むことに。ドリンクセットにしていてこちらは1,900円でした。
百年の家カフェ燈 (17)

「燈の創作ランチ」は主菜、副菜数品、本日のご飯、汁ものがセットになったランチです。しかし、この日のメインは鶏!私が現在唯一苦手にしている食材でした。汗。事前に確認すればよかったです。
百年の家カフェ燈 (16)

ご飯とスープ。古代米を混ぜているのかな?

妻が頼んだ、スパイスカレー(1,600円)がこちら。豆のカレーの合い掛けでした。
百年の家カフェ燈 (18)

副菜としてスパイスじゃがいも・小松菜のスパイス炒めもの・野菜が添えられています。

私のメインの鶏を妻の方にあげて、交換でカレーを少しもらって食べています。

妻はデザートコース(2,800円)にしていて、ドリンクとデザート三種盛りが付いていました。
百年の家カフェ燈 (21)

出されたデザートはこちら。黒糖プリンとケーキが2種。なかなかのボリュームですね。
百年の家カフェ燈 (22)

ドリンクは私はチャイ。
百年の家カフェ燈 (23)

妻はローズティーです。

広い家を一軒ほぼそのまま店舗にしているので人数的には多くの人が入れますが、お店の方の人数が限られているので、混雑すると少し時間がかかりました。ゆったりと愉しむほうがいいでしょう。ご馳走様でした。

百年の家カフェ燈(あかり)
石川県能美市福島町ヨ70
090-5774-1594
10:30-16:00
木曜、不定休あり



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

昨日の「MAGONDO(マゴンド)」で食べた後に一服したカフェの紹介です。

「MAGONDO(マゴンド)」へ行く前にもう一軒のカフェを見つけたので、来たついでといっては何ですが入ることにしたわけです。

2022年11月30日にオープンしているようで全然知りませんでした。

さて、「MAGONDO(マゴンド)」のときも少し書いたのですが、橋立エリアは日本遺産や重要伝統的建造物群保存地区になっていて、昔、北前船で栄えたころの建物が相当数現存しています。

しかし、そのお宝を観光資源として活かしきっていない側面があると思います。
橋立

例えば、こちらの地区紹介の案内板。これは今日紹介するカフェ「カフェ彦兵衛」の方が手作りで自費で作ったものなのです。
カフェ彦兵衛 (2)

私も橋立には時々来ることがあるのですが、橋立港付近や加佐の岬へ車で行くことがほとんど。街中を歩いて散策することなどありませんでしたが、このようなマップがあると便利だと思いました。

「カフェ彦兵衛」は「北前船の里資料館」のすぐそばにあります。「MAGONDO(マゴンド)」からも徒歩一分です。

ここは、凪うどんというのを食べさせてくれる「ばん家」というお店だった場所で、15年半前に行ってこちらで紹介しています
カフェ彦兵衛 (18)

東京から移住されてきたご夫婦が営んでおられるようですが、店内には加賀四大船主だった久保家の船主資料を常設展示しているコーナーがあったり、加賀特産の丸いもを練り込んだうどんや蕎麦。厳選した生豆を自家焙煎し提供される色々なコーヒーなど、ある意味ユニークな体験ができるカフェなのです。
カフェ彦兵衛 (10)

メニューです。
カフェ彦兵衛 (7)

食事はうどん・そば・ラーメンなどとても種類が多いですね。
カフェ彦兵衛 (13)

モーニングからディナーの営業までされているようでした。なお、ディナーは予約があった時のみの営業です。

我々は「MAGONDO(マゴンド)」でランチを食べているので、ここではドリンクと少しスイーツを食べることに。

まず4種類のスイーツからチョイス出来るスイーツセット(1,000円)というのがあったので、ジェラートを頼みました。
カフェ彦兵衛 (19)

セットのドリンクとしてほうじ茶をお願いしています。こちらは私が飲んでいます。

ジェラートは4種類の中から2種類をチョイスすることが出来たので、ミルクと黒ゴマにしています。こちらは2人でシェアして食べています。
カフェ彦兵衛 (20)

口当たりが滑らかでおいしいジェラートでした。
カフェ彦兵衛 (22)

妻のほうのドリンクは「橋立船主五人衆珈琲(600円)」という面白いネーミングのコーヒーがあったので、その中の一番深煎りの「久保彦兵衛」を頼んでいました。
カフェ彦兵衛 (21)

エスプレッソのような濃厚な感じのコーヒーのようです。

また機会があればランチにお邪魔したいと思います。ご馳走様でした。

カフェ彦兵衛
石川県加賀市橋立町ラ63番地
TEL 080-8498-7517
10:30~17:00(L.O.16:30)
不定休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング


お盆休みや、その後の週末は雨が多く、はっきりとしない天候の日が続きました。

その中で一日だけ、湿度も高くなく爽やかのいいお天気の日がありました。そこで、たまたま通院のため休みを取っていたので、妻と少し車でドライブをすることにしました。

向かったのは白山麓。白山市の旧吉野谷村瀬波地区。私自身過去に一度も足を踏み入れたことが無いエリアで、まさに山間部です。
SENAMI cafe (23)

そこに築80年古民家を改装したアンティークカフェ「SENAMI cafe(瀬波カフェ)」があります。この4月にオープンしています。
SENAMI cafe (2)

手作り感満載の外観。
SENAMI cafe (22)

中も、昔の面影をしっかり残してリニューアルされていました。
SENAMI cafe (7)

こちらでオーダーしてお金を払ってから中に入ります。
SENAMI cafe (6)

メニューです。
SENAMI cafe (4)

食事メニューはカレーとガレット。あとワッフルとドリンクといった構成。我々が頼んだのは「ガレット」です。
SENAMI cafe (9)

2階のほうが景色がいいと言われ、2階に上がります。
SENAMI cafe (20)

漆喰の白い壁にフランスのアンティーク窓がはめ込まれ、その窓の外から見える景色。いいお天気で、青空と山の緑が映えました。
SENAMI cafe (12)

そして、大きな空間にこれまたアンティークな家具や備品がたくさん。アンティークなものがお好きなようです。
SENAMI cafe (20)

オーナーの女性の方にお聞きすると、夫がこちらのほうのご出身で、彼女は九州ご出身。雪がほとんど降らない場所から来たので冬は大変です、と話されていました。

「ガレット」は、アイスクリーム&クッキーとドリンクがセットになっているもの(1,600円)を頼んでいます。少しお得になっていました。
SENAMI cafe (13)

ガレットの材料となる蕎麦粉は鳥越の「にわか工房」から提供を受けていて、半生のように柔らかく焼かれたガレット。蕎麦の風味を楽しむことが出来ます。
SENAMI cafe (14)

こちらの季節のピクルスが付いていました。
SENAMI cafe (17)

アイスクリームとクッキーのどちらにも。
SENAMI cafe (18)
この地「瀬波」で採れた鬼胡桃が使われていて美味しかったです。殻はカトラリーレストに活用されていました。

SENAMI cafe (16)

ドリンクは私はアイスコーヒー。妻はホットコーヒー。柔らかい味のコーヒーです。

妻のカップもアンティークですね。

古民家を再活用する飲食店が増えていますが、和と洋のアンティークを融合した新しいタイプのカフェかもしれません。自然の中でリフレッシュできました。ご馳走様でした。

SENAMI cafe(瀬波カフェ)
石川県白山市瀬波子51-3
11:00-16:30(L.O.16:00)
日・月・祝日休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日紹介します白山市旧鳥越エリアの「古民家カフェ・食べどころ民家 はせがわ」。
はせがわ (2)

だいぶ前から行きたいと思っていましたが、何度か予約電話を入れるも一杯でダメだめでした。

ご夫婦お二人だけで切り盛りされていて、そのためランチは一日5組しか受けないようです。

今回もダメ元で当日に電話してみると、ラッキーなことに大丈夫でした。

さて、お店は白山市広瀬町の集落の中にあって、少々わかりにくい場所にあります。

築100年の古民家を改装して使っていますが、外観はどこにでもあるような田舎の民家なので、よく見ないとわからないかもしれません。
はせがわ (4)

中に入ると、改装してきれいになっている玄関。
はせがわ (26)

靴を脱いで廊下を歩くと、朱の壁に作られたミニギャラリーのようになっていて、今も色々な人形や工芸品、花嫁のれんなど飾られていますね。
はせがわ (6)

手づくり雑貨の販売もされていました。
はせがわ (5)

我々が通されたのは一番奥の部屋。こちらの地方で「影の間」といわれている部屋だそうです。
はせがわ (9)

こちらのお部屋にはテレビもありますね。
はせがわ (10)

ランチメニューはこちら。
はせがわ (11)

夜はこんな感じになります。

ランチのメインは8種類+イワナの塩焼の9種類から選ぶことが出来ました。

まず出されたのは「季節のお吸い物」で、具は木滑なめこと堅豆腐。上品な出汁で大きな木滑なめこが美味しいです。
はせがわ (14)

何と!このお椀は200年前の輪島塗のお椀だそうです。凄いですね。

次に出されたのがこちらの「寿司と前菜の盛り合わせ」。握り寿司は〆鯖の炙りと輪島産のソウハチカレイの2貫、そして出汁巻き玉子・大根なます・ナスの揚げ物に田楽味噌でした。
はせがわ (15)

どちらも丁寧な仕事がしてあります。

ちなみにソウハチカレイは石川では「あわて」と呼ばれています。
はせがわ (16)

次にサラダと漬物が出されました。サラダのドレッシングはすりおろしたニンジンのもの。酸味がきいていました。

そしてメインです。私は「14種類の野菜を使った野菜たっぷりの野菜ゴロゴロハンバーグトマトソース」を頼みました。こちらのセットは1,980円となります。
はせがわ (17)

ネーミングの通り、素揚げされて色鮮やかな野菜がたっぷり盛られていて、その下にハンバーグが。
はせがわ (19)

箸で割れるほどですが、食感もしっかり残っていて、トマトソースの酸味もいい塩梅で美味しいハンバーグでした。

妻のほうは「イワナの塩焼」で、こちらのメインだと2,150円となります。
はせがわ (20)

焼き串付きで出され、そのまま頭からかぶりついて食べたほうが美味しいと言われて、そうしていました。もちろん骨まで食べられます。
はせがわ (18)

ご飯とお味噌汁ももちろん付いています。お米は鳥越産のコシヒカリを使用でているようです。
はせがわ (23)

デザートは五郎島金時のアイスです。

妻は、プラス150円で変更できるデザートプレートに。
はせがわ (22)

お店の手作りの「ガトーショコラ」「チーズケーキ」「金時豆ケーキ」の3種類からチョイス出来、妻は「金時豆ケーキ」でお願いしていました。

プラス150円なので16分の1カットサイズですね。
はせがわ (24)

ドリンクにコーヒーも付いていました。

ご主人は伊豆の方で腕を磨いていたとのことですが、思っていたより素晴らしい料理の数々。期待以上と言っては失礼かもしれませんが、行ってみる価値はありますよ!

ただ一点注意があるとすれば、お店のある場所のように時間が流れるのがゆっくりです。ランチでも2時間近くみておいた方がいいでしょう?

うれしい発見でした。ご馳走様でした。

古民家カフェ・食べどころ民家 はせがわ
石川県白山市広瀬町2-226
TEL 080-5853-8737
12:00~15:00 18:00~22:00
月曜、火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ