あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:古民家

今日紹介する「カフェ・ノマドライフ」は、何かの雑誌で見て行こうと思っていたお店です。

近頃は、古民家を改装した色々なお店を街中で見かけるようになってきました。

大きな災害や戦禍に見舞われていない金沢には、昔に建てた古民家が多く残っています。

そんな古民家。住むにはいろいろ不便なところがあるわけですが、商売などで使う場合は、それを逆手にとって味わいのあるお店に変えることが可能になります。

さて「カフェ・ノマドライフ」。場所は犀川や鱗町交差点からほど近いのですが、住宅街の中に入っていきます。大きい車は入って行けないような道で、歩いて行った方がよさそうです。

そしてスマホのナビがないと、地元の人でないとたどり着けない可能性があります。^^;

何せ金沢の道は、幹線道路から一歩入ると狭くて細くて曲がっています。

こちらのお店は築120年ほども経つ古民家を、色々な人の手を借りてリノベーションしているようです。
ノマドライフ (4)

外観の見た目は、120年も経っているようには見えませんね。
ノマドライフ (19)

ちなみにオーナーご夫婦。兵庫県から移譲されてきたそうで、金沢は奥さまのご実家があります。お店のオープンは2015年12月20日。まだ1年4か月ほどしか経っていません。

お店の前に出ていた黒板にお店の営業内容が書かれています。
ノマドライフ (5)

営業は基本は11時から夕方7時まで。しかし土曜日は夜の営業もされています。
ノマドライフ (7)

中には、靴を脱いで入ります。カウンター席はこんな感じです。
ノマドライフ (8)

床の間にはデンマーク製の薪ストーブ。この日はさすがに火は入っていませんでした。
ノマドライフ (9)
ノマドライフ (18)

お店の中から縁側と外を見るとこんな感じです。
ノマドライフ (6)

このネコはお店のマスコットの小太郎。春の暖かい日差しの中、気持ちよさそうに寝ています。癒されますね。縁側にネコが似合います。
ノマドライフ (11)

さて、席に座ってメニューを見ます。この日、金沢の街を相当歩いたのでのどが渇きました。私は冷たい飲み物を飲みたかったので、リンゴジュースを頼みます。
ノマドライフ (13)

妻のほうは、オリジナルの「ノマドブレンド」コーヒーです。

伏見台の「山本珈琲」が、このお店オリジナルをブレンドしていて、グァテマラベースの深入り焙煎に仕上げています。

そしてチーズケーキも一つ頼みます。
ノマドライフ (12)

濃厚なチーズケーキでした。美味しいです。

本当は、時間のことも考えずにずっとくつろいでいたい気がするお店です。ホッと一息つけたので、また金沢の街散策にスタートできます。ご馳走様でした。

カフェ・ノマドライフ
石川県金沢市幸町16-20
TEL 076-209-5773
日・月・火・金
11:00~17:00
11:00~17:00
18:30~22:00
水・木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

小松にも最近、新しい、それも洋系のお店が出来ています。うれしい限りです。

元々小松には和食系のお店は色々あったのですが、イタリアやフランス料理など洋系のお店は少なかったと思います。

この3月24日にイオンモール新小松がオープンし、近年にはなく珍しく注目されてきている小松。やっと飲食店も新規開店できる活力が少しですが戻ってきたといえます。住んでいる人間としてはうれしい限りです。
1945

今日紹介する「BRASSERIE 1945」は、小松の中華の人気店「勝ちゃん」のすぐ近くで、1945年に建てられた古民家をリノベーションしたお店。店名にもその建築された年を表記していますね。

でも、考えたら1945年って終戦の年。よく資材があったと思います。

金沢では古民家をリノベーションした飲食店も多くあるのですが、小松ではまだまだ少ないと思います。

さて、ここは前は惣菜の店「たじま屋」というお店でしたが、短い間で閉店(移転)してしまいました。いまは能美市の方で別なお店として営業されているようです。
1945 (5)

オープンは2月25日。まだオープンしたてほやほやのお店です。
1945 (6)

「BRASSERIE 1945」の内装は、その惣菜屋さんのときのを、入口付近ではうまくそのまま使っていますが、しかし奥がこんなに広かったとは初めて気がつきました。惣菜屋さんのときは、たぶん奥の方は借りていなかったのですね。
1945 (4)

店内も昔の面影を残しながらリノベーションされていて、テーブルやイスなども再利用しているものを活用しています。
1945 (28)

2階は、ご覧のような素敵なスペースになっていて、貸切やレンタルのスペースとしても活用できるようです。1階とはまた違った空間になっています。
1945 (26)

お店もそうだし、メニュー代わりのPOP?やホームページもおしゃれな感じで、小松には珍しい演出をされていますね。

我々は一番奥の2人掛けのテーブル席に案内されました。
1945 (2)

1階は暗いので、落ち着いて飲み食いできるのはいいのですが、少し暗すぎるため、タブロイド紙のようなメニューの文字の印刷が薄いからか、とても読むのに苦労しました。^^;

ライトが個々のテーブルの上にあればまだしも、このあたりは要検討だと感じました。

さて、ここ「BRASSERIE 1945」は、金沢の「FULL OF BEANS(フルオブビーンズ)」の姉妹店。

「FULL OF BEANS」は、タテマチストリートから少し入ったところにある築100年以上の金沢町家(うなぎ屋さん)を改装した古民家カフェです。

今回、小松支店ともいえる「BRASSERIE 1945」のオープンに合わせて、金沢からスタッフが移り住んでいます。力が入っています。

余談ですが、「FULL OF BEANS」は私が11年半ほど前に行った時は「おむすび」をウリにしていました。それ以来行っていませんが懐かしいです。ブログではこちらに書いています

私が今回お邪魔したのは、前に紹介した「キャンドルナイト&Music 2017」に行ったあと、少し飲み食いしようということで妻と二人で入りました。

「FULL OF BEANS」は野菜を中心とした自然食を楽しめるお店ですが、こちらのお店もダイニングバー的な位置付けながら、自然食をウリにしていて、野菜中心のメニュー。気軽にかつリーズナブルに楽しめるところになっています。

では、飲み食いしてきたものを紹介していきます。
1945 (12)

まずはスパークリングワイン「バルディビエソ・ブリュト(650円)」を頼みます。
1945 (21)

黒板メニューから「ホタルイカと菜の花のアヒージョ(800円)」を。
1945 (22)

アヒージョというからグツグツ煮えたぎったオリーブオイルにホタルイカと菜の花が浸っている感じかと思ったら、そうでもなく、ちょうどいい感じに酒の肴になりました。
1945 (18)

スパークリングの次のワインは白で「ウルフブラス イーグルホーク リースリング(650円)」。
1945 (17)

こちらは、タブロイド紙のようなメニューにドカンと写真が出ていた「旬野菜の畑のオードブル(1,200円)」です。
1945 (13)

「彩り野菜と鮮魚のカルパッチョ(800円)」も、同じく写真がでかでかと出ていました。この二つがウリの料理なのでしょう?

「旬野菜の畑のオードブル」は、はたして何種類の野菜が使われているのでしょうか?色とりどりで食べるのがうれしくなるほど。

「彩り野菜と鮮魚のカルパッチョ」は 国産塩レモンとカルムのソースでさっぱりと食べます。
1945 (24)

赤ワインは、妻は微発砲の「ランブルスコ・セッコ(600円)」。

私は「ビオビオ メルロー(600円)」を頼みました。
1945 (25)

ということで、最後のオーダーは、大豆のミートソースとホワイトソースの「ソイタリアンラザニア(750円)」です。

何となくヘルシーに締めてみました。

この日、「キャンドルナイト&Music 2017」でそばなどを食べたから、この辺で打ち止め。お腹も満足。値段も満足。とてもリーズナブルに済ますことが出来ましたよ!お勧めです。ご馳走様でした。

BRASSERIE 1945
石川県小松市土居原町386-3
TEL 0761-24-1945
17:00-25:00 (L.O 24:30)
火曜(祝日の場合は翌日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ