あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:博多うどん

福岡のうどんは柔らかいことで有名です。

私が過去に住んでいたことがある場所でいえば、大阪や石川のうどんも柔らかいのですが、たぶん、平均値でいえば日本で一番柔らかいうどんの場所は福岡ではないかと思います。

私は福岡のうどんが好きなので、福岡に行くと必ず一度はうどんを食べに行きます。

そんな柔らかなうどんの中でも、一番柔らかいと思うのが、今日紹介します「牧のうどん」。行ったのは博多駅隣の博多バスターミナル店です。

博多バスターミナルは私が福岡に住んでいた時はよくお世話になりました。

さて、「牧のうどん」は糸島の加布里(かふり)に本店があって、主に福岡市内にお店を展開しています。

こだわりは、利尻昆布を大量に使用して作られる出汁つゆ。本店の工場で毎日作られていて、そのため運ぶのに1時間以上かかるところにはお店は作らないのだそうです。

ちなみに、利尻昆布の年間の消費量のうち「牧のうどん」で7%消費するとの情報もありました。すごいですね。

そんな「牧のうどん」について私のブログではだいぶ前に空港店を紹介しています

今回、小松に戻る前に夕食には少し早めの時間でしたが、少し小腹を満たすために入ることにしました。
牧のうどん (7)

お店はバスターミナルビルの一番奥にあって、入り口にご覧の大きな写真入りのメニューがあって、そのわきに食券機がありました。
牧のうどん (8)

食券を買って、案内に従って席に着きます。
牧のうどん (9)

店内は食事タイムの時間帯ではなかったのと、コロナ禍でお客さんは少なかったです。
牧のうどん (10)

私は軽く一杯のうどんということで「ごぼう天うどん(税込490円)」にしました。「ごぼう天」は福岡では「ごぼ天」ですね。福岡では人気のうどんメニューです。

食券を渡すと、麺の湯で加減を「やわ、中、かた」のどれにするか聞かれます。あまり最初から柔なのもいやなので普通(中)にしました。
牧のうどん (11)

卓上には入れ放題のネギが置かれています。
牧のうどん (12)

で、出された「ごぼう天うどん」がこちら。ごぼう天の衣はしっかり目です。
牧のうどん (14)

うどんは釜揚げです。冷水で〆ていないので出汁を吸って、見た目にも柔らかなのがわかります。

まずは出汁を一口。さすが利尻昆布をぜいたくに使っている出汁は、昆布のうま味が染み出ていました。

うどんは、普通の硬さでお願いしましたが、これでも十分柔らかいです。そして出汁を吸って柔らかく美味しくなっていくのです。
牧のうどん (15)

時間の経過とともに、うどんはさらに出汁を吸って膨張していくわけですが、そのため見る見るうちに出汁が少なくなってきて、やかんに入れられている追い出汁を注いで食べていきます。

うどんを少し食べてもうどんが増量すような錯覚?なんだか得した気分になりました。

福岡のうどん屋さんは、ひとくくりには語れない個性があるうどん屋さんが多いと思いますが、ここは特に個性的ですね。ご馳走様でした。

牧のうどん 博多バスターミナル店
福岡県福岡市博多区博多駅中央街2-1
 博多バスターミナルB1F
TEL 092-483-1130
10:00~23:00(L.O.22:30)
不定休(博多バスターミナルに準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

ちょうどこの日、この周辺で講習会があり、近くでランチを食べることになりました。

このあたりには全国各地の名物うどんのお店が何軒かあって、この日も讃岐・稲庭・博多の各うどんのお店の内からどれにしようか少し迷いました。

しかし最終的に、私が過去に住んでいてその当時何度も食べに行ったことがある博多うどんのお店に行くことにしました。

ひと昔前までは、ラーメンでもうどんでもそうなのですが、ご当地の名前が付いていても、東京など大きな都会では味的にはあまり満足できないお店があったりしたのですが、最近は相当近い味を楽しむことができるところが増えてきたように思います。

さて、行ったお店は「はし田たい吉 新橋店」。
はし田たい吉 (17)

調べてみると、元々は六本木ヒルズに博多うどんの「はし田」というお店があって、そこが3年連続ミシュランガイドブックにビブグルマンに選べれていたのですが残念ながら閉店。その後、オーナーのかたが福岡でうどん居酒屋「たい吉」を営む弟子の中川光雄さんとパートナーを組んで再度お店を出したという経緯のようです。

まず入口の食券機で食券を買って中に入ります。
はし田たい吉 (6)

お品書きです。

お店は小さなお店で店内はカウンターのみ14席。
はし田たい吉 (4)

入口付近にうどんを製麺する場所がありました。福岡糸島の小麦粉で毎日仕込む自家製麺です。(他の情報では国産小麦となっていたので、そのあたり仕入状況によって変わるのかもしれません?)

オープン時間は11時半なのですが、見る見る店内は埋まっていき、10分ほどで満席になりました。人気なのですね!?

私は、博多うどんといえば「ごぼう天うどん」だと思っている方なので、当然それを頼みます。「かけ」で600円です。まぁ、東京という場所柄、このぐらいはします。
はし田たい吉 (13)

出されたのがこちら。
はし田たい吉 (15)

うどんです。艶やかですね。ダシも澄んでいて美味しそうです。

博多うどんは、ダシを美味しく食べるために柔らかな食感を大切に作られているところもあるので、その辺を意識しながら楽しむのがオツなのです。

出汁はかつお節とあごだし。ことらも博多うどんのお約束。個性はそれほどなく万人受けする味かもしれません。
はし田たい吉 (14)

「ごぼう天」は別皿で出されます。

サクッとした食感を楽しみたければ、揚げ立てなのでそのまま食べ、汁に浸したほうが好みであれば、うどんの上に乗せて食べます。
はし田たい吉 (12)

こんな食べ方の心得みたいなものもカウンターに置かれていました、
はし田たい吉 (16)

私の場合は半分そのまま。残りはうどんを半分ぐらい食べてから上に乗せて食べることに。
はし田たい吉 (11)

途中で少し柚子胡椒も溶かしてアクセントをつけて食べました。
はし田たい吉 (8)

カウンターの上には他にも調味料系が色々ならんでいました。

全体的にはバランス重視の仕上がりの博多うどん。飽きのこない味で人気が出来るのも頷ける気がします。

東京に居ながら美味しい博多うどんを食べることが出来るのはうれしいですね!?ご馳走様でした。

はし田たい吉 新橋店
東京都港区西新橋1-15-7
TEL 03-6257-3009
月~金
11:30~麺が無くなり次第 営業終了
土・日・祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

博多うどんについては私のブログでも過去何度となく取り上げています。

うどん好きということもあって、福岡に行くと必ずうどんを1度は食べに出かけていますね。

今日紹介する「うどん平」は、そんな博多うどんを食べさせてくれるお店の中で人気上位に位置しています。

私は前のお店に相当昔に行ったことがあり、こちらで紹介しています

「うどん平」は元々はキャナルシティにもほど近い博多駅前3丁目で営業されていました。

お店も古くなったからでしょうか、8月に住吉公園近くに新しくお店を作って移転してきたのです。

この日、人気なお店なので12時前に到着したのですが、お店の外に7~8名の順番待ちが出来ていて、中にも数名待っていましたが、10数分ほどで店内に入ることが出来ました。
うどん平 (12)

こちらの外観写真は食べてお店を出た時に写した写真です。

店内はL字型のカウンター10席ほどとテーブル席10席。前よりは狭くなったかな?
うどん平 (2)

ご主人?がこちらの機械でうどんを常に打っています。

打ちたてをそのまま順次湯掻いていて、さらにオーダーが入ってから短時間温めなおして順番に出していくので、オーダーしてから出されるまでにそれほど時間がかかりません。

さすが、昔から人気のお店は手慣れたものです。
うどん平 (11)

お品書きは壁にかけられている札を確認します。昔のときとはメニューも若干変わっているのかな?私のブログで前に書いたのを見ると「えびごぼう」を頼んでいますが、いまはありませんでした。(もしかしたら1枚だけ裏返しの札があったので、そちらに書かれているのかもしれません)

そしてお店のウリはゴボ天と肉が入った「肉ごぼう」なのですが、壁には掲げられてはいませんでした。これは後からわかったのですが、「合わせ」という札がって、高い方のメニューにプラス100円で好きなトッピングが追加できるというもので、「肉(すべて税込表記で550円)」と「合わせ(100円)=ごぼう」で650円となるのです。
うどん平 (9)

聞いていると、来客の半分ぐらいはこの「肉ごぼう」を注文していました。人気なのですね。

しかし私は肉が苦手なので、普通の「ごぼう(450円)」だけ。
うどん平 (7)

見た目はお店が新しくなったからか、何となく上品なビジュアルになった気がします。

そしてこの澄んだダシを見てください。最初に一口飲みます。見た目通りの澄んだ味で昆布とカツオのうま味が出ています。
うどん平 (8)

うどんは博多うどんの基本の柔らかなうどんなのですが、もちっとした食感があって弾力と柔らかさのバランスがいいうどんで、ダシとの相性も抜群。

「ごぼう」も揚げ立てのサクッとした感じで美味しいです。
うどん平 (5)

あと、私はこちらの「いなり(200円)」を頼んでいます。小さめのいなり寿司が3個。
うどん平 (4)

他のメンバーは「かしわ(150円)」という鶏の炊込みご飯を頼んでいました。

「肉ごぼう」と「かしわ」の組合せが最強のようです。

次から次へとお客が入ってきて途切れることがありません。さすが人気店です。お値段は当然上がっていますが、それでもこのクオリティと美味しさなので満足です。ご馳走様でした。

うどん平
福岡県福岡市博多区住吉5丁目10-7
 第3住吉ハイツ
TEL 092-431-9703
月~金11:30~16:00(L.O.15:45)
土11:30~15:00(L.O.14:45)
日曜・祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

福岡に行くと必ず一度は食べるうどん。

何せうどんの発祥の地が福岡。市内の承天寺というお寺の境内に「饂飩蕎麦発祥之地」と記された石碑が建っているほどです。

博多うどんといえば、コシのない柔らかなうどんが有名ですが、近年は讃岐うどんのブームの広がりで、福岡にも讃岐うどんや、その他オリジナルなうどんを食べさせてくれるところが増えてきたようです。

でも、博多うどんは出汁を吸ってうまくなるうどんで、個人的には好きなうどんです。

ちなみに、私のブログで過去、西日本各地のうどんについて書いていますので、興味のある方は見てください。
侍.うどん (12)

今日紹介します、博多駅からJRの高架沿いに10分ほど歩いたところにある「侍.うどん」は、福岡のうどん屋さんの中でも人気のお店です。
侍.うどん (6)

オープン7周年だということで、私が福岡から出た後で出来たお店です。

こちらは、博多うどんの柔らかなうどんではなく、また、コシはあるが讃岐とはまた違った感じのうどんを食べさせてくれるのです。

人気店ということでお昼のオープン時間にお店に到着し一番乗り。
侍.うどん (3)

だれもいなかったので、ご主人に了解を頂き、店内の写真を写させていただきました。
侍.うどん (4)

オーナーは、髪を束ねて頭の上でくくる昔の侍さんのようなちょんまげスタイル?

店名の「侍.うどん」はそこから来ているのでしょうか?
侍.うどん (5)

メニューはこんな感じです。

お店の名前を冠した「侍.うどん」というのが名物ですが、こちらはゴボ天と肉が入ってて、肉が苦手な私は食べられません。

他にも「宮本武蔵(750円)」なんてのもあったのですが、こちらも肉吸いうどんのようなつけ汁につけて食べるうどんでパス。こちらがそうです。
侍.うどん (11)

一緒に行った人が頼みましたが、彼曰く、豆腐も入っていたので、肉吸いよりすき焼きのような味だと言っていました。

で、私が頼んだのは、かけうどんの欄に書かれていた「平和台球場(750円)」という名のうどん。

「丸天」と注記がされていたので、「丸天うどん」のことだと思い、それを注文することにしました。
侍.うどん (8)

ただ「丸天」のみだと少し物足りないかな?とも思い、ゴボ天をトッピングで追加(200円)することにしました。

昔、西鉄ライオンズだったころに本拠地の球場だった平和台球場。

福岡城跡の近くにありましたが、私は当然行ったことがありません。しかし跡地には行きました。

行くと意外に狭い土地で、こんなところに球場があったとは聞かないとわからない、と思ったことを記憶しています。

その平和台球場に「ホームランうどん」といううどん屋さんがあったそうです?

そこで出される「丸天うどん」が美味しかったようで、その名残と言うことで「平和台球場」というネーミングにされたようですね。
侍.うどん (7)

この写真は、これも一緒に行った人が頼んだ「平和台球場」です。澄んだ出汁ですね。

まずは汁を一口。イリコと昆布がほんのり効いた上品な出汁で美味しかったです。無添加にこだわっているとのこと。
侍.うどん (10)

うどんは、コシも十分あって、かつ弾力と柔らかさが抱き合わせのような不思議なうどんでした。

博多と讃岐を足して2で割ったような感じ?小麦の風味も感じられる逸品なうどんでした。

ゴボ天は揚げ立てサクサクで、厚めに切られたごぼうも噛みごたえ十分。逆に丸天はふんわり柔らかい丸天で優しい味でした。

「ホームランうどん」の丸天うどんを食べたことがないので、似ているのかいないのかわかりませんが、美味しいうどんであったことは間違いないですね。ご馳走様でした。

侍.うどん
福岡県福岡市博多区博多駅前4-36-20
 内山ビル1F
TEL 092-483-6300
11:30~麺が無くなる迄
月曜日(祝日の場合火曜日にスライド)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回の沖縄・九州出張で福岡から小松に戻る最後に福岡空港でうどんを食べることにしました。

福岡といえば、博多ラーメンがまず思い浮かぶ人が多いと思いますが、うどんも美味しいことで有名です。

私のブログでも福岡のうどんについては何度も取り上げていますが、讃岐に代表されるコシが強くて、いわゆるエッヂがきいたうどんとは違って、コシの弱いうどんが特徴です。

のど越しで食べると言いますか、タモリさん曰く「コシなんていらない」「うどんは飲み物」ということなのです。

言ってみれば「ダシで食べるうどん」ということで、美味しいダシをうどん自体が吸って味が増す、と。大阪のうどんも同じような傾向がありますね。

私のブログで過去に西日本各地のうどんを比較した記事もこちらで書いています。興味がありましたらお読みください。

さて、そんな福岡のうどんですが、トッピングの中で特徴のある2種類のものがあります。

それは丸天とゴボ天です。丸天はその名の通り丸い形をしていて、魚のすり身を練って揚げたもの。ゴボ天はゴボウの天ぷらです。

今日紹介します「博多やりうどん別邸 空港店」で、この2種類のトッピングの両方が乗せられている「やりうどん」を食べたので紹介したいと思います。
やりうどん (12)

福岡空港は今、滑走路の増設に伴うターミナルビルのセットバック&リニューアル工事の真っ只中。その3階に新しくなったレストラン街に「博多やりうどん別邸 空港店」はあります。
やりうどん (11)

ここは元々は「はち屋空港店」として営業していたお店を、今回のリニューアルに伴い、リ・ブランディングしてオープンしたようです。
やりうどん (3)

新しいお店なので、中もきれいです。うどん店のような趣ではなくおしゃれな造り。女性の入りやすさも狙ったのでしょう?確かに私が行った時も夕方でしたが、女性の一人客やグループ客のほうが多かったです。
やりうどん (5)

メニューには博多うどん店でよく見られるようなメニューが並んでいました。

しかし、私は入る前から「やりうどん(800円)」を食べることは決めていたので、見るのもそこそこに「やりうどん」を頼みます。
やりうどん (6)

5分くらい待って出されたのがこちら。一目で超ロングなゴボ天に目が行きますね。

このゴボ天は、「黒田節」の母里友信の逸話の元となった、福島正則から拝領した天下三名槍の1つ「日本号」に例えているようで32cmの長さがあります。

左上にそば猪口のような器に入れられているのは刻みネギと細かな天かす。右上には柚子こしょうと一味も添えられていました。

まずは汁を一口飲みます。焼あごと煮干し、色々な削り節のきいた澄んだ雑味のないダシで上品で美味しいです。

ただ、この長いゴボ天があるおかげで、うどんが食べにくいので、まずはゴボ天を半分ぐらいの長さにするべくかじりつきます。

スジもなくサックリと歯切れのいいゴボ天で、揚げ立てでしょう?

反対に、うどんの上に乗せられている丸天は、ゴボ天と違って超柔らかい。中に刻まれて入れられているきくらげや人参の食感が感じられました。この丸天もダシがしみて美味しくなっていました。
やりうどん (8)

そして博多うどんの特徴を確認すべくうどんを食べます。ただ柔らかいだけではなくモチモチ感もあっていい感じでした。なかなか美味しいです。
やりうどん (9)

うどんを少し食べた後、天かすとネギ、そして柚子こしょうと一味を入れて完食です。

ボリューム的にはそれほどでもありませんが、家に帰って一杯やりたかったので、こちらではこの一杯でおしまい。ご馳走様でした。

博多やりうどん別邸 空港店
福岡県福岡市博多区大字上臼井767-1
 福岡空港国内線ターミナルビル 3F
TEL 092-623-8821
7:30~21:00(L.O)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ