あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:十割そば

白山市に「とうへんぼくな仲間」という蕎麦打ちのグループがありました。

過去形で書いたのは、調べても現在の状況がよくわからなかったからです。

私のブログでも「とうへんぼくな仲間」のお店について何店か紹介したことがあります。

さて、今日紹介する「手打ちそば 蕎道(キョウドウ)」は、前、「とうへんぼくな仲間」のお店があったところに居抜きで3月16日オープンしたそば屋さんです。
手打ちそば 蕎道

加賀笠間駅から徒歩12分のところにありますが、場所が少々わかりにくいかもしれません。

前は「手打蕎麦じょんがら」という名前のお店でした。私のブログではこちらで紹介していますが、とても太い十割そばを食べることが出来たので印象に残っています。
手打ちそば 蕎道 (2)

店内です。

内外装ともほぼそのままで使っていますね。同じそば屋さんなので初期投資を少なくできると思います。
手打ちそば 蕎道 (3)

お品書き。種類は多くはありませんが、変わったそばメニューがありますね。
手打ちそば 蕎道 (4)

こちらはドリンク。

私は、そば屋さんでメニューの中に見るのは、おそらく初めての「アヒージョそば(1,600円)」を頼むことに。

アヒージョといえばスペイン料理として知られています。熱々のオリーブオイルのたっぷりのニンニクで素材を煮込む料理と、和のそばがどのように合うのか興味を持ちました。
手打ちそば 蕎道 (7)

出されたのがこちら。
手打ちそば 蕎道 (8)

そばは別盛りでそばつゆもあって、アヒージョにはバケットが2枚乗せられていました。
手打ちそば 蕎道 (10)

まずはそばのみを食べてみます。玄そばから自家製粉した十割そばなので、そばの風味をよく感じました。
手打ちそば 蕎道 (11)

アヒージョはどうでしょう。海老がたっぷりでよかったのです。またバターの風味を感じるトーストされたバゲットをつけて食べたらおいしかったです。ただ、そばをオリーブオイルの浸してからそばつゆに付けても食べましたが、そばとの相性は正直よくわかりません。是非みなさんも食べてみて確認してください。
手打ちそば 蕎道 (12)

最後にそば湯が出されました。そばつゆを入れたらオリーブオイルが浮かんでいますね。

妻はこちらのお店で一番高い「幻牛そば(1,800円)」を頼んでいました。
手打ちそば 蕎道 (6)

こちらの汁につけて食べるつけそばです。濃いめのつけ汁だったようです。

数量限定ということでしたが、幻牛とはどんな牛なのかはわかりません。

今回二人ともそこそこいいお値段の変わり種のそばメニューを頼んでいますが、次回もし行くことがあったら、シンプルなそばを食べてみたいと思います。ご馳走様でした。

手打ちそば 蕎道(キョウドウ)
石川県白山市下柏野町20
TEL 076-200-9315
11:00~15:00
水・木曜休(祝日の場合営業有)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

前にブログで紹介したことがある福井県坂井市の「越前坂井辛み蕎麦」。

こちらのHPに「越前坂井辛み蕎麦」の定義として、以下のことが書かれています。

一.「福井県産そば粉を使用している」こと。
二.「大根おろしの絞り汁にダシを合わせたつゆをぶっかけている」こと。
三.「辛さの度合いを3段階にわけて提供する(R指定なし、R-12指定、R-15指定)」こと。

登録店の相当数のところへはすでに食べに行っていますが、個人的に好きなそばです。

今日は久しぶりに「越前坂井辛み蕎麦」の登録店の紹介になります。
そば処みの吉

紹介する「そば処 みの吉」。場所は三国の九頭竜川の河口沿いにあって、少しわかりにくいところでした、

こちら、あわら市のファーマーズマーケットきららの丘内にもお店があるのですが、何度か立ち寄っても諸々で振られてまだ未訪問。こちらが本店(三国店)となります。

福井県産そば粉での十割そば、そして手打ち・手切りにこだわっていて、なかなか貴重なお店かもしれません。
そば処みの吉 (4)

訪れた12:25頃。先客の方がお一人いらっしゃいました。
そば処みの吉 (2)

メニューです。福井県のそば店としては種類が多いです。うどんやソースかつ丼までありました。

こちらは福井のエリア情報誌に掲載されたメニューですね。

しかし私はこちらに来る前に、同じ三国にある「谷川製めん所」でうどんを食べてきての2軒目だったので、最初から食べるメニューを決めていました。

ボリュームがそれほど多くない「おろしそば(700円)」です。

「越前坂井辛み蕎麦」ということで、辛さを選べるようになっていました。

私は当然「辛い(R-15指定)」でお願いします。
そば処みの吉 (5)

出されたのがこちら。そば湯となぜかチョコレートが添えられていました。
そば処みの吉 (6)

越前そばは「おろしそば」が有名ですが、「越前坂井辛み蕎麦」は冒頭も書きましたが「大根おろしの絞り汁にダシを合わせたつゆをぶっかけている」こと。

大根おろしそのものは見えず、絞り汁なので少し泡立っています。辛さは個人的にはちょうどいい感じでした。
そば処みの吉 (7)

そばは手打ち・手切りで太さが少し不揃いでしたが、噛み応えがあるそばで美味しかったです。写真のピントが合っていないのでですみません。

ボリュームはそれほどでもないので、2軒目の私にとっては助かりました。

次回はあわら市の支店の方にも行ってみます。ご馳走様でした。

そば処 みの吉
福井県坂井市三国町新保42-3-1-7
TEL 0776-82-1668
11:00~14:00
木曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

日本で昔から食べられていた麺類と言えば、うどん・そば・そうめんが代表的でしょうか。

うどんとそうめんは主に小麦から作られ、違いは太さということで、大まかにはうどんかそばの選択肢かもしれません。

小松市生まれの私は20年頃前までは明快にうどん派でしたが、近頃は両方同じくらい好きです。

さて、小松市と言えば「小松うどん」がご当地グルメとして知られています。そのためか私が小松市内の飲食店で食べるのはうどんの方が多いと思います。

今日紹介します八幡町にある「そば処 松晶」。
松晶

こちらは私のブログでも何度か紹介したことがありますが、小松市街エリアの端のほうにあって、小松のそば店の中でも人気のお店です。

石臼で粗挽きした手打ち十割そばを食べさせてくれますが、3種類の産地のそばを楽しめることができることがウリとなっています。
松晶 (2)

入口に出されていたのを確認すると、この日は「あいづ(福島県)」「とちぎ(栃木県)」「えちぜん(福井県)」の3種類でした。
松晶 (9)

店内です。
松晶 (4)

お品書きです。
松晶 (5)

色々美味しそうなメニューが揃っていますね。そば屋さんではシンプルなメニュー構成のところが多い気がしますが、こちらは違います。
松晶 (6)

温かいそばに冷たいそば。
松晶 (7)

アレンジメニューも色々ありました。
松晶 (3)

私は、こちらのメニューに書かれていた「あつもり かき揚げ二個付(1,350円)」を頼むことに。

出されたのがこちら。
松晶 (12)

そばもつけ汁も温かいそばです。そばは「とちぎ(栃木県)」を選んでいます。
松晶 (14)

あまりこのような「あつもり」を食べたことが無いのですが、個人的には、そばの産地の違いを確認するためにも冷たいのがいいですね。でも美味しかったですよ。
松晶 (13)

ちなみにかき揚げは揚げたてサクサクで1個は妻の胃袋に消えています。

妻のほうは、前日に「うどん工房 穂の香」で「香箱かにとれんこんのすり流しうどん」を食べたばかりですが、この日も「かにたまあんのつけそば(1,620円)」を頼んでいます。連日の香箱三昧!贅沢です。
松晶 (10)

香箱がにの季節は残念ながら終わっているので、今年の11月までは食べることが出来ません。もちろん、その時にメニュー設定があればですが。
松晶 (11)

私も2口ぐらい頂きましたが、かにたまあんが濃厚で、カニの身と卵・ミソがたっぷり。下には玉子が隠れていて美味しかったです。

そばは「あいづ(福島県)」でしたが、このつけ汁だとうどんでもラーメンでも合いそうでした。
松晶 (15)

最後にはそば湯です。

行った日は12月のとある日曜日。それほど混んでいませんでしたが、お休みの時は混雑が予想される人気のそば屋さんです。ご馳走様でした。

そば処 松晶
石川県小松市八幡町111  
TEL 0761-27-1294
11:00~15:30(蕎麦が無くなり次第閉店)
木曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

東京での2日目の夜は知人の方との会食でした。

6月に新潟でご一緒した方と、昔行っていた会合で同じメンバーだった方がやっているお店での再会。

そのお店は私のブログでも何度か登場している「湯島 春近」です。前回は2021年の12月にお邪魔していて、こちらで紹介しています

東京メトロ湯島駅1番出口すぐのところにあって、長野の郷土料理や地酒を楽しめたり、「発芽十割蕎麦」という美味しい蕎麦を楽しむことが出来る、いわば蕎麦前料理居酒屋と呼んでいいでしょう。蕎麦通の方にも人気のお店なのです。
湯島春近

積もる話をしながら、まずはビールですが、こちらは瓶か缶での提供です。
湯島春近 (16)

お品書きです。
湯島春近 (15)

こちらは蕎麦。

料理のほうは事前に何品かおまかせでお願いしてありました。
湯島春近 (4)

こちらは「アテ3点(600円)」。ゴマ豆腐が美味しかったです。
湯島春近 (2)

「刺身3種(1,800円)」には、ウニも入っていました。
湯島春近 (6)

こちらは「発酵野沢菜(450円)」。
湯島春近 (7)

そして追加で頼んだのは「海老真丈れんこんはさみ揚げ(1,100円)」。揚げ立てでれんこんの食感もよく美味しかったです。
湯島春近 (8)

「おやき 野沢菜(450円)」も頼んでいます。

最後はもちろん蕎麦。

私が頼んだのは「辛味おろしせいろ(1,100円)」。
湯島春近 (14)

10割で凄い細切りの蕎麦ですが、これが手打ちではなく機械で打っているということに、逆に驚かされます。

また、石臼挽き蕎麦粉ではなく丸抜き蕎麦実を1日から2日冷水に浸し、発芽準備が始まり、機能性食品のGAVA値が40倍近くになるところで蕎麦実を砕き製麺。たぶん、ここだけのもので蕎麦好きの方にも知られているようです。

あら塩、煎り酒、そしてつけ汁の3つの食べ方で楽しめます。
湯島春近 (13)

一緒に行った人は「天せいろ(1,800円)」でした。

最後に飲んだアルコールについて。
湯島春近 (3)

これら地酒を何種類か頼んでいます。

あと、ハイボールもイチローズモルトがあったのでお願いしています。「モルト&グレーン ワールド・ブレンデッド・ウイスキー ホワイトラベル」です。
湯島春近 (10)

スモーキーなピート香も楽しめて好きな味でした。

一緒に行った方も「湯島 春近」の荒井さんも私よりだいぶご年配なのですが、私よりお元気!

この日は昔懐かしいお話をいろいろしながらの飲食で、久しぶりについつい飲み過ぎました。注意注意。

狭いお店ですが、アットホームな雰囲気で初めての方でも楽しめると思います。ご馳走様でした。

湯島 春近
東京都文京区湯島3-47-10
TEL 090-7733-3408
17:30~25:00
ランチは不定営業
月曜、火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

福井と言えば「越前そば」。そして「越前そば」といえば「おろしそば」です。

個人的には蕎麦は「おろしそば」が好きです。なので当然「越前そば」が大好きです。

特に辛み大根をたっぷり乗せてぶっかけで食べるところがいいですね。

今日紹介する越前市の「森六」。

ネットでは越前そばの名店ということで、妻と越前市に行った折に食べてきました。

この日は平日だったのですが、念のため、オープン時間に到着するよう向かいました。

10分ほど前に到着すると待っているお客さんはいなくて、最初のお客さんとして入店することが出来ました。
森六

歴史を感じる佇まいです。明治4年創業というのが建物の風情からもわかります。
森六 (3)

店内は狭く、そしてコロナ禍対応となっているため8名分しか席がありませんでした。これだとお休みの日は順番待ち必須です。
森六 (5)

人気店らしく著名人のサインがたくさん掲げられていました。
森六 (4)

メニューはシンプル。基本蕎麦メニューしかありません。

「おろしそば」は二八と十割の2種類。妻と2人でその2種類を頼みシェアすることにしました。

この後、もう一軒別なお店でランチを食べようと思っていましたが、「おろしそば」は小盛のサイズなのがうれしいです。
森六 (7)

こちらが「十割おろしそば」。数量限定で福井県産そば粉十割で打たれています。
森六 (10)

こちらは二八の「越前おろしそば」。

両方とも鰹節がたっぷり乗せられていました。
森六 (9)

ビジュアル的にはそれほど違いがありませんが、十割のほうが少し色が黒いのと太い気がします。

大根にこだわりがあるようで、ねずみ大根、青首大根、信州地大根、練馬大根の4種類の大根を自家栽培。各種の特徴を生かして汁だけとか分別して使うほどなのです。

しぼり汁はすごく辛いです。十割そばの個性に負けないほど。このそばに適した汁ですね。

「十割おろしそば」はのど越しでつるりと食べるタイプではなく、しっかりとしたコシというか、よく噛んでそば自体のおいしさを味わうそばでした。

そばの風味を強く感じます。

「越前おろしそば」は二八なのと少し細めなので、こちらの方はのど越しよく食べることができました。
森六 (8)

こちらはそば湯です。

このあともう一軒行く予定だったので、この量しか食べませんでしたが、この後行かない予定だったらもう一杯食べたくなるほどおいしいそばでした。ご馳走様でした。

森六
福井県越前市粟田部町26-20
TEL 0778-42-0216
火~金
11:00~14:00
土・日・祝
11:00~15:00
月曜 第3火曜休(祝日の場合は営業 翌日振替休業)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ