あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:十割そば

ここは私のブログでは、前回「お福さんの店」という名前になって「そうめん」のお店になった!と書きました。

ただ、色々な方のインターネット上での書き込みでは、一応、そばのお店として紹介されていることが多いようで、それを確認すべく、とある日にランチを食べに出かけてきました。
集 (9)

行ってみると、確かに、お店の看板には「お福さんの店」と書かれていて、中のメニューにはそばが主であることはわかりますが、ちゃんと「そうめん」もメニューにはあるようでした。

前は、確かにフリーペーパー上では「そうめん」のお店になると書かれていましたが、やはり「そうめん」では営業的には難しかったのでしょうか……?
集 (7)

ちなみに2006年に最初のお邪魔した時はこんな外観でした。

さて、今回、2年ぶりぐらいに行ってみました。

いまは営業していない?「つどい」という喫茶店の看板を目指すと、その隣にお店があります。元々はタクシーの運転手をやっておられた年配のご夫婦が営んでおられます。

ここは、手打ちの十割そばを食べさせてくれます。
集

メニューには、そうめんメニューの記載もありましたが、いまは、やはりそばがメインなようです。
集 (4)

10月末ともなるとだいぶ寒くなってきたので、私は今回暖かい「山菜そば(950円)」にしました。

出汁は、関東風のカツオがメインのようです。

鬼の絵が描かれた器がかわいいです。
集 (5)

湯呑や小皿にも描かれています。しかし、小皿にはなぜか糠漬けの漬物が付いていました。お茶はそば茶でした。でも、最初持てないほど熱々でした。^^;
集 (6)

十割そばということで、やはり短く切れているそばも多かったようです。
集 (3)

一緒に行った人は盛りそばの大盛りです。大盛りは400円プラスで、倍の量になります。さすがにお腹が一杯になったようです。

前は300円でおにぎりの設定もあったようですが、お品書きでは付箋で隠されていました。なくなったようですね。^^;
集 (8)

食べ終わることにはそば湯も出してくれました。

お二人ともだいぶお年を重ねられておられるようで、ランチの時間のみの営業です。ご馳走様でした。

そば処 集(つどい)
石川県加賀市新保町ラ29-1
TEL 0761-74-7835
11:10~15:00
火曜休(祝祭日の場合営業)

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

お盆に行った福井県北部のグルメネタ探しドライブ。そのランチに食べたときのことを書きます。

突然ですが、なかなかそばも奥深いものがあります。

私も、行くまでは全然知らなかったのですが、おろしそばでありながら大根おろしが乗せられていないそばがあるのです。

新保屋

今日紹介する福井県あわら市の「生そば 新保屋」は、そんな「しぼり系」のダシで食べさせてくれる、あまり他では食べることのできないそばのお店です。

この日は、一軒目のカフェ以外は、行先も食べるところも決めていませんでした。

もちろん、下調べはしていて、いくつかの候補は見つけてありました。この日は何軒か飲食をすることを決めていましたので、お昼はそばで軽めに済ますことを選択し、こちらの「生そば 新保屋」に開店の11時ちょうどに到着しました。

場所はあわら温泉街からほんの少し外れた場所にポツンとあります。さすがに11時だと我々が最初のお客さんです。
新保屋 (3)

テーブル席と小上がり席がありますが、お店はそれほど広くはありません。
新保屋 (2)

お店は女性3名で切り盛りされていました。メニューこんな感じです。やはり福井なのでおろしそばが名物と書かれています。

とりあえずネタ的には複数の品を紹介したいということで、私は久しぶりに食べる「にしんそば(900円)」を。妻は「おろしそば(600円)」を頼みました。

家に帰ってからこちらのお店のことをネットで調べたら、いつも参考にさせていただいている、そば博士の「ドモドモコーポレーション」の遠田さんがやっているブログ「蕎麦の食べ歩き北陸」に、お店のことが書かれていました。

それによりますと、新保屋という屋号のそば屋さんは、こちらともう一つ、坂井市三国にもあって、そちらがお兄さん、あわら市のお店を妹さんが営んでいるようです。

どちらも同じそば粉を使っているようですが、お兄さんと妹さんではそばの打ち方が違っているそうですね。
新保屋 (4)

こちらが妻が頼んだ「おろしそば(600円)」です。確かに大根おろしが見えません。それにぶっかけよりも汁の量が多いです。

私も一口食べましたが、辛味大根のしぼり汁がいい仕事をしています。
新保屋 (6)

そばは福井産のそば粉を十割で手打ちしています。
新保屋 (5)

私の頼んだ「冷やしにしんおろしそば(1,100円)」です。にしんはぶつ切りでされたものが乗せられていました。とろろも添えられています。

こちらももちろん、「しぼり系」のダシがかけられています。最初、同じ汁だとは思わなかったので、何で大根辛いんだろう?と不思議でした。

しかし、この「しぼり系」のダシが美味しいですね。辛味大根なので大根辛いのですが、醤油との配合も素晴らしく、また食べたくなる美味しいそばでした。
新保屋 (7)

そば湯は、最初の客だったからか、ほとんど白湯でした。^^;

こちらのお店の「しぼり系」のそば、個人的にはとても気に入りました。次回はお兄さんのお店に行って確かめたいと思いました。ご馳走様でした。

生そば 新保屋(きそば しんぼや)
福井県あわら市二面16-1-27
TEL 0776-78-5822
11:00~18:00
水曜日

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ