あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:十割そば

石川県でタケノコの産地として有名なのが金沢市別所町です。

周辺には竹林がたくさんあって、タケノコの産地だなぁ~、と思わせてくれます。

私はこのあたりに来るのは初めてで、途中、野田山のほうを通って行ったのですが、野田山も初めて通過したエリアでした。

カーナビはやはり便利で迷うことなくお店に到着しました。
宮川 (25)

こちらの写真の右に見える建物は山菜やパンを売っているお店になっています。
宮川 (22)

奥のこちらがそばのお店「蕎麦 宮川」です。裏山はやはり竹林でした。

こちらは金沢の中では人気のそば店の一軒で、春のシーズンはタケノコ料理も人気です。

タケノコや山菜の季節ではなかったので、それほど混んではいません。11:35に到着すると先客は2組。了解を頂き店内の写真を写します。
宮川 (6)

普通の民家のような作りです。
宮川 (2)

こちらはそばを打つ部屋。
宮川

石臼挽きの製粉で自家製。
宮川 (5)

最初に出されたお茶は薬草茶かと思いましたが、お聞きすると「紫蘇茶」だそうです。棒茶ブレンドです。
宮川 (7)

そして扇子に書かれたお品書き。扇子とは変わっていますね。

この中から私は「おろしそば(900円)」を頼みました。もりそばと同じ値段です。

そば十割で、もりそばは丸抜きの挽きぐるみ細打ちと玄蕎麦の挽きぐるみ太打ちが選べますが、おろしそばは太打ちのみで暖かいのと冷たいのがあって、私は冷たいそばにしました。
宮川 (12)

出されたのがこちら。
宮川 (17)

ぶっかけで食べます。太い削り節と辛味大根が決め手?

そばは見た目、剛麺とは思わないのですが、これがなかなかのコシというか弾力のあるそばで、挽きたて打ちたてなので風味ももちろんしっかり鼻に抜けるほど。美味しいそばでした。

妻は、「天もりそば(1,900円)」を頼んでいました。
宮川 (14)

天ぷらは2人でシェア。

野菜の種類が色々あって、衣が薄くて揚げ立てサクサク。塩・抹茶塩・カレー塩とお好みで楽しむことが出来ました。
宮川 (16)

もりそばは細打ちで、こちらはのど越しがいいそばですね。
宮川 (21)

あと我々は1日15個限定の「そば茶プリン(400円)」も頼みました。最初はそのまま食べてそばの香ばしさを感じ、途中で黒蜜をかけて食べると、上品な甘さが加わり美味しく食べることが出来ました。
宮川 (20)

そば湯とろっとしたタイプで、もちろんそば風味濃厚でした。
宮川 (3)

庭の緑を眺めながら食べていると、12時過ぎからお客さんが次々やってきて、満席近くになりました。やはり人気ですね。

一度はタケノコの季節に行ってみたいです。ご馳走様でした。

蕎麦 宮川
石川県金沢市別所町ツ55
TEL 076-243-2887
月~日11:30~15:00
火曜・第3水曜休(どちらも、祝日の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

白山比咩(ひめ)神社は全国に2,000社以上ある白山神社の総本社です。
白山ひめ神社

初詣の時期だけではなく、週末などにも多くの参拝客が訪れます。

その表参道の駐車場の前にあるのが「いっぷく処 おはぎや」。

前々からお店の存在は知っていたのですが、今回初めて行ってランチを食べました。

実は先日紹介した「おもてや」に大判焼きを買いに行くときに立ち寄ったのですが、3連休だったこともあって白山比咩神社の駐車場は混雑していました。

こちらのお店は白山比咩神社の表参道にあり、お土産屋さんとしても営業していて、白山麓のお土産などが売られていました。
おはぎ屋 (2)

昔ながらの雑貨屋さんのような風情です。

お座敷のほうと窓際に作られたカウンター席で飲食が出来るようになっています。
おはぎ屋 (3)

メニューです。
おはぎ屋 (4)

こちらにも掲げられています。

そんな中から私が注文したのは「おはぎ屋定食」。地元食材を使った「十割そば(ハーフ)、笹寿司、天ぷら、厚揚げ焼き、小鉢」のセットになっています。

今回「おもてや」で大判焼きをオーダーして、その待ち時間を利用してのランチだったので、何と15分間しかありません!^^;

すぐできますかということで、お店の方にお聞きしたらすぐにできると言われたのでお願いしました。そうしたら5分ほどでこちらのセットが出されました。
おはぎ屋 (5)

短い時間だったので料理も出来合いのものかと思いましたが、天ぷらは揚げ立てでした。
おはぎ屋 (8)

十割そばも厨房の方でちゃんと湯がいて冷水で締めているのがを見えました。素晴らしい!
おはぎ屋 (6)

もっとも、ちょうどお店にいたお客さんはすべて食べていたので、待っているのは私だけだったということもありますが、混雑時はこうはいかないと思います。

そばぶっかけで最初から汁がかけられていました。

そしてこちらの「山下ミツ商店」の厚揚げも熱々で美味しかったです。
おはぎ屋 (19)

笹寿しの笹をめくるとこんな感じでした。下の方には鮭と油揚げが敷かれています。

この笹寿しは「ほうらい寿し」ということで白山市の白山麓で栽培されたこしひかり「宝来米(ほうらいまい)」を使っています。1個150円でお店でも売られていました。

今回、10分ほどで食べ終えたので、そばの味の方を楽しむことが出来なかったのが残念でした。
おはぎ屋 (7)

あと、こちらは昔、妻がお店に行った時に写した「おはぎ屋定食」の写真です。

このときは、笹寿しではなく卵かけごはんをフライパンで焼いた鶴来のご当地グルメ「つるぎTKGY」でした。いまはメニューには無いようですね。
おはぎ屋 (9)

鶴来のご当地グルメ「つるぎTKGY」というのはもうなくなったのでしょうか?

お隣に人気のお店「おもてや」が出来たことは商売上影響はどの程度あるかはわかりませんが、これからも頑張っていただきたいお店です、ご馳走様でした。

いっぷく処 おはぎや
石川県白山市白山町レ122-1
TEL 076-272-5510
月~金
9:00~16:30
土・日・祝
9:00~17:30
無休(1~2月は休みあり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

うどん・そばの場合、基本的には西のほうではうどん。東のほうではそばを食べます。

今回もランチを食べるときに、麺類が食べたくなって、東京でそば屋さんに入りました。

膳
お店の名前は「手打ちそば 膳」。場所は地下鉄九段下駅5番出口を上がって、すぐ近くです。2016年4月にオープンした比較的新しいお店です。
膳 (2)

手打ちで十割そばを食べさせてくれるところで、天ぷらも美味しいお店として人気があります。
膳 (5)

雨の日で横浜から移動してちょうど11:30ごろだったため、ランチを食べてから目的地に向かうことにしました。

開店してから次々とお客さんが入ってきます。雨が降っているにもかかわらずです。

オープンして2年少し経つお店ですが、人気なのがわかります。

そばは自家製粉手打ち十割。最近ではそれほど珍しくはないですが、それでも魅力はあります。
膳 (6)

ランチメニューは天ぷらとのセットがお得です。

雨が降って蒸し暑かったので、私は冷たいそばに、選べる天ぷらが付いた「昼天もり(冷)」を頼むことにしました。

天ぷらは「天然海老」「活〆穴子(半身)」「鱧」「安曇野産アスパラ」の4種類から選ぶことが出来て、どれも捨てがたかったのですが、お店の人にもお聞きして今回は「鱧」を頼むことにしました。

数分待って出されたのがこちらです。

そばの産地は季節によって変わるようです。
膳 (12)

きれいなそばです。コシも相当あって風味も生きていました。量もそばの専門店にしては多かったような気がいします。
膳 (11)

天ぷらは鱧は大きめのが一切れ。あとは野菜天でナス・しし唐・カボチャ・ニンジン・しいたけ。
膳 (13)

柚子塩で食べましたが、カラッと揚がっていて美味しかったです。
膳 (8)

一緒に行った人は、温かいそばと組み合わせた「昼天もり」を頼んでいました。
膳 (9)

「天然海老」も美味しそうでしたね。
膳 (15)

そば湯は、まだ時間が早かったせいで、薄めのものでした。

なかなか人気のお店のようで、この時は12時前に満席になったほどです。東京では夏は冷たいそばに限ります(個人的感想です)。ご馳走様でした。

手打ちそば 膳
東京都千代田区九段北1-3-9
03-6265-6005
11:30~14:00 18:00~21:30(L.O.20:45)
土・日・祝休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ここは私のブログでは、前回「お福さんの店」という名前になって「そうめん」のお店になった!と書きました。

ただ、色々な方のインターネット上での書き込みでは、一応、そばのお店として紹介されていることが多いようで、それを確認すべく、とある日にランチを食べに出かけてきました。
集 (9)

行ってみると、確かに、お店の看板には「お福さんの店」と書かれていて、中のメニューにはそばが主であることはわかりますが、ちゃんと「そうめん」もメニューにはあるようでした。

前は、確かにフリーペーパー上では「そうめん」のお店になると書かれていましたが、やはり「そうめん」では営業的には難しかったのでしょうか……?
集 (7)

ちなみに2006年に最初のお邪魔した時はこんな外観でした。

さて、今回、2年ぶりぐらいに行ってみました。

いまは営業していない?「つどい」という喫茶店の看板を目指すと、その隣にお店があります。元々はタクシーの運転手をやっておられた年配のご夫婦が営んでおられます。

ここは、手打ちの十割そばを食べさせてくれます。
集

メニューには、そうめんメニューの記載もありましたが、いまは、やはりそばがメインなようです。
集 (4)

10月末ともなるとだいぶ寒くなってきたので、私は今回暖かい「山菜そば(950円)」にしました。

出汁は、関東風のカツオがメインのようです。

鬼の絵が描かれた器がかわいいです。
集 (5)

湯呑や小皿にも描かれています。しかし、小皿にはなぜか糠漬けの漬物が付いていました。お茶はそば茶でした。でも、最初持てないほど熱々でした。^^;
集 (6)

十割そばということで、やはり短く切れているそばも多かったようです。
集 (3)

一緒に行った人は盛りそばの大盛りです。大盛りは400円プラスで、倍の量になります。さすがにお腹が一杯になったようです。

前は300円でおにぎりの設定もあったようですが、お品書きでは付箋で隠されていました。なくなったようですね。^^;
集 (8)

食べ終わることにはそば湯も出してくれました。

お二人ともだいぶお年を重ねられておられるようで、ランチの時間のみの営業です。ご馳走様でした。

そば処 集(つどい)
石川県加賀市新保町ラ29-1
TEL 0761-74-7835
11:10~15:00
火曜休(祝祭日の場合営業)

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

お盆に行った福井県北部のグルメネタ探しドライブ。そのランチに食べたときのことを書きます。

突然ですが、なかなかそばも奥深いものがあります。

私も、行くまでは全然知らなかったのですが、おろしそばでありながら大根おろしが乗せられていないそばがあるのです。

新保屋

今日紹介する福井県あわら市の「生そば 新保屋」は、そんな「しぼり系」のダシで食べさせてくれる、あまり他では食べることのできないそばのお店です。

この日は、一軒目のカフェ以外は、行先も食べるところも決めていませんでした。

もちろん、下調べはしていて、いくつかの候補は見つけてありました。この日は何軒か飲食をすることを決めていましたので、お昼はそばで軽めに済ますことを選択し、こちらの「生そば 新保屋」に開店の11時ちょうどに到着しました。

場所はあわら温泉街からほんの少し外れた場所にポツンとあります。さすがに11時だと我々が最初のお客さんです。
新保屋 (3)

テーブル席と小上がり席がありますが、お店はそれほど広くはありません。
新保屋 (2)

お店は女性3名で切り盛りされていました。メニューこんな感じです。やはり福井なのでおろしそばが名物と書かれています。

とりあえずネタ的には複数の品を紹介したいということで、私は久しぶりに食べる「にしんそば(900円)」を。妻は「おろしそば(600円)」を頼みました。

家に帰ってからこちらのお店のことをネットで調べたら、いつも参考にさせていただいている、そば博士の「ドモドモコーポレーション」の遠田さんがやっているブログ「蕎麦の食べ歩き北陸」に、お店のことが書かれていました。

それによりますと、新保屋という屋号のそば屋さんは、こちらともう一つ、坂井市三国にもあって、そちらがお兄さん、あわら市のお店を妹さんが営んでいるようです。

どちらも同じそば粉を使っているようですが、お兄さんと妹さんではそばの打ち方が違っているそうですね。
新保屋 (4)

こちらが妻が頼んだ「おろしそば(600円)」です。確かに大根おろしが見えません。それにぶっかけよりも汁の量が多いです。

私も一口食べましたが、辛味大根のしぼり汁がいい仕事をしています。
新保屋 (6)

そばは福井産のそば粉を十割で手打ちしています。
新保屋 (5)

私の頼んだ「冷やしにしんおろしそば(1,100円)」です。にしんはぶつ切りでされたものが乗せられていました。とろろも添えられています。

こちらももちろん、「しぼり系」のダシがかけられています。最初、同じ汁だとは思わなかったので、何で大根辛いんだろう?と不思議でした。

しかし、この「しぼり系」のダシが美味しいですね。辛味大根なので大根辛いのですが、醤油との配合も素晴らしく、また食べたくなる美味しいそばでした。
新保屋 (7)

そば湯は、最初の客だったからか、ほとんど白湯でした。^^;

こちらのお店の「しぼり系」のそば、個人的にはとても気に入りました。次回はお兄さんのお店に行って確かめたいと思いました。ご馳走様でした。

生そば 新保屋(きそば しんぼや)
福井県あわら市二面16-1-27
TEL 0776-78-5822
11:00~18:00
水曜日

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ